「メンタリスト」 シーズン2 第6話 「ラメと赤い血」 Black Gold and Red Blood「ストロベリーナイト」 第九話 ソウルケイジ その1

2012年03月06日

「メンタリスト」 シーズン2 第7話 「熱血」 Red Bulls

 さて、今回は、あわや、CB捜査官同士の銃撃戦かっ?!ってところから始まりましたぞ。
誘拐事件を追っていたボスコのチームが人質救出のため空き家となっていた家に飛び込むと、白骨化した遺体を前にしたジェーンとリズボンが・・・
犯人と間違われて、撃たれるところだったわ〜ε=( ̄。 ̄;)
民家に遺体があるという通報を受けた検視局から頼まれ出動していたらしい。

 検視により、この遺体の身元は3年前に起きた誘拐事件の被害者コリン・ヘイマーと判明。
ボスコ達が追っている誘拐事件と同一犯の可能性が出てきたため、ミネリ(リズボンの上司)は合同で捜査するよう命じましたぞ。

「これを機に、チーム間の関係をよくしろ。二度と鉢合わせにならないよう協力しあえ」
「・・・・・」ボスコ
「何か問題が?」ミネリ
「この男は何者だかわかりませんが、禍の元です」ボスコ
「それは偏見よ。彼は」リズボン(ロビン・タニー)
「”事件を解決する男”だろ?」ボスコ
「そう」ミネリ
「だろ?」ジェーン(サイモン・ベイカー)
「ですが、これは間違ってます(ぷいっ)」ボスコ
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス1 [DVD]THE MENTALIST/メンタリスト〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]

 早速合同で捜査会議が始まったけど、ムード悪いわ〜
ボスコの部下ヒックスはリグスビー(オーウェン・イオマン)の事を「バート」って呼ぶし(「セサミ・ストリート」のマペットの名前。ちなみにチョウは「アーニー」らしい。どっちかって言うと、リグスビーの方がアーニーでは?)、ボスコはあからさまにジェーンをバカにした雰囲気。

 誘拐されたミア・ウエストレイクは資産家の娘で、脅迫状が映像付のメールでミアの姉夫婦宛に送られて来た。
で、そのベローナとダンカンの所へリズボン・ボスコ・ジェーンで行ったんだけど、いつも通りに「いい家だ。どうやって金儲けを?」とかますジェーンにボスコはイラッとしております。
 
 そんな事やってると、映像と共に375万ドルの身代金の要求が来ましたぞ。
細かい要求金額から、夫妻の貯金額を知っている身近な者の犯行の線も出てきました。

 で、いつも通りにすいすいと部屋の中に入り込み、夫妻の会話を小耳にはさんだジェーンは、ダンカンがドラッグ常習者で、ベローナにも薬を渡していることを見抜きました。
「妹さんにはあなたが必要だ。ご主人が親切にも調達してくれる薬物に逃げ込めば、気が楽になるのかもしれない。でも、よすんだ」ジェーン
「私が何をしても、妹は助からない!」ベローナ
「たぶんね。重要なのは何ができるかじゃない。今、気をしっかり持つことだ。でないと、あなたは後悔することになる。この先一生。それだけ。じゃ」ジェーン

 真実から目をそらすと苦しむだけ・・その事をジェーンは知っている。
でも、勝手にうろうろ動き回るジェーンがボスコには目障りでたまらない。
リズボンにジェーンを帰らせるよう命令しております。

 でも、ドラッグの事を知られ、キレたダンカンがボスコにジェーンを捜査からはずすよう言ってきた途端、ひねくれもんのボスコは「彼は残す!」と言い出し、「左遷させてやる!」と言われても受けて立ちましたぞ。
 さらに、ベローナがジェーンに「さっき言ってたことだけど、その通りよ。助かったわ(夫に)何も言わないで」とピシャリとやったんで一件落着。
「これで解決。仲良くね」リズボン

 リズボンはコリン・ヘイマーの事件を担当していたアーレン警部補から、事件当時、コリンの恋人だったダイアン・ザランスキーを何度か事情聴取したという情報を得ました。
未解決だった誘拐事件の被害者が今頃になって見つかるなんて、何とも無念だろうなぁ・・・
「コリンの事件と同一犯なら、受け渡し後1分待って、無事を確認できなければ、両親に言った方がいい。
子供は死んだと。彼らのためだよ」アーレン警部補

 この事件はアーレン警部にとっても忘れることができない事件だったんだろうね。
重たい言葉だったわ・・・(´・ω・`)

 さて、ヴァンペルト (アマンダ・リゲッティ)の調べで、遺体の見つかった民家に『クレイジー・ヒル』というドラッグディーラー達が無断で住んでいたことがわかりました。
彼らは誘拐ビジネスにも手を出していたらしい。

 で、リーダーのD.Z.(ディーザー)が居る思われるアパートにヴァンベルトとリグスビーとヒックスで行って、一軒づつ確認していたんだけど、リグスビーとヒックスが揉めてる間に、ヴァンベルトが撃たれちまったのさーー!!
撃ったのはコリンの元恋人のダイアン・ザランスキー。彼女が『クレイジー・ヒル』のリーダーだったのね〜
 幸い防弾チョッキを着ていたから肋骨が折れただけで済んだけど、リズボンは自分たちの関係の悪さがこの事故を招いたとボスコに詰め寄りましたぞ。

「そっちがプロ意識に欠けてるせいだろ」ボスコ
「そうやって、あなたはいつも責任逃れを!」リズボン

 事件は『クレイジー・ヒル』が関与しているのがはっきりしました。
ジェーンはウエストレイク家に『クレイジー・ヒル』からのスパイが入り込んでるはずだと言ったんだけど、ボスコったら、その意見にも耳を貸そうとしない。

「何で聞こうとしないの?」リズボン
「聞いても無駄だろう?!」ボスコ
「問題はジェーンじゃない。あなたよ!ジェーンが捜査官じゃないという考えに囚われすぎて見誤っている。
彼はいくつも事件を解決してきた。悪影響を及ぼすどころか、私をいい捜査官にしてくれてる。
話を聞いても無駄だと本気で思ってるなら、私の知ってるあなたじゃない!」リズボン

 二人の会話をにやにやしながら、見守っているジェーン・・・
困った子・・・(∀)

 でも、こんな中でも、ひとついいこともありましたぞ。
ダイアン・ザランスキーを追いかけているうちに、リグスビーがヒックスの命を救ったもんだから、尊敬の気持ちが生まれたようです。
リグスビーへの態度が変わりましたよ〜

 そうそう、リグスビーは救急車の中のヴァンベルトが心配で、みんなに見つからないように見に行きました。
「愛している」リグスビー
「ありがとう・・」答えるヴァンベルトの目が潤んでるわ〜と思ったら、いきなりリグスビーにビンタを!(゚Д゚ノ)ノうゎお!
「今度から、チョッキを着て!」
「わかった」リグスビー
「本気よ!」ヴァンベルト
「わかったよ」

 気の強いヴァンベルトらしい愛情表現でしたわ〜
驚きながらも微笑んだリグスビーから大きな愛情を感じたぞ。
川∇)ノ よっ!お二人さん、お似合いよっ!

 さて・・・・リズボンの言葉がやっとボスコに届いたのか、ジェーンの作戦に乗って、ウエストレイク家にいるスパイを引っかけることにしたようです。
身代金の受け渡し時間が迫っておりますョ〜

 掛かったのはベビーシッターのミセス・ケント。
仲間に連絡しているところを取り押さえた後、場所を割り出し、突入しましたぞ。
ジェーンは、その様子を影からこそっと見て、人質が救出されたのを確認するとにやりと笑って去っていきました。

 ジェーンの策士ぶりを目の当たりにしたボスコは、気持ちを入れ替えたのかちら〜
リズボンの元にテキーラを持ってやってきました(多分、事件が解決した後の二人の習慣だったと思われ・・)

「乾杯」
「君の知ってるオレか?」ボスコ
「ええ、あなたらしくなってきた」リズボン
「ジェーンのお蔭でいい捜査官になってると言ったが、本心じゃないな?」ボスコ
「効果を狙って、大げさに言ったかもね」リズボン
「とにかく、また、君と仕事ができて嬉しいよ」ボスコ
「私も」

 この二人には、他の人にはわからない特別な絆がありそうですね〜
ちょっと危険な。

 そして、ジェーンに対する態度も変えたようです。
「君は…捜査官じゃない。この先もそうだ」ボスコ
「うん」ジェーン
「だが、君の頭は役に立つ。俺がまとめたレッド・ジョンの捜査概要だ。目を通して、意見を聞かせてくれ」ボスコ
「ボスコ!」ジェーン
「礼はいい」
「言うつもりはない。ちゃんとしたファイルが見たい。概要じゃなく」
「まったく!最低だな」
「おやすみ、ボスコ」

 またしても、ジェーンの思う通りに事が進んだぞ。
でも、きっと、こんなのはジェーンにとっちゃお茶の子さいさい。
レッド・ジョンへの復讐は、まだ始まってもいない。

 険悪だった二つのチームが心を開いていく過程が秀逸な脚本でした。
でも、ジェーンだけはいつものジェーン・・・彼は誰の影響も受けないし変わることもない。
それがいいことなのか、悪い事なのか・・・・

 シーズン2 第1話 贖罪 Redemption
 第2話 「緋文字」 The Scarlet Letter
 第3話 「血塗られたバッジ」 Red Badge
 第4話 「赤い脅迫」 Red Menace
 第5話 「赤い恐怖」 Red Scare
 第6話 「ラメと赤い血」 Black Gold and Red Blood

こたつ
今日も雪が降っております。
まだまだ冬は終わらないにゃ〜さて・・・・雪かきをするべきじゃろうか・・・σ(´-ε-`)ウーン…
粉雪だから、すぐに溶けるか・・・寒いから、やっぱやめよ〜っと。


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:14│Comments(2)TrackBack(0)海外ドラマ他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 紅緒まま   2012年03月08日 17:13
「メンタリスト」は観たことないんですよね。「デクスター」はあれは第何シーズンかな?デクスターの奥さんが湯船の中で死んでるところまで観たんだけど・・・
DVDに焼いてくれる同僚のPCの調子が悪くって・・気になるなぁ〜 続き
2. Posted by きこり→紅緒ままさん   2012年03月09日 20:17
>「デクスター」はあれは第何シーズンかな?デクスターの奥さんが湯船の中で死んでるところまで観たんだけど・・・
私も「デクスター」第何シーズンまで見たかわからなくなっちゃいましたよ〜
しばらく経つと、見たシーズンも忘れちゃうし(´∀`;)
「メンタリスト」は猟奇的な面では「デクスター」に負けてますが、かなりおもしろいドラマですよ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「メンタリスト」 シーズン2 第6話 「ラメと赤い血」 Black Gold and Red Blood「ストロベリーナイト」 第九話 ソウルケイジ その1