「実験刑事トトリ 2」 第5回 秘密〜ある小説家の死について「リーガルハイ 2」 第6話 新しい愛の形か重婚か!? 訴えられた妻は夫が3人

2013年11月12日

「猫侍」 第七話

 今回は、「猫はみんなの癒しもの・・・」の巻。
玉之丞との生活にすっかり慣れてきた久太郎は共に寝、共に起きる日々。
いつも玉之丞と一緒ですぞ。

「にゃお〜〜」
「いつからかな・・・お前の声で目覚めるようになったのは」久太郎(北村一輝)
無意識に玉之丞の背中なでなで・・・
『ハッ!!猫に・・話しかけてしまった!』

 そうして、玉之丞の経過を見てもらうために「猫見屋」へ。
お七(高橋かおり)の見立てでは玉之丞は肉体的にも精神的にも健康そのものだって。良かったね。
でも〜〜この前から診察代&薬代が溜まってるのよね〜

「合計一両48文になります」お七
「ツケる」久太郎
「断る」
『すっげ〜ヤナ女・・』

 お七はバイトを紹介してくれましたぞ。
力を持て余している久太郎にはぴったりな薪割り。
お仕事中、玉之丞は籠の中での〜んびり。HPはこちら
nekozWP005_1366768

 その頃、元の飼い主の与左衛門(伊藤洋三郎)は相変わらず病に臥せっており、
夢に玉之丞が出てきてくれることを祈っております。
「悪夢でもいい・・・玉之丞や・・・出てきておくれ・・・(┐゜д゜┌)」

 その気持ち、わかりますョ〜
私だって、今まで出会った猫たちのこと、忘れたことないですもん。
夢でいいから会いたいって思うさね。
コレ、亡骸を見ていないから、余計辛いんだと思うワ〜
私も、死んだところ見なかったらずっと帰ってくるのを待つと思うも。
幼獣マメシバ DVD-BOXTVドラマ版 ねこタクシー DVD-BOX 

 そんな訳で番頭の佐吉(水澤紳吾)は、またしても神社に隠してある玉之丞壺に会いに行きました。
「旦那様が夢で会いてぇってよ。
屋敷の庭に埋めてやるからさ、たまには出てやってくれよ。夢ん中だけな!
あと、俺んとこには出て来なくていいからな!
運んでいる途中で同心の石渡(ユキリョウイチ)に職質されちゃったけど
「漬物の壺です!」と言い逃れたさ〜

 さて、薪割りの久太郎は集中しているうちにアドレナリンが出て来たようで『結構楽しい
で、お七が出してくれたおまんじゅうをウマそうに頬張っております。
が・・・・

『ハッ!!(;゚ロ゚)』
「やあねぇ・・・コレはタダよ。タダ」お七
安心して続きを食べる現金な久太郎なのでした。

「最近いい顔しているよ。
最初に会った時はさ、もっとこう、肩に力が入ってたっていうか、
そ〜んな生き方窮屈だろうな〜って感じの印象だった」
「俺は変わってない」
「そうかなぁ〜〜きっとあの子のお蔭よね。私もそう」

 どういう世界にいたのか知らんが、以前のお七は見栄やかけひきだらけの人生だったらしい。
でも、猫たちと出会って自分も猫のように素直に生きていきたいって思えて変わったそうな。
確かにね、マイペースな猫たちを見ているとキリキリカリカリしている自分がバカらしくなるもんね。
で、猫たちと一緒にとろ〜んととろけて、ゆる〜く生きましょって思える。

 その後、久太郎はお七に薪の配達を頼まれました。
場所は『いやし処 猫茶屋』
猫が飼えない江戸のみなさまが猫たちと楽しくコミュニケーションをとれるパラダイスです。

 ねずみ除けの猫の絵を売っていた義一っつあんも来とる。
『出た!猫じじい・・・!』
「いやぁ〜すばらしいお店ができましたよ。猫に囲まれて、まさに天にも昇る心地です・・」義一
『 ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ・・・ホントに召されちゃうんじゃなかろうか・・・』
「御覧なさい、店に溢れる幸福感・・・み〜んな猫が大好き!」

 家に猫が居ても、よその猫もまた良し!
それに猫を飼うにはお金がかかるし、猫嫌いの大家さんも多い。
(それは現代も同じだよーーー借家時代はそれでどれだけ苦労したことか。結局大家さんに黙って飼ってたけどさ)
それでも猫に癒されたいという人々は多いようです。
猫は一匹一匹違いますからねぇ〜みなさん出会いを満喫しておりますョ〜
「猫はいい。わかったふうなことを語るでもなく、そばにいて、温もりをわけてくれる」義一

 そこに若菜(平田薫)もやってきました。
「どにゃつぼう」の客足がすっかり途絶えちゃったんで、偵察に来たらしい。
店で出た「ようにゃん(猫の顔の形の羊羹)」に「完全にパクられてるんですけど〜!」とムッときてたぞ。
でも、猫に癒される義一を見て、若菜も楽しい時間を過ごしたようです。

 んが、その間に若菜の屋台が破壊されちまった!
何話目かにショバ代要求していたヤカラどもさ。
へこたれない様子で片づける若菜でしたが、久太郎にはわかってましたョ〜
一人で落ち込んでいる若菜の元へ・・・

「もうどこにも帰る場所はないんだ・・・」若菜
若菜の実家は貧しい農家だったんだけど、家族で一緒にいられるだけで幸せだったそうな。
ところが、一番下の妹が肺病になり、薬代のために父親は若菜を遊郭に売り飛ばしてしまった。
逃げ出した若菜は髪を切り、江戸で暮らし始めたんだね。
心の中で詫びながらお金をせっせと実家に送ってるんだろうね。

 久太郎は魚籠から玉之丞を出して、若菜に抱っこさせました。
「あったかい・・・」
猫が悲しみをすいとってくれるよ。
おらも、何度猫の優しさに救われたことか・・・感謝してる(‘ jj ’)/・・

 久太郎も玉之丞と遊ぶのが日常になっているみたいだねぇ・・
若菜のことがあったから、自分が国を出てきた時のことを思いだし、切なくなっております。
「人は誰しも、過去を背負って生きているのだな・・・
猫だって、そうだろう?ん?」
『なんと!猫と話している!』
自分で自分にびっくりしちまった久太郎ですが・・・
いいじゃないですか。なんだかいい顔になっているよ。
重たい殻を脱ぎ捨てた斑鬼はさらに強くなってるんじゃないのお?

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話
第六話 第八話 第九話 第十話 第十一話 最終話

br_banner_ochiba


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:01│Comments(4)TrackBack(0)「猫侍」 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 高木一優   2013年11月13日 18:17
籠に入った玉之丞、カワイイにゃぁ・・・
いかんいかん、こうやって人は猫の深みにはまるのだ!
なんだか久太郎の気持ちが少しわかってきてコワイです。

この間、中国のサイトに猫侍がアップされているのを見つけました。中国でのタイトルは「猫星人×萌系武士」となっておりました。玉之丞は宇宙人と違うぞ!
半沢直樹が中国でも人気というニュースは有名ですが、まさか猫侍まで・・・
猫好きは国境を超えるのか、はたまた何かの勘違いか。
なんかスゴいぞ、猫侍!
2. Posted by きこり→高木一優さん   2013年11月14日 09:52
おはようございます〜
籠と猫の組み合わせは鉄板ですよね〜ヽ(*^^*)ノ
も〜かわいいったらありゃしない。
猫って突然ハマってしまうようですよ。
嫌いって言ってたのに、一緒に暮らすようになったらメロメロってパターンよく聞きます(笑
>「猫星人×萌系武士」となっておりました。玉之丞は宇宙人と違うぞ!
猫星人て?!w( ̄▽ ̄;)w
突然現れたからか?「萌系武士」はわかるけど〜(笑
こういうなごみ系のドラマも見られているんですね。
ちょっと意外だわ〜
3. Posted by 紅緒まま   2013年11月18日 10:21
あはは↑『猫星人』で『萌系武士』ですか。
高木さんのコメントに笑っちゃいました。
こちらは7話はまだです。
玉乃丞、ほんと可愛いですよね。
我が家は週末を去勢手術のために病院で過ごしたぴっち家来が無事帰宅の月曜日です。
4. Posted by きこり→紅緒ままさん   2013年11月19日 08:32
おはようございます〜♪
>あはは↑『猫星人』で『萌系武士』ですか。
びっくりですよね〜(笑
星つけなくてもいいと思うけど・・・
どういうイメージなんだろ??
ピッチ君去勢手術すんだんですね。
うちも来月あたりがいいかな〜って思ってたんですよ〜
ちょっとドキドキです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「実験刑事トトリ 2」 第5回 秘密〜ある小説家の死について「リーガルハイ 2」 第6話 新しい愛の形か重婚か!? 訴えられた妻は夫が3人