「シャーロックホームズ」 第一回 最初の冒険・前編〜「緋色の研究」より〜「シャーロックホームズ」 第三回 困った校長先生の冒険〜「ボヘミアの醜聞」より〜

2014年03月27日

「シャーロックホームズ」 第二回 最初の冒険・後編〜「緋色の研究」より〜

 ディーラー寮の生徒が食中毒で病院に運ばれ、ハドソン夫人のクッキーが疑われる事件が発生。
レストレードから知らされたシャーロック(声・山寺宏一)とジョン(声・高木渉)は捜査に乗り出しました。
HPはこちら

 病院に運ばれたのはディーラー寮のドレッパー。
ディーラー寮はお金持ちの子弟が入るところで、部屋の広さもシャーロックたちのところとはケタ違い。
特別待遇で食事も食堂じゃなくて部屋でとることが許されている。
レストレードによると、ドレッパーってのは金持ちを鼻にかけているヤナ奴らしく、典型的ないじめっ子で学内の評判も悪いらしい。

 今晩、6時半頃、ドレッバーはいつもアゴでこき使っているホープという生徒に食事を持ってこさせた。
で、6時40分頃から一人で食事。
その後勉強をしていたんだけど、9時過ぎからお腹が痛くなり、そのまま病院に運ばれたそうな。

 シャーロックは食事のトレイのそばに茹で卵を剥いたと思われる殻を発見。
自分達の食事には茹で卵はついていなかったので、コレが食中毒の原因である可能性が高いと推理。
二つあったけど剥き方がそれぞれ違うので二人の人間が食べた。
さらに、床に鎖の一部が落ちているのに気づきました。

 まずは食事を運んできたアーチャー寮のジェファーソン・ホープに尋問開始。
でもシャーロックが尋ねたのは、ホープが毎日食事を運んでいたかどうか、今晩の食事に茹で卵はついていたかどうかだけ。
シャーロックは床に落ちていた鎖と同じような鎖をホープが身に着けているのに目を止めたさ〜

 ホープを帰した後、シャーロックは「興味深いな・・」と言って思考の世界に入り込んでしまいました。
戸惑うジョンにレストレードは「今は話しかけない方がいい。自分の世界に入っちゃってるから」と教えてくれました。

 レストレードは慣れてるのね〜
レストレードと言えば、『SHERLOCK』ではスコットランド・ヤードの刑事でシャーロックの興味を引きそうな事件(難解で迷宮入りしそうな)があると手伝わせてたね〜
部下たちはそんなレストレードの判断を良く思っていなかったけど、彼はシャーロックの能力を高くかっていたんだよな。

緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)シャーロック・ホームズは なぜ外見だけで人を見抜けるのか? (宝島社新書)



 そんな事をしていると生活指導担当のロイロット先生が現れ、「解散しろ!」と怒鳴り散らしました。
さらに、シャーロックの成績が悪いことを言い立て、ジョンに「ホームズとは関わり合いを持つな!人生の大切な時期を棒に振ることになる!」と命じました。

 何ともはや・・・
シャーロックに好意的な教師はいないのかねぇ・・・
まぁ、賢すぎて批判的な目で見ている生徒ってのは煙たいもんだろうけどさ。

 調べたら「ロイロット」というのは「まだらの紐」の登場人物なんだね。
ホープとドレッパー、あとで出てくるスタンガスンはもちろん「緋色の研究」の登場人物。
設定の根本的なところは同じみたいだね。

 ジョン達の前でロイロット先生に全否定されたというのに、シャーロックはどこ吹く風・・・
「ここの教師はみんな僕を目の仇にしている」と、いつものように「吹き戻し」をピュー
ロイロット先生のことも
「生徒を叱ることしか楽しみのないつまらない男さ」だって・・・(* ̄m ̄)プッ

 そこにレストレードがドレッパーと同じディーラー寮のジョセフ・スタンガスンが食中毒で運ばれたと知らせに来ました。
で、3人でスタンガスンの部屋に向かったんだけど・・・
中庭で、またベッポが石膏像を割っているとこを目撃。
シャーロックはベッポがわざわざ灯りの下に石膏像を持ってきて割ったことに注目。
彼が石膏像を割るのは特別の目的があるからだと推理しました。
ま、それは置いといて・・・・

 スタンガスンはドレッパーといつもつるんでいた悪友らしい。
彼の部屋のテーブルにも食事の他に茹で卵の殻が二つ分残っていた。
やはり食中毒の原因は茹で卵。
そしてどちらの部屋にも本人以外の誰かが居て、茹で卵を持ち込み、一緒に食べた模様。
でも、他に食中毒の者は出ていないから、その人物が食べたものは腐っていない。

「奇妙な事件にも必ず真実はある。
ふふっ・・それを見つけるのが僕の務め。・・・・そして・・・見つけた!赤い糸。
簡単な事件だったよ( ̄▽ ̄) ニヤ」S


 犯人は、やはりホープでした。
普段から二人に召使のように扱われていた彼は恨みを抱いていた。
三ヶ月前、二人はホープを無理やり賭けトランプに誘い、スタンガスンはホープから時計を取り上げた。
さらに賭けトランプの件が学校側に知られ、ホープだけが処分され退学することになった。
ドレッパー達は父親に手をまわしてもらって罰を逃れたのさ〜

 奪われた時計は大切にしていた父の形見だった。
それを取り戻すためにホープは作戦を立てた。
腐ったのとそうでない茹で卵のどちらかをスタンガスンに選ばせ、自分が勝ったら時計を返して欲しいと持ちかけた。
賭け事の好きなスタンガスンはすぐに乗って来て、まんまと腐った卵を食べちまった。

 でも、時計はドレッパーに渡っていたから、彼にも勝負を挑んだ。
負けたドレッバーは悔し紛れに時計を叩きつけやがったのさ〜
ホープの元に時計は戻って来たけど・・・バラバラになってしまった・・・

 コレ、どうやってホープは腐った方食べないで済んだんだろ?と思ったけど、
ホープにとっても二分の一の確率の賭けだったようです。
偶然、食べずに済んだんだね。

「僕は君に同情するよ。
腹を壊した二人には憐みすら感じない」S
でも、シャーロックは罪を着せられているハドソン夫人を救うために、事実をロイロット先生に伝えねばならないとホープに告げました。

「ご自由にどうぞ。
どっちにしろ僕の人生は終ったようなもんだから・・・」ホープ
捨て鉢になっている彼にジョンは訴えましたぞ。

「何言ってんだよ。僕らの人生始まったばかりじゃないか。つまらないことを言うもんじゃない」ジョン
「誰?」ホープ   ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ、慰めてくれてんのに・・・
「誰でもいい。やり直すいいチャンスじゃないか。
リセットして新しい自分になるんだ」ジョン
「そんなふうに前向きにはなれないな・・・」

 彼が創ったカバの石膏像を見つけたジョンは、その完成度を讃え「君ならきっとすばらしい彫刻家になれるよ」と伝えました。
「よ〜く考えてみるんだ。神様が何故君に「ホープ」という名前をお与えになったか。
「ホープ=希望」!君にはバラ色の未来がある!」
その言葉にホープの顔に力が蘇って・・・・

 いきなり、その石膏像を叩き割るシャーロック。
みんなギョギョギョ!さ〜いい話してたっていうのに〜
ここで、ベッポの話に繋がります。
ベッポは女子生徒が置いておいた指輪を作りかけのカバの石膏像の中に隠した。
それでカバの石膏像だけを狙って叩き割っていたらしい。
シャーロックは指輪を亡くした女生徒から(ここって男子校じゃなかったんだね)相談を受けていたから繋がったようです。

 シャーロックの代わりに石膏像を割ったことを謝るジョン・・・
何か、今後のシャーロックとの関係性を顕しているような(▽*)
でも割られたことでホープも次の創作意欲がわいたようです。
ジョンの言葉が利いてホープが元気になれて良かった。

 ホープはロイロット先生にすべてを告白し学校を去っていきました。
事件は解決。

「君はおかしな男だな」S
「君に言われたくないな」J
「さっき、君がホープにかけていた励ましの言葉を僕は別の誰かにそっくりそのまま投げかけたいよ」
「人のことは見えるのに、何で自分のことになるとダメなんだろうな・・」
「おおむね、人はそういうものさ。
『僕らの人生、まだ始まったばかり』・・・か。先は長いな・・」 退屈を恐れてるのね・・・

 そう言ったかと思うと、シャーロックは自分が創った石膏像を叩き割りました。
またしてもギョッ!とするジョン。
すると中から指輪が!

「君の推理が当たったね!」J
「何より嬉しいのは、ベッポがこれをカバだと認識してくれたことだ」S
ホントだよね〜ベッポ、よくカバだってわかったよね・・・(´・∀・`)

 その後、容疑が晴れたハドソン夫人は感謝感激してシャーロックに籠一杯の手作りクッキーを持ってきてくれましたとさ。
チャンチャン!
『こうして僕とホームズとの不思議な学園生活が始まった』

 今回もおもしろかったわ〜
シャーロックの明晰な推理や人生訓、ジョンの心からの言葉に聞き入っちゃったョ〜

 そうそう、『SHERROCK』では、ハドソン夫人の夫が死刑判決を受けた時、シャーロックが死刑執行を確実にした(そのことを夫人は恩義に感じている)らしいけど、こちらでも同じようにハドソン夫人のためにシャーロックは動いていたね。
そして、ベッポは「六つのナポレオン」という話の登場人物らしい。

 いや〜シャーロッキアンだったら、名前を聞いただけで、あの話だってわかって脚色の妙にニヤリとできるんだろうな〜
羨ましいよ。

 第一回 最初の冒険・前編〜「緋色の研究」より〜 
 第三回 困った校長先生の冒険〜「ボヘミアの醜聞」より〜
 第四回 消えたボーイフレンドの冒険〜「花婿失踪事件」より〜
 第五回 赤毛クラブの冒険〜「赤毛同盟」より〜

ねこちゃん

今日の三回目も楽しみだわん・・



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人形劇「シャーロックホームズ」第2話  [ またり、すばるくん。 ]   2014年03月28日 11:40
第2回「最初の冒険・後編〜「緋色の研究」より〜」 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「シャーロックホームズ」 第一回 最初の冒険・前編〜「緋色の研究」より〜「シャーロックホームズ」 第三回 困った校長先生の冒険〜「ボヘミアの醜聞」より〜