「小暮写真館」 第四回(最終回) 対岸の光「あまちゃん」 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ 

2013年04月25日

「家族ゲーム」 第2話

 ちょっとおもしろくなってきたかな・・・次回も見てみたいかも。
吉本荒野(と名乗っている男)が、今ある常識を破壊しながら歩いていく姿を見てみたいと思ったぞ。
そして、沼田一家の再生というより、完全に壊れて解体するところが見たいといういじわるな欲求が生まれたわ〜

 吉本(櫻井翔)の脅しによって、いじめはなくなるんかのう・・
ますます陰湿になったりしないのかちら・・
茂之へのいじめが無くなった分、他の子がさらにいじめられそうだよね。
てか、茂之め、自分で解決した訳でもないのに、調子にのってるふうなのが気になるぞ。
アンタはいじめっ子達の犬から吉本の犬に変わっただけだからな。
そこんとこ忘れんように。

 さて、吉本の「人殺したことあんだよ」発言にすっかりビビってしまった茂之(浦上晟周)は「1週間学校へ行ったら辞める」という提案に乗りましたぞ。
ペナルティーは「一日でも休んだら、吉本の犬になる」lこと。
で、朝から監視のため沼田家に来ている吉本・・・
ずうずうしく佳代子(鈴木保奈美)に朝ごはんを要求しております。

 登校した茂之には、もちろん更なるいじめが待っていた。
どんないじめに遭ったか作文に書かせ、音読させる吉本。

「『教室に入ると机に 死ねと書かれていました。
椅子には画びょうがびっしりと貼られていました。
画びょうを剥がそうとしたら先生が来たので、仕方なく椅子に座ったらお尻が血だらけになりました。
休み時間には、鞄をボール代わりに回し投げされて窓の外に 捨てられました。
昼食の時、弁当の中に泥を入れられました。
掃除の時、トイレの水を掛けられました。
そして 教室に戻っ…』」

 って、いじめレポートを聞きながら気持ちよさそうに眠ってしまう吉本って、いったい・・・・
その続きは・・・
『当たり屋のような山尾(いじめのリーダー)が自分で落として壊れた(嘘八百)携帯代として3万請求されました・・・』

 「とりあえず5千円貸して」と言われた慎一(神木隆之介)は、茂之がカツアゲされてると気づいたけど、お金を渡しました。
家族ゲーム (集英社文庫)




 一応、両親に伝えたけど、業務報告みたいな感じ。
私は伝えましたからね、あとはあんた達でなんとかして、という。
聞かされた両親も
「どうします?」佳代子
「「どうします?」って言われてもな」一茂(板尾創路)

 佳代子は自分では何も決められないし、決める意志もない。
一茂はとにかくめんどくさい。関わり合いを避けている。
茂之が家族にいじめの事を言わないのは、チクったことでいじめが加速するってこともあるけど、
訴えたのに家族が何もしてくれないってことを確認するのが怖いのかも。
誰も茂之のために動く者はいない。
窓の外からそれを見ながらつぶやく吉本。
「いいねぇ・・・」

 一茂の心を占めているのは、同じ会社の美人社員浅海舞香(忽那汐里)のこと。
食堂で財布を忘れて困っていた彼女を助けて以来、舞香の方から積極的に一茂にアプローチがあるのをいいことにデートしている。
連れて歩いても見栄えがするだけでなく、自分の自尊心をくすぐる美味しい事を言い続けてくれる舞香に一茂はぞっこんだ。

 どう考えても吉本の手の者でしょうよ・・・( ̄∀ ̄;)
でも、一茂は何の疑問ももたない。
そうなって当然の俺と思っている。
吉本にホテル街近くのオシャレなお店を尋ねる厚顔ぶり。
この彼のプライドがズタズタにされたら、どうなるのかな?

 吉本は現実を見ることを拒否し続ける佳代子をもじわじわと追い詰めていく。
ネクタイが最近派手になってきたと一茂の浮気をほのめかしたり、ご近所のみなさんが楽しそうに沼田家の噂をしていた事を再確認したりする。
「みんな言いたい放題。何にも知らないくせに」佳代子
「じゃあ、お母さんは何を知ってるって言うんですか?」吉本

 この表面的に平和な日常が断ち切られ、居場所がなくなれば佳代子はどうするだろう。
子供や夫に気を遣い、押し殺してきた自分自身を見出す日が来るんだろうか?

 山尾達のいじめはどんどんエスカレートしていく。
上納金を8千円渡したけど、殴るきっかけを与えただけ。
足りない分は1発1円に換算され、ボコボコになぐられる茂之・・・

 家に帰るなり倒れ込んだ茂之の服を脱がせた吉本は佳代子と慎一の前でいじめの証拠を突きつけるが、おろおろするだけの佳代子と静観を提案する慎一・・・・
「立ち止まることも、時には大切だよ。
しばらく休んでから、また自分のペースで歩きだせばいい」
「キャッハッハッハッハ!!
何、JPOPの歌詞みたいな事言ってんだよ?
休んで前向きになるヤツなんか、ホントにいると思うか?
やり直せる人間は、そもそも立ち止まったりなんかしないんだよ!」吉本
「・・・・・・・・・・・」慎一・佳代子・茂之
「今日は課外授業だ」吉本

 吉本は茂之を、ボコボコにされた場所に連れて行き、抵抗の仕方と逃げ方(経路つき)を教えました。
翌日、吉本の指示通りに動き、逃げ切った茂之は満足感。

 茂之のまさかの抵抗にいらだちを募らせる山尾達に接近した吉本は、
「これで終わりじゃないだろう。他の方法を考えればいいじゃないか」と、茂之いじめの入れ知恵をするのでした。

 一方、吉本の存在が目障りな慎一は彼のことを調べ始めました。
コレは家族のためと言うより、被害が自分の方にくるのを未然に防ぐため。
暴露されたくないことがいろいろあるのでしょう。
 GFの飛鳥(北原里英)の兄(東大生)のつてを使って吉本の学歴を確認。
さらに、吉本を尾行する・・・んだけど、もちろん気づいていた吉本は、茂之がいじめられている現場の近くに彼を連れて行くのでした。

 人が来ないトンネル付近に連れてこられた茂之はスタンガンでやられ放題。
それを反対側から携帯で楽しそうに写しているだけで、止める気なしの吉本に驚く慎一。
聞けば、いじめっ子たちにこの場所を教えたのは吉本らしい。
エンドレスに響く茂之の悲鳴・・・

「助けに行かないんですか?」慎一
「今、助けたら、アイツは何も変わらない」吉本
「見逃せって言うんですか?」
「安い正義感振りかざしてんじゃないよ!俺がいなかったら、お前、ただ突っ立って見てるだけだったろ?」
「・・・・・・・」

 耐えきれず、その場を立ち去ろうとした慎一の腕を掴み、逃がさない吉本。
茂之が許しを乞い、自分に屈したのを見て、満足げに山尾達は去っていきました。
スタンガンの効果をおもしろげに語る吉本に怒りを感じ「狂ってる・・」と捨て台詞を残し、慎一は、やっと茂之を助けにいきました。

 翌日10時を過ぎても部屋から出てこない茂之を吉本が迎えに来たぞ。
「もう学校には行きません。先生の勝ちでいいです。犬にでも猫にでもなりますから」茂之
勝負に負けた茂之は吉本の犬決定。
ご主人様からは、学校に行くよう命令が下りました。

 甘いな、茂之・・・
てか、制服を着せられ、無理やり引っ張られていく息子を見ても、何の行動も起こさない佳代子・・・
ここで身を挺してでも、息子を吉本の手から奪い取る気骨があればねぇ・・・

 さて、茂之ですョ、
昨日の今日だからねぇ・・・普通の人間なら行きたくないだろうさ。
校門近くで逃亡を図ったけど、すぐに捕まり、頭を掴まれ学校へ逆戻りさせられちまったわ〜

「痛いよ!やめてくれよ!痛いよ!やめろって!行きたくないんだよ!死にたくないんだよっ!
先生の言う通りだよ!俺が死ぬまで終わんないんだよ!
何で俺ばっかり、こんな目に遭わなきゃならないんだよ!」茂之
「死ぬのが怖いか?」吉本
「怖い・・・・死にたくない・・・・死にたくないです!!」茂之
「それでいい。
死を意識して、初めて生きている実感がわく。
生きている実感があって、初めて人に優しくなれる。
お前はよくやったよ!ご褒美やらないとな」吉本
茂之の頭を、わんこにやるようにわしゃわしゃにする吉本・・・・

 茂之と共に教室に入った吉本は生徒一人一人の宛名が入った「遺書」を配布。
そこには、その相手にいじめられたから死ぬと書かれていました。
「茂之君は、今度いじめられたら、自殺します。
もし、茂之君をいじめたら、この遺書を自宅に残して、死にます」吉本
「冗談じゃない。僕たちはいじめてません!」生徒A
「でも、そのいじめを黙認してたんだろ?!
あっ、そうそう、山尾君、園田君、竹下君、三井君、市原君、君たちは証拠付だ。見えるかな?」
昨日撮った動画を見せましたぞ。

「武器を使ってくれたおかげで、話題性十分だよ。
茂之が死んだら、これを学校、教育委員会、マスコミ各社に送りつける。
そしたら、オマエらも立派な犯罪者だ」吉本
「・・・・・・・・・」山尾たち
「こいつらだけじゃない。
こいつらのいじめを見て見ぬふりをしていたお前らも、みんな共犯だ!!」吉本
「これって脅しじゃないですか?!」生徒B
「脅しだよ。
いいか?俺はお前たちの先生でもなければ、親でもない。
今度茂之がいじめに遭ったら、オマエらの人生台無しにしてやるからな」吉本
「・・・・・・(しーーーん)・・・・・・」全員

 怯えきった生徒達に、にやりとして、吉本は去っていきました。
この状況に力を得た、茂之は初めて、自分の椅子が壊れており座れないことを先生に伝えることができました。

 茂之は吉本が自分のために動いてくれたと思ってるのかもしれないけど、これは吉本の闘いなんじゃないのか?
時々現れる男子生徒の幻・・・あれは吉本のせいで亡くなってしまった子なのか・・・・
過去に犯した罪への自分なりの償いをしているにすぎないのではないか?
沼田家は、そのためのステージだ。
偽善に満ちた世界、そのひとつひとつの家庭を破壊していきたいのかもしれない。

 吉本の調査を終えた慎一が、吉本に報告に来ました。
東大文欺仗伴圓法峙繁楾嗅遏廚箸い者はいたけど、アルバムに載っている顔写真は全く別の男だった。
「あなたはいったい誰なんですか?」
勝ち誇った顔の慎一でしたが、こんなことは想定内でしょう。
どんなふうに慎一と茂之をまるめこむのか、見せていただきましょう。

 てか、そもそもHPに「東大出身」って書いてあったっけ?
吉本が「文蟻感函廚辰童世辰討燭辰院聞き逃したのかな〜?
吉本のことだから、相手に言わせて肯定の体を取っていただけじゃ・・・

 そして、浮気道まっしぐらの一茂と、そのあからさまな証拠にショックを受ける佳代子。
逃げることは許されない。
ここが家庭として、すでに成立していないことを認めたまえ・・・

 第1話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
 第8話 第9話 第10話(最終話)

br_banner_tsubame

エンディングの嵐の「Endless Game」に高まりゅーーー!!
早く、歌ってる姿が見たい〜!!.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:57│Comments(15)TrackBack(10)「家族ゲーム」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 家族ゲーム「弟が家庭教師の犬になる!」  [ のほほん便り ]   2013年04月25日 16:32
家庭教師の、吉本荒野(櫻井翔)、「いいね〜ぇ」を口癖に、証拠写真をパシャパシャ撮りながら、怪演! 行動も、逐一、意表を突きまくりです 依頼主の沼田ファミリーも全員が、どっかクレイジーな感じで、一見、イイコの長男、神木龍之介(クセモノ役も似合う!)、イイ
2. 家族ゲーム〜朝目が覚めたら息子は悪魔の飼い犬に〜(櫻井翔)  [ キッドのブログinココログ ]   2013年04月25日 16:37
幼子が母親に殺されて埋められる世界である。 すぐそこにある危機は本人にとっては死ぬか生きるかの瀬戸際なのである。 死んだ方がマシだと思うほどの人生もなく消えて行く命。 認知症の母親はそういうニュースを見るとつぶやく。 「こんな母親、ぶち殺してやりたいわ」 「ど
3. 家族ゲーム (第2話・4/24) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2013年04月25日 17:30
フジテレビのドラマ『家族ゲーム』(公式)の第2話『弟が家庭教師の犬になる!』の感想。なお、森田芳光監督・松田優作主演映画『家族ゲーム(1983)』、と長渕剛主演ドラマ(1983)は鑑賞済。 初回は...
4. 家族ゲーム 第2話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2013年04月25日 17:36
『弟が家庭教師の犬になる! 内容 茂之(浦上晟周)が1週間続けて学校に通ったら、 家庭教師を辞めると宣言した吉本(櫻井翔) 翌朝、吉本は、沼田家の庭に現れ、ラジオ体操を始める。 慎一(神木隆之介)によると、どうやら、茂之の行動を監視しているよう。 佳代子(...
5. 【家族ゲーム】第2話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2013年04月25日 20:01
今はやりの「友達親子」ってあるじゃないですか。 あれって体のいい育児放棄だと思いません? 子供のことが可愛くてしかたがない。 だから彼らの世界には深入りをせず、外から温かく見守る。 でも、そ...
6. 家族ゲーム #02  [ ぐ〜たらにっき ]   2013年04月25日 20:02
『弟が家庭教師の犬になる!』
7. 家族ゲーム 第2話  [ shaberiba ]   2013年04月25日 21:30
ホントに1週間学校に行ったら辞めてくれるんですね? 辞めるって言ってるでしょ。けど・・  1日でも休んだら俺の犬になってもらう。 いいなりになるってことだよ。ワン♪ そんな交換条件のもと学校へ...
8. 家族ゲーム 第2話:弟が家庭教師の犬になる!  [ あるがまま・・・ ]   2013年04月26日 11:41
あなたは誰なの?(||゚Д゚)ヒィィィィ 卒アルの吉本は忍成くん!明らかに翔くんとは別人やん! 本物の吉本が忍成くんだとしたら、彼は今いづこ??? つか、偽名で登場て、リッチマン・プアウーマンの石原さとみかよっ! いづれはその事情や、本名が明かされるのかな? んで、...
9. 家族ゲーム 第2回★不愉快〜画鋲からスタンガンまでエスカレートするイジメ  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2013年04月26日 13:01
家族ゲーム 第2回 「弟が家庭教師の犬になる!」 陰湿で執拗なイジメを、これでもかと描いた第2話は”不愉快”でした。 極端で毒のある内容は、小生には社会派志向には見えず、”話題性狙い”に見えちゃいます。 小生は、平素はドラマはドラマだと割り切り、天海祐
10. 「家族ゲーム」2 ☆☆☆  [ ドラマでポン ]   2013年04月27日 03:28
いいねぇ! 一見優しげ、無害そうに見える家庭教師が 「お前らの人生、台無しにしてやる」 と宣言する場面ではぞくぞくしてしまいました(>▽<) そうですよ、自殺してから遺書 ...

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2013年04月25日 20:56
>てか、茂之め、自分で解決した訳でもないのに、調子にのってるふうなのが気になるぞ。
アンタはいじめっ子達の犬から吉本の犬に変わっただけだからな。
そこんとこ忘れんように。

私も思ったーー。
ちょっと調子に乗っちゃうところがのび太くんっぽい^^;
これ、また頭打たれるんだろうな〜。

> 一応、両親に伝えたけど、業務報告みたいな感じ。
私は伝えましたからね、あとはあんた達でなんとかして、という。

この両親がホントひどすぎる。
ウチだったら子供があんな目に遭って帰ってきたら大騒ぎだわ〜。
でも、大騒ぎがかえって良くない影響を与えるって事もあるんだろうなぁ。

>時々現れる男子生徒の幻・・・あれは吉本のせいで亡くなってしまった子なのか・・・・

だよね。きっとその子を二度と作らないための吉本の今なんだと思う。
スッキリ…とも言えない解決法だけど、仕方ないかなとは思う。
先が楽しみって言うよりも見逃せない感じ。
2. Posted by 高木一優   2013年04月25日 21:16
>そして、沼田一家の再生というより、完全に壊れて解体するところが見たいといういじわるな欲求が生まれたわ〜

そうですよねー、いじわるだけど家族が元に戻って、めでたしえでたしだったらカッガリしますよねぇ
あらかじめハッピーエンドが禁じ手といういじわるなドラマですよ、これわ
家族は崩壊し、いじめはなくならない、
でも、そんな世界にも希望はある、
吉本と茂之がハイタッチ(ロータッチかな)するシーン、少し希望が見えたかな
3. Posted by まこ   2013年04月26日 11:59
いやぁ〜、衝撃的な作品じゃわ!
翔さんってこげな演技も出来るんだっ!

んで、ストーリーもイジメられっ子といえども
何か茂之のキャラも今時でむかつくタイプの子だし
家族も表面上はよく出来た家族なんだろうけど
明らかに変!
主人公である吉本もけして正義の味方ではなく
むしろ不気味な存在で誰にも感情移入出来ないのに
目が離せんぞ〜!

不思議な魅力のこのドラマ。全て単純には
進まないんだろうから、先の展開が全く読めない!
4. Posted by きこり→くうさん   2013年04月26日 18:01
>ちょっと調子に乗っちゃうところがのび太くんっぽい^^;
これ、また頭打たれるんだろうな〜。
そうだよね〜
その繰り返しなんだろうな。
この子の反応も吉本の想定内なんだろうな〜って思う。
>この両親がホントひどすぎる。
ウチだったら子供があんな目に遭って帰ってきたら大騒ぎだわ〜。
うちもだよ〜騒ぎすぎもアレだろうなとはわかっちゃいるけど、騒がずにはいられない(笑
でも、無関心よりはマシか?とか思ったり(笑
板尾父さんはひどすぎだよね。
そして佳代子は何が心をブロックしてるんだろうね?
自分を出さないように出さないようにしている。
>先が楽しみって言うよりも見逃せない感じ。
そうだよね。
見届けたい気持ちっていうかね・・結局最終回まで記事書くような気がする〜(笑
5. Posted by きこり→高木一優さん   2013年04月26日 18:04
>あらかじめハッピーエンドが禁じ手といういじわるなドラマですよ、これわ
そうですよね。
一回目で現実は甘くない、もっと厳しい!とか言い切っちゃってますからね〜
型通りのハッピーエンドなんて、誰も期待していないし、それじゃないはず。
で、まずは破壊ですな(笑
>吉本と茂之がハイタッチ(ロータッチかな)するシーン、少し希望が見えたかな
そうですね。
本気かどうかわからないけど、吉本の笑顔に茂之が救われたんだとしたら、それでいいっていうか・・・
茂之が変わるきっかけに十分なりますもんね。
6. Posted by きこり→まこさん   2013年04月26日 18:14
>翔さんってこげな演技も出来るんだっ!
そうだよね〜
てか、この内容というかセリフというか、事務所的にオッケーなんかい?と、ちょっと心配になったぞ(笑
でも、なんか新しい翔さんって感じでいいよね。
>主人公である吉本もけして正義の味方ではなく
むしろ不気味な存在で誰にも感情移入出来ないのに
目が離せんぞ〜!
コレ、不気味だからいいのかも。
普通に正義バンバン押し出してくる男だったら、
私は絶対見ないわ(笑
邪悪なものも持っているのがわかるから、見ていられるのかも。
これでいじめがなくなるのかもしれんけど、家族はあいかわらずバラバラ・・
どうなるんか、見ずにはいられないよね。
7. Posted by えふでぃ   2013年04月26日 22:17
いやあ…これって違うっしょ?
8. Posted by えふでぃ   2013年04月26日 22:21
ごめんなさいね

ワタクシはジジィなもので…
昔のが良いですわ
9. Posted by ツバッキー   2013年04月27日 11:46
だいぶんだいぶん現代風にアレンジされてますよね。
しかし桜井はああいうおかしい感じの役はぴったりな気もします、やっぱ(-_-;)  ああいう役だとあの目つきのヤラしい感じが生きてくるというか(笑)


いじめシーンは最近のドラマの生ぬるさのなかでは
壮絶で、ええんかなって感じだったけど
きっとああいう以上のことがあるんだろうなぁ、今・・


沼田一家のあの取り繕ってるけど実は崩壊っていうのは・・・ああいうの吉本が一番い嫌いな家族ごっこなんだろうなーと思ったり(長渕作品でもそこの部分はそんな感じだったような・・・)

あと板尾が、コントみたいでしたね(笑)
10. Posted by きこり→えふでぃさん   2013年04月27日 22:35
>ワタクシはジジィなもので…
昔のが良いですわ
私は、長渕さんのは見てないんで映画の印象が
強いんですが、まるっきり別ものと思って見ています(釻ー釻) フフ
11. Posted by えふでぃ   2013年04月27日 22:59
映画って…
松田サイコ〜!

家族ゲームはやっぱりアイツに限らあね
ワタクシはジジィですからのぅ…

12. Posted by きこり→ツバッキーさん   2013年04月27日 23:03
>ああいう役だとあの目つきのヤラしい感じが生きてくるというか(笑)
そうだよね〜
意外と、こういう感じの方がいけるのね〜っていうか・・
今までの爽やかすぎる役の方がアレだったのかも・・(笑
いじめの場面は長く感じたよね。
でも、日々ニュースになる内容とか考えても
リアルないじめなんだろうなぁ。
ツバッキーさんは長渕さんの見てるのね〜
イメージだと常に怒っていそうだけど・・(´∀`;)
吉本のHPを見て(東大絶対合格!みたいな)応募してくるような家庭はすでに吉本のターゲットになってるのかも。沼田家はその典型なんかね・・
>あと板尾が、コントみたいでしたね(笑)
どうしてもね、そうなっちゃうよね〜(笑
13. Posted by きこり→えふでぃさん   2013年04月28日 15:00
優作は唯一無二の存在ですからなぁ・・・
14. Posted by えふでぃ   2013年04月28日 22:21
探偵物語とか、以前の名作も記事にしてやって下さい。

こぉんな素晴らしい作品あるんだぜぃ!
って…
15. Posted by きこり→えふでぃさん   2013年04月29日 21:35
>探偵物語とか、以前の名作も記事にしてやって下さい。
いや〜ちょっと、そこまでは・・・(-。−;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「小暮写真館」 第四回(最終回) 対岸の光「あまちゃん」 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ