「ストロベリーナイト」 第四話 過ぎた正義 その1東京おのぼりさん日記 その1 (2012年1月28日〜29日)

2012年02月03日

「最後から2番目の恋」 第4話 女が年取るってせつないよね

 さて・・・真平(坂口憲二)が若い女性と密着している姿を電車の窓から目撃した千明(小泉今日子)は衝撃を受けつつ、平静を装ってたんだけど・・・
そのすべてを目撃した万理子(内田有紀)から、聞いてもいないのに、彼女は真平の同級生だと知らされる。

 で、それ以上の情報が知りたいかどうか選択を求めてきましたョ〜
そりゃ、知りたいにきまってる。
でも、45歳の大人を自負する女性としては、そんなことで騒いでると思われるのも片腹痛い。
いちいち聞かないで、無理やり聞かせてくれるってのが一番だけど、万里子はこの状況をもっと楽しみたいらしい。

 さすが人間観察が趣味の万里子は千明の心もようもお見通し。
「私のおもちゃになっていただきたい」なんて言われて、さすがに腹を立てた千明でしたが、やっぱり聞かせていただくことにしたようです( ̄∀ ̄)

 で、よさげなカフェに二人で入ったら、和平(中井貴一)と秀子(美保純)が先に着ていた。
秀子はかなり人懐っこいタイプのようですね。
写真で見ているとはいえ、会ったばかりの和平に無邪気に自分の思いを話す姿はかわいらしかったです。
そのおかげで和平のしゃべりも滑らか・・・いい雰囲気です。

 なのに、千明と万里子が現れたもんだから、一気に現実に戻っちゃった。
和平からお見合い相手の話を聞いていた千明はさりげなく去るつもりが、目は興味津々。
『がんばってね〜』的な目線を送る千明に笑ったわ〜

 万里子の方は見てはいけないものを見たような・・・不思議なものを見るような感じで離れてったわ〜
そこに女性連れの真平が現れたもんだから、和平は千明の心情も気になり、落ち着かないったらありゃしない。
2012年1月クールフジテレビ系木10ドラマ オリジナルサウンドトラック


 肝心の真平情報ですが・・・一緒に歩いていた女性は離婚して実家に戻って来ているらしい。
で、いつものボランティア精神を発揮中なんだと。
さらに、万里子の把握しているところでは、現在ボランティア先は千明も含め2件だけらしい。

「今は、ですけどね・・・( ̄∇+ ̄)」万里子
「いつから、そんな感じなの?彼は・・」千明
「子供の頃からずっと。あ。子供の頃からずっとHなことをしていた訳ではないと思いますが」万里子
「そんなこと聞いてません」千明
「あ、そうですか。興味があるかと思いまして」
「・・・・・・・どして・・・・そんな感じなのかな?彼は・・」千明
「・・・・・・・・・・・」長倉家のトップシークレットらしい。
「それは教えてくれない・・わけね」千明
「今までの、のべ人数なら」万里子
「そんなの知りたい訳ないでしょ!」千明

 結局、聞いちまったようです・・・・(´∀`;)
いったい何人ぐらいなんだろ・・100人とか?まさか1000人?
何しろ真平は「天使」らしいからなぁ・・千明と遭遇しても、全く悪びれてなかったし・・・

 みなさんがそのようなショッキングな時間を過ごしている間、家出中の典子(飯島直子)は「ナガクラ」で大忙しでキーーー!
イライラして包丁を持ったまま店の外に出たら、夫の広行(浅野和之)が千明の家を伺ってるところに遭遇。
逃げる広行を包丁持ったまま追いかけるという・・・とにかく、この人には落ち着いて欲しい・・
広行は逃げ切りましたが・・・
「そんな簡単に殺さないわよぉ・・・」典子

 この旦那さん、何なんだろうねぇ・・?
ホントに千明に興味持ってんの?とりあえず、妻以外の女性と付き合ってみたいのかね〜?
やっぱ、このおじさんも寂しいのか?

 そして、夜・・・・シチューを作った名目で真平を家に招き入れた千明は、結局、何事もなかったようにふるまいました。
内心、かなり溜まってると思うけどね( ´△`;)

「ありがとう。何も言わないんだね」真平
「悲しいぐらい大人だからね、こちとら」千明

 そんな千明をぎゅっと抱きしめた真平はずるい男ではないんですよね。
どういうアレかわからないけど、真平には彼だけのルールがある。
そして、その事に土足で踏み込まず受け入れてくれた(受け入れざるをえないやね)千明に感謝しているんでしょうね。

 年増(って言い方もアレだが〜)の女性が若い女性に勝てるもの(というか勝てると思われてるもの)、それは大人らしい寛容さや優しさ。
千明の中にも、この恋を終わらせたくない計算が無意識に働いている。
そして、そんな自分に気づいて、さらに大人らしく振舞ってしまう・・・大人というのは結構めんどくさいものなのです。

 翌日、駅のホームで千明を見つけた和平は気遣いの言葉をかけてました。
で、気遣いついでに、千明が行きたいと言った場所を知りもしないのに「あそこ、いいですよ」とか言って、その適当さを怒られてました。

 いや〜この時の和平、うちの夫にそっくりだった(笑
うちの夫も、すんごい適当なんですよ〜信じられないぐらい(・∀-`;)
その場の会話の流れで何でも言うんだから〜
和平さんの場合は憎めないけどね。

 さて、今回も千明は鉢合わせエピソードをドラマに使おうとしております。
で、話の流れで、脚本家のはるか(益若つばさ)に、友達談として話した自分の体験談(35歳のイケメン男性が45の友人といい仲に)もついて、「無理ありすぎ」って言われてドキーン・・・
 そばにいた事情を知ってるスッタフも同意する訳にもいかず、変な空気になってるのに、はるか先生は全く気づかない。

「よっぽどお金持ちとかぁ〜よっぽどキレイとかぁ〜ねぇ〜?そこそこじゃちょっと・・・」
「そこそこじゃ、ちょっと〜そうだよねぇ〜(∀;)」千明
「何か裏あったりしないんですかね?」はるか
「うら・・?」千明
「何かあります?いいネタ?」はるか
「・・・・いや、これはもう、あくまで友達の話なんですけどね・・・その35歳イケメンっていうのがさ・・ちょっと不思議っていうか・・ちょっと、変わってんだよねぇ・・・」千明

 あくまで、「友達の話」で乗り切るつもりか?かなりキツイぞ・・・
でも、はるかに「ババ専」とか言われちゃって、自分で自分の首絞める体に。
笑うしかない・・

 一方、和平の方は朝から機嫌の悪い知美(佐津川愛美)に困惑・・・・
その後、一条さん(織本順吉)から呼び出されて行ってみたら、知美がお見合いに立候補してのに断られた件や、その後和平が静江と会ったことを全部話したらしく・・・「このスケベ!」と怒られちゃいました。

 どうやら、秀子に嫉妬したみたいなんだけど・・・この子の恋心も唐突だよねぇ・・・
母親が取られるのが嫌なのか、若くてかわいい自分より年増の母を選んだと思ったのが腹立たしかったのか・・・

 でも、和平は素直に和美の気持ちに喜びと感謝の気持ちを伝えて断っていました。
こういうとこが、かわいいよね〜(´m`)
断り方も完璧。故に和美の恋心をさらに燃え上がらせちゃったようです。

 さらに、その直後、秀子からデートのお誘いが・・
で、千明と一緒に行く約束をしていた店の名前が出たもんだから、その店はちゃんと避けようとする和平。
も〜真面目なんだから〜

 しかし、秀子、積極的だな・・・和平がほどよい感じで良かったのかね・・
そんなガツガツしてないし、穏やかで、見た目もそこそこいいし、気楽に誘える感じ?

 そして、自分が家を出て、男衆がどんなに困ってるだろうと楽しみにして家に帰った典子は、二人がのんきに2人暮らしをエンジョイしているのを見て、逆上。
ヒステリーを起こしたため息子にはキレられ、夫からは「(もう愛していない)かも」と告げられ、本格的に家を出るはめになってしまう。

 う〜む・・・(-_-) 典子の方はどうなんだよ・・と聞きたくなるぞ。
高校生の時、年上の先生と恋仲になって結婚したから、望まれて惚れられて一緒になったと思って、妻の座に胡座かいてたんじゃないのぉ〜?

 その頃、千明はとっても悲しい飲み会中。
取材名目ではるかが、いつものメンバーの集まりに参加。
例によって、無邪気ふうのはるかの言動に大人として対応しつつも心の中は傷だらけの3人・・・

「なんか切ないオーラ出てますよね」
「何で、そんなイタイネタ一杯持ってるんですかぁ」
「大丈夫ですよ、ワタシは(あなた達みたいになりませんよ)」
「結婚して、子供もいますし。だからぁ〜こういう方達の気持ちがぜんっぜんわからないので、こうやって、ここに来てるんじゃないですかぁ!」

 暴れるだけ暴れて、はるかが去った後・・・・3人はぐったり。
「なんだろうねぇ・・この圧倒的な敗北感は・・」祥子(渡辺真起子)
「コレ、イタイねぇ〜」啓子( 森口博子)
「すいませんでした・・」千明

 千明の「見ちゃった話」でテンション回復した3人でしたが・・・
なんかこの切ない気持ち・・・よくわかりますョ〜
私も、若い頃は若いってだけで勝ったようなつもりでいましたからね〜
そして、妙齢になってくると、若い子の目がコワイというか、その輝きに精神的に負けてる自分に気づいて、自分がみすぼらしく見えてげんなりしたり、してね。
 若い子なら、いろんな人が慰めてくれるけど、妙齢婦人は自分で自分に喝入れなきゃならん・・・
だから、友達の存在はすごく大切なんだよね〜((^ω^ )

 そんな疲れきった後・・・・自宅の前で灯りがついてるのに気づいた千明は「エンジェルか?!」と喜ぶんだけど、大間違い。
にゃんと典子でした。
泣きながらしばらく置いてと頼む典子を追い払うこともできず、ぐちを聞かされながら酒に付き合うはめに。

 ( ̄Σ ̄;) いや〜ずうずうしすぎるよ。地元なんだから、友達のとこ行きゃいいじゃん。

 家族ゆえの安心感に甘えていたと反省する典子の大変さはよーわからんけど、同じ年代の女性同士、いろいろあるけどがんばらにゃ〜と改めて思う千明・・・
「アンタ主婦でしょ?私、一人で外で働いてるんでしょ?私たち、もう、ぜんっぜん違う訳でしょ?
でもさぁ、どっちにしてもさぁ、女が年とるのってさぁ・・・大変だよね・・(ノд・。) グスンせつなくなるよね?時々ね」

 昨日の敵は今日の友、抱き合って慰めあう二人なのでした。
千明って、大らかでやっぱり素敵な人。
大人としてがんばってるけど、そのがんばりが馴染んでて、いい感じ。
確かに年をとるのはせつない・・でも、その切なさも楽しもうとしているように見える。

 そうそう、ラストに真平がポッケから落としたお薬は・・?(追記:コレ、薬じゃなくて貝がらでしたね(-"-;A ...失礼しました)
検査をサボって和平に怒られてたけど、幼い頃白血病にでもなったのか?その再発を恐れてるのかな〜?

 第1話 寂しくない大人なんていない
 第2話 ひとりって切ないぐらい自由
 第3話 大人の青春を笑うな!
 第5話 人生最後の恋って何だろう
 第6話 今迄のどんな恋にも似てない
 第7話 恋ってどうすれば良いんだ?
 第8話 大人のキスは切なくて笑える
 第9話 キスは口ほどにものを言う!
 第10話 大人の未来だって、輝いてる
 第11話 (最終話) まだ恋は終わらない

こたつ
そんな大事件は起こらないけど、続きが見たくなるドラマですよね。
さて、今晩の豆まき用の豆と恵方巻きのネタを仕入れてくるか・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 最後から二番目の恋 第4話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2012年02月03日 16:53
千明(小泉今日子)は万理子(内田有紀)から、真平(坂口憲二)と一緒にいた 女性は真平の小学校時代の同級生・畑中みどり(吉田羊)だと聞かされる。 一方、和平(中井貴一)は、見合いをする予定だった秀子(美保純)と買い物 途中で偶然出会って、秀子が行ってみたい
2. 最後から二番目の恋 第4話 女が年取るってせつないよね  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年02月03日 18:27
『女が年取るってせつないよね』 内容 ある日のこと、千明(小泉今日子)は、列車の中で 真平(坂口憲二)が女性と一緒にいるのを見て驚いてしまう。 すると横から「みどりちゃんですね」という万里子(内田有紀)の声が! 同じ車内に万里子も乗っていた。 “みどりちゃん..
3. 最後から二番目の恋 第4回「女が年取るってせつないよね」  [ 昼寝の時間 ]   2012年02月03日 22:55
公式サイト 真平が子供連れの若い女性と腕を組んで歩いている姿を見て、「ファンキー
4. 最後から二番目の恋 第4話:女が年取るってせつないよね  [ あるがまま・・・ ]   2012年02月03日 23:35
真平の病気って・・・(へ ̄|||| )ウーム・・・ パっと見、元気そうな真平なので、そんな深刻な感じでもなさそうだけど、 病院に行って無い事を知った和平ってばすごく心配してた・・・ 一体何の病気なんだろ?そして何で真平は病院に行くのをやめたんだろ? と、和平お...
5. 聖なる怪物たち三話&最後から二番目の恋四話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2012年02月04日 00:42
■聖なる怪物たち三話 題名もすごいが、たしかにこのドラマはひさびさの本格サスペンスだね。ちょっとホラー入ってる?(笑) 加藤あいは長谷川博己(聖応育英会理事長)の妻となったが、お腹の子供を流産してしまう悲劇に。そして・・加藤あいは二度と子供を産めない体に
6. 最後から二番目の恋 4話 感想 飯島直子  [ ドラマとアニメの感想日記 ]   2012年02月04日 07:29
最後から二番目の恋の第4話 「女が年取るってせつないよね」の感想いきまっす! ネタバレ注意ですよv 神出鬼没の万理子(笑) 真平と一緒にいた女性について、幼馴染と語り、千明の心理について細々と分析し、挙句に「私のおもちゃになって」なんて、おもろいな〜。 和
7. 最後から二番目の恋 (第4話 2/2) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年02月04日 07:57
1/12からフジテレビで始まったドラマ『最後から二番目の恋』(公式)の第4話『女が年取るってせつないよね』の感想。 今週も和平さんが一々かわいくて一々面白い! 先週も書いたが、中井貴一さん...
「最後から二番目の恋」第4話 〜女が年取るってせつないよね〜 千明(小泉今日子)は車窓から、真平(坂口憲二)が若い女性と一緒にいるところを目撃。 そこに真平の双子の姉・万理子(内田有紀)が乗り合わせていて、くだんの女性は小学校時代の同級生・畑中みどり(
9. 「最後から二番目の恋」第4話感想  [ Kanataのお部屋へようこそ ]   2012年02月04日 11:31
 オシャレなカフェでバッタリ出会う千明、万里子と2組のカップル。  舞い上がってぶりっ子してる秀子と、遠慮がちに合わせる和平。  真平にベッタリくっついて、浮いた感じのする同級生、みどり。
10. 《最後から二番目の恋》☆04  [ まぁ、お茶でも ]   2012年02月04日 14:10
大橋親子に、翻弄される和平。でも、真面目な彼の、真摯な態度は、認められるけど、振り回されてしまっている。 偶然、大橋秀子と会ったことから、お見合いではない、出会いで、すっかり気が楽になって、秀子を誘った。 「・・・素敵なお店があるって・・ もし良かったら、ご
11. 最後から二番目の恋 第4話  [ お地蔵さまの寄り道 ]   2012年02月04日 18:08
第4話「女が年取るってせつないよね」 いくら「ボランティア」とは言え、他の女性と腕を組んで歩いてる姿を 目撃してしまうと。。。凹むよなぁ。 三組の男女が、同じ喫茶店で鉢合わせって。。。 無いわぁ〜。 さすが、ドラマ。 「枯れ専」「ババア専」 これは...
12. 最後から二番目の恋 第4話の感想  [ オタクと呼ばないで ]   2012年02月05日 13:34
フジテレビ系列で放送された「最後から二番目の恋」第4話の感想など。第4話も楽しく拝見しました。随所にクスクスと笑える場面があるので、どこが一番面白かったかと聞かれると困りますね。万里子(内田有紀さん)の子どもっぽいキャラが面白いし。面白い場面もたくさんあ
13. 最後から二番目の恋「女が年取るってせつないよね」  [ のほほん便り ]   2012年02月05日 13:37
あいかわらず、イイ味だしてます。それぞれのシチュエーションの妙や、会話のやるとりが楽しい! これぞ、大人のラブコメ。脚本の岡田惠和、…やるぅ とにかく、状況と表情、会話が、微妙に可笑しくて。医龍で手術前には、半裸でカンフー体操をする、ワイルドな天才医を
14. 「最後から二番目の恋」 第4話  [ ドラマ de りんりん ]   2012年02月05日 18:23
みんながそれぞれ同じカフェに…って、まずはそんな偶然が続いて「あり得ないぞ〜!」とツッコミを入れたいところですが、狭い鎌倉だったらアリなのかな。(^.^) そして、そこで繰り広げられる「枯れ専」「ババ...
15. 『最後から二番目の恋』 第4話  [ 美容師は見た… ]   2012年02月08日 17:59
真平の病気、引っ張りますね〜。不治の病なんだろか?天使の真ちゃんは、何人の女性たちとホニャララ…いや、女性たちを幸せにして来たんでしょうねぇ('▽'*)。。oO枯れてる男性を専門で好きになるのが「枯れ専」で、年上女性を好きになるのは「ババ専」って。聞こえ悪いわぁ

この記事へのコメント

1. Posted by 桔梗   2012年02月03日 19:16
何だか年をとるって切ないね〜。久しぶりに学生時代の友人に会ったりすると、相手のふけ具合で自分もなんだって再確認してしまうよ。
でも気楽でいいかな〜。若い子も色々大変だと思うよ。

大河で中井貴一さん見てこっちで見て・・。ふぞろいの林檎たちの頃を思い浮かべたりします。

この前、「風間俊介のジミメン!デラックス2012」の話したけど、4日PM4時05分からnhkラジオで再放送(短縮バージョン)があるんですってよ、奥さん!  
2. Posted by きこり→桔梗さん   2012年02月03日 22:30
>久しぶりに学生時代の友人に会ったりすると、相手のふけ具合で自分もなんだって再確認してしまうよ。
いや〜怖いですね。
そういう時って、相手の老けだけ印象に残りがちなんだけど、実は自分もね〜
直視するのは恐ろしいけど・・・(´-ω-`)
若さはすばらしいと思うけど、若いころには戻りたくないな〜
だって、今の方が精神的にすごく楽なんだもん(笑
>ふぞろいの林檎たちの頃を思い浮かべたりします
あの頃、すぐに消える2世タレントだと思ってしまった私を許して・・・
>4日PM4時05分からnhkラジオで再放送(短縮バージョン)があるんですってよ、奥さん! 
にゃんですって?!
情報をいただいて、すぐに夫にラジオの予約を頼みました(夫のラジオなんで使い方わからない・・(´∀`;)録音して、ゆっくり聞かせてもらいますよ〜
情報ありがとうございました〜��d(´∀`) 
3. Posted by ヨーコ   2012年02月04日 06:42
今週は万理子ちゃんが可愛かったなぁ〜。携帯で「私は千明派です!」って打って見せて来た場面なんて愛おしかったよ(笑。
それに引き換え益若の作家先生は許せんなぁ〜。今時の若い作家先生はあんなに周りからアイデアを頂戴するもんなのかねぇ?もぉその地点で自分の作品じゃないのになぁ〜。
このドラマのリアルさは見ていて痛い事も多々あるけれど、桔梗さんも書いていらっしゃる様に若さって素晴らしいけど今の方が精神的に楽だから、私も絶対戻りたくないなぁ。年を取るのも悪くないよね〜♪
4. Posted by Yummy   2012年02月04日 14:31
なんといっても千明たちの飲み会に入ってきた
はるか先生のおことばが強烈でしたね〜。
そこまで言うかぁ!って…。
でもでも、振り返れば若いころはあそこまでじゃないけど、けっこうキツイこと言ってたのかもなぁ。
設定はありそうもないけど、会話がリアルでおもしろいです^^
5. Posted by まこ   2012年02月04日 14:45
あ〜、あれは真平のポッケから落ちたんですねー。
ビンが転がったシーンのみの印象しかなく、
中身もピンクなのはわかったけど、貝殻とは
気付かなんだ・・・
お寿司についてるガリに見えたのは内緒(笑)。

初回だったか、和平と千明が海岸で初めて出会った際に
確か和平が桜貝を集めてるシーンがあったような・・・
あれと関係あるのかな???

と真平の病気を心配しつつも気になるのはモテモテの
和平さん。冴えないおじさんなのにどこか魅力的♪

と、今まで貴一なんて眼中になかったのに
最近、妙に気になる貴一さん。
結構白髪多いなぁ〜とマジマジと見てしまった(笑)。
6. Posted by きこり→ヨーコさん   2012年02月04日 19:11
>今週は万理子ちゃんが可愛かったなぁ〜
私も、やっとそう思えたよ〜(笑
最初はあの髪型もラーメン大好き小池さんかよ・・とか思ったり、服のコーディネートも???って感じだったんだけど、慣れてきたのかとてもチャーミングだと思ったよ。
>今時の若い作家先生はあんなに周りからアイデアを頂戴するもんなのかねぇ?
私もびっくりした(o゚Д゚o)
てか、あんなにプロデューサーの意見が通るというか、脚本家はなにやってんだい?
それとも、若手がみんな通る道なのかな〜
はるかは、そんなに才能のある脚本家って訳じゃないみたいだからいいのか?
>年を取るのも悪くないよね〜♪
そそ!年取ってからの方がいろいろ楽になれたし、今の自分の方が好きだもの。体はいうこときかなくなったけどさ(笑
7. Posted by きこり→Yummyさん   2012年02月04日 19:42
>はるか先生のおことばが強烈でしたね〜。
いや〜こういう子と飲むのはキツイよね(笑
ストレスにしかならない。
一応、先生様だから千明も逆らえないし、友達もそれをわかってるから、合わせてくれたけどさ。
ホント、彼女を見てると自分もあそこまえであからさまじゃないけど、年上の女性に対して言いたい放題してたんじゃないかな〜って怖くなるわ(笑
8. Posted by きこり→まこさん   2012年02月04日 19:47
>中身もピンクなのはわかったけど、貝殻とは
気付かなんだ・・・
私も、他の方の記事で知った(´∀`;)
なんか変わった色の薬だよな〜って思ってましたよ〜
さくら貝への思い入れの理由がわかれば、病名がわかるのかな〜?
>確か和平が桜貝を集めてるシーンがあったような・・・
あった、あった!
和平も真平の収集に協力してるのか?
さくら貝は家族の思い出に関係あるんかいのう・・
>と、今まで貴一なんて眼中になかったのに
最近、妙に気になる貴一さん。
やはり、今、ブームが?
うちの娘もなぜか、急に貴一さんが気になりだして、
このドラマも見てるし、「新参者」にハマってた訳でもないのに「麒麟の翼」を見たがってるんだよ〜
昔の寺尾聡が急激に人気者になった時と同じような感じかしら・・
9. Posted by みのむし   2012年02月06日 15:30
あ。あのビンは真平のぽっけから落ちたんですね。
でも何かの願掛けなのかなぁ??
私はてっきり和平さんが妻のために何かしらの
供養としてやってるのかと思ってた。�堯�; ̄□ ̄A アセアセ
それにしても千明は結構ポジティブで
うらやましいですよ〜。
人間も人生半分過ぎるとどうしてもひねくれ根性のほうがにょきにょき芽を出してきますからねぇ。
ってか和平さんモッテモテだけどこの先
どうやってみんなと決着つけて行くんだろう?
そのアタフタぶりを見るのもまた楽しみだったり・・・。( ̄m ̄* )ムフッ♪

10. Posted by きこり→みのむしさん   2012年02月07日 21:49
>あ。あのビンは真平のぽっけから落ちたんですね。
だんだんわからなくなってきた・・・σ(´-ε-`)
多分そうだと思ふ・・
でも、和平もさくら貝集めてましたもんね。
いったいこの家族にとって何を現してるんだろ・・?
>供養としてやってるのかと思ってた
私も一回目を見た時はそう思ったよ〜
きっと、和平の奥さんのことも、真平のことも、万里子の引きこもりも、みんな繋がってるのかもしれないね。
>そのアタフタぶりを見るのもまた楽しみだったり・・・
ホントだよね〜
このまま秀子と清いつきあいを続けるのかにゃ〜
そして、真平と千明はどうなるんかいのう・・
今週も楽しみだよね〜ヽ(゚∀゚)ノ
11. Posted by mana   2012年02月08日 17:58
>うちの夫も、すんごい適当なんですよ〜信じられないぐらい(・∀-`;)
>その場の会話の流れで何でも言うんだから〜
ウケるな〜(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
うちはさぁ、気づかなかったんだけどね、
よそのお宅よりもしっかり話だけは聞いてくれる人だと思った。
生返事はしないし、的を得たこと言うし。
あとは…
どうしてゴミの分別ができないのかしらね〜。
何度教えても別のとこに置いてあるのよね〜。
家の中でも外の集積場所でも。
とかさ、色々あるさ。言い出したらキリがない。
人間悪いとこばっかじゃないしと諦める(笑)
って、相方もおんなじ思いか。

私も〜なぜか貴一ブーム(笑)
きこりさんも、早く観に行きなはれや〜(  ̄ノ∇ ̄)ツバサ

P.S.
TBを送ってみて貰えませんか?
直ってるといいけど…
お手数をおかけしますm(__)m
12. Posted by きこり→manaさん   2012年02月08日 20:03
>よそのお宅よりもしっかり話だけは聞いてくれる人だと思った。
それってすごいことだよ〜
結婚して見てわかったけど、こっちの話をポーズだとしても(オイオイ!)きちんと聞いてくれるってすごく大事だよね。会話が成立しないって寂しいもん。
うちはね、ホントに信じられないぐらい適当な夫なの(笑
でもね、だから私みたいなのと一緒にいてくれてるんだと思ってるよ(笑
コレがすんごいきちんとした人だったら、すぐに離婚されてるって。
>どうしてゴミの分別ができないのかしらね〜。
私も不思議ぅん((-∀- )ぅん
何でプラスチックごみと燃やせないごみの区別ができない?あと、何で鼻かんたティッシュ、いつもゴミ箱に捨てない?
ホント、お互い言い出したらエンドレスだよね〜(笑
>きこりさんも、早く観に行きなはれや〜(  ̄ノ∇ ̄)ツバサ
早くいきたいよ〜
でも土曜日も忙しいし〜日曜に行けるかな〜
TB送ってみたけど、届いたかにゃ?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ストロベリーナイト」 第四話 過ぎた正義 その1東京おのぼりさん日記 その1 (2012年1月28日〜29日)