ドラマ10 「さよなら 私」 第7回 女と男「ごめんね青春!」 第8話 息子が女子?合併解消!ついに告白!

2014年11月29日

「Nのために」 第7話 語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償 

 奈央子を殺したのは野口ではなかった・・・
西崎は野口の手に包丁を握らせていた。
普通に考えれば胸についている血の痕から希美?
でも、何で希美が奈央子を殺す?
奈央子が西崎に対してあまりにもひどい言葉を発したからか?

 そして希美が奈央子を殺したんだとしたら、野口をやったのは安藤?それとも慎司?
西崎は殺しについては全く加担していないのだろうか。

 2004年の事件当夜の場面が今回はちょこっとしか流れなかった。
「お前さえいなければ!」と玄関で野口(徳井義実)が蹴っていたのは西崎(小出恵介)。
その背後に倒れていて起き上がったのは奈央子(小西真奈美)。
それを呆然とみている希美。
包丁を持ち出したのは奈央子?

 そこからどんな展開があったのか、野口と奈央子の死体の回りには・・
奈央子の遺体に寄り添う形で西崎、野口の背後に安藤、
野口の頭部のあたりに希美と慎司が立っていた。


 もしかして死んだ順番は奈央子、野口ではなくて野口、奈央子の順?
でも野口が殺される理由はわかるけど、奈央子を殺す理由が希美たちにあるのか?
意外と奈央子は自殺とか?
あんな夫でも愛していたから殺されたのを見て自殺したとか?
わからん・・・(ーΩー )ウゥーン
HPはこちら

 2014年、高野(三浦友和)に「2004年12月24日何があったのか、私が知っていることをすべてお話します」と希美(榮倉奈々)は言ったけど、真新しい情報はなかったぞ。

 あの夜、希美は野口に不利な形で中断していた安藤との対局の対策を考えるため安藤より1時間ほど早く野口家に入り、書斎に居た。
安藤に将棋を教えたのは自分だからある程度は読めたんだけど、毎回負けた体になっている安藤のことを思い、「今回は 勝てないかもしれません」と野口に告げ考えるフリをしていた。

「そんなこと しなければよかった。
早めに野口さんが気に入る手を思いつけば、私は もっと早くに書斎を出ていけたんです」希美

 そうこうしているうちに野口は安藤から呼び出されラウンジに行くため書斎を出たんだけど、大きな物音がして行ってみたら、野口が倒れており、燭台を手にした西崎がいた。
西崎は「自分が殺した」と言った。


 奈央子が先に殺されたんなら、叫び声ぐらいは上げたはずだから、その時に希美は書斎を出ているのでは?
とすると、やっぱり野口が先にやられて、その後に奈央子?
騒ぎの渦中に包丁を手にする隙があったのは、遅れて来た安藤?
でも、ホントに遅れてきたのかどうかわからないしなーー

 奈央子に裏切られたと知った西崎が刺したとか?
いや、やっぱり西崎にはそんなことできなような気がする。
殺るとしたら安藤か希美か慎司としか思えない〜〜

Nのために (双葉文庫)Silly (初回限定盤A)


 希美は病気のことを誰にも知らせてないらしい。
「誰か頼れる人は おるん?」高野
「誰かが そばにおったら、もっと生きたいっていう欲が出るかもしれんでしょ。一人の方が気が楽なんです」希美


 そんな寂しいこと言わないでよ。
もっと生きたいって欲をだしてみなよ・・・

 安藤は10年前に渡そうと思っていた指輪を希美に渡したようですが・・・
本人困惑しているのに『今は思わなくてもさ、そのうち結婚したいと思うかもしれないじゃん』と戻すのを拒否した模様。


 いやいやいや・・・今もらいたくないのに、すごく負担だよ。
問題は希美が心底安藤と結婚する気がなかったのか、それとも余命1年の自分に付きあわせるのがアレだから安藤のためを思って断ったのかだよ。 

 2004年、奈央子を心配して安藤と希美が野口家を訪問。
外からかけるチェーンにギョッとしたあの日。
野口は奈央子を部屋に残しチェーンをかけた後、二人をラウンジに誘った。

 野口が言うことにゃ、妊娠に気づかないまま外出先で転んだ奈央子は流産してしまい、
そのショックで精神的に不安定になり、ふらふらと外に出て車に轢かれそうになったから閉じ込めているとのこと。

「ドアにチェーンをつけたのは奈央子の身を守るためなんだ。
二人で乗り越えることだから、できれば人の手を借りたくないからね。
でも、今日は君達と一緒で奈央子も嬉しそうだった。来てくれて気にかけてくれてありがとう」野口

 希美は野口の言葉を信用したみたいだけど、安藤は何か違うと感じていた。
社内にバラまかれた『奈央子は不倫している』というメールのことを教えたさ。
そして、そんな二人の会話を西崎はドア越しに聞いていた。

 西崎は安藤が帰った後、希美に自分が奈央子の不倫相手だと告白し、奈央子が野口に暴力を振るわれていると教えました。


 そう言われても、愛人問題でトラウマが深い希美には受け入れがたいさね。
奈央子に連絡したいから手伝ってくれと言われても反射的に拒絶してしまうさ。

「何で人の奥さんなんか好きになるの?
奈央子さんが監禁されたのだって西崎さんのせいかもしれない。
好きだからって人の家メチャクチャにしていいの?」希美
「苦しめようとは思ってない。助けてやりたいんだ」西崎
「奈央子さん、流産したんだよ。
おなかにいたのって西崎さんの子供なの?」
「俺の子じゃない」
「でも野口さんは疑ったから暴力ふるったんじゃないの?
で、そんなことになったんじゃ?
苦しめようと思ってないって全然そんなふうになってないじゃない」

「俺のせいなのか?」
「分からないよ。本当のことは私には」
「奈央子は弱ってるんだろ」
「見ててかわいそうなくらい」
「助けてやりたいと思わないのか?
今まで世話になったんだろ。優しい人だって言ってただろ」
「優しいけ見境がなくて何だか怖いんだよ。
人の部屋に断りなくドレッサー送ってくるし。私はああいう人好きになれない。
夫婦のことは外から見たって分かんない。
幸せそうに見えても冷えきってたり、その逆で暴力ふるわれてるけど離れたくないとかあるかも・・・
そういう意味のないことに関わるくらいなら、ずっと一人でいい。
面倒なことに関わりたくないの。巻き込まれたくない。ごめん」
 

 これはしかたないよ。
希美の本能が奈央子に近づくなって言っている。
母親の早苗(山本未來)と似た、歯止めのきかない恐ろしいものを抱えているものへの恐怖を感じたんだもの。

 てかさ〜奈央子って専務の娘なんだよね?
てことはその奈央子に暴力振るったりしたら、野口の立場ヤバイんじゃ?
奈央子が実家に逃げて、パパ〜アイツどっかにやっちゃって〜って頼んだら飛ばされる可能性もあるよね〜
今は監禁されてるからアレだけど、自由に出歩ける時でも逃げなかったということは、実家の父親も暴力をふるっていたか、あるいは野口と奈央子のプレイとか〜?(-ω-;)ウーン

 何か奈央子の不倫メールって野口がバラまいているような気も。
いや、そこまでおかしくなってないか??

 野口が席を外している隙に奈央子が西崎にメールを送る場面ではヒヤヒヤしたよ。
あんな短いメールなのに送信に時間かかりすぎ!
しかも、後で送信済みアイテム見たらバレるし〜〜 ゞ( ̄∇ ̄;)

 そうこうしているうちに、希美は就職の内定をもらいましたぞ。
職場の近くに引っ越すと聞いて野原のおじいちゃん(織本順吉)は寂しそうだったけど、
希美の健闘を讃えてくれました。

「よく頑張ったね。いい大人になるんだよ」野原


 大人に振り回されて希美が苦労してきたことを知っているもんね。
野原のおじいちゃんに出会えたことは、希美にとって救いだったよね。

 さて、同級生が結婚するってことで島に帰った希美はやっと慎司(窪田正孝)と再会しました。
2人はあの海が見渡せる東屋で話しましたぞ。

 慎司は父親が亡くなってから無気力になり、大学にもバイトにも行かなくなり、詐欺に手を染めたことや奨学金を譲ってもらったのに大学を辞めたことを謝りました。

「どうしたら杉下に胸張って会えるか考えたら、
やっぱり俺、料理人になりたくて・・・
修業できる店探して、今そこで働いとる。
杉下にはホントに感謝しとる。杉下がおったけん島を出られた。
これからは杉下が言ってくれたこと裏切らんように何とかやってく」

 火事の後、希美が囁いた言葉は明らかにされなかったけど、その言葉が支えになったようです。

「言われた時は「俺 そんな大した男やないのに何で?」って思ったのに
後から、あの一言に救われた。 ホントに ごめん」

 シャープペンのカチカチカチの誤解も解けました。
希美は『良かったね』とエールを送っていたんだよね。


 二人の縁はちゃんと繋がっていたね。良かった良かった。
希美にとって慎司は家族のような存在なのかな。
血が繋がった肉親には苦しめられるばかりだったから、唯一のほっとできる大切な存在。
だから男性として愛しているってのとは違うような気がする。

 慎司が働いているレストランは奈央子と野口の思い出のレストランだった。
ついに慎司とNグループが繋がった。

 東京に戻った希美は奈央子を訪ねたけど、野口が留守の間は誰も通さないよう命じているらしく管理人が会わせてくれなかった。

 その後、西崎に会いに行ったら、文学賞の一次予選が通ったと報告があった。

「自分のためじゃない。奈央子のために書いた」西崎
「『あんな人好きになれない』なんて言ってごめんなさい。
不倫は好きじゃないけどさ、暴力とか監禁はひどいって思う」希美

 希美が奈央子に会えなかったこと、あのMSはセキュリティーが厳重だから潜り込むのも難しいと伝えると、西崎は自分のことを話し始めた。

「それでも俺は奈央子を助けたい。
俺の母親は火事で死んだ。助けようと思えば助けられた。
俺が殺したようなもんなんだ。だから今度は必ず助けたい」西崎


 奈央子とはまた違った形で囚われていた西崎の母親・・・・
彼女は自殺したのか・・・
その母親と重なる奈央子・・・あの死も自殺だったのか?

 希美を訪ねて来た慎司に接近した西崎は奈央子救出のための『N作戦供戮僕兇辰拭

 う〜む・・・未来のある若者たちが奈央子と野口夫妻の闇に巻き込まれたような印象が・・・(дll)
事件当夜、彼らの純粋な思いを打ち砕くような、どすぐろいものの発露があったと思われ・・・

 そして2014年、野バラ荘の西崎を訪ねた希美と西崎・・・
希美の顔には安藤には見せたことのない何ともいえない笑顔が・・・
そして迎える西崎の表情にも信頼感が・・・

 やっぱりあの時点での希美の大切なNって西崎なんじゃないのかな〜?

 第1話 セレブ夫婦殺人事件…15年前に隠された秘密
 第2話 放火事件の謎・・・許されない罪の共有
 第3話 反撃開始!舞台は東京へ!運命の出会い
 第4話 被害者Nと出会った日・・・すれ違う二人
 第5話 沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂いだす
 第6話 許されぬ愛・・・罪人たちの悲しい告白 
 第8話 エリート夫の嘘と罠・・・炎に消えた真実
 第9話 最終章〜前編〜今夜事件の幕が開く!  
 最終話 明かされる事件の真実・・・N達の未来
  
br_banner_risu


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:54│Comments(8)TrackBack(11)「Nのために」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【 Nのために 】第7話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2014年11月29日 18:32
それでも俺は奈央子を助けたい。 俺の母親は火事で死んだ。 助けようと思えば助けられた。 俺がころしたようなもんなんだ。 だから今度は必ず助けたい。 Nのために 第7話       2004年。都内のマンションの一室で殺人事件が起きた。 被害
2. 邪魔をしないで・・・私たちこれから共犯するところ(榮倉奈々)  [ キッドのブログinココログ ]   2014年11月29日 19:38
十代から三十代まで・・・時を越えて存在する主人公。 アンチエイジングの発達によって・・・「幸せの黄色いハンカチ」の桃井かおりより、現在の桃井かおりの方が若く見えたりする恐ろしい時代である。 しかし、昔の桃井も桃井なのだった。 まあ、今の桃井はCGかもしれないが
3. Nのために #07  [ ぐ〜たらにっき ]   2014年11月29日 20:16
『語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償』
4. Nのために 第7話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年11月29日 21:06
「語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償」 内容 2014年。 希美(榮倉奈々)は、高野(三浦友和)にガンで余命1年と告白。 そして、事件の日の出来事について話し始める。 あのとき、野口(徳井義実)宅の書斎にいたこと。 そして物音に気づき部屋を出ると、 燭台を持...
5. 「Nのために」第7話 感想  [ Kanataのお部屋へようこそ ]   2014年11月30日 01:13
 サスペンスとしてはもうひとつ緊迫感がないし、盛り上がってこない第7話でした。  奈央子救出という西崎の気持ちが、やや自己陶酔型なので、悲惨な事件さえなければコメディとも受け取れてしまいます。  でも希美と成瀬の再会にはテンションが上がりました。{%上昇web
6. Nのために (第7話・11/28) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年11月30日 02:04
TBS系『Nのために』(公式) 第7話『語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2004年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)が奈央子(小西真奈美)を軟禁していると知って驚く。野口によれば
7. ファーストクラス七話&Nのために七話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2014年11月30日 12:07
■ファーストクラス七話 なかなか今回は物作りバトルということもあって、このドラマの魅力満載だった。 倉科カナが可愛いが、やっぱり沢尻エリカ、独特の魅力がある。 状況が二転三転するどんでん返しの連続で、木村佳乃もやっぱりいい人だったし、あんなに悪者だったと
8. Nのために 第7話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2014年11月30日 16:38
第7話 「語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償」
9. 「Nのために」 第7話  [ ドラマ de りんりん ]   2014年11月30日 19:52
全てを話します… と、高野に言ってた割には、どうやら真実では無さそう。 別室で野口の将棋の為の一手を考えてて、物音がして駆けつけたら…という希美の証言は嘘で。 最後に、血の付いたナイフを西崎がわざと野口に持たせてるところが映し出されてましたしね。 軟禁状
10. ドラマ「Nのために」第7話あらすじ感想「語...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2014年12月01日 19:25
希美の告白。新たなN作戦----------!!10年前の事件まで数か月。ついに事件のきっかけとなる野口夫婦の闇の部分が明かされました。そして西崎と奈央子の出会い。あの大きなマンション...
11. Nのために #07  [ 昼寝の時間 ]   2014年12月04日 11:50
公式サイト 2004年。希美と安藤は、野口(徳井義実)が奈央子(小西真奈美)を監

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2014年11月29日 18:38
>でも、何で希美が奈央子を殺す?
奈央子が西崎に対してあまりにもひどい言葉を発したからか?

希美がやったとしたら全然動機がわからんよね…。
西崎に火を近づけようとしたから殺っちゃったとか…?

先週のラストに自分の残りの人生をかけて守る…ようなモノローグがあったから殺ったのは希美じゃないとおらは思ってるんだが〜解らんね。

そして、

>てかさ〜奈央子って専務の娘なんだよね?
てことはその奈央子に暴力振るったりしたら、野口の立場ヤバイんじゃ?

だよね、だよね〜!もうおいらにはこの夫婦はプレイしてるんだとしか思えないんだけど。
それか、親父に告げ口しないくらいに飼いならされているとか…でも、やっぱプレイだよね^^;

事件を別にしても切ないドラマだよね…
今回は成瀬くんとの会話とか、西崎との会話とか…色々とウルッってなった(;_:)
2. Posted by ヨーコ   2014年11月30日 06:16
謎は深まるぅ〜!
誰が誰を殺したのか?外チェーンも謎のままだし・・・。

本筋とは関係ないけど、希美ちゃんが島に帰った時に
クレイジーな母親と会うシーンが無かったからホッとしたよ。
結婚した人は大丈夫?騙されていない?って
まだちょっと疑っていたから安心したわ〜。

せっかくやり直して明るい方向へ歩き始めている慎司を
仲間に引き入れる西崎が憎いわ〜。
何の気無しが人の一生を左右しちゃう事ってあるよね。
次回も楽しみです!
3. Posted by ま・ここっと   2014年11月30日 16:30
奈央子が独り善がりに思いつめて旦那さまを刺して、一方で奈央子は旦那に病的に依存しているから直後に自殺しちゃったんぢゃないかなあ?・・・・と妄想し始めているところです。なんか今回あたりから奈央子の言動がちぐはぐですよね。
それぞれの「居場所」が根底のテーマなのかなあ・・・・
4. Posted by きこり→くうさん   2014年11月30日 22:45
>西崎に火を近づけようとしたから殺っちゃったとか…?
そうだよね。西崎を守ろうとしてやったって感じだよね。
だとすると希美なのかな。奈央子はそこまでしないと思うしーー
>先週のラストに自分の残りの人生をかけて守る…ようなモノローグがあったから
逆にね。
意外と普通に奈央子に暴力をふるったから、西崎が火事場の馬鹿力で火のついた燭台手に
しちゃったとかさ。
>もうおいらにはこの夫婦はプレイしてるんだとしか思えないんだけど。
やっぱその線が濃厚かい?
この夫婦は他人には計り知れない変な結びつきがあるんだと思われ・・・
純粋な3人は助けなきゃって思いこんじゃったけど、大きな勘違いだったりして・・・
>今回は成瀬くんとの会話とか、西崎との会話とか…色々とウルッってなった(;_:)
成瀬との会話はなんだかほっとしたよ。
島を出たんだから、ホントはもっとや早く会って良かったんだよ。
でも、せっかく二人で明るい方向へ行けそうだったのに、西崎が誘ったせいで・・・
切ないのう・・・
5. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年11月30日 22:55
>誰が誰を殺したのか?外チェーンも謎のままだし・・・。
西崎が野口の手に包丁握らせたことでやっぱり西崎はやってないってことはわかったけど
じゃ、誰がやったんだ?ってなると混迷してきちゃったよね。
安藤がいつチェーンをかけたのかも、どうしてかけたのかも謎だしさーー
>クレイジーな母親と会うシーンが無かったからホッとしたよ。
あの様子だと、母親のところには行かなかった感じだよね。
私もあの再婚相手はDVとかするんじゃ?って怪しんでいたけど、
意外と(笑い)いい人だったのかね?
>何の気無しが人の一生を左右しちゃう事ってあるよね。
そうだよね。西崎め、あんな楽しそうにN作戦に誘ってからに。
でも、だからこそ、自分が殺したってことにして責任を取ったんだろうけど。
西崎には奈央子を救いたいって思いしかないもんね。
でも、奈央子ってそこまでされるだけの女なのかしら?
なんか底知れない闇を感じるよね。
悲劇に向かっていくのがわかっているだけに見ているのが苦しいよ。
6. Posted by きこり→ま・ここっとさん   2014年11月30日 23:04
>一方で奈央子は旦那に病的に依存しているから直後に自殺しちゃったんぢゃないかなあ?
なんか事件が起こった後の西崎の顔が、哀しいというよりも途方にくれているようにも
見えたから、奈央子は自殺したのかも・・って思い始めたよ。
何をやるかわからないところありそうだから、野口殺害もありそうだよね。
今回包丁を取る場面があったけど、あれって女性の手のように見えたんで、
迷いなく包丁を取れるとしたら奈央子かな・・・・とも。
西崎は奈央子のことを母親と同じように囚われているかわいそうな女性と思っているようだけど
何かそういうのとも違うような・・・
野口すら操られていたりして・・なんて・・・ホントはもっと単純な話なのかもしれないけど。
7. Posted by しゅあー   2014年12月01日 14:26
今回、なんかすごく泣けたわ〜〜〜(T_T)
窪田君の繊細な雰囲気がたまらないわ〜〜。希美にとって家族的なのかな?すごく深い愛情なのは間違いないと思うし、慎司が来ると知って、新しい服を買って、はしゃいでたくらいだから、やっぱり異性としての意識もある気はしたんだけどね。
ただ、希美は親のことがあって、男女関係ってものにものすごい拒否反応を自分で持ってて、それが恋愛感情にストップをかけてる感じはするから、自分での自覚を妨げてるとは思う。

>問題は希美が心底安藤と結婚する気がなかったのか、それとも余命1年の自分に付きあわせるのがアレだから安藤のためを思って断ったのかだよ。

そうそう、これがまだわかんないとこだね、指輪を見ながらのあの涙が何を意味していたのかねえ?
事件後に、また慎司とは連絡を取らなくなってたみたいだけど、それが何故なのかも気になるところ。
少なくても、事件前、ひと月前にはやっとゆっくり会えるようなとこまで来てたのにね。

>やっぱりあの時点での希美の大切なNって西崎なんじゃないのかな〜?

うん、私も思った。なんか兄と妹みたいな雰囲気があるんだけど、心を許している人なのは間違いないし、希美にとっての究極の愛情である、「罪の共有」に値する人って感じが今週ですごく感じた。

私は最近頭の中で、毎日、家入レオの♪Oh、it's so Silly〜〜〜♪ がグルグル回り続けているよ(^o^;) 
8. Posted by きこり→しゅあーさん   2014年12月01日 22:22
>新しい服を買って、はしゃいでたくらいだから、やっぱり異性としての意識もある気はしたんだけどね。
やっぱりそうなのかしら。二人の繋がりは特別なものだもんね。
希美が東京に来て慎司に会わなかったのは、慎司のためを思ってだろうし。
いつでも慎司は希美の支えだったもんね。
>希美は親のことがあって、男女関係ってものにものすごい拒否反応を自分で持ってて
そうだよね。あんなことがあったら、恋愛に飛び込むのは怖くなるさ。
でも、余命1年ってのが本当なら、亡くなる前に愛する人に素直に飛び込んで欲しいよね。
>指輪を見ながらのあの涙が何を意味していたのかねえ?
余命を考えているのか、それとも本当は安藤と結婚したかったのかな〜?
自分が死んで、もう守ってあげられなくなると思ったのか・・・
>「罪の共有」に値する人って感じが今週ですごく感じた。
罪の共有っていうと、他の慎司と安藤に関してもそうなんだけど、
あの現場であったことがそれまでの4人の関係を変えてしまったのかもしれないね。
罪の共有から始まった関係・・・・
>私は最近頭の中で、毎日、家入レオの♪Oh、it's so Silly〜〜〜♪
いつもいいタイミングで入るからキュンキュンしちゃうよね〜
いい曲だわ〜美しいだけじゃなくて強さがあるよね。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドラマ10 「さよなら 私」 第7回 女と男「ごめんね青春!」 第8話 息子が女子?合併解消!ついに告白!