「高校入試」 第6話「大奥 〜誕生〜 [有功・家光篇]」 第6話 あなたは母になり、強くなり美しくなった 

2012年11月14日

「ゴーイング マイ ホーム」 第5話

 萌江が、そっと教室に運び込んだ机・・・
そこに座っていためぐみちゃんは亡くなってしまったのでしょうか・・
萌江がクーナに会いたいのは、そのめぐみちゃんに会わせて欲しいからなのか。
萌江にも、後悔があるのでしょうか・・・

 さて、今回のクーナ劇場ですョ。
みなさん、すっかり慣れてくつろいでいらっしゃる・・・(´m`)
にゃんと、クーナの故郷は北海道ですってよ!奥さん!
でも、さぶいとこが苦手だからおじいちゃんの時代に移動してきたそうな。
ホントはもっと暖かい沖縄とかに行きたいだってよ。
ごきぶり嫌いなクーナ衆をからかう良多・・・・楽しい夢ですなぁ・・・・

 東京に戻ってきた良多(阿部寛)と萌江(蒔田彩珠)ですが・・・
萌江は、またすぐにでも長野に行きたいようです。
良多ったら、栄輔(夏八木勲)の様子を見に行かなきゃならないという体を装っておりますが、心は萌江と同じ、いや、それ以上かも。
その理由のひとつに菜穂(宮あおい)に会えるというのが、ちょっぴりあるようで・・・何やら少年のような顔になっております。
納豆をかっこんでごまかしたつもりでしょうが、妻の目はごまかせませんぞ〜

 って、萌江ったらクーナおじさんをこっちに連れて来ちゃったんだね。
萌江にとっての大切な場所にちんまりと置かれております。
よく見るとさ、このクーナおじさん、バカリズムにも似てる気がする〜
クーナ (こどもプレス)

 そんな今回のでこぼこ劇場。
バス停での小林(バカリズム)と良多の会話の後の、しーーーんとした間が笑える。
なんかさ、小林さんって、人が聞きたくないことを言いたがる感じだよね。

「仕事で生き生きしている奥さん見るのって、夫としてどうなんですかね?」
「(自分に興味を失ってる妻との会話が)何時に帰ってくるの〜?それだけ。
しかも、それは早く帰ってきてね〜ってことじゃなくて、ただ晩御飯をつくる必要があるか確認してるだけですからね」
コラコラ、良多に気づかせちゃダメでしょうが〜

 そして、現場復帰した良多ですが・・・しきっているのは後輩の真田(新井浩文)。
一応、良多を立てて、ちゃんと報告をしてくれてるんだけど、なんとなく蚊帳の外感が・・・
段取りも雰囲気も良多の頃と微妙〜に違っているしな。

 で、長野での「クーナ探し」がイベント化できないか真田に相談。
父親のためにって気持ちに嘘はないし、菜穂を助けたいってのもあるんだろうけど、なんか自分が中心になってできる仕事が欲しかったんじゃないのかねぇ。

 決める気まんまんで、栄輔からもらった千円札を出して真田の情に訴える作戦にでたら、ペロンチョの社長さん(笹野高史)に相談してみると言ってくれましたぞ。
いや〜一瞬の後輩へ媚びる目が最高でした。さすが阿部ちゃん!
こういう人はなんだかんだ言って会社に生き残るような気がする〜

 その頃、沙江( 山口智子)は時子(りりィ)のいる実家へ。
何か年金の手続きがわからない的なアレで呼び出されたみたいだけど、本当の理由は現在お付き合いしている柳沢さんとのデートに持っていくお弁当を作って欲しかったらしい。

 時子って敏子(吉行和子)と同じぐらいなのかな?もうちょい若い?
いくつになっても女を忘れない母親に対して沙江は、乾いた微笑みと共に静観しているふう。
でも、思っていたよりもぎすぎすしていないね。
さりげなく、子供の頃のおべんとうが自分だけ菓子パンだったとか、お母さんへのあてつけに頑張ってきたって恨みごと言っていたけど、遠い昔のことって感じだし。
こうやって見ていると、普通に仲のいい親子って感じだよ。

 手際よくおかずを作る沙江と、それの姿を見つめる時子。
どっちが母親で、どっちが子供なんだか・・・
いつの頃からか立場が逆転しちゃったんでしょうね。
やんちゃな母親としっかり者の娘。
沙江は子供らしい時間がもてなかったことを恨みたい気持ちもあるのかちら・・・

 時子にも後悔はあるようですが、この二人には一緒に語り合える思い出がある。
父が居た頃(亡くなったのか別れたのか知らんが)の柱につけたキズ、「家族」がそこにいたという証明ですもんね。

 一方、長野の病院でリハビリ中の栄輔の世話をしている敏子は、やっぱり菜穂のことが気になっているようで・・
「このあいだの菜穂さん?かわいい人ですねぇ」「(治に)似てませんねぇ」と言いながら栄輔の反応をじっくり探っております。

 この二人、そんな言いたいこと言い合う夫婦関係ではないのかな・・
敏子がホテルの部屋で電話でぺちゃくちゃしゃべっていたけど、アレって、まさかまたモーニングコール用の電話?
誰か、ぐちを聞いてくれる友達がいるんならいいけど・・・

 その菜穂と治(西田敏行)との溝は、かなり深いようで・・・
そもそも母親の死に目の時に治がそばにいなかった件から始まって、クーナのために森を守る派の菜穂とダム建設誘致派だった治の対立は続いているみたい。

 過去にこだわる菜穂と未来だけ見つめようとする治・・・
でも、治が未来に目を向けようとするのは、過去の恋人が忘れられなかったらしい久実の存在があるからじゃないのかな。
いつまでも過去を忘れようとしない久実に向けての行動・・・
そんな治が許せなくて、つい反発してしまう菜穂
二人の行動は相反しているようだけど、根っこのところでは繋がっているように思います。

 さて、瀬戸社長に信頼されている真田のおかげで、1億出してくれることになり、「クーナ探し」の企画が動きはじめました。
ずっと地味にひょうひょうとした存在感を見せてきた瀬戸社長でしたが、今回はビジネスライクな面もしっかり見せてきましたョ〜さらに・・・・

「いないんだよな?」瀬戸
「はい・・・・・まず・・いません」良多
「まず?」瀬戸
「ええ、まず」良多
「ホントに見つかったら、ひとつ・・・・頼みがあんだよな・・」瀬戸

 瀬戸の願いは戦争で亡くなってしまった母親に会いたい。
長年第一線で活躍してきたりっぱな社長さんが、冗談まじりにでも、クーナに頼みたいと口に出すなんて、良多たちもびっくりしたんじゃないかね。

 「この年になるとさ、人生残りの時間考えて、やり残したこと、我慢してきたこと、パア〜ッとやってしまおうと思ってさ」
瀬戸も栄輔も同じ年代ですよね。
家族のために必死に働いてきた。
でも、気づいたら何か忘れ物をしてきたような気がする。
もうこれからは、その忘れ物を捜すために時間を使ってもいいんじゃないか、
クーナなんて想像上の生き物にすがるなんてバカみたいだなと思いつつも、そんな自分を許してあげたいって、やっと思えたのかも。

 病室でトランプに講じる栄輔と菜穂と大地(大西利空)。
看護師の堤(江口のりこ)は3人を父親、娘、孫と見立てましたが、そう言われて3人とも嬉しそうでした。
3人でいれば、失くしてしまったとものが、そこにあるように思える。
でも、本当に欲しいものは別のところにあるんじゃないのかな・・・
家族のように見える3人が、逆に切なかった。

 てか、良多ったら、クーナのことを仕事にしちゃって良かったのかねぇ・・・
仕事ってことにすれば、信じてもおかしく思われないし・・・って思ったのかなぁ・・
なんかスタンスが変になってきちゃいそうだけど・・・

 このドラマは見る度に違う思いが湧き上がってくる不思議なドラマですね。
今回は、登場人物達の「日常」というものがゆったり静かに描かれました。
連続ドラマで「日常」を描くのは、ある意味冒険でもあるけど、私はそこが好きなんだよね。
「日常」って、そんなにいつも気づきがあったり、特別書き記したいことがあるわけじゃない。
退屈で、小さな不満があって、諦めがあって、でも、その変わらなさにほっとする部分もある。
そんな中で残る、どうしても捨てることのできない「思い」・・・
それに気付くのに遅すぎるなんてことないよね。

第1話 第2話 第3話 第4話 第6話 第7話
第8話 第9話 第10話(最終話

こたつ
相変わらず沙江のお弁当に手をつけず、クーナおじさんにお供えしている萌江・・・
白パンをたんすに隠しておいてカビさせ、ロッテンマイヤーさんに叱られたハイジみたいにならなきゃいいが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ゴーイング マイ ホーム 第5話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2012年11月14日 17:07
第5話 「クーナ探しに1億!?職場復帰で良多暴走」 坪井良多(阿部寛)と娘・萌江(蒔田彩珠)は、長野で入院している父・坪井栄輔(夏八木勲)のお見舞いから戻り、日常生活に戻るが、萌江は長野からこっそり持って帰ったクーナの置物をクローゼットの中に置き、毎朝...
2. ゴーイング マイ ホーム 第5話の感想  [ オタクと呼ばないで ]   2012年11月14日 17:27
フジテレビ系で放送された「ゴーイング マイ ホーム」第5話の感想など栄輔(夏八木勲さん)は、歩行器の支えで何とか歩けるまでに回復。菜穂(宮あおいさん)とその息子・大地とともに、トランプ遊びも出来るので、意識もかなりはっきりしている様子。良多(阿部寛さん)が
3. 【ゴーイング マイ ホーム】第5話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年11月14日 17:54
私は、ずっと神様とか天国とかそういうのはないって思ってきたから。 死んだらそれで終わり。 そう考えたほうが後悔しないで生きられるでしょ? あぁ…。おやじのノートにさ、「後悔は愛である」って書...
4. ゴーイング マイ ホーム #05  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年11月14日 19:50
『クーナ探しに1億!?職場復帰で良多暴走』
月のない夜は暗いものである。 もちろん、都会で生きていればそんなことはない。 月のない夜にひっそりとかわされる秘密のあれやこれやもないのだな。 田舎だって月のない夜にはそれほどこだわらない時代である。 しかし・・・隠されたことが明らかになるのは月のない夜がふ
6. ゴーイング・マイ・ホーム 第5話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年11月14日 21:41
『クーナ探しに1億!?職場復帰で良多暴走 内容 意識が戻った父・栄輔(夏八木勲) 「世界は目に見えるモノだけで出来てるんじゃ無い」 という言葉が心に残る良多(阿部寛)は、“クーナ”に夢中になっていく。 妻・沙江(山口智子)、娘・萌江(蒔田彩珠)から、何を言..
7. 「ゴーイング マイ ホーム」 第5話  [ ドラマ de りんりん ]   2012年11月14日 23:05
相変わらず、ドラマはまったりゆったり流れている展開ですが…。 今回のサダヲさん率いる、『クーナ寸劇』も面白かった〜♪ 実は北海道出身とか、本当は暖かい沖縄に行きたいけどG(書けません:笑)が苦手…...
8. 『ゴーイング マイ ホーム』第5話  [ 悠雅的生活 ]   2012年11月15日 00:04
クーナ探しに1億!?職場復帰で良多暴走
9. ゴーイング・マイ・ホーム 第5話  [ 昼寝の時間@R ]   2012年11月15日 11:56
公式サイト「ゴキブリはだめだ〜」(笑)<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/5-fe88.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://app.cocolo...
10. ゴーイング マイ ホーム 第5話:クーナ探しに1億!?職場復帰で良多暴走  [ あるがまま・・・ ]   2012年11月15日 12:13
1億っ!?w( ̄Д ̄;)wワオッ!! ペロンチョコの社長さん、太っ腹〜〜〜 だけど、いるわけ無いと思いつつも、心のどこかでいてくれる事を誰もが願ってる 約1名、沙江を除いて(笑) 良多も父の為とか言いながら、発見した赤い帽子を手放さずにいるし、 萌江ちゃんは、拝借してき..
11. 《ゴーイング マイ ホーム》★05  [ まぁ、お茶でも ]   2012年11月16日 00:22
父栄輔から貰った1000円。 良多と1人だけ呼ばれてなんだかクーナとのかかわりが深くなってきた。 帰宅しても、すぐ長野に行きたがった。萌江は、誰よりも早くクーナを見つけたいんだと、口をとんがらして言われた。 床に落ちた本の上で寝てしまって、クーナの親戚一同の

この記事へのコメント

1. Posted by emi   2012年11月14日 17:52
阿部ちゃんの「何やら少年のような顔」「一瞬の後輩へ媚びる目」などなど、私もとても楽しんでいました(笑)
東京に戻ったら現実に帰って悶々とするのかな、と思ったけど、逆に活き活きしていて「小さい男」ではなくなってきたように見えました。

>このドラマは見る度に違う思いが湧き上がってくる不思議なドラマですね。
そうですね〜。色々な視点で見ることができて、深くて面白いなぁと思います。
きこりさんや他の方の感想レビューを読んで、そこで新たに違う見方を発見することも多いです。
日常を描きながらも、各キャラクターについて過去への「後悔」や「失ったものを見つける」ことを丁寧に描いているので、一見すると地味だけど、そこに隠されている物はとても深いような気がします。
私もこのドラマ大好きです♪
2. Posted by くう   2012年11月14日 18:02
>萌江が、そっと教室に運び込んだ机・・・
そこに座っていためぐみちゃんは亡くなってしまったのでしょうか・・

みたい〜。その話って今までに出てきたかなぁ…。
でも、公式のあらすじに「亡くなっためぐみちゃん」ってハッキリ書いてあった。
それで私も思ったんだ。きっと萌江ちゃんも亡くなった人に会いたいんだね、と。

>って、萌江ったらクーナおじさんをこっちに連れて来ちゃったんだね。
萌江にとっての大切な場所にちんまりと置かれております。

これは…ずいぶんと遠くまで散歩しちゃったよね( ̄∇ ̄;)
バカちゃんに似てるかなぁ。録画をもう一回チェックしてみよっと。

今回のバカちゃんのセリフには私がギクッとしたわw
ダンナと一緒に見てるんだから気付かせないでほしい^^;

>連続ドラマで「日常」を描くのは、ある意味冒険でもあるけど、私はそこが好きなんだよね。

私も^^
たぶん、このドラマを好きな人はそういう人が多いんだわ。
平凡なようでそこにこそドラマがあるのが日常だよね。
ステキなドラマだわ。
3. Posted by ヨーコ   2012年11月15日 06:40
クーナ劇場良いわ〜。何でそんなにゴキブリだけが恐いんだろう(笑?そしてサネイエ(時効警察か何かでの役名よね。ウチでは未だにそう呼ばれている)だけが平気って!

萌江ちゃんがこだわっていためぐみちゃん・・私、めぐみちゃんとのエピソードを見逃したんだと思って焦ってたけど、そこはまた後ほどなのね。安心した〜。

きこりさんが書いている様に、私も日常を描いたドラマって好きだよ〜。毎日事件が起こらなくても、静かな日常だって人それぞれ。人様の静かな日常と、その中でのささいな心の揺れ・・みたいな繊細な部分をゆっくりと見られるドラマって素敵だと思う。若い子にはわからんかね〜?
4. Posted by きこり→emiさん   2012年11月15日 11:49
>東京に戻ったら現実に帰って悶々とするのかな、と思ったけど
クーナを自分の仕事にひっぱりこんじゃうところなんて(ロマンとしてとっておかないで)まぁ、ちょっとセコイと言えばセコイような気もするが(笑)そこが良多らしさなんだろうね。
嫌な感じではなく、かわいらしく見えるところが沙江は好きなのかな〜って思ったり
>一見すると地味だけど、そこに隠されている物はとても深いような気が
そうですよね〜
でも、私、若い頃だったら、つまんないやって見るのやめてたかも(笑
ホント、このドラマは何気ない日々を大切に思わせてくれる素敵なドラマだな〜って思います。
クーナ達に会えるのも、すごく嬉しい(*´∇`*)
5. Posted by まこ   2012年11月15日 12:09
クーナ探し、どうなるんだろ?
良多もペロンチョコの社長同様、
ビジネスとして提案した部分も
あるんだろうけど、
父が倒れた事によって、家族との関係を
見直したり、父との距離を縮めたい思いも
あるのかな〜。

とか言いつつ、本心は菜穂ともっと会話する為
だったりしたらがっかりだけど(笑)。

萌江ちゃんの不思議な言動はめぐみちゃんという
存在が影響してたとは・・・
今まで変な子扱いしててごめんよ〜と
おばちゃん切なくなっちゃった・・・
クーナの事も、あの年代ならではの
ロマンチックな気分で信じてたのかと思いきや、
現実に、しかも切実にクーナに会いたい理由が
あったと知りいたたまれない気持ちに・・・

だけど、日常を描きながらも、そうゆう優しい気持ちが
あふれてるこのドラマの雰囲気があたしも大好き♪
6. Posted by きこり→くうさん   2012年11月15日 18:03
>みたい〜。その話って今までに出てきたかなぁ…。
名前もエピソードも出てこなかったと思う。
でも、ふりかえってみれば男の子をつきとばしたのも
めぐみちゃん絡みだったんだね。
>これは…ずいぶんと遠くまで散歩しちゃったよね( ̄∇ ̄;)
長野に戻れるんかいな・・(笑
てか、今回みんなが亡くなった人に会いたいとか言うのを聞いて、クーナはただの小人でそんな願い事聞いてくれないんじゃないの?って思ったけど、ちゃんと亡くなった人と結び合わせてくれるんだね( ̄∀ ̄)
>ダンナと一緒に見てるんだから気付かせないでほしい^^;
旦那と一緒に見てたら、オイオイ!余計なこと言うなよ!って内心あせると思われ・・(笑
バカちゃんのキャラ、本人そのままのような・・(´m`)
>たぶん、このドラマを好きな人はそういう人が多いんだわ。
そうだね。
このゆったりとした「日常」を味わいたいんだよね。
思えば贅沢なドラマだわ〜

7. Posted by きこり→ヨーコさん   2012年11月15日 18:10
>クーナ劇場良いわ〜
私もすんごい楽しみにしてるんだけどーー!( ̄m ̄〃)
ヨーコさん家では江口さんはサネイエなのね。
わたしゃ、最近「野田ともうします。」見ているから
どうも、野田さんぽく見えてしまって・・
雰囲気も似たような感じなんだよ〜〜
>私、めぐみちゃんとのエピソードを見逃したんだと思って焦ってたけど、そこはまた後ほどなのね
そうみたいだね。
私も、いつ、めぐみちゃんって出てきたっけ?って思ったけどさ。
萌江ちゃんの行動の理由がやっと見えて、切なくなったよ。
どうもこの子よくわからんな〜と思っていたけど、ええ子やな〜って(←単純)
>人様の静かな日常と、その中でのささいな心の揺れ・・
私も若い頃はそういう日常的なドラマや映画に興味なかったかもしれないな〜
大事件が起こってこそ見ごたえがあるとか思ってた(笑
お子ちゃまだったよ〜
8. Posted by きこり→まこさん   2012年11月15日 22:08
>父が倒れた事によって、家族との関係を
見直したり、父との距離を縮めたい思いも
あるのかな〜。
全部まとめてやっちゃえってとこあるのかも・・
そういうのが良多らしいのかな(笑
クーナの帽子が見つかって以来、萌江と良多の距離が
いっきに縮まったのがいい感じ。
でも、沙江がそんな二人にじわ〜っと嫉妬する気持ちもよくわかるわ〜( ̄∀ ̄)
うちも娘は、小さい頃はずっとお父さん子で、二人の世界だったから、助かる反面寂しかったもんな〜
>今まで変な子扱いしててごめんよ〜と
おばちゃん切なくなっちゃった・・・
私も〜この子はまったくわからん・・・とさじを投げていた・・ごめんよ〜(´∀`;)
そもそもの始まりは萌江のめぐみちゃんへの思いから始まったんだね。
その思いがどんな形にしろ叶って欲しいよね。
9. Posted by 凛太郎   2012年11月19日 12:23
≫萌江が、そっと教室に運び込んだ机・・・
そこに座っていためぐみちゃんは亡くなってしまったのでしょうか・・
そんな感じですね。萌江が机に座っていた男子生徒をいきなり突き飛ばしたのは、きっとめぐみちゃんの机に座ってたんでしょうね。

今回も見どころ沢山の展開でしたが、あまりの低視聴率が心配です。
10. Posted by きこり→凛太郎さん   2012年11月20日 15:20
>萌江が机に座っていた男子生徒をいきなり突き飛ばしたのは、きっとめぐみちゃんの机に座ってたんでしょうね
そうなんでしょうね。
まったくわからなかったわ〜
てか、見てて、子供の行動を一面だけ見て怒っちゃだめだな〜って思いましたよ。
子どもは子どもなりにちゃんと考えてというか、思うところあってやったんだな〜っていうのがわかって・・
>あまりの低視聴率が心配です。
打ち切りなんて絶対やめて欲しいですよね。
このドラマは、ちゃんと順序立てて、ゆっくり描いてこそラストに繋がるんじゃないのかな〜って思ってます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「高校入試」 第6話「大奥 〜誕生〜 [有功・家光篇]」 第6話 あなたは母になり、強くなり美しくなった