「家族狩り」 第5話 闇を破る2014年7月に見た映画

2014年08月04日

「変身」 第2話 予兆

 今回は移植した脳に支配されていく純一の姿が描かれました。
HPはこちら

 退院して数日後、事件から2ヶ月半が過ぎ、純一(神木隆之介)は仕事に復帰した。
温かく迎えられた純一だが、職場にも同僚にもなにか違和感を感じていた。
物音や人の声に敏感になり、すぐにイライラして絵を描くことにも集中できずにいた。

 そして恵(二階堂ふみ)も純一が以前の彼とは確実に違っている部分を感じ、
道元教授(伊武雅刀)の『脳移植した』という言葉が蘇るのだった。

 一番身近な存在で心から愛していた恵のそばかすに嫌悪感を抱くってのが
アレだよね。以前の純一ならそんなこと思いもしなかったし愛おしさを感じていたはず。
脳移植の影響は確実に出てきている。


 その後、同僚たちが純一の復帰祝いをしてくれたんだけど、頭痛が起こり楽しめない。
さらに純一が提出した「改善提案書」のことから先輩の酒井とケンカになり、殴り合いに発展。
翌朝、三朗(中尾明慶)の部屋で目覚めた純一は何も覚えておらず、顔のひどい傷跡に呆然とするのだった。

 う〜ん・・・( ̄-  ̄ ) 二重人格的な?
もはや純一にはブラック純一の感情と行動を制御できなくなってきている・・・
さすがに純一も不安になってきたさ。


 で、堂本教授の元に相談へ。
「元の生活に馴染めない」「何かが違っている」と訴えるが「違和感はよくあること」といなされてしまう。

 純一が帰った後、堂元と部下たちは純一の変化について話し合ってたんだけど、
純一の状態は初期段階に比べて心理テスト、生活テスト共に大きな変化が表れていたらしい。
そして純一が移植されたのは右脳で、そのドナーからの影響で音に敏感になっているそうな。

 そりゃそうだよね。脳だよ、脳。
他の内臓とかでも拒絶反応はあるんだから、ドナーの情報がいっぱい詰まっている脳ならあって当たり前だよ。


 その夜、隣室の煩さに眠れなくなり、怒りを募らせた純一はいつのまにか包丁を手にしていた。
恵からの電話で我に返らなければ、そのまま殴り込みに行っていたかもしれない。

 純一のことが心配になっていた恵は、マンションのそばから電話をかけていたんだよね。
「・・・・何の用?」純一
「ううん・・ちょっと声聞きたかっただけ。またね」
「メグ・・・・・ありがとう・・・」
「何が?」
「電話かけてくれて。メグのおかげで助かった・・・おやすみ」
「おやすみ」

 電話を切った後、純一の部屋を見上げた恵の表情が良かった。
何か母親のようでありながら重たくはなく、優しくひたむきな愛情が伝わってくるというか・・・
さすが二階堂ふみさんだよ。


 この件でさすがに純一も自分自身に恐怖を抱くようになりました。

変身 (講談社文庫)



 一方、京極瞬介(渡部豪太)の調書を書くよう上司から命じられた倉田刑事(村上淳)は、検視報告書の京極の頭の手術跡が気になっていた。
報告書には取り押さえられ転倒した時にできた「頭部挫滅の開頭痕」と書かれていたが、しっくりこないものを感じていた。

 京極が事件を起こした動機は宝石店オーナーの番場への恨みらしかった。
京極は番場が昔付き合っていた女性の息子で、番場は認知していないし存在も知らなかったと言っているそうな。
母親が重病になり、初めて父親に会いに行きお金を貸してくれるよう頼んだが無視され、
その後、母親が死亡したのは番場のせいだと恨みを募らせた末の犯行らしい。

 いや〜京極が亡くなった時の父親や世間への強い恨みと憎しみが脳に焼き付いていそうだよね。
もし、純一の脳が京極のものだったとしたら、その怒りの感情の影響を受け攻撃的になるのもわかるような気がする。


 倉田が再度救急隊員に話を聞いたところによると、東和大に患者が運ばれた順番は、最初が交通事故にあった関谷という大学生。その後に純一、京極。
交通事故の男性は重体で運ばれた後死亡したんだけど、ドナー登録もしていたし、救急隊員は「また使われるんだろうな〜」と思ったそうな。
 
 何でも東和大は移植ネットワークのパイプが太く、救急隊員たちの間では『東和大に運ばれて死んだら最後、皮膚の一枚も残らない(全部移植に使われる)』という噂があるんだって。

 その後、倉田は東和大を訪ね京極の担当医だった外科の渡辺に面会を申し込むが、
京極の担当医はデータ上脳神経外科の若生(東根作寿英)(堂元の部下)になっていた。
データをすり替えておいたはずなのに、何かの手違いで若生のままになっていた模様。
もちろん、若生は会わなかったさ。

 職場では純一がまたも酒井と殴り合いのケンカをしたため、三朗も不安になっていた。
「俺、時々さ、純じゃなくて誰か別の人間と話しているみたいな気がすることあるんだよね〜
恵ちゃん、なんか感じない?アイツ、何か変じゃない?」三朗
「・・・・・・・・・・」恵

 心配になった恵が仕事を休んでいる純の部屋へ行ったけれどいなかった。
で、掃除をしていたらカップの破片が見つかり・・・
(隣室の煩さにいらだった純一が壁にカップをぶつけて割った)
さらに純一が恵をモデルに描いている絵を見てみると・・・
顔の左側が全部茶色でつぶされとる!

 やっぱり純じゃない。
いたたまれなくなった恵は現れた倉田に、つい「人間の脳を人間に移植ってできるんですか?」と尋ねてしまう。
そして、ついに帰宅した純一に堂元がしていた会話を伝えました。

「道元先生確かに言ってたの。
純に移植をしたって・・・誰かの脳を移植して、手術成功したって・・・」
「・・・・・・・・・」純
「でも・・・会見で全然違うこと・・・・」
「・・・・・・・・・・何を言ってるの・・・?どういうことだか意味わからない・・・」
「でも確かに聞いたの」
「冗談やめろよ」
「私もそう思いたいけど・・・・でも純・・・何だか最近変だもの・・・
もしも純がそのことで悩んでるんだったら、ちゃんと先生に伝えた方がいいと思うし、
それより、もし手術のことが本当だとしたら、ちゃんと説明を受けて・・・・
じゃないとどんどん純が変わっていきそうで・・・・・・こわいよ・・・・」

 その怖さは純一も感じていたこと・・・

「もしも・・・その事が本当だとして・・・何で隠すんだよ?
その手術をしたとして、何で俺に隠す必要があるんだよ?!
「わかんない・・・わかんないけど・・・
ただ私は、純に元に戻って欲しいだけだも・・・
だって私達、結婚しようと思ってたのに・・・・
純だってそう思っててくれたんでしょ?だからあの時指輪を」

『メグの言っている事も僕への思いも頭では理解できた。
だけど・・・僕の中の何かが彼女を拒否していた。
そばかすが・・・メグの顔が・・・醜いと』


 話を打ち切った純一は怒鳴って恵を追い出しました。
夜中京極に撃たれる夢を見て飛び起きた純一は眠ることができず、仕事は欠勤。
夜になり、犬の鳴き声と隣室の騒ぎ声に耐えられなくなった純一は叫び、また包丁を手にしていた。

 MSの外から純一を見守っていた恵の思いが伝わったのか、純一は自分から電話をかけてきました。
「こんなことって・・・やっぱり変だよ・・・・(涙
ど・・・道元先生に聞きに行かなくちゃ・・・メグの言う通り・・・」

 すぐに純一の部屋に走った恵は純一を抱きしめました。
「私も行く!純と一緒に行く!」
「メグ・・・メグ・・・!」

 恵の涙と温もりが純一を引き戻してくれる。
今、純一の中でその誰かと純一が闘っているんでしょうか。


 その後の倉田と同僚刑事との会話が怖かった。
脳の移植はできるかって話なんだけど、臓器の移植は脳死か心停止が前提だから、
死んでないと移植はできない。でも脳も死んでいたら移植って可能なのか?
もしや、東和大はまだ死んでいない人から臓器を取っているのかっていう・・・


 純一と恵は堂元の元へ行ったけど、例によってごまかされ、
心理学者の光国(戸次重幸)の精神分析を受けさせられた。
催眠状態に誘導され純一が見たのは、手術後目覚める時に見えた木から降りられずにいる自分。
父親が男なら飛び降りろと命令し、恐怖感を感じながら飛び降りる。
割れるおもちゃのピアノ。
そして、火の中に捕獲したネズミを放り込んでいる姿・・・

 これは純一が抑圧していた幼い頃の記憶が移植の刺激を受けて蘇ったのか・・・
あるいは脳のドナーの記憶なのか・・・
カウンセリングの後、純一の左腕には痣のようなものが浮かび上がっていた。

『(純一が語った記憶)それらはすべて自分のいくじなさや弱さを嫌悪するという形で保存されたいた。恐らく一生表面化することはなかったであろう記憶。
そしてさらに驚くべきことに、ドナーの精神パターンが彼の潜在意識に影響を与える共鳴効果の兆候が見える。
成瀬純一は変身の途中である』
堂元

 う〜む・・・脳の神秘だね。その神秘に憑りつかれた堂元は医師として一線を越えてしまった。
てか、なんでドナーの精神パターンわかっているんだろ?
死ぬ直前になんてそんな検査できないよね?
元々京極は堂元の患者だったの?


 おもしろいな〜来週はそのドナーの秘密が明かされるようです。

 第1話 覚醒
 第3話 ドナー
 第4話 共鳴効果
 第5話(最終話) 成瀬純一

br_banner_obake



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 連続ドラマW『東野圭吾「変身」』第二話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年08月04日 22:01
『予兆』 内容 事件に巻き込まれた純一(神木隆之介) 緊急手術により一命を取り留め、その後、順調に回復。そして退院した。 恋人の恵(二階堂ふみ)は、純一の退院を喜びながらも、 手術をした堂元(伊武雅刀)の発した“脳移植”という言葉に引っかかっていた。 退院..

この記事へのコメント

1. Posted by う〜みん   2014年08月04日 22:52
ふみちゃん活躍してますね〜(*^_^*)私の中ではいつまでも「甘利レミー」なんですけどね(^_^;)

私もきこりさんと一緒で移植に関しては何となくすっきりしないものを抱えています。多分自分もしくは身近な人が移植しか助かる道はないという状況に陥ったらそれにすがると思うんですが..何とな〜く何とな〜く違和感を抱えながらそれで助かる命があることも確かなので否定はできません。

最近は代理母や夫婦間以外の人工受精の問題もよく新聞などで見聞きしますが同じように何とな〜く何とな〜く違和感を抱えつつ否定はできないでいます。私も長女出産まで5年かかったのでほしいけどできない辛さはわかるので..

医療技術が進んで色んな事が可能になってきてはいますがそれでいいのかなっていつも思ってしまいます。
2. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年08月06日 16:52
甘利レミー!懐かしいですなぁ!あのドラマ、やっぱり好きですよ。
私の好きなモノすべてが入っていた気がします。
どの子も良かったけどふみちゃんもいい存在感でしたもんね〜
あ〜また見たくなっちゃったな〜ヾ(=^▽^=)ノ ダビングしてあるからいつでも見られます。
>何とな〜く何とな〜く違和感を抱えながらそれで助かる命があることも確かなので否定はできません。
そうなんですよ〜私の娘が移植しか助かる道がないと言われれば迷わず移植をお願いすると思います。でも自分の場合はNOです。
他の人が移植を望む気持ちもわかるのでそれはその人の判断でいいと思います。
んが、自分の問題として考えると、何か・・・拒否する気持ちがあるんですよね。
これは科学的論理的なアレとは対極にあるものかと思うんですが、何となくヤダという気持ちです。ドライになりきれないというか、そこまでやっていいのかと自然と湧き上がるセーブしたい気持ちです。人工授精についてはもっともやもやしています。
望んでも得られず苦しむ人がいるのはわかりますが、人はそこまでやっていいのか、子供が得られないとしたら得られない人生を享受するという道もあるのでは・・とか思ってしまいます。医学の進歩は不可能を可能にし、それが多くの人の希望と幸せにつながっているとわかっていても大金をかけて海外で代理母を介して子供を得ることに違和感を捨てきれません。純粋に子供に会いたいという気持ちなのはわかるしここまで望まれた子は幸せだと思いますが何か違うような気がするのです。私の考え方が特殊なのかもしれませんが、人間の傲慢さを感じてしまうというか・・・ラインを踏み越えるべきではないように思ってしまうんですよ〜
3. Posted by う〜みん   2014年08月07日 21:39
やっぱりきこりさんとは考え方がよく似てます。
私も代理母については同じように思います。
あと先日新聞で夫が原因の不妊症で夫の父親の精子を使うという話を聞いて自分なら絶対無いなと思いました。確かに他人より夫と血のつながりのある人の精子をという考え方はわからないではないんですが何かヤダって思ってしまいました(・_・;)
代理母や夫婦以外の卵子や精子を使う場合、生まれて来た子供が自分の出生の秘密を知った時にどう感じるのかとか万が一家族円満じゃなくなった時にその子がどうなるのかとか考えてしまってそういう面でも何か違和感があるんですよね。
実際に先日第三者の精子を使って生まれた方が「自分の遺伝子上の父親は誰なのか知りたい」って言われてましたし。
医学や科学が進んで以前ならできなかった事が可能になってきてますが技術的にできるからって何でもやっていいのかなっていつも思ってしまいます。でもそれで幸せになったと言われたら真っ向から否定もできないし..難しい問題ですね(・_・;)
4. Posted by ヨーコ   2014年08月09日 06:27
5 第二話を見て、昔どこかでこのドラマを見たぞ!って思い出したよ。
玉城宏主演の映画版があって、それを見た気が・・。
それにしても移植後だいぶ経ってから、元々の脳の持ち主の性格的な部分が現れて来るっていう現象が腑に落ちないわ〜。
最初に元々の脳の持ち主→その後移植された人の性格なら何となく腑に落ちるんだけどね。
色々と不満はあれど、主演の2人は頑張っているので見続けてみようとは思ってるよ。
5. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年08月09日 19:33
>夫が原因の不妊症で夫の父親の精子を使うという話を聞いて自分なら絶対無いなと思いました
私も、それは無理だと思う〜(´ω`;)
夫と同じDNAなのかもしれないけど受け入れ難いわ〜
ちょっとぞっとしてしまうわーー(笑
そもそも、私なら夫が原因で不妊症なら諦めると思う。
養子をもらうってのはダメなんですかね?日本では他人の子より少しでも血の繋がりのある子の方が求められるんでしょうか。
>生まれて来た子供が自分の出生の秘密を知った時にどう感じるのかとか
そうですよね。考えに考えた人なら堂々と伝えられるのかな?私は何か堂々と伝えられない気持ちが湧き上がってしまうと思う。生まれてきた子供が自分のルーツを知りたいと思うのは当たり前だと思うから、聞かれた時、どんな質問にも答えられて支えていける覚悟が必要ですよね。
まぁ、どんな場合でも親になるには覚悟がいると思うけど、なんだろう・・・
ことが単純じゃないというか、基本、こういうことってすごく単純なこと『授かりもの』だと思うんだけど、人間が勝手に複雑にしてしまったんだなぁ〜とも思います。
6. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年08月09日 20:25
>玉城宏主演の映画版があって、それを見た気が・・。
そうそう!わたしゃ見ていないんだけど玉ちゃんと蒼井優ちゃん主演だったみたいだよ。
ヨーコさん、見たんならラストも知っているのね〜( ̄∀ ̄;)
脳の持ち主のことも〜?
>最初に元々の脳の持ち主→その後移植された人の性格なら何となく腑に落ちるんだけどね
そうだよね〜!まず最初に反応が出てきそうだよね。
最初は受け入れていたふうなのに、突然活発になりだしたという・・・
脳の中で勢力争いが起こっているのか?
主演のお二人さんは魅せるよね〜
おかげで最後まで見られそうよ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「家族狩り」 第5話 闇を破る2014年7月に見た映画