「11人もいる!」 第2話 亡き母のバースデー 猫たちの沈黙

2011年10月30日

「専業主婦探偵〜私はシャドウ」 第2話 出張という名の不倫

 右折できたじゃん!!(゚◇^d)
文くんも笑顔で褒めてくれたよ!
なんだろう・・・おばちゃん、感動しちゃった。
深キョンは決して上手い女優さんとは思わないけど(スマン!)、何かこちらを本気にさせてしまう特別なものがあると思う。
それは役が変わっても、確実なんだよね。

 さて、文くん(藤木直人)の心を取り戻すために、押しかけ探偵見習いになった芹菜(深田恭子)は、陣内(桐谷健太)のうんざり顔もなんのその、ハッスルしておりますよ〜
 で、9回目の司法書士試験を控え、プレッシャーで消えてしまった息子・義彦(チャンカワイ)を捜して欲しいという母親(山口いづみ)の心も親身トークでキャッチ。
陣内に存在意義をアピールしております。

 その頃、文君は美しすぎるぶちょお(石田ゆり子)から大阪出張同行を命じられております。
って、ホントは予定が変わったのに文君に伝えない部長・・・下心いっぱいですョ〜
 
 そして、文君の唇を奪った新山部長と泊まりがけで出張と聞き、胸騒ぎが止まらない芹菜(深田恭子)。
でも、お仕事、お仕事。
義彦君が通っていた予備校で、気のない聞込みをやってるわ〜
その結果、広島物産展が行われているしおさいパークでバイトしているという情報を掴みました。

 そこで義彦君の代わりににゃんと文君と新山部長を発見!
仲良くブンカッキーと写真撮ってるじゃん!
 当日になって出張がなくなり、東京のホテルでの打ち合わせに変更になったことを伝えた部長は、「空いた時間ができたわん」と、甘えた感じで物産展に誘った模様。

 「ブンカッキー」・・ゆるキャラと言うよりは、変キャラ?
でも、下半身全体で広島の「ひ」を表現しているとは、広島愛そのものじゃないですか〜
もっさりした体型と動きが、ほっとけない感に繋がるぞ。
私はシャドウ 1 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 か 50-1)私はシャドウ 2 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 か 50-2)

 で、文君たちを追っかけてるうちに転んだ芹菜は、でっかい広島物産展の看板の下敷きになるとこだったんだけど、ブンカッキーが助けてくれたおかげで怪我をせずにすみました。
ブンカッキー意外とすばやいな・・・(ー)

 実は、ブンカッキーの中の人は義彦君だったのさ〜
で、仕事を終えた義彦を車で追うんだけど、右折ができずに見失ってしまうという・・・
またクビか?

 その頃、ホテルの部屋で打ち合わせ相手を待っている体を装っていた部長は、やっと「日にち間違えちゃった」と文君に告白。 
すぐに飲みモードになって、文君との時間を楽しもうとするのでした。

 いや〜文君なんかよりよっぽどウワテだよ。
それとも、文君、そんなふうに見せてるだけ?実は何もかもわかってる男なの?

 友達のもと子(芦名星)の協力で文君のPCをチェックし(意外なことにパスワードはserina)、メールの内容から文君にとっては部長はただの上司だと確認した芹菜は安心したんだけど、もと子の入れ知恵で、今度は文君が「パワハラ」を受けて困っていると思い込んだようです。

 なんか、このもと子って女も怪しいよね〜
芹菜パパと敵対するチームの回し者じゃないの〜?

 さて、芹菜は文君救出のため、陣内に助けを求めましたぞ。
「私と一緒にホテルに行って下さい!!」
「?!!」陣内
「文君はパワハラに合ってるんです!私、陣内さんしか頼れる人がいないんです!お願いします!助けてくれませんか?」

 実は頼られると断れない男なのか?ジョージ(古田新太)の後押しもあって、なんとか協力を了承。
ホテルの名前もわからないという芹菜のために、取引先のおっちゃんのフリをして、ホテル名と部屋番号を聞き出すしてくれました。
「じゃ、メイクして!」芹菜
「何様だ?!お前!!」陣内

 いや〜この二人のやりとりが楽しい楽しい。
お母さんみたいにそばで見守ってる古田さんの存在も効いてる〜

 客室係のお姉さんに扮装した芹菜はお客様のイヤリングを探すという口実で二人の部屋に入り込みました。
業務連絡っぽい二人の会話にほっとするのですが、文君の「家では酔えない」という言葉にグサッ・・
さらに、その後、同僚に呼び出された文君が消えた後、部長の「よし、ちょっと追いかけてみよう」「私は紙切れより心で繋がっていたいわ」という自由発言に衝撃を受けるのでした。

 いやいやいや・・・・こんな間近で見ても妻だと気づかない文君・・・どうかしてるぜ!
後ろ姿の体型とかで、ピンときそうなもんだけど。
その後も、廊下で会話したのに。声は変えてませんよ〜!!暗がりでもなかったよ〜!!
ホントに今の芹菜をまったく見ていないのね。

 文君がこぼしたワインの痕を一生懸命拭きとることしかできない芹菜が不憫だわ・・・・・
陣内は芹菜への調査を依頼したのが部長であることと、彼女が「サエない奥さん」とバカにしていたことをバラし
「いいのか?今度こそ本当に旦那を盗られるぞ!」と、檄を飛ばすのでした。

 途中で本物の客室係のお姉さんが現れて、ヒヤッとしたけど「普段着ですけど?!」と強気に振舞って、クリアー。
よしよし・・・こういう深キョンのピンチ顔が見られるのも嬉しかったりして・・・

 で、車で部長を追いかけましたぞ。
同乗した陣内の指導と追い詰められた感のおかげで運転テクニックも急激に向上。
でも、右折できずにまたしても挫折。

「どうしてもできないんです・・・・怖くて・・・」芹菜
「本当は旦那の秘密知るのが怖いんだろ?探偵になって、ちゃんとこの目で現実見たいって言ってたよな?
逃げてる奴に見える訳ないだろ!!弱虫!!」陣内

 その後、文君はまた芹菜の父・泰介(小日向文世)と卓球をしながら密談。
ちゃんと「新山常務の奥さんにくどかれた」って報告していたから、その気はないのね・・と思ったら・・
「ミイラ取りがミイラになっちゃダメだからね」という泰介の言葉を受けて、思いっきりレシーブを決めておりました。
 常務(遠藤憲一)と消えていく部長を切なげに見ておりましたし・・・多少は心が動いてんのかしら・・・
まぁ、芹菜とは全く違うタイプだもんね〜
泰介は「21階」の動きを探らせながら、地位奪還を狙ってるのかしら・・・?
心が揺れている文君は、最後まで忠実でいられるのかね〜

 その頃、芹菜は家に帰ることもできず、しおさいパークでうろうろ・・・
『文君の笑った顔、久しぶりに見た・・・・
結婚した時は、よくあんなふうに私に笑いかけてくれたのに・・・』

 鬱々としていると、失くしたお守りを探していたブンカッキーこと義彦と再会。
文君が家に戻っていないのを確認するのが怖くて家に帰れないという芹菜と、また落ちるのが怖くて試験を放棄しようとしていた義彦は、なんか意気投合。
資格を取って、母親を安心させてあげたかったけど、努力してもダメなものはダメだったと話す彼に芹菜も同意・・・・・

 「別に誰かに文君を取られたって、命まで取られる訳じゃないし・・・
やっぱりヤダ!それだけは!!」

 見つけたお守りは、義彦の母がわざわざ大宰府天満宮で求めてくれた学業成就のものでした。
それを手渡した芹菜は、「どうせ結果はわかってるんですけね・・」と負けモードの義彦に闘魂注入。
「弱虫!今逃げたら、大切なものも逃げていっちゃう。それでもいいの?
今日は取り敢えずおうちに帰りましょ?怖いけど・・・・」
「それ、誰に言ってんですか?」義彦

 何かこの場面がただの場繋ぎではなく、似たような状況の二人の心が寄り添って、そのお陰で、お互いが決断できたってのがいいですね〜
そして、芹菜がそう思えるようになったのは、陣内の存在がある。
ちゃんとそれぞれのキャラクターが生きている気がします。

 恐る恐る家に帰ってみると・・・部長に振られた文君は家でビールを飲んでいました。
ほっ・・・でも、これでは終わりませんよ〜

 翌日、車で文君を駅に送っていく途中、部長から電話が入り、文君が部長に買ってもらったお揃いのブンカッキーストラップをつけていることを知った芹菜は青ざめました(って、どんだけブンカッキー押すんだい?)。
さらに、ミーティングの時間が早まったけど、芹菜の運転では間に合わないと答えた文君に「タクシーひろっちゃえば?」と呆れたような声が聞こえてきて・・・・

 嫉妬と意地が芹菜に勇気を与えました。
ウインカーを右に出して、走りだすと、何とか右折に成功!
「できたーーー!!やったーーーー!!」
「(間に合ったよ)ありがとう」文君

 調子にのった芹菜は、文君の会社に潜り込み『パワハラ、ダメ、ゼッタイ』のポスターを貼り始めたさ!
コレ、文君に見つかったら離婚確実だと思うけど〜堯; ̄□ ̄A

 第1話 美しすぎる夫の秘密
 第3話 妻は見た・・・密室の夫の行為
 第4話 裏切り者の夜
 第5話 夫の携帯は地獄の入り口
 第6話 夫と探偵、二人の男が目の前で
 第7話 私が本当に愛しているのは誰?
 第8話 不意打ちキス!私が主婦でなくなる日

こたつ
やっぱりおもしろい!こちらも視聴決定。
記事を書くのは遅れるけど、金曜日は2本で、がんばるぞ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2話:出張という名の不倫  [ あるがまま・・・ ]   2011年10月30日 11:03
芹菜やったね!( ̄ε ̄〃)bグッ!! 右折も出来たし、何気に今回も芹菜のおかげで「行方不明の息子・村上義彦@チャンカワイを 探して欲しい」という依頼も解決したし! 前回だって芹菜がいなければわんこの行方を突き止められたかどうか怪しい・・・ お金はいらないって言って..
2. 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2話 感想「出張という名の不倫」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2011年10月30日 11:18
専業主婦探偵〜私はシャドウですが、武文(藤木直人)が新山千早(石田ゆり子)とキスしているのを見た浅葱芹菜(深田恭子)は探偵として陣内春樹(桐谷健太)の事務所に転がりこむことにします。 愛するフミ君が美人ぶちょおからパワハラを受けているということで、芹奈は
3. 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2011年10月30日 12:11
『出張という名の不倫』 内容 夫・武文(藤木直人)を取り返すため、芹菜(深田恭子)は決心する。 「わたし、探偵になります!」 意味がサッパリわからない陣内(桐谷健太)だが、芹菜に押し切られてしまう。 同じ頃、武文は昨夜のことに動揺していた。 いきなり上司...
4. 専業主婦探偵〜私はシャドウ #02  [ ぐ〜たらにっき ]   2011年10月30日 12:19
『出張という名の不倫』
5. 専業主婦探偵〜私はシャドウ  [ to Heart ]   2011年10月30日 13:53
       ドジで不器用な専業主婦がひょんなことから探偵になって、 愛する夫のために奮闘し、強い女へと生まれ変わっていく物語。 毎週金曜 22:00〜22:54 (初回のみ 22:00〜23:09)TBS 原作 粕谷紀子『私はシャドウ』(集英社文庫) 脚本 中園ミホ 演出 金子文...
6. 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」 第2話  [ ドラマ de りんりん ]   2011年10月30日 14:48
文くんが部長と不倫?? ・・・というところから、探偵業どころじゃない芹菜。 初回ではウザキャラにしか見えなかった彼女が、段々愛おしく思えてきました。 何より本当に心の底から文くんが大好きで、その...
7. 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」第2話  [ またり、すばるくん。 ]   2011年10月30日 15:45
第2話「出張という名の不倫」   
8. 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2011年10月30日 16:48
芹菜(深田恭子)は、夫・武文(藤木直人)の気持ちを取り戻すため、陣内(桐谷健太) のいる探偵事務所で働き始める。 ある日、陣内の元に安恵(山口いずみ)が訪れ、行方不明の息子・義彦(チャンカワイ) を捜してほしいと依頼される。 一方、武文は、上司の千早(石
9. 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2話  [ ドラマハンティングP2G ]   2011年10月30日 18:05
「出張という名の不倫」2011.10.28 O.A 夫を取り戻すため探偵になることを決心し、強引に陣内(桐谷健太)のいる探偵事務所で働き始めた芹菜(深田恭子)。 そんなある日、陣内の元へ一人の母親が「行方不明の息子・村上義彦(チャンカワイ)を探して欲しい」という依頼で…
10. 蜜の味三話&専業主婦探偵私はシャドウ二話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2011年10月31日 05:21
■蜜の味三話 菅野美穂とARATAは結婚した。菅野にブーケまで手渡されてしまった(泣)榮倉奈々は、もうARATAのことは忘れて、自分の人生を歩いていこうと決心する。だが!そのARATAが新婚早々幸せそうじゃないのだった(苦笑) 菅野とARATAはふたりとも医師。しかも菅野は
11. 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」第2話  [ fool's aspirin ]   2011年10月31日 16:16
フミくんが危ないっ!女ぶちょおの魔の手からフミくんを守るため芹菜は探偵になるのだが、芹菜は自分を変えることはできるのか…?※土曜の朝に書きかけて、そのままになってました〜。忘れた頃の更新ですまんっす!
12. 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2回  [ 昼寝の時間 ]   2011年11月01日 16:51
原作:「私はシャドウ」粕谷 紀子(集英社文庫) 公式サイト 原作は連載当時に読ん

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2011年10月30日 12:06
やったぁ〜芹菜が右折成功!!!
と、たかが右折のシーンを見てこんなに感動した事が
かつてあっただろうか・・・(笑)
はぅ〜、つくづく深キョンてば唯一無二な存在の女優さんだわー。
今回もウザいのオンパレードではあったけど、
テレビのこっちは応援する気満々!
んで、ドンくさいかと思えば、したたかさも兼ね備えてて
感心すら・・・

チャンカワイもしょぼいゲストかと思いきや、
いい味出してましたわー。

だけど・・・広島県民なのにブンカッキーの存在を
知らんかった
あのストラップは普通に売ってるのかな?
フジッキーさまとおそろいならほしいかも〜
2. Posted by かえ   2011年10月30日 13:26
部長はスパイされてる事に気づいてるんでしょうか。
文君を自分の側に引き込もうとしてるようにも見えるし
手強い相手ですね。
陣内と芹菜のやり取りも楽しくて好きです♪
勇気を出して右折成功のシーンは良かったね〜って
拍手したくなりましたよ(笑)
私はペーパードライバーなのできっと運転したら
芹菜よりヒドい事になりそうだけど(汗)
さすがは深キョンですね。
3. Posted by コウ   2011年10月30日 21:45
5  きこりさん はじめまして、コウと申します。

 きょうこりんのドラマは、ほとんど見ている私(・・。)ゞ テヘ
な〜んか セカンドバージンの万里江のような((´∀`))
 私も、右折は苦手です(´ヘ`;)
山口いづみさんに 久々に会えた(゚―^d)グッ!
 義彦は どっかで見たことがある人だと思ったら、アジアン馬○園と付き合っているチャン・カワイだったんですね((^┰^))ゞ テヘヘ
ブンカッキーを見た瞬間、中は義彦だと思ってましたぁ( ^∀^ )
 確かに、部長(石田ゆり子さん♡(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ))は美し過ぎ(゚∇^*)dグッ!
きこりさんも、美し過ぎ(#ノ▽ノ#)
 文君も まんざらではなさそう(^Д^)
 きこりさんがおっしゃる通り、もと子(芦名星さん)も怪しいよねぇ(*^-^*)

 これからも よろしくお願いします(人’v`*) オ ネ ガ イ
ではまた☆
4. Posted by きこり→まこさん   2011年10月30日 22:42
>と、たかが右折のシーンを見てこんなに感動した事が
かつてあっただろうか・・・(笑)
ホント、ホント!これが他の女優さんだったら、右折だろうが左折だろうが、くだらんことで悩むなっ!!ってどつきたくなるとこだけど、さすが深キョン、私のような凶暴なおばちゃんすら味方につけるとは・・・恐ろしい子・・・
>ドンくさいかと思えば、したたかさも兼ね備えてて
感心すら・・・
ホテルスタッフさんと鉢合わせした時は、もうダメッだ〜と思ったけど、意外とできる子だった(笑
ひやひやしながら見守っている桐谷君にも萌えましたわ〜
>だけど・・・広島県民なのにブンカッキーの存在を
知らんかった
なんですって?!��(゚∀゚ノ)ノ
わたしゃ、広島県民なら、誰でも知ってるみんなの人気者なんだと思ってたのに、そうでもなかったとは・・
でも、これでかなり認知度深まったと思われ・・・
てか、北海道民の私ですらかなりの親しみを感じてしまったわ〜また出て欲しいぞ。
5. Posted by きこり→かえさん   2011年10月30日 22:50
>部長はスパイされてる事に気づいてるんでしょうか。
どうなんでしょうか〜
なんかお互い腹の探り合いって感じですよね〜
そこがまたおもしろいんだけど。
文君は芹菜のパパの部下だったってことは知ってるだろうから、やっぱり情報を掴もうとして近づいてきているのか、それともただ単に好みなのか・・・まだわからんですなぁ・・
>勇気を出して右折成功のシーンは良かったね〜って
拍手したくなりましたよ(笑)
先週の替え玉もですけど、他の人にしてみたらたいしたことないこと(オイオイ!)をすごく感動的に描くところがスゴイ(笑
毎回、こうやってじーんとさせてくれるのかなぁ・・
>私はペーパードライバーなのできっと運転したら
芹菜よりヒドい事になりそうだけど(汗)
いやいやいや・・意外と大丈夫ですよ。
私も15年ペーパードライバーだったんですが、娘の幼稚園の送り迎えとかあったので、学校に3日間ぐらい個人レッスンしてもらったら、何とか乗れるようになりました。
慣れですよ〜
6. Posted by きこり→コウさん   2011年10月30日 23:01
初めまして。コメントありがとうございます♫
コウさんは、深キョンのファンなのですね〜
なんか、深キョン、『セカンドバージン』あたりから変わってきたような気もします。
相変わらずの深キョンでありながら、さらに進化したような・・(笑
>アジアン馬○園と付き合っているチャン・カワイだったんですね((^┰^))ゞ テヘヘ
最初はチャンカワイかよ・・と思ったのですが、なんか意外と(コラ!)自然でいい感じでしたよね。
体型がブンカッキーに似てるから選ばれたのでしょうか?
>もと子(芦名星さん)も怪しいよねぇ(*^-^*)
純真な芹菜は気が付かないけど、裏でいろんな人間が動いてるんでしょうね。
陣内が徐々に芹菜にほれてしまったりするのかしら〜?と思うけど、芹菜の文君命は変らないだろうな〜
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします〜
7. Posted by ヨーコ   2011年10月31日 05:42
深キョン、いいね〜!
フジッキーも何を考えているのか全く読めない役が凄く上手いし、キャスティング大成功だなぁ〜。
益々コヒさんとフジッキーが誰の何を探っているのか興味津々。
最終回まで上手く引き延ばして欲しいわ〜。
8. Posted by きこり→ヨーコさん   2011年10月31日 22:21
>キャスティング大成功だなぁ〜。
ホントだよね〜このところ、わたしゃ、フジッキーものリタイアばっかりだったけど、コレは久々にフジッキーらしい役だよね〜。芹菜に冷たいけど、ホントのところはどうなのか・・部長が気になってるようだけど、その真意は・・・・どうとでもとれそうな感じがフジッキーだよね〜
>最終回まで上手く引き延ばして欲しいわ〜。
今のところ、1回目でぐいっと掴まれ、2回目もいい流れになってきてるからね〜これからが勝負よ。
来週、芹菜は何ができるようになってるのかな?
もうお母さんのような気持ちよ(* ̄∇ ̄*)
9. Posted by えいこ   2011年11月01日 23:27
今回の、なかなか右折できない〜っていうくだりを見て
旦那が「うわっ・・・これが奥さんだったら無理だな・・・」って
言ってました(笑)。
彼女なら、この調子で可愛いんだろうけどねー。
ちなみに私は、急いでいる時の運転が荒くなりがちで
旦那にビビられることもありまーす(笑)。

<(意外なことにパスワードはserina)

なんか「一番バレそうにない言葉をパスワードにしとこ♪」みたいな
気がしちゃうのは私だけ〜??

<いやいやいや・・・・こんな間近で見ても妻だと気づかない文君・・・どうかしてるぜ!

本当にね!!何か言いたそうな姿とかで、気付きそうなもんですよねー。
てか、実は全部わかってたりして〜。
「芹菜、ずっと見てただろ?」的な!

それにしても、お隣の県なのにブンカッキー全く知りませんでした・・・
かなりのゆるキャラでしたねー。
しかも、語源がわかりにくいし・・・ヒロシマンとかにすれば良かったのにー(笑)!
旦那が、ブンカッキーの中身がチャンカワイだったのを見て
「この体型の人に、これの中身やれって鬼じゃない!?」って言ってました。
た・・・確かに・・・Σ( ̄□ ̄;)
10. Posted by きこり→えいこさん   2011年11月02日 16:46
>彼女なら、この調子で可愛いんだろうけどねー。
いや〜私が男だったら、彼女でもイラッとするわ〜
我慢できるのは2回までだね(笑
3回目も「できない〜!」なんてほざいたら、殺す!
>ちなみに私は、急いでいる時の運転が荒くなりがちで
旦那にビビられることもありまーす(笑)。
わたしも、言動が凶暴になって、よく娘に怖がられるし、やめなさいよって指導をうけるよん。
でも、口に出して言わないでいるとストレス溜まって、事故に繋がりそうなんだもん(んなバカな・・)
後、隣に座った夫が道の指示するのにもムカっとする(どんだけ〜?)
乗ったんだったら、大人しく任せてろや!って感じ。
ひどいでしょ・・・(´∀`;)
>てか、実は全部わかってたりして〜。
だとしたら、文君すごいぞ!
今のところ、ぶちょおに引っ張られてる感じだけど、実は違うのか?
>それにしても、お隣の県なのにブンカッキー全く知りませんでした・・・
意外と認知度が低いブンカッキー(笑
広島県のブロガーさんも知らないって、いったい・・・
もしかしてドラマ出演は認知度を高めるための策略?
>ヒロシマンとかにすれば良かったのにー
激しく同意。
戦隊物みたいにすれば、子供たちの心もキャッチできるよね〜!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「11人もいる!」 第2話 亡き母のバースデー 猫たちの沈黙