「続・最後から二番目の恋」 第5話 全く大人って生き物は・・・「ロング・グッドバイ」 最終回 早過ぎる

2014年05月17日

「リバースエッジ 大川端探偵社」 第5話 怖い顔グランプリ

 さて、大川端探偵社の午後・・・
所長(石橋蓮司)は何かの模型作り、メグミちゃん(小泉麻耶)はお化粧直し、村木(オダギリジョー)はいつものようにソファで午睡、それぞれ自由気ままに過ごしております。

 で、楽しいことを思いついちゃったメグミちゃん。
何やら村木のところへ行ってごそごそ・・・・
プラモ作りに集中している所長に村木を起こすよう頼みましたぞ。

「おいっ!村木っ!」
「うっ・・・・あ、はい・・・・はい」村木
「なんだそりゃ!アハハ!アハハ!」所長
「超ウケる!アハハ!」メグミ

 うさミミ村木がふらふらと起きてきましたョ〜かわゆし・・・(* ̄m ̄)プッ
メグミちゃん、今晩はバニーガールパブでバイトなんだと。
村木で遊んだあとは、所長もね。

「ウフフ、かわいい!こういう妖怪いそう、アハハ!」メグミ
「妖怪かよ」所長
ミミだけでなくしっぽまで付けてお尻ふりふりしてくれる所長のキュートなこと。
意外とね、コワモテさんの方が似合ったりするのよ。

 そんなふうにはしゃぐメグミの背後に不穏な影が・・・
振り返ったメグミが思わず叫んだぞ。
「キャーーーー!!」

 ちょっとねぇ・・・雰囲気が不気味というか・・・
中東系の顔だよねぇ・・・ ニュースとかでよく見る感じの・・・(Θ_Θ;)
どんな依頼なのかしら〜? 

BRIGHT TIMEリバースエッジ 大川端探偵社 1リバースエッジ 大川端探偵社 2


「何かご用ですか?」所長
「あ・・・探偵社って看板を見て」男
「ちょっとあの・・・宴会芸の準備をしてまして」村木
「で、えぇ・・・・ご用件は?」所長
「ズバリ聞きますが、私のこと どう思いますか?」男   ホントにズバリだな・・・・
「どう思うとは?」所長   迂闊に答えて怒らせたらアレだからね、確認しながら・・・
「私の第一印象!」男
「第一印象ですか?・・・・と言われましても」所長
「怖い顔でしょ?」男
「・・・・・・・・」所長・村木    どうしたもんだか・・・( ̄□ ̄;)
「怖いでしょ!?」
「いや、でも・・・あなたがカタギの方だというのはわかりますよ。
ルックスで人を脅かしたり威嚇するようなヤクザな人種ではないと」所長 
所長、グッドフォロー!(d∀)

「失礼ですが、ご職業は?」所長
「実は私手作りパン屋をやっております」
「パン屋!?」 村木
「妻と5人の娘もいます」
「5人も!?」村木
「続けてください」所長

「子供の頃から、この顔には苦労してきました。
幼稚園では「悪魔の子」と言われ、小学校のあだ名は「鬼瓦」。 
まぁ、定番だわねぇ・・( ̄▽ ̄;)
中学では不良でもないのに番長にされてしまい、
高校になる頃には暴走族やヤクザの幹部が学校までスカウトしに来ました。
大人になってからは毎日のように警官に職務質問をされ
や カバンの中身を見せろだの、パスポートを見せろだの。
若い巡査にいきなり拳銃を突きつけられたこともあります」男

 も〜村木!『笑ってはいけない』の松ちゃんみたいになってっぞ!
笑い噛み殺すのに必死やん・・・


「最近ではデジカメの画像認識機能ですか?
あれも全然私の顔を認識してくれないのです!!
それでも真面目に生きてきて大好きだったパン作りを商売にして
味も自信はあるのですが、今ひとつお客さんが入らなくて・・・」男
「う〜ん・・・どうしてでしょうな?」所長  ホントはわかってるけど・・・
「つい最近、店の前でお客の若いママさんたちが・・・」男

 にゃんと店の真ん前で「テロリストのパン屋」呼ばわり・・・ヾ(~∇~;) コレコレ
「ハハッ!それはうまい・・・」村木
「(すぐに村木を制止)シャレになりませんな」所長
「いくら私の顔が濃いからってテロリストって!
テロリストにも失礼ですよ」男
「まぁ・・・あの・・うん。ただの冗談だと思いますけどね。
最近の女性はなんでもお笑いにしたがりますし」村木
「もちろん、それほど悪意があるわけではないことはわかっています。
ただ・・・・妻や娘たちのことを思うと胸が痛んで。
私がこんな顔でさえなかったら!
「で、私どもに何を?」所長

 男の依頼は怖い顔自慢の出場者が集いその怖さを競い合うという『怖い顔グランプリ』の詳細を調べて欲しいというもの。
男はこの怖い顔を有効に生かせる商売に転職したほうがいいのでは〜とまで思い詰めていたのさ〜。

 わたしゃ、逆に自分より怖い顔の人を見て、自分はそれほどでもないんだな〜って安心したくて応募するのかと思ったよ。
だって、そんなに怖いって思わなかったも〜
それにヒゲ剃るだけで大分印象違うと思うけど?
ヒゲはアイデンティティだからマストなのかい?
私が怖いのはやっぱり爆発キチガイ系の「仁義なき戦い」の志賀勝とか〜
冷血爬虫類タイプの「その男、凶暴につき」の白竜兄さんかねぇ・・・


 お客様が帰りまして・・・

「確かに すげぇ顔だったな」所長
「エピソードもなかなかでしたね。
でも、あの顔ならば納得できる話ばかりでした」村木  
「メグミちゃんは?」所長
「う〜ん・・・よくわかんないです。
でもぶっちゃけ、あの顔でパン屋さんやってたらぁ、買いに行けないですよね
「やっぱ顔か、男は」所長
「う〜ん・・・私はどちらかというと面食いなタイプじゃないんですけどぉ、
でも、やっぱり第一印象って大事ですよね。人は見た目が9割とか言うし」
「でもまぁ、俺たちもえらそうに言えねぇけどな。第一印象は」所長
そうですねぇ〜一般社会に溶け込んでるとはいえませんね」村木

「え〜私もですかぁ?」メグミ
「少なくとも良家のお嬢様には見えねぇだろうが」所長
「ひどい!確かにビッチにしか見えないかもだけどぉ〜ギャップ萌えってあるじゃん。
例えばこんなビッチな感じに見えてぇ、つき合ってみたら意外と料理がうまいとか。
家事が得意とか、下着は白しか着ないとか?」メグミ
「その最後の白ってのは、よくわからねぇが、まぁ、わかるような気がするわな」所長
「最初、あの人見たときはぶっちゃけメッチャびびったんだけど、
でも話聞いてくうちになんかちょっと・・・キュンときちゃったんですよね」メグミ
「ほお」

 そうだよね〜第一印象が怖いのなら、それを逆手に取って思いっきり笑顔で接客するとかさ〜
普通の顔の人の何十倍も印象に残るし、有難味があるかもよ〜
商店街の「コワカワ」キャラとして人気出たりして〜


「で、どうします?その・・・「怖い顔グランプリ」調べますか?」村木
「う〜ん・・・でもそんなものに出たからって変わるか?」所長
「わかりませんが」村木
「でもまぁ・・・人にはその生まれながらのビジュアルに適した人生ってものがあるのかもしれねぇな」所長
「珍しいですね。所長が珍しく普通のことを」村木
「オメエはな、どちらかっていうと色男だからわからねぇんだよ」所長
「いや、そんなことは・・・」村木
「そうだよ!村木さん、イケメンだから。
「そうだよなぁ〜私だって、すっぴんはドイヒーだもんな」メグミ

 オダジョーってイケメンなの?
わたしゃ、好きだけどイケメンって思ったことないな〜(・谷・)
ファンの方にはアレだけど、依頼人とどっこいどっこいかもって思ったぞ。


 メグミちゃんはビジュアルにコンプレックスがあるようで、
バイト先のバニーガールパブでも他のバニーちゃんと過ごしているお客さんたちの表情を確認していましたね〜
私はあんなふうにお客さんを笑顔にさせてあげられてるかしら・・・
いやいやいや、元気いっぱい弾ける若さ、天真爛漫な明るい雰囲気、
とってもかわいい女の子だと思いますョ〜
手足だって長くてきれい。何より表情がいいわさ〜自信もって、メグミちゃん。


 で、ちょい切なモードで家路に向かっていたら・・・
目の前に「テロリストのパン屋さん」が!
まだ夜明け前なのに一生懸命パンを作っております。
その頑張っている姿にキュン!
何とかしてあげなきゃ!メグミちゃんの男気が動いたぞ。

 お店のパンを大量購入し、所長たちに食べさせました。
普段、パンを食べない所長にも好評ョ。

「探してあげましょうよ、『怖い顔グランプリ』
そんなの本当にあるのかどうかわからないけど見つけてあげたい」メグミ
すぐに所長と村木も動き始めました。

 そして・・・ついに『怖い顔グランプリ』の情報をキャッチしました。
依頼人にお伝えできますョ〜

「『怖い顔グランプリ』、
某警備会社が秘密裏に主催する社員のスカウトを目的とするイベント。
アンダーグラウンドで行われる理由は出場者たちの過去のプロフィールを表沙汰にできないことによる。
過去の出場者は前科者・破門になったヤクザ・引退したプロレスラー・ジャンル分け不可能のアウトロー。
彼らの顔は一人で数人分の警備効果があるらしい。以上です。
次回の『怖い顔グランプリ』は、来週土曜深夜。
浅草のストリップ劇場で行われます。
エントリーの締め切りは今日まで」村木

 もちろん、男は申し込みましたさ。
で、決戦の日は来ました。

レディース&ジェントルマン、サンキューベリーマッチ!フォー ウェイティング!
これより『怖い顔グランプリ 2014』を開催いたします。
なお、今大会は出場者のプライバシー保護のため名前・プロフィールなどは伏せさせていただきます。
会場の皆様は、その顔の怖さだけを楽しんでいただければと思います。
それではまいりましょう!
全国からやってきた怖い顔自慢の男たちをご堪能ください!」司会

 ((o(∇*)oドキドキo(∇)oワクワクo(*∇)o)) 
さぁ、どんなコワモテぶりを見せてくれるのぉ〜?


 いや〜いろんな種類の怖い顔が・・・
一番は・・・雷親父系。むしろ優しい顔じゃ・・
「おじいちゃん、お口くちゃ〜い!」とか言われても笑っていそうな感じだぞ。

2番はプロレスヒール系。作りこんだ感じで迫力はあるけど、そんなんでも・・・
お次は電脳系クールコワ系、これもねぇ・・・
ギリヤーク尼ヶ崎系?暗黒舞踏系?こういう方が怖いかも。
洋画に出てくる相撲レスラー系、コレは・・・笑わそうとしてるんじゃ・・
コマンドー系だけどビジュアルがバイきんぐの小峠みたいだから怖くなーい。
ブラック魔王コスプレ系・・・ハロウィンみたい。
愚連隊系。バットが怖い。
ハードゲイ?武藤?良くわからん・・・

 やっぱりシンプル・イズ・ベストよねぇ〜
「テロリストのパン屋」さんがぶっちぎりで優勝!
優勝を祝して、バニー・メグミさんから熱いキッスとプレゼントが!

 突然チューされて、コワイ顔が崩れちゃった。
「えっ?」男
「ダメよ、怖い顔してなくちゃ」メグミ
「はい・・・」
「イエ〜イ!」

 男の手を取り、一緒に万歳をするメグミちゃんはとっても素敵だった。
照れていた男の顔も輝いていました。

 楽しかったわね〜!
でも所長たちは男がパン屋さんをやめちゃうのか心配しております。

「大丈夫ですよ。
あの顔を一番怖がってたのは、あの人自身だったんです。
男はね、ブサイクだろうがなんだろうが、
開き直って自分の顔を受け入れれば誰でもチャーミングになれるんです」メグミ
「うん、そんなもんかね」所長
「あと、キスともう1個プレゼントしておいたので。フフ・・・

 メグミが贈ったのは「しょくぱんまん」のかぶりもの。
これをかぶれば照れも消えて自然と笑顔が浮かびます。
あなたの怖くてかわいいところに気づいて!というメグミのいたずら心が感じられたわ〜
『怖い顔グランプリ 2014年 最優秀怖い顔賞』のお写真がドーン!と飾られた店内は、おいしいパンの香に包まれ、お客さんでいっぱい。
男は自分の顔が少しは好きになれたかな?

 今回もほんわかと楽しかった〜
人と関わる探偵のお仕事っておもしろいね。
依頼人のために動いて、その局面に立ち会うことで村木やメグミの中でも変化する部分があるんじゃないのかな。
人は知らず知らずのうちにお互いに影響を与え合っているのだなぁ・・・
それにしても所長の着物姿は粋でした。

 第1話 最後の晩餐
 第2話 セックスファンタジー
 第3話 ある結婚
 第4話 アイドル・桃ノ木マリン
 第6話 がんばれ弁当
 第7話 夏の雪女
 第8話 女番長
 第9話 命もらいます
 第10話 もらい乳 / 決闘代打ち
 第11話 トップランナー
 第12話(最終話) 依頼者は所長

br_banner_sumire


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【 リバースエッジ 大川端探偵社 】第5話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2014年05月17日 20:48
大丈夫ですよ。 あの顔を一番怖がってたのはあの人自身だったんです。 男はね、ブサイクだろうがなんだろうが開き直って自分の顔を受け入れれば 誰でもチャーミングになれるんです。 リバースエッジ 大川端探偵社 FILE.05 怖い顔グランプリ    大川端探
2. リバースエッジ 大川端探偵社 (第5話・5/16) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年05月17日 21:14
テレビ東京系『リバースエッジ 大川端探偵社』(公式) 第5話『FILE.05 怖い顔グランプリ』の感想。 なお、原作漫画(ひじかた憂峰氏原作、たなか亜希夫氏作画)は未読。 本日の依頼人は、尋常でなく「顔」が怖い男(龍坐)。村木(オダギリジョー)らが話を聞く

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2014年05月17日 22:43
>も〜村木!『笑ってはいけない』の松ちゃんみたいになってっぞ!
笑い噛み殺すのに必死やん・・・

村木の顔芸が失礼すぎて笑ったw
いやぁ…オダジョほんと自然に色んな顔を見せてくれるね〜( 〃▽〃)

今回はメグミちゃんナイスな働き。
いい子だなぁ、ほんとに。

>依頼人のために動いて、その局面に立ち会うことで村木やメグミの中でも変化する部分があるんじゃないのかな。

ねーー美味しいパンと真面目な男が心を動かしたね。
今回もええ話だった〜〜!
2. Posted by きこり→くうさん   2014年05月18日 23:04
>村木の顔芸が失礼すぎて笑ったw
ね〜男が結婚しているとか子供がいるとか、いちいち驚いてたしね(笑
必死で笑いをかみ殺している顔に笑えたわ〜
村木って意外と素直な男なんだね。
>今回はメグミちゃんナイスな働き。
いい子だなぁ、ほんとに。
突き抜けた明るさがいいよね〜!
さわやかなお色気だしさ〜
何か最近、オープニングでメグミちゃんが何やってるかが楽しみになっているよ。
いやぁ〜このドラマは毎回裏切らないよね。
次回もまた違った雰囲気で楽しみだわ〜♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「続・最後から二番目の恋」 第5話 全く大人って生き物は・・・「ロング・グッドバイ」 最終回 早過ぎる