「変身」 第2話 予兆「ST 赤と白の捜査ファイル」 第4話 謎の集団自殺に隠された欲望の罠・哀しい男と女の悲劇を天才赤城左門が解く!

2014年08月05日

2014年7月に見た映画

7月は3本だけ。
でも、徐々に映画みたい欲が戻って来ています。

7月9日(水) 「マリーゴールドホテルで会いましょう」 
2012年 英 / 米 / アラブ首長国連邦 監ジョン・マッデン

いい映画でした。こんな映画が見たかった。
「人生」は最後まで人生なんだね。余生なんてない。
その気になれば人生はいつでも色鮮やかに蘇る。

歴史あるゴージャスなホテルで暮らそうとイギリスからインドのジャイプールにやってきた7人の男女が主人公。

夫を亡くし、夫が作った借金を返すために家を売ったイヴリン(ジュディ・デンチ)、

退職金で老後に住む家を買うつもりだったのに、娘の立ち上げた事業に出資したため大金を失ったダグラス(ビル・ナイ)とジーン(ペネロープ・ウィルトン)の夫婦。

人工股関節置換手術受けに来たミュリエル(マギー・スミス)。人種差別主義者でインドになんて来たくなかったがイギリスだと手術は半年後と言われしかたなく来印。
メイドとして人生を捧げて来た邸から高齢のためお払い箱になり迷走中。

高等法院の判事・グレアム(トム・ウィルキンソン)。
18歳まで父親の仕事の都合でインドに住んでおり、その時の恋人(ゲイであるため男性)に会うために仕事を辞めてやって来た。

恋多き人生を送ってきたマッジ(セリア・イムリー)。孫の世話に明け暮れる日々に嫌気がさして大金持ちの恋人を探しに来た。

ロマンスを求め続ける老人・ノーマン(ロナルド・ピックアップ)。

まぁ、熟年というか老年に入りかけておりますワ。
それぞれ、何かを背負っており、それでもひと時楽しもうと思ってはるばるインドを訪れた。
ところが着いてみたらHPとは大違い。寂れて埃だらけで客もいない。
経営者は頼りなげなお兄ちゃん・・
みなさん、着いたその日から失望を味わう訳だけど、それぞれ目的がありますんでね、気持ちを切り替え行動開始。コレは酸いも甘いも味わってきたこの世代だからかしらね。人生に残された時間が少ない事もわかっている。

ジーンだけがいつまでも文句を言って、全く外に出ようとしない。
インドもインドの人達も毛嫌いしているミュリエルも頑なな態度を崩さない。
元々の性格もあるんだろうけど、年取ると変化が怖くなるんだよね。で、拒絶してしまったりする。

そして、父親が作ったホテルを受け継いだ青年・ソニー(デーヴ・パテール)も焦りを感じている。
やる気と夢と希望だけは持っているが、ホテル経営のノウハウもわからないし資金もない。
母親に認めてもらうためにも結果を見せたいところだけど、まだ大人になりきれていないソニーは悶々とするばかり。

そんな8人が出会いを経て、関わり合いながら勇気を得て、互いに背中を押し合い、新しい明日を見つけていく。
諦めちゃだめなんだよな・・・その気になれば、扉はいつだって開くことができる。
ラストにイブリンがブログに綴った言葉が心に残った。

『リスクを嫌って冒険を避ける者は何もせず、何も得ない。
未来は現在と違う。分かるのはそれだけ。
人が恐れるのは現在そのままの未来。
だから変化を尊ぶのよ。
誰かが言っていたわ。”何事も最後は大団円”
不満がある時は覚えておいて。まだ途上なのよ』

「途上」って、素敵な言葉だよね

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]




7月24日(木) 「母なる復讐」 2012年 韓国 監キム・ヨンハン

 このタイトルはあきらかに「母なる証明」を意識したと思われ・・・・( ̄▽ ̄;)
でも、内容は衝撃的ではあるけれどいまいちだったかな〜
原題は「DON'T CRY MOMMY」。
死を決意した娘が母親の誕生日ケーキに描いたメッセージです。

 これは韓国で実際に起きた事件をベースにしているらしい。
離婚し、心機一転、娘のウナ(ナム・ボラ)との生活をスタートさせたユリム(ユソン)だったが、ウナが転入先で知り合った男子生徒3人に強姦されてしまう。
加害者の少年たちも、その親たちも反省の色なし。
裁判を起こすも、最初にメールを送ったのがウナだったことと、体内の精液が一人のものしか確認できなかったことから、二人は無罪、もう一人は保護観察処分のみという結果に。

 その後、強姦の動画をネットに上げると脅されたウナは動画を手に入れようと少年たちの元へ行き、
また少年たちに強姦され、絶望し自殺してしまう。ウナの死後、携帯を見て動画の存在を知ったユリムは娘のために動画の削除と少年たちへの復讐を開始する。

 ウナが強姦されそうになった時、ユリムに「助けて」と緊急メールを送っていたんだけど、たまたま飲み会に行っていて気づかなかったんだよね。
この場面をあえていれたということは、実際にその件で母親が責められたケースがあったのかもしれない。
映画でも警察で事情聴取の際、その話が出たし。
娘がそんな目に遭ったら、どんな場面にいようと親は自分を責めると思う。
ユリムも、この偶然をどれほど後悔して自分を責めたことか・・

 でも、母親としてのユリムにちょっと疑問を抱く場面もあった。
事件後、少年たちが罪に問われることなく解放され、何重にもショックを受けたウナが引きこもってしまうんだけど、そんなに時間が経っていないようなのに、学校や習いものに行くよう勧めるんだよね。
これはかなり違和感があった。そんなにすぐに立ち直れる訳ないじゃん・・外に出るのだって怖いと思うワ。

 少年たちに動画のことで脅されても母親に相談できなかったのは、判断力を失っていたせいやお母さんに心配をかけたくないって思いもあっただろうけど、このことがちょっとひっかかっていてお母さんを頼っちゃいけないっいって思ったんじゃと感じられる脚本だったな〜

 そして『復讐もの』としてもイマイチだわ〜
韓国の復讐ものといえば綿密な下調べと計画性、執拗な追いつめと肉をも断ち切るほどの制裁と思っていたんだが、ユリムの場合は行きあたりばったりなんだよ〜
少年たちに、いきなり「アンタがやったのね?!動画を返しなさい!」って詰め寄るしさ〜
そんなもん、すぐにボコボコにされるに決まってるよ。
その後も、主犯の少年が他の二人に脅されたと言ったらすぐに信じて見逃すし、他の少年の部屋に忍び込むもすぐにバレて殺されそうになり、偶然台所に追い詰められ仕留めることができたという・・・
ちゃんと準備してから確実に殺しなさいよ!ってちょっとイライラしたぞ。

 まぁ、現実はそんなにうまく行く訳ないから、その方がリアルではあったけれど、こんなクズ野郎達がいつまでものさばっているかと思うと、ホント収まりがつかないったらないよ。
二人目はその気で車で轢いていたけど、終わった後怯えていたから、それもマイナスポイント。
いや、実際娘のためとはいえ殺人に手を染めるんだからアレなんだけどさ、もっと冷酷になっていいと思ったぞ。

 最終的に学校に乗り込んで主犯の少年を殺そうとするも、刑事に撃たれ果たせずという・・・
実際の事件はどうだったのかわからないけど、せめて映画でだけでも殺させてあげなよ!ってもやもや〜

 ラストに韓国で起きた少年たちによるレイプ事件とその罪の軽さの実例が報告されていたけど悪魔が少年法に守られているのはどこも同じか・・という無念さと怒りしか残らなかったわ〜

母なる復讐 女子高生強姦事件 [DVD]


7月27日(日) 「ある会社員」 2012年 韓国 監イム・サンユン

ソ・ジソブ様目あてで見ました。韓国映画が続いておりますが、こちらはおもしろかった。
オープニングから引き込まれました。
ヒョンド部長(ソ・ジソブ)と新人のフン(キム・ドンジュン)が車の中で話している。
給料を上げて欲しいとか、昔は歌手になりたかったとか・・どこにでもいる上司と部下のたわいもない会話。

 んが、すぐにこの二人が普通ではないことがわかる。
少年は宅配便の配達員を装い警察に入ると、刑事たちに警護されている証人らしき男を射殺、回りの刑事たちも鮮やかに片付ける。仕事を終えた少年を今度は部長が殺す。任務完了。

 社に戻ったヒョンドは部長室の奥の隠し部屋へ行き仕事の報告。
にゃんとこの会社は表向きは金属貿易会社を装っているが、実は殺しを請け負う会社でヒョンドはこの道10年のプロだった。
でもこの会社、社長とか係長もいるし、和気あいあいとした昇給祝いの飲み会もあるし、現場を知らないのにいちゃもんつけてくるコネ入社の上司とかもいたりして、殺しを請け負っていなかったら、ホント普通の会社なのよね。おもしろい設定で見ていてちょっと笑っちゃった。

 どういう事情でヒョンドがここに勤めることになったのかはわからないけど、会社員としてずっとやっていけると思っていた。が、殺すはずだったフンを助けた時からヒョンドの中で何かが変わっていった。
そしてフンの母親ミヨン(イ・ミヨン)との出会いで初めて愛を知り、違う人生を夢見はじめる。

 ミヨンはかつて歌手として活動しており、若い頃のヒョンドはファンだったんだよね。
会社の指令に背きフンを助けたのは若かった頃の自分を思いだしたから、そしてミヨンと会って未来を夢見ていた自分に戻りたいと思った。

 いや〜ソ・ジソブ様ファンにはもってこいの映画ですよ。殺し屋だからアクションシーンもいつも以上にキレキレ(戦う相手も殺し屋だから見ごたえあるのよ〜)でかっちょいいし、ミヨンへの控えめながら恋心がじんわり伝わってくる優しい表情も、これがソ・ジソブだよって感じでしゅてき。
ソ・ジソプって長身ですっきりとした肉体の表現力がすばらしいけど、どこかその身体を持て余しているような風情がいいのよね〜強靭な肉体と基本切なげで繊細の表情、ハードとソフトのバランスが絶妙だと思う。
こういうのは王道だけど、たまには情けないダメ男のソ・ジソブ様も見てみたいわね〜

ある会社員 [DVD]



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:54│Comments(3)TrackBack(2)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ある会社員  [ 象のロケット ]   2014年08月13日 10:04
韓国・ソウル。 ある金属貿易会社の営業二部は契約殺人専門の部署だった。 勤続10年になる部長のヒョンドは新人のバイト少年フンを始末するよう業務命令を受けていたが、フンは全財産を家族に渡してくれとヒョンドに託す。 フンの実家を訪れたヒョンドは、フンの母親が、
2. マリーゴールド・ホテルで会いましょう  [ 象のロケット ]   2014年08月13日 22:50
40年連れ添った夫を亡くしたイギリス人女性イヴリンは、インドの高級リゾートホテルでの一人暮らしを決意する。 他にも6人の男女がこのプランに申し込んでいた。 ところがパンフレットの写真は、お調子者の青年支配人ソニーに言わせれば“将来像”で、実際は電話もシャワー

この記事へのコメント

1. Posted by ヨーコ   2014年08月06日 06:28
「マリーゴールドホテル」良かったでしょ〜!
私もあぁいう映画を沢山見たいんだよね。
頭と心がスッキリすると言うか、全てが腑に落ちると言うか。
イヴリンが素敵だったよね〜。
あんな素敵な人になれたら・・今からじゃ無理だから(笑・・生まれ変わったらなりたいものだわ〜。
2. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年08月06日 16:58
おもしろかったよ〜いい映画だね。
>頭と心がスッキリすると言うか、全てが腑に落ちると言うか。
わかるわかる。映画の登場人物たちも自分で納得して腑に落ちたから行動したんだよね。
ああいうふうに生きることが自然というか・・
>イヴリンが素敵だったよね〜
素敵な女性だったよね。心が柔らかいと言うか、おせっかいを焼くことは全くないんだけど
優しさと思いやりがじんわりと伝わってくる。
>今からじゃ無理だから
いやいや無理じゃないよお〜(笑
いまからだからこそなれるのさ〜( ̄▽ ̄) ニヤ
3. Posted by 映画ログ   2014年08月07日 12:37
はじめまして。
私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
と思い、コメントさせていただきました。

トップページ
http://www.eiga-log.com/

こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.eiga-log.com/rc/

また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
よろしければぜひ遊びにきてください。

お待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「変身」 第2話 予兆「ST 赤と白の捜査ファイル」 第4話 謎の集団自殺に隠された欲望の罠・哀しい男と女の悲劇を天才赤城左門が解く!