我が家の庭 2012年 その3「リーガル・ハイ」 第九話 恩讐の村人よ・・・美しき故郷を取り戻せ !!

2012年06月12日

「鍵のかかった部屋」 第9話 はかられた男

 「俺たちに証拠は いらねぇんだよ。
何だ? この姑息なやり方は。男のやるこっちゃねぇ。この外道が。
三夫は お前が拾ってきたカワイイ 子分だろうが」富樫

 弟分すら容赦なく殺し、真相を暴いた榎本に銃を向けた野々垣でしたが、最後は仁義に従うことにしたようです。
遅すぎるがな。
 ビシッと決めてくれた岩松さんが、かっちょよかった〜
おちゃらけない岩松さんも素敵でしたわ〜。

 って、来週最終回じゃないよね?前後編になるのかな?
予告で榎本がお縄にかかっていた姿がめっちゃ気になるんですけど!
宇梶さんに「お前が殺したんだな」とか言われてなかった?
相変わらず抵抗することもなく、連れられて行ったみたいだけど、どういうことぉ?早く見たい〜!

 さて、今回は珍しく榎本(大野智)の方から芹沢たちにコンタクトがありました。
内容は、お得意さんが業務上の法律相談をしたいので紹介してもいいかという事だったので、気軽にオッケーした芹沢でしたが・・・・

 言われた会社に行ってみたら・・・・・インテリアがモロそっち系・・・・
働いてるお兄さんたちも、コワモテでリアルにそっち系の雰囲気が・・・
現れた社長と部下は組長と若頭にしか見えないし、取締役の野々垣(哀川翔)はVシネのやくざそのもの。
怯えあがる芹沢(佐藤浩市)と純子(戸田恵梨香)・・・
榎本だけが淡々と仕事をしております。

「お前さ、あの社長とどういう関係なんだよ?」芹沢
「うちの会社のお得意さんです」榎本
「ホントに?深い関係じゃないよな?」芹沢
「深いというと?」榎本
「この会社さ、どういう会社なんだよ?」芹沢
「貿易会社です」榎本
「いや。ホントは、何の会社なんだよ?」
「貿易会社です」
「マンダリンにタイ語かよ。何か怪しいよな」芹沢
「アジアとの取引が多いようですね」榎本
「いったい、何、輸出入してんだよっ?!」芹沢
硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)鍵のかかった部屋フジテレビ系ドラマ「鍵のかかった部屋」オリジナルサウンドトラック


 しかも、3日前に副社長が銃で頭を撃たれて死んだと聞いちゃ…そっち関係の抗争かと思うよね〜
副社長が亡くなった時には隣の部屋で社員の八田(鈴木亮平)が居たので、警察では彼を疑っているそうな。

 さて、純子を置いて逃げて来た芹沢ですが、すぐに社長の元へ引き戻されました。
社長の富樫(岩松了)の要件は海外の会社と業務提携を考えているので力になって欲しいというものだったんだけど、もちろん、スケジュール帳を見て『忙しくて時間がないな〜』的演技をした後でやんわり断りましたが・・・

「私が依頼した仕事を断ると、面倒なことが起きるかも ( ̄∇ ̄)」富樫
「それは・・・・あの・・どういった意味でしょうか?((;゚Д゚))」芹沢
「なんて冗談ですよ。( =・忰=) ハハハ、ハハハ、 ハハハハーーーーー!!」富樫

 断ったら断ったでコワイ・・・
一方、仕事中の榎本に熱視線を送る者が・・・
八田の娘美沙デス。
「カワイイ顔。 タイプ
それに無表情で応える榎本・・・( *´艸`)

 そんな感じで何とかやり過ごしたのですが・・・
その後、にゃんと八田が銃殺体で発見されたのです。
銃は口に向けられ発射されていたため、警察では副社長殺しの容疑をかけられた八田が追い詰められて自殺したと断定したんだけど、納得できない美沙が捜査を依頼してきました。

 関わり合いたくない芹沢は「無理」を連発・・・んが、美沙の泣き落としですぐに落ちましたとさ。
芹沢・・・意外と甘いな・・じゃなくて人情派じゃないですか〜
純子に押し付けたけどね。

 富樫も全面協力を申し出ました。
八田が亡くなった時、部屋は完全な密室でした。
太い鉄パイプの柵付き窓はすべて施錠されており、鉄板で補強されている扉には5個か6個鍵が付いていた。

 榎本と一緒に純子が事情聴取に行った時の「堅気」を強調する坂口(高杉亘)との会話と間が笑えた〜!
昔の話の核心に迫ろうとすると怖い目でだんまり決め込むし〜

 高杉さんって、前からちょいちょいいろんなところで見ていたけど、しっかり見たのは「踊る大捜査線(映画)」からかな・・
あまりにも声が優作に似ているから、モノマネの人なのかな〜?って思っていましたョ。
このひょうひょうとした中にもニヒルさと優しさが共存する雰囲気は優作とも通じる特別な個性だよね〜

 八田が死ぬ直前まで事務所に居たのは、坂口、野々垣、犬山(佐藤祐基)の3人。
坂口が車の中で待っていて、犬山が車の傍で煙草を吸っていたら、坂口も降りてきて、一緒に煙草を吸い始めた時に銃声がしたらしい。
扉の鍵は2つで、一つは銀行の貸金庫の中、もう一つは八田が管理していたので、鍵を締めたのは八田しかいない密室デス。

 榎本と純子のジャッジは、やはり他殺。
自殺なら銃口を口の奥まで入れるはずだか、八田は口から少し離れた距離から撃っていた。
それに、会社で留守番をしている時に自殺するというのも妙・・・・
発砲時、出入りした者がいなかったことは防犯ビデオの映像から確認できたが、このカメラは榎本が設置した時にはなかった死角ができるよう位置が変えられていた。
変えたのは八田だけど、誰かから命令されたのかもしれない。

 使った銃は副社長が撃たれたのと同じグロック17で、引き金を引くだけで自動的に安全装置が外れるタイプのもの。
坂口は八田の遺体のそばで拾ったと言って、黒くて小さい丸い欠片みたいなものを差し出しましたョ〜。

 報告を兼ねてホテルのロビーで純子と捜査会議を始める芹沢ちゃん・・・
(もちろん、模型はなくて純子の書いた絵だけ〜)
芹沢から、催眠術で銃を撃つよう仕向けられた説が出たけど、すぐに純子に却下されちゃった。
でも、殺された理由は副社長殺しに関する情報を持っていたんじゃないかってことに落ち着いたぞ。
翌日、美沙に確認してみることにしました。

 催眠術で殺すっての『刑事コロンボ』であったね。
それは自殺しろって命じるんじゃなくて、ある時間になると暑くてたまらなくなってプールに飛び込みたくなるって催眠術をかけておくというもの。
命じられた時間になると、暑くてたまらんわ〜となった被害者は衣服を脱いで高層階アパートのベランダから飛び降りるって話だったなぁ・・・
催眠術にかけられたことにも気づかず死んでいくとは、こえぇなぁ・・って思った覚えが( ̄▽ ̄)

 さて、美沙からの情報で、副社長死亡後、野々垣が八田に接触し、何か見たか確認していたということが判明。
犬山からは事件当時、野々垣が禁煙していたはずなのに煙草を吸っていたことと、酒の匂いがしていたという情報が。
そして、富樫からは八田は大の日本酒党だったという情報。
でも、まだ情報ピースが足りないようです。

 いつもの榎本の部屋で純子と榎本が話していると、野々垣が「これ以上首を突っ込むな」と脅しに現れました。
そこに登場した芹沢は珍しく毅然と対応。
「あなたは暴力だけが人間を服従させる唯一の武器だと思ってらっしゃるようですが、われわれ弁護士には法律という武器があります。そのことをよく覚えておいてください。
さっ、用が済んだんなら、お引き取り願えますか?」

 いやいやいや・・かっちょ良かったですよ〜別のドラマかと思っちゃった(*^‥^*)
野々垣が帰った後、足よろけてたけどね。
その前の坂口からの逃亡でほどよく緊張感が抜けてたのかしら〜?

 その後、美沙から聞いた八田の日常生活の様子と行動バターンが密室解明のカギとなりました。
副社長と八田を殺したのは、やはり野々垣でした。
野々垣はダミー会社を使って、裏稼業でカジノを経営し、その売上げで土地を購入していました。
その事を知って落とし前をつけるよう迫った副社長を殺し、車で逃げるところを目撃した八田を殺害した。

 八田が娘と水鉄砲で遊んでいるのを見た野々垣は銃の形の水鉄砲の中に日本酒を仕込み、八田に飲ませていた。
事件当日、その水鉄砲を本物の銃と取り換えておいて、いつものように日本酒を飲んでいいと言ってから外に出た。
坂口が見つけたシールみたいなもんは、水鉄砲に見せかけるために本物の銃の銃口に張っておいたボール紙だったのさ〜

 頭いいんだか悪いんだかわかんない犯人だったな〜
あんなに捜査の邪魔をすれば怪しいと思われて当然じゃん・・・
でも、平静を装っていたとしても榎本の追及からは逃げようはなかっただろうな〜
 
 集めた情報を収取選択し、組み立て、真相を導き出す・・・チーム榎本らしい気持ちのいい展開とラストでした。
美沙にプロポーズされ、子供は苦手だろうに、差し出された手をおずおずと握り、引っ張られて行った榎本がかわいかったぞ。

 楽しかったこのドラマもついに最終エピソードか〜
毎度のことだけど、大好きなキャラ達との別れが辛いわ〜(TωT)ブヒー

 第1話 佇む男
 第2話 鍵のかかった部屋
 第3話 盤端の迷宮
 第4話 黒い牙
 第5話 鍵のかかっていない部屋
 第6話 密室劇場
 第7話 狐火の家
 第8話 犬のみぞ知る
 第10話 硝子のハンマー 前編
 第11話(最終話) 硝子のハンマー 後編

banner_14

なんだかはだ寒い日が続いております。
耐えきれずストーブを焚いて「なんか一枚着れ!」と夫に叱られてますよ〜
だって、寒いんだも〜〜((´д`))

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 鍵のかかった部屋「はかられた男」  [ のほほん便り ]   2012年06月12日 16:29
今回もまた「なんて手のこんだ(仕掛けグッズを、細工するか探してきたこと!)」と感心する、サプライズ・トリックでしたね (^^;) しかも、その筋の関連がお似合いな役者さん揃いで、ビビってオタオタする芹沢豪(佐藤浩市)と青砥純子(戸田恵梨香)と対照的に、ひょう
2. 鍵のかかった部屋 (第9話・6/11) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年06月12日 16:34
4/16からフジテレビで始まったドラマ『鍵のかかった部屋』(公式)の第9話『はかられた男』の感想。また、貴志祐介氏の原作推理小説は未読。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは...
3. 鍵のかかった部屋 第9話 感想「はかられた男」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2012年06月12日 16:37
鍵のかかった部屋ですが、榎本径(嵐・大野智)は貿易会社のドアに5個くらい鍵をつけています。開けるのも閉めるのも時間かかりますが、副社長が拳銃で撃たれたので仕方ありません。 芹沢豪(佐藤浩市)と青砥純子(戸田恵梨香)は、えらい所に巻き込まれたと逃げ帰りたいで
4. 「鍵のかかった部屋」第9話感想  [ Kanataのお部屋へようこそ ]   2012年06月12日 17:06
 日本酒ってあんな飲み方して美味しい? あらすじ 公式サイトより .榎本径(大野智)は、とある貿易会社の事務所で厳重な鍵と防犯カメラを設置していた。同社長室では、榎本の紹介で法律相談を依頼された青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)が、社長・富樫(
5. 鍵のかかった部屋 9話「行動パターン」  [ 昼寝の時間@R ]   2012年06月12日 17:14
公式サイト今回も芹沢が活躍してました・・・というか、びびってました。(爆)<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/9-5777.html...
6. 鍵のかかった部屋 エピソード9  [ Happy☆Lucky ]   2012年06月12日 17:38
エピソード9 JUGEMテーマ:エンターテイメント
7. 鍵のかかった部屋 Episode9  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年06月12日 17:55
『はかられた男』 “榎本、逆プロポーズされる 内容 ある日、榎本(大野智)から連絡を受けた純子(戸田恵梨香)芹沢(佐藤浩市) 会社の仕事で“貿易会社”にいるのだが、 社長・富樫口達(岩松了)から、法律相談の依頼を受けたという。 仕事と聞き、純子を連れて会社へ
8. 【鍵のかかった部屋】第9話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年06月12日 19:00
どんな防犯対策よりも効果的な方法があります。 それは、行動パターン生活パターンを変えることです。 同じ道で帰ったり、毎日同じ時間に窓を開けてはいませんか? そういった生活パターンが悲劇を生むこ...
9. 鍵のかかった部屋 #09  [ ぐ〜たらにっき by gooブログ ]   2012年06月12日 19:43
『榎本、逆プロポーズされる』 本文の続きとトラックバックの送信先は本家へ
10. 「鍵のかかった部屋」第9話  [ またり、すばるくん。 ]   2012年06月12日 21:07
9「はかられた男」 視聴率16.0%  
「鍵のかかった部屋」第9話は榎本が貿易会社とは似つかわしい事務所に厳重な鍵と防犯カメラを設置した。この部屋では数日前に副社長が殺されており防犯を強化していた。そんな中 ...
12. 【鍵のかかった部屋】弟9話と視聴率&松田聖...  [ ショコラの日記帳 ]   2012年06月14日 10:04
「はかられた男」関係ないですが、歌手の松田聖子さん(50)が、今日(6/13)、ご自身の公式サイト等で、一般男性と入籍したと、再々婚を発表したそうです。お相手は、2歳年下の慶応大学...
13. 『鍵のかかった部屋』 第9話「はかられた男」  [ 英の放電日記 ]   2012年06月14日 12:26
そうか!そうだったのか! 拳銃を水鉄砲と思わせて、自ら撃たせたのか! 拳銃を水鉄砲に改造して、しかも日本酒が入っていると思わせ、口に向けて発砲させたのか! なるほど!奇想天外なトリックだあ!  このドラマの場合、素直に奇想天外なトリックに感心すればいいん...

この記事へのコメント

1. Posted by しゅあー   2012年06月12日 16:27
次回予告を見てないんだけど、へ〜、榎本の素性がいよいよあらわになる!?

しかし、ピタッと宇梶さんが出なくなって、毎回まったく警察の姿形がなくて、なんか不自然だったんだけど、最後には出てくるならまあ良かったわ(どっか身体でも悪くて出れないのかと思ってたから)

しかし今回は、依頼者がいるわけじゃないのに、よく芹沢があれだけやったよね、もう報酬関係なしに、密室殺人の謎解きが面白くなってるってことかしら(≧▽≦)

ほんと、あと5話くらいはあっても良いかもだね。
2. Posted by で・んか   2012年06月12日 21:15
4 初めまして。
催眠術を使った『刑事コロンボ』のエピソード、「5時30分の目撃者」ですね(正確にはある時間になるとではなく、電話である言葉を聞くとそれがスイッチになるというトリックでした)。
あと私はラストシーンでは同じく『コロンボ』の「ハッサン・サラーの反逆」を思い出しました。超法規的措置でコロンボの追及から逃れようとする犯人に対し、犯人が絶対に逆らえない人物が引導を渡すところが似ていると思いました
3. Posted by きこり→しゅあーさん   2012年06月12日 22:55
>次回予告を見てないんだけど、へ〜、榎本の素性がいよいよあらわになる!?
なんか宇梶さんに「殺す理由がある」とか言われちゃって榎本は「よく調べましたね」って答えて連れられてったよ・・(´д`;)どうなるんじゃろ・・・
捕まっちゃった榎本の弁護を芹沢がするのかな〜
>どっか身体でも悪くて出れないのかと思ってたから)
そ、そんなに宇梶さんのことを?(笑
あれっきりは寂しいもんね。
最終回にでも出てくるかと思ったら、最終章だった。
>依頼者がいるわけじゃないのに、よく芹沢があれだけやったよね
私も思った〜
あの子に報酬が払える訳ないし〜富樫が払ってくれるのかな〜とも思ったけど、ボランティアだったのかな〜
ホント、まだまだ見ていたいドラマだよ〜
4. Posted by きこり→で・んかさん   2012年06月12日 23:05
コメントありがとうございます。
>正確にはある時間になるとではなく、電話である言葉を聞くとそれがスイッチになるというトリックでした
そうそう!電話でなんか言われて、その言葉に反応してスイッチ入るんでした。
そんな事あるのかな〜?って思いながら見ていましたよ(笑
「ハッサン・サラーの反逆」は見ていないのですが、久々に「コロンボ」が見たくなりました((*´∀`*))
5. Posted by 凛太郎   2012年06月13日 10:11
奥さんが見ていたことと、佐藤浩市と戸田恵梨香が好きなので最後まで見てしまいましたが、残念ながら最後までパッとしないドラマだったと思っています。
一番の原因は主役の榎本(大野智)の影が薄すぎなことと、脚本のいい加減さだと思っています。唯一の望みの佐藤浩市のキャラクターも面白さも、最後まで定まらなかったのも残念です。
戸田さんも瘠せ過ぎで病気かと思うほどで、元気がなく心配になるくらいでした。

ジャニーズを使えば数字はとれるのかもしれませんが、使うならもっと適材適所で使って欲しいと思うのは僕だけではないと思います。
佐藤浩市の一見嫌な奴(傲慢でお金第一の弁護士)を演じながらも、時折見せる佐藤浩市の本来の凛々しい姿が頼もしく映りました。
特に今回は頼りなさと、子供の涙には脆い優しい一面まで見せてくれました。
ただし、如何せんキャラクターが定まっていない感は否めません。元々原作には登場しない役柄らしく、仕方がないのかも知れませんが、同じ弁護士ものである「リーガルハイ」と比べると、出演者のキャラクターの面白さ、脚本の出来の良さで大きく差がついてしまったと思いました。

6. Posted by きこり→凛太郎さん   2012年06月13日 23:06
>残念ながら最後までパッとしないドラマだったと思っています。
いやいやいや、まだあと2話あると思いますよ〜
これ、原作は読んでいませんが、芹沢という人物を加えたことによって、ドラマ的にすごくおもしろくなりましたよね。
原作の榎本はもっとはっきり黒いらしいんですが、
ドラマではあっさりしているから、純子と二人だけじゃ、寂しい感じですもんね。
>佐藤浩市のキャラクターも面白さも、最後まで定まらなかったのも残念です。
それは感じました。芹沢が中心になって回している回でも、大人しいキャラというか先週より大人しくて物足りなく感じたり・・・
やはり何人かで書いてるからなんでしょうか・・・
キャラにブレを感じる時がありました。
>使うならもっと適材適所で使って欲しいと思うのは僕だけではないと思います。
私は大ちゃん好きなんで、出ていれば満足なとこあるんですが(´∀`;)興味ない人はやっぱ、違う目でみちゃいますよね。
>同じ弁護士ものである「リーガルハイ」と比べると
「リーガル・ハイ」は神ドラマと言っても過言ではありませんから(笑
比べるのは酷かも〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
我が家の庭 2012年 その3「リーガル・ハイ」 第九話 恩讐の村人よ・・・美しき故郷を取り戻せ !!