ドラマ10 「さよなら 私」 第5回 罪と罰「ごめんね青春!」 第6話 ヒーローは最後にやってくる!

2014年11月15日

「Nのために」 第5話 沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂いだす

『一度ついた嘘は つき通す。
それが嘘を真実に変えるたった一つの方法だった』希美


 そうだよね。たとえ嘘だとしても守り通せば真実になる。
その真実は絆なのか鎖なのか・・・

 2004年12月24日、事件当夜の回想を見ると、
西崎(小出恵介)が野口(徳井義実)を殺していないのは確か。
野口は奈央子(小西真奈美)を刺して、さらに止めをさそうとした。
それを止めるために誰かが燭台で殴った。

 奈央子が亡くなったら西崎が悲しむと思って希美(榮倉奈々)がやったのか・・
あるいは西崎が悲しむのを見て希美が苦しむと思った安藤(賀来賢人)がやったか。
どちらにしろ、自分のためではなく大切なNのために無意識に体が動いたんだろう。

 サンゴを守るボランティアに参加した希美と安藤は、沖縄に着いてびっくり。
どうやら西崎が気をきかせてひとつ部屋を予約したらしい。
それでも安藤となら大丈夫だろと思った希美と思いっきり動揺する安藤・・・
2人の気持ちの違いがはっきり出ております。

 で、安藤の機転で奈央子と一緒のグループになれた希美たちは三人で海の中へ入ったんだけど、
奈央子が溺れ(実は希美が細工)助けたことから、食事に招待され親しくなった。

 その後、野村家に招待されることに成功。
いい雰囲気に乗じて手紙で都市計画のことを尋ねた希美は野村と二人っきりで会う事ができた。
候補地が他に二ヶ所あることと、野村の父親が計画予定地にあるビルを売るつもりはないという
情報を得た。


 何か野村と奈央子の関係が妙でした。
対等な感じではなく、支配する者とされるもののような・・・
「彼がいないと 私は何にもできないのよね」
という奈央子の言葉は野村のお気に入りなんじゃないでしょうか。

 別の見方をすると、野村の想定外のことをやったら怒りに触れる・・?
野村のことで希美が奈央子に「女の人に負けるの嫌なんじゃないですか?」と言った時、
見抜かれた的表情をしていたような・・・
希美は父親の件以来、クズ男の察知能力が鋭くなっているもんね。

 野村とMSのラウンジで話しこんでいるのを、奈央子が離れた場所から監視するように見ていた。
野村は今までにも、希美みたいにセレブに憧れて近づいてきた女の子に手を出してきたんじゃないのかねぇ・・
で、今度の餌食になる希美を心配してたんじゃ・・・

 さて、野村からの希美への『内緒のお願い』とは何だったのか・・
下心ミエミエのような気もするが・・・
希美ならそれをわかっていて、上に行くために利用するかもしれないよね。
 
Nのために (双葉文庫)Silly (初回限定盤A)


 取りあえず「N作戦」は大成功。
西崎は希美と安藤の苦労をねぎらいました。

 実は沖縄で酔った安藤にキスされるという事件があったんだけど、
お互いにスルーすることに決めたようで、安藤は希美への思いは封じ込めることにしたようです。

 そして、沖縄から帰った希美を早苗(山本未來)が急襲。
(その前に電話が来てたんだけど、希美は出ないで携帯を冷蔵庫に入れたという)
その時、希美は西崎の部屋にいたんだけど、早苗の声を聞いて体が固まってしまった。

「開けて〜希美ちゃんに話したいことがあるんやけん。
希美ちゃん、すごく大事な話やけん聞いてほしいんよ。
希美ちゃん・・・ママ 何か・・・おなか痛くなってきた。
東京は初めてやけん疲れちゃった・・希美ちゃん〜」早苗

「出たくなかったら出るな。声で分かるだろ、仮病だ」西崎
「・・・・・・・・・」希美
「あぁーー痛いよ〜希美ちゃん〜」早苗


 様子を察した野原のおじいちゃん(織本順吉)のおかげで希美は会わずにすんだけど、
またいつ来るかと思ったら、ぞーーーっとするよね。
でも、早苗の話は民生委員の池園さんとの再婚についてだったらしい。
池園さんがしっかり早苗を捕まえててくれるといいんだけど、な〜んかあの人の良さそうな顔が
結婚した途端、豹変しそうで怖いよ。

「お母さんに会いたくないわけやないの。
会ったら、島にいた頃に引き戻されそうで怖い。戻りたくない。
誰にも頼らんで一人で生きていきたい」希美
「誰の助けも借りないつもりか」西崎
「助けてって思った人はいる・・・・でも、言えなくて・・・」
「そいつとか・・・『罪の共有』」
「そう。罪の共有」
「今、どこで何してる?」
「・・・・・元気で幸せにしてたらええな」


「奈央子さんがパニック起こしたって話 したでしょ」希美
「うん」西崎
「奈央子さんのタンクのバルブ・・・少ししめた」
「それでお近づきになれたというわけか」
「気づいたら、もう手が動いてた。止められなかった。
うちの母親平気で嘘ついてたでしょ。父親もそう。
平気で人を傷つけたり、嘘ついても何とも思わない
私もそういう人間なのかな」
「親は親、子供は子供さ」


 希美は西崎には素直に話せるんだね。
それはやっぱり西崎も傷を抱えていることがわかるから。
一人で生きていくしかないという同じ寂しさを背負っているのを感じるから?
2人とも親から与えられた傷から逃れようと必死でもがいている。
傷に怯え、その傷を連鎖させるのではないかと怯えている。
希美と西崎が罪を犯したとしたら、それは生きていくため。
「親は親、子は子」と言い切れたらどんなに楽か。
「N作戦」は野バラ荘のためでもありながら、それぞれ自分自身の戦いでもあるんだよね。

 慎司(窪田正孝)は「母さん助けて詐欺」的なアレに加担していた。
家族のために泣きながら差し出す何百万もの金を受け取る後ろめたさに苦しみつつも
脱出する気力もない。
金のために「さざなみ」を失い、母は自分達を見捨て、苦しみながら父も逝った。
目の前で舞い散る札束を虚ろな目で見つめる慎司が取り残された子供のようだった・・(ノω・、) ウゥ・・・
結局、警察に確保されちゃったけど、どうなるんだか・・・
誰が身元引受人になってくれるんだろう。高野とかか?


 2014年、高野(三浦友和)は夏恵(原日出子)の治療のため、東京に住んでいた。
あの放火事件から14年が流れていたが、夏江の症状に変化はなかった。

「治したいというプレッシャーが逆効果になることもあります」医師
「治療は無駄やとおっしゃるんですか?」高野
「夏恵さんの症状と向き合っていきませんか?
今の夏恵さんを受け入れて生きていくのもひとつの道だと思います」
「年を取るごとにひどくなる考えがあります。
ふとすると、頭がその考えでいっぱいになる。何でという・・・考えです。
何で妻がこんなことになったんか、
何で自分だけが何も知らんままおるんか、
どんな形であれ真実を引きずり出して、この考えを終わらせたいんです。
諦めるわけにはいかんのですよ」


 高野も「本当の真実」を求めているのねーー
でも、高野に知られることを夏江さんが一番恐れているんじゃないの?


 出所し野バラ荘に戻った西崎を安藤が訪ねていました。
で、部屋に入ると希美宛ての現金封筒に目を止めましたぞ。
西崎は希美の居場所を知っている訳やね。

「何しに来た?」西崎
「話があって」安藤
「事件のことだろ?断る」
「杉下には・・・」
「俺は誰とも関わる気はない。君ともだ」


 西崎は50万もの大金を希美に送っていた。
この金はどこから出てきたんだ?ムショで作業した代金?こんなにもらえないよね〜?
もしかして、10年前の事件の日手に入れたのか?
でも、西崎の部屋は家宅捜索入っているだろうから、隠しておけないよね〜?
そして、何のためにお金を?今の希美はそんなお金に困っていないはず。
自分のために罪を犯したことへの贖罪?

 そして西崎と希美が繋がっている事を確認した安藤は、その足で高野のもとへ。
希美の住所を教えたのは安藤か?
これは嫉妬?それとも作戦?
10年経って、4人の絆にほころびが出たんだろうか・・・
事件はまだ終っていない。現在進行形で動いている


 第1話 セレブ夫婦殺人事件…15年前に隠された秘密
 第2話 放火事件の謎・・・許されない罪の共有
 第3話 反撃開始!舞台は東京へ!運命の出会い
 第4話 被害者Nと出会った日・・・すれ違う二人
 第6話 許されぬ愛・・・罪人たちの悲しい告白 
 第7話 語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償
 第8話 エリート夫の嘘と罠・・・炎に消えた真実
 第9話 最終章〜前編〜今夜事件の幕が開く!  
 最終話 明かされる事件の真実・・・N達の未来

br_banner_risu



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:07│Comments(6)TrackBack(9)「Nのために」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ディア・シスター五話&Nのために五話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2014年11月15日 19:35
■ディア・シスター五話 やはりこれは、かなり切ないお話になってくるのではないのかと予感させる終わり方。妹・石原さとみは、お腹の赤ちゃんをきちんと育てられる環境作りをしているのか?自分はいなくなるから・・と思っていたんだけど、やはりそういう事なのかな。でも
2. Nのために 第5話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年11月15日 21:04
「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」 内容 2003年、N作戦を実行するため、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、 野口(徳井義実)の行うボランティア活動に参加。 だが、渾身の将棋作戦も上手くいかなかったが、 そんな折、希美と安藤が、ダイビング中に溺...
3. 幸せそうで素敵だなあ幸せそうで素敵だなあ幸せそうで(榮倉奈々)  [ キッドのブログinココログ ]   2014年11月15日 21:07
両親によって踏みにじられ壊されてしまった主人公の良心。 身近にいながらそのことにまったく介入しなかった警察官は・・・もしも主人公が犯罪を犯せば公僕として職務を遂行する。 主人公は別に警察官に復讐するつもりはないが・・・この世界の神は・・・その罪を問う。 そう
4. 【 Nのために 】第5話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2014年11月15日 22:07
一瞬であの頃のことがよみがえってくる。 波の音、海の匂い、憎しみ、軽蔑、無関心、混乱…… 一度ついた嘘はつき通す。 それが嘘を真実に変えるたった一つの方法だった。 Nのために 第5話       2004年。都内のマンションの一室で殺人事件が
5. ドラマ「Nのために」第5話 あらすじ感想「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   2014年11月15日 23:42
N計画開始--------!! 人間関係がつながりを見せた前回。 そして、今度はついに10年前の事件の被害者野口夫妻と関わりを持つことになった希美たち。 ボランティア活動をするという野口に近づくために沖縄へ向かった希美たち。 だが、早速安藤と部屋が一緒だと...
6. Nのために (第5話・11/14) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年11月16日 02:49
TBS系『Nのために』(公式) 第5話『沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2003年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)に接触するため、沖縄でボランティア活動に参加。2人は‘将棋’で
7. 「Nのために」第5話★母・早苗(山本未來)が野ばら荘に  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2014年11月16日 09:52
「Nのために」第5話 感想を書きにくい展開だったなぁ・・・。 −◆− 母・早苗(山本未來)が野ばら荘にやって来ました。 島のトラウマが蘇る希美(榮倉奈々)は気配を消して会おうとしません。 自らもトラウマを持つ西崎(小出恵介)は、母と会おうとしない希美に
8. 「Nのために」 第5話  [ ドラマ de りんりん ]   2014年11月17日 22:16
沖縄ではトントン拍子に野口夫妻と仲良くなった安藤と希美。 一番のきっかけは、やっぱり将棋でしょうかね。 そら沖縄で将棋は目立ちますわ。笑← その結果、ビルは売却しないという野口の言葉も聞けて、無事に「N作戦」は幕を閉じた訳ですが〜。 何やら、他でややこしい
9. Nのために #05  [ 昼寝の時間 ]   2014年11月20日 15:43
公式サイト 希美(榮倉奈々)は野バラ荘を守るため、安藤(賀来賢人)と西崎(小出恵

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2014年11月15日 22:19
>奈央子が亡くなったら西崎が悲しむと思って希美(榮倉奈々)がやったのか・・
あるいは西崎が悲しむのを見て希美が苦しむと思った安藤(賀来賢人)がやったか。

なんか、安藤がすごくアッケラカンとしているので、やった感じがしないんだよね…
でも、西崎はただ罪を被っただけって感じだよね。
うーーん…解らん〜!

>さて、野村からの希美への『内緒のお願い』とは何だったのか・・

単に将棋の指導かも〜とか思った。
でも奈央子がそれを誤解するとか…。

>2人とも親から与えられた傷から逃れようと必死でもがいている。

2人とも苦しいよね。
親から受けたトラウマはデカいわ。
西崎の過去は断片的にしか出て来ていないけれども、本格的に描かれたらきつそうだよね。

みんな幸せになって欲しいけれども、そうもいかないんだろうなぁ(;_:)
2. Posted by しゅあー   2014年11月16日 14:01
なんかこのまったく真相が見えない、しかもどんどん深くなっていってる感じ、いいよね〜〜。こちらも推理しようにもその糸口もイマイチ見えないくらいの巧妙さ。
湊かなえモノって実は今回初めて見たんだけど(もちろん本も読んだことない)、こんなに緻密なミステリーを描ける人だったんだ?!とビックリしてます私。

>結婚した途端、豹変しそうで怖いよ。
なんかあの人はじめからよこしまな雰囲気あったよね、そして、わざわざ再婚話をぶっこんで来てるんだから、絶対この後波乱ありそうよね。てか、お母さん、離婚届に判を押したのかしらね?新しい男が現れたからもうお父さんへの執着はすっかりなくなったのかしら?

>目の前で舞い散る札束を虚ろな目で見つめる慎司が取り残された子供のようだった・・(ノω・、) ウゥ・・・

慎司さあ、なんかもう感情ってものをほぼ失ってる感じもしたね、昔のノートを見てた時も特に表情を変える風もなかったし、まるで亡霊みたいな感じになってるね。
でも、野原さんが高野に、慎司がよく希美のところに来てたとか言ってたから、捕まって、なんらかの形でこの後希美と再会して、それからまた関係を戻すのかな?と思ったりしてるの。

西崎のお金ってなんだろうね?お金自体は家がそこそこの金持ち設定じゃなかったっけ?だから働いてなくても暮らせてたように思うので、持ってるのは持ってるんじゃないかと思うけど、なんで希美に送ったのかが謎だよね。
3. Posted by ヨーコ   2014年11月17日 06:24
面白いね〜。
少しづつ過去が明らかにはなってきてはいるけど
まだまだ謎だらけの展開。
慎司と希美が再会するのはいつなんだろう?
登場人物の一人一人がまだ秘密を抱えている感じで
明かされていないバックボーンがありそうだよね。
最終回までこの調子で引っ張られそうよ〜。
4. Posted by きこり→くうさん   2014年11月17日 22:27
>なんか、安藤がすごくアッケラカンとしているので、やった感じがしないんだよね…
そうだよね〜安藤の態度は謎だよね。
無関係な感じもするし、実は献身的に陰で働いているのかもしれん・・・読めないよね〜
>単に将棋の指導かも〜とか思った。
でも奈央子がそれを誤解するとか…。
そっか・・意外とそうかも!事件当日も希美と将棋指してたもんな。
わたしゃ、徳井だからかドスケベな展開を期待しちゃったよ(笑
>西崎の過去は断片的にしか出て来ていないけれども、本格的に描かれたらきつそうだよね。
知りたいけど見たくない気もする。
くうさんも書いてらしたけど、親の責任は重いよ。
こんだけ子供がトラウマを背負っていても親は忘れていたりするからね。
最終的にみんなが幸せに・・ってのはないだろうなぁ・・・(-言-)
5. Posted by きこり→しゅあーさん   2014年11月17日 22:53
>こちらも推理しようにもその糸口もイマイチ見えないくらいの巧妙さ。
そうだよね。まったく見えないんだけど、それがすごくおもしろい。
登場人物たちのちょっとした表情やしぐさから探ろうとするんだけど
わからんよーー
>こんなに緻密なミステリーを描ける人だったんだ?!とビックリしてます私。
骨格がしっかりしている感じで、もう安心して見ていられるよね。
>わざわざ再婚話をぶっこんで来てるんだから、絶対この後波乱ありそうよね。
だよねだよね(дll) あのお母さん、男運悪そうだし( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)
そしてまた希美にすがるのよーー!
>捕まって、なんらかの形でこの後希美と再会して、それからまた関係を戻すのかな?と思ったりしてるの。
いや〜いつ希美と再会するのよ〜?!って不安に思いながら見ているよーー
逮捕されちゃってどうなるのかね〜?しっかりお金受け取ってたし書類送検だけですむのかな〜?
>持ってるのは持ってるんじゃないかと思うけど、なんで希美に送ったのかが謎だよね。
他の人には送ってない感じだったよね?なんで希美にだけ??
やっぱり償い的なアレなのか?まさかどっかに子供がいるとかじゃないよね〜?
6. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年11月17日 23:05
いや〜おもしろいよね。わたしゃ、もう不安なくなったよ(笑
金曜が楽しみでしかたないわ〜
実際はそれほど謎は解明されていないし、進んでいないんだけど
その見せ方がうまいから引っ張られるよね。
>慎司と希美が再会するのはいつなんだろう?
も〜灰のようになっている慎司を早く希美に会わせて目覚めさせて〜!って感じよ。
そこでもまた希美に救われて、その代わりに・・ってアレかな〜?
なんか慎司だけが定職につかずに逃亡しているようなのが気になるよ。
>登場人物の一人一人がまだ秘密を抱えている感じで
明かされていないバックボーンがありそうだよね。
そうだよね。秘密を共有する関係ではあるんだけど、それぞれ話していない事とか自分だけの胸にしまいこんでいることがありそう。そのせいであんな事件が起きてしまったんだろうか・・
高野の妻も何を見たんだか気になるわーー
慎司をかばっているのかもしれないけど、それで自分が声出せなくなったりするかね〜?
細かくちりばめられた秘密に惹きつけられるよ。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドラマ10 「さよなら 私」 第5回 罪と罰「ごめんね青春!」 第6話 ヒーローは最後にやってくる!