「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第155話「猫侍」 第一話

2013年09月28日

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第156話(最終話)

 2012年7月1日、北鉄リアス線開通の日です。

「昭和59年の開通から28年、市民の足として走り続けた北鉄は、
今日復活します!」功市長(平泉成)
駅前にはたくさんの人々が集まり、開通を祝ってくれております。
マスコミも殺到ですョ〜

 って、市長の隣でスーツ着ているストーブさん(小池徹平)、しゅてきでないの〜!
「イケメン枠」に十分戻れるべ!


「見えるが?吉田君!」大吉(杉本哲太)
「見えます」吉田(荒川良々)
「あのカメラ、ドッキリカメラじゃねぇよな?」
「あんなにいっぱいいたら、ドッキリカメラでもいいです」
「超えたよな・・・!1984年の開通式超えたよな」
「超えた超えた超えた!」


 駅長も、副駅長も感極まって涙がこらえれられないべ。
見ているおらも、もう泣いている・・・(`;ω;´)


「北三陸鉄道リアス線の開通は住民にとって明治以来の悲願でございました」市長

 式典はまだ始まったばかり。
そこに、ホームの階段にまであふれているみなさんをかき分けかき分け
やってくる者が・・・

「すいません・・・すいません、通して下さい!
すいません!どいて下さい!あ〜吉田さん!」
正宗(尾美としのり)
「危ねぇです!」吉田
「春子さん、知りませんか?」
「鈴鹿さんと一緒に7時の新幹線でお帰りになりました」
「はあ!?何で教えてくれないんですか!?
「『旦那さんはいいんですか?』って聞いたら、
『いいんです』って答えたので、お知らせしませんでした」
「どうしたのよ?」大吉
「黒川さんが。何か・・・面倒くさい!」吉田
「またかぁ〜!」大吉
「面倒くさいって・・!」正宗

「それでは続いて、市長の娘さんで「ミス北鉄」の足立ユイちゃんによります、
テープカットで〜す!」菅原(吹越満)
すごい歓声だべ (@´▽`@)ノ キャーー!!
「押さないで下さい!ちょっと!ちょっと!押さないで下さい!」
あ〜正宗さんがどんどん押し出されていくべ・・
「うわ〜!あ〜!」

 政宗さんが吉田を突き飛ばし、吉田が大吉っあんを押し、ドミノ倒し的に並んでいた人が倒れて、最終的にユイちゃんをドン!
「キャ〜!」ユイ(橋本愛)
思わず薬玉の紐ひっぱっちゃったべ〜
も〜1984年の再現だべ。この夫婦は〜

 薬玉が割れると吹奏楽部の演奏開始!
本日のオープニングは吹奏楽バージョンですョ〜
もちろん、地元の高校生たちなんだろうな〜o(*^▽^*)o~♪


「すいません!すいません!」大吉もあの時と同じように謝ってるべ。
「万歳ー!万歳ー!」

 みなさん大喜びで万歳する中、一人憮然とした表情の正宗さん・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!

「出発進行〜!」大吉
同乗するのはユイ、アキは海開きのイベント中よ。

『2012年7月、北鉄は北三陸駅〜畑野駅、運転を再開しました』

動きだした汽車の窓から復興した姿を確認する乗客のみなさん、
そして、陸から復活した北鉄を見送るみなさん・・・
なんだか、北鉄は希望を乗せて走っているよねぇ・・・(ノ∀;`)


「今日は北の海女の「海開き」の日です!」ユイ
乗客のみなさんが大きな拍手をくれましたぞ。
袖が浜では「海開き」の恒例行事・餅まきが行われています。
「アキちゃ〜〜ん!!」ユイ
「ユイちゃん!ユイちゃ〜ん!後でね〜!」アキ(能年玲奈)
「あっちも、すげえなあ!」夏ばっぱ(宮本信子)
「うん、おらも負けてらんねえ!」アキ

『袖が浜も過去最高の人出。
海女カフェの補修と再建で、海女クラブはそこそこの借金を抱えていました
幸い海の底には、銭がゴロゴロ落ちていました』


 岩の上には大きなウニがい〜っぱいだぁ・・・

「ぷは〜!」ひともぐりしたアキが顔を出したさ。
「どうだぁ〜?どうだあ〜アキ!」
「最高だぁ〜!」

 浜も、汽車の中も、笑顔でいっぱいだ。
「次は〜終点畑野!畑野です!」吉田

『今は畑野までですが、そう遠くない将来、この線路が東京までつながるのです』

「折り返し北三陸行きになります!」吉田

『袖が浜も北鉄も満員御礼。
行き場を失った観光客の受け皿になったのが勉さんの採掘場。
1時間500円の体験コースでした』


 結構、いい値段だぞ(ー) フフ
子供達が琥珀に興味を持ってくれたら、弟子も増えるかもしれねぇし、
勉さんウハウハだべ。
 

 そんな子供達の一人が・・・あるものを見つけました。
「・・・・・・・・じぇじぇじぇえーーー?!!」勉さん(塩見三省)

 勉さんは、弟子のいる「リアス」へ走りましたぞ。
 
「水口君水口君!大変!こ・・・これ見て!これ!これ!」
なんか骨みたいの差し出してるべ。
「無理っす。今、焼きうどん待ってるんで」水口(松田龍平)
オイオイ、ミズタク ゞ( ̄∇ ̄;)師匠がこんなに血相変えたとこ見たことあるか?
ちっとは気にしろや・・・

「ごめんね、勉さん。今日いっぱいで座れないの」よしえ(八木亜希子)
「まめぶ以外は30分待ちで〜す」安部ちゃん(片桐はいり)

「30分だと!こっちは8500万年待ったんだよ!」
「何か・・・動物のフンだね」功市長
「カリントウですね?」吉田
「恐竜の骨ですよっ!」
「じぇじぇじぇ〜」
ざわざわざわ〜〜いまいち有難味がわかねぇか・・?(;^△^)

「白亜紀に生きてたとされる
肉食恐竜コエルロサウルス類の後ろ足の指!
人間でいうと薬指か中指の第二関節
つまり、こご!」
  

 勉さんが必死に訴えかけてるのに、みんなぴんとこな状態。

「はい、焼きうどんお待たせ〜」よしえ
「え?そんなに珍しいの?」ヒビキ(村杉蝉之介)
「そりゃもう、琥珀なんかより全然!」勉さん
「『琥珀なんかより』って言っちゃ駄目だよぉ〜」吉田
「だってぇ!こんな状態のいいの、2つとないから!」

「じゃあ、コレもですかね?」水口
「え?・・・・・(゚д゚;) !!」勉
「あ〜昨日、水口君が拾ったやつだ」菅原
「はい。箸置きにちょうどいいんですよね」水口
「・・・・あの・・・僕が見つけたって事には、ならないよね?」
「いや〜〜〜それは・・・証人がいますし」水口

 世紀の大発見!なのに全く気づかなかったミズタク!
そして、無造作に箸置きに使っていたミズタク!
レジェンドだわ〜(* ̄m ̄) しかし、捨てなくて良かったぜ。


 そして、お座敷列車潮騒のメモリーズ号間もなく発車ですョ〜!

『「ついに この日が来た!」水口君は興奮を隠しきれませんでした。
2年半ぶりのお座敷列車、「潮騒のメモリーズ」復活!明日の1面トップはもらった!』


 いやいやいや・・ミズタクよ、カメラをかまえているところ、年季の入ったオタクにしか見えないぞ。
最後にスーツ姿で萌えさせて欲しかったにゃ〜


 んが、出発しようとしたら、またこの男が!

待って下さ〜い!待って下さい!
乗せて!大吉さん、乗せて下さい!」
正宗
「いやいや、それは無理だ、マサ。
お座敷列車は、もう来月分まで予約でいっぱい!」大吉

 ショックで座り込む正宗さんにチケットを差し出す神が!

「いいんですか?」正宗
「明日も乗るし。言ってみりゃ、アンタ、「潮騒のメモリーズ」の生みの親みてぇなもんだし」ヒビキ
「産んではないけど、ありがとうございます!ハハハハ!ヾ( ~▽~)ツ」

 良かったねぇ・・ヒビキ、いい奴!
正宗さん・・・ずっとぞんざいに扱われてきたけど、最後に報われた〜〜


 「潮騒のメモリーズ」復活の様子は「北三陸鉄道リアス線運転再開」のニュースの中で全国的に流れました。
もちろん、東京の甲斐さん(松尾スズキ)も見ていますョ〜

「この子、昔うちでバイトしてた!
この子のお母さんもね、うちでバイトしてたの。
「潮騒のメモリーズ」、今一番 熱いよね〜!」
甲斐さん
バイトの子にも、お客さんにも、全く相手にされてなかったけど、
甲斐さんの変わらぬ熱い気持ちはもらったよ!

「失礼しました〜〜」

『後日、2人の活躍は地元の新聞でも大きく報じられました。
残念ながら、1面トップではありませんでしたが…』


 一面を飾ったのは、にゃんとミズタクと小学生。
『北三陸で8500万年前の肉食恐竜の骨発見!』
相変らず、ミズタクはさりげな〜いふうに写っておりました。
「めっちゃ悔しい!・・・」勉さん

 お座敷列車は沿道で待っていてくれたたくさんの人達の笑顔と声援を受けて走りました。
「ヒロシ君、すごいよ!」水口

♪「ジョニーに伝えて 千円返して」
♪「潮騒のメモリー 17才は」
♪「寄せては 返す 波のように激しく」
♪「来てよ その火を 飛び越えて」
♪「砂に書いた アイ ミス ユー」
♪「来てよ タクシー捕まえて」


 その映像は遠く離れたベーリング海上にいる忠兵衛さん(蟹江敬三)にも送られましたョ〜
「見れ!これ、おらの孫!マイ ドーターズ ドーター!」
「オ〜?!シー イズ キュート!」お仲間
「メモリーズ オブ 潮騒よ!」忠兵衛

 良かった!最後に忠兵衛さんに会えて(o^-^o)

 一仕事終えたアキとユイは畑野駅で休憩。

「どうかした?」ユイ
「ミサンガ・・・今日こそは切れると思ったのに。
しょうがねぇが・・・いっぺぇ間違えたもんな」アキ
「私も今までで一番ヤバかった」
「まだまだ完成しなくていいべ!」
「うん。明日も あさってもあるもんね」
「明日もあさっても、来年もある。
今はここまでだけど、来年は、こっから先にも行けるんだ」

警笛が静かに応えてくれました。

「行ってみよっか」ユイ
「じぇじぇ!」アキ
「行こう、アキちゃん!」

 二人は線路の上を歩き出しましたぞ。

♪「北へ帰るの 誰にも会わずに」
♪「低気圧に乗って北へ向かうわ」
♪「彼に伝えて 今でも好きだと」
♪「ジョニーに伝えて 千円返して」


 もうユイは恐れない。
道が途切れたとしても、いつか、それは必ず繋がる。


♪「マーメイド」
♪「好きよ」
♪「嫌いよ」


 トンネルのその先は輝いていた。
笑顔で走り続ける二人の先には無限の未来が広がっていました。


 いや〜終わってしまいましたね・・・
いい最終回でした。
最初から最後まで、どの回も、どの週もすばらしかった。

 一人一人が個性的だけど、見事なハーモニーを感じさせてくれた魅力的な登場人物達。
彼らが放つ、テンポが良くて、時に含蓄を感じさせる味わい深いセリフが忘れられません。
分かる奴だけわかればいい的にあちこちに忍ばせた小ネタと伏線。
私なんて、ほとんど気づかなくてツイッターで教えてもらうことが多かったけど、それもまた楽しかった!
てか、クドカン、ぶっこみすぎだよ!

 挫折と再生、それぞれの苦悩と成長を、突飛とも思えるストーリー展開で飽きさせることなく魅せてくれました。
故郷、親と子の愛、友情、夢、陰謀、運命の残酷さ・・・
深刻な場面でも、いつもそこには笑いが織り込まれていた。
でも、笑った後に必ず何かが残る。
その粒粒が心の中に残って、静かにはじけだす。
クドカンマジックは朝ドラという枠の中でも健在だったよ。

 朝ドラには魔物が住んでるというからねぇ〜最初は心配しましたョ。
でも、始まって見たら、もちろん杞憂とわかりました。

 『あまちゃん』は朝ドラ史上、最も愛された多くの人の心に残る作品となりました。
クドカンの朝ドラは、あくまでクドカンらしくありながら、朝ドラの基本に立ち返らせてくれるものでもありました。
その舞台に思いをはせ、そこで生きる人々を身近に感じ、応援し、行ってみたい場所にさせてくれる。
毎日決まった時間に始まる、必ず続きが見たくなる、生活に密着した15分のドラマ。
小さい頃の朝ドラを見ていた時のワクワク感が蘇りました。

 どの場面も愛おしい。
登場人物と共に生きることができた6ヶ月間、本当に幸せでした。
そうそう!一曲一曲丁寧に、『あまちゃん』の世界観を表現し創られた大友良英さんの楽曲は最高でした。
ぴったりと寄り添い、キャラクターと場面を力強く、そして美しく支えてくれたと思います。

 スタッフとキャストの皆さんのすばらしい仕事の成果、
堪能させていただきましたョ〜。
ありがとうございました。

 続編を希望する声も多いでしょうが、私はアンコールの声はあげません。
『あまちゃん』は、今の登場人物たちの誰が欠けても成立しないと思うし(欠けるの前提かよ ゞ( ̄∇ ̄;))
(だからスピンオフは私の中ではなし)、9月28日の最終回で完璧に終わらせてもらったと思うから。

 最後にフレッシュな魅力でドラマを引っ張り続けてくれた能年玲奈さんに、心からの拍手とエールを送りたいと思います。
次の作品が楽しみです。


  2015年10月3日追記

 終わっちまいましたね〜
こんなに楽しくて充実した再放送があっただろうか。
脚本の深さ、大きさ、緻密さを再確認させてもらいました。
見るたびに発見があるし、問いかけられる。
このドラマは人の成長物語であり、その人たちが生きる場所の成長物語でもある。
場所が人をつくり、人が場所を育てる。
自分にとって大切な場所はどこだろう・・・改めて考えさせてもらいました。


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話

br_banner_tonbo



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あまちゃん(終  [ AKIRAのドラマノート ]   2013年09月28日 17:10
最終週「おらたち、熱いよね!」&まとめ
2. あまちゃん 第156回(最終回)  [ レベル999のgoo部屋 ]   2013年09月28日 17:58
内容 2012年7月1日。北鉄の運転が一部区間再開された。 同じく、袖が浜でも海開き。 多くの人が集まり、アキ(能年玲奈)たちも。。。。 敬称略 “名作”“傑作”かは、人それぞれの部分があるので 今作が、どうであるかは。。。。そういうことですが。 話題性
3. あまちゃん (第156回 最終回・9/28) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2013年09月28日 18:03
NHK総合・連続テレビ小説『あまちゃん』(公式) 第26週『おらたち、熱いよね!』 [第156回 最終回]の感想。 2012年7月1日。北鉄は被災した一部区間が復旧し、北三陸駅は1984年の開通式と同じような熱気に包まれていた。一方、袖ヶ浜では海開きが行われ、ア
4. NHK朝ドラ【あまちゃん】第156回 最終回 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2013年09月28日 19:09
2012年7月1日。 北鉄は被災した一部区間が復旧し、北三陸駅は1984年の開通式と同じような熱気に包まれていた。 一方、袖ヶ浜では海開きが行われ、アキ(能年玲奈)たち海女の実演を見るために大勢の人が 押し掛ける。 その後、ユイ(橋本愛)とともに、お座敷列車に乗り
5. あまちゃん 第156回(最終回) 「おらたち、熱いよね!」  [ 青いblog ]   2013年09月28日 19:35
おわり。 面白かったです。 地元へ帰ってきてからの感動は、鈴鹿さんが歌ったところがピークだったな。 その後は引き延ばし感はありました。 クドカンの作品って、最終回は感動しないんだよな。 でもその方が、落ち込まなくていいかも。 初めて朝ドラを全話観ま
6. 【あまちゃん】最終回(第156回)感想&総評  [ ショコラの日記帳 ]   2013年09月28日 19:45
最終回の視聴率は、9/30(月)に分かります。10月14日(月・祝)に『あまちゃん』総集編が、NHK総合で放送されます。(前編)午前8:20〜9:48 (後編)10:05〜11:35 (公式HPより) 大体、予...
7. 【あまちゃん】最終回(第156回)感想&総評  [ ショコラの日記帳・別館 ]   2013年09月28日 19:46
最終回の視聴率は、9/30(月)に分かります。 10月14日(月・祝)に『あまち
8. あまちゃん「おらたち、熱いよね!」  [ blog mr ]   2013年09月28日 20:39
 いいラスト。  どれだかは書かないけど、前に見たシリーズで、主人公がラストで何もかも得てしまったやつがあって、「えー」って思ったことがあるんだけど、これはまだ先があると思える。トンネルから出るカットがなかったのもいい。ミサンガも切れてないしな。  先週も
9. 総評「あまちゃん」〜アイドル誕生、フィクションの力〜  [ 虎哲徒然日記 ]   2013年09月28日 20:51
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が最終回を迎えた。 北三陸鉄道が一部区間で運行を再開。その記念式典が行われ、お座敷列車で「潮騒のメモリーズ」が復活。アキとユイは、こ ...
10. あまちゃん、最後の木曜日、金曜日、そして土曜日(能年玲奈)  [ キッドのブログinココログ ]   2013年09月29日 01:50
フィクションとノンフィクションの間で人は現実を思い夢を見る。 嘘っぽい現実もあればリアルに感じる夢もある。 そのちょうどいい感じの「ツボ」にちょうどいい感じの「刺激」を受けて・・・夢見心地の半年だった。 そして・・・感じる・・・すべてのものが終わるという現実
11. あまちゃん 最終回  [ のほほん便り ]   2013年09月29日 07:56
わずか、15分で、こんなにも多くの見所が詰め込めるんですね。思わず何度もリピしてしまいました。 最後の最後まで、奇跡的なまでに、サービス精神、満載 まさか、先日、ミズタクの見つけたカケラが意味をもって展開するとは思ってなかったし、 「潮騒のメモリー」
12. 『あまちゃん』 最終回  [ 美容師は見た… ]   2013年09月29日 09:34
怒涛の予告を見て泣いた先週の土曜日から、あっと言う間に一週間が過ぎた最終の今日。それまでのバランスの良さに、最終回は号泣ではなくウルウルしながらも笑顔になれる、そんな感動がありましたね〜。最終週まで手を抜くどころか、まだネタを仕込んで来るばかこの〜(ノ゚ο゚)
13. あまロス>『あまちゃん』最終話  [ もう…何がなんだか日記 ]   2013年09月29日 10:44
トンネルを走って行くユイ&アキ2人の間に初めて友情が感じられた気がする(笑)>ぉそして今日は最終回…ひじゅにですが何か?「産んではないけど」by正宗↑最終回だという...
14. あまロス>『あまちゃん』最終話  [ 何がなんだか…ひじゅに館 ]   2013年09月29日 10:45
トンネルを走って行くユイ&アキ 2人の間に 初めて友情が感じられた気がする(笑)>ぉ そして今日は最終回 …ひじゅにですが何か? 「産んではないけど」by正宗 ↑最終回だというのに何故にこの台詞? と思われそうだけど(笑) 何かこれデジャ
連続テレビ小説「あまちゃん」第156回 最終回 (9月28日) とうとう最終回。 −◆− 2012年7月1日。北鉄の北三陸ー畑野間が復旧して北三陸駅で開通式。 熱気に包まれた老若男女を前にして足立市長(平泉成)が「北鉄は今日復活します!」と宣言。 聴衆拍手。風船が
16. NHK朝ドラ【あまちゃん】 最終回を終えて 総括感想という名のクドカンファンのたわ言  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2013年09月30日 04:38
連続テレビ小説「あまちゃん」第157話←だったらいいのにね。       本ブログでは最後の「あまちゃん」感想記事である。…たぶん。 もし、スピンオフなどが放送されたらこの先に追加される可能性はある… けれども、「ない」気がするんだよなぁ。 脚本家
17. NHK文化センター「「あまちゃん」を語る」(9月28日)  [ Cafe Tsumire ]   2013年10月09日 07:41
NHK朝ドラ「あまちゃん」が終わってしまいましたね。始まってからしばらくは週末にまとめ見していたのに9月に入ったあたりで朝7時30分のBSの「あまちゃん」をリアルタイムで見てから会社に行くようになっていたので、10月になってからちょっと朝の生活リズムが乱れがちです

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   2013年09月28日 17:15
ほんっと、どの週も素晴らしかったですね!
めっちゃ好っきやぁ〜(^O^)

とくに最終回。
生き続ける素敵な締めでした。


はぁ、ブルーレイBOX欲しい。。^^;
2. Posted by きこり→AKIRAさん   2013年09月28日 18:40
いや〜ホントに楽しい6か月間でしたよね〜!
一緒に泣いて笑って怒って感動して・・・
もうお腹いっぱいだよ!
なんて嘘。まだまだいける。
なんか最初っから見直したくなりました。
DVDBOXの誘惑がーーーー・゚・(ノД`)・゚・
録画したのとっておけば良かった・・・
年末に完全版の総集編やってくれないかな〜
3. Posted by くう   2013年09月28日 21:11
きこりさん、半年お疲れさま〜!
本当ーーに終わっちゃったねぇ…(ノ_-。)

> 駅長も、副駅長も感極まって涙がこられられないべ。
見ているおらも、もう泣いている・・・(`;ω;´)

おらもここからもう泣いた。
みんなの表情1つ1つに泣かされたよ。

ウルウルしている人も笑っている人も、みんな幸せそうだった。
幸せで泣けるなんてめったにないことだよね。

>世紀の大発見!なのに全く気づかなかったミズタク!
そして、無造作に箸置きに使っていたミズタク!

捨てたと思ってたのに、捨ててなくてもしかも箸置き( ̄∀ ̄)
さすがミズタクだべ。
勉さんの弟子としてまだまだだぁ。
頑張って勉強しないと〜。

> 『あまちゃん』は朝ドラ史上、最も愛された多くの人の心に残る作品となりました。
クドカンの朝ドラは、あくまでクドカンらしくありながら、朝ドラの基本に立ち返らせてくれるものでもありました。

だよね。
いや〜開始前はホント心配したよ。
クドカンが朝って平気かぁ?と思ったし、数々の脚本家さんを
打ちのめしてきた歴史もあるし^^;
でも、ほんと杞憂だった。
クドカンはやっぱクドカンだべ。

そして、たくさんの本や曲もだして経済効果も抜群だったべ。

おらの心にいつまでも…だよ。

クドカンは続きは作らないつもりっぽいが、スピンオフはちょっと見たい…。
GМTのストーリーとか。
4. Posted by ぶるー   2013年09月29日 10:50
いやぁ〜、ついに終わってしまいましたね(ToT)/~~~
きこりさんのブログをいつも楽しみに読んでました。
半年間、お疲れさまでした。
あ、もちろん「あまちゃん」にかかわったすべての方にもお疲れさまでした。

いいかげんなもんで(苦笑)いつも朝の支度をしながらながら見をしていたので、ちょっとTVの前から離れてしまい見られなかったシーンを、きこりさんの記事で補充していました(笑)すみません<(_ _)>
こんなにハマるとは思わず、「最初から録画しときゃよかったなぁ〜」と反省です。

>分かる奴だけわかればいい的にあちこちに忍ばせた小ネタと伏線

あっはっは(^○^)
私もツイッターで小ネタの数々を知ることも多かったです。でも知らなくてもそれはそれで楽しめちゃうのも、クドカンさんのすごいとこですよね。
うちでは子供(中1)の方が「あまロス症候群」に陥っております(笑)
友達にも同様人物?が何人もいるそうな。
半年間8:15過ぎてから登校するので、結構時間ギリギリだったようだが(汗)
個人的には、そのあとの「あさイチ」のいのっちのコメント(朝ドラの受け)がすごすぎて「かっけぇ〜」(笑)といつも思ってました。

>続編を希望する声も多いでしょうが、私はアンコールの声はあげません

潔く終わりでいいかなと思います。
スピンオフはあってもいいかもしれませんが。
前の「純と愛」でもスピンオフがあったしね。

>笑顔で走り続ける二人の先には無限の未来が広がっていました

ラストのユイちゃんのとびきりの笑顔に惚れました(笑)
5. Posted by きこり→くうさん   2013年09月29日 12:41
ついに終わっちまったな。
くうさんとコメントやりとりするの楽しかったべ。
>みんなの表情1つ1つに泣かされたよ。
今までの積み重ねなのかな・・
先週からずっと泣きっぱなしだべ。
みんなの笑顔が素直で輝いていて、それを見ているだけで嬉しくてよ・・
>捨てたと思ってたのに、捨ててなくてもしかも箸置き( ̄∀ ̄)
さすがミズタクだべ。
ミズタクポンコツ伝説に終わりはない。
てか、北三陸に戻って来てからスーツの印象が消えて・・オタクっぽいお兄ちゃんになってしまった。
ラストの『出発ーー!』には笑ってしまったわ。
>クドカンが朝って平気かぁ?と思ったし、数々の脚本家さんを
打ちのめしてきた歴史もあるし^^;
そうそう、何度もあの脚本家さんが何で??ってのに遭遇しているから、さすがのクドカンでも・・
って心配したべよ。
でも、ホント想像以上にすばらしかった。
新しいクドカンにも出あえたような気がする。
>そして、たくさんの本や曲もだして経済効果も抜群だったべ。
そっちも史上初だよね。我が家ですら3枚買ってるからな〜(笑
銭を生むドラマだったべ(笑
10月の総集編が楽しみだよ。
サンタさん、DVDボックスくれないかな〜
6. Posted by きこり→ぶるーさん   2013年09月29日 12:52
恐れていた最終回が来てしまいましたね〜
読んでてくださったんですね。ありがとうございます。
すばらしい最終回だったから心残りはないけど、
あまりにもあまちゃんにどっぷりと浸かっていたので寂しさも尋常じゃない。
明日の朝はアマロスでどんよりした廃人たちが・・・(笑・・じゃない泣
>こんなにハマるとは思わず、「最初から録画しときゃよかったなぁ〜」と反省です。
私もとっておけばよかったと思って。
録画はしてたのに、なんか消す習慣がついてて。
NHKだからCMも入らないのに、自分のバカバカ・・・
>でも知らなくてもそれはそれで楽しめちゃうのも、クドカンさんのすごいとこですよね。
そうそう!
そこがクドカンですよね。ネタありきで進んでない。ネタがわかったら、おまけに当たったみたいに嬉しいけど、なくても十分楽しい。いろんな楽しみ方が許されるんですよね。
>うちでは子供(中1)の方が「あまロス症候群」に陥っております(笑)
80年代から始まっているけど、子供達にもちゃんと伝わってたんですね。
うちは私よりも夫の方がアマロスひといかも(笑
生活に組み込まれちゃってましたからね〜
>そのあとの「あさイチ」のいのっちのコメント(朝ドラの受け)がすごすぎて「かっけぇ〜」(笑)といつも思ってました。
『あさイチ』の受けを気にするようになったのは最近なんですが、イノッチすごいですよね。
私、見直しちゃいました(オイオイ!)
深いわ〜って感動しちゃいましたよ。
>ラストのユイちゃんのとびきりの笑顔に惚れました(笑)
登場時は笑顔を拒否したような雰囲気でしたが、ラストの心からのはじける笑顔にはじ〜んときちゃいました。いいラストだったぁ・・・
7. Posted by コン   2013年09月29日 19:37
きこりさん&AKIRAさん&くうさん&ぶるーさん、皆さん、今晩は。

私なりの総括を書きたいところですが、
今回は最終回の話だけにしておくことにします。

まず気になる点が1つ。
春子のナレーションで、
「『ついにこの日が来た』水口君は、興奮を隠しきれませんでした。
 2年半ぶりのお座敷列車。潮騒のメモリーズ復活!」
というのがありましたが、潮騒のメモリーズが北鉄のお座敷列車に乗って「潮騒のメモリー」を歌うのが2年半ぶりっていう意味でしょうか?
そうなると、正しくは3年半ぶりだと思います。
2009年3月18日(水)以来なので・・・。

ところで、冒頭の北鉄一部区間開通を祝うセレモニーに、
三陸鉄道の望月社長が映っていました。
(向こうから見て、最初はヒロシの右隣、その次は功の右隣の人がそうです。)

最後に、アキとユイが北鉄の線路や袖が浜の防波堤を走るシーンがありましたが、
そのときのアキが着ていた衣装(靴も含めて)はすべてオープニング映像で着ているのと同じでした。

明日には視聴率が発表か・・・。
8. Posted by Largo   2013年09月30日 11:25
こんにちわ。半年間、お疲れ様でした(^^

>てか、クドカン、ぶっこみすぎだよ!
笑)。
私はあまりの内容の濃さに、こりゃ、毎日感想は無理だべ、と投げちまいました(汗)

震災を、三陸鉄道を軸に描いたのに納得です。
ラスト、お座敷列車にから、正宗、水口、ヒロシが、ふとステージに目を逸らして車窓を眺めると、今はなにごともない海岸が・・・というシーンに思わず涙しました。

>小さい頃の朝ドラを見ていた時のワクワク感が蘇りました。
ほんと、元気が出る朝ドラっていうのを、思い出せさてくれました。

小泉さんと薬師丸さんの共演、なんて豪華なんでしょう。
単なる共演じゃなくて、この二人だからこそ、というストーリー。他の方々もみな同じ。
毎日1回、じぇじぇっと思わせてくれて、登場人物全てに愛着のもてる朝ドラでした。
能年さん、宮本さん・・・キャストの皆さん一人一人について小論文が書ける、という人がいっぱいいるんじゃないでしょうか(^^
まさしくクドカンマジック満開の朝ドラでした。
9. Posted by HKmoviefan   2013年09月30日 11:40
香港から初めましてです。
小さなスマフォ画面では見切れなかった、途中で途切れて看られなかった場面、イヤホンで聞き取れなかったセリフを、随分とこのサイトで補完させていただきました。本当に感謝しています。
ミズ×勉派としては、最終回に来ての勉さんの「琥珀なんかより」衝撃発言と、ミズタクの師匠を師匠と思わないような態度にムカついてましたが、彼もまだまだあまちゃん、勉さんが叱咤激励したりなだめたり、教育的指導が必要ってことなんでしょうね…。
そのうち「琥珀堀りが面白くなくなったんです…」とふっと消えそうな気もするし…。
勉さんも「琥珀掘り&磨き」は生活の糧であって、男のロマンは恐竜化石、太古の時代に求めるのかなぁ?と、トホホぶりを許すことにします!(何サマ…)
「ちりとてちん」も続編やスピンオフの希望が多く、弟子トリオの珍道中スピンオフ「『まいご3兄弟」が作られましたよね。ヒロインの貫地谷しほりは出演しませんでしたが…。あんな感じで、勉さん&ミズタク、種&ストーブ、吉田&大吉だけでも外伝ドラマ、看られませんかねぇ…?
 
10. Posted by しゅあー   2013年09月30日 12:47
終わったね、とても素晴らしく花火のように美しい余韻を残して鮮やかに終わったね。
きこりさんも一話も落とさず最後まで書ききったってのはほんとにすごいことだよ!
ブラボー!きこりさん!

ほんとにほんとにお疲れ様でした。
映像をリピートするよりもよほどにドラマの世界観を感じることが出来ました。

ほんとに感謝です!ありがとう!きこりさん!


>クドカンの朝ドラは、あくまでクドカンらしくありながら、朝ドラの基本に立ち返らせてくれるものでもありました。

ほんとにね。この見事な融合が成功のカギだったとも思うわ。

キャストの撮影秘話なんかを聞いてると、NHKのスタッフも相当に楽しんでやってたみたいだから、

ほんとはみんなこういう楽しいのをやってみたかったんだろうね。

そういうスタッフのノリも良い方向に働いたんだろうと思うわ。

早くきこりさんがあまちゃんロスから抜けられますように!
11. Posted by きこり→コンさん   2013年09月30日 20:10
>ところで、冒頭の北鉄一部区間開通を祝うセレモニーに、
三陸鉄道の望月社長が映っていました。
そうだったんですか〜
最終回には久慈市のみなさんのたくさん出演されていたようですし、なんだか嬉しいですね。
>そのときのアキが着ていた衣装(靴も含めて)はすべてオープニング映像で着ているのと同じでした。
最終回は第一回目と輪のように繋がっていたような。
最後まで心地よかったですね。
12. Posted by きこり→Largoさん   2013年09月30日 20:47
>震災を、三陸鉄道を軸に描いたのに納得です。
ラスト、お座敷列車にから、正宗、水口、ヒロシが、ふとステージに目を逸らして車窓を眺めると、今はなにごともない海岸が・・・というシーンに思わず涙しました。
震災の描き方も、あのお馴染のジオラマで表現ってのにもうならされたし、途切れた線路がユイの人生にリンクしているところとか、市民の足である汽車と一緒に人々も再生していくのが伝わってきたよね。
わたしゃ、今まで、アイドルにしか興味なくてアキたちしか撮っていなかったミズタクが汽車に向かって手をふっているみなさんを写しているってことに感動したべ。ちゃんと北三陸の住人になったし、こころから復興を喜んでいたんだよね。
>能年さん、宮本さん・・・キャストの皆さん一人一人について小論文が書ける、という人がいっぱいいるんじゃないでしょうか(^^
そうそう!
クドカンの脚本って捨てキャラっがいなくて、
一人一人の人生をちゃんと描いてくれているから、
一人づつのドラマが見えるんだよね。
本当に、毎日15分の間にどれだけ心動かされたか・・そして、どの俳優さんもさらに魅力的に思える。やっぱりクドカンはすごいわ・・早く次の作品が見たいにゃ〜
13. Posted by きこり→HKmoviefanさん   2013年09月30日 21:18
コメントありがとうございます。
>ミズタクの師匠を師匠と思わないような態度にムカついてましたが、彼もまだまだあまちゃん、勉さんが叱咤激励したりなだめたり、教育的指導が必要ってことなんでしょうね…。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!ねぇ?ずっと穏やかに北三陸のみなさんを見守ってきてくれた勉さんが放った『琥珀なんか』にギョッとしましたが、勉さんのあまちゃん部分が最後にみられて嬉しかったです(笑
ミズタクはずっとあんな感じなんですかね〜
東京にいる時から北三陸へ、少しづつ成長しているようには思うんですが、アレがミズタクなんでしょうね。
>そのうち「琥珀堀りが面白くなくなったんです…」とふっと消えそうな気もするし…。
あるかもしれないですよね〜!
唐突にどっかの地方のアイドル見つけて、そっちを磨きにいっちゃうかも。
あるいは、思い付きでまったく別ジャンルにとか(笑
>種&ストーブ、吉田&大吉だけでも外伝ドラマ、看られませんかねぇ…?
そうですねぇ・・
私も実はストーブさんのことは気になっているんですよ〜(笑
なにかいい話が聞けるなら見てみたいかな〜
14. Posted by きこり→しゅあーさん   2013年09月30日 21:38
いや〜ありがとう〜
本当に楽しい6か月間だったよね。
>終わったね、とても素晴らしく花火のように美しい余韻を残して鮮やかに終わったね。
ホントだよね。
花火をみた後のように素直に幸福感に包まれたべ。
満足感しかねぇ・・
>キャストの撮影秘話なんかを聞いてると、NHKのスタッフも相当に楽しんでやってたみたいだから、
いや〜すごい優秀なスタッフだったよね。
クドカン、そんな詳しい説明をしなくても200%ぐらいの勢いでやってくれたんでしょ?
情熱と愛情が画面から伝わってきたもんね。
スタッフとキャストの最大限に引きだされた力がすべていい具合に結び付いた結果って感じだよね。
>早くきこりさんがあまちゃんロスから抜けられますように!
うう・・・。゚(つД`)゚。しばらくは無理かも・・
今夜は北三陸へ行って北鉄に乗る夢をみるわ〜(笑
15. Posted by emi   2013年10月02日 14:22
遅いコメントで申し訳ありませんm(__)m
まだ「あまちゃん」が続いているんじゃないかという、強烈な余韻というか、やっぱり寂しさ?というようなものが残っています。。。
半年間の記事更新、本当にお疲れ様でした!!
毎日、きこりさんの記事を読んで復習し、補完させていただいていました。
ありがとうございました!!

私はクドカンさんやキョンキョン世代より少し下なので、「80年代の小ネタ」については分からない所も少なからずあったのですが、分からなくても楽しく観ることが出来て、それはそれでとてもスゴイなぁと思いながらずっと観ていました。
各キャラクターが本当に活き活きとしていて、涙あり、笑いありが絶妙なタイミングで次々と起きていましたね。
>でも、笑った後に必ず何かが残る。
>その粒粒が心の中に残って、静かにはじけだす。
きこりさんのおっしゃる通りだと思います!
ただ楽しいだけではなく、心に深く残る素敵なドラマでした♪

最後の、オープニング映像をモチーフにしてアキとユイが走る場面が、私は最高に感動しました!
こうして最初から最後まで考えつくされたドラマというのは、観ていてとても気持ちが良いですし、ひたすら脚本家を尊敬してしまいます。
だから私も、これだけ完成されているのは続編というのは難しいと思いますが・・・でもスピンオフは観たいかな(笑)

まだまだあまちゃんから抜けれないというか、抜け出したくない状態ですが、秋ドラマも始まってしまいますね。
またご一緒できる作品がありましたらよろしくお願いいたします!!(リーガルハイは、私も観ます!!)
16. Posted by きこり→emiさん   2013年10月03日 06:22
おはようございます〜!今日はちょっと暖かいよね。
「あまちゃん」終っちゃったけど、私もまだ離れられないわ〜
北三陸のみんなに会いたいよ〜って思ってしまふ・・(ノω;`)
長くなりがちな記事を読んでくださって、ありがとう〜
クドカンのドラマはセリフがおもしろいから削りたくないのよ〜つっこみを入れるのも楽しかったよ。
>分からなくても楽しく観ることが出来て、それはそれでとてもスゴイなぁと思いながらずっと観ていました。
そうそう!クドカンのドラマは基本、分かるヤツだけわかればいいってスタンスなんだけど、わからない相手を突き放しているアレではないんですよね。
ちゃんと楽しめる作りになっている。
そして、小ネタをみつけたら、さらに楽しいという・・
このドラマで80年代が特別な時代になったんじゃないのかな・・
>最後の、オープニング映像をモチーフにしてアキとユイが走る場面が、私は最高に感動しました!
すがすがしく最終回のラストに連れて行ってくれましたよね。寂しさもあるんだけど、気持ち良かった。
そして、また二人の新しい季節が始まるって感じで
わくわくしました。
アンコールは送らないといいつつも、スピンオフがあったら誰よりも大喜びで見てしまう予感(笑
ぼちぼち秋ドラマ始まりましたね。
多分、書けて3本ぐらいかな〜(←弱気)と思ったりしますがいろいろおしゃべりしましょう♪
今季もどうぞよろしくお願いします。
17. Posted by コン   2013年10月07日 19:20
きこりさん、皆さん、今晩は。

1日(火)から5日(土)付の読売新聞の朝刊の東日本大震災の被災地の復興関連ページに、<あまちゃんがくれたもの>というのが連載されていました。
順に「海女」、「三陸鉄道」、「南部もぐり」、「まめぶ汁」、「琥珀」でしたが・・・。
ご覧になりましたか?

14日(月)は、総集編の放送がありますね。
今日、公開になったテレビ番組表で後編の概要を観てみたら、
「「東京編」と「帰郷編」の見どころを、ギュッと凝縮してご紹介します」って載っていました。
この『あまちゃん』は、「故郷編」と「東京編」の2部構成だと思っていたら、3部構成だったんですね、やっぱり・・・。
だから、夏、アキ、春子のナレーションだったわけだ。

ところで、10月14日は鉄道の日だそうです。
なんとまあ、これに合わせたかのように総集編の放送があるなんて・・・。
18. Posted by きこり→コンさん   2013年10月07日 23:21
>順に「海女」、「三陸鉄道」、「南部もぐり」、「まめぶ汁」、「琥珀」でしたが・・・。
ご覧になりましたか?
読売新聞はとってないので読んでないです〜
なんだか興味がそそられるタイトルですね。
>この『あまちゃん』は、「故郷編」と「東京編」の2部構成だと思っていたら、3部構成だったんですね、やっぱり・・・。
主人公はアキだからスタートの北三陸に来た故郷篇(この時点ではアキにとってはまだ故郷になっていない)と東京で生活をする「東京篇」そして、再び北三陸に戻ってきてアキにとっての本当の故郷になった故郷篇ですかね。
19. Posted by 凜太郎   2013年10月15日 18:01
毎朝の楽しみが終わってしまい、10月からは起きる楽しみがなくなってしまいました。
この人気ドラマを引き継ぐ、新番組は辛いですよね。
20. Posted by きこり→凛太郎さん   2013年10月15日 21:27
うちも朝は7時半に「あまちゃん」を見て、夜は晩御飯を食べながら「あまちゃん」でしたからね〜
「あまちゃん」終っちゃって、時間は空いたけど寂しいですよ〜
杏さんには申し訳ないですが、定番な雰囲気の『ごちそうさん』では物足りない・・・
なんとなくは見ているけど、夢中にはなれないです〜
21. Posted by コン   2013年11月01日 20:14
きこりさん&凜太郎さん、皆さん、今晩は。

ここ1週間で、あまちゃん関連本が続々と発売されていますね。
地元の書店で見つけたとき、つい手にとってしまっています。(笑)
 http://www.shufunotomo.co.jp/acx/amamisa/
 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163767703

明日から4日(月)までの3日間、NHK放送センターで開かれる『NHK文化祭2013』で、天野家のセットが公開されます。
 http://www.nhk.or.jp/bunkasai/t_studio511.html

一方、明後日、岩手県久慈市の三陸鉄道北リアス線久慈駅では、『第5回秋のさんてつ祭り』がおこなわれます。
 http://www.sanrikutetsudou.com/

ちなみに、明日と明後日、その久慈駅と普代村の堀内駅、そして田野畑村の田野畑駅が、
それぞれ北三陸鉄道の北三陸駅、袖が浜駅、畑野駅に変更されるそうです。
22. Posted by きこり→コンさん   2013年11月02日 22:30
>地元の書店で見つけたとき、つい手にとってしまっています。(笑)
やはりまだまだ終わりませんね。来年再放送されるって噂本当でしょうか・・
>それぞれ北三陸鉄道の北三陸駅、袖が浜駅、畑野駅に変更されるそうです
すごい影響力ですね。
あまちゃん、おそるべし・・
23. Posted by コン   2013年11月23日 18:30
きこりさん、皆さん、お久しぶりです。

今年の大みそか放送のNHK総合テレビの音楽番組『第64回NHK紅白歌合戦』の紅白PR大使に、能年玲奈さんが選ばれましたね。
 http://mantan-web.jp/2013/11/20/20131120dog00m200022000c.html

ということは、“紅白”で『あまちゃん』の音楽が聴けるのは確実と言っていいですよね!?
あとは、どんな感じになるのかだけですね☆
 http://mantan-web.jp/2013/11/23/20131122dog00m200045000c.html

ところで、先日、“紅白”で白組の司会を務める男性アイドルグループの嵐のメンバーの中から、大野智さんが南部ダイバーに挑戦。
その模様は、年末の嵐のドキュメントバラエティー番組で放送されるそうです。
 http://mantan-web.jp/2013/11/23/20131122dog00m200053000c.html
24. Posted by きこり→コンさん   2013年11月23日 21:51
>ということは、“紅白”で『あまちゃん』の音楽が聴けるのは確実と言っていいですよね!?
そうですよね。
てか、紅白であまちゃんメドレーが流れなかったら年越しできないですよ〜(笑
日本中が楽しみにしていると思います。
>ところで、先日、“紅白”で白組の司会を務める男性アイドルグループの嵐のメンバーの中から、大野智さんが南部ダイバーに挑戦。
それは楽しみですね〜
かなり難しいと思いますが大ちゃんの身体能力なら大丈夫でしょう。
25. Posted by コン   2013年12月24日 19:11
きこりさん、皆さん、今晩は。

『あまちゃん』特別編があとちょうど1週間後に迫った紅白歌合戦で生放送されるそうですよ。
また、特別審査員、応援ゲストとして、『あまちゃん』関係者の出演も決まったようです。
詳しくは、下記をどうぞ♪
 http://www1.nhk.or.jp/kouhaku/topics/20131224.html
 http://www1.nhk.or.jp/kouhaku/topics/20131224_guest.html

それにしても、この情報は、クリスマスプレゼントとなりましたね。
26. Posted by コン   2014年01月02日 17:22
きりこさん、皆さん、今晩は。

昨年のクリスマスイブの投稿、「ネタバレ注意!」って書けばよかったと、反省しました。すみませんでした。m(_)m

ところで、大みそかの『あまちゃん』特別編、よかったですね。
ただ、欲を言えば、いっそんと種市先輩の「南部ダイバー」も観たかったなあ。
27. Posted by きこり→コンさん   2014年01月02日 18:50
あけましておめでとうございます。
紅白の『あまちゃん』第157回良かったですね〜
まさか、こんなラストが用意してあるとは思いませんでした。
>ただ、欲を言えば、いっそんと種市先輩の「南部ダイバー」も観たかったなあ
そうですね。南部ダイバーも聞きたかったです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第155話「猫侍」 第一話