「カエルの王女さま」 第5話 セクシーダンス戦争「殺人の追憶」 2003年 韓国 監督・ポン・ジュノ

2012年05月12日

「三毛猫ホームズの推理」 第5話 回る殺人の怪 !? 初恋の義太郎 

 また続きもの〜?!(" ̄д ̄) なんでさ?
「三毛猫」シリーズって長編は33作、短編は14作もあるんでしょ?(もちろんwiki情報)
そんな薄める作戦取らなくても、1クールなら余裕でいけるんじゃないのぉ?
この前はまぁ、お城ロケもあったからいいとして、今回は2回に分ける必要性まったく感じないんだけど。
なにか大人の事情でもあるのかしら〜?

 それと1回目の時には、しっかりあったコメディ路線がすっかり消えちゃったのもつまらない。
真剣にミステリを描くアレに路線変更したのかい?
それにしては無駄な場面が多いような・・・( ̄。 ̄;) もごもご・・
兄弟ケンカもいらないよ。
3人仲良く捜査するってのじゃダメなの?

 今回はセリフも演出も・・・なんだか普通につまらなかった・・・
こうなってみると、改めて『デカワンコ』の偉大さを感じるよ。
よくある設定、どこかで聞いたセリフが、すごく輝いて新鮮に感じられたもの。
笑いベースにして、たまにシリアスあり、涙あり、ちょいラブのありで常に安定した楽しい時間を提供してくれて、全く飽きなかったもんなぁ・・

 あぁ・・・文句が続いてしまったわ・・それもこれも、ホームズの登場場面が少なかったせいよ。
以前はホームズに癒されていたおかげで、少しは穏やかな気持ちで視聴できたのだわ。
だから、引き延ばすんだったら、義太郎がホームズと遊んであげたり、キャットタワー組み立ててるそばで和んでるとか、まだそっちの方がいいよ。
三毛猫ホームズの推理 (角川文庫 (5680))

 さて、栗原課長(石坂浩二)・義太郎(相葉雅紀)、ヒロシ(藤木直人)、晴美(大政絢)の4人でレストランで食事中、それは起こった。
課長から、辞表がやっと受理されたと報告され、ちょっと寂しい義太郎。
そこに銃声が響き、ガラスが割れたと思ったら、近くにいた男性客が苦しんで倒れ、死亡。
でも、撃たれたのではなく除草剤を注射された毒殺だった。

 その後、ナイフで刺殺された男性の遺体が見つかり、ポッケからは一人目の男性を殺したと思われる毒物入り注射器が見つかる。
一人目の被害者神田勇一と二人目・安東は、同じ高校の出身で、二人とも新聞の切り抜きで作った脅迫状を受け取っていたことから、同一犯による犯行ということで捜査が始まる。

 義太郎は神田の手帳に挟まっていた女性の写真が大きく事件に関わってると思い、その線で捜査を始める。
って、最初に見つけた段階で自分だけの証拠にしちゃうのってアリなの?
義太郎、意外とガンテツタイプ?

 さらに絞殺された結城哲也の死体が多摩川の河川敷で発見され、彼のポッケからは安東を殺したと思われるナイフが見つかる。しかも、彼もほかの二人と同じ高校出身。
ここに至って、栗原課長から「これは殺人のフーガ」であり、今度誰かが銃殺されれば殺人フーガは完成するとの宣言が・・・

 という連続殺人事件捜査と共に、所轄の刑事である津川旬子(吉瀬美智子)と義太郎の突然の恋愛話が進んでいく。
おぼこい義太郎はキスされ動揺しているさ中、ヒロシから結婚しろと言われ、すっかりその気になってしまうのさ〜
でも、辞表の話も津川の件も、義太郎の刑事としての本気を目覚めさせようとした栗原課長とヒロシの作戦だった。

 てか、最初に神田の部屋で旬子と会った時点でめっちゃ怪しいじゃん・・
それに、捜査会議で義太郎に言わせるのもさ〜
そんな小学生の帰りの会じゃないんだからさ、普通自分で見つけた事は自分で言うだろうよ。
義太郎よ、刑事としても、大人としも、もっといろんな事に疑問を持って〜
結婚に関しても周りにコントロールされすぎだよ・・中学生かよ。
義太郎をおバカに設定しすぎでは・・・?

 立ち聞きですべてを知った(って、猫が立ち聞きって今更ながら、なんて自然なんだ)ホームズ(シュシュ)(マツコ・デラックス)が喝を入れるんだけど・・・
「義太郎。自分で決めなさいよ。
周りの言いなりになって、舞い上がっちゃって、その気になっちゃって」
「別に言いなりになんか・・・」義
「じゃ、アンタ、あのキスがなくても、あの女のこと好きだって思えた?
みんなから勧められなくても、自分から結婚意識した?
結局、アンタは何ひっとつ自分で決められない男なのよ」
「じゃ、どうすればよかったんだよ!?」
「アンタは私の言いなりになってればいいの!!」

 ホームズまで・・・( ̄∀ ̄)
も〜みなさん、義太郎を自立させるために、ちょっとほっときましょうよ・・・

 さて、結城の携帯電話に脅迫メッセージを入れたと思われる久保山の家に向かった晴美ですが、あっさり、旬子にやられちゃいました。
捜査をはずされ、めげている義太郎はちゃんと助けに行くのかしら〜

 第1話 天才化け猫 & ダメ刑事 VS 密室殺人
 第2話 家出猫はミタ!亡霊殺人事件
 第3話 猫消失!? 古城監禁殺人ツアー
 第4話 古城連続殺人 ! 真犯人の涙・・・
 第5話 回る殺人の怪 !? 初恋の義太郎
 第7話 完全犯罪 !? 放火の真実を追え 
 
ねこちゃん
ここにきて、ドラマでかわいい合いの手を入れている石津が好感度アップ。
義太郎にもがんばって欲しいものです・・・(・д・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 三毛猫ホームズの推理 第5話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年05月13日 08:21
『回る殺人の怪!?初恋の義太郎』 内容 栗原一課長(石坂浩二)に食事をご馳走になっていた 義太郎(相葉雅紀)ヒロシ(藤木直人)晴美(大政絢)。 義太郎の辞表が受理されたことが告げられ、驚いていたところ、銃声が!! 近くに居た不動産会社勤務の神田勇一(隈部洋...
2. 【三毛猫ホームズの推理】第5話感想と視聴率  [ ショコラの日記帳 ]   2012年05月13日 20:27
【第5話の視聴率は5/14(月)追加予定】「回る殺人の怪!?初恋の義太郎」犯人は津川旬子(吉瀬美智子)さん?そんな感じのラストと予告編でしたが、最初の神田勇一(隈部洋平)の殺害...
3. 【三毛猫ホームズの推理】第5話感想と視聴率  [ ショコラの日記帳・別館 ]   2012年05月13日 20:28
【第5話の視聴率は5/14(月)追加予定】 「回る殺人の怪!?初恋の義太郎」 犯
4. 三毛猫ホームズの推理 #05  [ ぐ〜たらにっき by gooブログ ]   2012年05月14日 12:37
『回る殺人の怪!?初恋の義太郎』 本文の続きとトラックバックの送信先は本家へ
5. 三毛猫ホームズの推理 (第5話・5/12)  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年05月14日 15:11
4/14から日テレで始まったドラマ『三毛猫ホームズの推理』(公式)の第5話『回る殺人の怪!?初恋の義太郎』の感想。なお、赤川次郎氏の原作小説は一切未読。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のフ...

この記事へのコメント

1. Posted by 職務経歴書の見本   2012年05月13日 10:40
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2. Posted by えいこ   2012年05月13日 14:18
津川旬子(吉瀬美智子)が先週登場した瞬間に
「あ、コイツ次の犯人だな」と直感した私ですが、
なまじ赤川次郎世代なだけに、これが直感なのか
無意識のうちに記憶を掘り起こしてるんだかわからず
微妙にもやっとしてます(笑)。

<そんな薄める作戦取らなくても、1クールなら余裕でいけるんじゃないのぉ?

私もそう思います〜!
(コンテナの回を思い出すと)数ある本のなかから
厳選して・・・ってわけでもないような感じだし(笑)。
てか、いっそコンテナの回みたいな、トンデモトリックに
統一していったほうがおもしろかったんじゃ・・・

<だから、引き延ばすんだったら、義太郎がホームズと遊んであげたり、キャットタワー組み立ててるそばで和んでるとか、まだそっちの方がいいよ

私もそうです!!!(笑)
原作では、もっとホームズが出てたような気がするんですよね・・・
もっとホームズを出して欲しいです〜〜
今回、相葉ちゃんがホームズを抱き上げた時に
ホームズが思いっきり背中をそらしてるのを見て
「な・・・なついてねぇww」って笑っちゃいました(笑)。

<って、最初に見つけた段階で自分だけの証拠にしちゃうのってアリなの?
義太郎、意外とガンテツタイプ?

私も思いました!!
あそこで義太郎が持ち逃げしなければ、写真をなくすこともなかったろうに・・・

実は私、原作を読んでいる時は石津好きだったんですよね〜。
でも、今回全くトキメカないのは何故だろう・・・(笑)
3. Posted by きこり→えいこさん   2012年05月13日 18:25
>なまじ赤川次郎世代なだけに、これが直感なのか
無意識のうちに記憶を掘り起こしてるんだかわからず
微妙にもやっとしてます(笑)。
わかる〜!
私もあの当時凝って、ほとんどのシリーズは読んだはずなんだよね〜
でも、全く思い出さない・・(笑
でも、犯人が分かるのはその記憶が実は残ってんのかな〜?へたな演出のせいじゃないよね〜?
>(コンテナの回を思い出すと)数ある本のなかから
厳選して・・・ってわけでもないような感じだし(笑)。
いやいやいや・・・数ある中から第一話にふさわし〜いものを選りすぐったんでしょうよ(笑)
>トンデモトリックに
統一していったほうがおもしろかったんじゃ・・・
私もそう思う〜!そんな今時どんなトリックだって見た事あるワってなるんだからさ、トンデモ路線で行った方が絶対おもしろいって。
>原作では、もっとホームズが出てたような気がするんですよね・・・
そうだよね〜全く思い出さないけど(笑
確か挿絵が全くかわいくない感じだったような・・
(またろくでもない事ばかり思い出す・・)
ホームズは常にうろうろしてたような・・・
>「な・・・なついてねぇww」って笑っちゃいました(笑)。
私も思った(笑)
アレ見て猫飼ってる人はみんな『嫌がってんじゃん』って思ったはず(笑
いけませんね〜相葉ちゃん・・忙しいと思いますが子役と動物とは仲良くしとかなきゃ、いい絵がとれないよってね。
>実は私、原作を読んでいる時は石津好きだったんですよね〜。
石津って、原作にもいたっけ?(´∀`;)
どんなキャラだったか、まったく・・( ̄ー ̄?).....??
でも大倉君がんばってるよね。
てか、わたしゃ、尾美さんになんか申し訳なくて・・・きっとやってらんねぇ・・って思ってるよね〜
4. Posted by しゅあー   2012年05月14日 15:08
もう、何から何までまったくだわ!きこりさん、的確すぎ!(*≧m≦*)

なんか見れば見るほどどんどんつまんなくなっていくね。

確かにムダも多いね。先週のムダもすごかったけど、今回もね〜。

なんかもうこのドラマの楽しみが、マツコのコスプレとホームズのふてぶてし可愛さしかなくなったね。

脚本家を代えて欲しいわ。素材とキャストはいいんだからさ。
5. Posted by きこり→しゅあーさん   2012年05月14日 20:14
>なんか見れば見るほどどんどんつまんなくなっていくね。
そうなんだよね〜いったいどうしたんだろ・・
なんか間違った方向へいってるよね(笑
普通にコメディでいんじゃないのお?
いったいどうしたいんだろ・・
>マツコのコスプレとホームズのふてぶてし可愛さしかなくなったね。
ホントだよ。
マツコにはできれば何回もお色直ししてほしいよ。
それと、ホームズの露出時間をもっと増やすべし!だよね〜?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「カエルの王女さま」 第5話 セクシーダンス戦争「殺人の追憶」 2003年 韓国 監督・ポン・ジュノ