冬のニャつら「大奥 〜誕生〜 [有功・家光篇]」 第8話 春日局死す、初の女将軍誕生 

2012年11月28日

「ゴーイング マイ ホーム」 第7話

 クーナの男衆は、どうやら不器用さんが多いようで・・・(´m`)
サダヲクーナ力作のシャケを加えた熊もクーナ父さんのふくろうも・・・まったくそう見えない・・・
婦人部はみなさん、器用みたいなんだけどねぇ。
「やっぱりさ、最後はアレだよね。手に職がある奴が生き残るんでしょうね」サダヲクーナ
「そうね・・そうかもしれないね」良多

 クーナの男に求められるのは実用性よりも愛嬌とか場を和ませる雰囲気とか?
って、一人だけ来年の干支のへびに挑戦しているクーナ叔父(中村靖日)にウケた〜

 さて、栄輔(夏八木勲)の退院する日がやってきました。
感情表現がへたな看護師堤(江口のりこ)ともお別れ。
敏子(吉行和子)は話し相手になってくれていた「モーニングさん」(これってフロントの方?わたしゃ、機械相手に独り言言ってると思ってたんだけど・・・(^_^;) )に感謝と共に別れのご挨拶。

 治(西田敏行)も病室まで来てくれましたが・・・
「戻ってくるなよ。お前がこの町に戻ってくる度に、俺、なんか責められてるような気分になんだよ・・お前にはそんなつもりないんだろうけど、俺は、苦しいんだ」治
「・・・・そうか」栄輔
「頼む。二度と戻らないでくれ」治
「わかったよ。悪かったな。気づかなくて・・・俺は昔から鈍感だったからな。
お前があいつのこと好きなのもず〜っと気がつかなかった」栄輔
「栄ちゃん・・・俺・・ダムができた方がこの町が幸せになるって、ホントに思ってた訳じゃないんだ」
「いいよ。もういいよ・・そんな昔の話は。・・・・後は、頼むよ」栄輔
「ごめんな・・・久実のことも幸せにできなくて・・・ごめんな」治

 立ち上がってよろめいた栄輔をしっかりと支えてくれた治。
憎い訳じゃない。大切な友達だからこそ心が痛む。
治は今でも久実さんのことを、深く愛しているんですね。
「後悔は愛」。
そこにはあった愛を菜穂や大地に繋いでやれなくて、ごめん・・・
残り少ない人生、治は心乱されずに自分の思いを全うしたいと思ったのでしょうか。
クーナ (こどもプレス)

 菜穂(宮あおい)と大地君(大西利空)も見送りに来てくれました。
「また来る?」と尋ねる大地に「あぁ、来るぞ、来月な」と答える栄輔から目をそらしてしまう治・・・
すべては久実と菜穂たちへの愛からきているのが伝わってきました。
不器用なんですね、ホントに。

 そして、病室での二人を見てしまった良多(阿部寛)は口には出さないけど心配しております。
そして、菜穂も父の心の揺れを感じていました。
でも、どちらも相手に何も言わない。無言で、景色が、時間が過ぎていく。
その描き方が優しくて、家族らしくて、泣きそうになってしまいました。

 その頃、自宅にいる沙江(山口智子)は萌江(蒔田彩珠)に頼まれて一緒にハンバーグを作っておりました。
良多から沙江に電話があった時「大事な用事がある」って、言ってたのが嬉しかったな。
わたしゃ、こういう、子どもとの約束って照れちゃって、つい、「大したことないアレなんだけどさ〜」なんて言っちゃって子供傷つけたことが・・・(;-ω-)ゞ

 こうやって、何かやりながらだと自然といろいろ話せるもんだよね。
亡くなる前日にめぐみちゃんとケンカをして、借りていた本を返せなかったこと、
クーナに返してもらおうと思っていたこと、ハンバーグはめぐみちゃんの好物だったこと。
こうやって、口に出すことによって、少しづつ萌江の心が変わっていくのがわかる。
お母さんが「そうなんだ」って笑顔で聞いてくれるだけで軽くなっていく。

 そんな、いろんな思いが込められているハンバーグを、何も知らずに「おいしいな」と食べる良多。
それも嬉しいやね〜

 そして、長野のクーナ事務局周辺では・・・
畠中(中村靖日)が治と良多が廃校の床につけたクーナの足跡を発見。
HPに載せるかどうか真田(新井浩文)とひとモメあったんだけど、『みんなにぱぁ〜っと』なると決定し、治ドッキドキ。
 で、クーナ探しのイベント申し込み、殺到ってほどではないんだけど、意外ときたのよね〜
堤さんや、あのおまわりさんの梶(山中崇)、クーナ研究家の錦織(良多は「あのヒゲ呼ばわり)(古舘寛治)も。

 だけど、良多がいないと、なぜか事務局内がギスギスしたムードになりがち。
妙なとこで、良多のありがたみを感じるみなさんなのでした。
「クーナみたいですね。一見、意味のない、無駄なように見えるものが大切って」菜穂
「無駄は言いすぎじゃないですか・・?」真田
「役立たずの方がひどくないですか?」菜穂

 どっちも、アレだよ( ̄∀ ̄)

 快気祝いで坪井家に家族大集合の場面は楽しかった〜
なんか親戚が集まった時独特のあの空気、みんなそれぞれ好きな事やってんだけど、ちゃんと把握してるっていうか。

 自慢のお餅ピザをふるまう敏子、手伝う沙江。
コレ、美味しそうだったな〜!薄く切るのが手を切りそうで怖かったけどさ。
あと、みんなが集まると必ず出る話(今回は栄輔が好きだったのは敏子の妹だったという話)の披露とかさ。
お決まりの兄弟ケンカトーク(今回も暴走する「ペロンチョペロペロ」の場面が楽しかった)、人生ゲーム!敏子の参加している句会情報で盛り上がったりして・・

 そんな賑やかな声を聞きながら、縁側で一人で日向ぼっこをしている栄輔。
良太は見つけたノートに入っていた栄輔が撮った土地の写真を見せましたぞ。
そこは、昔栄輔が生まれた家が建っていたそうな。
で、栄輔はそこに家を建てて、最期を迎えるつもりだったらしい。
良多は、ついつい、「勝手だ」と責めてしまいました。

 カウントダウンというよりも、「最期の時」に向けて何をやるべきか、どう最期を迎えるかということに思いがいっているのかな・・
残りの時間が少ないのをリアルに感じているんでしょうね。

 そんな祖父に敏感に反応する萌江。
「(クーナ)見たんだよね?ほんとに」萌江
「ああ」栄輔
「どうしたら会える?」萌江
「信じるんだ。いるって」栄輔
「じゃあ、神様も信じたら会える?」萌江
「あんなもんは教会が創ったんだ。いいか?まずは信じる。そして探してみる」栄輔
「信じたら見つかるの?」萌江
「う〜ん・・・それでも、見つからない時もあるけどな」栄輔
「ねぇ、死んじゃうの?」萌江
「あぁ、もうすぐな」栄輔

 なんだか栄輔の顔は待ち遠しそうでした。
栄輔は捜していたものを見つけたのでしょうか。
それとも、見つけられなかったけど、納得できたのでしょうか。
もし、そうだとしても萌江が捜してくれるかもしれない。
二人の向き合う姿は見えないものを受け渡しているようにも見えました。

 天寿を全うした死は家族への最後のプレゼントのようにも思います。
もちろん、悲しみはあるけれど、その死は残された家族の心の中に眠っていたものを呼び覚まし、その絆を再確認させてくれる。
死ぬことによって、新たな生が始まるような気もします。

 帰宅して、なんとなく話している良多と沙江が夫婦らしかったなぁ・・
自分が萌江に伝える料理は「おふくろの味」とは違うことに寂しさを感じる沙江。
「帰ってく場所なんてなくていいやって、ずっと私も思ってたけど・・・」
「はぁ〜年取ったのかな〜」良多
「うん・・・・そうだね〜」沙江
「ここ、あと(ローン)何年残ってるんだっけ?
いや、自分の家を持つって昔から夢だったんだけど、何ていうのかさ、ここは萌江の実家っていうか、ふるさとになれんのかなぁ・・って思ってさ」良多

 自分達は次の世代に何を残せるのか、心のよりどころとなるような確かなものを残せるのか・・・
そんなことが気になる年だよねぇ・・・

 今回、宮崎あおいさんが自転車に乗ってるシーンで後ろを猫さんが歩いていて、なんかほっこりしたわん(* ̄m ̄)

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
第8話 第9話 第10話(最終話

こたつ
「最後は私のとこに帰ってきてくれた」と嬉しさが顔に溢れている敏子。
こわいけど、かわいいぞ。
なんだかんだ、いろいろあったけど、惚れてたんだねぇ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ゴーイング・マイ・ホーム 第7話  [ 昼寝の時間@R ]   2012年11月28日 17:10
公式サイト今週のクーナ劇場は熊の人形作り。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/7-8abd.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://app....
2. ゴーイング マイ ホーム 第7話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2012年11月28日 17:15
第7話 「あなたには”故郷”がありますか?」 クーナイベントのために長野にいた坪井良多(阿部寛)は、父・栄輔(夏八木勲)が退院することになったため、数日間部下・真田(新井浩文)に現場を任せることにし、「張り切る方向、間違えるなよ」と釘を刺す。
3. ゴーイング マイ ホーム 第7話の感想  [ オタクと呼ばないで ]   2012年11月28日 17:37
フジテレビ系で放送された「ゴーイング マイ ホーム」第7話の感想など栄輔(夏八木勲さん)の自宅が、普通の一軒家だったのは意外でした。あんな山下という秘書(清水章吾さん)がそばに仕えているから、かなり偉い人なのかと思っていました。設定を読むと、「オキナ製薬の相
4. ゴーイング・マイ・ホーム 第7話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年11月28日 17:39
『あなたには“故郷”がありますか? 内容 退院する栄輔(夏八木勲)。。。その日、治(西田敏行)が訪ねてくる。 責められているような気がするから、もう来ないでくれと告げる治。 そこに良多(阿部寛)が現れ。。。。 そのころイベントのため、町に残っていた真田(新.
5. ゴーイング マイ ホーム (第7話・11/27) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年11月28日 17:47
フジテレビ系ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(公式)の第7話『あなたには“故郷”がありますか?』の感想。 なお、出演者のファンや面白いと感じた方が読むと不愉快かも?ご了承の上… 微妙に...
6. 【ゴーイング マイ ホーム】第7話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年11月28日 18:25
いいか?まずは信じる。 そして探してみる。 信じたら見つかるの? う〜ん…それでも見つからないときもあるけどな。 ねえ、死んじゃうの? ああ。もうすぐな。 ゴーイング マイ ホーム 第7...
7. ゴーイング マイ ホーム #07  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年11月28日 20:14
『あなたには“故郷”がありますか?』
8. 「ゴーイング マイ ホーム」 第7話  [ ドラマ de りんりん ]   2012年11月28日 21:04
栄輔は無事に退院の運びとなりました。 しかし家に戻ってきて、一人で縁側にずっといるし、おまけに「終活」を思わせるようなシーンや台詞があったりして、何か妙に胸がざわざわして心配しましたやないですか...
9. ジェラシー姉妹(真木よう子)VS蜘蛛の巣とおもちピザのブルース(宮あおい)  [ キッドのブログinココログ ]   2012年11月28日 21:06
幸せそうな家族が通り過ぎて行く。 その家族の幸せを覗いてみたい人とそうでない人がいるだろう。 幸せそうな家族は幸せそうに散歩をする。 けして、幸せを見せびらかしているわけではないだろう。 しかし、時にはそう見える時がある。 そういう時に無性に誰かを傷つけたくな
10. ゴーイングマイホーム七話&花のズボラ飯六話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2012年11月28日 22:45
■ゴーイングマイホーム七話 車窓から見ている山の景色と宮崎あおいが自転車漕いでるシーンとか、画面の風景がいいね、今回も。でも、話は進まない。このドラマはストーリーがどうとかじゃない、ひたすら日常なのに、あえて日常じゃないクーナ探しを取り入れているのがミソ
11. 『ゴーイング マイ ホーム』第7話  [ 悠雅的生活 ]   2012年12月01日 00:31
あなたには “故郷”がありますか?

この記事へのコメント

1. Posted by Largo   2012年11月28日 17:10
こんにちわ。

>宮崎あおいさんが自転車に乗ってるシーンで後ろを猫さんが歩いていて
ほっこりしましたね〜(^^

電話の相手がずっとモーニンさんだったのがわかって、敏子のプライドを感じつつも、ちょっと切なかったです。

>一人だけ来年の干支のへびに挑戦している
うわぁ、気がつかなかったです。
しっかり見たつもりだったのに・・・セリフひとつ、風景ひとつ、見逃せないですわ。

今回も堪能しました〜
2. Posted by emi   2012年11月28日 17:14
こんばんは!
>「モーニングさん」
>(これってフロントの方?わたしゃ、機械相手に独り言言ってると思ってたんだけど・・・(^_^;)
おぉ!きこりさんは「機械相手」だと思っていたんですね(笑)
私は「人」だとは思っていたのですが、アレって、あの受話器での電話は全部「モーニングさん」と話していたんですかね?
途中のいくつかは「友達」かなぁ?と思っていたけど、あの調子だと全部ホテルの人に話していたのでしょうか(笑)
でも、ああいう人もいるのかもしれません・・・私、時々スーパーなどで知らないおばあちゃんに話しかけられることがあります(一言じゃなくて五言くらい? 笑)

>「無駄は言いすぎじゃないですか・・?」真田
>「役立たずの方がひどくないですか?」菜穂
きこりさんのおっしゃる通り、「どっちもアレ」ですねw
でも、クーナの解釈が広がって楽しいです。
まさか「良多=クーナ」とは!
私も家で、目に見えない何かを指す時に勝手に「きっとクーナだよ」って言ったりしています(笑)
3. Posted by くう   2012年11月28日 18:47
>「モーニングさん」

あ〜そっか。ホテルだからフロントなのかな。
私はモーニングコールの業者かと思ってた。
どっちにしろ、敏子さんも寂しい人だよね。
一緒にクーナ探しすればいいのに… (´・ω・`)

>良多から沙江に電話があった時「大事な用事がある」って、言ってたのが嬉しかったな。
わたしゃ、こういう、子どもとの約束って照れちゃって、つい、「大したことないアレなんだけどさ〜」なんて言っちゃって子供傷つけたことが・・・(;-ω-)ゞ

あ〜…そりゃ私もそうかも…。
うん、ついつい大した用じゃないと言っちゃう。
萌江ちゃんとの時間を沙江さんがいかに大切に思っているか解るね。

>カウントダウンというよりも、「最期の時」に向けて何をやるべきか、どう最期を迎えるかということに思いがいっているのかな・・

今回は「死」の話がずいぶん語られたよね〜。
なんかウルウルしちゃった。
クーナが生きている人と死んだ人を繋ぐ存在ならば、「死」は
このドラマにとって避けて通れない道だもんね。
どういう方向に向かっていくのか気になるね〜。
4. Posted by ヨーコ   2012年11月29日 06:27
今回は沙江さんと萌江ちゃんの関係性が凄く良かったなぁ〜。娘が言えなかった話をポツリポツリと話し始めた時「それで?それで?」じゃなくて「そうなんだ〜。」って何でも無い事の様に受け止めて上げる事って意外と大事だったりするんだよね。ウチは「それで?それで?」タイプだったから、せっかく話そうと思い切った事も口を閉ざす事があったなぁ(笑。

いつも思うんだけど、夏八木さんってハンサムよね〜。「昔はキレイだったんでしょうね。」とか「昔は男前だったんでしょうね。」っていう人は沢山いるけど、年を取って痩せちゃっても、真のハンサムは変わらないんだなぁって毎回感心して見てるよ〜。

それから、このドラマでの新井君のスタンスが面白くて好きだなぁ。今回のクーナ事務局での口喧嘩シーンも楽しかった。脇にいつも必要な男だねぇ。
5. Posted by しゅあー   2012年11月29日 16:03
ちょっときこりさん!北海道が停電とかで大変てので心配してたんだけど、記事を上げてるってことは、きこりさんとこの方は大丈夫てことなのかな?

と、とりあえずこの記事を読んで安心したんだけど、もうすごい雪なのかな?


このドラマ、最後がクーナ探しのイベントになるのかな?
この監督のことだから、オチらしいオチもつけずに終わりそうな気もするけど、

次回の加瀬亮登場がちょっと楽しみです!


6. Posted by きこり→Largo さん   2012年11月29日 16:42
こんばんわ〜♪
>ほっこりしましたね〜(^^
アレって、偶然写り込んだのかな〜?
野良にゃんこっぽかったから、狙ってではないと思うけど・・だとしたら、監督、持ってますね( ̄∀ ̄)
>敏子のプライドを感じつつも、ちょっと切なかったです。
先週、盛り上がってた感じだったから、もしかしたら違うのかな〜?って思ったんだけど、やっぱりモーニングさんだったみたいで・・
ちょっと切なくなったわ〜
旦那さんには苦労させられ、きっと敏子一人で子供たちを育てたみたいなもんだったのかな・・
栄輔が家に居てくれることを喜んでる姿に、じ〜んとしちゃった。
>セリフひとつ、風景ひとつ、見逃せないですわ。
ホント。さりげない遊びがいろいろありそう。
中村さんのへびはCMに行く途中の提供が出る場面で見せてました(* ̄m ̄)
クーナそれぞれの個性が感じられて楽しいよね〜♪
7. Posted by きこり→emiさん   2012年11月29日 16:51
>私は「人」だとは思っていたのですが、アレって、あの受話器での電話は全部「モーニングさん」と話していたんですかね?
人だったら、ほっとするんだけど(笑
でも、先週は電話の相手と結構盛り上がってましたよね。ずっと同じ相手だとは思うんだけど、こういうとこがうまいですよね。どっちなんだろ〜?って。
>私、時々スーパーなどで知らないおばあちゃんに話しかけられることがあります(一言じゃなくて五言くらい? 笑)
話しかけやすい雰囲気なんですよ〜
道を聞かれやすい人ってのもいるらしい(( ^∀^ ))
なんか敏子のこと、モーニングさんと話してて寂しいって勝手に決めちゃったけど、おばちゃんって(自分もおばちゃんなんだけどさ)結構、気楽にいろんなものに話しかけたり、独り言も多いから深刻にならなくていいのかも(笑
>でも、クーナの解釈が広がって楽しいです。
いつのまにか、良多=クーナになってるのが楽しいですよね。
しかも第一回目では残念な人ふうだったのに、実は潤滑油的な大切な存在だったって・・
このドラマ、ずっと続いて欲しいですよね〜( ̄∀ ̄)
8. Posted by きこり→くうさん   2012年11月29日 17:19
>私はモーニングコールの業者かと思ってた。
まだ、そっちだったら、ほっとするよね。
敏子は、ホント、家族のために生きてきて自分のことは二の次だったのかもしれないね。
だから、家族が揃っている時に敏子は幸せそうだし、
栄輔が戻って来てくれたって、頬染めてる感じだったもんね。
>萌江ちゃんとの時間を沙江さんがいかに大切に思っているか解るね。
なんか最初の頃は親子とはいえ、なんとなく距離感があった沙江と萌江の波長が合ってきた感じだよね。
沙江も母親であることを楽しんでいるのが伝わってきたわ〜
>クーナが生きている人と死んだ人を繋ぐ存在ならば、「死」は
このドラマにとって避けて通れない道だもんね。
このドラマ、「歩いても歩いても」と重なる部分あるから、栄輔が死んで終わるんだろうな〜とは思ってたけど、死を覚悟している姿を見るとなんか泣けてくるわ・・。
でも、萌江に「死んじゃうの?」と言われて、栄輔もほっとしたというか、静かに受け入れられたのかな・・って思ったり。コレ、敏子が言っちゃいけない言葉だし、良多でも違う。死を話題にしているけど、すごく優しくていい場面だと思ったなぁ・・
9. Posted by きこり→ヨーコさん   2012年11月29日 17:36
>ウチは「それで?それで?」タイプだったから、せっかく話そうと思い切った事も口を閉ざす事があったなぁ(笑。
(^Д^)ハハハ・・うちは全く話を聞かない系かなぁ。
ゆっくり話を聞いてくれる時間ってのはなかったと思う。沙江のスタンスはすごく話しやすいし、受け入れてくれてるってのが伝わってきて、萌江ちゃんも安心感で話せたと思うな〜
この萌江ちゃん役の子もうまいし、山口さんも自然でいいんだよね〜
>年を取って痩せちゃっても、真のハンサムは変わらないんだなぁって毎回感心して見てるよ〜。
年をとってもきれいな顔でいるって難しいよね〜
加齢は誰でも避けられないからしわやしみはしかたないけど、顔って年齢とともにその人自身のようになるもんね。老いても見惚れる顔でいられるってすごいことだと思うよ。
>このドラマでの新井君のスタンスが面白くて好きだなぁ。
ほのぼの系の登場人物が多い中で、ちょっとスパイシーだもんね(笑
でも、そのちょい憎まれ発言が笑えるし、いい存在感なんだよね〜
10. Posted by きこり→しゅあーさん   2012年11月29日 17:48
ご心配、ありがとう。
私の住んでいるところは停電して地域ではないんだけど、停電すると何かもかもがストップするんだって再確認してこわかったわ〜
ちゃんと自分の家で非常時の準備しておかないとな〜って思ったよ。
雪は10センチも積もってないんだけど、やっぱり冷え込みがキツクなったね〜
風があると、外には出たくないよ〜
>この監督のことだから、オチらしいオチもつけずに終わりそうな気もするけど、
そうだよね、他のドラマみたいに「完!」って感じじゃなく、普通に終わりそう(笑
でも、それもまたいいよね。
予告で加瀬さん出てたから、テンション上がったよー!
来週楽しみだよね〜( *^皿^)
11. Posted by 桔梗   2012年11月29日 18:23
猫が映った瞬間、視線は猫を追いかけてました(笑)。

実家に集まった時の嫁の立場とか・・皆さんの自然な感じに「あるある」とうなずいてました。
こういう日常の描写の連続をドラマで楽しむって今まであっただろうか・・。残念ながら視聴率はあまりよくないですね。

吉行さんは俳句がお好きだから、敏子さんの趣味が俳句ってのもいいわ。でも吉行さん家には包丁はないらしいけど・・。

栄輔さんと敏子さんのふたりだけのシーンはちょっと複雑。敏子さんはりんごむいたり旅行の話したり普通の感じなのに栄輔さんは違う方を向いてる感じ。死を意識してるってこともあるだろうけど・・結婚して何十年も暮らして来て、お互いの見ている世界が違う・・。
そんなものよとも思うけど、うまく見せるよねドラマって。

阿部さんがクーナを見てる時のやさしい顔が好きだわ〜。もっとなが〜い夢をみてほしい。もっとクーナを!!
12. Posted by きこり→桔梗さん   2012年11月30日 07:42
おはようございます〜~(=^‥^)ノ☆
>猫が映った瞬間、視線は猫を追いかけてました(笑)。
私も〜!おっ!猫だ!って、そっちの動きをじ〜って見ちゃいましたよ〜
>こういう日常の描写の連続をドラマで楽しむって今まであっただろうか・
映画ならあるけど、連続ドラマで日常をこんなふうにゆったりまったりと見せるのって、チャレンジですよね。
でも、さりげない会話とか反応が、そうなんだよな〜って思えたり、あるある!って笑えたり、本当にうまいと思います。
今回の沙江のいい嫁としてのスタンスとか、実家にいる気楽さ全開の多希子とか、そういうのから外れてゴルフのすぶりやってる健次とか・・柱| ̄m ̄) ウププッ
>結婚して何十年も暮らして来て、お互いの見ている世界が違う・・。
なんか二人で一緒にいるのに、それぞれ完結してるっていうか、今まで栄輔は家にもいなかったのかな?敏子はそばにいてくれるだけで満足ふうでしたもんね。
寂しいんだけどリアルだよね。
ほっこりとリアルがホントいいバランスで描かれてるんだよね。であとで、思いなおすと、そっか〜って気づいたり。
ホント、クーナの場面もっと見たいわ〜!
スピンオフで30分ぐらいの番組作ってほしいな〜(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
冬のニャつら「大奥 〜誕生〜 [有功・家光篇]」 第8話 春日局死す、初の女将軍誕生