「まほろ駅前番外地」 第2話 麗しのカラオケモデル、探します日曜劇場 「とんび」 第2話

2013年01月20日

「泣くな、はらちゃん」 第1話 あなたが笑えば、世界は輝くんです!

 「世界」が変わったよ!゚+(b゚ェ゚*)+゚
ギターの弦が6本になり、メロディーが生まれた。
はらちゃんが「神様」に影響を・・・?
自分たちのために「世界」を変えたいと思ったはらちゃんだけど、これからは越前さんの幸せのために
動き始めるようですなぁ・・・
がんばれ、はらちゃん

 さて、暗い部屋に閉じこもった女性が、コワイ顔でノートに漫画を描いてますョ〜
主人公は「はらちゃん」・・・
真っ赤なスタジャンを着て、ギターを背負い、居酒屋で飲んでクダを巻いております。
お仲間はマキヒロ(賀来賢人)とあっくん(清水優)。
その居酒屋には、はらちゃんのマイナスオーラ溢れる会話を聞き「殺すしかないね!」とけしかけるユキ姉(奥貫薫)と一人飲みしながら笑っている(笑っている理由は不明)笑いおじさん(甲本雅裕)もいる。
どうやら、この女性は日々の鬱憤を漫画にぶつけストレス発散しているようです。

 はらちゃんは、ユキ姉の誘いには乗らず、自己完結して歌う。
「世界中の敵に降参さ 戦う意志はない 世界中の人の幸せを祈ります
世界の誰の邪魔もしません 静かにしてます
世界の中の小さな場所だけあればいい
おかしいですか?人はそれぞれ違うでしょ?でしょ?でしょ?
だからお願い かかわらないで そっとしといてくださいな
だからお願い かかわらないで 私のことはほっといて」

 満足したのか、女性はノートを閉じて寝てしまいました。
彼女の名は越前さん(麻生久美子)。31歳。ふなまる水産のかまぼこ工場で働いている。
黙々と仕事をしており、人付き合いは得意じゃない方。
てか、同僚のパートのおばちゃん達との付き合い、特に長沼さん(稲川実代子)の理不尽な態度に怒りとストレスを感じているけど、言い返すことができず強いストレスを感じております。

 今日も長沼さんがかまぼこを雑に仕上げたのを見てしまったので、穏やかに注意したけど無視されちゃった。
気になるので自分が処理したら、そこを見られ、「嫌ぁねぇ!ホント細かくて!」と嫌味を言われた上に悪者扱い。
パートリーダーの矢口さん(薬師丸ひろ子)に諭され、謝らされてしまいました。
工場長の玉田(光石研)も矢口さんの言いなり。誰も越前さんの気持ちをわかってくれない。

 この工場には越前さんより若い紺野(忽那汐里)もいるけど、特にこコミュニケーションはない。
紺野は越前さんのはっきりしない態度にイライラしており、バカにしているふしもある。

 男性社員の田中君(丸山隆平)は、どうやらそんな越前さんに片思い中みたいだけど、こちらも思っているだけで意思表示する度胸はなし。

 「越前、陰気くさい!」そんなおばちゃん達の声を背に退社する越前さん。
もやもやした気分が収まらないわ〜!
越前家は母秀子(白石加代子)と弟ひろし(菅田将暉)の3人家族。
(白石加代子さんがお母さんって、なんかスゴイ・・(´∀`;))
帰宅すると部屋にこもり、ペンを取り・・・「はらちゃん」の世界へGO!よ。

 越前さん、長沼さんには言えなかったことをはらちゃんに言わせ、マキヒロとあっくんに同意させております。
「殺すしかないね」いつものようにユキ姉が誘います。
「はぁ?!」いつものように驚くはらちゃん
でも力つきて、越前さんは眠ってノートを落としてしまいました。

 ノートが閉じると、はらちゃん達の世界ではキャラクター達は自由に動くことができるようです。
キツイポーズから解放され、ほっとしているわ〜
みなさん、エンドレスなマイナス思考展開にうんざりきているようです。

「何か、最近、ずっと同じじゃないですか。毎日、毎日、同じこと喋ってるような気がするんだけどなぁ。
大丈夫なんですかねぇ・・・この世界は」はらちゃん

「俺だってね、たまには意味のあること喋りたいっスよ。いっつもいっつも『だよね』とか『そうそう』とか、そんなんばっかりスョ!全く言う意味もないでしょ!何の意見もないでしょ!はらちゃんに賛成するだけで!」マキヒロ

「ユキヒロはまだいいですョ。意味がある方じゃないですか、まだ。はらちゃんの言ってることに同意するという意味が。
僕なんてね・・まぁまぁまぁ、飲みましょうって、そればっかしの人生ですョ・・・・゚・(゚`Д´゚)・゚・
僕には生きてる意味がまるでない・・からっぽの人間ですョ・・・意味のある人間になりたい!
そう思うことはいけないことですか?いけないことですよねーーー!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」あっくん

「俺にも言わせてもらっていいか?俺にはな、名前もないんだぞ。
なんだよ?『笑いおじさん』って。ふざけんな!しかも、しかもだよ、笑ってるだけだよ、俺は。笑ってるだけ。
何がおかしくて笑ってるかも、わかんないんだよ!わかんないよっ!
まぁ、まぁ、な、多くは望まないよ。本当なら名前が欲しいけど、そんな高望みはしない。
せめて、せめて、何で笑ってるのかだけでいいから、それだけでっ・・・。゚(゚´д`゚)゚。」笑いおじさん

「嫌な世界だねぇ・・みんなが自分が一番かわいそうだって言ってさぁ・・・
こう見えてね、私だっていろいろあるわよ!たまには私だって前向きなことが言いたいわよっ!」ユキ姉さん

 みなさん、そうとう溜まっているようです・・・(´∀`;)
設定だけじゃなく、キャラクター構成にも強い不満が・・・。
そんなメンバーをなごまそうと歌うはらちゃんでしたが・・・ユキ姉さんから衝撃の事実が告げられました。
「それは歌じゃない。歌にはね、「メロディー」ってものがあるんだ。それにね、ギターの弦は本当は6本だ」

 =( ̄□ ̄;)⇒ ガーーーン!んな馬鹿な!
越前さんが描き忘れたせいで、はらちゃんはギターの弦は3本だと思っているのです。
歌っているつもりだったけど、朗読になってたし・・・

 実はユキ姉は、昔、もうひとつの世界に行ったことがあるらしい(そこで「銭ゲバ」な夫に苦労したのね)
自分たちを作った神々の住む世界。
「最近、何だか、この世界が暗く重たいのは、おそらく、我々の神様が機嫌が悪いからだ」ユキ姉
はらちゃんは「ここではない別のところ」へ思いを馳せるのでした。

 でも、はらちゃんがそこへ行く日は突然やってきましたョ〜。
越前さんが仕事で留守の間に弟のひろし(菅田将暉)(HPには『バカでダメなつまらない弟と』)が部屋に入りこみ、ノートを窓から捨ててしまったのです。
何故、こんなことを?!弟・・・・(。・д・ノ)ノ

 で、自転車で運ばれ、風でページがめくれたせいで世界への入り口が開き、はらちゃんが飛び出しました。
って、雨と振動と共にくずれていくはらちゃんの世界にヒヤヒヤしたよ。

 はらちゃんは越前さんのいる町に現れたところを田中君の車に轢かれそうになったおかげで、田中君の心の神様である越前さんに偶然会うことができたのさ〜。
この辺の会話が長瀬君のバカパワー爆発でおもしろかった〜!

「もしかして、あなたが神様ですか?」は
「いえ・・・田中です」た
「田中?珍しい名前ですね」は
「えっ・・・・そうでもないけど・・・」
「わたし、はらちゃんと申します」
「はぁ・・原さん・・原田さん?」
「いえ、はらちゃんです!」
「あぁ・・・はいはい、はらちゃんね・・(どうやらおバカさんらしい)」
「失礼ですが、田中は神様じゃないんですか?」
「ええ。残念ながら」
「じゃあ、神様はどこにいるんですか?お願いです田中!教えて下さい」
「あのお!呼び捨てじゃなくて、田中に「さん」とかつけてもらっていいですか?!」

 子供のように、見るものすべてが発見の連続で、ナイスなリアクションを見せるはらちゃん。
かまぼこ工場に着いてからも工場長からかまごこを試食させてもらい大感激(わたしゃ、味覚ないんじゃ?って思ってたけど、ちゃんとあるのね)。
 でも、例によって長沼さんの態度を受け入れている越前さんの姿を見てしまい、「世界」への危機感を募らせ、越前さんに訴えてしまいました。

「しっかりしてください!あなたは神様なんですよ!
神様、お願いします。あなたが幸せでないと我々の世界は曇ったままなんです。
どうか幸せになって下さい!そのために頑張って戦って下さい!
お願いです、神様、世界を変えて下さい!あなたが笑えば世界は輝くんです!」

 はらちゃん、かなりいいこと言ったよ!
でも、越前さんには何のことやら・・
しかも、はらちゃんが涙目になって叫べば叫ぶほど、こちらの世界では変人レベルがアップし・・
結局、派出所に連れてかれてしまいました。

 警官は小松和重さん。
きっと、毎回はらちゃんが捕まって、ここに入れられるんだろうなぁ・・・(* ̄m ̄)

 ギターを抱えて困惑しているはらちゃんを何故か百合子さんが訪ねてきました。
「自分の住む世界を変えたいんだよね、君は?
それを、人に頼むんだ?人のせいなんだ?自分が変わらずに世界は変わらないよ」

 どうやら百合子さんが、この物語のキーマンのようです。
百合子さんははらちゃんのことを知っているみたいだったし・・・
越前さんの漫画は彼女が尊敬する漫画家矢東薫子を真似したものなんだけど、もしかして、彼女がその漫画家なのか?
大らかでふんわりしていて、ミステリアスな雰囲気だけど地に足がついた感じ。
薬師丸ひろ子さんの存在が画面を引き締めるなぁ・・
彼女の存在が、はらちゃんと越前さんを変えていくのでしょうか。

 その頃、越前さんは、とぼとぼと帰路についております。
「私が幸せになろうが、世界なんて変わらないわよ」

 不審者はらちゃんは派出所に留めておかれる運命のようでしたが、港に放置されていたノートを越前さんが発見し開いたことで、はらちゃんは漫画の世界に帰ってこられました。
さっそく、メンバーに神様の世界を報告するはらちゃん。
「素敵な方でしたよ。私達の神様は。私はね、神様に自分の気持ちをぶつけました。
・・・・私のしたことが正しかったのかどうか、なんだかわからなくなりました。
歌を聴くこともできなかった。でも、素敵なとこだったなぁ〜

 越前さんの世界は相変わらず。
長沼さんはズルくて憎たらしいし、田中君が密かに「悪魔」と呼んでいる清美は辛辣。
そんな彼らの言葉に、いちいち傷つく自分が情けない。

 (キ゚皿゚)凸きーーーーーーー!!
こんな世界滅ぼしてやる!
いつも以上に酒癖が悪く描かれたはらちゃんは、自分自身のことを「変態男」と罵るはめになり、ヤケになったはらちゃんは、ついにユキ姉の言葉に乗って、居酒屋で高笑いしながら散弾銃をぶっぱなすのでした。

「何か前よりひどくなってしまったような・・・」ユキヒロ
「荒れてますよね、明らかに神様・・」あっくん
「俺の存在は・・・・忘れちゃったみたいだな」笑いおじさん
「私のせいですね・・・すいません。私は神様を怒らせてしまったようです。
世界を悪い方向に向けてしまった・・・すいません」はらちゃん

 落ち込むはらちゃんでしたが、ばん回のチャンスはすぐにやってきました。
部屋を掃除に来た秀子がハエを退治しようとして、ノートごと窓から放り投げてしまいました(どうなってるんだ、この家族は?)
はらちゃんが降り立ったのは、清美の自転車の荷台。
彼女は仕事を終えた後、サングラスをかけて、人気のない神社付近で路上ライブをやっているらしい。
本物のギターを見せてもらって、メロディーのある歌を聴いたはらちゃんは、ヘレン・ケラーの『ウォーラー』状態。
感動しているとこに、越前さんが現れたんで、すぐに追いかけましたョ〜

「か〜み様あ〜!お願いします。どうしても謝りたいことがあるんです。
私は、自分のこと、自分の世界のことだけ考えていました。そして私は神様にお願いをした。
どうか幸せになってください。そして世界を明るくして下さいと。
でも、それは、自分勝手なお願いなのかなと思いました。
だから、神様が幸せになるためだったら、私は何でもします。この命を投げ打ってもかまわない」

「だから!私はそういう人間じゃないって言ってるじゃないですか!
世界がどうとか、いいですか?私はね、嫌いなんですよ、そういう自分の能力とか過信している人間が。
世界に何かを発信したいとか言ってる、あの人みたい(清美のこと)のが一番。
私は、そういう世界を動かすような人間じゃないし、そういう無意味なうぬぼれもありません。
とにかく、私はあなたの言っているような特別な人間じゃないんです!
ちっぽけなどうでもいい存在なんです。かいかぶりは止めて下さい。迷惑です」越前さん

 またまた神様を怒らせちゃった・・・。
おまけに、ノートを発見した越前さんは、漫画を見たはらちゃんがはらちゃんのフリをして彼女をからかっていると思いこんだようです。
違うのにぃ〜

 でも、はらちゃんにぶつけた言葉が全部自分にはねかえってくる・・・
なんて寂しい人生なんだろう・・・
「ヘタな漫画・・・」

 人との関わりをさけておどおどと生きてきた越前さんが、はらちゃんとの出会いで世界を見つめなおした時、はらちゃんが手にしているギターには弦が加えられ、♪マークが書き足された。
はらちゃんたちの世界が幸福感につつまれていることを知らない越前さんでしたが、もう彼女の世界も変わり始めている。

 何て不思議なストーリー。
でも静かなメッセージが伝わってくる、かわいいドラマですなぁ・・・
もしかして、この設定に乗り切れない方もいるかもしれないけど、おもしろくなりそうな予感。
岡田惠和さんの新しいチャレンジをわくわくしながら見守りたい気持ちで一杯ですわ〜
はらちゃんに成りきっている長瀬君は最高。
これは視聴決定です。

 第2話 恋したけど片思い
 第3話 両思いになる方法
 第4話 涙のバレンタイン
 第5話 もう会えないの?
 第6話 家族になりましょ
 第7話 ずっと一緒
 第8話 神様のナゾの真相
 第9話 2人が選んだ結末
 最終話 私の世界

こたつ
「嵐にしやがれ」でも独特のアニキぶりを見せた長瀬君。
ピュアと言っていいのか、何なのか・・・ジャニーズ的にも唯一無二の存在だあることを再確認したわ〜(*^m^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 泣くな、はらちゃん  [ AKIRAのドラマノート ]   2013年01月20日 11:52
初回の感想 
2. 「泣くな、はらちゃん」第1話★ギターの弦は6本。歌にはメロディー  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2013年01月20日 12:00
泣くな、はらちゃん 第1話 『泣くな、あぽやん』・・・違う。 原作のコミックがあるのかと思ったら、オリジナル作品なんですね。 で、ヒロイン・越前さんが「麻生久美子」っていうキャストがシブい。 (これが女優だ!! まいったか!ゴリ押し書店のヒロイン!)
3. 泣くな、はらちゃん 第1話の感想  [ オタクと呼ばないで ]   2013年01月20日 12:09
日本テレビ系で放送された「泣くな、はらちゃん」第1話の感想などこのタイトルのネーミングからして、あまり見たいとは思わなかったのですが一応見てみました。で、嫌な予感は当たったのかなあというのが正直な感想です。裏でやってたスペシャルドラマ「野良犬」の方を見れ
4. 泣くな、はらちゃん #01  [ ぐ〜たらにっき ]   2013年01月20日 12:12
『恋するヒーロー!!』
5. 泣くな、はらちゃん 第1話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2013年01月20日 12:39
第1話 「恋するヒーロー!!」 かまぼこ工場で働く女性・越前(麻生久美子)は、職場で溜まった鬱憤を、こっそりノートに漫画を描くことで晴らしていた。
6. 「泣くな、はらちゃん」第一回 麻生久美子さんが美しすぎる  [ 今日も何かあたらしいドラマ ]   2013年01月20日 12:53
「泣くな、はらちゃん」第一回、期待しすぎたのか途中で眠くなった。 拡大版で長すぎたのか?特に、はらちゃんが現実世界にワープする所とか、 一回やればもうわかっちゃうCGなのに、もうしつこいってば...
7. 【泣くな、はらちゃん】 第1話 初回感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2013年01月20日 13:10
行って来ましたよ。 神様の世界はホントにありました。 ステキな方でしたよ。私達の神様は。 私はね、神様に自分の気持をぶつけました。 「どうか幸せになってください。そうでないと私達の世界は曇ったま...
8. 泣くな、はらちゃん (第1話・1/19) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2013年01月20日 13:51
日本テレビ系ドラマ『泣くな、はらちゃん』(公式)の第1話『恋するヒーロー!!』の感想。 題材は面白い! 漫画の登場人物が漫画の世界から作者の世界へ飛び出して…と言う話らしい。漫画や小説で...
9. 泣くな、はらちゃん「恋するヒーロー!!」  [ のほほん便り ]   2013年01月20日 15:15
かまぼこ工場に勤める、やや内気なヒロイン、越前さん(麻生久美子)の趣味のマンガ世界が実在するなんて… なんだか、子供たちが見てない間に玩具が動き出す「トイ・ストーリー」みたいなオハナシですよね。 薬師丸ひろ子や、今が旬の忽那汐里が「あくま」と呼ばれる趣
10. 泣くな、はらちゃん 第1話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2013年01月20日 15:34
越前さん(麻生久美子)は、地味で真面目で言いたいことの半分も言えない性格です。 彼女はかまぼこ工場で働いていますが、お局の長沼さん(稲川実代子)に理不尽なことをされても謝ってばかりです。 そ...
11. 泣くな、はらちゃん 第1話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2013年01月20日 18:12
『恋するヒーロー!!』 内容 かまぼこ工場に勤める越前さん(麻生久美子)は、 どうしても、言いたいことが言えない。 パートリーダーの矢口百合子(薬師丸ひろ子)からは、 言いたいコトの言えない越前さんが悪いと言われてしまう。 越前さんの発散法は、日記代わりに...
12. 泣くな、はらちゃん(長瀬智也)と言ってもきっと泣くのよね(麻生久美子)  [ キッドのブログinココログ ]   2013年01月20日 22:11
♪〜しゃくなげの花をください。五本の束でください。お金ならあります。ウチにはそんなもりありゃしねえ。おととい来やがれ。・・・そうですか。・・・誰が三日月くんの歌を歌えといった。 ちなみにしゃくなげの花言葉は「危険」「警戒せよ」である。割と好きな花だと言える
13. 働くとは、どういう事でしょうか?  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2013年01月20日 22:44
「あなたが笑えば世界は輝くんです幸せになって下さい」「自分が変わらずに世界は変わらないよ」「おひさま」「ちゅらさん」の岡田惠和が脚本のドラマ泣くな、はらちゃん出演は麻生...
14. 泣くな、はらちゃん 第1話:恋するヒーロー!!  [ あるがまま・・・ ]   2013年01月20日 23:02
神様ビンゴ!( ̄ε ̄〃)bグッ!! 偶然にも、田中(さんw)にとっての神様と、はらちゃんにとっての神様が一致してた! 年代的に、田中は紺野さんの事が好きなのかと思いきや、彼女は悪魔らしい しかし越前さん!!!かまぼこ工場で、あんなオバハン達に囲まれてたら そりゃ..
15. 泣くな、はらちゃん一話&dinner二話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2013年01月21日 03:38
■泣くな、はらちゃん一話 どこか懐かしい感じがする港町。かっぽう着姿でかまぼこを作る麻生久美子。これだけでサイコー。鏡の前で、笑わなきゃと笑顔を作る麻生久美子が超かわいい。。港町の雰囲気と、切ない音楽と、おとなしいけど素敵な麻生久美子の役柄の越前さんだけ
16. 「泣くな!はらちゃん」1 ☆☆  [ ドラマでポン ]   2013年01月21日 16:50
奇想天外、漫画の人物が現実に飛び出した! 自分たちが居る漫画の作者を「神様」と呼ぶ”はらちゃん”(長瀬智也)。 現実世界に出て、初めてあった人の手を握りしめ 「神様に会わ ...
17. 泣くな、はらちゃん 第1話 簡単感想  [ 昼寝の時間@R ]   2013年01月23日 16:21
漫画の世界に住む一人の男が、「現実」の女性に恋をした・・・ ・・・。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/1-a7e6.htmlこの記...

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2013年01月20日 13:16
いいよねーーいいよねーー。
大好きだわ。この世界。
岡田惠和さんと河野Pのタッグは「銭ゲバ」以来。
あれとは全然違うけど、独特の世界観が素敵だよね^^
何より長瀬が本当に可愛すぎる〜。
ちょっと「マッキー」を思い出した。
幸せな気持ちになれそうなドラマはいいよね。
1クール、とっても楽しめそう。

本当に今期は良い物が多くて、レビューがおっつかないわ〜(+o+)
嬉しい悲鳴だ。
2. Posted by しゅあー   2013年01月20日 16:26
私もハマリましたよ!

一歩間違えれば完全にシラケるようなプロットだと思うんだけど、ある意味、牛肉は腐る直前が一番おいしい的バランス感覚で(違うか!?(≧▽≦))、ものすごい逆転の発想の視点から深いテーマを見せてくれてる気がします。

ほんと、薬師丸が良いね〜!
あと、音楽もすごくいいなと思いました。

なんか今期はきこりさんと一緒に楽しめるものが複数あってめっちゃ嬉しいわ〜!
3. Posted by かえ   2013年01月20日 19:18
神様のいる世界で目にする物がとにかく珍しくて
子供のようにはしゃぐ長瀬君が可愛かった〜。
ギターの弦が6本になって歌にもメロディーが付いたし
こうやって少しずつ二つの世界が幸せな気持ちに
なっていくのが楽しみですね^^
4. Posted by きこり→くうさん   2013年01月20日 19:46
楽しかったよね〜
いい感じの一話目だったと思うわ〜
>あれとは全然違うけど、独特の世界観が素敵だよね^^
ホント、ホント。
はらちゃんたちの世界とこっちの世界、2倍楽しめるかんじだよね。
キャスティングもおもしろそうな人ばっかりだしさ〜
>何より長瀬が本当に可愛すぎる〜。
ちょっと「マッキー」を思い出した。
こういう役やらせたら、右に出る役者さんがいないよね。
かわいくて純で輝いてるわ〜(* ̄m ̄)
今季はどれを書くかで悩まされるよね〜
火曜以外は1本に絞るよ〜
5. Posted by きこり→しゅあーさん   2013年01月20日 21:59
>一歩間違えれば完全にシラケるようなプロットだと思うんだけど
そうだよね。危険なドラマだよ(笑
でも、さすがにうまくまとめてるし、突飛な設定なのに自然だぞ。
はらちゃんに直接働きかけたのは百合子だけど、
それを受けたはらちゃんが変わり、そんなはらちゃんの言葉を受けて越前さんが変わり、はらちゃんの世界が変わった。
なんだかすごくおもしろいよね。
百合子さんの存在も気になる〜
以前にユキ姉が外の世界に出た時に会ってたりして・・
今季はいろいろ話せそうだね〜
6. Posted by きこり→かえさん   2013年01月21日 06:27
>子供のようにはしゃぐ長瀬君が可愛かった〜。
こういう純真な役は長瀬さんの真骨頂だよね。
おバカなんだけど、まっすぐで、優しさに満ちていて。
って、はらちゃんはいつもあの服装なのね(笑
越前さんがビジュアル変えないかぎり。
とにかく気になるキャラがいっぱい。
越前さんの弟もよくわからんけど、気になるわ〜
そして、漫画の中のキャラたちの設定もあのままなのか・・・見守りましょう〜♪
7. Posted by ヨーコ   2013年01月21日 06:33
長瀬君はこ〜でなくちゃ〜!最高だったよ〜!
長瀬君を見ると「健やか」という言葉が浮かぶんだよね。年を重ねても健やかに天真爛漫でいられる人って貴重だと思うから、貴重な長瀬君をずっと見守っていきたいわ〜。
エンディングのTOKIOの曲は長瀬君が作ったみたいなんだけど、忽那さんと原ちゃんが歌っていた挿入歌は誰が作った曲なんだろうね?あっちの方が気になったわ〜。妙に耳に残っちゃうし(笑。
良いメンバーで期待大!次週も楽しみですなっ!
8. Posted by まこ   2013年01月21日 20:14
>百合子さんははらちゃんのことを知っているみたいだったし・・・
>越前さんの漫画は彼女が尊敬する漫画家矢東薫子を真似したものなんだけど、
>もしかして、彼女がその漫画家なのか?

わぉ!そうだったのか!ボォ〜っとして見逃してたのか
書店で彼女が手にした本にはらちゃんそっくりの
人物が描かれててあれ?って思ったけど・・・
ふむふむ、それなら薬師丸さんを起用した意味があるわー!
ただのかまぼこ工場のおばさんじゃなかったんだ…

それを知ったら、ますます楽しみになってきましたぞ!
舞台としては越前さんの日常を描いてるけど、
そこで繰り広げられる出来事は、めちゃくちゃ非現実的な世界。
だけど、そこで語られる言葉は妙にリアルで胸にせまってくる。
このファンタジーな雰囲気、好き〜♪

そして、はらちゃんな長瀬くんがしゅてき!!!

土日は切なくてくるあったかいドラマが続くので
涙腺がうるうるしっぱなし!!!
9. Posted by きこり→ヨーコさん   2013年01月21日 21:14
>長瀬君はこ〜でなくちゃ〜!最高だったよ〜!
いや〜いいよね〜!長瀬君らししいつきぬけた役だよ。
こういう長瀬君が好きさ〜♪
言うたら何やけど、結構いい年なのに、こういう純真な役ができるってすごいと思う。
漫画の世界が少しづつ変わっていって、笑いおじさんやユキ姉さんたちも幸せになってくれたらいいよね。
>妙に耳に残っちゃうし(笑。
はらちゃんの歌は残るよ(笑
最初、なんで朗読みたいに歌ってるんだろ?って思ったらちゃんと理由があった(笑
ラストにちゃんとメロディーがついて、おおおーー!w(*゚o゚*)wって思ったよ。
忽那さんの歌もかわいかったね〜
次回ははらちゃんがどんな発見をするか楽しみだよね(*^^*)
10. Posted by きこり→まこさん   2013年01月21日 23:02
>書店で彼女が手にした本にはらちゃんそっくりの
人物が描かれててあれ?って思ったけど・・・
いや〜単なる予想なんだけどさ、薬師丸さんだし、な〜んかやってくれるんじゃないかと(笑
てか、越前さん、まるっきり矢東先生の描き方まんまじゃん!
尊敬する先生の絵でうっぷん晴らしとは、いかがなものか・・(笑
>だけど、そこで語られる言葉は妙にリアルで胸にせまってくる。
そうそう、木皿泉先生の世界とも通じるところがあるような・・
私も大好きな世界よ〜ヽ(o´∀`o)ノ
そして、真面目なんだけど笑えるし、何気ない場面で泣けたりする。
岡田恵和先生だから安心しつつも、思わぬしかけがありそうで、ドキドキもしてますよん。
こちらでは「タイガー&ドラゴン」再放送していて、やっぱり長瀬君いいよなぁ〜と思いつつ、こっちの長瀬君にも((*゚д゚*))ぽ〜よん。
11. Posted by みのむし   2013年01月22日 06:24
またまた長瀬君のはまり役キターーーって感じ。
こういう役柄をやらせると本当に長瀬君はうまいよねぇ。
それになんだかこの不思議な世界も好き。
ってか・・矢口さんは漫画家さん。。なるほど。
それなら納得いくかも。
にしても・・・。越前さんのいる世界は本当に
つらいことばかりだから
早く越前さんに幸せになってもらいたい。

ってかはらちゃん超しではあったけど、
清美さんに結構ひどいことを言ってたような・・・。
ちゃんと言えるのにって思ってしまったよ。
12. Posted by nanapu   2013年01月22日 10:22
私も見てるの(^^)今回は、見たいドラマがたくさんあって覚えてないから大変ですが、。頑張ってみます。長瀬君がとってもいいよね。次回も楽しみです。
13. Posted by きこり→みのむしさん   2013年01月22日 21:45
>またまた長瀬君のはまり役キターーーって感じ。
ほんと!まさに長瀬君のために書かれたような役だよね〜
コレ、主演のお二人さんはアテ書きなのかね?
微妙に暗〜い越前さん役の麻生さんもいいよね。
>にしても・・・。越前さんのいる世界は本当に
つらいことばかりだから
確かにね〜
でも、コレって、越前さんがもっとはっきり主張ができるようになったら、かなりストレス軽減されるし、おばちゃん達の態度も変わってくると思うんだけどな〜
もっと越前さんが楽に生きられるようになってくれたらいいよね。
14. Posted by きこり→nanapuさん   2013年01月23日 08:27
おはよう〜♪
ナナプーさんも見てたんだね\(^▽^)/
漫画の世界から飛び出してきた長瀬君を見ているだけで楽しいよね。
かまぼこ工場って設定もくるわ〜(笑
今季は、結構おもしろいドラマがいっぱいあるからどれを書いて、どれを見るだけにするか、悩むよ〜
15. Posted by Largo   2013年01月23日 16:21
こんにちわっ

すっかり出遅れてしまいました(汗)

>歌っているつもりだったけど、朗読になってたし・・・
ここね、はらちゃんが可愛くって。
越前さんのうっぷんばらしで描かれているにもかかわらず、漫画の世界の人たちが全くささくれ立っておらず、何ともほんわかしているのに癒されました。
あまりに激高した越前さんに描き忘れられてしまった笑いおじさんが笑いながら、忘れられちまったかな、なんていうのも可笑しかったです。
ユキ姉もどんな怖い人かと思ったら、大人な女性として漫画の世界を引き締めていました。
男子ばかりだったら、もっとおバカな雰囲気になったでしょう。こういうところがうまいなぁ、とも。
「♪」なのね、そうかぁ・・・ってすっかりはまってしまいました(*´▽`*)

今期はそれぞれに見所があるドラマが多くってもう、大変ですね(^^;;
16. Posted by きこり→ Largoさん   2013年01月24日 06:26
おはようございます〜♪
>ここね、はらちゃんが可愛くって。
ホント、ホント!
このかわいさはキャラ設定もそうだけど、
長瀬君という人柄からきているのもあるよね(笑
回りが真剣に聞いていてくれるのもいいわ〜
>漫画の世界の人たちが全くささくれ立っておらず、何ともほんわかしているのに癒されました。
みんなそれぞれぐちは言ってたけど、なんか笑えるし
団結力があるというか(笑
いい感じにどのキャラもピュアというか、うまい方ばかりなんでしょうね。
役者さんたちも楽しんでるというか、かなりノッて演じているのが伝わってきたような(´m`)
>男子ばかりだったら、もっとおバカな雰囲気になったでしょう
そうそう。天才バカボンみたいになっちゃったかも。
女性がいるだけで、現実的になるのがおもしろい。
「♪」を書き足したことで世界が変わったのは感動しました。
やっぱり岡田さんは独特の感覚だわ〜
今季は書くドラマの選択の幅があっていいよね(笑
休み入れながらがんばるわ〜( ̄∀ ̄)
17. Posted by mana   2013年01月25日 10:38
私は『Q10』の空気を感じてたんだけど、
キャスティングのせいだったのかな。
岡田さんにも期待しちゃうけど♪
今期は楽しみなドラマがいっぱい。
「書きたい!」とは違うけど^^;
きこりさんはいっぱい書いてるね〜。
仕事して家事して育児して(笑)レスしてコメントくれて…
ホント倒れないようにしてね。

『最高の離婚』の可愛いニャンコの演技…
あれも演技なのか?2匹の若いニャンコに、
思わずきこりさんのことを思い浮かべたよん。

長瀬くんと丸ちゃんコンビも楽しみ♪
不思議なお話からじんわりとメッセージが伝わって来る、
こう言うドラマっていいですね〜。
毎日録画が大変、じゃなくてそれを見るのが必死よ(笑)
18. Posted by きこり→manaさん   2013年01月25日 21:59
>私は『Q10』の空気を感じてたんだけど、
キャスティングのせいだったのかな。
なんか薬師丸ひろ子さんがいると木皿泉さんものっぽいよね。
でも、いつもの岡田さんともまた違った優しくて癒されるドラマは木皿さんの世界と通じるものがあると思う〜
>きこりさんはいっぱい書いてるね〜。
いやいやいやいや・・火曜日だけ2本だけど、月・水・木は休みだから、結構楽っちゃ楽なのよ〜
私忙しいの嫌いだからさ(笑
>『最高の離婚』の可愛いニャンコの演技…
あれ、かわいいよね〜!!
綾野さんが猫と一緒の場面は衝撃でしょーー!!
瑛太のキャラがウザすぎて、あのドラマはあんまり・・一応見てるけどさ。
>毎日録画が大変、じゃなくてそれを見るのが必死よ(笑)
私もーー!夜は眠いからさ〜
録画しておいたもの消化して一日があっというまにおわっちゃうよーー
19. Posted by 藤浦義文   2013年05月21日 22:29
5 薬師丸ひろ子です。泣くなはらちゃん見てました。嬉しかったですね
20. Posted by 藤浦義文 松崎海   2013年05月21日 22:31
薬師丸ひろ子さんが一番可愛いです。あまちゃん見ています。薬師丸ひろ子さん、竹内結子さんも24時間テレビに出てください。
21. Posted by きこり→藤浦義文 松崎海さん   2013年05月22日 11:00
薬師丸ひろ子さん、素敵な年のとりかたされてますよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「まほろ駅前番外地」 第2話 麗しのカラオケモデル、探します日曜劇場 「とんび」 第2話