「メンタリスト」 シーズン2 第3話 「血塗られたバッジ」 Red Badge「孤独のグルメ」 第七話 武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン

2012年02月15日

「ストロベリーナイト」 第六話 感染遊戯

 『感染遊戯』・・・・・・
自分は手を汚さず、人の怒りや恐怖を煽り、殺人実行に導き、満足感を得る。
その歪んだ欲望はウィルスのように感染し、広がっていく。

 さて、今回は自らのトラウマと闘おうとする葉山(小出慶介)の姿も描かれました。
めずらしく葉山から呼び出された菊田(西島英俊)はバーで待っております。
相談したいことがあるそうな・・・
「女のことなら、俺んとこじゃないぞ。金のこともな!」
てな感じでお悩み相談が始まるとこだったんだけど、仕事のお電話が入っちゃいました。

 被害者は会社員の長塚淳(窪寺昭)。
自宅玄関前で胸部をメッタ刺しにされ出血性ショック死で亡くなった。
思わず遺体から目を背けた葉山だったけど、菊田に犯人逮捕の意気込みをつぶやいております。
「ガンガンいきますよ。俺、このヤマもらいますから」

 捜査会議でも質問したりしてやる気満々・・・
でも、いつもの葉山とは違うキャラに違和感を感じた菊田先輩は密かに心配しております。
フジテレビ系火9ドラマ「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラックストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト Blu-ray


 殺された長塚は東大卒で製薬会社に勤務していた。
社内外での評判もよく、トラブルに巻き込まれていた様子もない。
父親の利一(佐々木勝彦)も人から恨みを買うような息子ではないと断言していた。

 唯一出てきたのが大学時代からずっと付き合っていて、最近別れ話が出たという元恋人の存在だったが、事件当夜は出張で大阪にいたため、アリバイは完璧。

 てな感じで報告アリのいつもの姫川班の晩飯だったんだけど、またまた、場所を変えての飲みにも積極的に参加を宣言する葉山・・・
大喜びの保さん(宇梶剛士)と湯田( 丸山隆平)。
なのに・・・
「菊田!送って」玲子

 男4人で語り合おうと思ったのにね〜
でも、いつものように玲子の鞄を手に歩く菊田はん・・・
「ねぇ、菊田。偏見だと思うよ。デキる女はプライドが高いって」玲子
「あぁ。主任は別です」菊田
「そう」
「失礼します!」

 間髪をいれずに答えるとこがさすがだね〜( ̄∀ ̄)
淡々とした答え方も萌え度高し。てか、玲子の扱いをよくわかってるよね〜

 菊田抜きで葉山たちはかなり飲んで盛り上がったようです。
んが、一人になった葉山はトラウマとなっている中学生の頃に目撃した殺人事件を思い出していました。
中学生の頃、目の前を歩いていた家庭教師のお姉さんが男に刺殺されたのを目撃したんだけど、恐ろしくて誰にも話すことができなかったそうな。

 恋人かと思ったら、家庭教師のお姉さんだったんだね。
しかも、自分の家に来る途中に殺されてしまった。
あっという間に虚ろな死体となってしまったお姉さんの姿に若かった葉山は心底怯えたでしょうね。

 今回、玲子(竹内結子)は葉山の同期である成城南署強行犯捜査係・高野真弓(加藤あい)と組むことに。
真弓は玲子に憧れており、捜査一課に入るのを目標としているらしい。
彼女との関わりを描く中で、いつもとは、ちょっと違う玲子の顔を見ることができました。
彼女とシャンプーがかぶってることを気にしたり、菊田と真弓の会話の内容を尋ねたり・・・

 「捜一」に入る方法を聞かれ「余計なこと考えずに目の前の事件だけに集中しなさい!」とビシッ決めた後に、「それと・・・シャンプー変えたら?」ってのには笑ったぞ。
こういう会話は男衆とは絶対しないやね〜

 その後、被害者の着衣のボタンから犯人のものと思われる指紋が検出された。
玄関の呼び鈴には指紋がなかったのに、ボタンからは検出された・・・
その事から玲子は犯人が狙っていたのは父親の長塚利一(佐々木勝彦)だと推理する。
家の前で利一を待ち伏せしていた犯人は帰宅した息子の淳に父親を呼ぶよう頼んだ。
で、次に出てきた人間を利一だと勘違いして殺してしまった。

 長塚利一は、、旧厚生省の薬事課長時代発生した薬害感染問題の責任者で、薬の危険性を知りながら回収命令を出さなかった張本人だった。
裁判では無罪になっていたが、薬害によって死亡した者やその家族は納得していなかったはず。

 狙われたのが長塚利一なら、犯人は死亡した3名と薬害のせいで免疫不全症を発症したショックで自殺した女性の関係者の中におり、再度、長塚を襲うかもしれない・・・
今泉(高嶋政宏)の指示のもと、玲子以外はや薬害被害者家族を洗うことになったんだけど、葉山は玲子と一緒に長塚を見張る役をやりたいと申し出ましたぞ。

「何を言ってんだ、オマエ?コレは主任が掴んできたネタだぞ」菊田
「挙げたいんです。どうしても、このヤマ。お願いします!」葉山
「・・・・・・・・・・・・」
「お願いします!!」葉山
「いいわよ。一緒にやりましょう」玲子
「ありがとうございます!」葉山

 コリはちょっとほっとく訳にはいかんわな・・・
いつもと違って、突っ走った雰囲気をほとばしらせている葉山は危険すぎる・・
「お前、少し熱くなりすぎてるんじゃないか?」菊田
「大丈夫です!」葉山
「そんなこと聞いてるんじゃない!!何があった?お前の相談って何だったんだよ」菊田

 葉山はやっと中学生時代の事件のことを話しましたぞ。
犯人を目撃したのに、報復が怖くて名乗り出られなかったことを葉山はずっと悔やんできた。
そして、そんな自分を嫌悪し、犯人に怯えずにすむ強い人間になるために警察官になった。

「全てに隙のない、強い警察官になりたいと願ったんです!
だけど・・だけど、俺はまだ強くない・・・このままでは弱い自分で終わってしまう・・
このままじゃ・・・このままじゃダメなんですよ!俺は!!」

 あの時と同じように被害者をメッタ刺しにした犯人をこの手で捕まえる。
でなければ、自分はいつまでもあの犯人に怯えながら生きていかなければならない。
あの日の自分を越えなければならない・・・・

 恐怖と戦いながら長塚を襲おうとした犯人を阻止した葉山でしたが、いざ刃物を目の前にすると体が固まってしまい・・・
その間に同僚の宅間が刺され、玲子も負傷してしまった。
現場に到着し助けようとした菊田もガッツリやられましたが、これでスイッチオン!
背中を蹴り倒し、ガスッ!ボカッ!!ドスッ!!あっという間に手錠をかけちまいましたわ〜(o゚Д゚o)♪

 いや〜ん!不意をつかれた時のあのギラリと光った目・・・
も〜〜!!o((*`Д´*))o にゃんて、かっこいいの〜!!ありがとう、菊田!

 そして、手錠をかけた後は葉山にお仕置きだっ!ピシッ! (*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)ノ
「ばかやろおっ!!なにやってんだ!」
「すいません・・・」葉山
「大丈夫ですか?」j菊田
「ありがとう」玲子

 菊田のパンチは恐怖にがんじがらめになっている葉山を解放させる意味もあったと思います。
殴られることによって、現実世界に戻り、今の自分を認識することができた。
恐怖に足がすくんでしまった葉山でしたが、恐怖と向き合った事実は彼の中に残るはず。

 しかし、長倉よ・・・
命がけで自分を守ってくれた刑事たちに「人んちの前をなんだと思ってるんだ?!」って、なんだよ。
(´・д・`) 薬害被害のせいで亡くなった人の命もなんとも思ってないんだろうな・・・一回死になさいっての。

 犯人は薬害感染のせいで自殺した女性の元恋人矢部でした。
彼女の病名を知り、彼女のことが信じられなくなり別れを告げた矢部でしたが、ずっと罪の意識を感じて生きてきた。
そのマイナスの感情がネットで長倉の情報を見たことにより増幅され、彼女への償いのためにも殺さなければと思いこんでしまったらしい。

 もし、長倉の情報がぶらさげられていなければ、矢部は殺人を犯していなかったかもしれない。
でも、殺さない選択も選べたはず。
殺すことで、自分の罪の意識をリセットできると思ったのなら、それは間違いだと思う。
 先週のストーリーにも繋がるところがあると思うけど、「死」を安易に選びすぎだよ。
「死」を軽んじるということは「生きること」をも軽んじることだと思うぞ。
世の中がそういう感じになっちゃってんのかなぁ・・・

 玲子は矢部の自白の内容を葉山に伝えました。
「恐ろしい時代が来るかもしれないわね、これから。なめてんじゃないわよ!うかうかしてらんないわよ、私たちも」玲子
「主任・・・俺・・・俺・・・」葉山
「いいよ。言わなくて」玲子
「すいませんでした!!」葉山
「来月の昇任試験がんばんなさい。お疲れっ!」玲子

 そして、締めの菊田タイムがやってきました。
「俺、なんで菊田さんがあの人についているかわかりました。主任、何も言いませんでした。俺を慰めるようなこと一言も」葉山
「慰めてほしかったのか?」菊田
「いえ。慰められてたら、おれは刑事を辞めていたかもしれません」葉山
「わかってるんだよ、主任には俺たちのこと。丸ごとな」菊田
「かないませんね」葉山
「まったくだ」菊田

 「自分しかいないのよ。誰にも助けられない」そう真弓につぶやていた玲子・・・
落ちて、のたうって、その中で苦しみながら、自分の意志で起き上がるしかない・・
人生は闘いだ。そのことを知っている玲子は、葉山も必ず自分の力で起き上がってきてくれると信じている。
その気持ちは葉山にも伝わっていると思います。

 姫川班の絆が静かに感じられた回でしたね。
会話のない間、目で確認しあったり、うなづくだけ・・・その瞬間に、より深くそれが感じられました。

 第一話 シンメトリー
 第二話 右では殴らない その1
 第三話 右では殴らない その2
 第四話 過ぎた正義 その1
 第五話 過ぎた正義 その2 選ばれた殺意
 第七話 悪しき実 その1
 第八話 悪しき実 その2
 第九話 ソウルケイジ その1
 第十話 ソウルケイジ その2
 第十一話 (最終話) ソウルケイジ その3 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか

こたつ
「いいとも」に出てたから、今回こそエンケンさん登場!と思ったら、なしかよ!
でも、来週こそは出てくれる予告にちゃんと写ってたもんね〜゚+(b゚ェ゚*)+゚

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ストロベリーナイト 第6話 感染遊戯  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年02月15日 18:36
『感染遊戯』 内容 菊田(西島秀俊)が、葉山(小出恵介)に呼び出され一緒に酒を飲んでいた。 相談したいことがあると言う葉山。 「強いって言うのは、どういうことなんですかね」 とそこに、、、玲子(竹内結子)から、事件の連絡が入る。 現場では成城南署の高野真弓...
2. 「ストロベリーナイト」第6話  [ 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ ]   2012年02月15日 18:50
閉められた雨戸と残された指紋。 薬害。 後悔と強さ。 第6話『感染遊戯』ネタバレです。 感染遊戯誉田哲也光文社 by G-Tools
3. ストロベリーナイト(6)  [ AKIRAのドラマノート ]   2012年02月15日 18:52
第六話「感染遊戯」
4. 「ストロベリーナイト」第6話  [ またり、すばるくん。 ]   2012年02月15日 18:57
此峇鏡遊戯」 視聴率14.0%  
5. ストロベリーナイト #06  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年02月15日 19:30
『感染遊戯』
6. 「ストロベリーナイト」第6話  [ 日々“是”精進! ]   2012年02月15日 19:53
  VI「感染遊戯」激しい雨が降る夜、閑静な住宅地で、家の玄関から出てきた男が身を隠していた男にいきなりメッタ刺しにされた。現場検証が行われ、姫川班の面々が集合する。被害...
7. 「ストロベリーナイト」第6話 感染遊戯=ネット社会の恐怖  [ 今日も何かあたらしいドラマ ]   2012年02月15日 20:20
「ストロベリーナイト」第6話、今回は一話完結でさっぱりと面白かった! 事件はそんなに込み入ったものではなく、さくっと解決したのだけれど、 15年前の薬害事件がネットを通して再燃し、あらたな憎...
8. ストロベリーナイト 第6話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2012年02月15日 21:53
第6話 「感染遊戯」 葉山則之(通称ノリ)(小出恵介)は、菊田(西島秀俊)を呼び出し相談
9. ストロベリーナイト 6話 感想 小出恵介  [ ドラマとアニメの感想日記 ]   2012年02月15日 22:05
「ストロベリーナイト」第6話「感染遊戯」の感想いきまっすv ネタバレ注意です☆ しょっぱなから嫌なシーン。−−; ノリとの飲みのシーンは、玲子のTELで中断。 なんの相談だったのかな? 過去の話かな?→後に判明♪ 玲子の菊田への問い、「彼女と飲んでた?」はち
10. ストロベリーナイト - 竹内結子  [ 新ドラマQ ]   2012年02月15日 23:12
ストロベリーナイト 火曜 21:00 フジテレビ 2012年1月10日〜 [キャスト] 竹内結子 西島秀俊 津川雅彦 遠藤憲一 渡辺いっけい 高嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢ほか [スタッフ] 原作:誉田哲也 脚本:...
11. ストロベリーナイト六話&ハングリー!六話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2012年02月16日 00:28
■ストロベリーナイト六話 今回は小出恵介が主役でした。姫川こと姫・竹内結子の班に来て間もない小出は、まだまだ馴染めていない部分もあり、昇進試験の勉強ばかりしていた。が、最近では竹内の優秀さと気迫に敬意を表して、すっかり溶け込みつつあった。彼は、女は守られ
12. 【ストロベリーナイト】第6話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年02月16日 02:09
「感染遊戯」 憎しみは感染する。 感染源はネット、噂、情報… 「ストロベリーナイト」第6話           大雨の夜、民家の玄関先で刺殺事件が起きた。 マル害はその家の住人...
13. 《ストロベリーナイト》★06  [ まぁ、お茶でも ]   2012年02月16日 02:42
住宅街。強い雨が降る中、帰宅した男がすぐに呼び出されて、傘をさして、門を開けた直後に刺殺された。 菊田は、葉山に呼び出されて、バーにいた。歯切れの悪い葉山は、相談事があると言ったが、話が進まないうちに姫川主任から動員が掛かった。 姫川は、かかとが取れた靴の
14. ストロベリーナイト (第6話 2/14) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年02月16日 06:43
1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の第6話『感染遊戯』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 「1話完結」ってだけで、細かいことは目をつぶろうか?! サ...
15. ストロベリーナイト「感染遊戯」  [ のほほん便り ]   2012年02月16日 07:33
憎しみは感染し、増幅します。メディアを伝わり、場合によっては忘れた頃に… しかも、情報を提供した側は、ほとんど遊び感覚… この意味することろは深いですよね。今回は、それが顕著で最悪の形で出た事件でした。 そして、葉山則之(小出恵介)の過去のトラウマが描
16. ストロベリーナイト 第6話:感染遊戯  [ あるがまま・・・ ]   2012年02月16日 10:25
菊田しゅてき.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ バーでグラスを傾ける菊田ノリの相談相手になる菊田 いつものように姫のナイト役をする菊田 ノリにパンチをくらわし喝を入れた後のフォローもしゅてき 今日はストロベリーナイトならぬ菊田ナイトでございました〜〜〜 今まで何度か.
17. ストロベリーナイト 第6回「感染遊戯」  [ 昼寝の時間 ]   2012年02月16日 11:15
公式サイト 原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊
『ストロベリーナイト』第6話 感染遊戯 今回は、女性・姫川が可愛らしくもあり、上司・姫川は頼もしく・・・。 姫川(竹内結子)、菊田(西島秀俊)、葉山(小出恵介)のエピソードが良い塩梅でした。 −◆− 珍しく葉山(小出恵介)に呼び出されて飲んでいた菊田(西島秀
19. 『ストロベリーナイト』 第6話「感染遊戯」  [ 英の放電日記 ]   2012年02月17日 10:54
葉山(小出恵介)のトラウマ、玲子(竹内結子)と菊田(西島秀俊)の関係などが主題。ただ、これで終わり?という印象も残った。 ★玲子と菊田はある意味、いちゃいちゃしていた ・「誰かと一緒だったんでしょ。彼女?(ひとりかという問いに対して)『ええ、まあ』って、..
20. ストロベリーナイト 第6話 感想「感染遊戯」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2012年02月17日 16:26
ストロベリーナイトですが、玄関先で何度も刺されて殺害される事件が起こります。姫川玲子(竹内結子)たちが捜査しますが、エリートサラリーマンで特に恨まれている気配もありません。葉山(小出恵介)がいつになく張り切っていますが、中学時代に家庭教師が刺されるのを目
21. 「ストロベリーナイト」 第6話  [ ドラマ de りんりん ]   2012年02月17日 22:36
今回は久しぶりに1話完結…って感じでしたが、ちょっと怪しい人物の影もチラホラ。 もしかしたら、まだ繋がってくる? まずは、会社員が玄関先で胸部をメッタ刺しされた事件。 彼に恨みを持つ者の犯行…と...
22. 「ストロベリーナイト」第6話  [ fool's aspirin ]   2012年02月18日 23:29
菊田成分チャージ完了!ある刺殺事件から、葉山のトラウマが浮き彫りになり、人に感染して行く悪意が剥き出しになる。玲子の冴え渡る推理で、犯人を止めることはできるのか?!
23. ストロベリー・ナイト・第6話  [ 山吹色きなこ庵・きままにコラム ]   2012年02月25日 10:48
あの父親〜〜、息子が殺されているのにまったく哀しむ様子がなかったですね。 あら?

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2012年02月16日 02:17
>姫川班の絆が静かに感じられた回でしたね。

うん・・・
そして、菊田が破壊的にカッコ良かったよぉぉぉ(ノ_-。)
菊田がいっぱい活躍してアクションも見れちゃったし、お話的にも
とても満足度が高かった。

いやだよねーネットは…見たくない物も見えてしまう。
見たせいで変な憎しみが増幅してしまう事もある。
ドロドロの縮図…だと私も時々思う。
ましてや、殺したいほどのトラウマがあれば、こういう事も起きて当然。

どんな相手でも、警察の役目は犯人を逮捕する事だというみんなの使命感が窺えて良かった。
(でも、あのオヤジは何かいや。そして、身代わりの長男が可哀想(;_:))
2. Posted by かえ   2012年02月16日 09:54
菊田の活躍ぶりがカッコ良かったー!!
ノリも恐怖心と向き合おうと頑張ってたし、
いつか乗り越えられるといいね。
姫川班の絆がまた強くなった感じがいいわ^^

犯人の動機はなんとも身勝手...
ネットに溢れてる情報は思い詰めてる人には
凶行に走ってしまう危険なモノなんですね。
助けてもらったのに文句を言うオヤジも
殴っちゃってって思ったわ(汗)


3. Posted by まこ   2012年02月16日 14:22
姫川班、いいな〜♪それぞれのやり方でノリを
心配する玲子と菊田が大人でしゅてき

まぁ、玲子自身未だトラウマから脱してないだけに
ノリがどうしてほしいのか、そしてどう接すればいいのか
わかりすぎるくらいにわかってるんだろうなぁ。

今回の事でノリも少しは付き合いもよくなるだろうから
今後ますます結束する姫川班の様子が見られそう♪

エンケンさん、やっと登場!?
このまま出る出る詐欺で終わるかと思ってたよ〜(笑)。

4. Posted by きこり→くうさん   2012年02月16日 21:27
>そして、菊田が破壊的にカッコ良かったよぉぉぉ(ノ_-。)
とにかく、今回は目立ってたよね〜
てか、私なんて菊田メインで見てたよ(笑
ラストの手錠かけるまでのくだりは最高よん
>いやだよねーネットは…見たくない物も見えてしまう。
そうだよね。この洪水のように情報が流れてる中で冷静に欲しい情報だけ選べる人ってそんなにいないんじゃないかな。知りたくなくても知らされたり、今回のように偶然知ってしまったり・・・・自由なようで不自由なような・・・
>どんな相手でも、警察の役目は犯人を逮捕する事だというみんなの使命感
口には出さないけど伝わってきたよね。
玲子は倉田とは違う。
ブレないその姿が気持ちよかったわ〜
5. Posted by きこり→かえさん   2012年02月16日 21:36
>ノリも恐怖心と向き合おうと頑張ってたし、
いつか乗り越えられるといいね
今回、菊田にトラウマのことを話せたようで、一歩進めた感じだよね。
ナイフを前にして足がすくんでしまったけど、立ち向かおうとしただけでもすごいことだよね。
いつか、気づいた時には乗り越えられていた・・ってなるんじゃないのかな。
>ネットに溢れてる情報は思い詰めてる人には
凶行に走ってしまう危険なモノなんですね。
今回の犯人がネットを見なければ犯行には至らなかったのかもしれない・・と思うとなんともやりきれないけど、もっと別の方法で償うことはできなかったのかとも思うわ〜
あの親父は最低だよ・・・(ΦдΦ)
6. Posted by IDEA   2012年02月17日 00:27
今回は姫川がよかった。
葉山のトラウマを通じて姫川班の人間関係や彼を見守る菊田が描かれていて、事件より人間ドラマのほうが面白かったですね。
菊田に対する気持ちや姫川の女心がいっぱい出てました。
冒頭のやきもち発言に始まり、「菊田、送って」のツンデレぶり。
ホテルの前で「偏見だと思うよ。出来る女はプライド高いっていうのは」
これ、好きな男(菊田)にそんな風に思われたくないって台詞でしたよね。
「主任は別です」って言われて嬉しそうな顔してましたし(笑)
菊田が怪我した姫川の腕をハンカチで押さえながら歩くシーンもなかなか、、姫川があんなに素直に甘えているシーンはおそらく初めてでしょう。
次回はさらにこの2ショットが増えそうな感じでしたね。路線変更か?(笑)
7. Posted by きこり→まこさん   2012年02月17日 11:38
>それぞれのやり方でノリを
心配する玲子と菊田が大人でしゅてき
そうよね〜ベタベタしてないんだけど、しっかり相手のことを思ってるのが伝わってくる。
ノリも幸せものよのう・・・
いずれ、トラウマを乗り越え、姫川班の重要な戦力となってくれるでしょう。
でも、また菊田様がノリにカツを入れる場面が
見たかったりして〜(笑
>このまま出る出る詐欺で終わるかと思ってたよ〜(笑)。
そのようなことは許されませんよ!
わたしゃ、そもそも見始めたのはエンケン様が出るからだったんだからあ〜
この前のいいともでは一人浮いた感じだし、共演した幹久の名前も忘れちゃうおとぼけぶりだったけど、ドラマではいつものクールな姿を見せてくれるのを楽しみにしていますわ〜!!



8. Posted by きこり→IDEAさん   2012年02月17日 20:58
>姫川班の人間関係や彼を見守る菊田が描かれていて、事件より人間ドラマのほうが面白かったですね。
そうですよね〜
姫川の意外な面や葉山をいい距離を保ちながら見守る姫川班のみなさん・・とかね。
事件を追いながら自然と伝わってくる形で良かったです。
菊田の冷めてるけど、実はいつも姫川のこと考えてるのね〜って態度もナイスでした(笑
ラストの思わず、クールさを捨てた殴りっぷりに萌えましたよ〜
あんまり恋愛モードになるのは嫌なんですが、さりげな〜く発展していって欲しいような、欲しくないような・・(釻ー釻) フフ
9. Posted by みのむし   2012年02月18日 15:38
もう今回は菊田にメロメロの回でしたねぇ。
菊田は姫川の事本当に好きなのねぇ。
って思ってしまいましたわ。
それにしてもあの女性は葉山の家庭教師の
先生だったんですね。強くなりたいって思って
警察に入ったのに、いまだにうじうじしてることに
いい加減活を入れたかったのだと思うけど、
今回は空回りしてしまったみたいですね。
トラウマがあるならそれを少しずつじっくりと
克服して行けばいいと思いますね。
姫川だってそうなんだもの。
そしてもう一個の事件はやるせなかった。
ネット社会は本当に怖いですね。
それをみて本当に行動を起こしてしまう怖さ。
なんていうかカルト宗教的な?
マインドコントロールに陥ってしまうみたいな。
何事もほどほどが大切ってことですね。
10. Posted by きこり→みのむしさん   2012年02月19日 17:28
>もう今回は菊田にメロメロの回でしたねぇ。
いや〜ホントだよね〜
新たな菊田ファンを増やしたと思うよ(p゚∀゚q)
いつものナイトぶりに加えて、しっかり武闘派の面もみせてくれたしい・・・
常に淡々と姫川に接するのがまたよいのよね〜
>そしてもう一個の事件はやるせなかった。
ネット社会は本当に怖いですね。
リアルでしたよね。
サイトをやってる人は責められたとしても、ただ情報を載せてるだけってアレだろうし、その情報に触発された人が悪いっちゃー悪いんだけど、なんかすっきりしないよ。
人の心の負の部分に訴えかける悪魔だよね。
他人事じゃないと思ったよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「メンタリスト」 シーズン2 第3話 「血塗られたバッジ」 Red Badge「孤独のグルメ」 第七話 武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン