「胡桃の部屋」 第4話 桃子の恋「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」 第4話 ついに現れた悪魔!! 女刑事・裸の衝撃告白

2011年08月19日

「それでも、生きていく」 第7話 心の闇について・・・

 何だかエライ騒ぎになっちゃったけど、真岐(佐藤江梨子)は刺されちゃったのかい?
と言っても、どうせ真岐が一人で騒いでごちゃごちゃやってるうちに刺さっちゃったんでしょ・・?
(どうしてもサトエリに優しくなれない私・・・・(∀) )
母親として子供を守りたい気持ちはよくわかるけど、あの、手のひら返しの激しさと最初っから疑って包丁持って文哉を詰問ってのを見ると、ちょっと文哉が気の毒になるぞ。

 そして、まだ草間ファームで働いていた紗歩(安藤サクラ)・・・・(´゚д゚`) すごいな・・・
わたしゃ、悠里に近づいて行ったから、誘拐でもして金をせびろうとしているのかと思ったら、普通にバトミントンしてあげてたから、コレまたびっくり。
気さくないい姉ちゃんじゃん・・・
 暴力衝動にかられた文哉(風間俊介)に手を金槌で叩かれたようだけど、それだけですんだなんてラッキーだよ。
アンタの今までの態度からいくと、頭かち割られる状況も十分あったからね。

 来週は、情報を得た洋貴(瑛太)と耕平(田中圭)、駿輔(時任三郎)らが草間ファームに集結。
洋貴は胸にナイフを忍ばせているけど、この騒ぎで利用する機会はないと思われ・・・倒れた拍子に自分に刺さらないか心配だよ。

 さて、振り返ってみますか・・・
文哉の担当看護師だった東雪恵(酒井若菜)を追いかけた洋貴は、彼女を連れて「ふかみ」へと戻りました。
で、待っていた響子(大竹しのぶ)と耕平と共に、彼女が知っていることを話してもらいました。

 雪恵が医療少年院にいた文哉と出会ったのは9年前、文哉が退院する1年前のことでした。
その時点で、文哉への治療はほぼ終了しており、「罪を悔い改め社会生活を送れる」と判断されていたらしい。
でも、文哉自身はそう感じていなかったようだし、側にいた雪恵も「更生している」とは考えなかったようです。
どーもそれでも、生きてゆく オリジナル・サウンドトラック

 前の病院にいた時、男に3千万円貢いだということを淡々と話していましたが、貢ぎ体質なのか、文哉に一目あったその日から目をつけていたような雪恵・・・
積極的に文哉に接触し、絵を描くのが好きな彼のために筆や絵の具を次々とプレゼント。
そのお返しとして、文哉はおりがみで折った金魚を雪恵に渡しました。

 いやはや、この雪恵の職業意識はどうなってんだい・・・
てか、そもそも、こんな若い男の子がいっぱいいる場所にわざわざ煩悩をかきたてるような色っぽい看護師を異動させるかね?
ケンカを止めたり、状況によっては取り押さえたりしなきゃならない場合もあるんじゃないの?
何か現実的とは思えんぞ。

 まぁ、いい。
貢物作戦をきっかけに親しくなり、彼の心を開かせることができたと思っていた雪恵ですが、文哉にとっては特別な存在ではなかったようです。
男女の関係にあったようですが、それはただ雪恵に求められたから応えただけ。

 退院後、文哉が自動車修理工場で働き始めた後も二人の関係は続きましたが、それは雪恵が積極的だったからにすぎない。
その事は雪恵の妊娠をきっかけに露呈しました。
文哉に妊娠を告げた後、雪恵は文哉が置いておいたビニールですべって階段から転がり落ちて流産した。
「彼は14歳の時の彼のままだったんです」

 退院した日、文哉の部屋で彼の日記を見つけた雪恵は、それを読み、彼にとっての人間とは、みんな「水槽の中にいるかわいそうな金魚」でしかなく、「手のひらですくって壊してしまいたい衝動にかられていた」と感じたそうな・・

 文哉にとって、生きることは苦しいことでしかない。
だから、そんな苦しい世界を終わらせてあげる・・という気持ちなんでしょうか・・・

 医療少年院を出た後も、文哉の中では何度も殺人衝動が湧き上がり、『また、してしまう』ことへの恐れと渇望に苦しんだようです。
その相手は亜季と同じような幼い少女だったり、何か悲しみを抱えているような女性だったり・・・
もはや文哉の中では、その相手を救うために殺すのか、ただ単に殺したいのか、すべては混沌としていてわからない。わかっているのは、自分が「殺したい」人間だということだけ。そして、その思いはどうすることもできない。

「彼にとって私は女ではなく、母親でもなく、人間でさえなかった。
あの時の私は、ただの水槽だった。
かわいそうな金魚が入った、落とせば割れる水槽だった」雪恵

 ( ̄ー ̄?).....?? 何かよくわからないたとえ・・・
文哉の日記の最後は『殺す僕がいる。僕の子供を殺すだろう。僕は見ているだけ。
殺す僕が、僕の子供を殺すのを見ているだけ。それでも、僕は生きている』となっている・・・
 これは・・・『解離性同一性障害』ってやつなのかい?

 この日記を読み終わった後、雪恵は彼から逃げた。
しかし、『アイシテル』の時も思ったけど、医療少年院を出てくるの早すぎると思う。
文哉は7年ぐらいで退院してるよね・・
あまりに長期間社会から隔絶されると更生が難しいというアレなのかもしれないけど、『更生のために』から始まる治療って何か違うような気がする。

 犯行時の年齢が若かったから、彼らは『殺人』の意味をわかっていなかった?
何らかの事情(虐待やショック)で感覚が麻痺しており、殺人の重さがわからなかった。
何故殺してしまったのか、自分の中にある何が殺しへと向かわせてしまったのか。
人間の心は複雑で、それを見つけるのは長い時間がかかるかもしれないけれど、それが解明されない限り、外の世界に出るのは本人にとっても不安だろうし、そこを乗り越えないと『罪の意識』も『謝罪』も『反省』へも行けないんじゃないだろうか・・・

 文哉の中にある殺人衝動、それはいったい、いつから始まったのか。
突然事故死した母親は、もしかして文哉が手をかけたのか。そして駿輔はその事に気づいていたのか。
『生まれてこなければ良かったのに』という言葉が彼の心にスイッチを入れるらしけど、その言葉を母親に言われてしまったのか・・・
この言葉が彼を苦しめる素になっているのは確かみたいなんだが・・

 その後、いなくなった悠里のことで責められ、殺人衝動の扉が開いた文哉は、金槌を持って(常にそばに金槌が?)外に飛びだしました。
側には悠里が遊んでおります。
その殺人衝動を抑えることはできたけど、足に傷を作って帰ってきた悠里を見て、真岐は逆上。
文哉に「あんたなんか生まれてこなければよかったのに」というNGワードをぶつけてしまいました。

 その頃、双葉(満島ひかり)は、兄が亜季ちゃんを殺したことを反省していないと響子に伝え、謝罪していた。
洋貴と心から笑える日がくることを夢見ていたと話双葉に響子は話すのでした。
「あなただって洋貴だって、絶対に幸せになれない訳じゃないのよ。
なるために、あなたと洋貴で考えるの。二人で考えるのの。お互いの幸せを。
洋貴はあなたが幸せになる方法を、あなたは洋貴が幸せになる方法・・・」

 「幸せになる自分」を許してあげて欲しい。洋貴も双葉も、そして響子も。
「ネロは生まれてこない方が幸せだったんじゃない?」と言っていた亜季に、そんなことはない、生まれて来て幸せだったんだよと言えるように。

 第1話 禁断の出会い・・・
 第2話 想い、絶たれて・・・
 第3話 お母さんだから・・・
 第4話 明かされた真実・・・
 第5話 居場所を求めて・・・
 第6話 招かれざる客
 第8話 それぞれの覚悟・・・
 第9話 心はどこにある?
 第10話 対決の果てに
 第11話(最終話) 光の方に向かって・・・

br_banner_cosmos

いっつもおばあちゃんみたいな服を着ている双葉が、カットソーみたいの着てるだけで、いつもとの比較ですごくおしゃれに見えるぞ。
いつか洋貴の服装も変化するんだろうか・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. それでも、生きてゆく 第7話 感想「心の闇について…」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2011年08月19日 16:53
それでも、生きてゆくですが、想像以上に陰惨な展開です。深見洋貴(瑛太)たちは東雪恵(酒井若菜)から三崎文哉(風間俊介)の医療少年院や出所後の話を聞きます。東は看護師として文哉と接触しますが、こっそりキャラメルを渡して親密になります。文哉は代わりに折り紙を
2. それでも、生きてゆく 第7話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2011年08月19日 18:13
『心の闇について…』 内容 紗歩(安藤サクラ)から、雨宮健二こと三崎文哉(風間俊介)が、 幼い女の子を手にかけたと知らされ草間真岐(佐藤江梨子)は、 動揺を隠せずにいた。。。娘・悠里(原涼子)がいたためだった。 父・五郎(小野武彦)は、なんとか落ち着かせよ...
3. 『それでも、生きてゆく』 第7話  [ 美容師は見た… ]   2011年08月19日 18:16
草間ファームが、刑務所から出所して来た人間を雇って来てることを、娘の真岐は知らなかったんですかねぇ。健二の過去を知り、あまりにもあからさまな態度やその言葉遣いに、子供を守る母親として共感するよりも、相手を思いやる気持ちが育つのも環境が大きいのかと、そちら
4. 【それでも、生きてゆく】第7話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2011年08月19日 18:20
9年前、私が東京医療少年院に勤めだした頃、 もう三崎文哉さんはいて、退院する1年前でした。 そのころ、すでに彼の治療はほぼ終了したんです。 終了っていうと? 罪を悔い改め、社会生活を送れる...
5. それでも、生きてゆく #07  [ ぐ〜たらにっき ]   2011年08月19日 19:12
『心の闇について…』
6. それでも、生きてゆく七話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2011年08月19日 19:27
風間俊介の医療少年院時代の担当看護士・酒井若菜をようやくみつけた瑛太と倉科カナ。でも、酒井は風間の名を出した瞬間に逃げ出す。それを捕まえたふたり。もちろん、風間の話を聞くためだ。翌日、ペンションに連れてきて、母親・大竹しのぶと弟・田中圭と瑛太は彼女から話
7. それでも、生きてゆく 第7話〜大竹しのぶと満島ひかりの会話、酒井若菜の独白も…  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2011年08月19日 20:28
それでも、生きてゆく 第7話 視聴率は芳しくないけど、重厚で濃密で、なかなか良いドラマだと思うなぁ。 今回も、前半のほとんどを、雪恵(酒井若菜)の回想シーンを通じて三崎文哉(風間俊介)の心の中を描いて見せ、後半には闇を宿した文哉の行動を挟み込んでいった構
8. 《それでも、生きてゆく》★07  [ まぁ、お茶でも ]   2011年08月19日 20:44
文哉の医療少年院時代を知る看護師東雪恵さんが、医者も、、まわりも文哉は「治った」と判断していたが、文哉自身がそう思っていなかった事を、語った。 結局、文哉と付き合って、妊娠したが、文哉は、階段にポリ袋を置いて、雪恵を滑らせて、落とした。自分の子を、結果とし
9. それでも、生きてゆく 第7話:心の闇について…  [ あるがまま・・・ ]   2011年08月19日 22:09
殺っちゃった???Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン んで文哉は逃亡?てか真岐は怪我程度ではなく、マジで殺されちゃったのかな? おぉ!そう言えば臼井もかなづちで殴ったようだけど、彼女の生死も不明・・・ まぁ生きていたとしても二人に対する傷害罪で再度逮捕されるのは間違い..
10. 「それでも、生きてゆく」 第7話  [ ドラマ de りんりん ]   2011年08月19日 22:16
「生まれてこなければ、良かったのに…」 この言葉はどうやら、文哉にとっての“衝動”にスイッチが入ってしまうらしい。 実母は突然の事故で亡くなったみたいだけど、これにもし彼が関わっていたら…というのは...
11. それでも、生きていく #07「心の闇について…」  [ 昼寝の時間 ]   2011年08月20日 01:39
公式サイト うーん。「心の闇」ですか・・・ このドラマ、登場人物たちに感情移入す
12. それでも、生きていく〜治った? 殺す僕は消えた?  [ 平成エンタメ研究所 ]   2011年08月20日 09:25
 今回は文哉(風間俊介)の話。  「治った? 殺す僕は消えた?」  他人を<殺す僕>を抱えて生きるってことは、きついでしょうね。常に不安で怯えていなければならない。  あるいは、真岐(佐藤江梨子)が態度を変えたような世間。常に<三崎文哉>であることがバ...
13. それでも、生きてゆく 第7話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2011年08月21日 10:56
洋貴らは少年院にいた頃の三崎文哉を知る 当時、少年院で働いていた東雪恵に出会った
14. それでも、生きてゆく - 満島ひかり 瑛太  [ ドラマQ ]   2011年08月21日 13:18
それでも、生きてゆく 木曜 22:00 フジテレビ 2011年7月7日〜 初回15分拡大 【キャスト】 瑛太 満島ひかり 風間俊介 田中圭 佐藤江梨子 福田麻由子 村川絵梨 倉科カナ 安藤サクラ 柄本明 段田安則 小野武彦 風吹ジュン 時任三郎 大竹しのぶ ほか 【スタッフ
15. それでも、生きてゆく・第7話  [ 山吹色きなこ庵・きままにコラム ]   2011年08月22日 19:22
今回、衝撃的な内容でしたね。 文哉の日記の内容とか、金槌をもって悠里を襲おうと近

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2011年08月19日 18:32
あたしゃ今回、サトエリは正しいと思っちゃったよ。
先週は、父がこんなボランティア(仕事?)してる割には犯罪更正者に理解のない子だに〜と、
思ってたんだけど、文哉がこんな危ない男なら娘を守るのが当然。
早く2人で出て行ってーーー@@;とドキドキしてた〜。

そして、案の定あんなことに・・・(ノ_-。)
しかし、あたしも真岐は自分で自分を刺しちゃったのではと思ったのでした。

>暴力衝動にかられた文哉(風間俊介)に手を金槌で叩かれたようだけど

あれは手だったのか・・・どうなったのかよく解らなくて、頭をかち割られたかと思っちゃった・・・

ってか、「医療少年院」ってホント何なんだ!?
何であれで治ったことになってるんだ?
現実にあんな感じで退院させてるんだとしたら、マジこわい@@;
危ない子たちを預かってるわけなんだから、もっとちゃんと治療してほしいよ〜。
2. Posted by きこり→くうさん   2011年08月19日 20:50
>早く2人で出て行ってーーー@@;とドキドキしてた〜。
なんか「殺人者」だってことが明るみに出たことで、ガラガラと崩れていったって感じだよね。
バレなきゃ、文哉も殺人衝動を隠しながら、地味に生きていけたのかもしれないけど、一度決壊してしまったら、もう元には戻れないって感じだよね。
でも、サトエリは包丁まで持ってこなくても良かったんじゃって気もするよ。
逆上する気持ちはよくわかるけどさ。
>あたしも真岐は自分で自分を刺しちゃったのではと思ったのでした。
もみ合ってるうちに間違って・・って感じだと思うんだけど、こうなっちゃったら、誰も文哉の話なんて聞かないよね。
>あれは手だったのか・・・どうなったのかよく解らなくて、頭をかち割られたかと思っちゃった・・・
私もいまいちわからなかったんだけどさ〜
この人もさっさと辞めて出ていきゃよかったのにね〜
>危ない子たちを預かってるわけなんだから、もっとちゃんと治療してほしいよ〜。
こういう治療がすごく難しいんだろうことは素人目にもわかるんだけど、簡単に「更生できた」って判断してほしくはないよね。
人間の心ってそんなに簡単なものではないと思う。
3. Posted by えいこ   2011年08月19日 21:02
<暴力衝動にかられた文哉(風間俊介)に手を金槌で叩かれたようだけど、それだけですんだなんてラッキーだよ。

私はてっきり、滅多打ちにされたんだと思ってました。
だって、あの後全く出てこなかったから!!
不自然なくらい静かだったし!!

<アンタの今までの態度からいくと、頭かち割られる状況も十分あったからね。

ほんと、本来ならこの人が一番に頭かち割られるべきですよね(笑)。

<「あの時の私は、ただの水槽だった。
<かわいそうな金魚が入った、落とせば割れる水槽だった」雪恵

『かわいそうな金魚=胎児』
『落とせば割れる水槽=妊婦』
ってことでしょうが、それまでの話の中では
『水槽=社会(この世の中・現世)』って感じで話が進んでいたので
なんだかよくわからない例えに感じられましたよねー。

サトエリ、ちょっと前までは胸を強調した服で文哉を誘っていたのに
文哉の犯した罪を知ったとたんに「私だって母親よ」って・・・(呆)
まぁ母親だって女ですがね・・・
4. Posted by Largo   2011年08月20日 02:27
こんばんわ。

>かわいそうな金魚が入った、落とせば割れる水槽だった
わぁ、私、金魚と間違って記憶してしまいました。(汗)
でも、
>何かよくわからないたとえ・・
何か幸恵自体がよくわからない存在だったような(汗々)

>いやはや、この雪恵の職業意識はどうなってんだい・・・
同じくです。
さらには洋貴に意味ありげな言葉を囁いたり。なんだか五月よりタチが悪いような気がしました。

・・・かつ、ドラマ的に必要な"コマ"なんだろうなぁ、なんていぢわるく見ちゃいました(汗)。
意表をつく角度が坂元さんらしいなぁ、とも。
重いお話なので、そういう部分・・・フィクション的な部分を見出すことで救いを求めつつ、視聴しているような気がします(^^;;
5. Posted by きこり→えいこさん   2011年08月20日 06:35
>私はてっきり、滅多打ちにされたんだと思ってました。
だって、あの後全く出てこなかったから!!
実はそうなのかしら・・みんなそう書いてるし・・(;´゚∀゚`)
草間ファーム、サトエリのことで大騒ぎしてるけど、実は果樹園の影で紗歩、頭かち割られて死んでたりして・・・
でも、こういうのが意外と最後まで生き残ってたりするんだよねぇ・・(笑
>『水槽=社会(この世の中・現世)』って感じで話が進んでいたので
なんだかよくわからない例えに感じられましたよねー。
そうなんだよね〜
雪恵が社会とのツナギの存在というか、殺人衝動を紛らわす存在なのかな〜と思ったんだけど、なんか途中から
ズレた?みたいで・・・
>文哉の犯した罪を知ったとたんに「私だって母親よ」って・・・(呆
ホントだよ!あんなに誘ってただろうが〜!
そのいやらしいとこがサトエリとぴったり合って、ナイスキャスティングではあるんだけどさ。
これも、また、世間を代表した態度なのかね・・・
6. Posted by きこり→Largoさん   2011年08月20日 06:43
>何か幸恵自体がよくわからない存在だったような(汗々)
あんな会った途端に誘惑する看護師っていったい・・って感じですよね。
普通の病棟よりも、さらに接し方に注意が必要な所なんじゃないのかなぁ・・・
すんごいラフな感じだったから、これじゃ治らんわ・・って気も・・・(´∀`;)
>ドラマ的に必要な"コマ"なんだろうなぁ、なんていぢわるく見ちゃいました(汗)。
そういうアレなんでしょうね。
文哉の身近にいて、彼と親しかった存在的な・・
この脚本家さん、そういうとこが荒いような・・・
五月だって、いてもいなくてもいいようなキャラだし・・・
って、もう終盤になるし、このままフェイドアウトかしら・・・
>フィクション的な部分を見出すことで救いを求めつつ、視聴しているような気がします(^^;;
なるほど〜そういうことか・・
あちこちで見ていると「重い」って感想が見られたから、あまりリアルにしすぎると、アレかもってことになったのかな〜
見続けたいドラマであるのは確かなんだけど、どうも毎回多少の違和感が残るんですよね〜
7. Posted by まこ   2011年08月20日 17:29
文哉もかわいそうな子ではあるけど、だからと言って
犯罪を容認するわけにもいかないし・・・

そもそも医療少年院ってどのような施設なんだろ?
そこで働いてる人達も、普通の病院より優秀な人が
勤務してるのかと思いきや、男に3千万もの大金を貢ぐような
雪恵でも働ける場所であるってーのが不思議・・・
てか、あの年齢で3千万もの金を持ってた事も不思議だけど

とにかく、文哉にせよ、雪恵にせよ、そして真岐に紗歩・・・
出てくる人たち全員がどこか変な人ばっかで一般人としては
理解出来かねるんだけど、その気持ち悪さをどこかで
解消出来る事を信じて、それでも見続けていく・・・ってか
8. Posted by きこり→まこさん   2011年08月21日 10:20
>そもそも医療少年院ってどのような施設なんだろ?
まったくわからない。今回、見た感じじゃ普通の消炎員とおんなじような(って、他のドラマで見たのと同じ感じってだけだけど)
わたしゃ、毎日のように精神科の先生とカウンセリングをくりかえしてるのかと思ったわ〜
>普通の病院より優秀な人が
勤務してるのかと思いきや、男に3千万もの大金を貢ぐような
ねぇ?てか、もっと屈強な感じのガタイのいいおばさんかおっさんが働いてると思った〜
あんな、セクシー系の看護師さん入れたら、無駄な争いこごととか起こりそうだけど〜(笑
このドラマ、一番描きたいことは何なのかってのが、私にはまだ見えないんだけど、ラストにこの両家族がどうなるのか、気になるから視聴は続けるわん。
9. Posted by ikasama4   2011年08月24日 22:40
反省してないというか
三崎文哉は命を大切にすることに関して

ちょっと意識が欠乏してるっぽいですかね

なにか、こう
大人になりきれていない感じ

本当は叱ってほしいのに叱ってもらえないみたいな

でも、自分を否定されると怒りが生じるみたいな

すごい不安定な感じですかね

三崎文哉にはまだまだ謎がありそうです

一方で過去の犯罪で
今までの人格さえも今まで積み重ねてきたものさえも否定されてしまう

それは一般的というか、そういうもんだとわかっていても
こうして見せられるとねぇ

いざ、自分の立場だったら
三崎文哉とどう接するのだろうかとあれこれ考えてみたりします

一方で、被害者家族の立場として
癒えぬ心
消えぬ憎悪

それらを抱えた洋貴らの行く末も気になります
10. Posted by きこり→ikasama4さん   2011年08月25日 21:07
>三崎文哉は命を大切にすることに関して
ちょっと意識が欠乏してるっぽいですかね
そんな感じですよね。
それは文哉が生まれ持った欠落なのか、何らかのショックや悲しみのせいでそうなったのかはわかりませんが、回復するとかそういうものでもなさそうです。
文哉自身、そのことをわかっているけど、どうすることもできない。社会で生きて行くためには殺人衝動を抑えなければならないということはわかってるけど、やっぱり一種の病気なのかな〜
>三崎文哉にはまだまだ謎がありそうです
そうですよね。
それが三崎家の秘密とかにも繋がるんでしょうか・・
>それらを抱えた洋貴らの行く末も気になります
文哉のこれからが洋貴の生き方に大きく影響していくとこが怖いというか・・・希望の持てる最後だといいんだけど。
11. Posted by みのむし   2011年09月02日 20:13
ずっと録画しててたまっててようやく観始めたんだけど
なんだかすごく衝撃的な内容だよねぇ。
看護士の雪恵が彼がまだ治ってないと
気が付いたのにほんものの医者は治っていると
認めるなんてヤブにもほどがあると
思ったよ。
心の病気って誠心誠意相手のこと親身にならないと
な〜かなか治んないんじゃないの?
と思うんだけど、あんなんで出てこられたら本当に怖いね。
それにしてもサトエリは殺されたわけじゃないのね。
そっか。自分で自分を誤って刺しちゃった・・
それは言えるかも・・・
それにしても・・・なんか・・・く・・くるしい〜〜。
見てると息ができなくなるよ〜〜。
12. Posted by きこり→みのむしさん   2011年09月04日 11:14
>気が付いたのにほんものの医者は治っていると
認めるなんてヤブにもほどがあると
思ったよ。
このドラマだけ見ていたら、医療少年院ってなんの治療もしていないんじゃ?って思えてくるよね〜?
ただ、一定期間、世間から隔離してるだけじゃん!って。
>心の病気って誠心誠意相手のこと親身にならないと
な〜かなか治んないんじゃないの?
心の病はひとりひとり症例が違うだろうし、複雑だから難しいよね。
治すというよりも、病気と共に生きて行くその生き方を教えるという感じなのかなぁ・・とも思ったり。
>それにしても・・・なんか・・・く・・くるしい〜〜。
見てると息ができなくなるよ〜〜。
なんかさ・・どんどん救いのない展開になってきて、
最終回収拾つくんかい?って思うよ〜
後味悪い終わりだとヤダな〜
でも、このストーリーで希望をもたせるってのも難しいよねぇ?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「胡桃の部屋」 第4話 桃子の恋「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」 第4話 ついに現れた悪魔!! 女刑事・裸の衝撃告白