「リバースエッジ 大川端探偵社」 第12話(最終話) 依頼者は所長ファインディング・ミー太

2014年07月14日

連続ドラマW 「MOZU Season2 〜幻の翼〜」 Episode #4

 銃を向けあった倉木(西島秀俊)と大杉(香川照之)・・・
「誰にも邪魔はさせない。真相を暴く邪魔する奴は誰であろうと許さない!」倉木
「だったら、アンタが罪を犯す前に俺が撃ち殺してやるよ!」大杉

 もちろん引き金を引けるはずもなく、お互いの決意が固い事を確認しあっただけでした。
もみ合った末、銃を落とした大杉の頭に倉木が銃を突き付けた時に列車が迫り・・・
通り過ぎた後、倉木は消えていた・・・

 って、ここって北海道なの?東京なの〜?(゚◇゚)?
北海道かと思っていたけど、翌朝、大杉は新谷が東の部下を殺した現場にいたし〜
北海道に居た倉木があっちゅー間に東京に帰ってきていたのかちら・・


 その殺害現場には、血で百舌マーク(百舌の絵本の裏表紙にあったもの)が描かれていた。
「いやな予感がするぞ。池沢の会見のせいで新谷和彦がバケモノに生まれ変わったのかもしれない」大杉

 そのマークは、和彦(池松壮亮)が倉木を呼び寄せるために付けたものだった。
やっと倉木は新谷和彦に会う事ができました。牽制し合いながらも二人は情報交換。
和彦は爆弾事件後の宏美の行動がらしくないことに疑問を抱いていたんだけど、記憶喪失になっていたと知り納得。

「だが東たちに拷問されて記憶が戻った」倉木
「東?アイツ、黙ってやがったな」和彦
「アイツに会ったのか?」
「アイツは宏美がじきにに生き返り、永遠に生き続け、都市伝説になるって言ってやがった。公安警察の発表前にな」
「東が?!」
「つまり東の雇い主は今回の警察関係者だ」
「お前がここで殺したのは?」
「東の部下だ。東に身を引けと警告するために仲間を一人逃がしてやった」
「お前はどうして、ここに東の部下たちが来ることがわかった?」私も知りたかったぞ
「東が俺を呼び出した時、俺を離れてマークしていたアイツの部下がいたから、
逆にそいつの後を付けてやった」

「そういうことか。・・・・今のお前の目的は何だ?!」倉木
「・・・・・・・」和彦
「お前は弟の真相を知ったら、死ぬ気だったんだろ?」 倉木もそうなのけ?
「そうもいかなくなったよ」
「弟の汚名を晴らす気か?」
「殺し屋に汚名もクソもない」
「じゃあ何をするつもりだ?!」
「あいつの望んでいることをする」
「死に際にお前の弟は泣いていた。
そしてお前の名を呼んでこう言った。『ありがとう』ってな」
「・・・・・・」
「そう言って死んでいったよ。お前の弟は」

 今度は倉木の番さ。倉木は和彦にタイラーに会ったのか尋ねました。
「奴に会うことはできない。
アルハドの創始者であるイワン・タイラーはグルジブ民族主義を唱えて過激なテロを繰り返し、
危険分子と判断されることを恐れてタイラーの名を口にするのはグルジブ人にとってタブーだった。
今では都市伝説のようになっていて、その名を口にすれば殺されると誰もが恐れている。
イワン・タイラーは日露戦争で大日本帝国軍の暗号解読を担当した諜報員だ。
お前は亡霊を追っているんだよ」和彦
「それは間違いないのか?」倉木
「あぁ」
「・・・・・そんな・・・!」

 って、この廃ビルみたいなとこでの会話の間中、和彦が急に消えたり、頭上に現れたり、後ろにいたりして神出鬼没で妖怪のようだったぞ。なんなん?( ̄▽ ̄;)

百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)MOZU オリジナル・サウンドトラック



 さて、鳴宮(伊藤淳史)は指令通り森原官房長官爆死事件の「ザ・ブルータフィルム」を見つけていました。
そこには、自転車の接触事故で停車した森原の乗っている車に爆弾らしきものを装着している男の姿がはっきりと写っていました。

 大杉は、その内容を書類にして池沢に渡したぞ。
「確固たる証拠です。その男が森原の車に爆弾を仕掛けた真犯人です。
これで倉木警部の指名手配解けますよね?!」
「すぐ検討します(棒読み)」池沢
「倉木警部の件も事実を塗り替えるつもりですか?」
「ナニを言ってるんですか、君は」
「言っときますがね、アイツの濡れ衣は必ず俺が晴らしますよ!」
「次の予定があるので」

 あ〜ぁ、逃げられちゃった・・この人に直接当たってもダメなんじゃないの〜?
逆に証拠消されちゃうよーー
もっと上の力のある人とかに頼むとかさ〜
津城ってこういう時、役に立たないのかい?


 そしてその頃、汐里(蒼井優)は東和日報の記者を名乗り池沢(佐野史郎)にインタビューをし、この男が「栗山」だったのか確かめていました。やはり池沢だったようです。

 って、池沢だって汐里と話しているのに気づかないんかい?
こんなに特徴のある喋り方なのにぃ・・・


 倉木は和彦から得た情報を確認しようと津城(小日向文世)のオフィスに侵入。
そこで津城から「イワン・タイラー」はロシアのFSB(元KGB)の二重スパイに付けられるコードネームだと知らされました。倉木は知らずに一代目のイワン・タイラーを追っていたのさ〜
そのコードネームは「007」みたいにFBSの歴代スパイに受け継がれており、千尋たちを拘束していたのは四代目だった。

 津城はその四代目が日本に潜伏しているという情報を得て、CIAに行っていたらしい。
「なぜあなたがCIAに?あなたの仕事じゃない」倉木
「四代目のタイラーが私の知っている人物の可能性があるからです」津城
「誰なんですか、そいつは」
「教えられません」

 出たよ( ゚д゚) 知る立場にないってかい? 
でも、わかったもんね〜明星(真木よう子)の父親だよね。


 その頃、明星はイワン・タイラーの情報を得るためにFSBのスモロフという男に接触していた。
スモロフはずうずうしくも情報を渡す代わりに明星の体を要求し、結局彼女は応えたようです。

 う〜む・・・コレは公安としてというよりも、倉木のためであり、父親の情報を得るためなんだろうな。

 倉木もスモロフをマークしていたようで、彼のところから出てきた明星を待ち伏せ。
スモロフとの会話を録音したレコーダーを聞かせるよう頼みました。

 いや〜倉木に惹かれつつある明星にはキツイお願いだわ〜
でも、「真実を話しているかどうか声のトーンが聞きたい」と言われちゃ、しかたない。
イヤホンを付けてレコーダーを再生している倉木を見つめる明星が切ないわ〜
バーではショパンの『別れの曲』が流れております。

って、失礼しました。鬼子母神さんにコメントで教えていただいたのですがここで流れていたのはシューマンの『トロイメライ』でした、ヽ`(~д~*)、ヽ`も〜私のバカバカ!


「どうでした?嘘は見抜けました?」明星
「あぁ、コイツはまだ何か隠してる。俺はスモロフに直接会う」
「・・・・奥さんが仲間を売ったかどうか、それを知るためだけに、
警部はすべてを捨てるつもりなんですか?」
「あぁ・・。君はどうして父親の真実を追い求める?」
「それは」
「その真実を知るためだったら、何だってやるだろう?」
「・・・そうですね」
「俺も同じだ。必ず真相を暴く。どんな手を使ってでもな」

 明星は宗牙岬駅に現れた男は自分の父親だと告白し、その父親にロシア大使館所有の車ではねられたことを伝えました。
「『イワン・タイラー』はロシアの二重スパイにつけられるコードネームだと聞きました。
私の父が『タイラー』だとしたら警部はどうしますか?」
「・・・・誰であろうが同じだ。真相を聞き出す」倉木
「『タイラー』の娘はどうしますか?いざとなったら、真相を聞き出す道具として使いますか?」
「・・・・・・・・」

 う〜む・・・来週、明星は父親か倉木か、どちらかの命を選ぶことになるんかねぇ・・・

 その後、今度は大杉が倉木を待ち伏せ。
「また止めに来たのか?」倉木
「いや、違う」大杉
大杉は森原の車に爆弾をしかけた男の画像を見せましたぞ。
「アンタ、一人じゃ真相を暴けないだろ。付き合ってやるよ」
「どういう風の吹き回しだ」
「・・・・・娘に言われたんだよ『嘘つきの警察官なんて最低だ!』ってな。
俺には警察組織を変えるなんて大それたことはできない。
だが、警察組織にいるクソどもを豚箱にぶち込むことはできる!
「・・・アンタの自由だ。好きにしてくれ」
にやりと微笑みながら倉木の背中を見送る大杉なのでした。

 って、アンタ、結局禁煙止めたんかい?
そして倉木ったら、照れちゃってぇ〜
大杉の援護が嬉しいくせに〜このこの~( * ̄▽ ̄)σ"


 という訳で倉木、大杉、明星はスモロフに接近するためにロシア大使館主催のパーティに潜入。
タキシード姿でメガネをかけた倉木のかっちょ良さに明星も密かに見とれておりますョ〜
スモロフ確保は、ウェイターになりすました大杉がスモロフにお酒をぶっかけ、洗面所に引っ張っていくという古典的なもの。
で、大使館の一室で裸にして縛り上げ、四代目タイラーの任務を詰問。

 って、まだ何の拷問もしていないのに、大杉がゴム手袋を装着しただけでビビって白状って・・・
アンタ、それでもFSBのスパイかい?情けないのう・・・それとも、よっぽど香川さんが怖いのかい?
しかも、持っている情報は4代目タイラーが日本人ってことと、その任務が北海道にある秘密施設の破壊ってことだけ。
詳しい場所に関して「北海道のころう島」と言ったところで屋根の上にいたスナイパーにやられちまった!


 撃ったのは明星の父(篠田三郎)!
すぐに気づいた明星が追いかけ銃を向けたぞ。
「教えて。娘を轢いた後はどんな気分になるの?」
「・・・・・・」
「どうして私達を、家族を捨てたの?!」
「・・・・・・・・」

 そこに怪盗東(長谷川博巳)が登場。明星を押しのけたもんだから四代目は逃げてったぞ。
「邪魔して悪い」
屋根から滑り落ちそうになった明星の手を倉木がキャッチ。

 倉木に気づいた東が嬉しそうに振り向いた!(* ̄m ̄)プッ

倉木ぃ〜!アッハッハッハッハ・・・」
「なぜお前が邪魔をする?アイツはオマエの雇い主じゃないだろ?!」倉木
「あぁ」
だったらそこをどけ!
「そ〜はいかないんだよ〜倉木。ちょっと訳があってな。だから、これ以上はもう追ってくるな。
俺はオメラスの地下牢がどこにあるのか知りたいんだ」
「地下牢・・・・?」
「あぁ。あいつはそこに保管されているある記録と地下牢の存在そのものを消そうとしているんだ。
だから俺は、アイツに破壊される前に、その地下牢を拝見しておきたいんだ。どうしてもな」
「どうしてそんな情報を俺に教える?」
「決まってるだろ。おもしろくするためだ。アッハッハッハッハー!
じゃあな、倉木!北海道で待ってるぞ!
 チャーーオ! ハッハッハーー!!

 も〜相変わらず魅せてくれるんだからぁ〜(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ
てか「地下牢の存在そのものを消す」っていったい・・・
そのために明星の父親はロシアに寝返ったの?
そう見せかけているだけなんじゃないの?(しつこい)
ロシアに盗まれた日本の情報を取り戻そうとして3重スパイになってるとか?
てか、東が持っていたデカイキーホルダーみたいの何?


 倉木の推理によると東の雇い主は池沢らしい。
半年前の空港テロ事件の真相に辿り着いた池沢は第二の室井になろうとしているんだと。
で、室井が描いた公安省設置計画を乗っ取り、東の部下に宏美のマネをして殺人事件をやらせ、森原官房長官も殺させた。
倉木を森原殺害犯として陥れたのは、優秀な倉木にその計画の邪魔をされたくなかったから。
現在は森原に代わる政治家を手駒にしようと活動中らしい。

 え〜〜何か変なの。
そもそも何で空港テロ事件を探り始めた訳〜?
そして公安省設置ってそんなに美味しい話なの〜?
それと汐里達をグルジブのテロリストたちに殺させる件がどう繋がるの〜?
拉致されたの8か月前でしょ?テロ事件の前に起こってるよね〜
公安省設置とは別の悪巧みを進行させていたの?
今から後ろ盾になる政治家捜すって順番逆じゃ・・・?
池沢も東に操られてるのかしら〜?

 すいませんね、相変わらず???ばっかりで堯; ̄□ ̄A
だって、なんかしっくりこないというか〜わからないんだもーー
最終的にすべては繋がるんかいな?


 その頃、池沢はヘリコプターに乗る準備をしている東に業務連絡中。
「どうして新谷和彦が生きていたことを報告しなかった?」
「決まっているだろう。おもしろくするためだ」東

 もっとおもしろくして〜!***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪
先に北海道に行って、倉木を待つ気ね〜


 津城によると「ころう島」とは北海道の最北端にある25年前に消えた島だそうな。
「その島にオメラスの地下牢があるはずだ」倉木

 消えたってのは政府が地図上消したってことか?
そこに真実が隠されている訳やね。


 逃亡中の和彦と汐里の間には特別な絆が生まれていた。
「お前には弟の宏美のこといろいろ調べてもらったのに、こんな事に巻き込んでしまって・・・
この借りは、いつか必ず返す」和彦
「・・・・・これから、あなたはどうするの?」汐里
「俺は宏美を安らかに眠らせたい。だから俺は宏美を殺しに行く」

 そして明星はやっと父親のことを知る立場になれたようです。
「君の父親は国を売った裏切り者だ」津城
「・・・・どうして父親はロシアに寝返ったんでしょうか?」
「それは彼にしかわからないことだ。
ロシアに寝返った彼を、公安はSレベルの危険人物に指定した」
「だから私は監視下に置かれていたんですね」
「あぁ」
「ですが、どうしてそんなに危険視されていたんですか?」
「それは・・・恐ろしく優秀だったからだよ。
『グラークα作戦』の目的は国民監視システムの奪還、そう言われている。
だが、それは建前でしかなかった。
システムが乗っ取られてから、日本は国民に気づかれないよう莫大な国家予算を投入して、あらゆる通信網を新システムへと移行させた。
つまり『グラークα作戦』当時には、すでに乗っ取られた国民監視システムは機能していなかったんだよ。
『グラークα作戦』の裏に隠された真の目的、それは、裏切り者である君の父親、明星ひろとの拘束もしくは抹殺だ。これが、君が知りたかった真実だ」

 それで返り討ちに合っちゃったのかい?
でも、やっぱり千尋が助かった理由がわからない。
その本当の任務を明星の父親に教えたから助かったのか?

 さて、最終回の舞台は北海道のころう島だかいうとこ。
きっと東がやってくれるでしょう!
予告じゃ汐里が撃たれていたが、東は大丈夫よね?(´;ω;`)


 「MOZU Season2 〜幻の翼〜」 Episode #1
 「MOZU Season2 〜幻の翼〜」 Episode #2
 「MOZU Season2 〜幻の翼〜」 Episode #3
 「MOZU Season2 〜幻の翼〜」 Episode #5(最終話)

 Episode #1 妻を失った公安のエースVS記憶を失った殺し屋
 Episode #2 殺し屋の記憶と妹の謎
 Episode #3 男の傷跡と家族の記憶
 Episode #4 刑事の誇り・・・父娘の絆
 Episode #5 迫る魔手 白昼の激闘
 Episode #6 よみがえる殺し屋・・・妹の正体は
 Episode #7 倉木VS百舌 謎の女の正体が・・・ついに衝撃の真実
 Episode #8 妻の虚実と明かされた首謀者・・・
 Episode #9 倉木VS東・・・百舌の逆襲・・・失われていく秩序
 Episode #10(最終回) 最終対決 爆弾に狙われた空港・・・倉木が辿り着く真実

ねこちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 連続ドラマW『MOZU Season2〜幻の翼〜』Episode4  [ レベル999のgoo部屋 ]   2014年07月14日 22:15
内容 倉木(西島秀俊)の居場所を突き止めた大杉(香川照之)は、 倉木を引き留めようとするのだが、倉木は退かず。 大杉は力尽くで留めようと試みるが、倉木を取り逃がしてしまう。 そんななか、新谷(池松壮亮)に殺されたと思われる新たな遺体が発見される。 現場に...
2. MOZU season2〜幻の翼〜 第4話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2014年07月15日 14:39
池沢(佐野史郎)が新谷宏美を都市伝説化させて、和彦(池松壮亮)の怒りを買い、汐里(蒼井優)も彼の声を聞いて自分たちをあんな場所へ派遣した相手だと気付きます。 大杉(香川照之)は、鳴宮(伊藤敦史)の力で倉木(西島秀俊)の無実の証拠を見つけますが、池沢は相
3. 【 MOZU Season2 〜幻の翼〜 】第4話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2014年11月07日 04:59
アルハドの創始者であるイワン・タイラーはグルジブ民族主義を唱えて 過激なテロを繰り返し、危険分子と判断されることを恐れてタイラーの名を 口にすることはグルジブ人にとってタブーだった。 今では都市伝説のようになっていて、その名を口にすれば殺されると 誰も

この記事へのコメント

1. Posted by う〜みん   2014年07月15日 01:17
う〜ん(-.-;)ちゃんと最終回で全部辻褄合うように説明してくれるのかどうか段々不安になってきちゃったんですけど..きこりさんの突っ込み一つ一つにごもっともって言いたくなりますね。原作は(あらすじ読んだだけですけど)しっかり練って作ってある印象だったんですけどドラマはシーズン1の時はちょっとだけ(?_?)な感じでしたがシーズン2は(?_?)だらけですよね。何で?とかあれ?の繰り返し。大丈夫かなあ..(・_・;)

で、先週言ってたラストに向けた動きはなかったのでやっぱり全然違うラストが待ってるんでしょうね。

とりあえずちゃんと納得いく最終回になることを祈ります。
2. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年07月15日 16:28
ここに来て、オイオイ、大丈夫かよ?って感じですよね・・( ̄▼ ̄;)
いや、これまでも、ちょいちょい小さな穴が気になってはいたんですが・・・
登場人物たちが一生懸命なのはわかるんだけど、
なにか全体的に噛みあわないものを感じると言うかーー
そして、展開が安いというかーー
「ダブル・フェイス」の時の満足感とはちょっとねぇ・・届かないと言おうか・・・
まだ最終回が終わっていないのにアレだけど。
>で、先週言ってたラストに向けた動きはなかったので
そうなんですか〜?(; ̄Д ̄) どうなるんだろう・・・
もう、わたしゃ、こうなったら東の活躍さえあればいいよ・・・
3. Posted by う〜みん   2014年07月15日 21:02
原作から離れ過ぎたせいなのかなって思います。確かに森原を追い詰めるだけではシーズン2としては面白くないかもしれないけれど倉木が捕まってロボトミー手術を受ける事になったり新谷和彦が偽物で本物は意外な人物だったとか見所はあると思うんですけどね〜

それにしてもきこりさんも突っ込んでますが池沢の色んな事が(?_?)ですよね。公安省って森原が自分の意のままに警察を動かしたくて室井と一緒になってやってたんであって池沢は公安省作って何をやりたいのかイマイチわかりません(・_・;)
汐里の存在も絶対必要かというとそうじゃないような..それともまだ何か隠してるんですかねぇ..

最終回ちょっと怖いです(^_^;)
4. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年07月15日 22:15
>倉木が捕まってロボトミー手術を受ける事になったり新谷和彦が偽物で本物は意外な人物だったとか見所はあると思うんですけどね〜
え〜〜?!w( ̄Д ̄;)w すごいじゃないですか〜
でもロボトミー手術されちゃったら、倉木終わりじゃないですか〜
てか、ロボトミーって、この現代でも行われているのね・・
そして新谷が偽物って、いったい・・そっちの方がおもしろそうですよね。
池沢って原作でも出てくるのでしょうか?
なんか池沢投入で余計変になっちゃったような気がするんですが・・
>池沢は公安省作って何をやりたいのかイマイチわかりません(・_・;)
ホントですよ。そんな思い付きで室井のプラン乗っ取ってどうすんの?って感じですよね〜
>汐里の存在も絶対必要かというとそうじゃないような
汐里って、原作には出て来てるんでしたっけ?
はっきり言って、いなくていいですよね〜新谷なら汐里がいなくても情報集められると思うし〜
「ダブル・フェイス」にも出ていたから呼ばれたのかしら〜?
最終回、いろんな意味で楽しみですよね・・・(;~▼~;)
5. Posted by う〜みん   2014年07月15日 23:17
ロボトミー手術と新谷和彦の偽物の話はもうドラマでは出て来ないからばらしちゃっていいですかね〜(^_^;)来週までとっときますか?

池沢と汐里はドラマのオリジナルキャラだと思います。ストーリーもキャラも原作には無い物ばかりで主要キャラだけ原作通りって感じみたいです(・_・;)
6. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年07月16日 18:06
>もうドラマでは出て来ないからばらしちゃっていいですかね〜(^_^;)
いや〜教えてください!(笑
もうそういう展開になることはさすがにないと思われ・・・
>池沢と汐里はドラマのオリジナルキャラだと思います。
そうなのか〜汐里はいてもいなくてもいいけど、池沢は入れなかった方が良かったと思うワ〜
変に混乱させただけだったと思います〜
何も「豪華キャスト」を謳っているからって人数増やさなくてもいいと思うんですが〜
7. Posted by う〜みん   2014年07月16日 21:45
原作「百舌の叫ぶ夜」はラストが室井の娘が入院中の病院で「幻の翼」はこの病院がメインの舞台です。

倉木は森原の手の者によって病院に監禁され明星が救出に行くものの失敗、ロボトミー手術を受けさせられる事に..それを阻止したのが和彦(本物の)です。
北のスパイが「新谷和彦」を名乗っているんですが本物は姿形を変えて病院にいたんです。
倉木は実は森原を追い詰めるための作戦でわざと逃げずにいて全ては津城の策だったという事です。

ざっとまとめてみました(*^_^*)この際もう先週からお話ししてるラストについても話しちゃいましょうか(^_^;)
8. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年07月18日 00:11
こんばんわ〜最近夜更しの癖がついてしまって朝起きるのが辛いです(笑
>「幻の翼」はこの病院がメインの舞台です。
そもそもの舞台が違うじゃないですか〜
病院借り切るのが無理だったんでしょうかね〜
>北のスパイが「新谷和彦」を名乗っているんですが本物は姿形を変えて病院にいたんです。
これなら納得ですよ。ここは設定変えなくて良かったと思うけど。
北のスパイなら「新谷和彦」を名乗るのもわかるし。
いきなり本物がスパイになっているってのはやはり無理がありますよね〜
>先週からお話ししてるラストについても話しちゃいましょうか(^_^;)
いや、万が一かぶってきたらアレなんで、最終回が終わった時のお楽しみにとっておきます。
どう違っているのか聞くのが楽しみですよ〜((´艸`*))
9. Posted by う〜みん   2014年07月18日 10:38
私も段々寝るのが遅くなってて最近は2時、3時が当たり前たまに12時くらいに寝るのを早寝と勘違いするずれ方ですおかげで元々苦手な早起きが更に苦手になり子供達が学校に行ってないのをいいことに起きるのが9時過ぎになってしまう日が増えてホントよくないですよね

病室や手術室なんてセットでどうとでもできそうだからロケ地の問題ではないと思うんですが何でここまで原作から離れた話にしちゃったんですかね〜(・_・;)

和彦は北朝鮮の船に拾われてそのまま北朝鮮でスパイになる訓練を受けさせられたものの宏美が室井を殺して自身も殺された事件を知り脱走して日本に戻ったらしいです。
病院では森原が裏で身寄りがない日本人を北朝鮮に売り飛ばしてたりするのでこの辺りも時期的にちょっとまずかったのかも..
でもドラマでは和彦を拾ったのは北朝鮮じゃなくグルジブになってるからここもグルジブに変えちゃえばいい話ですよね。
う〜ん、よくわかりませんね(・_・;)

ラストというのは事件の結末という事ではなく事件が終わった後の登場人物日常に関する話です。
あと2日で最終回..書きたいけど我慢します(^_^;)
10. Posted by ヨーコ   2014年07月19日 06:29
う〜みんさんのコメントを読むと、原作はかなり面白いのに何と言う残念な仕上がり!と悲しい気持ちになりますなぁ。
こ〜なったら最後まで博巳を楽しみに見るしかない訳よね。
今回の悲鳴の様な「チャオ」は大「丈夫か?落ちたのか?」と思わせるものがありました(笑。
予告ではヘリコプターの中で大笑いしていたけど、どんな見せ場があるのかしら〜♪
しかしこのドラマ、出ている役者さんが皆、演技が下手に見えちゃってるけど大丈夫かしら?
出演した事がプラスになっている人はいなさそうなんだよなぁ〜。
11. Posted by きこり→う〜みんさん   2014年07月19日 06:46
おはようございます〜♪ う〜みんさん、2時3時とはかなりですな〜
でも、私も一昨日は寝たの2時近くでした。
まぁ、ブログの記事を上げるのに以前よりも時間がかっているってのもあるんですが
時間の使い方が昔よりもヘタになっているんですかね?(これも老化の一種か??)
ひとつひとつの行動に移るのがスローモーになっているのかも(;´д`)
朝、前は5過ぎには起きられていたんですが、どんどんズレていって、6時近くになってきていますよーー
>何でここまで原作から離れた話にしちゃったんですかね〜(・_・;)
北朝鮮をグルジブに変えたことで、ここも、ここも変えよっ!ってなったんでしょうか。
変に盛り込みすぎですよね。ロシアも北朝鮮と同じく日本とは近いけど、崖から落ちて
拾われるかねぇ?北朝鮮ならしょっちゅう日本に来ているみたいだからしっくりきますが。
>病院では森原が裏で身寄りがない日本人を北朝鮮に売り飛ばしてたりするので
確かにそりゃドラマにできないかも・・って思いますが政治的な裏のパイプってことについては説得力ありますよね。そもそもグルジブと日本との関係について具体的なイメージがないから
え、そうなの?としか言いようがないけど(だからグルジブにしたのかもしれませんが)・・・
>事件が終わった後の登場人物日常に関する話です。
みんな生きてるんでしょうか?原作があるならメインの登場人物たちは死なないか(笑
ううーー知りたいけど、やっぱりとっておきます(-∀-`;)


12. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年07月19日 11:59
>原作はかなり面白いのに何と言う残念な仕上がり!と悲しい気持ちになりますなぁ。
ホントだよ〜!すごくおもしろいし変えなくて全然いいじゃん!って思うけど、北朝鮮だからね〜
どう考えてもマズイよね。時期的にも。
でも、国を替えただけでこんなに混沌としちゃうかねぇ?
そもそもダルマもいらなかったよね。今じゃ放置状態だしさ〜
余計な設定足さなくて良かったんだよーー
>こ〜なったら最後まで博巳を楽しみに見るしかない訳よね。
そうなるよね(笑
私なんて博巳登場場面と倉木のコート姿だけが楽しみだよ。
ここまで博巳がやってくれるとは・・嬉しい誤算だったわ〜
>大丈夫か?落ちたのか?」と思わせるものがありました
そそ!あ〜〜れ〜〜!って感じだったもんね(笑
すべった?とか思ったよ。
>出演した事がプラスになっている人はいなさそうなんだよなぁ〜
香川さんですら大やけどだよ( ̄∇ ̄;)
池松君は見せ場いっぱいあったから良かったけど、ニシジも危ないかも〜
13. Posted by 鬼子母神   2014年07月25日 01:33
3 はじめまして。
このドラマが好きなのでこちらに辿り着きました。
せっかくいいブログなんですが、残念なところが一箇所。
バーで流れていた曲はショパンの「別れの曲」ではありません。
シューマンの「子供の情景〜第7曲『トロイメライ』」です。
トロイメライは超有名な曲なので、間違えられたのは残念でした。
14. Posted by きこり→鬼子母神さん   2014年07月25日 06:11
コメントありがとうございます。
ご指摘ありがとうございました。
思い込みで書いていましたね〜お恥ずかしい(;´▽`A``
記事に追記を入れて訂正いたします。
教えて頂いてありがとうございました。
15. Posted by くう   2014年11月07日 21:16
>北海道かと思っていたけど、翌朝、大杉は新谷が東の部下を殺した現場にいたし〜
北海道に居た倉木があっちゅー間に東京に帰ってきていたのかちら・・

あーー…場所が何処かも考えなかったよ…。
そういえばそうだよね。
このドラマもどこでもドア持ちなのかしらね…( ̄∇ ̄;)

>って、この廃ビルみたいなとこでの会話の間中、和彦が急に消えたり、頭上に現れたり、後ろにいたりして神出鬼没で妖怪のようだったぞ。なんなん?( ̄▽ ̄;)

鳩の妖怪だよ( ̄∇ ̄;)
あんなに羽が舞ってるなんて、もう妖怪の仕業だとしか思えないおっっ。


↑のう〜みんさんのコメントを読んで初めて知ったわ。
グルジブはロシアではなくて北のお国だったのね…。
もーー堂々と国名言っちゃえよ。
ロシアロシアって実名バッチリ出してるんだから〜^^;


昨日も東のチャオーーーーが最高だったわーーーー!
来週で東に会えなくなったら、あたしゃ何を楽しみに木曜の夜を過ごせばいいんだか…(;_:)
16. Posted by きこり→くうさん   2014年11月08日 17:05
>このドラマもどこでもドア持ちなのかしらね…( ̄∇ ̄;)
そのようですわ〜だって宗牙岬駅って稚内的なところでしょ〜?
そっから千歳までだって車でかなりのアレなのに〜とか考えちゃったわよ。
でも、そんなこまかいこと言ってたら、このドラマ楽しめないよね。
>鳩の妖怪だよ( ̄∇ ̄;)
やっぱりそうか・・・(-_-;ウーンあんなに大量に羽飛ばして大丈夫なのか?
>グルジブはロシアではなくて北のお国だったのね…。
もーー堂々と国名言っちゃえよ。
そうなのよ〜放送当時はまぁ、微妙な時期だし〜って思ったけど
常に微妙な時期だから、もう言っちゃっていいじゃん!って思うよね〜
それに落下した和彦が海に落ちて拾われるにしても北の方が説得力あるよね。
>昨日も東のチャオーーーーが最高だったわーーーー!
でしょ!でしょ!
私なんて東見たさに(ニシジもだけど〜)「ドクターX」録画にしてTVの前にいるのよ〜
来週は・・・・いやいやいや・・口チャーーック!(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「リバースエッジ 大川端探偵社」 第12話(最終話) 依頼者は所長ファインディング・ミー太