2011年 DVD鑑賞日記 その15「それでも、生きていく」 第2話 想い、絶たれて・・・

2011年07月13日

「勇者ヨシヒコと魔王の城」 第1話 

 第一回目を撮り忘れちゃって、某所で確認しました (; ̄ー ̄)
今週は忘れないぞお!
私、ゲームとかいっさいやらないからアレなんだけど、おもしろかったぞ。
HPはこちら

 カボイ村では謎の疫病が蔓延し、次々と村人が亡くなっていた。
ヨシヒコの父勇者テルヒコ(きたろう)は、病を治す幻の薬草を求めて旅立ったが、半年たっても戻らない。
村では新たなる勇者を求めていた。

 で、村長のオザル(志賀廣太郎)が岩に刺さっている剣を抜いたものが「真の勇者」とか言い出して、希望者を募ったんだけど、誰も抜くことができない。
で、ヨシヒコ(山田孝之)がトライしようとしたら、ポロッと抜けて・・・何か知らんけど、しかもヤラせっぽいけど、ヨシヒコが勇者に選ばれ、薬草を探す旅に出ることになっちゃったのさ〜

 さて、100の顔を持つ男・志賀廣太郎様は今回も胡散臭くておちゃめな村長さんを魅せてくれましたぞ。
ヨシヒコの行く方向のお告げを待つ舞が適当でさすがじゃった。
「あっちこっちどっちそっち、あっちこっちどっちそっち・・・どっちそっち・・・うわあああああーーー!!な〜んかこっちの方・・・」

 ァハハ・・(∀)
純真だけど、絶対ダマされそうなタイプのヨシヒコ・・・
妹のヒサ(岡本あずさ)も兄のおっちょこちょいぶりを心配してましたが、ヨシヒコは元気に出発いたしました。

 旅には出会いがつきもの。
ヨシヒコが最初に出会ったのは、多分「スライム」とかって奴?(すいませんね。コレも「ウィキ」で調べてわかったわ(;´д`)ゞ)
「旅に出たら、最初は俺でしょうよ!」と言っては「どーん!」とぶつかるのを繰り返した挙句、勝手に剣に当たってどっかに消えちゃった。
 何か学芸会っぽい手作り感がナイスでございました。

 お次に出会ったのがダンジョーというおっさん(宅麻伸)。
ちょうど人を斬っている場面に遭遇してしまったわ〜
こやつは自分の長話を聞かせた後にそいつを斬る習性があるそうな。
長話が苦手なヨシヒコが無視したもんだから、最後まで自分の話を聞かせるため旅に同行すると言い出しました。

 まさか、このドラマで宅麻伸様に会えるとは・・・ちょっとびっくり (* ̄m ̄)
「パルプ・フィクション」のトラボルタみたいに、このドラマが宅麻様の転機に?

 その次出会ったのがヨシヒコを父の仇と思い込んだムラサキ(木南晴夏)。
その根拠は父が殺された場にいた者がA4の紙に小学生が書いたような普通にかわいい似顔絵・・・
確かに、似てなくもないが・・・(  ̄〜 ̄;)
その他の情報としては、「わりと目がぱっちりしている」ってよ。

 「わりと目がぱっちりしている男は結構たくさんいるぞ。ぱっちりならともかく、「わりと」となると、すごくたくさんいるぞ。
それをすべて殺して回るとなると大変なことだ・・・」ヨシヒコ

 ヨシヒコの前にも、たくさんの「わりと目がぱっちり」の男を狙い続けてきたようで・・・・
疲れきったムラサキが泣き崩れたもんだから、同情したヨシヒコは敵が自分だと確信できたらいつでも刺すがいいと伝え、共に旅することにしました。
でも、危ないからムラサキの剣は引っ込むヤツに変えたけどね。

 何か木南晴夏ちゃん、「銭ゲバ」以来の当たり役じゃ・・・(´゚∀゚`) コスプレも似合ってるわ〜

 次に出会ったのは村人達を適当に騙していたイカサマ教祖メレブ(ムロツヨシ)。
チャラい話っぷりがイカしてるぞ。
ヨシヒコにイカサマを見破られたのをきっかけに、外の世界に飛びだすことに決め、ヨシヒコ達の旅に参加を表明ししました。
 一応魔法は使えるんだけど『ハナブー(豚の鼻に変える)』のみ。
しかも一日1回だから、ほとんど役にたたない。
ムラサキに「使えないヤツ!」と罵られてたわ〜

 ムロツヨシさん、去年の秋ぐらいから、いい波に乗ってる感じですよね〜
メレブが加わることによってバカバカしさに拍車がかかって、会話も楽しいぞ。

 こんな感じで仲間になった4人が、団結してヨシヒコの父と薬草を探す旅に出たんだけど・・・
コレが簡単に見つかったんだワ・・

 お父ちゃんはわりかしすぐに薬草を見つけたんだけど、子連れの女性といい仲になり、村のことも家族のこともどうでもよくなったらしい。
ちゃっかりヨシヒコの兄弟も作ってるし・・・

 父親から薬草を譲り受けたんで旅の目的は達成。4人組は解散することになりました。
「じゃ・・・お疲れ!」「お疲れ様でした」「お疲れっス・・」「じゃ今度会ったら家飲みとか・・・」ドライに別れるみなさん・・・

 んが、そこに仏様(佐藤二朗)が現れ・・・・「ヨシヒコーーー!!よく聞くのだーーーー!!」
って、他の3人にははっきり見えてるのに、肝心のヨシヒコにだけ見えないという・・・
メレブが貸してくれた原始的な3Dメガネをかけたら、やっと見ることができたさ。

「うぁぁ・・・飛び出して見える・・・!顔が大きい・・!!」ヨシヒコ
「ホットけよ!!はい、じゃ、いくよ、お告げいくよ。
ヨシヒコよ〜『いざないの剣』を手にしたお前の使命は、下界に降り立った魔王を倒すことだ。
彼はかつて下界に降り立ち地中深くに眠ったが、今眠りを解き地上に現れた。
疫病は彼の仕業なのだ。
彼は・・・人々の・・・心を・・・あやつ・・り、げっかいを・・・が・・・を、我がものに・・あの・・・しようと・・している・・ね」

 何かえらいしどろもどろだけど、簡単に言えば魔王の手からこの地上を救えってことらしい。
つまり旅は終わったと思ったら、また始まったらしい。
めんどくさいけど、行くしかないのだ!
ヨシヒコと愉快な仲間たちの旅はどんなかな〜
ほどよいユルさとしらじらしい雰囲気が好みかも。ちょっと楽しみだわ〜

 第2話
 
br_banner_kooriflag

昨日は「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」も見たんだけど、何か書く気になれなかった。
仲村トオルの白鳥と伊藤淳史のグッチのコンビは好きなんだけど・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 勇者ヨシヒコと魔王の城 第1話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2011年07月13日 18:38
内容 荒廃したカボイの村。疫病により人々は命を落としていた。 薬草を求め、半年前に旅立った父・・・勇者テルヒコ(きたろう)は音信不通。 そんななか、村長オザル(志賀廣太郎)が、祠の岩を指差し 突き刺さる伝説の剣を抜いた者が勇者であると告げられる。 多くの...
2. なるべくネタバレしない【勇者ヨシヒコと魔王の城 第1話】見たぞ!  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2011年07月13日 18:39
「それでも、生きていく」のレビューさえまだ書いてないというのに、こんなモンからでいいのか 夏期ドラマ最初のレビュー。「勇者ヨシヒコと魔王の城」。 ・・・と言っても、別にずっとレビューする気はな...
3. 新ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」第1話  [ 日々“是”精進! ver.A ]   2011年07月13日 20:05
スライム、登場 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107090005/ アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁 posted with amazlet at 11.07.09 スクウェア・エニックス (2010-03-04) 売り上
4. 「勇者ヨシヒコと魔王の城」第1話   [ またり、すばるくん。 ]   2011年07月13日 23:05
壱 
■絶対零度〜未解決事件特命捜査〜SP また始まる連ドラへの前哨戦ともいうべきスペシャル。二転三転してなかなかおもしろかったですね。ひさびさの面々の登場に、でもまだそんなにたってないんだよね。上戸彩の寝癖は今回なかったが、あいかわらずちょっと頼りない?感じ
6. 「勇者ヨシヒコと魔王の城」第1話  [ fool's aspirin ]   2011年07月14日 06:23
アホだよ〜!これアホドラマだよ〜!でも最高におもしろいよっ!…ってことで、スクエ二公認(?)謎のRPG風ドラマが始まりましたよっ!
7. 衝撃作「勇者ヨシヒコと魔王の城」第1話と「ピースボート」第2話  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2011年07月14日 08:56
「ピースボート」第2話と 「勇者ヨシヒコと魔王の城」第1話 【 勇者ヨシヒコと魔王の城 】 我が関西では月曜深夜放送・・・フジ→関西テレビの『ノイタミナ枠』もそうだけど、東京より放送日が遅いのは関西人のプライドの傷つけられて気に入らない・・・。 そん
8. 大爆笑「勇者ヨシヒコと魔王の城」第2話と陰気「ピースボート」第3話  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2011年07月19日 15:45
「ピースボート -Piece Vote-」第3話と 「勇者ヨシヒコと魔王の城」第2話 【 ピースボート -Piece Vote- 】 ゲームの主催者・雄山(陣内孝則)が、人を陥れ自分は助かろうとする小宮ユウ(細田よしひこ)に「自分を安全圏に置くために、わざと人を陥れ、被害者に訪れ

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2011年07月13日 18:46
ふふっ・・・今のところ、これが私の今期No.1ドラマだから〜( ̄∇ ̄;)
この馬鹿馬鹿しさのクオリティに脱帽する・・・
ヒゲのない山田くんもしゅてきだし♪

「アリアドネ」は、このシリーズで初めてまともに見れた気がする。
まだ原作に行ってないからね。原作読んじゃったら、絶対無理だし。
月9も「絶対零度」も書こうかと思いつつ手が動かない〜( ̄∇ ̄;)
暑くて怠け癖が・・・

2. Posted by 夕来   2011年07月14日 06:28
いや〜アホだろうとは予想してたけど、
予想を上回るアホさで、ホント笑わせてもらったわ。

>私、ゲームとかいっさいやらないからアレなんだけど、おもしろかったぞ。
そーなんだ!それでも楽しく見られるってことは、
やっぱりこのユルい空気感がいいってことだよねっ!(<主張

ギャグもわざとスベった感じにしてあるのとか、
BGMも壮大な音楽以外は学芸会みたいに
シーンとしちゃってるのとか、もう絶妙だよ…。
私は「アリアドネ」途中まで見てなんと寝落ちしますた!(爆
いいのか…こんなんで。記事も書きかけだし…。
この夏はヨシヒコな予感がしますわ。
3. Posted by きこり→くうさん   2011年07月14日 19:33
>今のところ、これが私の今期No.1ドラマだから〜( ̄∇ ̄;)
��(゚∀゚ノ)ノ なんと?!そこまでかい?(笑
確かに、このドラマは他のどんなドラマとも違うよね。
わたしゃ、この安っぽい作りがなんとも気に入ったよ。
ひょうひょうとおバカを演じている山田君がいいよね。
>「アリアドネ」は、このシリーズで初めてまともに見れた気がする。
シーズン2も3回ぐらいみて挫折しちゃったんだよな。
このシーズンも、すでに記事書く気なくしたし、見ることすらリタイアしそうな気が・・
最後まで見たのはシーズン1だけだよ・・(´∀`;)
私もなまけぐせなのか、夏はどうもやる気がでないよ・・・
4. Posted by きこり→夕来さん   2011年07月14日 19:41
>予想を上回るアホさで、ホント笑わせてもらったわ。
爆笑ってんじゃないけど、全編好きなテイストだよ〜
衣装といい、大道具小道具系が学芸会っぽいのもいいよね。
それと、あの変な間が好き(笑
>ギャグもわざとスベった感じにしてあるのとか
そうそう!(笑
滑っても淡々と進んでいくのがいいよね〜
全体的につくりこんでない雰囲気が楽しい。
>私は「アリアドネ」途中まで見てなんと寝落ちしますた!(爆
夏はいつも以上に眠いよ・・・
10時以降のドラマは生見は無理かも・・・(;´д`)
5. Posted by ヨーコ   2011年07月15日 05:51
いいなぁ。面白そうだなぁ。
静岡県でも浜松は西の端だから、アナログ時代は名古屋のチャンネルが普通に見れてたのよ。このドラマもテレビ愛知で放送しているから、アナログだったら見られたのに、地デジになったら見れなくなっちゃった(泣。随分遅れて静岡でも放送になる可能性は・・ゼロではないので(汗、それに期待したいと思う・・・悲しいの〜ん。
6. Posted by きこり→ヨーコさん   2011年07月15日 18:12
>いいなぁ。面白そうだなぁ。
おもしろいよ〜(* ̄∇ ̄*)
私も実は北海道では入らないと諦めてて忘れてたんだけど、友達の息子さんが見たって話聞いて、なんだ!はいるんじゃん!と慌てて、チェックしたよ。
>遅れて静岡でも放送になる可能性は・・ゼロではないので
北海道もそのパターンはよくあるのよ〜
お笑い番組とかさ。ドラマならまだしも、お笑い系はタイムラグがあると、ちょっとアレだよね。
このドラマ、いい感じにバカバカしいから、DVD化されたら、是非レンタルして見て見て〜新しい体験よ〜(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2011年 DVD鑑賞日記 その15「それでも、生きていく」 第2話 想い、絶たれて・・・