「三匹のおっさん〜正義の味方、見参 !! 〜」 第4話 カモ虐待犯を懲らしめろ!!「箱入り息子の恋」 2013年 日本 監 市井昌秀

2014年02月11日

「中学生円山」 2013年 日本 監 宮藤官九郎

 団地シリーズ第二弾!(* ̄m ̄) 
団地生まれの団地育ち、「中学生円山」ですョ〜

 円山克也(平岡拓真)は妄想しがちな中学2年生。
チンコを舐めたいという欲求が生まれた日から自らトレーニングを課し、体を柔らかくするために毎日酢を飲み、レスリング部にまで入って努力を続けている。険しい道だ。
んが、トレーニング中にスイッチがピキッ!と入ると、妄想世界は鮮やかに動きだし、現実以上に克也を魅了するのだった。
HPはこちら

 いや〜この平岡君、クドカンのドラマ「11人もいる!」の四郎役の子だったんだね〜
ドラマでは、そんな印象に残ってなかったんだけど・・・
なんだろう、すごくほどよい感じで良かったわ〜
クラスでも目立たなくて、文系らしさもあって、
でも行き過ぎた気持ち悪さはなくて( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ)、
幼さといぢめたくなるような弟感もあり、中学男子だからな〜って納得させてくれるものがある。

 映画の宣伝の時、クドカンがインタビューで平岡君の役のことで「お母さんに見られたくないことしかやってないです。映画の中では」って言ってたけど、私も見ててつい、母親目線になる時があったよ。
平岡君が自分の息子だったら母親が現場にいたら(居なかったらしいが)やりづらいだろうな〜とか( ̄w ̄)、
完成した映画を見た時、お母さんはどう思ったのだろうか〜とか・・ 
でも、素直に全力で「中学生円山」になっているのが清々しかったぞ。

 わたしゃね〜ツヨポンが苦手でね〜
ツヨポンには何の落ち度もないんだけど生理的にダメなんだワーー
という訳でツヨポン主演のドラマや映画の評価がどんなに高くても見る気しなかったんだけど、今回はクドカンだからさ、しかたなく譲歩しました( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ)

 ラストの内容も書きますので、ご注意を。
中学生円山 ブルーレイデラックス・エディション [Blu-ray]中学生円山オフィシャルブック 中学生円山本 (TOKYO NEWS MOOK 361号)


 さて、そんな克也の家族は妹のあかね(鍋本凪々美)、専業主婦で韓ドラ好きのお母さんミズキ(坂井真紀)、
会社員でそこそこイケメンなのに地味で近所の奥様方からはぞんざいに扱われるお父さん克之(仲村トオル)。
思春期の息子のことを心配しながらも放置したり見守ったりする普通〜の両親ですョ〜

 「みなさん、さようなら」じゃないけれど、団地にはすべてが詰まっている。
そして同じような生活レベルの、同じような家族が、このたくさんの部屋の中で生活している。
それだけに妄想が広がりやすい環境ではあるよね。

 そこに克也の上の階に下井辰夫(草剛)という男が越してくる。
1歳半ぐらいの子供がいるけど、奥さんはいないらしい。詳しい事情は不明。

 この下井、引っ越しの挨拶に手創りのジャムを配るという・・・絶妙の微妙さ・・・
道徳観も独特でゴミの分別にも細かいし厳しい。
防犯意識も強くて、強化にも積極的。

 団地の近くで殺人事件が起こり、克也はいつものアレで下井が犯人のスナイパー『子連れ狼』だと妄想しはじめる。
この克也の妄想ノートに描かれる絵が味があってかわいいんだけど、コレってクドカンが描いてるのかな?
脳にUSBが刺さるって設定も中学生らしくてナイス。
エンディングのキャストの紹介も楽しかったぞ。

 その後、教室内で殺人事件の話題で盛り上がり、話題に参加したい克也はクラスメイトのゆず香(刈谷友衣子)の気を引くために「犯人知っている!」と言って、みんなを団地に連れてきてしまう。
結局、相手にされなかったんだけど、この事をきっかけに克也は下井に急接近。
妄想ノートを見せて自分の妄想を告白しました。

 下井はご近所の奥様方にしっくり馴染んでいたけれど、どこかミステリアスな存在だった。
克也が妄想のネタにしたのは団地の中で見る他の大人たちとも、両親とも違う何かを感じたから。
予想通り、克也のチンコを舐めたいという野望にも賛同を示し、とんでもない妄想を面と向かって語る克也を受け入れてくれました。

「この団地に住んでるほとんどの人が実際どんな人かお互い知らないだろ? 
それって素敵なことだと思うんだよね」


 克也だけの閉じられた世界だった妄想が、下井との出会いによって活性化していく。
団地を担当している電気屋のパク(ヤン・イクチュン)は裏切り者の下井を殺しに来た「処刑人プルコギ」。
団地からふらふらと出て行ってしまう井上のおじい(遠藤賢司)は、徘徊老人のフリをして裏社会を牛耳る「認知症のデスペラード」。
父・克之は家族のために命を賭けて戦う「9時5時戦士キャプテンフルーツ」。
そして克也は正義の味方「中学生円山」。
下井を喜ばせるために、キャラクターの設定はより細かく、具体的になり、妄想世界の中で自由に羽ばたいていく。

 さて、平凡な日常が妄想を超えることがある。
克也の母ミズキは出入りの電気屋さんが元韓国スターのパク・ヒョンホンだと気づき、彼に会うために家にある電化製品を壊し始める。
妄想の中の恋人は実際の恋人となり、団地内の噂好きのおばさん達を喜ばせるようになる。

 克也も妄想の中のプリンセスだったゆず香からベッドに横たわりキスを求められるという幸運に恵まれる。
この時の克也は妄想と現実にはっきりと境界線を引いていたため対応できず機会を逃してしまう。

 そして井上のおじいが路上ライブに乱入しギターを奏でシャウトする姿を見てしまったあかねは、おじいに恋をして付き合いはじめる。

 いや〜わたしゃ、全く顔を存じ上げず、この粋なじいちゃんは誰?と思ったら、この方があの『エンケン』様だったのね。
あかねと手をつなぐ姿、土手の草むらの上に二人して横になる姿が自然で、なんともかわいくて好きだったな〜
あかね役の鍋本凪々美ちゃんも、現在活躍している達者すぎる子役さんたちとはまた違った素朴な雰囲気でよいし〜
「一人だと徘徊だけど、二人だとデートだもんね」というセリフが沁みました。

 そして下井は・・・哀しい過去を背負った本物の『子連れ狼』だった。
妻を殺した少年に復讐し、罪人を密かに裁き続ける・・・
ラストの下井のやくざや警察相手のアクションシーン、「中学生円山」の戦闘シーンはどこか夢の中のようでもあり、わくわくしたぞ。

 少年は妄想と共に成長していく。
「現実に負けるな、克也、妄想と向き合え。
妄想を現実が超えた時、それは真実になるんだ」


 下井の言葉通り、妄想を現実に引寄せた克也はちょっぴり大人になっていた。
でも、いつでも心の中には「中学生円山」がいる。

 もしかしたら、すべては克也の妄想だったのかも・・って思ったりするけど、とにかく妄想場面がド派手で笑える。
笑った後でまてよ・・と思わせるのもいつも通り。
映画というおもちゃで思いっきり遊んだ少年のクドカンが見えました。
総合評価で10点満点で5.5。
やっぱり連ドラのクドカンの方が好きですわん・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ

こたつ

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:41│Comments(4)TrackBack(7)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 中学生円山  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年02月11日 22:10
 『中学生円山』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、中学生の話だというので躊躇したものの、『少年メリケンサック』以来の宮藤官九郎氏の監督・脚本作品ですから、やっぱり映画館を覗いてみたくなりました。  舞台は、『みなさん、さようなら』で描かれたよ...
2. 中学生円山/草なぎ剛、平岡拓真  [ カノンな日々 ]   2014年02月11日 22:10
脚本を担当する現在放送中の朝ドラ『あまちゃん』が好評なクドカンこと宮藤官九郎さんが『少年メリケンサック』以来久々に監督を務めた作品で、エッチなことばかり考えている男子 ...
3. 『中学生円山』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年02月11日 22:13
□作品オフィシャルサイト 「中学生円山」□監督・脚本 宮藤官九郎□キャスト 草? 剛、平岡拓真、遠藤賢司、ヤン・イクチュン、鍋本凪々美■鑑賞日 5月18日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  う〜ん
4. 刷り込まれた常識の世界を覆す。『中学生円山』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2014年02月11日 22:38
エッチなことばかり考えている男子中学生の妄想と彼を取り巻く人間模様を描いた作品です。
5. 【中学生円山 】 映画@見取り八段  [ 映画@見取り八段 ]   2014年02月11日 23:09
監督: 宮藤官九郎    出演: 草なぎ剛、平岡拓真、遠藤賢司、坂井真紀、仲村…
6. 劇場鑑賞「中学生円山」  [ 日々“是”精進! ]   2014年02月12日 05:31
「中学生円山」を鑑賞してきました人気脚本家・宮藤官九郎が「少年メリケンサック」以来となる監督も務めて贈る青春コメディ。とある団地を舞台に、思春期真っ盛りの中学生が、謎め...
7. 中学生円山  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年02月13日 15:54
中学生の頃っていろんな妄想するよね。今でもするけど。

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2014年02月11日 23:10
>私も見ててつい、母親目線になる時があったよ。

ウチは男子だから、ますます複雑な気持になったよ( ̄∇ ̄;)
柔軟体操……

私も全部克也の妄想な気がする。
屋上の大五郎とかたきらかに変だしw
それも含めて面白かった。

団地シリーズ…そうそう、昨年は団地ばかり見てた。
「みなさん、さようなら」とこれと「クロユリ団地」他にもあった気が^^;
団地にはいっぱい色んな人が住んでいるから人間を描きやすいのかなぁ。
2. Posted by きこり→くうさん   2014年02月12日 21:42
>ウチは男子だから、ますます複雑な気持になったよ( ̄∇ ̄;)
(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ
いや〜男の子と女の子ってやっぱり違うよね。
女の子の方が大人になるの早い。
この映画も妹の方が大人だったような・・
>私も全部克也の妄想な気がする。
場面の破天荒ぶりが夢のようというか、妄想っぽかったような・・
でも、どっちでもいいよね。7おもしろかったから。
「クロユリ団地」見てないんだよな。団地のイメージ悪くならね?(笑
団地育ちじゃないと、逆に団地へのあこがれとかあったりするよ。
あんなにたくさんの人と一緒に住んでるってどんな感じかな〜?って。
想像力広がるんじゃないのかな〜
3. Posted by ヨーコ   2014年02月13日 06:31
見たいけど見ていない映画だから、見るまできこりさんの記事を読むのもお預けよ〜。
いつCSに落ちて来るか楽しみに待ってる♪
4. Posted by きこり→ヨーコさん   2014年02月13日 23:00
そろそろ落ちてくるんじゃないの〜?これもおもしろいけど、
「箱入り息子の恋」はヨーコさん好みと思うよん♡
源ちゃんと夏帆ちゃんがなんともかわいいの。
ぜひ見て欲しいわ〜!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「三匹のおっさん〜正義の味方、見参 !! 〜」 第4話 カモ虐待犯を懲らしめろ!!「箱入り息子の恋」 2013年 日本 監 市井昌秀