「Nのために」 第3話 反撃開始!舞台は東京へ!運命の出会い「まほろ駅前多田便利軒」 2011年 監督・大森立嗣

2014年11月03日

「ごめんね青春!」 第4話 恋の嵐!ガッついていこう! 

 いや〜皆さんの変化が、特に女子ね、すさまじくてびっくりよ〜
でも、清々しいわ!
両校に恋の嵐が吹き荒れております。
恋の戸惑いと衝動・・・これが青春だぁ〜!
って、平助、今週も観音菩薩に「犯人はコイツ!」って念押しされてたしぃ〜( ̄▽ ̄;)アハハ…
HPはこちら


 先週は 祐子(波瑠)とりさ(満島ひかり)のパパ・善人(平田満)が乱入!
ステッキを武器にしてサトシ(永山絢斗)をボッコボコにしたところで終ったんだったわね。


 
 いや、個人的には杜夫と満がガッツリ絡んでくれただけで、わたしゃ泣きそうになったんだけど!
この二人と言えば『蒲田行進曲』が有名だけど、私にとっては『熱海殺人事件』さ。
東京の小さな小屋に見に行きましたョ。その時以来の杜夫ファンさ。
汗を飛ばしながらしゃべり続ける杜夫のかっちょよかったこと。
ぐいぐいと切り込んでいく満の輝いていたこと。
時は流れ、杜夫も満も、そして私も熟年と呼ばれる世代になっちゃったけど、
今もこうやってお二人が唯一無二の存在感で活躍されているのを見ると心の底から嬉しいよ。


 それは置いといて・・・
サトシを叩きのめすと店を出て行こうとした善人をいつのまにか居た平太(風間杜夫)が止めたさ。
「ちょいちょい!こんだけ暴れて自己紹介もなしか?」

 善人はここぞとばかりに話し始めました。
合併には断固反対!あの花火大会の夜の礼拝堂放火事件以降、蜂谷家がどんな辛酸を味わったかを。


 蜂矢家は代々箱根の郊外で農業を営んでいたんだけど、
善人の代になって三島駅裏の商店街に小さな店を構え無農薬野菜を売るようになったそうな。


 『ペコリおじさんの青果店』て、アンタ・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)

 2人の娘を抱え縁もゆかりもない町でやっていくために、頑張ってはっちゃけキャラを演じ、
ぺこぺこと頭を下げつつ着実に町に馴染んでいく努力を続けた。
その甲斐あって信頼を証明する消防団の団長にまで選ばれたんだけど、
まさか娘が放火した火を消すはめになろうとは・・・

 町の人々の態度はがらりと変わり、店のシャッターには『娘放火 父消化』『八百屋お七か!』
『もっとペコれ!』『ペコリで済んだら警察いらねえ!』『ペコリじゃねーよ!バーカ!』
『立ち去れ 魔女一家!』等のらくがきが・・・・。
火事から数週間後、祐子は家出。

「捜索願を出さなかったので、世間体を気にしてるんだ、犯人はやはり祐子だと陰口たたかれ
夫婦仲もギクシャクして、やがて離婚。家族はあっさり崩壊しました」


「中学生だったりさを連れて、私は再び田舎に引っ込みました。
しかし畑を荒らされ脅迫電話におびえ地獄の日々でした。
それでも、りさが名門三島女学院を卒業するまではと
少しずつ土地を売って学費に充て、最後に残ったわずかばかりの畑を耕し
馬鈴薯を育て、何となくコロッケを作りました」


「えっ?!それが「みしまコロッケ」?」
「はい。たまたま、市がご当地グルメを募集してたみたいで」善人


『独特な味と食感でじわじわ人気に火がついた「みしまコロッケ」
のちに市民が「みしまコロッケの会」を発足し、
現在認定された販売店は、何と950店舗以上。まさに三島を代表するB級グルメなのです』観音菩薩


 あら、じゃあ、結局は良かったんじゃん( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ)
今じゃ、そのロイヤルティーで悠々自適の生活だしぃ〜
立志伝中の人物になってるじゃないですか〜


 でも、平助(錦戸亮)は心の中で土下座しまくり。
すべては自分が怒りにまかせてロケット花火を何本も放ったせい・・・

ごめんなさい!お父さん、ホントにごめんなさい!」
「なぜ君が謝る?」善人
「えっと・・・それは・・・・(´・ω・`; )・・・僕が彼の高校時代の親友で
祐子さんと面識があり・・・ていうか、祐子さんのことが・・・」平助
「祐子が何だ?」
「好きで・・・・」
「はあっ?!そうなんですか?」りさ
「はい。隠すつもりはなかったんですけど・・・言うことでもないかなと・・・すいません」

 ひょんな流れからりさの姉が好きだったことやメールをしつこく送ったこと、
親友に取られてフラれたことまで父親もいるのに告白するはめになったというお気の毒な事態に。
しかも祐子からの返信と思っていたのは善人からのものだったと知らされ、過去にも裏切られるという顛末。

 何も知らない善人が謝る平助のことを「男としてのプライドはないのか?」と罵倒したもんだから
平太もここぞとばかりにカットイン。

「さっきから黙って聞いてりゃ、何だ!」平太
「黙って聞いてましたっけ?」りさ
「割と静かに聞いてりゃ、うちの息子を「ふぬけの腰抜け」
「マザコンのウジ虫」呼ばわりか?!」
   いやいやいや、そんな事言ってねぇし・・ ゞ( ̄∇ ̄;)
「ちゃんと聞いてました?」りさ

「せがれはな、あんたみたいに感情的にならない。
自分を裏切った親友を決して責めない。なぜだか分かるか?
理由は一つ。それはせがれがな、仏門に入ったからです」平太


 言うにことかいて、何だソレ!とっぴすぎるぞ(ノ∇≦*)

『「違う!」 平助は叫びたい衝動に駆られました』

「あれだろ?キリスト教ってのは許しを請い、そして許す宗教だろ?
仏教はそれ以前に怒りの感情を認めない。怒る人間が未熟なんだよ。
許す許さないって考え自体が未熟なんだよ」


『違いますお父さん、平助がサトシを責められない理由・・・・
それは・・・それは…』


「 俺が犯人だからだ!」平助
「母さんに言ってもしょうがないでしょ」観音菩薩(森下愛子)
 

も〜いたたまれないったらありゃしない。
今後、どのツラさげて善人とサトシに会えばいいんだか・・・


「平ちゃんがロケット花火20発以上打ち込んで、礼拝堂が燃えていなければ
みしまコロッケは生まれなかったのよ。
風が吹いたら桶屋が儲かる的に言えば・・・学校燃えたらコロッケ揚がった的な・・・」
「もういいよ。母ちゃん無理すんなよ」
「父さんは?」

 父さんは善人と酒を酌み交わしていましたとさ。
でも穏やかな時間はあっという間に終了。
サトシが祐子に夢中な話を始めちゃったもんだから、またステッキ持っちゃったョ。
りさが何とか連れ帰ったけど、その際、りさが祐子のことをどう思っているかがわかりました。

「自業自得なんじゃないですか。
姉の行動は短絡的で自己中心的で軽蔑に値します。
それが恋愛だと言われたら経験のない私には分からないし、分かりたくもありません。
自分を律することもせず第三者を巻き込んで不幸にするのが恋愛なら一生無理!
ていうか、気持ち悪いです!」

「気持ち悪い?」サトシ
「経験がない?」平太


 といいつつも、お姉さんのことが心配なんじゃないの?
姉妹の思いも複雑。
姉にコンプレックスを抱いていた分、この事件はりさにとっても大打撃だったはず。
尊敬していた姉が『恋』のために後ろ指刺される女になってしまうとは・・・
私は絶対恋なんてしない!と思ったかどうかはわからんが、その後のりさの生き方を決めたのは確か。


 そんなこんながありまして・・・・平太が学校に行くと、どんまい先生(坂井真紀)がスピーディに変化していく生徒達の相関図を伝えてくれました。

「ホラ、先週中井貴子がいいこと言ったでしょ
『決して好きではないけどアリかナシで言ったら、まぁ、アリかなって意味です。
私達は「男子」と書いて「アリ」と読むことにしました』」

「ところがアリどころか、好きになりつつあるみたいで」平助
「海老沢君(重岡大毅)が今日中井さん(黒島結菜)に告白するそうですぅ〜!」どんまい
「何ですって?」りさ
「恐らく自分をフッて生徒会長の半田君(鈴木貴之)に乗り換えた
阿部あまり(森川葵)に対する当てつけでしょう。
ちなみに半田君に、ひそかに思いを寄せてる子がもう一人。コスメこと村井守(小関裕太)」
「あいつ、 ゲイなの?」りさ
「そこからあ?!」
「すいません。うすうす感づいてましたが」りさ

「クイズ王・遠藤は相変わらず色気より食い気ですが」平助
「クイズバカ・昭島(白洲迅)は神保愛(川栄李奈)にご執心!
その神保愛は、大木君(竜星涼)が気になるようで・・・
ところが!大木君と成田君(船崎良)はFカップの佐久間りえをめぐって
壮絶なバトルを展開中なんですぅ!」

「しょうがねぇな」平助
「ていうか、成田君って?」りさ
「そうなんです!私がIDを借りて成り済ましてる成田君です。
だから今、私、SNS上では巨乳好きってキャラで大木君とやりあってるんですぅ!
「何やってるんですか、どんまい先生」平助
「だって、バレないんだもん」

 そして、学校をサボったビルこと山田(トリンドル玲奈)は古井豊(矢本悠馬)を
連れて、無理やりデート中。
 


 格差に納得がいかず怒りまくる古井がまっとうすぎて笑える。
古井LOVEで引っ張っていくビルもナイス。
三島楽壽園』のアルパカ広場〜♪ よか所のようじゃないですか〜
アルパカかわいい〜!!おらも行きたい!
今回は地元ロケ多かったね。三島市の皆さんはテンション上がったのでは〜?

 てかクドカンよ、アルパカやイルカを出して視聴率アップ狙ってるんじゃあるまいね〜
動物と子供出せば何パーセントかは上がるっていうからねぇ・・・(¬w¬*)


 さて、そんな中、強硬に合併に反対していた吉井校長(斉藤由貴)の態度は急に軟化。
文化祭実行委員達のみとしーでの親睦会もあっさり受容。
三女で行われるPTAとの親睦会に東校の教員一同も招待するという豹変ぶり。

 平助もりさも、ほっとしつつもびっくりさ。
でも、りさは気を緩めませんョ。

「歩み寄るというより、ガッついてるように見えません?」りさ
「確かにいきなり飛ばしすぎですね」平助
「まだ始まったばかりです。聖書でいうなら、まだ創世記です。
暑くてスカートパタパタしてた女子と暑くて裸で洗いっこしてた男子が
エデンの園で出会ったばかりなんです。
しっかり見張らないと 食べますよ!禁断の果実をガツガツ
「はぁ・・・」

「親睦を深めるためとか言ってるけどシーパラに行くのが目的じゃないです。
ご存じありません?ハートのつり革。
私が学生の頃から三女生に代々伝わる都市伝説です。
「いずっぱこ」の、ある車両の中にハート型のつり革が1本だけ下がってるんです。
それを2人一緒につかんだ男女は永遠に結ばれるといわれてるんです。
バカバカしい!鉄道会社がPR目的ででっち上げた迷信です」
「でも生徒は信じてるんですよね?」
「はい。しかも ハートのつり革車両が走るのは1日1回
何両目かも分からないだから皆血眼で探すんです」
「かわいらしいじゃないですか」
「原先生も気をつけてください」
「私が? 何を?」
「女子校で勤務する男性教諭は3割から5割増しにカッコよく見えるんです。
荒俣宏が ニコラス・ケイジに見えるんです。じゃあ、おやすみなさい」
「えっ・・・?」


 さて、三女での親睦会は厳かな雰囲気で始まり、世俗にまみれた形で終りました。
お酒を飲んでいないにも関わらず異常に高いテンションを保ち続けた吉井校長が暴れ回り、
『壁ドン!』を強要するワ、悪態を尽くワ(おもにどんまい先生が被害に)、
起きたら永楽寺の平太のとなりに寝ているワで、殻を派手に破っちゃいました。

 翌日、「駒形大学付属三島高校の説法の会」があって平太が話をすることになっていたんだけど
寝坊して遅刻。代わりに一平(えなりかずき)が行った際、吉井校長の罵倒で生まれ変わったどんまい先生に一目惚れ。
も〜この一帯が魔法にかけられたみたいになっちゃったわよ〜

 日曜日、文化祭実行委員の10名はみつしーに向かいました。
平助とりさは引率。
和気あいあいとした車内の様子に平助は感動しております。

「だって見てくださいよ。
こんな光景、1学期まで考えられなかったでしょう?
西高生が広小路で降りると車内は水を打ったような静けさで
それが、こんなに楽しそうにキャッキャ騒いで・・・青春だな〜
(ちょい揺れ)おっと、壁ドンしちゃった。
すいません・・・浸ってる場合じゃないですね」
「いえ・・・私のほうこそ帰りの話なんかしてすいません・・・(。-_-。)ポッ」りさ

 さて・・・生徒達の方もそれぞれの思いが乱れて飛んでおります。
中井に告白しようと思っていた海老沢はシャッターガラガラって感じにされて果たせず。
その中井はりさが席を外した隙に平助に告白。

「先生のこと・・・好きみたいです。
ダサイと思ってました男の先生とこっそりつきあってる先輩とか見て
近場で済ましてんじゃねぇよって。終わってるって思ってました
だから私も・・・・先生のこと好きだけど、つきあうつもりはないです」中井
「あっ・・・そうヾ(;´▽`A``」平助
「でも・・・好きって気持ちは伝えようと思って」
「えっ?何今の?」
「聞いてます?」
「えっ?うん、はいはい」
「合同文化祭 成功させたいし、そのためにも精一杯 頑張ります。
でも、それは生徒会長だからじゃなくて」
「うん」
「原先生のことが好きだからです。以上です」
「・・・・・・(・_・;)_・;)・;);)) 」


 言いたいことだけ伝えたら、ピューーーっと逃げるように去っていった中井がかわいい。
後先のことなんて一切考えず、ただ好きだと伝えたくて勇気を振り絞る・・・
そんな時もあったっけねぇ・・(  ̄ − ̄) ・・・


 一方、飲み物を買いに行ったりさも半田に告白されておりました。
大好きで〜す!大好きで〜す!大好きで〜す!
大好きで〜す!大好きで〜す!うわッ!

勢い余って、プールに落ちちゃった。

 半田は共学一日目からりさのことが気になっていたそうな。
「とにかく、あれ以来 あなたに夢中です。
自分が卒業してからでいいのでつきあってください」


 男らしいぞ!でも撃沈。
理由は結婚するから。しかも相手は平助。しかも付き合ってもいないのに。
何故なら・・・平助は全く気付いていないけど・・・
二人して伝説のハートのつり革につかまってしまったから。
結婚するしかないのです!


「だって1日1両しか走ってないんだよ!その中の1本だよ!
すごい確率じゃん!ていうか運命じゃん!
いい?誰にも言うなよ!絶対だかんな!返事は!」
りさ
「はい」半田
私のこと好きなら、私の幸せの邪魔しないよね?」

 まさか勝手に結婚話が進行しているとは露知らず・・・
平助と生徒達は記念写真を撮って、家路に着いたのでした。
新たなカップル成立はありませんでしたとさ。

 さて、翌日の平助の授業は・・・・煮え切らない男子に向けて女子が発する
『ねぇ 私たちって付き合ってるのかなぁ?』問題について。
生徒達はそれぞれ、相手を思い浮かべ神妙な顔で対しております。

「何で女子は確認したがるんだろう」平助
「だって不安じゃん」神保
「何が?」
「本気なのか、遊びなのか、自分が特別な存在なのか・・・
ちょっと恥ずかしいよ。何 言わすんだよ」
「特別な存在がいるってことは、特別じゃない存在もいるってことだ。
例えば先生、聖書のことはあんまり詳しくないけど
地球上にアダムとイブしかいなかった頃イブはアダムに確認したかな?」
「ねぇ 私たち付き合ってるのかなぁ?」って」
「 するわけねえじゃん!」遠藤

「だよな。確認が必要になるのは別の異性が現れてからだ。
アダムとイブと、中井さんと遠藤さんと神保さんとビルケンシュトックがいるから不安になる。
でも、それが男女共学だ。
この1ヵ月で君達は恋愛対象として異性を意識し始めた。
でも、そうじゃない異性も教室には いる。
社会に出たら もっといる。いわば社会は巨大な男女共学クラスだ、うん。
いきなり特別な存在を見つけるなんて無理だ。
がっついても仕方ない、うん。まずは様子を見て・・・」


 気持ちはわかるけど、落ち着こうよ。
刷り込みじゃないんだから、出会った相手を即恋人と思うのは早合点かもよ・・・とクールダウンさせる感じ?


 ところが、結婚を意識したりさの方は生徒達をガンガン煽っておりました。

「有名なイギリスの詩人の言葉だそうです。
『愛するに値する相手かどうか考える前に愛せよ』。
ピンと来ない?うん、先生ならこう訳します。
『好きにならなきゃ、好きな理由はわからない』。
例えば阿部さんは半田君のムキムキなところが好きだとするよね。
「ちょっと待ってください・・・」あまりん
「その場合、ムキムキだから好きなの?それとも好きだからムキムキなの?
「うん?」あまりん
「ごめん。何か変だね。あれっ???」りさ
「脱いだほうがいいですか?」半田
「黙ってて。ムキムキが先か好きが先かで言ったら?」りさ
「好きが先です・・・(。-_-。)ポッ」あまりん

「だよね。まず好きって気持ちが芽生えて相手のことをよく見るからムキムキに気づくわけです。
優しい人が好きっていう女ほど人の優しさに気づかないんです。
それは優しい人っていう条件で男を探してるからでしょ?
好きな相手なら何をされても優しいって感じると思うの。
だったら直感を信じてみませんか?
理想と違うからとか、条件が合わないからとか、そんなの時間の無駄!
人生は一度きりなんです!ガッついていこう!
「あの・・・先生は誰か好きな人いるんですか?」
「・・・・いますよ」
「フウーーーーーッ!!」生徒達


 何かちょっと違っているような気もするが・・・
りさって意外と乙女チックだったのね。
平助と同じようにイケてない学生時代を過ごした分、今やっと青春を迎えているのかしら。
りさに新しい季節が来たのは確かなようです。
どうぞその気持ちを存分に楽しんでちょうだ〜いヾ( ~▽~)ツ ♪


  いやはや、走り出したりさはちゃんと目的地に着けるんでしょうか。
そして平太と吉井校長に進展はあるのか?!
許しを請うために善人の手伝いを始めたサトシは大丈夫か?
来週も楽しみよん。


 第1話 恥と後悔と初恋の記憶
 第2話 お前しか見えない!
 第3話 運命の学力テスト!受験生必見!
 第5話 仲間のため学校のためプライドを賭けて走れ!運命の駅伝スタート! 
 第6話 ヒーローは最後にやってくる! 
 第7話 三島の空に響け!彼女の贈り物
 第8話 息子が女子?合併解消!ついに告白!
 第9話 今日大事な人にごめんねとさよならを言います
 最終話 忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!

br_banner_ochiba


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ごめんね青春!第4話  [ Happy☆Lucky ]   2014年11月03日 16:59
第4話 JUGEMテーマ:エンターテイメント
2. ごめんね青春! 第4話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2014年11月03日 17:33
スナックで、サトシ(永山絢斗)を見つけたりさ(満島ひかり)の父・善人(平田満)が大暴れしていましたw 善人は男女共学に反対していて、署名運動までしたらしい。 そして、14年前の三女の火事で、蜂谷家が辿った地獄の日々を語り出すのでした・・・ サトシを責
3. ごめんね青春! 第4話★壁ドンと伝説のハートのつり革  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2014年11月03日 17:43
ごめんね青春! 第4話 恋の嵐!ガッついていこう! 今週も面白かったぁ。 −◆− 蜂谷先生 (満島ひかり)が平助 (錦戸亮)に注意。 「原先生も気をつけてください。女子校で勤務する男性教諭は3割から5割増しにカッコよく見えるんです。荒俣宏がニコラス・ケイジに見え
4. 『ごめんね青春!』 第4話  [ 美容師は見た… ]   2014年11月03日 18:26
壁ドン祭りだよ〜(ノ*´▽)ノアハハハハオレンジジュースで酔える吉井先生が可愛くて、可笑しい〜(ノ∇≦*)平助に壁ドンを強要するも…「一杯いかが?シスター」 ってエロ和尚が尼さんに壁ド〜ンo(≧∇≦)o「さぁお会計してお開きにしましょう」って三女の浜口教頭(宍戸美和公)…
5. ごめんね青春! #04  [ ぐ〜たらにっき ]   2014年11月03日 20:19
『恋の嵐!ガッついていこう!』
6. ごめんね青春! 第4話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年11月03日 20:32
「恋の嵐!ガッついていこう!」 内容 スナック“ガールズバー”に現れたりさ(満島ひかり)の父・善人(平田満)は、 サトシ(永山絢斗)を見つけ、大激怒! 平助(錦戸亮)と父・平太(風間杜夫)そして、りさが引き留め、 落ち着きを取り戻した善人は、 ようやく、14.
7. リア充へのいけずも飲み込む乙女チックワールドの勝利なのだ!(黒島結菜)  [ キッドのブログinココログ ]   2014年11月04日 01:45
ホリコシ出身の原エレナ(中村静香)不在の今回。 まさかとは思うが・・・おとがめあったのか。 バカなのか。 もちろん・・・がんじがらめの一部業界で・・・誰かが言っていいことと悪いことをいろいろアレするのは分かり切っているのだが・・・。 バカなのか・・・とは言いた
8. ごめんね青春!「恋の嵐!ガッついていこう!」  [ のほほん便り ]   2014年11月04日 08:28
今回は、青春モノというより、周囲のオトナ事情編だったかな?もう、コネタが可笑しく、面白すぎて、とても拾いきれませ〜ん状態。今回も観音様(森下愛子)から指摘されてましたね。「ちなみに(火事の原因を作った)犯人はコイツ(息子の平助(錦戸亮)」「これさえ、押さ
9. ごめんね青春! 第4話〜人生は一度きりなんです! がっついていこう!  [ 平成エンタメ研究所 ]   2014年11月04日 09:12
 <壁ドン>の嵐である。 ・和尚(風間杜夫)は校長先生(斉藤由貴)にドン! ←酔っていたせいだけど。 ・体育教師(富澤たけし)は浜口教頭(宍戸美和公)にドン! ←骨折した足で立ったせいだけど。 ・平助(錦戸亮)はりさ(満島ひかり)にドン! ←電車が揺れたせい
10. 「ごめんね青春!」 第4話  [ ドラマ de りんりん ]   2014年11月04日 19:58
前回の終わり「うぉーー!鎌田行進曲やん♪」と興奮したのも束の間、全部サトシに持って行かれましたわ〜。笑 娘が放火犯呼ばわりされてからの苦労を父親から聞かされても、全然動じずに「三島コロッケ」食べてるし。(^_^;) 風が吹けば桶屋が儲かるをもじって、「学校燃え
11. 「ごめんね青春」4 ☆☆☆☆  [ ドラマでポン ]   2014年11月05日 23:39
蜂矢先生、乙女だ……w 三島コロッケの誕生秘話に、礼拝堂焼失が関わっていたとは思わず(風が吹くと桶屋がもうかる式w)、ビルケンちゃんと猿がつきあうことになろうとはびっくり ...

この記事へのコメント

1. Posted by ま・ここっと   2014年11月04日 04:58
腹一杯(原一平)と腹減った(原平太)なのよね・・・やっと気が付いたw
2. Posted by ヨーコ   2014年11月04日 06:26
「愛のむきだし」とか「蒲田行進曲」とか、気が散るよね〜(笑。

冒頭のみしまコロッケの下りでサトシが
「コロッケってだいたいこうい味じゃんね!」っと言った
見事でさり気ない静岡弁が良かったよ〜。
みしまコロッケって三島で採れたじゃがいもで作ったっつ〜だけで
本当にごくごく普通の可もなく不可もない工夫の無いコロッケ。
サトシの台詞が全てなんだよ〜。

今回はビルケンが彼氏を選んだ理由にキュン♪
言葉で苦労しているんだなぁって何だか切なかったのよね。
日本語のレベルが同じ位だからって理由で
あんな可愛い子が付き合ってくれるんだから
ありがたくお付き合いしたら良いのになぁ〜って思ったわ。

あとはドンマイ先生の魅力に夢中(笑。
登場すると「よっ!」って声を掛けたくなるよ。
3. Posted by しゅあー   2014年11月04日 12:47
今回は存分に笑わせてもらったわ!
なんかだんだん、頭でガッツリ笑わせて、終わりで胸にぐっとくる ってのがパターンになってきてる?

正直私はストーリー的にはあんまり魅力を感じないけど、この頭と終わりがあるから見続けてしまうって感じだわ。

今回は斎藤由貴ちゃんもしっかりお仕事してたし、やっぱり坂井真紀ちゃんがすっごくいい味出してて、そうそう!これよこれ!この調子でいっちゃって〜〜!
って思ったわ。

関係ないけど、近々スカパーで吾輩の再放送があるのよ!
本放送の時はまだビデオだったけど今回はブルーレイにしっかり撮ろうと思います。久しぶりに見たいと思ってたので、今からすっごく楽しみです!
何気に、あの頃、きこりさんとこのドラマの話で二人で盛り上がったのを懐かしく思い出したよ\(^o^)/
4. Posted by 凛太郎   2014年11月04日 15:56
今回はこの「ごめんね青春」に嵌ってます。
やっぱりクドカンのドラマは面白いですね。
風間杜夫と平田満のツーショットを見ていると、蒲田行進曲を思い出します。
5. Posted by 桔梗   2014年11月04日 16:46
いや〜青春だよね〜。
あっちでもこっちでも恋の嵐が・・・。もう実際に皆が動きまわっているようで面白すぎる〜。

いずっぱこの中で、生徒は誰もつり革のこと気にしてなかったみたいだけど、りさ先生しっかりハートのつり革つかんでて、笑ってしまったわ。
まさかもう結婚するって・・・どんだけうぶなの〜。かわいいよ、でも少女マンガじゃないし・・・。

半田君家の小さい弟妹も気になるし・・・ほかの人達の家族も出てくるんだろうか?
今日からこちらでは1話から再放送があるんだけど、1話で高校時代のサトシがべーやんに教室で黒板ドンやってて・・・後から見直したらもっともっと気づかなかったものが見えるんだろうな〜と思いましたよ。

共学だったけど・・共学だったけど・・なんか淋しいわ・・・。


6. Posted by きこり→ま・ここっとさん   2014年11月04日 20:28
>腹一杯(原一平)と腹減った(原平太)なのよね・・・やっと気が付いたw
はっ!w(゚o゚)w まったく気づいてなかったよ〜w
7. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年11月04日 20:36
>「愛のむきだし」とか「蒲田行進曲」とか、気が散るよね〜(笑。
ホント!例によってわかるヤツだけわかりゃーいい!ってアレだから
気づいてないことも一杯ありそう(笑
クドカンのドラマって終った後で、そういえば!ってことも多いのよね〜
>見事でさり気ない静岡弁が良かったよ〜。
あら!ネイティブも公認のサトシの静岡弁かい?(笑
も〜わたしゃ、サトシから目が話せないよ。
そして永山君がこんなにデキる子だったなんて今さらながら感心さ〜(笑
>本当にごくごく普通の可もなく不可もない工夫の無いコロッケ。
サトシの台詞が全てなんだよ〜。
アレは真実だったのね〜
確かにね〜北海道のあちこちの道の駅にもコロッケあるけど、
チーズが入っているとかぐらいで似たりよったりだからねぇ・・・・
でも、これでみしまコロッケかなり有名になったよね〜
>あとはドンマイ先生の魅力に夢中(笑。
私も〜!今回のあの写真入り相関図もどんまい先生なら作りそう(笑
一平を魅了してしまったけどどうなるんだ〜?



8. Posted by きこり→しゅあーさん   2014年11月04日 22:02
笑ったよ〜!も〜ガールズバーの場面は一瞬も見逃せなかったよね〜
平太と義人も楽しかったし、義人とサトシの噛みあわなさ加減も最高。
>正直私はストーリー的にはあんまり魅力を感じないけど、
そうだよね。私もストーリーはどうでもいい感じ(笑
いつものクドカンらしい展開があればそれでいいよ。
学生さんたちは勝手にやっちくりい( ̄▽ ̄;)アハハ…
>今回は斎藤由貴ちゃんもしっかりお仕事してたし、やっぱり坂井真紀ちゃんがすっごくいい味出してて、
ついに山が動いたね(笑
そしてやっぱりどんまい先生から目が離せない!
何やらかしてくれるかわからないところがいいわ〜
一平でおさまるようなおなごじゃないよ(笑
>関係ないけど、近々スカパーで吾輩の再放送があるのよ!
えええ〜?!いいな〜!!あのドラマデジタルでは再放送ないもんね。
うらやましか〜!!
今無料視聴申し込んでいるから録画しまくりだよ〜
でも、うちCSは見られないのよ〜!どこのチャンネルでやるのか確認してみるよ〜

9. Posted by きこり→凛太郎さん   2014年11月05日 07:14
おはようございます〜♪
凛太郎さんも、このドラマにハマりましたか?
私は1回目はそうでもないかな〜?と不安になったんですが
2回目からハマりました。やっぱりクドカンですよ。
>風間杜夫と平田満のツーショットを見ていると、蒲田行進曲を思い出します。
そうですよね〜
クドカンも舞台人だから、この二人の組み合わせには思い入れがあるんでしょうね。
この二人が出ているだけでわくわくしちゃいますよ〜
10. Posted by きこり→桔梗さん   2014年11月05日 07:26
おはよう〜!
>もう実際に皆が動きまわっているようで面白すぎる〜。
クドカンの脚本は常に派手な動きがあるけど安定して見られるよね。
若い頃のうつり変わりの激しい恋模様が楽しくてたまらんわ〜
ちょっとしたことで恋したり、他に目がうつったり。
ホント、これが青春だよ。
>りさ先生しっかりハートのつり革つかんでて、笑ってしまったわ。
まさかりさがそんな乙女だったとはね〜
そういうの一番嫌うタイプかと思ったけど違ったのね。かわいいのう・・
これがそのままうまくいけばいいけど、失恋したら後が怖いよね(笑
そちらでは再放送やっているの?いいな〜!
そうそう、クドカンの話は見る度に発見があるよね?
わかるヤツだけわかりゃーいいってスタンスが好き〜
>共学だったけど・・共学だったけど・・なんか淋しいわ・・・。
私も共学だったけど・・・こんなに充実していなかったぞ。
今ならもっとはっちゃけられるんだけどな〜
>1話で高校時代のサトシがべーやんに教室で黒板ドンやってて・・・
私、最初サトシはべーやんのことが好きなんじゃ?って思ったよ。
今でもその希望は捨てていないよ(笑




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「Nのために」 第3話 反撃開始!舞台は東京へ!運命の出会い「まほろ駅前多田便利軒」 2011年 監督・大森立嗣