「まほろ駅前多田便利軒」 2011年 監督・大森立嗣サタデー・ニャイト・フィーバー

2014年11月05日

ドラマ10 「さよなら 私」 第4回 別れの予感

 思いがけぬ展開になってきました。
これは乳がんであると知った未来の友美が健人のために呼びこんだことなのか。
それとも神様のいたずらなのか。
てか、手術の時に麻酔をかけたら無意識の世界に行っちゃうから戻るかもよ。
HPはこちら


 さて・・・・パーティはなんか後味悪い感じになっちゃって、
光雄(尾美としのり)を改心させるアレには全くならなかったわ〜
帰り道、探りを入れる春子(佐藤仁美)。

「ねぇ、離婚したいって言ったらどうする?」
「ん?」
「どうなの?」
「どうなのってお前・・・大丈夫かよ、そんな事して。子供達とか生活とか」
「へぇ〜」
「何だよ?!」
「『俺はしたくない』とか全然ないんだ・・・」
「えっ?」
「その程度のリアクションかぁ〜」
「はっ?」
「ちょっと嬉しかった?離婚できると思って」


 あるよねぇ・・・引っかけたつもりが逆に自分がグサグサ傷つくことって(-言-)

 友美(永作博美)は乳がん検診の結果、乳がんの疑いが濃厚だと医師に告げられる。
ちょうど仕事の指示を仰ごうとした薫と会ったんだけど、伝えることができなかった。

 てか、薫(石田ゆり子)は働いている姿がすっかり板についており、友美を驚かせております。

「勘違いしないでね。
専業主婦が働く女性にみんなコンプレックスを持っていると思ってるでしょ。
普段のさ、誰にも報われない家事と違って、やりがいのある仕事を求めていて・・・みたいな。
だいたいね、専業主婦や母に偏見がありすぎるのよ、世間は。
子供を産む時の大変さだってね、そりゃ当たり前だと思ってるのよ。
子供を産んだらさ、優しくなった、母の顔になったとか言われてさ、
冗談じゃない!努力してるんだよ、こっちは。
そんなことで顔なんて変わらないのよ。
努力して優しい穏やかな気持ちでいようとしているのよ!
そして世間が求めているそういう母親像に近付こうとしている訳だよ。
なのにさ、子供を産んだから自然とそうなったみたいに言われると本当に頭にくるのよ。
母親っていうのはね、子供を産んだからなれる訳じゃないんですよ。
母親になろうと努力して、それでやっとやっとなれているんですよ!


 いや〜岡田さんよくわかっていらっしゃる。
そうなんだよ。
男性にだって母性愛はあるだろうし、女性だからってもれなく付いてくる訳じゃない。
生まれた子に愛情がわかない母親だって一杯いる。
男性だけが生活を共にしていくうちに「父親」になっていく訳じゃないよね。
母親だって、母親になろうと頑張っているうちになっていく。
子供にそうさせてもらうのかもしれない。

 てか、友美の中の人も言ってたけど、以前の友美だったら思っていても
そういう事は口に出さなかったと思うんだけど、やっぱり体の人の影響受けるのかね〜
薫の中の人はこうやって頑張っていれば、元に戻れるかも・・・と希望を抱いているようです。
でも、「元に戻れるよね?」と言われても・・・乳がんで死んでしまったら?戻る体が無くなっていたら?
私は友美の身体のまま死んじゃうの?そして健人はどうなっちゃうの?
いろんな思いが千々乱れて、健人(盒勤圈砲料阿乃磴そうになってしまいました。

 このジャケットのヒラケンどうよ?( ̄▽ ̄;)

ソレデモシタイ/おんなじさみしさ(初回生産限定盤)(DVD付)



 薫と友美の入れ替わり・・・それは高校生の時にもあった。
と言ってもお芝居の中でなんだけど、文化祭で上演した薫(秋月成美)書下ろしの
脚本・『不幸な王子』( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)・・・・
お姫様と王子様の中身の入れ替わりだったけどね。

 劇中の王子とお姫様はなぜこんなことになったのかを、
2人が心の底から愛し合うための神からの試練だと結論づけた。
そしてその通り、二人は幸せに暮らすはずだったんだけど、
裏にいた春子(南川ある)がつまづいて書き割りを倒しちゃって、劇は中断しちゃったようです。


 それも今は楽しい思い出・・・・
でも、そんな昔に入れ替わり設定を体験していたなんて、これも運命でしょうか〜?


 さて、春子の探りに恐怖を感じた光雄は洋介(藤木直人)に相談。
『私はわかっているのよ。でも今は黙って我慢する。
だから、その間にやめなさいよ』と無言の圧力をかけられている気がするんだって。

「どうしたらいいんですかね?」光雄
「どうしたいんですか?」洋介
「えっ?・・・・いや・・・どうしたいって?・・・」
「普通、考えられる答えは3つです。
冬子さんと別れて春子さんと生きていくか、春子さんと離婚して冬子さんを取るか」
「・・・・もうひとつは?」
「どちらも失うか」
「・・・・・・・; ̄ロ ̄)!!」 

「どちらともうまく続けるって言うと思いました?」洋介
「あぁ・・・いや・・・」光雄
「春子さんが気づいてるんだとしたら、それはないですよ」
「いや、まぁ・・・それはそうですけどぉ・・・」
「けど?」
「・・・いや・・・」
「楽しいだけの時間は終ったんですよ。選ぶしかないですよ、もう」
「・・・・あなたはどうするんですか?もしそうだったら?」
「僕は覚悟を決めてます。どうするか」
「どうするんです?」
「・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ」
「何か・・・不思議な人ですね。あなたは」
「そうですか?」
「全部あなたのおっしゃる通りなんだけど・・・でも、そんなに割り切れないじゃないですか?
だから、ジタバタする訳で人間は」
「そういうの嫌いなんですよ。ジタバタとか」


 ずっとスカしていた( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)洋介の内面がちょこっと見えましたワ。
それが洋介の美意識なんだろうけど、結局誰にも思い入れがないってことなんじゃ・・・
調子こいて若い子と本気になっちゃう光雄はしょうもないけど、
ちゃんと相手と向き合っている気がする。
洋介の愛人への態度って自分のかっちょよさを確認するために利用しているみたい。
本人的には俺は妻も愛人も満足させているぜってアレなのかもしれないけど。

 ところで洋介はどう決めているんだ?
薫のことは体だけと思っているなら、薫と別れて家庭に戻るんだろうけど・・・


 その夜、冬子(谷村美月)の部屋に行った光雄を遠く離れた場所から春子が確認していました。
2人が抱き合っている姿も見ちゃったわ〜


 スタスタとその場を離れる春子の後ろ姿に逆にショックの強さが伺われました。
疑いが決定的になっちゃったんだもんね。でも確認せずにはいられないさ。


 その足で薫の元へ・・・以前なら友美だったんだろうけど。今は中身が変わっちゃってるもんね。

「何か・・・怖くなってきた」春子
「ご主人がどちらかを選ぶとして、その結論が出るのが怖い?」薫
「・・・・・・・・・・」
「違う?」
「違わない。そう。自信がない。自分を選ぶと思えない。
自分が選ばれる自信が・・・全然ない。
どんな女か知らないけど、きっと私より若くてかわいいに決まってる。
友美の家みたいに、まだ子供が小さかったら大きな理由にはなったかもしれないけど。
なんか私には、選ばれる理由ないんだなぁ・・・って」
「・・・・・・・・」
「私、自分に自信がないから・・・だから」
「もういいよ、春子。
でも・・・動き出してしまったなら、もう決めないとね、春子も」
「うん・・・」


 洋介じゃないけど「楽しいだけの時間は終った」。
怖いのは新しい自分になること。
知ってしまったら、もう知らない自分には二度と戻れない。
知らなかった自分を切り捨てて、前に進むしかないんだよね。
帰宅した光雄をTVを見ながら大笑いしているお気楽主婦の体で迎えた春子が切なかったわ。


 一方、友美は乳癌か判断するための『針生検』という検査を受けることになっていた。
ネットで調べても不安と恐怖は消えない。
どうしたらいいのよ!・・・・・・・・どうなんの?私・・・・
この体で・・・死ぬの?」


 ふと洋介とした会話を思いだした。
洋介は友美とセックスしない理由を「友美には似合わない」と言っていた。
「セックスってさ、恥ずかしいもんでしょ?
人の恥ずかしい姿をさらすしさ。
そういう友美を見るの、好きじゃないんだよね。
家出はちゃんとしていたいんだ、俺。
自分の中のみっともない部分やいやらしい部分、そういうの家に持ち込みたくないんだよ」洋介
「・・・・やな女だな、私。勝ったような気でいる」
「うん?」
「ううん、何でもないの。(抱きついて)避妊しないでいいから。私、妊娠しないの」


「天罰・・・ってやつか・・・」
ソファに丸まり、一人嗚咽をもらす友美・・・


 薫の方は洋介の訪問を受けていた。
「私のことを心配して来てくれたの?
それとも私が取り乱したから自分の家のことを心配した?」薫
「・・・・・何かあった?」洋介
「早川薫は取り乱したりしない女っていうこと?」
「・・・・・・・・」
「あなたの家や、子供や、幸せな家庭を見ても、早川薫は何も感じないと思っていた?」
「・・・・・・・・」
「何にもわかってないんだね、早川薫のこと」
「・・・・・・・・・そういうの平気なんじゃないかって思っていたのは確かだよ」
「そんなの!」
「強がりに決まってる?そんなのわかってる」
「だったら」
「でも、そうありたいと思ってる?」
「そうだけど」
「俺は、あそこで取り乱した君がますます好きになったけど」
「何なの、ソレ」
「別れたい?もう、来て欲しくない?」
「・・・・・・」


 結局そのままベッドへ倒れ込んだようです。
やっぱプロですよ。星野洋介九段デスョ。
何だろう・・・すべてがプレイのようにも見えるが・・・(ーΩー )ウゥーン
こういう人が一番始末悪いんぢゃ・・・


 癌のことを考えると眠れない友美・・・

「ねぇ、もし、私がいなくなったらどうする?」
「どういうこと?」洋介
「例えば、事故だったりして、死んじゃったりしたりして」
「・・・・・・」
「洋介は大丈夫だよね、きっと。
そりゃもちろん、悲しんではくれると思うけど」
「・・・・・・そんな事ないよ。世をはかなんで後を追うかも」
「健人はどうする?そうなったら」
「何?」
「健人には母親が必要だよね。
もしそうなったら、ちゃんと母親見つけてあげてね。
もし病気だったら・・・・私がその人を選ぶ」
「何?どうした?」
「いいよね?そうしても。ねっ」


 う〜む・・・知らぬは洋介ばかりなり。
でも、予告で入れ替わりのことバラしているような雰囲気なかったっけ?
手術自体で死ぬことはないだろうけど、やっぱり覚悟して臨むだろうから
言っちゃうのかね?

 もし浮気のこと知らないままだったら友美はどうしただろう?
大切な健人を母親に託す気にはなれないだろうし。
洋介の親はどうなってんのかね?


 翌日、状況に耐えられなくなり階段から落ちて元に戻りたいと考えた薫が
友美をあの高台の神社に呼び出しました。
でも、癌を患っている状態で階段落ちなんて危険すぎる。

 薫の秘密の箱には妊娠中のエコー写真が入っていた。
裏には『結衣』という名前も書かれていた。
産もうとしたけど、流産してしまったようです。
ちょうど友美が健人を産んだ同じ頃・・・・
無神経に出産を喜んだメールや写真を送ったことを薫は謝った。

「何で言ってくれなかったのよ?!」薫
「・・・・・・・・・」友美
「ねぇ?私達だ、同性愛だったら良かったね」
「は?!ホント、時々すごくバカ」
「ふっ・・・」

「ねぇ、戻ろうよ!そしたら私達、前よりもっといい二人になれるでしょ?ね!やってみよ?ね?」薫
「そういう訳にはいかないのよ」友美
「どうして?」
「・・・・・・・」
「ねぇ、どうして?!」
「友美死なせる訳にはいかないからさ。昔、私、神様に約束したし」
「何の事?」
「友美さ、検査受けたでしょ?乳がん検診」
「えっ?・・あ・・うん・・・それが?」
「あなたの体・・・・乳がんだった。
あなたのこの体とその中の私の心は・・・死ぬのかもしれない」


 これじゃ、ホントにさよなら私だよ。
残された体と心・・・二人はひとつになって生きるってこと?半身を失って。


♪ こんなふうに私はいつも 掴んだ分だけ遠くなる ♪
♪ 壊さないように生きるのに 壊れてしまうのは何故だろう♪
♪ 愛さなきゃこれからも〜

♪ 揺れる度に掴むのに 離してしまうのは何故だろう♪
♪ 急がなきゃ 
♪ あなたを抱きしめるために〜


 も〜ヒラケン!歌詞も沁みすぎるっての!(TmT)ウゥゥ・・・
3人それぞれの心模様を現しているようで・・・
ずっと聴いていたいわ〜


 第1回 彼だけはやめて
 第2回 認めたくない喜び
 第3回 秘密
 第5回 罪と罰
 第6回 ママになりたい
 第7回 女と男
 第8回 誰のための命
 最終回 幸せな家族

br_banner_ochiba


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. さよなら私 第4話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2014年11月05日 22:50
第4話 「別れの予感」

この記事へのコメント

1. Posted by emi   2014年11月05日 22:37
こんばんは♪
きこりさんの所は雪は降りましたか?
私の所は数日降って、郊外の寒いところに住んでいるので、まだ日陰に雪が残っています(^_^;)

>このジャケットのヒラケンどうよ?
ホント、どうよ??ですよね(笑)
MVではインド人と一緒に踊って歌っていると先日聞いたのですが・・・なぜインド?
でも、曲調がポップな感じなので、重い内容のドラマの後に聴くと少しホッとします。

カフェで洋介が光雄に答えを3つ提示した時に、先週のきこりさんの記事にあった「プロか?」の文字が真っ先に思い浮かびました(笑)
もーーー!どこまで想定しているのでしょうね〜!?
たぶん洋介は「バレた」時には薫とは別れるつもりなのかな?と思っているのですが、バレてないならまだ続けよう的な感じなのでしょうか(-"-)
「別れたい?もう、来て欲しくない?」なんて薫に言うとは・・・
>星野洋介九段デスョ。
爆笑しました!
でも、永世名人にはなれないですよね〜!(九段止まりw)

洋介問題よりまず友美の体ですね・・・
春子の顔からも笑顔が消えましたし・・・
これから伏線をどう回収していくのか、ドキドキしています。
2. Posted by う〜みん   2014年11月07日 00:34
ひょえ〜っ(°д°;;)全く思ってもない方向に話が展開してますね〜

乳ガンでもいきなり手術じゃなく放射線治療とか抗がん剤治療とかありますよね?かなり進行してて手術が必要ってことなんでしょうか?
で、最悪の事態を想定して中身が入れ替わってることを伝えるんですかね(・_・;)

今後の展開としては友美の体が死んでしまって薫の体に二人入ってしまうとか友美の体と一緒に中身の薫も死んでしまい薫(中身は友美)が健人の母親になるとか死ぬ時は体と中身が元に戻って友美が完全に死んでしまうとか色々考えられますがどれも何かしっくりこないです(・_・;)
乳ガンではあったものの手術が成功、中身も元に戻ってほしいです。

それにしてもふじっき〜の理論はまるでモデルハウスみたいですね(-.-;)理想の家庭を作り上げてるつもりなんでしょうが友美の気持ちなんて考えてないですよね。薫の気持ちも。格好悪い自分が嫌だから気持ちをセーブしてるような感じですが友美にバレたら許しを請う事や開き直る事はせず両方無くす覚悟なのかなと思ったんですがどうなんですかね。

何にしても先が楽しみです(*^_^*)

あれから「今日は会社休みます」見てらっしゃいますか?私はなかなか最初からちゃんと見れないんですがあのほんわかした感じがとても好きです(*^_^*)
3. Posted by きこり→emiさん   2014年11月07日 07:36
おはようございます〜♪そちらはもう積雪あったのね〜
こちらはまだなんだけど、そろそろ冬タイヤに変えなきゃ〜(←遅い w)と思っています。
>MVではインド人と一緒に踊って歌っていると先日聞いたのですが・・・なぜインド?
そうなんですか〜!そりゃ見たい(笑
この曲まったくインドっぽくないんだけど〜どうしたことでしょう・・・?
でも、最近ぼりうっふぉムービーに目覚めたので私としてはタイムリーです(笑
エンディングの軽いけど沁みるこの曲はいいですよね〜
相変らず歌い方モノマネしたくなるけど。
>たぶん洋介は「バレた」時には薫とは別れるつもりなのかな?と思っているのですが、バレてないならまだ続けよう的な感じなのでしょうか(-"-)
そうですよね。社内でも完璧で通しているから離婚はマイナスイメージになるはずだから
離婚はないですよね。薫と別れるってことなんでしょう。
でも、今回薫が迷っているのを感じると引寄せた感じもあったから、本心はどちらも手放したく>でも、永世名人にはなれないですよね〜!(九段止まりw)
そうです(笑
決して名人ではありません( ̄▽ ̄)
>洋介問題よりまず友美の体ですね・・・
春子の顔からも笑顔が消えましたし・・・
そうですよね。友美の癌がどの程度の進行なのか。
そして春子も人生の大きな決断を迫られている。
今は一番苦しい時だけど、後悔のない決断をして欲しいですよね。


4. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年11月07日 21:16
こんばんわ〜♪ (*^¬^)ノ∀
>ひょえ〜っ(°д°;;)全く思ってもない方向に話が展開してますね〜
予想外でしたよね〜これで友美が万が一亡くなっちゃったらどうなってしまうの〜?
医師はステージについてまでは言ってなかったんですが、予告で手術受ける前みたいな
雰囲気の映像があったのでえある程度はいってるのかしら・・・
>で、最悪の事態を想定して中身が入れ替わってることを伝えるんですかね(・_・;)
そうならざるをえないかも〜
命にかかわらない手術だとしても覚悟は必要ですもんね。
万が一のことを考えると伝えておいた方が〜
>乳ガンではあったものの手術が成功、中身も元に戻ってほしいです。
ホントですよね。後味の悪い結果にはなって欲しくないわ〜
でも、ふと考えたんですが入れ替わり状態が長期にわたると違う自分だった記憶が消えたり
ってことにはならないのかな〜?とか、時が流れていつのまにか「さよなら私」とか?
ちょっと怖いけど(´∀`;)
>それにしてもふじっき〜の理論はまるでモデルハウスみたいですね(-.-;)
友美にバレたら(ってもうバレてるんだけど)どうするんでしょうね?
洋介の美意識からいくと土下座なんてないでしょうし。
それでも友美はついてくると高をくくっているのかな〜
>あれから「今日は会社休みます」見てらっしゃいますか?
見ていますよ〜!ほんと気持ちのいいドラマですよね〜
田之倉君がすごくまともでいい子だから安心して見ていられます。
最初はやっぱり詐欺を疑いましたが(笑
すごく誠実で優しくて花笑の最初の彼氏としてはベストな感じですよね〜♪
ちょっと大人っぽい雰囲気の福士君のドキドキですよ。
来週は朝尾の別の一面がみられそうで、そちらも楽しみですよ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「まほろ駅前多田便利軒」 2011年 監督・大森立嗣サタデー・ニャイト・フィーバー