2014年3月に見た映画プレミアムドラマ「珈琲屋の人々」 第1回 人生を変える一杯

2014年04月03日

「僕の音盤青春記 Part2 1976 - 1981」 絵と文・牧野良幸

 さて、part.1を読んだのは7年前なのですが〜
この前本棚の整理をしていて、ふとpart.1を手に取ってしまい、そういえばコレって『CDジャーナル』に連載続いてんだよな〜Part.2出てんのかしら?と思い立ち、調べてすぐにポチッとしてしまいました。
著者のHPはこちら

 いや〜おもしろかったし、続きが気になるよ。
このシト、東京へ行ってどうなったのかしら〜?
こうやって著作が出版されているんだから、なるようになったんだろうけど、いきなり東京へ出て大丈夫だったのかしら〜?
私の中ではもはや風の便りが嬉しいちょっと気になる親戚のお兄ちゃんぐらいな位置になっております。
早くPart.3出ないかなぁ〜〜o(∇)o

 今回は著者が大阪の大学に入学した時から卒業、そして実家に戻り美術教師になるためバイトをしながら勉強していたんだけど、方向転換のため東京へ出る決意をするまでが出会った音楽と共に綴られている。 
調べると、この方、私よりちょっとだけ年上。
だから、似たような時期に出会っている曲が結構あって親近感。
それと、うちは娘がずっと吹奏楽をやっていたので著者が大学から吹奏楽部に入ったのを読み、なぜか息子を応援するような気分に。

 特に気になったのが・・・
TVドラマの主題歌になった『俺たちの旅』・・・イントロを聴くだけであの三人がじゃれ合っている姿がまぶたに浮かぶ。

ピンクレディーの『UFO』・・・・踊れなかったけど焼きそばと共に曲は完全にインプットされた。多分、最後まで歌えるんじゃないか?

子門真人の『およげ!たいやきくん』・・・初めて東京へ行った時、この歌のポスターがあちこちにあって、何だコレ?と思った覚えが・・その後、あんなにヒットしたのに子門真人が5万しかもらっていないと知り哀しみと共に思いだすことに。

サザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』・・・今でも私のサザンのベスト5に入る曲

渡辺貞夫の『カリフォアルニア・シャワー』・・・CMで聴いて気にいり、すぐにアルバムのカセットテープを買ったっけ。ライブにも行きましたよん。

YMOの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』・・・ある時期エンドレスに聴いていたわ〜

寺尾聰の『リフレクションズ』・・・失礼ながら俳優としてよりも歌手として初めて知った。

 映画の話題も懐かしく読みました。コレ以外にもいろいろあるのよ。
映画『タクシードライバー』のトム・スコットのサックス・・・これは今でもipodに入れて聴いています。

『マイ・フェア・レディ』・・・姉がサントラのアルバムを買って聴いていたのが聞こえていた。だから映画よりもサントラの方が先だった。姉は『ジーザス・クライスト・スーパースター』のサントラもよく聞いており、キリストがムチ打たれる場面が印象に残っております。音だけだけど。

『サスペリア』・・・「ゾンゲリア」だの「ファンタズム」だの「悪魔のなんたら」とか「死霊のナントカ」とかいろいろあったよね〜ほとんど見ていないけど。「サスペリア」は新しいタイプのホラーに思えたな〜

『未知との遭遇』『スター・ウォーズ』・・・映画館で見た時のワクワクと感動は今も忘れない。この映画は事件だったよね。

『サタデー・ナイト・フィーバー』・・・トラボルタの黒パンに衝撃を受けた。サントラはFMラジオから録音したのを何度も聴いたよ。続編の『ステイン・アライブ』は見なきゃよかった的な・・・

『愛の嵐』・・・退廃的という言葉を知った大学生の頃、名画座で見ました。
よく意味もわからんかったけどヴィスコンティの映画も見に通ったな〜
そういう映画を見ている自分が好きだった頃。

僕の音盤青春記 Part2 1976~1981 著者:牧野良幸(CDジャーナルムック)僕の音盤青春記 1971-1976



 『俺たちの旅』・・・・見ていましたョ〜
何といっても中村雅俊は私が初めて夢中になった芸能人ですからのう・・・
『われら青春!』(今さらだけど、なんて直接的なタイトルなんだ・・・( ̄w ̄) 
でも2回転ぐらいして、やはりこれでいいのだ!と思える)で虜になり、
映画『思い出のかたすみに』(桜田淳子主演の『スプーン一杯の幸せ』と二本立て)も見に行っちゃったし、『俺たちの勲章』も毎週真剣に見ていたし〜
大河ドラマ『花神(高杉晋作役)』に出た時は誇らしいほどだった(この時は大村益次郎役の中村梅之助にもときめいていた。おっさん好きはすでに始まっていた)。
『俺たちの祭』『ゆうひが丘の総理大臣』あたりから、それほどでもなくなったかな〜

 それまでアイドルに夢中な同級生の気持ちが全くわからず、「芸能人で誰が好き?」的な質問をされても「うーーーーん・・・」とぼんやりするしかなかったのが「中村雅俊!」とはっきり答えられるようになったのが嬉しかった。
どこが良かったのか?と問われても幾年月を経た今となっては頭をひねるしかないのだが、バンカラでスケールのでかそうなところに惹かれたのかねぇ・・・

 サザンオールスターズが『勝手にシンドバッド』でデビューした頃、私も大学生でした。
何言ってんだかさっぱりわからないな〜と思いながらも、そのサンバな雰囲気のサウンドと桑田さんの芸人ふうなキャラに引寄せられました。
なんだ、これは?!新しいんじゃないか?!衝撃を受けました。

 でもーーーきっとこの人たちも歌謡界に何度も現れては消えて行った『一発屋』なんだろうな〜と思っていました。
( ̄▼ ̄;) 私の予想はいつも当たらないのです。
2枚目出してもアレなんだろうな〜という思惑ははずれ『気分しだいで責めないで』も、かなりいい感じだった。
『いとしのエリー』はそうでもなかった。昔からバラードっぽい曲が好きではないのです。
でも、4枚目のシングル『思い過ごしも恋のうち』で、自分はこの人たちのファンなんだと自覚(遅い)。
以後、アルバムのカセットテープを購入し繰り返し聴きました。
若い頃を思い出すと、サザンのいろんな曲とともに断片的に(記憶の消滅とねつ造が・・・)場面が蘇ります。
90年代になって、ちょっと飽きましたがやっぱりサザンは常に気になる存在です。

 さて、YMOの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』。
このアルバムのカセットテープも持っていました。
私は99%の音楽情報をドラマで知るという奴なのですが、YMOもそうでした。
あるドラマ(何か3回ぐらいで完結のオムニバスドラマみたいな〜。タイトル忘れた)のエンディングで『TECHNOPOLIS』が流れたのです。
女子高校生が新しい世界に飛び込む的なラストで流れたんだけど、曲の効果で主人公の世界がパッと広がったように見えたのを憶えています(ドラマの詳細は全く覚えてないのだが〜感動したのだけは思いだせる・・( ̄▽ ̄;)アハハ…)
何だ、この曲は?!聞いたことないけどすごくいい!かっこいいぞ!

 その後、海外で演奏するYMOの映像が紹介されるようになり、そのクールな姿にもシビれました。
そしてYMOを聴いている自分に酔いました。

 『ルビーの指輪』と共に登場した(いや、その前からずっと居たわけだが)寺尾聰には私も夢中になりました。
言うたらなんだけど、宇野重吉にそっくりのじゃがいもフェイスですよ。
でも曲が良かった。しかも自分で作ったって言うじゃないの。
歌が良けりゃ姿も良く見える。
最初は違和感を感じていたビジュアルも都会的で渋い大人に思え、淡々と歌う姿にうっとりするようになりました。

 もちろん『リフレクションズ』のカセットテープも購入。
アルバムって実は1曲か2曲しか好みのものがないから買ってもな〜という自分ですが、牧野さんも書かれているようにいい曲だらけだった。
『ザ・ベストテン』に何度出たかねぇ・・・また一位!また一位!また一位かよ?!って怒りすら感じる( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ)ヒットぶりだった。

 寺尾聰が独身(バツイチ)だと知り一縷の希望を抱いた私ですが、強い上昇気流に乗った寺尾聰は若い嫁もゲット。
しかもその相手はさっき書いた『TECHNOPOLIS』が流れたドラマで私が目を付けていた女優さんだった(勘違いしていたらごめん(-人-;) )
彼女は結婚を機に引退。二重のショックを受けました(大げさ)。
聰が幸せならそれでいいじゃないのと思えるほどの大人でもなかった私はハートブレイクと共に自分の中の寺尾聰ブームが終わったことを感じたのでした。

 この本は自分で扉を閉ざしていたジャンルの音楽へも気楽に誘ってくれる。
私の脳内には、アレも聴いてみよう、アレをまた聞いてみるかというリストができあがっております。
ピアノ(娘が使っていたんだけど、今は猫達の遊び場になっとる)にも触ってみようかな〜なんて・・・
音楽の力ってすごいもんだねぇ・・・

 Part.1の記事

もぐら

春ドラマ、ぼちぼち始まっとるね。
「TVガイド」買ってあるのに、まだチェックしていないよぉー
また他のブロガーさんを頼ろう・・・(´>ω∂`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ツバッキー   2014年04月04日 13:30
おもしろそうな本ですね!!!
見てるとこの方、私よりは上の世代なんですけど
やっぱ知ってる曲めちゃたくさんあるしー!
(読んでると、きこりさんもやっぱちょいセンパイだー)
大学のときサザンすか(^^ゞ 
けど、サザンでたころに、スタードッキリマル秘報告で
なんかひっかけられてて、それで名前知ったことを強烈に覚えてるんで、私も「一発屋的なもの」って思ったと思います。

およげたいやきくんは、キーホルダーを買ってもらってもってました♪ すっごいブームでしたよね。


音楽の昔のとかは今もテレビでやってるとつい見てしまいます。
新しいものより昔の、昭和っぽいもののほうがよく覚えてますね・・・
2. Posted by きこり→ツバッキーさん   2014年04月04日 22:31
この本ね、パート1は夫が勝ってきたんだけど意外とおもしろかったの(笑
これ以外にもクラッシックやジャズの曲も紹介されていて、記事読んでいたら、聴いてみたいな〜って楽しくなってくるさ〜
>スタードッキリマル秘報告で
なんかひっかけられてて、それで名前知ったことを強烈に覚えてるんで
最初はなんか色物的な扱いだったよね。コミックバンドみたいな(笑
まさかここまでになるなんてね〜何もかも外れたよ。
「たいやきくん」は異常なブームだったよね〜
どこに行ってもあの歌声が流れていたもんね。
そもそも子供向けの歌がここまでヒットするなんてさ、世の中わからないものだわ〜
>新しいものより昔の、昭和っぽいもののほうがよく覚えてますね・
そうなんだよ〜なぜか自分が小学生ぐらいの頃に聴いた曲は全部ソラで歌えるような気がするが〜
大人になってある時期からパタッと情報を収集する能力が消えたっていうか・・
何も入らないし残らなくなったね〜恐ろしいことです・・・(^▽^;)
3. Posted by ヨーコ   2014年04月05日 06:34
人の音楽遍歴を聞くのって結構楽しいんだよね。
兄妹の下の子だと子供の頃から上の子の影響で年不相応な大人の音楽情報が入るから、結構幅広い世代とお話出来る情報を持ってたりして。
きこりさんも下の子だからそ〜でしょ!
寺尾さんは「ルビー」当時、まだまだおこちゃまだた私には全く魅力がわからず、ず〜っとベストテンで1位なのが退屈だったクチよ(笑。
小学生の時にツイストの世良さんに衝撃を受けて、生まれた初めて「イイ男」ってこんな感じ?って思った淡い記憶があるよ〜。今はちょっとアレだけど(笑。
4. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年04月05日 20:41
>上の子の影響で年不相応な大人の音楽情報が入るから、結構幅広い世代とお話出来る情報を持ってたりして。
そうそう、やっぱり姉経由で知る音楽ってかなりあったよ。
姉は映画の主題歌のシングルレコードとかよく買っていたから本編より前に
曲を知ることが多かったよ。
漫画とかも姉が読んでいるものを後追い(笑
だからうちの子みたいに兄弟がいない子って入る情報量もやっぱり少ないんじゃないのかね〜?って思うよ。
>小学生の時にツイストの世良さんに衝撃を受けて
なんか世良さんってさ、今までの歌手にはいなかったタイプだったよね。
ポプコン出身だよね?その中でも異彩を放っていたような気がするーー
今は・・・どうされてるのかしら〜?(^▽^;)
5. Posted by mana   2014年04月06日 13:11
いや〜懐かしい。
私はクールス派。
『あんたのバラード』シングルレコードは、
自分の小遣いで買いましたがな〜(笑)
サザンまで語ると年がバレるからスルー。

>もちろん『リフレクションズ』のカセットテープも購入。
( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカマー!
ザ・ベストテンの赤いソファ…
毎週見てた世代よね〜o(≧∇≦)o
そうそう、あれはいい曲だらけで巻き戻してはリピしてた(笑)

>『TECHNOPOLIS』が流れたドラマで私が目を付けていた女優さん
(*゚0゚)エエー!
こういう繋がり大好きよ〜。
てか元妻があの人だったことも忘れてて今更驚いた。

こちらでは『のだめ』の再放送中なんだけど、
今聴くあのラフマニノフは、
浅田真央ちゃんの演技が蘇って、
また違う世界が広がるから不思議〜。
オリンピックを何度見ても涙が出てしまってただけに…
音楽ってすごいよね〜♪

来期はきこりさんと語り合えますように(^人^)
6. Posted by きこり→manaさん   2014年04月07日 08:36
おはよう〜!(ヾ(´▽`)ノ
こちらはやっと雪が消えただよーー
>私はクールス派
クールスは本気で怖かったよーー(笑
キャロルはまだ実はいい人っぽいのかな〜と思えたけど
クールスは映画の影響もあり、マジの人たちだ〜って思ってたよ(* ̄m ̄)プッ
世良さんはやっぱり衝撃だったよね〜
今までのこぎれいなアイドルとは全く違う世界の人だった。
>サザンまで語ると年がバレるからスルー。
バレたがな〜(笑
しかし、サザンってずーーっとトップを走っているんだからすごいよね〜
あの登場時に誰が想像したでしょうか。
>毎週見てた世代よね〜o(≧∇≦)o
見てた!見てた!「ベストテン」を中心に一週間が回ってたよ。
寺尾さん、ずーーっと一位だったもんね〜
たいしたもんだよ。
>今聴くあのラフマニノフは、
浅田真央ちゃんの演技が蘇って、
その時々の思い出とともに曲って残るよね。
だから、何年たってもその曲を聞いたらその時のことがいろいろ思い出されたりして。
いや〜今季はおもしろそうなドラマがいっぱいだから
ご一緒できるドラマがあると思って楽しみにしているよーー
今季もどうぞよろしくお願いいたしますーー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2014年3月に見た映画プレミアムドラマ「珈琲屋の人々」 第1回 人生を変える一杯