「高校入試」 第3話よる☆ドラ 「眠れる森の熟女」 第八話 歳は関係ないでしょう

2012年10月24日

「ゴーイング マイ ホーム」 第2話

 あからさまに毒きのこじゃん!っと思ったけど、クーナの帽子・・・・?!w( ̄▽ ̄;)w
フェルト素材な雰囲気がかわいいぞっ。
娘に付き合わされて、時間つぶしに参加したクーナ探しの下見でしたが、もう行くことに決めた時点で「見えないものの」世界に一歩入っていると思われ・・・
良多の反応が楽しみですなぁ・・・

 さて、東京に戻って来た良多(阿部寛)は萌江(蒔田彩珠)の前で沙江( 山口智子)に父親(夏八木勲)の件を報告。妖精をダシにして欲深なことを考えていると言い切ってましたぞ。
子供はちゃんと聞いてるよ〜
で、クーナの解説をしてくれました。
「フロドの友達。うちにもいるよ」

 こういう時の反応が難しい( ̄∀ ̄;)
否定するのもアレなんで、いちおう捜すフリをする良多・・・
親業に必要なのは演技力だよ、がんばって!
でも、フリをしているのも見抜かれているという・・・
坪井家のフロドは長野のおじいちゃんのとこに行っているらしい。
そのことをおじいちゃんとテレパシーで話して知ったんだと。

 (´-ε-`)(´-ε-`)・・・・・・・・・・・・・・・・・・むーーーーん・・・・・
どう対応したらいいのやら・・・

 さて、良多の仕事の方ですが・・・・
ジョギング作戦で真田(新井浩文)が社長(笹野高史)は高田純次好きという情報をキャッチしてくれたおかげで良多の考えた「♪ アーモンドペロンチョコ ♪ ペロンチョ ♪」って企画に決定。
んが・・・・上司からこのキャンペーンの仕事は真田にまかせるから、休んでて的な事を言われちまったわ!
一応「リストラ」でも「謹慎」でもないって言ってたけどさ・・・コレは・・・マイルドな肩たたきだよねぇ・・・

 ショックを受けながらも「倒れた父の看病」という名目を持ち出して平静を保ったけど・・・
本人的には唐突な流れだよね〜
でも、回りには必然の流れだったようで普通にドライな感じで「お世話になりましたぁ」「辞めないんスか?!」って言われっちまったし・・・ソレもショックだワ・・・

 沙江の方は順調のようで、ナイスウェ〜ブ到来。
友人の映画監督からフードスタイリストの仕事依頼がきましたぞ。

 いや〜タレントのわがままにも笑顔で応え、「かわいがられて育ったお子さんなんでしょうね〜」とナイスフォロー−。
すんごく頼りになる感じ。
どうしてもこのドラマのフードスタイリスト・飯島奈美さんのイメージとかぶってしまうけどさ。

 って、確かに人の作ったおにぎりって、私もちょっとアレかも・・・(´∀`;)
ホラ、おにぎりのうまみ成分は作った人の手のひらから出ているって科学的にも検証されてるでしょ?(そうだっけ?)
よく知らない人のうまみ成分は・・・・ちょっと・・・・・

 んが、『正負の法則』でしょうか・・・・家庭内では問題勃発。
萌江がお弁当のおかずをクラスの友達に売っていたことが判明。
1週間の謹慎処分が下りました。

 ひえ〜小学生でも謹慎なんてあるんだ。ここって私立の小学校なの?
てか、気軽に50円とか80円払うとは・・・今の小学生は金持ちだね。
一応沙江が理由を聞いたら「流れで・・・」と答えてましたわ〜

 まぁねぇ、コレが自分の娘だったら、(キΦдΦ)はあ?!流れってなんだよ?ってなるとこなんだけどさ、多少距離を置いて考えてみますと・・・「流れ」ってわかるような気がする。
まぁ、あのすんばらしいお弁当に有難味を感じてない(キレイすぎて逆に食欲がわかないっていうか、自分のために作ってくれてると言うよりも仕事のついでって雰囲気)ってのが基本にあるからだろうけどさ。
友達からお金出すからちょうだいよ〜と言われたら断れないかと・・・(ノ∀`;)

 で、またしても沙江は良多に本当の理由を聞きだすよう命じたんだけど、ぼんやりした返事しか帰ってこない。
(妻なら、コイツ絶対聞く気ないな・・ってわかる声)
って、ここで何気にスパイシーな会話が流れていきましたぞ〜
「父親になるチャンスなんだから」沙江
「俺まだ父親じゃなかったんだ・・・」良多

 良多もだけど、沙江も萌江と本気で向き合うことを恐れてるように見える。
それは、良多も沙江も子供として親への問題を抱えているから。
親として自分が娘に微妙な距離を保っていることをわかってるんだけど、生身の自分で向き合うことを恐れている。

 ところで、沙江に仕事を頼んできたヤマケンは良多も知っている男らしい。
「俺の中じゃ、あいつは映画監督と認めてないけどな」
「今さら映画なんて、やらなくていいと思うけどね・・」って、いろんな意味合いの嫉妬が感じられる発言アリ。
(この時、手を洗いながら「何で手洗ってんの・・」ってのがリアルで笑っちゃったわ〜)
そのくせ、彼の撮った映画を一人で見直しているという・・・( ̄▽ ̄;)

 そんな訳で沙江はロケのため留守にするんで、謹慎中の父と娘は長野の父の元へ行くことにしましたとさ。
リュックの他に大きなコロコロを引いている萌江ちゃんがかわいい。
前後に距離を保ちながら歩いていく良多と萌江の後ろ姿が良かったね。

 で、今回のバカリズムタイム。
「家出ですか?」
「奥さん、さっき、山のような荷物持って出て行きましたけど」
「最近ね、思うんですよ。
自分が会社をクビになって居なくなった後、会社がね、全く昨日と変わらずに、いやむしろ昨日よりスムーズに穏やかに和やかにみんなが仕事してる様子を。怖いですよ、コワイ!も、ホラーデスヨ、ホラー!
やっぱアレですかね、最後、手に職のある人が生き残るんですかね・・」
あ・・・・それは言っちゃ・・・・( ̄∀ ̄;)
「僕みたいに頭を下げるだけが取り柄の調整係みたいなタイプは不況の時は真っ先に切られるんですよ」
あ〜〜一言一言が良多の胸に刺さるわ〜
何気ない調子で言うから余計響くよね。今回もいい仕事でした。

 道中、いい感じでぶたパンみたいのを食べてる時、良多は勇気を出しておかず売買の件を聞いてみたんだけど、やはり同じ答えしか返ってこなかった。
「パパにあるでしょ。そういう時。パパの知らない萌江もいる訳よ」萌江
「もう?!早すぎないか・・?」良多

 病室を覗いた後、萌江がクーナから聞いたという「クーナ事務局」へ行きたいと言出だしたんで、二人でそちらへ。
ちょうど菜穂(宮あおい)が子供たちに「クーナ」のことを話しておりましたぞ。

 「クーナ」は、いるのか、いないのか。
それぞれの意見を口にする子供たちに「目に見えないからっていないとは限らないでしょ」と伝えておりました。

 そんな菜穂をうっとり見つめる今シーズンの中村靖日さん。
「ナウシカみたいじゃないですか?息がきれいな感じするでしょ」なんて言って、良多をげんなりさせてるぞ。
でも、確かにそうだ。
ほんわりと優しいのに、主張するときはしっかり主張する。
宮崎さんの話し方のせいなのか、拒絶する主張じゃなくて、会話を誘うアレになってるから良多も話しやすかったんじゃないかな。

 どうやら、この町のダム建設問題で菜穂の母と父は対立したようです。
母はクーナの森を守ろうとがんばっていたようですが、お金を積まれてほとんどの人は受け入れてしまったらしい。
 
 その頃、沙江はアシスタントのじゅんじゅん(菅野莉央)と明日の仕込み中。
クーナのことをじゅんじゅんの田舎では「ヒッコ」って呼んでたそうな。
「いたらおもしろい」と発言したじゅんじゅんに用心深い目を向ける沙江。
「根拠のないものに頼ったりすがったりする生き方が嫌いなの」と言ってましたが、りりィさん、宗教にでも走ったことあるのかちら・・・

 昼間の撮影の時、ヤマケン(宅間孝行)から「美味しそすぎるんだよな〜」とダメ出しをされてましたね。
ナポリタンなんだけど、沙江の作ったものは画的に色も形もコーディネートもバランスが良すぎて、生な雰囲気が足りなかったのか・・・
「もっとベトーっとしてて、ギトギトでぇ、こうズルズルっと食うんだよ。麺も、うどんみたいに太くて〜皿ももっとダサいんだよ」

 なんかここに萌江がおかずを売りとばしちゃった原因が隠れているのかも。
時に無造作な方が愛情が伝わってくることもあります。
ヤマケンの望む、もっと普通で、お母さんが適当にささっと作ったような感じ・・・たいして珍しいものじゃないのに、帰ってきたらまた食べたくなるあの味とビジュアル・・・
この撮影に参加したことで沙江の料理にも心にも変化がありそうですなぁ・・・

 相変わらず、煽るような音楽もない、静かな画面で淡々と交わされる会話が楽しい。
そして黙っている時の「間」と、その間の「困っているような表情」に惹かれる。
神経の行き届いたキャスティングにも、思わずにんまりしてしまいます。
タクシーの運転手の阿部サダヲさん、看護師の江口のりこさん、長野日報社社会部キャップの中村靖日さん・・
彼らとのちょっとした会話が、少しづつ良多の心の深いところに刺激を与え、柔らかくしてくれるような気がします。
 「見えないけど周りにあるもの」「気付かなかったけどあったもの」それを感じることができる日が来るんでしょうか。

第1話 第3話 第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話 第10話(最終話

br_banner_risu

来週の沙江の料理は何かな〜♪ チャーハンかな〜オムライスかな〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ゴーイング マイ ホーム 第2話の感想  [ オタクと呼ばないで ]   2012年10月24日 16:08
フジテレビ系で放送された「ゴーイング マイ ホーム」第2話の感想など確かに皆さんが言われているように、映像が映画っぽいテイストですね。初回2時間スペシャルの時は気が付きませんでした。ニブい男ですいません。ただ、映画なら2時間程度で終わるところを、これがあと八
2. ゴーイング・マイ・ホーム 第2話  [ 昼寝の時間@R ]   2012年10月24日 16:11
公式サイト今回もまったりとした時間が流れていました。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/2-7c4b.htmlこの記事のトラックバッ...
3. ゴーイング マイ ホーム 第2話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2012年10月24日 16:12
第2話 「妻は抜擢、夫は仕事を干され逃亡?」 CM制作会社のプロデューサー・坪井良多(阿部寛)は、父の入院先の長野から東京に戻り、フードスタイリストの妻・沙江(山口智子)と小学4年生の娘・萌江(蒔田彩珠)に、父が探していたという「クーナ」の話をする。
4. ゴーイング マイ ホーム (第2話・10/23) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年10月24日 17:43
フジテレビ系ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(公式)の第2話『妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?』の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読...
5. 【ゴーイング マイ ホーム】第2話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年10月24日 17:48
いやね、最近思うんですよ。 自分が会社をクビになっていなくなったあと、会社がね、全く昨日と変わらずに… いや、むしろ昨日よりもスムーズに穏やかに和やかにみんなが仕事してる様子を。 怖いですよ。...
6. ゴーイング・マイ・ホーム 第2話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年10月24日 18:16
『妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?』 内容 倒れた父・栄輔(夏八木勲)を見舞った際に出会った女を捜す良多(阿部寛) やがて鳥居治(西田敏行)と出会うことに。女は、鳥居の娘・菜穂(宮崎あおい) そこで父が“クーナ”なるものを追っていたと知る。 ロマンチックだと..
7. ゴーイング マイ ホーム #02  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年10月24日 19:20
『妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?』
8. 『ゴーイング マイ ホーム』第2話  [ 悠雅的生活 ]   2012年10月24日 21:52
妻は抜擢、夫は仕事干されて逃亡?
9. 「ゴーイングマイホーム」第2話  [ またり、すばるくん。 ]   2012年10月24日 22:05
第2話「妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?」                              視聴率8.9% 
10. ゴーイング マイ ホーム 第2話:妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?  [ あるがまま・・・ ]   2012年10月25日 13:54
クーナの帽子!?w(・0・☆)w あっ 確かに赤いとんがり帽子ではあったけど、ちっちゃ過ぎないか? 15cmだという、あの木彫りの実物大人形の大きさからすると、かぶるというよりは 頭にちょこんと乗っかる程度の小ささではなかろうかと・・・あれじゃどんぐりを 避け..
11. 「ゴーイング マイ ホーム」第2話★雲をつかむような‥  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2012年10月25日 16:08
「ゴーイング マイ ホーム」第2話 会社で有給休暇を促され肩たたきされたような有様の良多(阿部寛)。 すれちがいざまに後輩社員がお別れみたいな雰囲気を漂わすと、良多は「おい、辞めないよ。」 社員「辞めないんですか」 家に帰っても、なかば強制された有給休
12. 「ゴーイング・マイ・ホーム」2 ☆☆☆  [ ドラマでポン ]   2012年10月30日 18:16
とんがり帽子!! 赤い!! 仕込みじゃなかったら何なんですかあれは(><)本当に「いる」ドラマなの? プロ母弁当のおかずを、同級生に売る萌ちゃん…。なんと一週間の謹慎です ...

この記事へのコメント

1. Posted by Largo   2012年10月24日 16:11
こんにちわ。

>なんかここに萌江がおかずを売りとばしちゃった原因が隠れているのかも。
ここ、私も感じました。
マヨラーの良多とも何か関係があるのかなぁ、とも。

沙江が料理がうまくなったわけ、ダムを巡る菜穂の両親のいさかい、「一応」の中村靖日さん(笑)・・・
キーワードも多かったけれども、行間が多すぎて、全部書ききれなかったです〜(^^;;
ネタばれ関係を見ていないので、まさか登場するとは思ってなかった、あの人たち。
どうなるのか、今後の展開が楽しみです。
2. Posted by emi   2012年10月24日 16:11
>この撮影に参加したことで沙江の料理にも心にも変化がありそうですなぁ・・・

そうかもしれませんね!でも、まだ分からないままだったりして!?
萌江は、口には出さないけど母親の愛情を求めていますよね。
そのことを沙江がいつの段階で気づくのかが、これからのポイントの一つですよね。
それにしても、沙江のお弁当は完璧すぎて市販品のようでした(^_^;)

今回もセリフの一つ一つが、スパイスが効いていました。
3. Posted by みのむし   2012年10月24日 16:31
このドラマめっちゃ感想が書きにくいのに
きこりさんすごいなぁぁぁ〜〜〜〜。
わたしゃ早くも感想を書くのを脱落しそうだよ。
めっちゃ癒し系で面白いんだけどさぁ。
どう書いていいやら・・
とにかく面白い〜。としか表現できないよぉ〜。
今回そんなに進展はなかったけど、
最後のクーナの帽子には笑ったなぁ〜。
めっちゃかわいい〜〜。
早く出てくるなら出てきてほしい!って思っちゃったよ。
4. Posted by くう   2012年10月24日 18:06
>確かに人の作ったおにぎりって、私もちょっとアレかも・・・(´∀`;)

あ、いたっ(・_・)/\(・_・)ナカマ!
昨日実況でこの事つぶやいたら共感してくれた人はほとんどいなかった。

いや、商売でやってるお寿司屋さんとかは清潔だと信用できるからいいけどさ、
誰がどういう状態で握ったか解らないのはあたしも無理ーー!

とか、そんな小さなことにも反応したりツッコんだり共感したりしながら見れる。
このドラマが私は好きさっっ。

>なんかここに萌江がおかずを売りとばしちゃった原因が隠れているのかも。
時に無造作な方が愛情が伝わってくることもあります。

そうだね…沙江さんもこの撮影に参加したおかげで気付くことが多いかもね。
たぶん「商業的」なんだね、家庭での手料理もお弁当も。

しかし、22時台のナポリタン映像はやばい…。
夕べもお腹すいたぞ。
拷問のようだわw
5. Posted by ヨーコ   2012年10月25日 06:24
萌江ちゃん、可愛いなぁ〜。10歳位ってちょっと大人びた事を言い始める年頃なんだろうなぁって自分を思い出しながら見ていたけど、こんなクールな娘だと逆にちょっと面白くて大人扱いで会話してみたら楽しそう(笑。
子役の自然な演技と、音楽がゴンチチさんでとっても静かって所が是枝マジックだね。心地良いドラマだわ〜♪
クーナの三角帽発見!今後が物凄く気になるよ〜。
6. Posted by まこ   2012年10月25日 16:44
クーナより何より、萌江ちゃんが謎だ・・・
弁当のおかずをタダではなく売るという
ちゃっかりした部分があるかと思えば、
クーナの事を真剣に信じてる・・・というか
見えてるらしいし、大人なのか子供なのか
よくわからん・・・

そんな萌江をもてあまし気味な感じの沙江さん。
母との関係も何となくしっくりいってないように
どう接していいのかわかんないのかなぁ。

沙江の料理は家庭料理でさえも、プロ仕様で
完璧過ぎるのかしらん。
7. Posted by きこり→Largoさん   2012年10月25日 18:05
あんなに完璧なお弁当、ほかの子にしてみたら
うらやまし〜!ってなるはずなんだけど、当の本人にしてみたら、作り物っぽく感じちゃうのかもね。
沙江自体も萌絵と接するとき、なんかワンクッションある感じだし。
あのお弁当はきれいで美味しいけど、二人の親子関係そのものを現しているのかもしれないね。
>キーワードも多かったけれども、
ホント、ホント。
少しづついろんなキャラが関わってきて、今後どうなっていくのかな〜?って気になる感じだったよね。
このじわじわと物語が進んでいく感じがいいよね。
好みがあるだろうけどさ (≡^∇^≡)ニャハハ
>まさか登場するとは思ってなかった、あの人たち
私予告見ていなかったんだけど、昨日偶然見て、すんごいびっくりしたわーーー
妖精ってかわいいアレでいくのかと思ったら、おっさんかい?(笑
しかも、わたしゃ、CGでいくと思ってたら、実写とは・・・(笑
いや〜ますます来週が楽しみになったよ〜(( ^∀^ ))
8. Posted by きこり→emi さん   2012年10月25日 20:21
>でも、まだ分からないままだったりして!?
このドラマはゆったり流れていく感じだから
そんな急激な変化はないでしょうね。
最終回、気づいたら変わってた!みたいな・・?(笑
>萌江は、口には出さないけど母親の愛情を求めていますよね。
沙江は肉親の愛情に懐疑的みたいだから、自分もどうしても頭で考えてから萌江に接しちゃうんでしょうね。
なんか人ごととは思えんかったわ〜(´∀`;)
>沙江のお弁当は完璧すぎて市販品のようでした(^_^;)
一品一品が完璧だから、すごいきれいで作品って感じでしたよね。
うちの娘なら大喜びするとこだけど、アレが毎日だとやっぱ冷めてみちゃうのかも。
>今回もセリフの一つ一つが、スパイスが効いていました。
そうですよね〜
どのセリフも聞き逃せないわ〜
で、記事にアップするために書いていると、また違った意味が見えたりして、すごくおもしろいです。
9. Posted by きこり→みのむしさん   2012年10月25日 20:30
なんかこのドラマのおもしろさって、あの間とかしゃべった後の何ともいえない雰囲気とかだと思うから難しいよーー
結局また、どんどん記事が長くなってしまうーー( ´△`;)
でも、ホント、癒されるよね。
良多なんて、結構深刻な状況になっちゃってんだけどねぇ・・
ほわ〜んと見ちゃうよね。
>最後のクーナの帽子には笑ったなぁ〜。
ね〜!まさか帽子発見から始まるとはね〜
こんな具体的に映像で見せてくれると思わなかったから嬉しかったよ〜
あの帽子が手作り感ある雰囲気でかわいかったよね〜
で、予告みたら来週はしっかりクーナが出てたじゃん!��(*゚Д゚ノ)ノ
予想外だよーーーー(笑
10. Posted by きこり→くうさん   2012年10月25日 20:36
>昨日実況でこの事つぶやいたら共感してくれた人はほとんどいなかった。
そ、そうなんかい・・・��( ̄Д ̄ ;)
私も店で出してくれるのとかは大丈夫なんだけどさ〜
友達のお母さんのおにぎりとか・・微妙にヤダった(笑
神経質なヤツ!と思われると思いながらも書いちゃったよ〜でも、私あのビニール手袋で握られるものやなんだけど・・ww なんかビニール臭がしそうで・・・
>たぶん「商業的」なんだね、家庭での手料理もお弁当も。
そうなんだよね。美しすぎて逆に、なんだかな〜ってなるような・・ま、贅沢な悩みっちゃーそうなんだけどさ。
>しかし、22時台のナポリタン映像はやばい…。
ナポリタンって、いいとこついてくるよね(笑
来週は何で来るか、すごい楽しみさ〜
11. Posted by きこり→ヨーコさん   2012年10月25日 20:46
>10歳位ってちょっと大人びた事を言い始める年頃なんだろうなぁ
そうなんだよね。私みたいに子供嫌いの人間にとってはとっても嫌なお年頃(笑
するどい子はいろんなことが見えて、ついツッコまざるをえないもんね。
>音楽がゴンチチさんでとっても静かって所が是枝マジックだね
ゴンチチだったんだ〜
ほとんど音楽の存在を感じなかったけど、それだけ画面となじんで自然なんだろうね。
来週はついにクーナ登場か?!
いや〜どんなふうに出てくるのか楽しみでたまらないよ〜(( ^∀^ ))
12. Posted by きこり→まこさん   2012年10月27日 12:00
>クーナより何より、萌江ちゃんが謎だ・・
ホントホント。
本当にクーナを信じてて、見えてんだかどうなんだかも謎だし、でも教えてない情報も知ってるみたいだし・・やっぱりあっち側なのかな〜?
大人びた態度をとるのはこの年齢にありがちだけど
母親的には、な〜んかピリピリしてしまいそうな感じ(笑
やっぱり母と娘は、母と息子とは違うよなぁ・・って自分を省みても思う(^▽^;)
だから良多にフォローを求めるさえの気持ちがよくわかるよ〜
>プロ仕様で完璧過ぎるのかしら
そうなのかも〜
そんな完璧なお弁当食べたことないから、アレだけど(笑)きれいすぎてサンプルみたいに見えちゃうのかな〜
13. Posted by 凛太郎   2012年10月28日 13:55
普通のドラマが悪いという訳ではないし、全ての映画がちゃんとしているとは限らないのですが、このドラマはテレビって感じじゃなくて、質の良い映画を見ている気持ちにしてくれます。

≫煽るような音楽もない、静かな画面で淡々と交わされる会話が楽しい。
そして黙っている時の「間」と、その間の「困っているような表情」に惹かれる。

全く同感です。
14. Posted by きこり→凛太郎さん   2012年10月28日 21:40
>このドラマはテレビって感じじゃなくて、質の良い映画を見ている気持ちにしてくれます
そうなんですよね。TVで見てるんだけど(笑
やっぱりTVドラマだと大なり小なり煽られる部分はあるんですが、これはそれが一切ないんですよね。
だから、自然なテンションで向き合うことができるというか・・
穏やかな気持ちで、ゆったりと楽しんでいます。
それに演技力のしっかりした役者さんたちばかりだから、安心して見られますよね。
15. Posted by アッチャン   2012年10月30日 23:05
4 穏やかな気持ちになります
山口ともこ、阿部寛、宮崎あおいと好きな方々がひとつのドラマに出ていて本当に楽しみにしているドラマです
このようなドラマがあっても良いと思います
来週も楽しみ
16. Posted by きこり→アッチャンさん   2012年10月31日 06:17
コメントありがとうございます。
このドラマ、ホントに穏やかな気持ちになりますよね。
癒される感じです。
私は阿部ちゃんのドラマは必ず見るようにしていますが、そこにさらに素敵な役者さんが揃ってるんで安心して見ていられますよ〜
音楽もさりげなく寄り添ってる感じでいいですよね〜♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「高校入試」 第3話よる☆ドラ 「眠れる森の熟女」 第八話 歳は関係ないでしょう