「Nのために」 第5話 沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂いだすドラマ10 「さよなら 私」 第6回 ママになりたい

2014年11月17日

「ごめんね青春!」 第6話 ヒーローは最後にやってくる!

 今回も青春だったね〜!
やっぱり「走る」ってのはベタなんだけど盛り上がるね。
若い子の背中を見ているだけで、こみ上げるものがあるわ〜
HPはこちら


 さて、『箱根まで駅伝』が始まりましたョ〜
スタート地点で平助(錦戸亮)と一緒にみしまる君の中の人古井(矢本悠馬)も応援しております。

(この時のべーやんの『中井さ〜ん!』と叫んだ時の邪気のない顔!
(* ̄m ̄) 錦戸君、いい顔しているよ〜)

地元CATVの生中継を学校でも永楽寺でも見ていますョ〜

 第一走者は中井(黒島結菜)。
さすがインターハイ出場経験者。2キロ地点をトップで通過。
いい感じに半田(鈴木貴之)にプレッシャーを与えております。
西高は2位から3位に落ちたと聞き、りさ(満島ひかり)は大喜び。

「自分はただ 無心で走るだけです」半田
「ふん!そういう精神論が一番嫌い」りさ
「先生・・・」
「勝つために1位になるために走るの!
勝たなきゃ意味ないの!」

「先生・・・・」

 ところが心の乱れが走りに現れ、突然中井ペースダウン。最下位になっちまったわ。
実は父親の仕事の都合で文化祭前に転校しなければならなくなったのさ〜
そのことを平助に話そうとしたんだけど話せずもんもん・・
さらにからくり人形(海老沢)(重岡大毅)からつきあって欲しいとの返事を迫られ
めんどくさくなったのか、ヤケになったのか「付きあってやるよ」と答えてしまった。


 十代はちょっとしたことでも心がグラングランするからね〜
メンタル弱いのが当たり前だもん。集中できないさ。
なんかそういうのすら懐かしい( ̄▽ ̄;)アハハ…
動じなくなった自分が寂しいよ、わたしゃ・・・


言ったじゃないか / CloveR 【初回限定盤B】(DVD付)ごめんね青春!/ごめんねウナギグッズ全5種セット/TBSドラマ/脚本・宮藤官九郎×磯山晶


 半田ちゃんもいろいろありましたョ〜
沿道で応援しているテンション高い村井(小関裕太)と、
どろ〜んとした目で睨んでいるあまりん(森川葵)を見た途端に走りがチクタクと固くなってしまいました。

 りさにも告白するもフラれた半田はかねてより熱視線を送って来ていたあまりんとつきあうことにしたのですが、
そのあまりの恋愛体質についていけず・・・苦悶の末、訳わからなくなったのか村井と付き合うと宣言。

「コスメと?」あまりん
「ごめんね あまりん」村井
「ゲイなの?!」あまりん
「分からない。でも、その可能性にかけてみようと思う」
半田

 いやいやいやいや、賭けてみすぎだろ!
てかアンタ、ゲイだからって穏やかな恋愛生活が送れるとは限らないのよ〜
むしろ、さらなる泥沼が待っているやも・・・・(▽*)


「へいじょうし〜〜ん村井
「(キΦдΦ)→→→」あまりん
「うわッ!Σ(´Д`;;;ノ)ノ」半田
半田 !チンタラ走ってんじゃないわよ!」りさ
「すいません!」
「ビリになったら ぶっとばすわよ!」
ダアアアーーーー!(全速力)」
「ゴー ゴー!半田ゴーゴー!!」


 りさの恫喝が効いて、4位まで追い上げましたとさ。

 第三走者は、からくり人形(重岡大毅)。
一応海老沢にも、ちょいとありました。
かなり上からな感じだけど中井から交際オッケーを頂いた後、半田にフラれたあまりんが
ヨリを戻そうとやってきたのさ〜


 中井と付き合うんだから断れよ!と思うんだけど〜
このめんどくさい女子2名両方とやっていけると過信してしまうのも、また青春のなせるわざ。


『彼もまた駅伝どころじゃないのですが・・・・
そこは能天気な海老沢君。
やっかいな三角関係を人生最大のモテ期と受け止め、実力以上の力を発揮するのでした』観音菩薩


 結局駅伝の後、中井一本に絞ることに決断した男・海老沢ですが・・・
転校を告げられ、やっぱりあまりんにするか・・と思ったり思わなかったり・・・


 第四走者は神保(川栄李奈)。
彼女にもいろいろありました。ま、むりやりそういう状況を呼びこんでいるようだが。
シーパラダイスでの遠足の後大木(竜星涼)と付き合ったんだけど、そのあまりの中身のなさに
我に返り、交際開始2時間半で破局。
その後、クイズバカこと昭島(白洲迅)に乗り換えようとしたんだけど、フラれてしまったという・・・
こんなにかわいいのに痛々しいったらありゃしない。

「神保さんもかわいいけど、レベル的には三択の引っ掛けなんだよね」昭島
「三択の引っ掛け?」神保
「三択って正解と引っ掛けと絶対ないやつの3つで成り立ってるわけ。
でも、ごくたま〜に遠藤ちゃんみたいな絶対ないと思ってたやつが意外と正解だったりするんだよね」
「引っ掛けが正解ってことは?」
「それはない!ないないない!」

 昭島の思い人はまさかの遠藤ちゃん(富山えり子)。ポイントは見事な食べっぷりと安定感。

引っ掛けって何だよ!引っ掛けって何だよーーーー!」神保


 怒りパワーで3位まで順位を上げましたぞ。

 その頃、永楽寺では、一平(えなりかずき)が観音菩薩様(森下愛子)に尋ねておりました。
この前PCで「不倫」のこと検索していたら、「地獄に落ちる」とか言われちゃったからね。

「母さん・・・ねぇ、お母さんなのかい?
もう死んでから3年になるけど成仏できなかったのかい?
何が不満なんだよ。親父か?平助か?
やっぱり俺が・・・・バカバカしい・・・そんなわけねぇか」一平
「地獄に落ちるぞ、一平」観音菩薩
「はッ!(;`Д´ノ)ノ」
「不邪淫の戒を破った者は地獄に落ちるのじゃ!」
「あー!あっ・・・・あー!ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ」
お前を人形焼きにしてやろうか?!
「やだー あーーーっ!」


 ぜひ人形焼にしていただきたい ( ̄∇ ̄)
叫び声を聞いたエレナ(中村静香)が来てくれて一平は落ち着いたんだけど・・・
TV中継にどんまい先生(坂井真紀)が映ったもんだから、また目の色変わっちゃって・・・
さらに「好きな人はいます」宣言で居ても立ってもいられなくなっちゃって・・・箱根へGO!さ。


 第五走者は遠藤ちゃん。サングラスを装着し雰囲気もギラギラしておりますぞ〜

「遠藤さん、この先坂が続くからね無理しないで」昭島
「話しかけないで!集中してる」
「真央ちゃん気取りか?」りさ

(ラストにはサングラスをピュッと捨ててQちゃん気取りに)
「猫ひろしはどこの国のマラソン選手?マレーシア、インドネシア、カンボジア」昭島
来たー!神保ちゃん、こっちこっち!
「遠藤ちゃーーーーん!」神保
「おらおらおら!もらった!どけどけどけ〜〜!
「足まで速ぇのかよ・・・・最高じゃん」

 昭島の気持ちもヒートアップ


 第六走者は大木。
『一応 言っときますが神保さんだけじゃなく佐久間さん、 阿部さん、ビルケンシュトック、
遠藤ちゃんにまで告白してフラれています。もう走るしかありません』

「チックショーーーーーーー!」大木

 ついに2位!すごいぞーー!!ヽ(≧▽≦)ノ
いや〜さすがクドカン。
いろんな男子と女子のサンプル持ってるね〜
恋愛に関してだけでもこれだけいろんなタイプの男の子と女の子がいるってスゴイ。
何か高校の頃思いだしちゃったョ。あの頃って特に女子は何があったのか丸わかりだったよね。
すごく短いサイクルでいろんな男子に告白している女子とかいたな〜
あと、休み時間のモメを引きずって授業中つっぷして泣いている子とか〜、
急に輝いて女っぷり上げる子もいたなぁ・・その反対も然り。
青春ですなぁ・・・


 さて、視聴者的にはホントどうでもいいと思うんだけど、どんまい先生に会えた一平は
救護テントの中で事に及ぼうとし、どんまい先生は「ダメよ、ダメダメ〜」を連発。
そこに平助が入ってきたもんだから、古井がトイレに行くとき置いていったみしまる君の頭部を装着。
で、ゴール地点に向かう事になった平助と頭部みしまる君下半身一平の物体は車で移動。
頭部を盗まれたことを知った古井はその車を追いかけるという展開に。

 最終走者の古井の代わりに出場することになったのは成田(船崎良)。
たすきを受け取った時は、にゃんと一位っスョ!
ところが彼の脳内も混乱していた。
2度もどんまい先生と一平のショッキングな場面を見てしまったもんだからスパーク!
その結果肉離れを起こしてしまったのさ〜
その成田を見つけた平助と一平と追いついた古井の決断は・・・・


 まず一平は逃走(どうでもいいよね( ̄▽ ̄;)アハハ…)
頭部を発見した古井はみしまる君のまま、代走決意。
平助は成田をおんぶして走るという、気持ちはわかるけど落ち着いて!状態に。


 結局、みしまる君が一位でゴールイン!でももちろん失格!しかもゴールの際、頭ぶっとばしちゃったから正体バレとるし。
成田をおんぶした平助も必死で走っております。コールまでもう少し。
TVの向こう側でもみなさん見守っておりますよっ。
いつになく引き締まったいい表情ですわ〜生徒達だけでなく、りさも新鮮な面持ちで見つめてる〜。


『おやおや〜蜂矢先生、好きになるとしたら今じゃない?
普段は決して見せないひたむきな表情。りりしく強いまなざし。額を伝う汗。白く輝く歯』


「(;¬д¬)・・・(やっぱり気持ち悪い?)」りさ

『ごめん・・・そんな無理するなら、また今度でも』
その後・・・・
『ビルケンシュトックのファンクラブは解散し、西高と東高の確執にピリオドが打たれました』

 結果的には西高を負かすこともできなかったし、一位にもなれなかったけど、それでもみんな清々しい笑顔ですぞ。
本日の講義はりさ先生。
『Sometimes the best gain is to lose』


「これは ジミー・コナーズというテニス選手の言葉です。
先生勝たなきゃ意味ないってずっと思ってた。
でも 今日の結果を受けてどうしても負けたとは思えないの。
我が聖駿高校は残念ながら失格でした。
それは古井君が登録した選手じゃなかったからです。
でも古井君が、ていうかみしまるくんがゴール直前で1位になったの、みんな確かに見たよね。
うん、彼が駅伝に出ることよりみしまるくんとしてイベントに参加する方を選んだ理由は腑に落ちたのかな?中井さん」りさ

「まぁ、子供達の夢を壊したくなかったっていうのは理解できます」中井
「納得した?半田君」りさ
「はい!」

「だったら我が聖駿高校の勝利は私達にとって揺るぎないものです」りさ
「でもさ・・・普通に出てたら普通に勝てたんじゃねぇ?」ビル(トリンドル玲奈)
「確かにそうね。でも 普通に勝ってたら、あんなに盛り上がったかな?
あんなに興奮したかな?あんな面白い負け方したから興奮したし 記憶にも残るしそれが青春なんじゃないかな。
で、この英文、『勝ちよりも負けの方が青春』て意味なんじゃないかなって思うんです。
ごめん、ちょっと強引だったかな」りさ


 なんか生徒達のがんばりに感動したりさはすっかり素直になった感じですなぁ・・・ 
でも、その生徒達に影響を与えたのは平助でありりさ。
お互いに影響を与え合って、事が気持ちよく自然に転がって行っているみたいだよね。


 それは氷の女・吉井校長(斉藤由貴)の心にも及びました。
カバヤキ三太郎(生瀬勝久)に電話をかけてきて駅伝に感動したことを熱く語り、
「合併は神のおぼし召しとすら感じています。声を大にして言いたい!男女共学って素晴らしい!」と訴え、東高の三宮先生(生瀬勝久)にごめんねしちゃいました。

 その勇気と心意気に打たれたカバさんは番組特製「ごめんねウナギの靴下」をプレゼント。
両校長の心がぐっと接近した熱い夜となりました。

 さて、サトシ(永山絢斗)はどうしていたのかといいうと・・・
善人(平田満)に認められ、今じゃサトシ中心で作物を作ったり収穫しているそうな。
外見もチャラ男ふうから田中義剛ふうウェスタンファッションにチェンジ。

「太陽の下で大地の力を感じながら働いてると
罪滅ぼしとかちっぽけだなって思えてくるぜ!」


 生のさつまいもガブッ!!生まれ変わったように生き生きしております。
(コレ、グルメリポーターがよくやる手だけど、大根とか人参とかって絶対生より茹でた方が美味しいと思ふ( ̄▽ ̄;)アハハ…)

 で、わざわざ学校まで平助に会いに来た理由ってのが・・・

「祐子の妹いるだろ?」サトシ
「あぁ、蜂矢先生?」べー
「あの女、べーやんのこと好きなんじゃねえぇかな」
「いやいやいや、ないない! 全然!むしろ嫌われてるっしょ」
「でもコレ聞いたら、べーやんもいけるって確信するぜ」
「何だよ」
「畑の近くに作業小屋があるんだ。こないだ 忘れ物取りに行ったら
(PC上の)べーやんの写真見ながらブツブツ言ってたんだよ。鋭い目つきで」


『気持ち悪い ・・・ないないない…』りさ

「ごめん。全然いける気しねぇんだけど」平助
「 いけるって!コレ、いけるバージョンだって!」
「だって写真をごみ箱に捨ててたんでしょ?」
「パソコンの中のごみ箱だぜ。嫌いだったら普通本物のごみ箱に捨てるぜ」


 サトシよ、なぜ毎回無理めの話に乗っからせようとする? ゞ( ̄∇ ̄;)
平助を喜ばせたいのかしら・・
でも、さすがに平助も学習しました。


「・・・・いけるいけるって言ってる奴がいっちゃうバージョンじゃねぇの?
優しいけど、その場しのぎなんだよな」平助
「俺はただ・・・幸せになってほしいだけなんだべーやんに」
「俺にまで罪滅ぼししてくれるんだ。
でも、もし・・・・お前に罪がなかったらどうなる?」
「えっ?」
「もし、お前が犯人じゃなかったら・・・・」


 ついにカミングアウトか?!と思ったんだけど、からくり人形が女子の揉め事を伝えに来たもんだから中断さ〜
でも、予告でついに告白してなかった?平助の運命はどうなるんだ〜?
せっかく両校の心がひとつになったというのに・・・ここで14年前のアレが蒸し返されたらどうなるんじゃい。
生徒達も動揺するし・・・文化祭も無事に行われるの〜?

 そして、平太(風間杜夫)と平助がついに一平の不倫を知ってしまいました。
どんまい先生に幸せが訪れることはあるのかしら〜?
さらに平助童貞疑惑?!


 第1話 恥と後悔と初恋の記憶
 第2話 お前しか見えない!
 第3話 運命の学力テスト!受験生必見!
 第4話 恋の嵐!ガッついていこう!
 第5話 仲間のため学校のためプライドを賭けて走れ!運命の駅伝スタート! 
 第7話 三島の空に響け!彼女の贈り物
 第8話 息子が女子?合併解消!ついに告白!
 第9話 今日大事な人にごめんねとさよならを言います
 最終話 忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!

br_banner_ochiba


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ごめんね青春!「ヒーローは最後にやってくる!」  [ のほほん便り ]   2014年11月17日 17:32
冒頭ナレーションの観音様。ついに、出番が少ないあまり、洗濯物を吊るされてましたね、といいつつ、終盤に見せ場がありましたが (^^;)それにしても、駅伝チーム、試合前にみんなして事情がありすぎ!出だし好調だったけれど、途中から順位を下げる中井 (黒島結菜)は、2
2. ごめんね青春! (第6話・11/16) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年11月17日 18:04
TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』(公式) 第6話『ヒーローは最後にやってくる!』の感想。 【注】本記事は管理人の好き嫌いで書いています。本作をを楽しくご覧になった方や、出演者や原作、脚本家や演出家等のファンの方は読まない方が良いです。 合併クラ
3. 【 ごめんね青春! 】 第6話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2014年11月17日 18:42
Sometimes the best gain is to lose. 勝つとか負けるとかに関する名言は多くあります。 これはジミー・コナーズというテニス選手の言葉です。 「負けることが一番の収穫。時として。」 普通に勝ってたら、あんなに盛り上がったかな? あんなに興奮したかな? あ
4. ごめんね青春! #06  [ ぐ〜たらにっき ]   2014年11月17日 20:01
『ヒーローは最後にやってくる!』
5. ごめんね青春! 第6話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年11月17日 21:33
「ヒーローは最後にやってくる!」 内容 “箱根まで駅伝”に男女混合チームで参加する事になった聖駿高校 スタート直後、第1走者の貴子(黒島結菜)が、良い走りを見せていたが、 突如、調子をくずしはじめて、最下位になってしまう。 実は数日前に、両親から思わぬ事を..
6. ごめんね青春! 第6話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2014年11月17日 21:59
東高と三女の合併統合を記念して、男女混合チームでのレースとなった「箱根まで駅伝」。 学校名も「聖駿学園」となり、平太(風間杜夫)の合図で駅伝がスタートします。 第1走者の貴子(黒島結菜)はインターハイ出場経験者なので、トップで2キロ地点を通過します。
7. ごめんね青春! 第6話★ゲイの可能性に賭ける半田君  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2014年11月18日 08:30
ごめんね青春! 第6話 ヒーローは最後にやってくる! 今週も面白かった〜〜〜。 −◆− 第2走者は半田 (鈴木貴之) 。 「自分はただ無心で走るだけです。」 蜂谷先生 (満島ひかり) は「はっ、そういう精神論が一番嫌い。」と吐き捨て「勝つために、1位になるために
 今週のあまりん(森川葵)!  夜、半田(鈴木貴之)の家に電話をかけて、 「ねえ、愛してるって言ってよ」  半田が学校で言ったと答えると、  それは昼間の分で「夜の分の愛してる」がほしいと、おねだり。  度が過ぎる恋愛体質ーーーwww  恋愛体質VS筋肉質ーーー...
9. わが青春に悔いなしなんて負け惜しみ!(錦戸亮)  [ キッドのブログinココログ ]   2014年11月18日 08:57
みしまるくんには中の人などいないわけだが・・・あくまでフィクションである。 ちなみにみしまるくんの相棒はかわせみくんである。 かわせみは青土鳥(そにどり)とも呼ばれる。かわせみのせみは蝉ではなく、青土(そに)の訛りであると言われる。 つまり、川の青土鳥がかわせみ
10. 『ごめんね青春!』 第6話  [ 美容師は見た… ]   2014年11月18日 13:21
三島大社から芦ノ湖まで何kmあるんですかね?箱根まで駅伝、いよいよスタートです!てか、駅伝そのものには緊迫感ゼロo(≧∇≦)oでも負けた気がしない…勝ちよりも負けの方が青春なんだから。恋愛関係ややこしや〜。もう誰と誰でもいいや〜。まどんな先生の上に乗っかる感じ

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2014年11月17日 18:50
いいよね〜駅伝…青春……
と思ったけれども、みんなが抱えている恋のあれこれがメチャクチャ過ぎて笑えるww

特に半田( ̄∇ ̄;)
賭けて見なくていいから〜そんなもん…。
しかしコスメが可愛すぎて憎めないw
あまりんならコスメの方がいいかも。

>お前を人形焼きにしてやろうか?!

笑ったよーー!
「間違えた。蝋人形だった」じゃないよね^^;

しかしメタファーだって自分でも言っていたからやっぱりいずれは消えちゃうんだろうな…さびしい…。

サトシはいい加減で悪意に溢れたやつだと初回では思っていたけれども、ただの本当にいい加減なヤツなだけなのかもと思い直した。
無意識に口が恋愛推ししちゃう?

来週はまた怒涛の展開だね。
中井には転校してほしくないな〜!
2. Posted by 桔梗   2014年11月18日 00:14
毎週毎週楽しいね〜。
一平が平助の部屋にいた時、達磨が落っこちてゴロンてしたでしょ。この日から公開の『かみさまの言うとおり』の宣伝で、達磨ゴロンで血しぶきドバッを何度も見てたから…つい血しぶきドバッまで連想しちゃいました。
色々盛り込んでくるよねぇ(笑)。

生徒たちが一人一人分かるようになってきたので、皆可愛いのぉと見ておりますが、中井ちゃん転校とは淋しいね〜。

『Nのために』にもこちらも十数年前の火事が重くのしかかってきてるんだけど、どうなりますことやら…。
半田君のちっちゃい弟妹の出番も楽しみよ〜。
3. Posted by ヨーコ   2014年11月18日 06:22
りさが半田君にだけ猛烈にドSっぷりを発揮する所が好き(笑。
ひかりちゃんの可愛い声だとどんな台詞もキツくなり過ぎないんだよな〜。

古井君がみしまる君だって事がバレたのはマズい事態だけど、
親心としてはバレて一安心よ〜。
今後もみしまる君に入れるのかなぁ?それだけ心配(笑。

次回は生徒会長の転向の件などなど、また青春だね!
4. Posted by しゅあー   2014年11月18日 13:40
>やっぱり「走る」ってのはベタなんだけど盛り上がるね。

ほんとね〜〜、ドラマなんだからと思いつつも、頑張れ〜!とかつい熱くなって見てる自分もいるし、がむしゃらに走るってでも青春を象徴してる部分もあっていつもよりも見入ってしまったわ。

>あの頃って特に女子は何があったのか丸わかりだったよね。

そっか〜〜、きこりさんてやっぱその頃から観察眼鋭かったんだね、周りをよく見るなんて私は相当おとなになってからだったわ〜(^o^;) 高校の頃なんてほんと全然見てなかったし そんだけ未熟だったわよ。

>でも予告でついに告白してなかった?平助の運命はどうなるんだ〜?

してたねえ!!あれほんとに言ったのかねえ?夢落ちじゃないよねえ?
まあ、もう黙ってることにも限界が来てる感じもあったし、なんかしゃべらざるをえない状況が発生するのかしら?
でもこの告白ってある意味このドラマのクライマックスみたいなとこあるのに、こんな早い回でやっっちゃっていいのかしらね?

今の一番の楽しみは一平とどんまいのラブだわ。これのはちゃめちゃ展開を最後まで引っ張って欲しいなと思います。
しかし、カバヤキのラジオって、あそこの学校関係での視聴率めちゃめちゃ高いよね。誰かすぐにあの声に気づけよって話だけど( ̄▽ ̄;)
5. Posted by きこり→くうさん   2014年11月18日 20:38
>みんなが抱えている恋のあれこれがメチャクチャ過ぎて笑えるww
まさかみんなそんなに抱えていたとは・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
青春って忙しいねぇ・・
>賭けて見なくていいから〜そんなもん…。
なぜそういう発想になる?(笑
よっぱどあまりんの恋愛体質がアレだったんだろうなぁ・・
コスメは今のところ控えめだから、賭けた甲斐あるかもしれんね〜
>しかしメタファーだって自分でも言っていたから
後ろメタファーだからね。最終回には消えちゃうんだろうなぁ・・・寂しいね。
でも、ということは平助にも晴れ晴れとした日がやってくるということか?
>ただの本当にいい加減なヤツなだけなのかもと思い直した。
悪い子ではないのよ。ただホントその場限りの発想なんだと思う(笑
しかし結構大変な目に遭っても変わらないって逆にすごいかも。
てか、いつになったら祐子が現れるんだろうねぇ・・

6. Posted by きこり→桔梗さん   2014年11月18日 20:44
いや〜ホント楽しいよ〜♪
>この日から公開の『かみさまの言うとおり』の宣伝で、達磨ゴロンで血しぶきドバッを何度も見てたから
にゃるほど〜!!ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 そういうことか!
このダルマなに?って思ったよ〜(笑
も〜ホントにクドカンってわかるヤツだけわかりゃーいいなんだからぁ〜
>生徒たちが一人一人分かるようになってきたので、皆可愛いのぉと見ておりますが
そうそう!私もね、先週あたりからやっと名前と顔が一致した(おそっ!)
だからよけいおもしろくなっているのよ〜
ツンツンしているけど実はおぼこい中井はかわいいよね。
予告で見るとちょっと切ない展開もアリみたいで、ドキドキよ。
>半田君のちっちゃい弟妹の出番も楽しみよ〜。
なんか山田太郎ものがたりのあんちゃん思いだしちゃったわ〜
最初は単なる筋肉バカかーー( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)と思ったんだけどおもしろいキャラだよね。生徒達の中に満島ひかりさんの両親の教え子がいるって言ってたけど、どの子だろうね〜?
7. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年11月18日 20:53
>りさが半田君にだけ猛烈にドSっぷりを発揮する所が好き(笑。
(* ̄m ̄)ふふふ・・あの怒鳴りっぷりとかドS発言いいよね〜
そして素直に聞く半田・・・
真面目だし生活力ありそうだし、意外と卒業後に付きあったりして〜
>今後もみしまる君に入れるのかなぁ?それだけ心配(笑。
地元のCATVで古井の顔バッチリ放送されちゃったからね〜
でも、あのサイズに合う子そうそういないからやらせてもらえるんじゃ・・(笑
来週中井の転校で予告で涙ぐんでいたりして・・・
なんか鹿男のラストみたいな感じかしら・・・
別れもまた青春だね〜♪
8. Posted by きこり→しゅあーさん   2014年11月18日 21:04
>がむしゃらに走るってでも青春を象徴してる部分もあっていつもよりも見入ってしまったわ。
そうだよね〜そこはクドカンだからただ走るんじゃなくてそれぞれの恋愛事情を
盛り込んで走りに反映させてるのがおもしろかったよね〜
>周りをよく見るなんて私は相当おとなになってからだったわ〜(^o^;)
いやいやいや、なんかエキセントリックな女子が多かったのかしら・・
泣いてたり、ケンカしたり、憂鬱そうにしてたりした女子が結構いたよ。
今から思うと、みんな青春してたんだね〜(笑
>あれほんとに言ったのかねえ?夢落ちじゃないよねえ? 
いや〜できれば夢オチであって欲しいよ。
いたたまれないよーーー生徒たちがどんな反応を見せるかとか・・
共学の話も無くなっちゃうかもしれないし・・・りさだってそもそもの原因はすべて平助に
あるってわかったら・・・どうなるんだろう〜
>こんな早い回でやっっちゃっていいのかしらね?
後半は舞台を学校じゃなくて別の場所にするのか?
平助、放浪の旅編とかって。平助はサトシと違って三島市を出らえるのかねぇ・・
>今の一番の楽しみは一平とどんまいのラブだわ。
いや〜私どんまい先生は好きだけど、えなり君を長時間見ていられないーーー(;´Д`)
でも、いつまでもどんまい先生も愛人に甘んじていないとおもうぞーーー(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「Nのために」 第5話 沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂いだすドラマ10 「さよなら 私」 第6回 ママになりたい