「メンタリスト」 シーズン2 第2話 「緋文字」 The Scarlet Letter「最後から2番目の恋」 第4話 女が年取るってせつないよね

2012年02月01日

「ストロベリーナイト」 第四話 過ぎた正義 その1

 う〜む・・この内容の濃さ・・役者の演技レベルの高さ、SPドラマ並の充実感スョ・・・ 
今回は特に脚本、演出ともに冴え渡っていたような・・・( ̄ー ̄)b

 話は葉山(小出恵介)が異動してきた3ヶ月前にさかのぼります。
監察医の國奥(津川雅彦)からのラブレターで、罪を犯しながらも少年法と刑法によって守られ、短期間の服役で出所している凶悪犯吾妻照夫・大場武志が連続して死んでいることを知った玲子(竹内結子)は事件性を疑い、捜査を開始しました。

 最初は単なる偶然でしょ・・・と國奥のファイルを捜査対象から外していた玲子が考えを変えたのは、同じように少年法で守られ、短い刑期で出所した後に罪を重ねたと思われる少年たちの事件に出会ったから。
「ちゃんと罰してくれない、当人達も反省しないじゃ、マル害もマル害の家族もやりきれないな。もちろん、捕まえた俺たちも」今泉(高嶋政宏)

 この捜査の過程で少年の一人に掴みかかれ、首を締められた玲子は、過去のレイプの記憶が蘇リ、恐怖で倒れこんでしまいました。
 しかし、「どうせ俺たち死刑になんないんだよ!ババア!シャバ出てきたら、まっさきにやってやっかんな!!」という声に蘇る玲子。
「ナメてんじゃないわよ!!」
少年二人の頭を思いっきりぶつけ合わせてたぞ。菊田(西島秀俊)が止めなければ、半殺しにしてたかも・・・

 玲子はいつも闘っている。
あの時の恐怖と、それに負けてしまいそうな自分と、そして、自分を押しつぶしてしまいそうな悪のパワーと。
闘うことが生きること・・・それが、玲子の一瞬の表情から感じられました。
ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト Blu-ray

 姫川班が吾妻と大場の死を洗いなおしていたら、大場は死亡当時、致死量をかなり超えるクスリを摂取していたため、所轄も事故なのか事件なのか判断できなかったことがわかった。
さらに、逮捕される前の吾妻が心神喪失を装うために、図書館に通って調べていたことも判明した。

「二人に共通しているのは、再犯の疑いがあったのに社会に野放しにされている・・・」姫川
「まるで、誰かが天罰を下しているみたいだ・・」菊田

 それにしても、来たばかりの頃の葉山は、上司が女性であることに、あからさまに失望を見せていたのね〜
でも、実は菊田もそうだったらしい。
「でも、いつのまにか俺は、主任のこと認めちゃってたんだよなぁ・・」菊田
「なぜですか?」葉山
「・・・・う〜ん・・・」
「確かに普通の女性とは違う何かがあることは認めます。
でも、あんな人が現場にいるのは迷惑っていうか・・・だって、そうじゃないですか。
あんな危ない現場に守らなきゃならない女性がいるなんておかしいですよ!」

 葉山の脳裏に蘇る守れなかった女性・・・彼女は恋人だったのかな・・・
エスカレーター式に大学に進学できるとこに通っていたのに、高卒で警察学校に入ったらしい。
じゃ、事件は高校生の時に起こったのか・・?

「正しいことがあまりにも通らない世の中だからです。警察官は、それができると信じたからです」葉山
「主任も同じようなことを思って、警察に入ったんじゃないかなぁ。
なぁ、葉山、お前、しばらく、主任が女だってこと忘れてみろ。何か見えてくるかもしれない」菊田

 姫川班が少年法により軽い刑が出た者と刑法第39条で無罪になった者で、すでに出所している3名のその後を調べ始めると、その中の一人安井という男が自殺したという報告が入った。
前日に会った安井は自殺するような男ではなかった。
 殺されたのだとしたら、吾妻・大場・安井の3人と関わっている共通の人物が何か知っているはず。
行き着いたのが、3人を逮捕した倉田修二という捜査員だった。

 で、警視庁のデータベースで「倉田修二」を検索するも、何故かロックされていて見ることができない。
しかも、今泉係長(高嶋政宏)からは、その件には関わるな的指導が入った。

 (*゚ロ゚)ハッ!! まさか、倉田修二は堺様のあとを引き継いで、「ジョーカー」として犯罪者に制裁を・・?!
で、シーズン2のフリ?!
いやいやいや・・・堺様→→杉本哲太じゃファン層も違いすぎる。おじさま好みの私でも受け入れがたい変更だ。
じゃ、やっぱり個人的なアレか・・・

 玲子は大場の事件を倉田と共に捜査していたガンテツ(武田鉄矢)から直接倉田情報を仕入れることにしたぞ。
「倉田みたいな野郎とは、俺は関わりになりたくねぇ。アイツはいかれちまってる。
被疑者の口の中に撃鉄起こした拳銃突っ込むような奴だ。
おまけに、しゃらっとした顔して、「人殺しは原則、死刑でいいですよね?」なんてほざきやがる」ガンテツ
「奪った命は、命で返せってことですか・・」玲子
「さっすが姫川、お前、倉田とおんなじ目してるもんなぁ。誰か一人、殺したい奴がいるんだろう?倉田はお前の手におえる男でない、やめとけ」

 倉田の居場所を聞いた玲子にガンテツは深く深く頭を下げるよう指示してたぞ。
わたしゃ、土下座ぐらいやらせるかな〜と思ったけど、優しいじゃん( ̄∀ ̄)

 ガンテツによると、倉田は、3年前、息子が殺人を犯した責任をとって、刑事を辞めたらしい。
「姫川!コレは『貸し』だぞ。しっかり胸に刻んどけ!」

 調べてみると、倉田の息子・英樹(石黒英雄)は交際相手だった女子高生を刺殺していた。
さらに、その後、倉田の妻はその女子高生の父親に殺されていた。
倉田の顔写真は入手したけど、依然として、倉田の行方はわからないし、倉田が一連の事件に関わっているという証拠もない。でも、玲子は追及が止められない。

 玲子は、倉田英樹が収監されている川口少年刑務所を訪ね、面会を申し出るが拒否されてしまう。
んが、父親の倉田は、刑務所の前まで来ては帰っていく姿が月に2.3度目撃されていた。
なぜ、彼はそばまで来ていながら面会を求めることもなく帰っていくのか。
その心の中を知るために、玲子の、倉田との偶然の出会いを期待し、休暇や在庁時間を使って刑務所に通う日々が始まった。

 夏が過ぎ、秋が来て、あの右手を怪我した事件を経て・・・・
倉田を追い求めながら、彼が何を思って刑務所の前を歩いていたのか、彼の心に寄り添おうとする玲子。
そして、ついにその日がやってきました。

「警視庁捜査一課の姫川と申します。
この夏、吾妻照夫、大場武志、安井五郎の3人が次々と亡くなりました。
この3件の死亡事件について、あなたのご意見をお聞かせください」

「まさか、アンタ、俺が司法に代わって、その3人を極刑に処したなどと思ってるんじゃないだろうな」倉田
「そう思ってます」玲子
「・・・・・証拠は?」倉田
「ありません」玲子
「話にならない」
「自分でもそう思います。だけど・・・動機は・・」
「わかったというのか?」
「はい」

「私は最初、あなたが過ぎた正義感のためにあの3人を殺したのだと思いました。
あなたは、一人殺したら、命で償うべきだという信念を持っていた。
だから、まんまと罪を逃れ、反省すらしていない犯人を許せないのだと。
でも違う。あなたは純粋な正義のためだけに、3人を殺したんじゃない。
正義が全くなかったとは言いませんが、それよりも、あなたは自分を追い詰めるために3人を殺したんです」玲子

「自分を追い詰める?何のために」倉田
「決心が鈍らないようにです。息子の倉田英樹に自分の手で罰を与える決心が。
わからなかったんです。
あなたがここまで何度もやって来ながら、一度も英樹君に面会していない理由が。
あなたはひたすら、塀の外を歩いている。
さっき、角で立ち止まるあなたを見た時に確信しました。
それは、一度でも会ってしまったら、英樹君を許してしまうから。
英樹君に更生の兆しが見えたら、自らの手で彼を罰するという気持ちが鈍るから。
あなたは自分が後戻りしないために、自分の決意のために、彼と同じように、少年法や刑法で守られ、罪を逃れたあの3人を殺害したんです」玲子

「荒唐無稽な推理だな」倉田
「倉田さん、吾妻や大場、安井の件を立件する自信はありません。
ですが、倉田英樹は守りたいと思います。
息子さんを守ることで、同時にあなたも守りたい。
それが、警察官である私の正義です」玲子

 『吉祥天女』(吉田秋生著)の小夜子の名台詞「男の「防御(ディフェンス)」と女の「防御(ディフェンス)」は違うのよ。それから「攻撃(オフェンス)」もね」を思い出しました。

 倉田の「正義」、葉山の「正義」、そして玲子の「正義」・・・
倉田は父親としてよりも、刑事として生きるのか・・・
刑事として生きる道を選んだ葉山は何を証明しようとしているのか。
そして、心から悪を憎み、罪を犯した者を逮捕することに命を賭けながら、その犯罪者の心理に寄り添おうとする玲子。
それぞれの「正義」の行き着く先が気になります。

 第一話 シンメトリー
 第二話 右では殴らない その1
 第三話 右では殴らない その2
 第五話 過ぎた正義 その2 選ばれた殺意
 第六話 感染遊戯
 第七話 悪しき実 その1
 第八話 悪しき実 その2
 第九話 ソウルケイジ その1
 第十話 ソウルケイジ その2
 第十一話 (最終話) ソウルケイジ その3 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか

ねこちゃん
今回の菊田萌えポイント。
安井が玲子に手を出しそうになったら、スッと奴の手を掴んで、さりげなく守った、あの手!
【カッコイイ】*'ω`*)ゞ惚れ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ストロベリーナイト 第4話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2012年02月01日 16:45
第4話 「過ぎた正義」監察医・國奥(津川雅彦)より、2件の死亡事案について「事件性があるのでは」という連絡が入る。
2. 「ストロベリーナイト」第4話  [ 日々“是”精進! ]   2012年02月01日 16:48
  IV「過ぎた正義」最近、立て続けに過去の事件の犯罪者2人が変死した。1人は5年前、女子高生3人を監禁暴行の上、最終的に殺害したが、最高裁で心神喪失により無罪となった吾...
3. ストロベリーナイト「過ぎた正義」  [ のほほん便り ]   2012年02月01日 16:55
またまた、続きパターン、なのですね。 未成年による、再犯性のある凶悪事件… 未成年であるがゆえ、法に守られ、ごく僅かで出てくる理不尽さ。「ならば、私が(天誅!)」なキモチも心情的には分かるし、状況証拠は真っ黒だけど いかんせん、立証するものがぁ…  
4. ストロベリーナイト 第4話:過ぎた正義  [ あるがまま・・・ ]   2012年02月01日 17:11
本当に倉田の犯行?( ̄~ ̄;) う〜ん そしてその過ぎた正義感ゆえ、殺人を犯した自分の息子までも殺そうとしてるらしい 前回の事件も最初は勇み足で、犯人では無い人物に任同かけてしまった姫川なので 今回も思い込みの捜査で突っ走らなければいいけど・・・ だけど、心...
5. ストロベリーナイト 4話 感想 杉本哲太  [ ドラマとアニメの感想日記 ]   2012年02月01日 17:22
「ストロベリーナイト」第4話「過ぎた正義」の感想いきまっすv ネタバレ要注意☆ 少年刑務所の外で倉田修二(杉本哲太)と出会う玲子。 ノリが玲子の下に配属された三ヶ月前、監察医の國奥から届いたラブレターが、玲子が倉田に話を訊きたい理由。 コンビニ前の少年たち
6. ストロベリーナイト 第4話 過ぎた正義  [ レベル999のgoo部屋 ]   2012年02月01日 18:17
『過ぎた正義』 内容 在庁勤務時に、玲子(竹内結子)は 倉田英樹と面会するため少年刑務所を度々訪れていた。 しかし、断られ続けていた。 そんなある日のこと、英樹の父・修二(杉本哲太)を見かけ声をかける。 吾妻照夫、大場武志、安井五郎の3人が亡くなった意見を...
7. 「ストロベリーナイト」第4話  [ またり、すばるくん。 ]   2012年02月01日 18:55
検峅瓩た正義」  視聴率16.3% 
8. 【ストロベリーナイト】第4話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年02月01日 19:20
「過ぎた正義」 少年法や刑法で守られた犯人は、生きる資格があるのか? 「ストロベリーナイト」第4話           葉山が捜査一課の姫川の元に配属されて来た日、姫川班は、過去に...
9. ストロベリーナイト #04  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年02月01日 19:28
『過ぎた正義』
10. リーチしてんじゃねーよ  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2012年02月01日 20:32
DA PUMP消された!て言うか、DA PUMPだったのかよ今のメンバーは、ISSAしか知らんし犯人が丸分かりで、ミステリー要素ゼロながら豪華キャストと雰囲気作りのおか...
11. リーチしてんじゃねーよ  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   2012年02月01日 20:32
DA PUMP 消された!て言うか、DA PUMPだったのかよ今のメンバーは、I
12. 「ストロベリーナイト」 第4話  [ ドラマ de りんりん ]   2012年02月01日 23:06
今回も次回へ続くんですね。(^_^;) 猟奇的な殺人では無かったことと、殺された理由も何となく後味の悪いものではなかったので、いつもの雰囲気とは少し違った印象でした。 逆に言えば、「ストロベリーナイト...
13. ストロベリーナイト 第4話 感想「過ぎた正義」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2012年02月02日 00:05
ストロベリーナイトですが、殺伐と聳える刑務所の塀の前で姫川玲子(竹内結子)は元刑事の倉田(杉本哲太)と対峙します。巷では、重罪なのに心神喪失や少年法で軽い刑で出所した者たちが次々と死んでいますが、ショカツで事故死と処理されているのに、姫川は首をつっこみま
14. ストロベリーナイト 第4話〜竹内結子 vs 杉本哲太 塀の外の緊迫!  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2012年02月02日 08:18
『ストロベリーナイト』第4話 過ぎた正義 じっくりと丹念に描かれた『過ぎた正義:前編』 もしかすると、今回はテンポが無いという見方もあるかもしれないけど、場面場面に陰影があって、小生は”納得の出来栄え”だと感じました。 −◆− 監察医・國奥(津川雅彦)
15. ストロベリーナイト 第4回「過ぎた正義 前編」  [ 昼寝の時間 ]   2012年02月02日 10:31
公式サイト 原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊
16. ストロベリーナイト(4)  [ ドラ☆カフェ ]   2012年02月02日 11:08
視聴率は 16.3%・・・前回(16.4)より 過ぎた正義
17. 《ストロベリーナイト》★04  [ まぁ、お茶でも ]   2012年02月03日 01:00
倉田秀樹は会いたくないと言っています。そう刑務官から言われ、川口少年刑務所を何度も面会のために姫川玲子は訪問した。倉田が収監されてから2年になるが、父の倉田修二は一度も面会していなかった。 外に出ると、菊田から、今泉が捜していると連絡が入った。だが男が人気
18. 「ストロベリーナイト」第4話  [ 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ ]   2012年02月03日 17:07
三人の変死者の共通点。 第4話『過ぎた正義 戰優織丱譴任后 シンメトリー (光文社文庫)誉田 哲也光文社 by G-Tools
19. 『ストロベリーナイト』 第4話「過ぎた正義」  [ 英の放電日記 ]   2012年02月03日 18:47
 今回は、少年法や心神喪失などによる責任能力の無いことによる無罪や刑の軽減に関する不条理が根底にある。  ただ、これをテーマとするのなら、姫川班が事件を「こんな美味しいヤマ」と表現したことに、どうしても引っ掛かりを感じてしまう。  それはさておき、今回...
20. 「ストロベリーナイト」第4話  [ fool's aspirin ]   2012年02月08日 17:53
姫川班が洗い出す過去の事件から、浮かび上がるひとりの人物。元捜査員の倉田修二は、裁かれない悪に正義の鉄槌を喰らわせたのか?!

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2012年02月01日 17:26
うん、あたしの哲太さん主役のジョーカーには
興味無いわー。やっぱ堺さまの苦悩する表情に
萌えたいもの・・・

てか、ガンテツでさえも引いちゃうくらいの
過ぎた正義感を持った哲太さんはその頑なな
表情が何とも怖過ぎる・・・

そんな倉田を前に、
>息子さんを守ることで、同時にあなたも守りたい。
>それが、警察官である私の正義です
毅然と言い放つ玲子がかっこよかった〜♪

さりげなく姫を守ってる菊田のナイトっぷりにも
萌え〜〜〜♪

2. Posted by くう   2012年02月01日 19:42
>まさか、倉田修二は堺様のあとを引き継いで、「ジョーカー」として犯罪者に制裁を・・?!

いやいやいやいや・・・勝手に継いだらあかんでーー!
あの役は堺さまのものだっっ!

しかし、倉田の言う事も解る。未成年保護法って一体何なんだとよく思うもん。
だが、倉田の目指すところは、ちょっとオヤジ厨二病っぽくもある…
正義は1人で勝手にやってしまったら犯罪になるんだよね。

と、言いつつも、ホント、あんなやつらどうにでもなれ、と思うわ。
でも、倉田は息子に会うべき。反省している人、後悔している人は裁いてはいけないよね。

来週、続きが楽しみだよー。
3. Posted by みのむし   2012年02月02日 15:54
>(*゚ロ゚)ハッ!! まさか、倉田修二は堺様のあとを引き継いで、「ジョーカー」として犯罪者に制裁を・・?!

いやいやいや。ないないない。。。(笑)
ないっすよ。
ってかでも・・う〜ん。ジョーカーとしての
能力は(非道なところとか)は
堺様よりもむしろ哲多のほうが断然上だと
思いますよ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

倉田の気持ちってどっちなんだろう?
簡単にシャバに出てきてしまった少年たちへの
制裁のほうがつよいのか。

そこにたまたま自分の息子も当てはまってしまったことへの憤りのほうが強いのか・・・。

どっちもどっちなのかな?だとすると悲しいね。

4. Posted by きこり→まこさん   2012年02月02日 22:48
>やっぱ堺さまの苦悩する表情に
萌えたいもの・・・
そうですよね〜(;´▽`A``
私も、あの決めセリフは堺様から聞きたい!
もし、シーズン2があるなら、コスプレもして欲しいし、もっと冷酷な顔も見たい!
と、このように堺様に関してなら、どんどん妄想が広がるんだけど、哲太様に関しては、ほとんどイメージが
広がらないのよね〜
>さりげなく姫を守ってる菊田のナイトっぷりにも
萌え〜〜〜♪
そうなの〜!!
あのでしゃばらない感じがなんともいえないわ〜(≧∇≦)キャー♪
普段は一歩下がった有能な部下で、いざという時になると、すっと守ってくれて・・・
来週も菊田様がどんなナイトぶりを見せてくれるか楽しみですよね〜!

5. Posted by IDEA   2012年02月03日 01:11
菊田にとって姫川はまさに「姫」ですね。姫川は強くて激しいですが、脆くて儚いところがある。だから守りたくなるんでしょうね。撮影中、芝居抜きで男性俳優陣はそう思っていたそうです(笑)今回も常に姫川を守っていましたよね。倉田の動機は半分が正義、半分は自分の子供を罰するために。んーわからないでもないけど危険ですね。正義なんてこれほど危ういものはない。人によって変わってしまうし、何が正義かなんて人が決めてはいけないんですね。その危うい正義が姫川の中にもある事をガンテツは指摘していた訳で、やはりタダものではありません。
さて実は原作では刑務所の前で倉田と玲子がやりとりして終わっているので、次週はほとんどオリジナル脚本って事になります。楽しみですね。予告編で見た今泉係長のパンチパーマも気になりますが、姫川が捨てた缶コーヒーの缶を菊田が拾って捨てるという「萌え」なシーンも登場するようです。楽しみですね。
6. Posted by きこり→くうさん   2012年02月03日 21:44
>あの役は堺さまのものだっっ!
やはりね・・( ̄w ̄) 
堺様以外は考えられないよね〜
わたしゃ、哲太というといまだに「ビリケン」さんのイメージだよ〜(笑
>倉田の言う事も解る。未成年保護法って一体何なんだとよく思うもん。
実際、倉田が語ってるとこ見たわけじゃないから、アレだけど、私も加害者だけが守られる未成年者保護法っておかしいと思う。
もう年齢ではなく、罪の大きさで裁いてもいいように思う。
>反省している人、後悔している人は裁いてはいけないよね。
そうだよね。その判断は難しいけど、更生とは、本当に罪を悔いて心から償いたいと思ってる者にだけ開かれるべきだと思うよ。
7. Posted by きこり→みのむしさん   2012年02月03日 22:01
>ジョーカーとしての能力は(非道なところとか)は
堺様よりもむしろ哲多のほうが断然上だと
堺様は冷酷になりきれないのよね〜
銃で撃ちながらも(麻酔銃だけど)心で泣いてるのよ〜
>倉田の気持ちってどっちなんだろう?
結局、倉田本人はほとんどしゃべってないから、本当に倉田が犯人なのか、動機も玲子が言った通りなのかは
わからないよね。
私には刑事時代の自分のルールにがんじがらめになっちゃってるように思える。
刑事としてよりも、父親として生きるのなら違った道になったような・・・
いや、でも、父親だからこそ、遺族のために殺さねばって思ったのかな〜?
来週にならんとわからんね。
8. Posted by きこり→IDEAさん   2012年02月03日 22:22
>姫川は強くて激しいですが、脆くて儚いところがある。だから守りたくなるんでしょうね
そうですよね。
自分が弱い人間だとわかっている。でもそのことから目をそむけようとせず、強くなろうとしているのがわかるから、部下たちもついていきたくなるんでしょうね。
>正義なんてこれほど危ういものはない。人によって変わってしまうし
難しいですよね。「正義」は善のはず。なのに行き過ぎると悪になる。その人間によって、実は「正義」の中身は微妙に違っている。
恐ろしい凶器にもなれば、守ってくれる存在にもなりますもんね。
>その危うい正義が姫川の中にもある事をガンテツは指摘していた訳で、やはりタダものではありません。
でも、ガンテツって玲子が暴走することを望んでいるような気もします。心配しながらも、玲子の思いを遂げて欲しいって思ってるような・・・
>次週はほとんどオリジナル脚本って事になります。
ヽ(´∀`)ノ いや〜楽しみですね。
ドラマの行き着く先も楽しみですが、菊田の萌え場面にも期待です。
9. Posted by まこ   2012年02月04日 01:16
5 初めまして。ストロベリーナイトのブログ、面白くって一気に全て読ませてもらいました‼
他の方のブログ読むと、武田鉄矢の演技があまり評価されてなかったりするけど、私もきこりサンと同じく、ガンテツのファンです。良いトコと駄目なトコとそして孤独と、全て兼ね備えた、本当、人間味溢れる人物でたまりません。憎まれ口叩いた後に彼なりの優しいセリフに、いつも涙しちゃってます。
姫も、最初は竹内結子?って思ったけど、今では彼女がハマり役って思ってます。欲を言えば、もう少し静と動(激)な演技だったら、もっと彼女の闘いがドラマチックにみれるのにな…なんて思います。
これからもきこりサンのブログ楽しみにしてますね〜
長々と失礼しました。
10. Posted by まりこ   2012年02月04日 01:21
先ほどコメントした、まこ改めてまりこです。先にまこサンがいたのに…これからは、これからはまりこでコメントさせていただきます(>_<)
11. Posted by きこり→まりこさん   2012年02月04日 19:04
コメントありがとうございます(●^_^●)♪
>良いトコと駄目なトコとそして孤独と、全て兼ね備えた、本当、人間味溢れる人物でたまりません
ガンテツいいですよね〜
武田鉄矢は別に好きじゃないんですが(笑)彼が演じるキャラは心に残るものが多いんですよね。
今回の役も、口は悪くて暴力的だし、昭和の匂いプンプンですが、玲子に特別なものを感じているのは伝わってきます。背中が語ってる感じがいいですよね〜
>姫も、最初は竹内結子?って思ったけど、今では彼女がハマり役って思ってます
ですよね〜
私は、ちょっと前まで竹内さん苦手だったんですが、徐々に克服して(笑)今回のこの姫川玲子は彼女でなきゃできないとすら思ってます。玲子の中にある闇の部分に惹かれます。
菊田萌えの私ですが、玲子にならしかたないか・・って思ったり思わなかったり・・・(笑
これからもどうぞよろしくお願いしますよろしくお願いします(*´∀`*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「メンタリスト」 シーズン2 第2話 「緋文字」 The Scarlet Letter「最後から2番目の恋」 第4話 女が年取るってせつないよね