「それでも、生きていく」 第2話 想い、絶たれて・・・「ドン★キホーテ」 第2話 勝手にひきこもれ

2011年07月16日

「勇者ヨシヒコと魔王の城」 第2話 

 さてさて、旅に危険はつきもの。
ヨシヒコたち一行は、5人組(ボス(池田成志)1・子分4)の山賊に行く手を阻まれました。
通して欲しかったら、持ってる食料全部置いてけってさ。
 そうはいかないので代表して剣に憶えのあるおっさん(宅麻伸)が代表で戦ったんだけど、ぱっとしなかったわ〜
で、怖いもの知らずのヨシヒコ(山田孝之)が立ち向かうことに。

「やめろ、ヨシヒコ!お前の叶う相手じゃない!」おっさん
「許してもらおう、めっちゃ土下座して、な!」メレブ(ムロツヨシ)
「ヨシヒコ・・・」ムラサキ(木南晴夏)

 ( ̄ω ̄;) 「いざないの剣」持ってっけど、ヨシヒコ自体は剣のセンスはないと思われ・・・
ヨシヒコと仲間達ピーンチ!と思ったら・・・・カアーーー!カアーーーー!!
おやおや〜5時の知らせを聞いた途端、子分どもが帰る準備を始めたぞ。
「5時なんで・・・お疲れ様っした!」
「一応、9時−5時ってことなんで」
どうやら、契約社員だったようです・・・

「こういう状況だからさ、ちょっと残業していこうよ!」ボス
「基本僕ら〜〜残業なし派閥なんでえ・・」
「いやいやいや!ドドメじゃん!だってもーーー!!」ボス
「何か・・・モメてるみたいだけど、大丈夫スカ?」メレブ
「(*`д´*) 大丈夫です!」ボス

「すいません、次、バイトあるんで帰らせてもらっていいスか?」
「何で次入れてんだよ・・・」ボス
「あの〜俺らこれから、友達と飲みに行くんで」
「飲み会ならさ、少し遅れてもいいじゃん」ボス
「ダメっスよ。飲み会は、むしろダメっすよ!!!!
「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・オマエは?」ボス
「あ・・僕はぁーーーーヤボ用でっす」
「ヤボ用ならさ、少し残ってけばいいじゃん」ボス
「いや〜〜めちゃくちゃ大切なヤボ用なんでぇーーー」

 結局、みなさん、帰っちゃいました。
で、「さほど強くない」とカミングアウトしたボスとヨシヒコがやりあったのですが、言ってた通りちょろかったようです(´m`)


 その後、一行は「マーニャの村」とやらに到着。
そこでは、毎年、村の娘を一人、裏山の洞窟に住む山神様に生贄として捧げているそうで、その儀式の最中でした。

「何かおかしなからくりがありそうだ・・だ〜が、我々には関係のないことだ。さっ、うまい食材でも見つけようぜえ」メレブ
「そんなのおかしい。誰と話せば止めさせられるんです?」
真面目かっ!このヨシヒコの一言で、一行が、そげな殺生なことは止めるよう山神に伝えに行くことになりました。

 で、生贄を連れていかないと祠は開かないっちゅーことで、生贄の娘を乗っけた輿を男子でかついで行くことに。
(´゚ε゚`) 重そ〜コレ、人乗ってなくても重いよ。

 で、早速魔物たち(なんか〜どっかで見たような〜一つ目小僧の鬼と〜レンガマンみたいのと〜怖い顔の岩みたいの〜)に遭遇。
勇者ヨシヒコは戦う気マンマンだったんだけど、他3名は回避を提案。

「アレ、かなり強いよ。アレは、もっとレベルが上がってから出会って戦うべき相手デス、ハイ。
も〜順路を間違えると、たまにこういうことになります、ハイ」メレブ
「そうだな。何か強そうだから、避けて行こう、ね?!」ムラサキ
「勇者なら勝てますよ」ヨシヒコ
「いやいや、甘いから〜!!すぐ全滅して、目が覚めたら教会だよ。そして、めちゃくちゃお金取られるぜ」メレブ

 遠回り決定・・・(∀)
その後、フリーの山賊(若者・初心者)に遭遇。
ヨシヒコとそのサウダとやら(中村倫也)の一騎打ちがいい感じで始まろうとしたんだけど、サウダのママ(池谷のぶえ)登場。
どうやら息子の事が心配で駆けつけたらしい。

「あ、どうも初めましてぇ〜サウダの母ですぅ〜
すいません、この子、どうしても山賊になる、山賊になるって聞かないもんで。ホントはとっても気のいい子なんですよぉ〜」
「やめてって、母さん、余計なこと言うなって!」サウダ
「だって、そうじゃない。何度も野良犬拾って来て、飼ってくれ飼ってくれってねぇ〜」母
「もーー!!帰れよお!ここは俺一人で大丈夫だからぁ!」サウダ

 しばらくこの親子の所帯染みた会話が続き、辛抱強くそれが終わるのを待っているみなさん・・・
「あの〜この子、どうしてもみなさんを殺して生贄の娘さんが欲しいらしいんです。
ホントにいい子なんでねぇ〜もし、宜しかったら殺されていただけると母親としては嬉しい限りなんですぅ」母
「あーーお母さんの気持ちはよくわかるんですが、我々も殺されたくない気持ちもありまして(やんわりきっぱり)」ヨシヒコ
「あ〜〜ですよね。わかります」母
 
 お母ちゃんは息子のために賄賂の米まで渡して息子の山賊ぶりを応援したんだけど、その後、お母さんの新恋人発覚に話が及び、またまた親子げんかに。
勝手にやってくれっちゅーことで、そのまま置いてきちゃいました。

 意外と遠い山神の場所・・・
何か小屋みたいなところで一泊することに。
疲れて、道中の危機にボケーっと突っ立ってるだけだったメレブを責めるムラサキ。
そしたら、新たな戦闘の呪文を身につけたと打ち明けたぞ。

 それは・・・・「スイーツ」という呪文で、かけられたら、急に甘いもんが食べたくなるんだと。
(´_ゝ`)ハイハイ・・・
例によってヨシヒコは「凄いです、メレブさん
「オマエ、何でも感心するな・・」おっさん

 でも、そこに飛び込んできた山賊を見事追い払うことに成功。
意外と使えるじゃん「スイーツ」・・・

 翌日、輿の重さに耐えかねたメレブとおっさんが愚痴を言い出したことから、生贄の娘オシナがすまながって歩くと申し出ました。
で、すだれを上げて出てきたオシナ(渡辺直美)を見た途端・・・・みなさんのテンションが急降下・・・
「どうなさいました?」娘
「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー何でもないです・・・・さぁさぁ・・・」ヨシヒコ
(*「 ̄д ̄) あら、みなさん固まってらっしゃる・・・・

 コレじゃイカン、ヨシヒコはみなさんに喝を入れましたぞ。
「命を賭けて守るってさっき、言ったじゃないですか。
確かにオシナさんはブスだ。そりゃもう、紛れもないブスですよ。でも、ブスだって関係ない!ブスだって人間だ!
私は命を賭けて守ります」ヨシヒコ
「わかった、わかった。それ以上言うな」メレブ
「いいや!言いますよ、みんなに気合を入れるためにも」
ヨシヒコはその後100万回ぐらい「ブス」を連呼し続けましたとさ。

 さ、ようやく祠の近くまで来ましたよ。
でも、みなさんの行く手を阻む獰猛な生きものが木の上にいますよ。

 ( ゚Д゚ ) ・・・・・
で、このとんでもなく凶暴なコアラを、それぞれが少しづつダメージを与えた後、ヨシヒコの剣で眠らせることに成功。
やっと祠に到着して山神に生贄制度を止めるよう伝えたら、年々レベルが落ちてきてたらしくあっさり受け入れてくれました。
もちろん、オシナは帰っていい、むしろ帰ってくれ!ってことになりました。

 村は勇者達によって救われた!
そのあとはm恒例の仏様(佐藤二朗)との面会タイム。
相変わらずヨシヒコには、見えにゃい・・・・
「おい、ちょっとよお!なあ!なあて!もお!主人公に見えないって、ちょっと問題あるぞ、コレ」仏
「ふてくされるから、コレ(素敵な3Dメガネ)付けろって!」メレブ

 仏からは、あんまり寄り道すっと、魔王の手が広がるからなるべく寄り道しないようにという注意と「東へ行け〜」という非常〜に大ざっぱな指示が・・・
な〜んか信ぴょう性の薄い情報だけど、一行はとにかく東方面へ。
勇者達の旅は続く〜!!

 何か仏様の二朗さんのセリフが、はてしなくアドリブっぽいんだけど・・・(^Д^)
HPの「ストーリー」のとこに載ってる「仏のぼやき」を読むと、監督で脚本家の福田雄一さんのざっくりぶりが伝わって来るわ〜)
山田君、本気で笑ってなかったか?
 いや〜このだらだらした展開とうだうだした会話がたまらんわ。楽し〜い〜♫
一件落着した後に、ムラサキがちゃんとあの引っ込む剣で「父の敵!」って刺したのにも笑った。
それと「湯けむりスナイパー」のトモヨさんだった池谷のぶえさんが出てきたのも私的にはポイント高かったぞ。
中身を見るまでは、山田君、何でこんな変なドラマに出演決めたんだろ?って思ってたけど、さすがだよ、いいセンスしとる・・・早く続きが見たいわ〜
 
 第1話 

ねこちゃん
このおもしろいドラマをたくさんの人に見て欲しい・・・
でも「鈴木先生」の時もそうだったけど、そんなに見てる人いないのかな〜σ(´-ε-`)


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 美男ですね一話&勇者ヨシヒコと魔王の城2話感想  [ NelsonTouchBlog ]   2011年07月16日 19:28
■美男ですね一話 女子が男装して超人気バンドにメンバー入り!って話なんだけど、女子男装パターン、今シーズン多くねえスか(苦笑)本当は兄がバンドのボーカルだったんだけど怪我してしまったので、代理に双子の妹に一時的に頼むことになるレコード会社のマネージャー。
2. 勇者ヨシヒコと魔王の城 - テレビ東京  [ ドラマQ ]   2011年07月18日 15:47
勇者ヨシヒコと魔王の城 金曜 24:12 テレビ東京 2011年7月8日スタート 【キャスト】 山田孝之 佐藤二朗 宅麻伸 木南晴夏 ムロツヨシ 岡本あずさ ほか 【スタッフ】 【概要】 「ヨシヒコって誰?」「勇者だって」・・・。 公式サイト: http:/
3. なるべくネタバレしない【勇者ヨシヒコと魔王の城 第2話】  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2011年07月18日 17:19
何せ地域によって放送日時がバラバラなので、なるべくネタばれしないように書こう・・・ とは、思っているのだが、そうすると爆笑シーンを削らなきゃならないから難しい。 ・・・あれ・・・これ毎週レビ...
4. 勇者ヨシヒコと魔王の城  [ のほほん便り ]   2011年07月19日 08:15
なんだか見た人の感想が、えらく楽しかったので、試しに見てみました。頭空っぽにして笑えるところが、じつに素敵♪ さすがテレビ東京。低予算逆手にとり、遊び心に徹した、ゆるくチープなツクリに爆笑。RPGをここまで「お笑い」にできた作品があったでしょうか… コ
5. 大爆笑「勇者ヨシヒコと魔王の城」第2話と陰気「ピースボート」第3話  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2011年07月19日 15:45
「ピースボート -Piece Vote-」第3話と 「勇者ヨシヒコと魔王の城」第2話 【 ピースボート -Piece Vote- 】 ゲームの主催者・雄山(陣内孝則)が、人を陥れ自分は助かろうとする小宮ユウ(細田よしひこ)に「自分を安全圏に置くために、わざと人を陥れ、被害者に訪れ

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2011年07月18日 17:32
出だしは、グダグダや〜。。。と思いながらゆるく笑ってただけだったんだけど、
後半はお腹痛いほど笑ったわ( ̄∇ ̄;)
夜中に1人、テレビの前で笑い続ける変な女、あたし。。。

いや〜今回も面白かった。。。いいよね〜。
山田君が思いっきりくそ真面目な顔で演じてれば演じてるほど
面白いよ。宅麻さんもよく受けたよね。こんな役( ̄∇ ̄;)

これは映画化してもいいぞ。あたしは行くよ!
2. Posted by きこり→くうさん   2011年07月18日 18:53
>出だしは、グダグダや〜。。。と思いながらゆるく笑ってただけだったんだけど
あの山賊5人組(って、HPで確認したら忍者だったんだね(笑))のくだりも笑ったわ〜
ぐだぐだかげんが、絶妙だよね〜
>夜中に1人、テレビの前で笑い続ける変な女、あたし。。。
くうさんは夜中に生見してんのね。
夜に見てたら、よけい笑えるんじゃない?(笑
>宅麻さんもよく受けたよね。こんな役( ̄∇ ̄;)
なんか引き受けなさそうなのにね。
だから、今回、ちょっと見直したぞ( ´艸`)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「それでも、生きていく」 第2話 想い、絶たれて・・・「ドン★キホーテ」 第2話 勝手にひきこもれ