「東野圭吾ミステリーズ」 第7話 白い凶器「ラースと、その彼女」 2007年 米 監督・クレイグ・ギレスピー

2012年08月25日

金曜プレステージ 「剣客商売 御老中暗殺」

 さて、久しぶりの「剣客商売」ですな・・・( ̄∀ ̄)
原作のファンなので、一応、放送になる度にはチェックしております。
んが、私の中での秋山親子ベストキャスティングは中村又五郎と加藤剛で決まりなんで、申し訳ないけど他の演者さんは継子扱い的になってしまうと思われ・・・・
記事を読んでも、「おもしろかったじゃん!」「心が狭いぞ!」「ふざけるな!」「顔を洗って出直せ!」「じゃあ、オマエがやってみろ!」等の憤りを感じても許していただきたいと思う。

 ストーリーについてはこちらをどうぞ。

 見終わった後の感想は、キャスティングにも出ているけど、若い人にアピールしようとしているのかな〜?
あえてそう作ってるんだろうけど、時代劇のカラーとは違ってたよねぇ・・
話口調もキャラクターもいつも以上に現代風になってるというか・・・軽くて明るい。おしゃれ?

 コレは好き嫌いあると思うな〜
ただ、それも含めて新しい「剣客商売」にはなっていると思う。
劇中で使われている音楽は、ちょっと先走りしている印象を受けたかな。
音楽の勢いで視聴者を引っ張ろうとする意図が見えて、落ち着かないというか、そんなにジャンジャン音楽かけなくても・・・・静かに見させてくれよって思った。
全体的には、私はあんまり・・・・かな・・・o( ̄ー ̄;)ゞ

 さて、新キャストは・・・
秋山小兵衛(北大路欣也)
秋山大治郎(斎藤工)
佐々木三冬(杏)
おはる(貫地谷しほり)

 わたしゃ、小兵衛には枯れた味わいを求めてしまうので、北大路欣也さんは脂っ気ありすぎるんじゃないの?って思ったんだけど、まぁ、おはるを嫁にするぐらいだから、北大路さんぐらい、現役感がある方がいいのか?
枯れてるのに息子より年下の娘っこに手を出すという意外性が欲しかったんだけど、まぁ、いい(←エラそうだな)

 でも、見ているうちに、北大路小兵衛のかわいさというのかな、隠居したはずなのに好奇心から動いている楽しさが伝わってきて、ラストにはいいかも〜と思えてきたさ。
これが役者の持つ力ってやつなんだろうね。
剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)


 

 で、おはる役なんじゃが・・・
私は貫地谷しほりさん大好きですよ。
でも、この役は小林綾子さんの方が合っていた。
野育ちの素朴さとか、いい意味での野暮ったさ、朗らな雑草感が私の中では原作とぴったりだったのよ〜
貫地谷しほりさんのおはるは、おきゃんでかわいいけど町娘っぽいかな。
北大路さんと並んだ感じは、いいと思いました。

 そして斎藤工さん演じる大治郎は・・・剣ひとすじの朴念仁というよりは、天然さんな感じというか・・・ヾ(;´▽`A``
ぼんやりさんというか・・・純真さは伝わってきたんだけど、もっと芯の通った感じが欲しいというか・・・
あと、わたしゃ殺陣のことはわからないんだけど、全体的にふわ〜とした印象だった。
イヤ、強くてもそんなあからさまにギラギラしてなくて、本当の達人はそういうもんなんですよと言われればそうなのかもしれんが・・・なんかふわ〜っとしてた(しつこいよ!)
 イメージから清廉潔白には見えんかった渡部篤郎の方が侍らしかったな〜(山口馬木也さんは私の中では大治役癸殴奪后
多分、シリーズ化になるんだろうから、そのうち慣れてくるの・・か・・・なぁ・・・

 美冬役の杏さんのキャラクターは他の人よりもさらに現代風だな〜と感じました。
そのまま洋服でも通じるというか。
剣士としてあんまり強く見えないっつーか・・・粂太郎(内野謙太)の方が強く見えたりして・・・・(´∀`;)

 國村隼さん演じる田沼意次は、私は好きな感じだった。
あくどさが前面にありながら清濁併せのむという雰囲気で、情も伝わってきたし、キャラクターに奥行きが感じられたというか・・・北大路さんとのバランスも良かったよねぇ?

 あ、忘れちゃならないのがナレーションの蟹江敬三さん。
時代劇にぴったりの、味のある抑制の効いたお声がドラマをしっかり支えてたと思います。さすがだよぉ・・・
私みたいに普通〜の昔ながらの時代劇を求めている人にはちょっと落ち着きが悪いというか・・・
しっくりこないかもしれませんが、これはこれでおもしろいかも・・・と思った次第です。

br_banner_obake
 
今晩は「24時間TV」すな。
いつもだったら見ないんだけど、嵐だから見るわ〜
起きていられない夜中部分は録画。でも、HDDの残量が少ない・・・どうしたらいいじゃろ・・(≡Д≡;)


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sannkeneko   2012年08月25日 22:25
こんばんは〜。
原作未読だし&藤田版しか知らないのですが、
飄々とした藤田・小兵衛との違いにちょっと面食らいました。
ただ・北大路さんは本領発揮というか安定感というかさすがの存在感。
殺陣も決まっていましたし。
それにしても大治郎はあれで諸国を周っていたのかと不思議なくらいの天然ぶりだし、
三冬も何かが違うような。
ただこちらも前任者の山口馬木也と寺島しのぶがはまり過ぎていた部分もあるし。
まあ、ふたりとも演技が下手な人ではないのですし、
自然と役に馴染んでいくのかな・・・とも思います。
何せ音楽がミスマッチなのが気になりましたが、
続編希望です。

それでね・・・ほら、今回もTB飛んでいないし(-。-;
2. Posted by きこり→sannkenekoさん   2012年08月26日 11:01
>飄々とした藤田・小兵衛との違いにちょっと面食らいました。
そうそう、藤田さんの小兵衛には枯れとすごみがありましたなぁ・・その分、北大路さんにはおちゃめさとかわいさがあるけど(笑
殺陣も安心して見ていられました〜
>それにしても大治郎はあれで諸国を周っていたのかと不思議なくらいの天然ぶりだし、
三冬も何かが違うような。
大治郎、あれじゃ今の朝ドラヒロインと同じだよ〜(笑
回りがいろいろやってくれてるから、成り立ってるというか〜
美冬はただのおてんばさんですよね(苦笑)
そもそも二人とも顔もスタイルも洋風すぎる(そんなこと言われても・・)
足が長すぎると着物が似合わないって言うけどねぇ・・・
>自然と役に馴染んでいくのかな・・・とも思います。
お二人とも魅力的な役者さんなので、徐々に視聴者を味方につけていくタイプと思います。
そういう意味で馴染んでいくのを見る楽しみもあるかな〜(←えらそう)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「東野圭吾ミステリーズ」 第7話 白い凶器「ラースと、その彼女」 2007年 米 監督・クレイグ・ギレスピー