「Nのために」 第7話 語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償 ドラマ10 「さよなら 私」 第8回 誰のための命

2014年12月01日

「ごめんね青春!」 第8話 息子が女子?合併解消!ついに告白!

 先週はコスメ(小関裕太)が三女の制服でるんるん気分で登校してきたのを村井理事長(津田寛治)が目撃して逆上したところで終ったんだったわね。

 すぐに両校長&教頭&共学クラス担任が集合し、釈明するはめに。
しかし理事長のショックと怒りはすさまじく、りさがコスメが三女の制服を着ているのは「性同一障害」だからで趣味の女装とは全く違うレベルだと訴えても聞いちゃくれない。
なのに現在のコスメの彼・半田(鈴木貴之)が男気を見せたため、さらに混乱・・・炎上。

「僕は素敵だと思う!」半田
「半田、ここはお前の出番じゃない」三宮校長(生瀬勝久)
「制服似合ってるし、カワイイし、キラキラしてるし半田
「何なの? 」理事長
「彼は生徒会長です」三宮
「守君と正式につきあってます!
「オイーーーー_| ̄|●」三宮
「好きです!守君は僕が守ります!」
「合併は中止ですね。今日中に男女共学クラス解消してください!
理事長命令です!」
「・・・・・・・・・・・・はい」三宮
「いや、校長!待ってください!再来週に合同文化祭が・・・」平助(錦戸亮)
「中止に決まってんだろ!」理事長
「・・・・・・・・・自分のせいでしょうか?」半田

 コスメはみんなの前で父の決断について謝り、高校生になって小さい頃から感じてきた違和感の正体がはっきりしたと話しました。

「あっ、そっか!俺、女の子だって。
だから共学になった時も『やった!憧れの三女の制服が着れる」って超テンション上がって・・・」コスメ
「みんな、彼のこと責めないであげてね。
これはあくまで経営者と現場の大人のトラブル・・・」吉井校長(斉藤由貴)


 クラスのみんなはコスメのこと責めたりしないし、あるがままのコスメを受け入れてくれている。
いい仲間だよ。こんな事になっちゃったけど共学になって良かったよね。
心を許せる女友達とも出会えたし、何より本当の自分を自覚できたんだもの。


 気落ちしている生徒達に平助は約束しましたぞ。
「文化祭は やる!先生が村井の父ちゃんと交渉する!
せっかくここまで準備してきたんだからさ、
合併クラス解消になったとしても青春祭だけは絶対やる!
12月になっても、来年になっても、何が何でもやる!」


『この日を最後に男女共学クラスは強制的に解散させられました』観音菩薩(森下愛子)

言ったじゃないか / CloveR 【初回限定盤A】(DVD付)ごめんね青春!/ごめんねウナギグッズ全5種セット/TBSドラマ/脚本・宮藤官九郎×磯山晶


 こんな大変なことになっているのに目下のところ、りさ(満島ひかり)の悩みは平助のこと。

「あれから一度も阿修羅の顔を見せないの。
カッコよかった〜 録音しとけばよかったぁ・・・今度は絶対 動画も撮るから」りさ
「想像つかないわぁ〜仏の平ちゃんがキレるなんて」どんまい(坂井真紀)
「ねぇねぇ、淡島ぁ〜もう会えないのかな〜阿修羅の原には」
「会えるよ!蜂矢」


 何か唐突にマブダチふうになっている二人の会話が笑える〜(≧m≦)
どんまい先生はタブレットで「阿修羅・原」(実在の元プロレスラー、ニックネームは和製チャールズ・ブロンソン、ガッツマン、流浪のヒットマン、野生のダンプガイ等)を見せるのでした。


 んが、それを見ているうちに愛しのトミー(富澤たけし)の画像発見!
どんまい先生が結婚を前提にトミーと付き合っていること、
リアみつるであることを知らされてしまったわ〜で、途端にシャッターガラガラ、閉店にしてしまうりさ。

 その後、平助が来たので、わざと怒らせようとキッツイ言葉を投げつけたんだけど・・・
「いや、そんなことさ!」だけで終わっちゃった。


 いや〜阿修羅顔にときめくのってわかるわぁ〜(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ
前に「流星の絆」でニノがキレた時、ドキーーン!としたの覚えてますわ〜
普段は穏やかってのが前提だけどね。何なのかしらね〜この感覚・・・
錦戸君って、いつもぽわ〜んとしているから、怒るとピシッと何かが入るようでいいよね〜


 そして、永楽寺にもビッグニュースが飛び込んできました。
にゃ、にゃんと、平太(風間杜夫)が再婚ですってョ〜
1年前から結婚相談所に登録していて、この度素敵なお相手に一目惚れしたそうな。
平太は観音菩薩様に報告してすっきりさっぱり。
後ろメタファーゼロの平太にはお母さんの姿は見えなかったらしい。
それを聞いた観音菩薩様はキーー!となって平助に報告。

「実際そうなると寂しいものね・・・・
だけど三回忌も盛大にやってもらったし、あの人まだまだ死にそうにないし、そろそろ潮時かな〜」
「ちょっと待ってよ!母ちゃん消えちゃうの?」平助
「お母さんが2人いたら変でしょう」
「変じゃないよ!認めないよ、絶対。どんなに若くてキレイなお姉さんでも。
俺にとって母ちゃんは母ちゃんだけだもん!」


 そう言われたら嬉しいけど、やっぱり平太が幸せそうにしていたら、お母ちゃんは消えてしまうんだろうなぁ・・・
それまでに平助の後ろメタファーが消えてくれたら、安心してあの世に行けるんだけどね。
てか、わたしゃ、平太の再婚相手、もしや祐子では?とか思っちゃったョ〜
実際は 麻生祐未さんだったんだけど、彼女を見て、何で一平(えなりかずき)はあんなに驚いたの?


 さて、平助は理事長の元を訪ねたけど門前払い。
その後、嘆願書を携え生徒達とも一緒に行ったんだけど相手にしてもらえない。

 しゅんとして『ガールズバー』に行ったら、サトシ(永山絢斗)が三島コロッケを出してくれたぞ。
でも、ソースなし。

「どう?」サトシ
「うん・・・・ソースかけたいね」平助
「だろ!」
「何だよ、お前。いつにも増してウザいね」
おっ!そんなウザいサトシから朗報があります。祐子に会った」
「えっ?!」

 デリコロの仕事で熱海のホテルに行ったら、裕子がお客様だったんだって〜
ビックリしたけど、ツッコんだ話もできず・・・
ただコロッケ揚げて、ソース忘れたからそのまま出して、それを祐子は食べたってよ。

「ナニ?!10年ぶりに祐子に会ったのにコロッケだけ揚げて帰ってきたの?」平助
「いや、だけど・・いざ本人目の前にしたら色んなジャンルの感情が湧いて、
逆に?あの・・・表面的には意外と何も起こらないっていう」サトシ


 まぁ、サトシらしいっちゃー、サトシらしいが・・・
祐子はお父さんが来ると思ったのかしらね。


『(そのホテルに)問い合わせてみたものの、もうそのホテルには泊まっていませんでした。
祐子が近くにいた。これは平助にとって、よい知らせなのか悪い知らせなのか…』


 てか、サトシほどじゃないけど裕子も静岡県内には、いた訳やね。
『木更津キャッツアイ』みたいに静岡県から出られないのか?


 ぐたーーっとして帰宅してみたら・・『ごめんね青春!』が始まり、ラジオネーム祐子さんが登場。
( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!


「祐子が「ごめんね!」したい相手は誰かな〜?」カバ
「高校時代の友人です」
「そっか・・・高校時代の友人」
「好きな男の子がいたんです。仮にA君とします。
でも、ある日A君の親友から告白されたんです。ラブレターもらったりして。そっちは仮に へーくんとします」
「A君と へーくんね」
私が「ごめんね!」したいのは、その・・・・・・・・・A君のほうなんです」

 なんだよ〜サトシかよ・・・
別の場所で聞いているサトシと平助、緊張感高まったのにね〜


「ブハハハハッ!!((o(>▽<)o))」観音菩薩
ちょっと、うるっさいな!もう!!
てか、ラジオ聴いて電話したってことは電波の入る範囲内に祐子いるってことだよね?」平助
「会ってあの日のことをごめんねしたいのかい?」
「・・・・・・・」
「放送局に行って 聞いてみたら?」

 平助は放送局に向かいましたぞ。


「当時は、まだ私も子供で、自分の感情を抑えることができませんでした」祐子
「う〜ん・・・そっかそっか。それで?」カバ
「そして神の教えに背いて、軽率な行動をとってしまった。
時がたって私はとても後悔しています。
そして今なぜか思い出すのは、好きだったA君ではなく、ただ一人最後まで私を励ましてくれたへーくんのほうなんです。
私のせいでA君退学したのに。へーくんの顔ばかり思い出してしまうんです。
A君とは先日会ったんですが、意外と何も感じなくて。
だからこの場を借りて謝りたいんです。好きだったA君に。
ごめんなさい。一方的にしゃべってしまって」
「大丈夫。 トイレ行ってたけど聞いてましたよ。
番組特製ごめんねウナギの使い捨てカイロを差し上げます」
「あの・・・・・まだ「ごめんね!」してない」
「あっ・・・ じゃあどうぞ」
「A君、ごめんね」


 あ〜せっかく平助のこと忘れられないって言ってたのに、移動中だった平助は聞けなかったわ〜
てか、放送局に着いたら、三宮校長が居て平助びっくり。そんな平助を見てカバさんもビックリ。
まさか三宮校長がカバさんとは思わない平助はピンチヒッターか何かかと思ったんだけど
カバさんの「一方的にしゃべらないでくれ」でバレちゃった。


「そうだ。カバヤキ三太郎の正体は私だ」
「校長が・・・カバさん?」平助
「開局以来20年やってる。東高に勤務する前からやってる。
私にしてみりゃ、校長がカバさんじゃなくて、むしろカバさんが校長なんだ。
原先生、このことは・・・学校には内緒にしててくれ!このとおりだ!┏○" 」
「カバさんだ・・・カバさん!」感激して抱きつく平助
「えっ・・・えっ?」

 その後、りさと一緒に理事長宅を訪ねたら・・・・やっと会ってくれました。
てか、出てきた理事長が女装していたから、実は自分もそうだったから混乱しちゃったのかしら?と
思ったけど、すべては息子を理解するため。性同一障害に関する本も100冊ぐらい読んだそうな。
でも、全く理解できなかった。


 最後の手段で女装をして、マックスバリューに買い物へ行ったら、とてつもない苦痛とストレスを味わいやっと息子が味わってきた思いがわかったらしい。

「でもね、私にはやっぱりねどうしても・・・・」理事長
「お父さん、明日の朝、息子さんと一緒に学校来てください。
うちの原が特別に授業してさしあげます」りさ
「えっ?(゚ロ゚;)」平助
「できますよね?」りさ
「あっ・・はい・・・」

 で、理事長宅を出てきた訳ですが・・・

「ちょっと!何で勝手に決めて・・・」平助
「ああでも言わなきゃ帰るタイミングない」りさ
「デリケートな問題です 。明日までなんて」
「じゃあ青春祭は中止でよろしいのかしら?
頑張ったけどダメだったでよろしいのかしら?
来年の今頃、また合併しましょう!文化祭やりましょうと騒ぐの?
また小さいことで心折れてまた来年また来年って。
何ですか?花粉症?インフルエンザですか?死ぬまでやってなさい!」

「そんな風に言われる筋合いないよ」
「あります!」
「ない!」
「好きなんです!」
「何が?」
「原平助、あんたのことが好きなの!大好き!」


 キャーー!!(/┏∇┓´\) 言ったわね〜
この勢いにまかせた告白・・・まさに青春だわ〜
ジャストタイミングでミュージックも流れましたョ〜
でも、未知のど真ん中で向き合う二人の背後でトラックの運ちゃんがイライラしてますわ。
で、トラックをそれぞれ誘導しましてから・・・場所を移動しまして・・・


「ありがとうございます・・・」平助
「・・・・はあっ?」りさ
「えっ、何ですか?」
「私、今告白したんですけど。
車来たけど!生まれて初めての。
車 来たけど!「ありがとう」ってあんたのためじゃない。
コレ、私の告白です。うぬぼれなさんな!
「じゃあ、俺どうすれば・・・」
「明日までお返事お聞かせくださいっ!」
「 それも明日まで?!」


 うぬぼれなさんなっ!(^w^) ぷぷぷ・・・
平助宿題がいっぱい。それも簡単に答えの出せない。
って、意外と簡単に答え出たけどね・・・


 翌朝の特別授業、平助は東校の制服で臨みました。
見届け人は三宮・吉井両校長とりさ。

「押忍!」平助

「何で東高の制服?」三宮
「原先生にはきっと何かお考えがあるんでしょう」吉井

「いや、久しぶりに この制服 着たら気合い入るね。どう?」平助

「特に考えは なさそうですね」りさ

「見て。母ちゃんに改造してもらったの。ツータック」平助
「先生、あの〜早くやらないと他の生徒も来ますからね」三宮


「授業ですよね、うん・・・
先生も お父さん見習って勉強しようと思って、あるビデオを見た。
お父さん知ってます?「ロッキー・ホラー・ショー
色んな性癖の人が出てきて、ためになるし。息子さんと2人でご覧になるのは・・・」
「何ですか、これは?オススメの映画を紹介するために我々をここに呼んだんですか?」理事長
「あれっ!これ中身違うの入ってる・・・・・稲川淳二」村井
「あーーーっ!いや、昨日「ロッキー・ホラー・ショー」見ようと思ったら
デッキのトレーに前の晩に見た「稲川ホラーショー」が入ってて、
取り出してケースに入れてそのまま持ってきちゃった」

(あーーーよくこうやってDVDとかCDが無くなるんだよね〜( ̄▽ ̄;))
「・・・・・・・・・・(きょとん)」みなさん

「ハイ!お父さん、息子さんはこういう状態なんです」平助

「はあっ?」三宮
「はあ・・・( -.-) =з」吉井

「外見は 「ロッキー・ホラー・ショー」。でも中身は「稲川ホラーショー」
これが現在の彼東高の制服を着た村井守君なんです」平助

「もっと、いい例えはなかったんでしょうか」吉井


 もっとわかりやすい普通の映画の方が良かったんじゃ・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…

「お父さんは稲川淳二にロッキーという服を着せていたんです。
そして「お前はロッキーだ!ロッキーらしくしろ!」と言い続けた」平助
「はい・・・」理事長

「だめよ・・・もっといい例えがあるはずよ」吉井

「淳二は思った『やだな〜ロッキーじゃないのにな〜何かやだな〜コワイな コワイな〜』」平助

「あれがやりたかったのかな?」三宮

「これが現在の守君です」平助
「すごく よく分かります」理事長

「えっ?あれで分かったんだ?」三宮

「ここで思わぬ事態が起こります。東高と三女の合併です。
理事長であるあなたが経営難の三女に手を差し伸べる形で吸収合併を提案しました。
両校が合意し、男女共学クラスが生まれ、守君は自然の成り行きで三女の制服を着ました」
平助は稲川淳二ショーのケースに稲川淳二のDVDを入れました。

「ああ〜ッ(なるほど〜)」みなさん
「どうしました?」平助
「いや、これの中身はどこにあるのかなと思って」理事長
「いいんです。どっちにしても関係ないから」
「そうですか・・・・」

「ハイ!注目。これ読んでみてください」平助
「『見た目で判断しない』・・・・・」村井・理事長
「言いますよね、女子が。
『私 こう見えて見た目とかどうでもいい人だから〜』『肝心なのは中身だから〜』って。
そんな風に言われると「俺でも いける?」なんて思っちゃうけど、だまされるな!これはブサイクすらもキープしたいっていう あさましい根性です」

「女性観が ゆがんでるわ・・・ (Θ_Θ;) 」吉井

「私だって先生とか呼ばれて偉そうに授業なんかしてるけど
中身は学生時代から何も成長してないと思って制服着てみたの でもさ、正直キッツイだろ?」平助
「・・・・(うなづく)」村井
「さすがに年くって、少しは中身も成長してたみたいだな。
(机バン!!)見た目と中身、どっちも大事です。
見た目が中身をつくり、中身が見た目を選ぶ。
村井は中身が女の子だから、見た目もそれに近づけたいわけだろ?」
「はい。心に合った体とか心に合った服装がしたいです」
「・・・・・・・」理事長

「ちょっと理事長!ここ 大事なとこ。聞いてます?」りさ

「これの中身がどこいったのかどうしても気になって・・・気になりませんか?」理事長
「なりません。関係ないから!そこに入る選択肢はないから!」平助
「勝手に決めつけんな!」
「分かってるじゃないですか〜息子さんのために本を100冊も読んで
女装してスーパーまで行くなんて、そうそうできることじゃないです。もう分かってるはずですよ」
「分かってたまるか!守は男の子なんだよ!
生まれたときからず〜っと男の子なんだよ!
初めに だっこしたの私だから。出産立ち会いましたから!
その時ちゃんとついてたんだ!
だから 守はこっちに入るはずだったんだ!そんなの分かってたまるか!」


 泣いている村井を見ると・・・理事長は「ロッキー・ホラー・ショー」のケースを平助の前に置きました。

「ごめんなさい・・・」村井
「いいよ、謝らなくて。お前は全然悪くない。むしろお前に礼を言いたいよ。
守、今まで息子のフリしてくれてありがとうな」理事長
「うん」
「18すぎたら男も女も関係ないよ・・・・どっちみち親には寄りつかなくなっちゃうんだから」
「そんなことないよ。パパ、好きだよ」
「校長、守が女子の制服を着て通学することを許可していただけますか?」
「ええ、もちろん」三宮
「よろしくお願いします」


 良かった良かった・・・いい授業だったよ。
理事長は単なる偏見と思い込みで怒っているのかと思ったけど、
村井への深い愛情故ってことがしっかり伝わってきたよ。
理事長からの『ありがとう』には泣けた・・・(TmT)ウゥゥ・・・
あるがままの姿を受け入れ、愛するってのは、たとえ親子でも難しいよ。
期待や希望があるのは当たり前でそれを諦めるのは辛い。
でも、生まれてきた時はただそれだけでありがとうって思ったんだもんね。


 合併解消は解消。青春祭ももちろん開催されることになりました。
最初はしかたなく合併に同意していた吉井校長も、この1週間の合併解消期間が寂しかったようで
積極的に合併をプッシュ!両校の熱い合意の元に合併が叶いそうです。

 そして・・・りさへの返事ですが・・・・
「結婚を前提に友達から」ってのに、りさはイラっときたようですが、
「蜂矢先生は今のままがいいです。十分素敵です。完璧です」という言葉に(。-_-。)ポッ
こちらもいい感じで交際が始まりそうです。

 ところが・・・そこに祐子出現!
ノンフィクションライターの『YUKO』が学校に何しにきたのぉ〜?


 いや〜今回もクドカン節がくるくる回って気持ちよかったわ〜
も〜りさのセリフ何て全部書いちゃいたいぐらいよ。
八方破れでどっかとんちんかん、不器用だけどいじらしさが伝わってくる。
やっぱ、満島さんてスゴイ。

 そしてちょっと困ったような微笑みからお姉さん感が伝わってくる波瑠さん。
姉と妹対決はどうなるんでしょ。
佳境に入ってきましたョ〜


 第1話 恥と後悔と初恋の記憶
 第2話 お前しか見えない!
 第3話 運命の学力テスト!受験生必見!
 第4話 恋の嵐!ガッついていこう!
 第5話 仲間のため学校のためプライドを賭けて走れ!運命の駅伝スタート! 
 第6話 ヒーローは最後にやってくる! 
 第7話 三島の空に響け!彼女の贈り物
 第9話 今日大事な人にごめんねとさよならを言います
 最終話 忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!

こたつ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ごめんね青春! #08  [ ぐ〜たらにっき ]   2014年12月01日 20:05
『息子が女子?合併解消!ついに告白!』
2. ごめんね青春! (第8話・11/30) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年12月01日 20:17
TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』(公式) 第8話『息子が女子?合併解消!ついに告白!』の感想。 【注】本記事は管理人の好き嫌いで書いています。本作をを楽しくご覧になった方や、出演者や原作、脚本家や演出家等のファンの方は読まない方が良いです。 村
3. ごめんね青春!第8話  [ Happy☆Lucky ]   2014年12月01日 20:38
第8話 JUGEMテーマ:エンターテイメント
4. 「ごめんね青春!」 第8話  [ ドラマ de りんりん ]   2014年12月01日 23:51
理事長役のツダカンさんがヒラヒラのエプロン姿で登場した時は、「何や?君もかっ!」とTV前でツッコミ入れましたが、実は息子の気持ちを理解しようとした行動だったんですね。 なかなか良いところありますやん。(´▽`*) てっきり「ぎゃんぎゃん」煩いだけのお父さんキャ
5. ごめんね青春!「息子が女子?合併解消!ついに告白!」  [ のほほん便り ]   2014年12月02日 07:04
今回は、村井 (小関裕太) が女子の制服に着替えて登校してることが、理事長でもある 父親 (津田寛治)にバレて、怒りのあまり、共学と文化祭が中止になりかけ、その阻止しようと奮闘する一同を軸に、DJカバさんの正体が、校長であることが、平助 (錦戸亮)にバレたり、って、
 ぶっ壊しますね〜。  先週、感動的な別れをした生徒会長・中井貴子(黒島結菜)は東京で彼氏をつくってる(笑)  そんな会長にあまりん(森川葵)、曰わく 「そりゃ、一週間で彼氏つくってたら楽しいでしょうよ」←あまりん、どんどん性格悪くなっていくなぁ(笑)  ..
7. 性同一性障害な子ほど可愛い!(錦戸亮)  [ キッドのブログinココログ ]   2014年12月02日 12:18
どんな親だよっ・・・ていうか、いろいろと問題あるだろう・・・このタイトル。 ま・・・今さら、そんなこと言ってもな。 性同一性障害については「ラスト・フレンズ」など様々なドラマでとりあげられてきたが・・・最も真摯なものは上戸彩が性同一性障害者を演じた「3年B組
8. 『ごめんね青春!』 第8話  [ 美容師は見た… ]   2014年12月02日 16:20
祐子キタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!姉妹ご対面。波瑠ちゃんの方が年下なのに、ちゃんとお姉さんに見えるから不思議〜。ノンフィクションライターのYUKO。学校へ何しにキタ━ヽ(゚∀゚)ノ━??今回の「ごめんね!」したい人は祐子で、ごめんねしたい相手はA君で、気になってしまうのは、へー君の
9. ごめんね青春! 第8話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2014年12月02日 16:23
村井(小関裕太)が三女の制服を着て登校していることが、村井の父親である東高の理事長(津田寛治)に知られてしまい、学校の合併や青春祭を中止すると告げられてしまいます。 半田(鈴木貴之)が村井と付き合っていると言ってしまったことも大きかったかなw 村井は
10. ごめんね青春! 第8話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年12月02日 17:48
「息子が女子?合併解消!ついに告白!」 内容 東高の理事長・村井晋太郎(津田寛治)は、息子・守(小関裕太)が、 三女の制服を着て登校していることを知ってしまう。 そのうえ半田(鈴木貴之)が、火に油を注いでしまい、 怒った村井は、合併も合同文化祭も中止だと...

この記事へのコメント

1. Posted by ヨーコ   2014年12月02日 06:14
ドンマイ先生の「リアみつる」最高だったわ〜。
何の事かわかるまで、ちょっと時間が掛かっちゃった(笑。

コスメ君は女装している時よりも
男の子の制服を着ている時の方が可愛さが際立つね♪
理事長も女装してマックスバリュまで買い物に行くなんて
予想外の良いお父さんでほのぼのしたわ〜。
素敵な脚本でした。

あと数回にしてYUKOが帰って来るなんて!
最後のドタバタがありそうですな〜。楽しみ〜!
2. Posted by しゅあー   2014年12月02日 15:25
正直、先週はちょっとう〜〜むだったけど、今週は展開自体がおもしろくなってきたから、そこに笑いの要素もうまくはまりこんで、私的にはおもしろい回だったわ。

>彼女を見て、何で一平(えなりかずき)はあんなに驚いたの?

私は恋に落ちたんだととらえたけどね。どんまい先生に会った時もあんなようなリアクションじゃなかった?一平って、基本年上が、いや、エレナはかなり年下だから、自分とすごく年の離れた人に惹かれるタイプなんじゃないかとみたね。
それで、お父さんと一平とでいろいろあるんじゃないのかね?この先。

>あるがままの姿を受け入れ、愛するってのは、たとえ親子でも難しいよ。
期待や希望があるのは当たり前でそれを諦めるのは辛い。
でも、生まれてきた時はただそれだけでありがとうって思ったんだもんね。

もうほんと、この通り!!おっしゃる通りだわ!!ここのところを、ちょっとシュールに(自分が女装してみるなんてさ(^o^;))実にクドカンらしいコミカルな核の付き方をしてて素晴らしかったなと思った。

ぼちぼちと、クライマックスの誰が礼拝堂を燃やしたか?に向かってスパートかけてきた感じで、でもけしてオチの読めないあたりも含めて、残り2話?3話?どっちかわかんないけど、楽しみだね!
3. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年12月02日 20:23
>ドンマイ先生の「リアみつる」最高だったわ〜。
も〜飛び付いちゃったよ〜!しつこく使って流行らせたい(笑
今回はクドカンらしさがガンガン伝わってくる回がったね。
>男の子の制服を着ている時の方が可愛さが際立つね♪
逆にね(笑
まさかコスメがこんなに注目される回があるとは想像していなかったよ。
クラスの子たちが男とか女とかじゃなくて、コスメという個性として
さらっと受け入れている姿に自由が感じられて、ほろっとしちゃった。
お父さんもまさか女装してマックスバリューにまで行ってくれるとは・・(笑
理解できない価値観を受け入れるって難しいけど愛情でひょいっと乗り越える
ところにクドカンらしさを感じたわ〜
>あと数回にしてYUKOが帰って来るなんて!
私も最終回ぐらいかな〜と思っていたよ。
来週は大波乱がありそうだね〜
4. Posted by きこり→しゅあーさん   2014年12月03日 13:34
今週はかなりおもしろかったよね。
>私は恋に落ちたんだととらえたけどね。
やっぱりそうなんかい?( ̄▽ ̄;) この前どんまい先生と別れたばっかだというのに
どういうこっちゃ・・・惚れっぽいのかしらん・・・
どんまい先生も年上だし、熟女好きなのかしらね?
>それで、お父さんと一平とでいろいろあるんじゃないのかね?この先。
平太と一平のどちらを取るか的な?(笑
一平、また不倫になるがな・・
>実にクドカンらしいコミカルな核の付き方をしてて素晴らしかったなと思った。
違う価値観って頭で考えるだけじゃ理解するのは難しいもんね。
大人は特にどうしたって頭が固くなっちゃってるし。
破れかぶれとはいえ、女装してみるってすごい発想だしナイスだったよね(笑
>ぼちぼちと、クライマックスの誰が礼拝堂を燃やしたか?に向かって
そうなんだよね〜
わたしゃ、平助のせいで火事が起こったんじゃないって方に賭けてみるよ。
でもそうなると別に犯人がいるってことになるから、そんなサスペンス的な
展開やってる暇ないもんな〜急に見たことない犯人が出てくるのもおかしいしねぇ・・・
今居るほかの人が犯人ってのも悲しいし・・・
やっぱり平助なのかなぁ・・・(ノω・、) ウゥ・・・



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「Nのために」 第7話 語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償 ドラマ10 「さよなら 私」 第8回 誰のための命