「メンタリスト」 シーズン2 第1話 贖罪 Redemption「最後から2番目の恋」 第3話 大人の青春を笑うな!

2012年01月25日

「ストロベリーナイト」 第三話 右では殴らない その2

 「右では殴らない」・・・そういうことかぁ〜(* ̄m ̄) 
しかし、骨折れなかったのかねぇ・・・

 さて・・・下坂勇一郎(北見敏之)はシロと決定。
「ガチャゲー」の「シド」は下坂のカード情報を盗み不正登録した別人ということになったぞ。
にゃんと、今回の任意同行と事情聴取について、下坂がチクったらしく、総理直々に警視総監へお叱りの電話が入ったそうな・・・

「ずいぶんと派手に追い込みかけちゃったな、お嬢ちゃん。気持ち良かったろ。
何がテロだよ・・焦っちゃったか?手柄立てたくて」橋爪(渡辺いっけい)
「・・・・申し訳ありませんでした。すべて私の」姫川
「裏取りぐらいちゃんとやれよ!バカヤロー!!」橋爪

 (゚Д゚ノ)ノ ヒャーーーーーーー!!
姫川の代わりか、今泉(高嶋政伸)が芸人並に思いっきり頭ぶったたかれてた〜!
でも、よく捜査、外されなかったな〜

 で、あの自販機の溜まり場で姫川がうなだれてると島主任(小木茂光)がやって来ましたョ〜
「笑いに来たんですか・・・バカな後輩を」姫川
「吹かしに来ただけだ、先輩風を」島
「良かったですね、これで主導権は島主任のものです」姫川
「あぁ、お前がヘタ打ってくれて助かった」

 なんてことを言いながら、島主任ったら、ガンテツのいる帳場が立っている六本木署の動きが活発になっていることを教えてくれましたぞ。
ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト Blu-ray

「島主任、どうしてここへ?」姫川
「一人になりたい時に行く場所なんて、だいたい限られてる。お前なんかより、よっぽどよく知ってるよ」島
「吹かしてんなぁ・・・先輩風・・」姫川
「オイ!向こうで拾ってきたネタ、全部俺にも渡せよ」島

 コレが、ホントの先輩ですョ。
手柄より事件解決優先、それが後輩を導くことに繋がっている。
島主任・・・渋いわぁ〜〜((*゚Д゚*))

 そして、姫川班は玲子(竹内結子)が動き出すのを待っていました。
「菊田っ!」
「はいっ!」菊田(西島秀俊)
「もう一度マル害の仕事関係・友人を洗いなおして」姫川
「保さんは」姫川
「下坂勇一郎の盗まれたカード情報を追います」石倉(宇梶剛士)
「ノリと康平の組も手伝ってあげて」
「はい!」葉山(小出恵介)・湯田(丸山隆平)
「よろしく!」姫川
「はいっ!!」全員

「葉山、これからだ」石倉
「はいっ!」

 気持ちはひとつですよお〜(TmT)ウゥゥ・・
うるっとなりそうな気持ちを抑え、勇ましい表情になる玲子がかっちょいい!
 んが、そんな時4人目の犠牲者が・・・
同じく劇症肝炎を起こし亡くなっており、部屋にはゼブラが残っていた。

 一方、ガンテツ(武田鉄矢)の指示で片桐組の前で白桜会が来るのを見張っていた朝倉は抗争に巻き込まれあっさりと亡くなってしまう。

 あぁ・・・やっぱり・・・先週、家族のこと話してた時、後ろに死神立ってたもんねぇ・・・
小さいお子さん抱えた奥さんは突然の死に戸惑っておりました。
そら、列席するみんなも、いたたまれないやね・・・

 葬儀にも現れなかったガンテツは、ゼブラをバラまいた犯人である片桐組組長を逮捕しました。
敵対する白桜会のシマを荒らすために薬科大学の研究員にゼブラを作らせ、バラまいたんだと。
もちろん、片桐組構成員の証言も取ってある。
ガンテツは片桐組の事務所で押収したゼブラを証拠として提出したのさ〜

「これは簡単な暴力団の抗争事件ですよ。妄想女の言う薬物テロじゃありませんよ」ガンテツ
ガンテツの袖についた血を見て
「なんだ、こりゃ?どんだけ強引な捜査してんだよ?そんなやり方、通用すると思ってんのか?!」橋爪
「そっちがチンタラやってるからだよ!手柄横取りされたからって、八つ当たりされちゃー困るなぁ」ガンテツ
「勝俣あーー!!お前、部下の葬式より、手柄取りに行ってたのかあ?!」橋爪
「早く、新しい弾補充してくださいよ。撃ち合いもできやしねぇや・・」ガンテツ

 この憎々しさ・・・最高だよ。武田鉄矢の真骨頂だね。彼にしかできない。
みんな憤りを必死で抑え、固まっております。

 この分だと明日には帳場は閉じられてしまう。
でも、玲子の中の何かが、真実とは違うと言っている・・・・

 4人目の犠牲者も「ガチャゲー」参加者であり、参加者の中には偽造クレジットカードを作ってくれる者がいるとという情報も得た。
もしかしたら、事はもっと単純なのかもしれない・・・

 翌日、帳場は閉じることなく、六本木署の帳場を吸収する形で合同捜査本部が立てられた。
科捜研の調べにより、被害者4名が飲んだカプセルには微量ながら牛乳が含まれており、片桐組がバラまいたゼブラとは別物であることが発表されました。
つまり、片桐組は本物のゼブラを真似た模倣犯だった。

 ガンテツ、ショーーーーック!!苛立ちから、思いっきり机を叩いてたぞ。
でも、これで姫川班にも希望が出てきた。方向性は間違っていないはず。
そこに菊田が、被害者綱島の同僚で柴崎という男が怪しい動きをしているという情報を持って来ましたぞ。

 って・・・菊田と玲子が二人っきりになるのを防ごうと、さりげなさゼロで見張っている井岡(生瀬勝久)・・・( ^∇^)
柴崎のマネして2階のベランダから飛び降りて、足がじ〜〜んとなっちゃってたしな・・
いい仕事してるわぁ〜((-∀- )

 柴崎を確保した玲子たちは、綱島がシドからゼブラを入手していたという証言を得ることができました。
さらに他の被害者もシドと接触し、ゼブラをもらっていたようです。

 一方、葉山達は、シドと会話したことのある他の参加者に事情聴取し、シドが女子高生だと突き止めましたョ〜
葉山はクローンカード屋の男と接触する段取りも済ませていました。
「ノリ・・・よくやった!」玲子
「・・・・・・いえ・・」葉山
 二人の会話を静かに微笑みながら聞いている菊田が〜〜〜素敵すぎるんですけどぉ〜〜キター!!☆⌒Y⌒Y⌒(( 。Д。)

 その後、クローンカード屋を確保した後、写真でシドの顔を確認することができましたぞ。
犯人は下坂 勇一郎の娘、美樹(大政絢)でした。
任意同行かけられ、大勢の刑事達に囲まれながら本部へ連れてこられても、不敵な笑みを浮かべております。

 って、未成年者の事情聴取って保護者とか弁護士とか抜きでやってもいいの?
ま、そんなのがいたら、玲子 VS 美樹のガチンコ対決が見られなくなるから、いっか・・・(´・∀・`)

 いい子ちゃんの仮面の影で美樹は、父親のカードを盗み、クローンカードを作らせ、ガチャゲーに「シド」の名前で登録し、知り合った男たちと援助交際し、薬をバラまいていた。
しかも「ゼブラ」じゃなくて「牛柄」だったし・・・

 罪の意識ゼロ・・・援助交際も大人が自分にひれ伏すのがおもしろくてやっていると嘯く始末・・・
自分がおもしろ半分に薬をバラまいた結果、4人の犠牲者が出、一人の刑事が殉職したことになんて、何の痛みも感じない。
自分のしたことの重さをわからせるまでは、帰さない!
玲子の迫力にマジックミラー越しに見ているみなさんも固唾を飲んで見守っております。

「ナメてんじゃないわよ!4人も殺しておいて、「誰でも良かった」とはどういうことよ!」
玲子は被害者の死体の写真を見せて、死亡原因と状況を説明しましたぞ。
「コレ、全部アンタがやったのよ!アンタが殺したのよ?
さぁ、アンタが誰でも良かった、どうなっても知らないって始めたこの結果!どう落とし前つけてくれんのよ?!」玲子
「ごめんなさい・・」美樹
「ごめんなさい?!それですむと思ってんのかあああーーーーー!!(壁に美樹をガン!と押し付ける)
自分の行動に責任も取れないガキが!生意気な事言ってんじゃないわよ!!」
鉄拳を美樹の頭上すれすれの壁に叩きつける玲子・・・・

 痛そぅ〜〜Σ(゚д゚;) 菊田も固まってる〜〜
自分のしたことがどんなに大変なことだったのか、玲子の怒りから少しは伝わったかね・・・
しくしく泣いている美樹が自分の罪の深さに気づくのは、まだまだ先のことなんだろうなぁ・・・
壁には跡が残ってたわ〜

 事件はやっと終わった。
玲子が戻ってくるのを待っている姫川班の元にお弁当を持った島主任がやってきました。
「だから、もう、2個も食わないですって」菊田
「バーカ!1個はオタクのお姫様の分だ。渡しといてくれ」島
「はい」菊田
「お疲れ!」

 いや〜島主任も、もはや姫川ファミリーデスヨ。
目立つ存在ではないのかもしれないけど、後輩が憧れる成熟した大人の男性であり、何事にも動じない先輩刑事って感じですね〜
あっさり去っていく姿にシビレましたョ〜また姿を見せて欲しいわ〜

 そして・・・ガンテツ VS 玲子はまだ終わっていなかった・・・
「宇田川浩一(ゼブラ製造者)は、うちの班が挙げた。
下坂美樹を独り占めしたくて、せっせとゼブラをプレゼントしたそうだ」ガンテツ
「あ〜ぁ、そうですか」玲子
「向いてねぇなあ!えぇ?捜査一課の主任が、あんな小娘にマジギレしてよお・・」ガ
「仰るとおりですねぇ!ご苦労様です!」玲子
「姫川っ!!馬鹿野郎だな・・お前・・・」ガ

 やっぱり、ガンテツは玲子の一番の理解者なのかも・・・
クレイジーなほど悪を憎み、犯人を捕まえるため命を燃やす・・・似たもの同士なんじゃないでしょうか。
そんなガンテツは名前も告げず、殉職した朝倉の家の郵便受けにぎっしりとお金が入っていると思われる香典とミニカーを入れていくのでした。

 不器用なおっさん・・・
でも、ガンテツにはガンテツなりのルールがあるんでしょう。
憎まれて結構。
刑事として生ききることがすべてだと思っている。
ヨレヨレになった哀愁ある背中にじーんときたぜ・・・(ノω・、)

 それぞれの刑事としての生き方が沁みる回でした。
登場人物が多いけど、それがちゃんときっちり伝わってくるんだよねぇ・・
わたしゃ、今のとこ、今期ではこのドラマが一番楽しみだなぁ・・・

 第一話 シンメトリー
 第二話 右では殴らない その1
 第四話 過ぎた正義 その1
 第五話 過ぎた正義 その2 選ばれた殺意
 第六話 感染遊戯
 第七話 悪しき実 その1
 第八話 悪しき実 その2
 第九話 ソウルケイジ その1
 第十話 ソウルケイジ その2
 第十一話 (最終話) ソウルケイジ その3 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか

usagi
来週もガンテツ出るのね〜
わぁい♪ヽ(▽ ̄ )ノ/(_△_)ヽ(  ̄▽)ノわぁい♪
あれ?私ったら、鉄矢のファン?いやいやいや、ノン!ノン!ノン!
でも、ガンテツのファンではあるかも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ストロベリーナイト  [ AKIRAのドラマノート ]   2012年01月25日 15:50
「右では殴らない」
2. 「ストロベリーナイト」第3話  [ またり、すばるくん。 ]   2012年01月25日 15:51
掘岷Δ任浪イ蕕覆ぁ複押法廖〇訥偉┌隠供ィ粥鵝
3. ストロベリーナイト 第3話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2012年01月25日 15:55
第3話 「右では殴らない?」 先週から引き続き、劇症肝炎を引き起こした薬物殺害事件について。
4. ストロベリーナイト 第3話 感想「右では殴らない(2)」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2012年01月25日 15:55
ストロベリーナイトですが、姫川玲子(竹内結子)の勇み足により見当違いの医者を任意同行してしまいます。この医者は政府関係者なので、何と総理大臣から警視総監に直接クレームが入ってしまいます。管理官(渡辺いっけい)として怒らざるをえませんが、この人は普段から怒
5. ストロベリーナイト 3話 感想 大政絢  [ ドラマとアニメの感想日記 ]   2012年01月25日 16:21
「ストロベリーナイト」第3話「右では殴らない」を観たので、感想をいきまっすv ネタバレ要注意☆ 下坂はシロ。 沈痛な雰囲気の面々の前で、殴られる今泉、これは玲子にとって自分がなにかされるより痛いかも。 ちょっと八つ当たり気味の玲子に、ガンテツの情報を話す島
6. ストロベリーナイト「右では殴らない2」  [ のほほん便り ]   2012年01月25日 16:47
なるほど「右では殴らない」とは、そういう意味だったのですね。 …取調べ中、あまりの女子高生・美樹(大政絢)の無責任&生意気さに、思わずファイアー!となり、姫川玲子(竹内結子)壁に向かってガツン。イテテテ… のあまり、調書がかけず、思わず呟いた、反省の台
7. 「ストロベリーナイト」第3話  [ 日々“是”精進! ]   2012年01月25日 16:55
  III「右では殴らない」姫川の調べで、覚醒剤使用の痕跡があり、劇症肝炎で死亡した被害者全員と接触していた人物が4人いた。うち3人は女子高生で、被害者たちと売春行為をして...
8. 【ストロベリーナイト】第3話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2012年01月25日 18:13
「右では殴らない」後編 劇症肝炎、違法薬物、ゼブラ、牛乳、牛?、オンラインゲームサイト、コピーカード・・・ 「ストロベリーナイト」第3話           「シド」を政府のお抱え...
9. ストロベリーナイト #03  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年01月25日 19:16
『右では殴らない?』
10. 「ストロベリーナイト」第3話 なるほど右手で殴ってはいけない  [ 今日も何かあたらしいドラマ ]   2012年01月25日 20:03
「ストロベリーナイト」第3話、前後編は長かったけど全体を通して面白かった。 事件そのものは、大政絢さんが配役されたら犯人はすぐわかってしまうという欠陥を、 ちょっとした描写や設定の絶妙さでカ...
11. 『ストロベリーナイト』 第2話、第3話「右では殴らない」  [ 英の放電日記 ]   2012年01月25日 20:46
 前後編モノだったので、記事をまとめます。  玲子(竹内結子)自身が「テロだの暴力団同士の抗争だ複雑に考え過ぎで、真相はもっと稚拙な犯行だった」と語ったように、いろいろ紛れを絡め、ストーリーを広げ複雑にしたが、2週間の前後編ものの欠点が出てしまった。  ...
12. ストロベリーナイト 第3話〜右で殴ると不便だった姫川(竹内結子)  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2012年01月26日 08:59
『ストロベリーナイト』第3話 右では殴らない(2) 前回、20歳の女子高生・大政絢から、ファブリーズをまるまる1本使っても消えそうにない匂いがプンプンと漂っていたり、真面目な地味刑事・朝倉(戸田昌宏)にフラグが立っていたり・・・・。 その通りに物語が進ん
13. ストロベリーナイト 第3話:右では殴らない(2)  [ あるがまま・・・ ]   2012年01月26日 11:40
左にしとけば・・・o(`ε´)=====〇 バキッ!! ってどっちにしろ殴るんかいっ 右では殴らないというタイトルは、姫川の後悔の言葉だったんですねぇ だけど、周りが引くほどの勢いで姫川がシド@大政絢ちゃんに説教くらわしてくれてスッキリ つか、途中まではシドもああ言えば.
14. 《ストロベリーナイト》★03  [ まぁ、お茶でも ]   2012年01月26日 13:21
下坂勇一郎は”シド”ではなかった。 パソコン、携帯とも、ガチャゲーにアクセスした記録は無かった。 盗まれたカード番号が使われていたようだとのことだった。 話がずいぶん変わってきた。 橋爪管理官には、またパワハラ以上の怒られ方をした玲子。 皆声もかけられなかっ
15. ストロベリーナイト・第3話  [ 山吹色きなこ庵・きままにコラム ]   2012年01月26日 14:02
「右では殴らない 後編」 . いい!いいです!!お気に入りになりました!! 前半
16. 《ストロベリーナイト》★03  [ まぁ、お茶でも ]   2012年01月26日 20:03
下坂勇一郎は”シド”ではなかった。 パソコン、携帯とも、ガチャゲーにアクセスした記録は無かった。 盗まれたカード番号が使われていたようだとのことだった。 話がずいぶん変わってきた。 橋爪管理官には、またパワハラ以上の怒られ方をした玲子。 皆声もかけられなかっ
17. ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」  [ 昼寝の時間 ]   2012年01月26日 20:18
公式サイト 原作未読です。 バタバタしておりまして、感想のみ簡単に書きます。 「
18. 「ストロベリーナイト」 第3話  [ ドラマ de りんりん ]   2012年01月26日 20:49
姫川たちが任意同行で引っ張ってきた下坂医師はホンボシではなく、ガンテツが部下を死なせてまで捕まえたヤクザの男もただの模倣犯だった…ということで、事件は振り出しに戻ってしまいました。(^_^;) 「何が...
19. ストロベリーナイト三話&ハングリー!三話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2012年01月26日 21:33
■ストロベリーナイト三話 「馬鹿野郎だな。おまえ。」ガンテツ・武田鉄也の事件解決後の姫こと姫川・竹内結子に投げかけた捨て台詞が印象的だった。 一見繋がりがない3人の男の死だったが、薬物での死因と、ガチャゲー(モバゲーのパクリかよ・笑)というゲームサイトに
20. ストロベリーナイト (第3話 1/24) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2012年01月27日 08:14
1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の第2話『右では殴らない 2』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 2週に亘ったお話ってこんなだっけ? 先週は、姫川(...

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2012年01月25日 19:31
うん・・・今回はガンテツにやられたね。
朝倉さんを悼む気持ちはあるけど、態度には絶対出さず、
ガンテツなりの追悼を行ったって感じが良かった。
ツンデレなおっさんだぜーー!

>しかし、骨折れなかったのかねぇ・・・

あれ、竹内さん、本当に痛かったと思うよ^^;
本気演技に萌えたわ〜。
このドラマの竹内さん、ほんと好き。
2. Posted by ま・ここっと   2012年01月25日 20:12
自動販売機前の小木さんの座り方が一世風靡・・・
3. Posted by ヨーコ   2012年01月26日 12:16
実は私も見てるのよ〜ん♪
前回の後半で既に犯人わかっちゃったんですけど・・状態だった人は私だけじゃないと思うんだけど、それでもよくここまでシラけさせずに持って行けるなぁ〜って脚本の力に感心したのよね。刑事は沢山いるけれど、捜査方法は一人一人違って個性的なのが面白いよね。私もガンテツは嫌いじゃないなぁ〜。あぁいう人も必要よね。来週も楽しみ!
4. Posted by まこ   2012年01月26日 14:07
アクの強い個性派刑事が多数登場だけど、
中でもやっぱガンテツの存在感はダントツだわー!
だけど、あんなオッサン連中に負けない竹内さんの
主役としての頑張りもすごいわぁ♪

そりゃ島さんも先輩風吹かしたり、わざわざ
弁当届けにも来ちゃうヨ!
てか島さんを前にすると、すっかり幼く見えてしまう
西島くんに萌え〜♪

5. Posted by きこり→くうさん   2012年01月26日 19:35
>ガンテツなりの追悼を行ったって感じが良かった。
ツンデレなおっさんだぜーー!
おっさんのツンデレも、また、かわいいものよのう・・(笑
意外とすぐに、実は良い人ってわかっちゃって残念。
もっと終わりぐらいにわかってもよかったのに。
>あれ、竹内さん、本当に痛かったと思うよ^^;
どういうふうに撮ったのかわからんけど、思いっきりやってたのよね〜?(.;゚;:益:;゚;.)
私も、あんなに竹内さんの事嫌いだったのに(あら〜)この玲子はかっちょいいし、玲子のキャラがしっくりきてるんだよね。
竹内さんも、ノッてるのが伝わってくるよね。
すごく好きなキャラだわ〜
6. Posted by きこり→ま・ここっとさん   2012年01月26日 19:38
>自動販売機前の小木さんの座り方が一世風靡・・・
そんなところに残っていた?(笑
今じゃ、小木さんが一世風靡だったなんて知ってる人も少ないですよね〜
粋で落ち着いた大人男って感じでした〜((*゚Д゚*))
7. Posted by きこり→ヨーコさん   2012年01月26日 19:55
見てたのね〜!おもしろいよね〜
わたしゃ、オープニングの曲から気に入ってるよ〜
またサントラ買っちゃいそうだよ(笑
>前回の後半で既に犯人わかっちゃったんですけど・・状態だった
そそ!ほとんどの人はわかってたと思うけど、美樹逮捕から、その後の取り調べまで、全く飽きること無く見せてくれたよね。
脚色がうまいのかな〜
>捜査方法は一人一人違って個性的なのが面白いよね。それが説明的じゃなく伝わってくるよね。
姫川班も玲子のもと、統率がとれてるけど、ひとりひとりの刑事のカラーの違いはちゃんと出てるもの。
ガンテツはね〜好き嫌いあるキャラだと思うけど、
わたしゃ、あのヨレヨレかげんに萌えるわ〜(笑
玲子とガンガンやりあって欲しいわ〜
8. Posted by きこり→まこさん   2012年01月26日 21:40
>中でもやっぱガンテツの存在感はダントツだわー!
ほんとにね〜
新キャラ、島主任登場!に一瞬ざわめいたけど、ガンテツが出てきた途端に、さーーーっと遠くへ行っちゃった感じ(笑
濃いわ、汚いわで、すんごい存在感。
>あんなオッサン連中に負けない竹内さんの
主役としての頑張りもすごいわぁ♪
男性ばかりの紅一点だとつっぱりキャラみたいになってがんばってるのが痛々しかったりするけど、玲子はいいですよね〜
おっさん達が、認めざるを得ない凛とした強さがありますもん。
>てか島さんを前にすると、すっかり幼く見えてしまう
西島くんに萌え〜♪
(p〃д〃q)そそ〜!今回は印象的な柔らかい表情が多かった!
西島さんらしい、おいしい役だよね〜♬
9. Posted by 凛太郎   2012年01月27日 10:44
>ガンテツは玲子の一番の理解者なのかも・・・
そうなのかも知れないですね。
今回は、まだ出てきてませんが、姫川が目の上のたんこぶだと思ってるのは遠藤さん演じる班長で、彼も姫川のことを厳しいながらも見守っている感じです。
姫川班部下からはの尊敬と信頼と優しさで、同僚の班長からも足をすくわれたりもしながら一目置かれています。
ギスギスしてばかりに見えていた、強行班の面々の人間的なつながりや優しさが見えて来た気がします。
10. Posted by きこり→凛太郎さん   2012年01月27日 23:35
>姫川が目の上のたんこぶだと思ってるのは遠藤さん演じる班長で、彼も姫川のことを厳しいながらも見守っている感じです。
そうですよね。
ガンテツもかなり辛辣ですが、それは玲子を見込んでるからのようにも思います。
それししても、今回は姫川班の絆の深さにじーんときましたね〜
上司としてではなく、命をかけて捜査に向かっている玲子を人間的に慕って、支えたいと思っているのが伝わってきましたもん。
なかなか馴染めない雰囲気の小出くんも、いつのまにか姫川班の一員になったって感じでした。
来週はエンケンさんでないのかな〜?エンケンVS竹内さんも見たいんだけど・・
11. Posted by かえ   2012年01月28日 21:36
郵便受けに香典を入れて去って行く
ガンテツの後ろ姿にじーん。
表には出さないけれど部下の死を悼む気持ちはあったんですねー。

壁に鉄拳、あれはかなり痛そう(><)
相手が誰であろうと本気で怒る
玲子がカッコいいですね!

12. Posted by きこり→かえさん   2012年01月29日 22:04
>郵便受けに香典を入れて去って行く
ガンテツの後ろ姿にじーん。
ね〜!ガンテツにはもうしばらく「悪人」でいて欲しかったけど(笑)こういうのも好きよ〜
アレきっと自腹ですよね〜
なけなしの金を包んだんだろうな〜とか、勝手に想像しちゃった〜
>相手が誰であろうと本気で怒る
玲子がカッコいいですね!
熱血する女性って、見てたら引きがちだけど(笑)玲子に関しては、応援モードになっちゃいますね。
やっぱり竹内さんってうまいのね〜
姫川班のみんなが自然と支えたくなる感じですよね〜
13. Posted by IDEA   2012年01月31日 03:10
コメント遅くなっちゃいました。よかったのはやはり島主任。自動販売機のところのシーンですが、あれは菊田に聞いたのでは?と思っちゃいました。そして六本木署の情報を教えた後「甘・・・間違えた」あれは自分も手柄が欲しいはずなのに、菊田が惚れてる玲子を思わず助けちゃった自分に対しての台詞だったのかな?そしてガンテツ。やはりの存在感、人間味、悪役に徹している潔さ、よかったです。姫川の理解者であり、一番姫川を心配してるのはガンテツかもしれませんね。その辺の一端が今夜の第4話で出てきそうな感じです。今回は姫川を守るため菊田が活躍しそうです。そういえば菊田の取調室での表情が面白かった。姫川が「売春婦だっていいふらす」と下坂娘をやっつけていた時、後ろで「女って怖い・・・」みたいな表情をします。もしかして「素」だったのか?
14. Posted by きこり→IDEAさん   2012年01月31日 17:06
>あれは菊田に聞いたのでは?と思っちゃいました
なるほど〜(´m`)
菊田になら、気楽に聞けますもんね。
そして、菊田も島主任ならあの玲子に気合を入れてくれるってわかってるのかも。
>あれは自分も手柄が欲しいはずなのに、菊田が惚れてる玲子を思わず助けちゃった自分に対しての台詞だったのかな?
そこまではどうかわかんないけど(笑)気の利いたセリフでしたよね。
菊田の大切な姫川主任をフォローする余裕がいい感じでした。部下のことは(って、今は部下じゃないけど)家族のように思ってるんでしょうね。
>そういえば菊田の取調室での表情が面白かった
今回、セリフのない場面での菊田の表情に注目してしまいました。
ストイックな中にいろんな思いが感じられるんですよね。
玲子のことを「こわ・・」と思いながらもわくわくしてるんだろうな〜と感じながら見ていました。
今晩も楽しみですねぇ・・((*´∀`*))

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「メンタリスト」 シーズン2 第1話 贖罪 Redemption「最後から2番目の恋」 第3話 大人の青春を笑うな!