「ST 赤と白の捜査ファイル」 第9話 いよいよ大詰め シリーズ最大の難事件にST絶体絶命・モモタロウの謎を解け!ドラマ10 「聖女」 第4話 裁かれる女

2014年09月13日

「小さいおうち」 2014年 監 山田洋次

 前情報を入れずに見てみました。おもしろかったわ〜見て良かった。
原作も買ってきちゃった〜\( ̄▽ ̄)/ これから読むぞ。
HPはこちら

 健史(妻夫木聡)とその一家が亡くなった大叔母・タキばあちゃん(倍賞千恵子)を見送り、遺品整理をする場面から始まります。
健史に残された箱には写真と封を開けてない手紙、何冊かの大学ノートが入っていた。

 それは健史に勧められ、タキが書いていた自叙伝だった。
健史はタキばあちゃんの家に来るたびにごちそうになり、ばあちゃんの書いた自叙伝を読ませてもらうのを楽しみにしていた。
健史がその自叙伝を読み進めている時間と、ノートに書かれている過去の時間が織り成されるように描かれます。

 
 18才の布宮タキ(黒木華)は親戚のつてで女中奉公のために山形から東京へと出てきた。
1年ほど小説家先生のお宅で仕えた後、東京郊外の平井家で奉公することになった。
平井家は玩具会社に勤める旦那様(平井雅樹(片岡孝太郎))と時子奥様(松たか子)と恭一ぼっちゃま(秋山聡)の三人暮らしだった。
タキには2階奥の女中部屋が与えられた。

 昭和10年に建ったという坂の上にある赤い瓦屋根のモダンでかわいらしいお家・・・タキはこの家が大好きだった。
美しく優しい時子奥様はきさくなお方でいろんな事を教えて、かわいがってくれた。
タキはこの家で旦那様や奥様に仕え、ぼっちゃんのお世話をできることが嬉しかった。

 恭一(秋山聡)が小児麻痺になった時も毎日おんぶして遠く離れた日本橋までマッサージに通った。
半年ほど治療院に通ったのち、マッサージはタキの仕事となった。

 黒木華さんのことは、朝ドラの『純と愛』で初めて知りました。
日本人らしい涼やかで穏やかな顔の子だな〜と思いながら見ていました。
その後「リーガルハイ」でおもしろい個性だな〜と注目し現在に至る・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
繊細な演技力というか、セリフがない時にも注目してしまう女優さんですわ〜

 タキの様子を「仕える」と書きましたが、平井家にいるタキは主従関係を感じさせないほど自然でした。
それは時子の人柄と二人の相性もあると思うけど、タキの働き方がでしゃばらず屈従を感じさせずほどよい距離感の気持ちいい仕事ぶりだったから。
気が利くことを感じさせない頭のよさと身軽さ・・・黒木華さんは主役でありながらも映画全体の中でもしっとりとバランスよく存在していました。

 そして時子を演じた松たか子さんもぴったりだった。
「み〜んな好きになっちゃうの。あの人のこと。時子さんの結婚が決まった時自殺しかけた人もいるの。嫌だったの。あの人が結婚するのが。独占したかったの」と同級生の睦子(中嶋朋子)に語らせたように無邪気な人たらし的雰囲気があり、花のように惹きつけられる。立居振舞も凛として美しかった。


 ここからはラストの内容も書きますのでご注意を。
小さいおうち Blu-ray


 お正月、平井家に旦那様の会社の社長と社員が集まり、その中にデザイン部門の新入社員で美術学校出の板倉正治(吉岡秀隆)がいた。
社長達が戦争の話で盛り上がる中を抜けてきた板倉はどこか学生臭さの残るような親しみやすい青年だった。
同じ北国出身ということもありタキもすぐに打ち解け、時子とは映画の話で盛り上がった。
絵本を読んであげた恭一とはその後、年の離れた面倒見のいい兄と弟のような関係になった。

 で、レコードを聴きに平井家に通っているうちに時子様と板倉は心を通わせるようになり、社長から勧められた板倉への見合い話を中継ぎしている間に、ついに男女の関係になってしまう。

 出会い、コンサート会場での再会、嵐の夜、嫉妬を隠しながらの見合い話のお世話・・・
この流れが時子の女心を微妙に刺激して、一線を越えるまでの感情の盛り上がり方が自然でうまかったと思います。


 タキがそのことに気づいたのは時子が結んでいた帯の模様が出かけた時と逆になっていたから。
そういうのにちゃんと気づくのがタキなんだよね。
でも大きな衝撃を受けながらも、タキはいつも通りに仕事を続けた。

 でもな〜吉岡秀隆って全くそそられないんですけど〜( ̄▽ ̄;)アハハ…
一般的な会社勤めの人とは違った雰囲気は出てたけど、男は感じないぞ。
好みの問題だけどさ。
だから嵐の夜に時子から積極的にキスした場面にはびっくりしたよ。
美人さんにありがちなよく働いてくれた下僕へのお礼的な?とか思ったりしたけど、その後の展開見ると違ったもんね〜

 旦那さんは普通の男性で繊細な気づかいのできるタイプではなかったけど、この時代の奥様が急激に惹かれていくんだからさ〜せめて斎藤工レベルには整えて欲しかったわぁ〜


 まぁ、いい。
タキが平井家に居た8年ほどの間、日本は二・二六事件、支那事変、南京陥落、国家総動員法制定、第二次世界大戦と、ずっと戦争中であり軍国色が濃くなっていった時代。でも平井家では特に憂いもなく過ごしている。

 鉄不足になり旦那様が会社の先行きを心配したり不景気を嘆いたりするけど、時子もタキもそれほどの不便もなく暮らしていたように見える。南京陥落の折には大いに喜び祝賀セールを楽しみにし、出征する兵士には日の丸の旗を振り万歳しながら見送ることに何の疑問も感じない。

 健史に度々突っ込みを入れられる通り、タキによって描写された「その時代」はそれほどの深刻さも暗さもない。
それは平井家が中の上的な裕福な位置にあり生活の不安がなかったことと、
タキがその時代を美化している部分もあると思うけど、本当にそんなものだったのだと思う。
新聞には日本が戦況有利だと言う記事しか載っていない。何となく大きな時代の渦の中にいる不安は感じながらも、時流にそった生き方をすることに抵抗もない。

 私もノンポリの平凡な人間だからわかるけど、時子もタキもそういう普通の人間だったんだと思う。
だからこそ全てが過ぎ去った後になって、何も考えずに流されていた自分に怒りと後悔を感じる・・・
タキ達が戦争の理不尽さを初めて感じるのは、自分達にとって大切な人、板倉に赤紙が届いた時。

 平井家で報告をすませ帰宅しようとする板倉へ懐中電灯を渡しに行ったタキに
板倉は感謝と共に手を差し出した。

「忘れないよ。君の事は。
もし・・・僕が死ぬとしたら、タキちゃんと奥さんを守るためだからね」板倉
「ダメです!死んじゃいけません!」タキ
「・・・・・・さよなら」
タキを抱きしめた後、板倉は去って行った。

 板倉はタキのことも好きだったのかなぁ・・・時子への激しい感情とは違うだろうけど。
抱きしめたのは時子の代わりだったのか、それともタキの思いを知っていたのか・・・


 出発の前日、時子は最後の逢瀬のため板倉の元へ行こうとするがタキは必死に止める。
実は時子の叔母が二人で会っているところを目撃しており親戚間でちょっとした問題になっていたし、出入りの酒屋のおじさんも2人の関係を知っていた。

 タキは会いたい旨を書いてくれたら自分が板倉に届けると訴え、奥様も迷った末に受け入れた。
その後、タキは時子の書いた手紙を手に板倉の元へ向かったが、いくら待っても奥様の前に板倉は現れなかった。

 この場面を書きながらタキばあちゃんは嗚咽をもらしていた。涙が止まらなかった。
「おばあちゃん、どうしたの?何で泣いてるの?」健史
「私ね・・・・長く生きすぎたの・・・・(泣」タキ

 深い後悔、罪の意識・・・
そしてあの小さな赤い屋根のおうちからずいぶん遠くに離れてしまったこと・・・
みんなが一緒だったあのおうちにはもう戻れない。
全てが遠い過去になってしまったことが悲しくてたまらない・・・


 その後戦況は厳しくなり、女中を置くと言う贅沢も許されなくなり、タキは平井家を出て田舎に戻ることになった。戦争が終わり、タキがお嫁に行っていなかったら戻って来てねと送ってくれたが、タキが時子に会う事はなかった。

 昭和20年の大空襲で小さなおうちは爆撃により焼失。
奥様と旦那様はお庭の防空壕の中で抱き合った姿で亡くなっていたらしい。

 タキばあちゃんの自叙伝はここで終っており、ここからは、その後偶然板倉が出征後も生きて画家として活躍したことを知った健史が書かれなかったことを調べ始めるミステリの謎解き的展開になります。

 板倉正治記念館には彼が戦後に描いて寝室に飾っていたという「思い出の小さいおうち」という絵があった。
赤い瓦屋根のちいさなかわいいおうちの前には時子とタキと思える女性が立っていました。
友人の下宿が近くにあって以前から小さいおうちを見てきた板倉にとっては、そこに住む奥様は憧れの人、そしてその家と時子に仕えるタキも特別な存在だった。

 そしてタキばあちゃんの部屋にも板倉が描いたと思われる「小さなおうち」の絵が飾ってあった。
ということは、タキは板倉が生きていたことは知っていたはず。
この絵は再会した彼にもらったのか、自分で買ったのかはわからないけど、タキにとっても幸せな時間の象徴である大切なものだった。たとえ痛みを伴うとしても。
板倉とタキはあのおうちを思う事で繋がっていたのかねぇ・・・

 タキが板倉に手紙を渡さなかったのは、最初、板倉を好きなタキの嫉妬故と思ったんだけど、あの時の奥様を止める時の必死な姿からはそんな邪心は全く伝わってこなかった。
タキは本当に奥様とあの小さなおうちが大好きだったんだと思う。
渡せなかった手紙の罪と秘密にタキはずっと苦しみ続けた。
でも、その苦しみは甘美な夢へと続いている。
もう決して手の届かない小さなおうちの夢・・・

 せつな悲しいけど幸せな気持ちになれる映画でした。
音楽も「ハウルの動く城」みたいで心揺さぶられるわ〜と思ったら
久石譲さんだった・・( ̄∇ ̄;)
いい曲だにゃ〜しっとりと映画の余韻に包まれました。


br_banner_risu


てか、健史よ、タキばあちゃんの自叙伝の流れから、アレが渡されなかった時子奥様の手紙だぐらいわかるだろうよ!
あの年になって母親の不倫を知らされる平井氏の気持ちを考えんかい!
やっちまったにもほどがあるぞ・・ ゞ( ̄∇ ̄;)

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:37│Comments(6)TrackBack(16)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画『小さいおうち』観てきたよ〜  [ よくばりアンテナ ]   2014年09月13日 19:58
山田洋次監督最新作。 公式HPはコチラ。 あ、なんと、私、山田洋次監督作品を劇場で観るの初めてだ・・・・(;゚∀゚) いつも地上波で放送されてから見てるな。 原作の記事はコチラ。 今回は妻夫木聡くんは大伯母のタキさん(倍賞千恵子)の自叙伝の中へ導く役割で
2. 小さいおうち  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年09月13日 20:03
 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた...
3. 『小さいおうち』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年09月13日 20:18
□作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★
4. 映画『小さいおうち』★守ったもの・守れなかったもの〜良心と悔恨  [ **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** ]   2014年09月13日 21:10
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161479/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。   映画レビュー(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346418/rid30/p1/s0/c1/    
5. 小さいおうち  [ Akira's VOICE ]   2014年09月13日 22:05
この世は小さいおうちの集合体なんだな。  
6. [映画] 小さいおうち 感想(少しネタバレ)  [ 日々の書付 ]   2014年09月13日 22:14
中島京子さん原作、山田洋次監督映画『小さいおうち』を観てきました。原作のモダンな雰囲気がよく現れていた映画でした。 ・原作「小さいおうち」感想→ あらすじ 昭和初期の東京。山形から奉公に出たタキは、赤い屋根の小さなおうちで、美しい時子奥様のもとで働く
「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前 ...
8. 「小さいおうち」 小さい罪  [ はらやんの映画徒然草 ]   2014年09月14日 09:18
こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画
9. 小さいおうち  [ とりあえず、コメントです ]   2014年09月15日 00:04
中島京子著の直木賞受賞作を山田洋次監督が映画化したドラマです。 原作は未読ですけど、オレンジ色のチラシを見ていたので、どんな作品だろうなと気になっていました。 タイトルから想像するよりも、もっと大人な雰囲気の愛と人生の物語でした。
10. 小さいおうち  [ to Heart ]   2014年09月15日 02:09
製作年度 2013年 上映時間 136分 原作 中島京子 『小さいおうち』(文藝春秋刊) 脚本 山田洋次/平松恵美子 監督 山田洋次 音楽 久石譲 出演 松たか子/黒木華/片岡孝太郎/吉岡秀隆/妻夫木聡/倍賞千恵子/橋爪功/吉行和子 健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵...
11. 小さいおうち  [ 昼寝の時間 ]   2014年09月16日 13:45
2014年 日本 136分  公式サイト 原作:中島京子「小さいおうち」(文春文
12. 小さいおうち/映画  [ あるがまま・・・ ]   2014年09月18日 15:08
小さいおうち公式HP 名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した 中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、 東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。 家の主人で玩具会社勤務の平...
13. 小さいおうち  [ 象のロケット ]   2014年09月21日 15:42
大学生の健史は、大伯母のタキが大学ノートに綴る自叙伝を読むのを楽しみにしていた。 …60年前の昭和11年(1936年)、田舎娘のタキは、東京郊外の平井家の女中になる。 モダンな赤い三角屋根の小さな家では、玩具会社役員の雅樹と妻・時子、幼い息子・恭一が暮していた。
14. 山田洋次のすべて  [ Re:play ]   2014年09月29日 16:09
  山田 洋次(1931年9月13日 – )は、日本の大阪府 豊中市出身の映画監督です。 映画「男はつらいよ」シリーズの監督として、日本一有名な映画監督かもしれませんね。管理人789jun的には黒澤明と並んで大好きな日本の監督トップ2の1人です。 作品の紹介をする前に、山田
15. 小さいおうち  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2014年10月11日 05:53
監督:山田洋次 出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき竹城 【解説】 第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある...
16. 映画 小さいおうち  [ こみち ]   2015年03月22日 21:19
JUGEMテーマ:邦画     昭和初期の不倫を扱ったちょっと暗い感じのする映画でした。   見ているだけでちょっと滅入ってしまうのが難点ですね。   暗い時代が舞台なので当たり前かもしれませんが   もう少し華やかな部

この記事へのコメント

1. Posted by ココ   2014年09月14日 13:21
よかったでしょ、よかったですよね♪
私は原作が先で 映画では時子さんを松たか子さんが演じるという事を知った時
「ぴったりだよ〜」って期待したんです。
期待通りだったけど もっともっと原作のように長く長く細かくやって欲しかった
あ、映画では時間が足りないね、ドラマ!ドラマで!!(笑)

健二が最後に板倉記念館でタキのことを打ち明けなかったこともよかったと思います。
切なく哀しい最後だけど 沁みますよね〜
タキちゃんの恋心は 時子さんへもあったよね〜
>でもな〜吉岡秀隆って全くそそられないんですけど〜( ̄▽ ̄;)アハハ…
同感!全くその通りと思っていて
誰かにそれを言いたくてずっといたので きこりさん!よく言ってくれました〜
そして板倉を「斎藤工」 ナイス♪
2. Posted by きこり→ココさん   2014年09月15日 09:48
おはよう〜!良かったよ〜好きな映画になったわ。
今原作読み始めているところ。
夜寝る前に読んでるから、例によって進まないけどさ(笑
>あ、映画では時間が足りないね、ドラマ!ドラマで!!(笑)
そうだね〜
原作では、もっと細かく描かれているからじっくりその世界に浸れる感じだよね。
映画と少しだけ印象変わるかも。
>健二が最後に板倉記念館でタキのことを打ち明けなかったこともよかったと思います。
わたしゃ、アンタ打ち明けなさいよ!って思っちゃったよ(笑
でも、うちあけなくても記念館の人、平井さんの住所教えてくれたもんね。
>同感!全くその通りと思っていて
ね〜!!好みの問題とは思うけど吉岡君ではそんな情熱的になれないわあ〜
独特の親しみやすさと弟感はあったんだけど。
>タキちゃんの恋心は 時子さんへもあったよね〜
私ね、映画見た時はそこまで思わなかったのよ〜
板倉のこと好きなんだろうな〜って思って。
でも奥様のこともすごく好きだった。
どちらが好きっていうんじゃなくてあのおうちを含めた奥様が好きだったのかな〜って思ったのよ〜
でも映画見た後、原作既読の方の感想読んだら、謎のひとつとしてタキの奥様への思いがあったって書いてあってちょっとびっくりしたのさ〜映画ではそういう感じを伝えてこなかったから。
私は原作の設定の方が好きだけど、映画のタキも純粋さが伝わってきてとても良かった。
心のきれいな子だよね。そこに泣けてきたよ

3. Posted by Largo   2014年09月16日 13:43
こんにちわ。

>繊細な演技力というか、セリフがない時にも注目してしまう女優さんですわ〜
佇まいがいいんですよね。
今の朝ドラでも、ストーリーはあれでも(汗)、華さんからは目が離せませんです。
>そして時子を演じた松たか子さんもぴったりだった。
今や小説でしかお目にかかれないような「山の手の中流階級の奥様」の雰囲気に酔いました。
このお二人と、繊細な美術や時代考証が素晴らしかったです。
>でもな〜吉岡秀隆って全くそそられないんですけど〜( ̄▽ ̄;)アハハ…
そうなんですよね(汗)
このキャスティング、山田組、という以外にも、ギラギラしている人だったら、夫もあんなに簡単に家にあげないからかも、とか。
すぐに徴兵にとられなかった、ということは、体があまり丈夫ではなかったのだろうとか。
原作を先に読んでいたこともあって、色々考えちゃいました。
ともかく、監督は松さんと黒木さんを撮りたかったのだろうなぁ、と納得させました。

原作は、微妙に違うのですよ。
ですので、映画を見てからでも十分に楽しめると思います(^^
4. Posted by きこり→Largoさん   2014年09月16日 23:31
こんばんわ〜♪
>今の朝ドラでも、ストーリーはあれでも(汗)、華さんからは目が離せませんです。
そうなんですよね〜黒木華さんの無駄遣いだわーーー( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)
いずれ黒木さんが朝ドラのヒロインになる日がくると思いますが、
どうか、どうか・・・いい脚本家あんに(って誰だ?)に当たりますように。
>山田組、という以外にも、ギラギラしている人だったら、夫もあんなに簡単に家にあげないからかも、とか。
身体が丈夫じゃない感は出てましたが・・・
そうですよね〜そもそも山田組にセクスィーさを求める方が間違ってる(笑
たしかにあまりにもいい男だと旦那さんが警戒しちゃうかーー(ーΩー )ウゥーン
でも、それにしてもなーーーもうちょっと・・・(まだ言ってる・・)
>ともかく、監督は松さんと黒木さんを撮りたかったのだろうなぁ、と納得させました。
ですね〜とにかく二人が良かった。
どちらが先に決まったのかわかりませんが、ビジュアルといい雰囲気といい、
2人の個性の違いがいい感じに生きてましたよね〜
タキちゃんが板倉のところに行くのを止めた時の時子奥様のキッ!!って表情も魅力的だったな〜
>原作は、微妙に違うのですよ。
今読んでいるんですが、映画で見た時子奥様とタキちゃんの別の側面が見えるというか
おもしろいですね〜読みながら、切り取り方がうまいよな〜とか思ったりしてます(笑
5. Posted by まこ   2014年09月18日 15:26
ほんと健史ったら・・・(笑)
そして冒頭でもタキの遺品を整理してた際に、
赤い屋根のおうちの絵を、とっとと捨てるモノとして
分別してなかったっけ?
そこもちょっと「???」だった。

てか、あたしもこの映画の雰囲気めっちゃ好きだけど
唯一、板倉さん役が吉岡くんだった点でイマイチ
奥さまに共感出来なくて、タキちゃんよくぞ板倉と奥さまの
最後の逢引を阻止した!と拍手したくなったよー(笑)

吉岡くんと妻夫木くん配役が逆だったら少しは・・・

だけど奥さま役のお松の存在感には惚れ惚れしたわー♪
そしてそれに負けず劣らずの黒木華ちゃんの好演!!!

昭和な地味顔の華ちゃん、この役にぴったりだった!

あたしも映画見てすぐに原作ゲットしたものの、
最近になってやっと読み始めた・・・
けど、全然進まねーーーっ!(笑)

とりあえずは、坊ちゃんが連れ子ってーんでびっくり!
映画ではそげな説明あったっけ???
6. Posted by きこり→まこさん   2014年09月19日 13:52
>赤い屋根のおうちの絵を、とっとと捨てるモノとして
分別してなかったっけ?
そうそう!捨てていいって言ったのはお父さんだったけど、健史よ、ばあちゃんの部屋にづっとかかっていたし、自伝読んだならどれほど大事なもんかわかるべよ!ってびっくりしたぞ。
せめてあの絵だけは取っといてあげて欲しかったわ〜
>吉岡くんと妻夫木くん配役が逆だったら少しは・・・
あーーー!いいね!まだ不満だけど( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)それでも大分違うぞ(笑
奥様の趣味もよくわからんぞよ・・・
>だけど奥さま役のお松の存在感には惚れ惚れしたわー♪
さすがお松だよね。
気さくでありながら上品で、毅然としたところがあって・・・やはり育ちの良さが自然と伝わってくるものなのね・・・タキちゃんが慕うのもよくわかる存在感だったべ。
>とりあえずは、坊ちゃんが連れ子ってーんでびっくり!
映画ではそげな説明あったっけ???
いやーー一切なかったから初婚だと思っていただよ。
だから映画見終わって既読の方の映画感想読んでびっくりすろ部分結構あったよーーー
てか、原作早く読み終わりたいからちゃんと起きてる時に読もーーっと(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ST 赤と白の捜査ファイル」 第9話 いよいよ大詰め シリーズ最大の難事件にST絶体絶命・モモタロウの謎を解け!ドラマ10 「聖女」 第4話 裁かれる女