すずとなつ たぶん、もう1歳 「JIN−仁− 完結編」 第6話 坂本龍馬の闇 

2011年05月22日

「チャレンジド」 〜卒業〜 後編 さよなら熱血教師!

 うぅ・・(´;ω;`) 泣かされっぱなしの1時間だったよう・・・
「頑張る」って言葉は、時に重くのしかかることがあって好きじゃないけど、「前を向いて踏み出す」ってことなんだね。
HPはこちらよん。

 さてさて・・・啓一郎(佐々木蔵之介)のような教師になりたいと言っていた江藤(秋元龍太朗)が、急に高校進学を止め、就職すると言ってきました。
どうやら、父親が経営していた会社が倒産しそうで、経済的に苦しくなる家計を心配しての決断らしい。

 事情を知っても「夢を諦められるのか?」と問いかける啓一郎に、江藤は思いをぶつけるのでした。
「先生に何がわかるんだよ!この家だっていつまで住んでられるかわかんない、そんな時に高校なんて行ってられるかよ?!夢を諦めなきゃならない時だったあるんだよ!」

 教師として自分には何もできないのか・・・
啓一郎は教師になりたいと真摯に話していた江藤の声を思い出し、自習の時間にクラス内で順番に先生をやってもらうという企画を提案する。
そして、そのトップバッターに江藤を指名しました。
チャレンジド [DVD]regeneration(初回生産限定盤)(DVD付)

 「明日の自習時間、何か考えがあるんですね。何が待ってるかは聞きません。塙先生の魔法を信じてますから」新谷(村川絵梨)

 いや〜すっかり新谷先生も頼もしくなりましたよね〜
思い起こせば、最初の頃は啓一郎に敵対心燃やしてキリキリしてたのにさ〜
啓一郎の目となり、生徒達の全てを伝えたいと思うようになって、心の間口が広がり、成長できたのかなぁ・・

 翌日、迷いながら教壇に立った江藤ですが、数学の問題の解き方をわかりやすく伝えられ、みんなが数学に興味を持ってくれたことで揺れていた心が戻ったようです。
「みんなにわかってもらえて楽しかった。嬉しかった。俺、本当は先生になりたい。なれるかな・・先生」江藤
「知ってるか?江藤、高校には定時制も単位制もある。
働きながらだって、高校に行けるんだ。
働きながら勉強するのは大変なことだ。
でも、お前には夢がある。教師になりたいという夢がある。
何年かかってもいいじゃないか。簡単に諦められる夢なのか?」啓一郎
「先生、俺、やっぱり先生になりたい。だから、やってみる。
ありがとう、先生。教える楽しさを教えてくれて。何年かかってもいい、俺、絶対、先生になるから」

 啓一郎と握手して、頑張ろうと決意する江藤の姿が眩しかったぞ。
でも、啓一郎は江藤の奮起に喜びを感じながら、4月からの受け入れ先が決まらないことで不安を感じております。
 幸江(富田靖子)はそんな啓一郎に息子大介の成長ぶりを知らせ、「啓ちゃんだって、負けてられないわよ」と気合を入れるのでした。

 いや〜幸江あってこその啓一郎ですよね〜
啓一郎の扱いを心得てるわ〜ゥン((^ω^ ) ええ夫婦やぁ〜

 そして、受験の日が近づき・・・子供達の緊張感も高まっております。
「大丈夫だ。みんな、平常心で臨め。そして、自分を信じるんだ。そしたら、必ず道は拓ける。先生は信じてる」啓一郎
 
 受験前日、啓一郎は、みんなに試験の前に開くよう伝え、新たに作った「心の参考書」を渡しました。
それは、新谷に特徴を聞いて描いた、それぞれの似顔絵でした。
当日、緊張MAXでガチガチになっている子供たちは、その似顔絵と添えられた一言を読み、思わず笑ったおかげで緊張をほぐすことができたようです。

 ところが『パニック症候群』の持病を持つ奥寺比夜(小池里奈)は教室に入ろうとして過呼吸の発作を起こし、倒れてしまいました。
保健室のベッドにいる奥寺の元に、啓一郎は駆けつけましたぞ。
「奥寺、つらかったな、頑張ったな。奥寺の勇気、先生、偉いと思うぞ」
「先生、私、どうしたらいいの・・?行きたかった学校なのに。叶えたい夢だったのに・・・私、こんな弱い自分が大嫌い」奥寺
「奥寺、お前は弱くなんかない。お前のおかげで先生は押せなかったタイムカードを押せるようになった。
奥寺は先生に勇気をくれた。お前は弱くなんかないんだ」

 まず、奥寺の頑張りを褒めた啓一郎の姿に泣けたよ・・・(ノω・、)ウゥ
こんな大人が側にいてくれたら、自分を信じる勇気が持てるようになるよね。

 そして合格発表・・・3年3組では奥寺以外のp全員の進路が決定。
で、高校生活の話で盛り上がるクラスの雰囲気に気圧された奥寺は教室から逃げ出してしまう。
啓一郎は、新谷の協力で、看護科のある高校の二次募集の資料を取り寄せ、学校側に個室での受験を要請、了解を得た後、彼女に知らせるんだけど、すっかり自信を失っている奥寺は受験を拒否するのさ〜

 教室に入りづらくなっている奥寺を江藤が励ましましたぞ。
「俺も高校へ行くの諦めかけてた。でも、塙先生のおかげでチャレンジする勇気が出た。
お前も3組の生徒だろ?チャレンジしないで逃げんのかよ・・」

 友達の言葉は、また違った重みがありますよね・・・
揺れる気持ちで歩きながら、ふと啓一郎から受験前日もらった心の参考書を開けた奥寺は、似顔絵と『チャレンジド』という言葉を読んで、迷いをふっきることができたました。
「先生、私、がんばってみる。チャレンジしてみる。個室じゃなくていい。みんなと一緒に受ける。私、逃げない」奥寺

 そんな時、ずっと啓一郎の受け入れ先を探していた花村校長(西郷輝彦)から、面接してくれる学校があると吉報が!
んが、面接日は奥寺の受験日・・・

 視聴者のみなさんもでしょうが、私も、あ〜啓一郎、面接を棒にふる気だね・・と、すぐにわかったさ。
ベッタベタだけど、ここまでやってくれると、いっそ気持ちいいよ!

 受験当日、教室の前で発作に怯える奥寺の耳に(てか、前からじゃなく後ろから入った方がいんじゃね?)啓一郎の声が届きました。
「フレー!フレー!奥寺!!頑張れ!頑張れ!奥寺!!先生、ここで見守ってるからな!」
3組のみんなも集合。全員で奥寺にエールを送ったさ〜
「ありがとう、みんな。私、頑張るね」勇気をもらった奥寺は教室に入り、試験を受けることができました。

 学校に戻った啓一郎に花村先生からお話が・・・
面接を蹴られた学校はご立腹で、啓一郎が教鞭を取る可能性は消えてしまいました。
「自分の将来より、生徒を取ったんですね?まったく、あなたって人は!!本物の教師だ!」花村

 花村校長、アンタも本物の教師だよ・・(`;ω;´)
ここまでの理解者は、なかなかいないだろうなぁ・・・
奥寺は無事合格!職員室は喜びで湧き上がりましたぞ。

 ほっとする3年3組の元に、啓一郎が都丸中学を去ることが伝わりました。
ショックを受け、そして受け入れ先が決まらない啓一郎を心配する子供達・・・

 そして、ついに卒業式の日がやってきました。
教室での最後の挨拶の時がきちゃったョ・・・
「先生、目が見えなくなってから・・・本当に絶望した。
生きていけないんじゃないかって思ってた。でも、家族が支えてくれた。新谷先生が支えてくれた。
そして、何より、お前達みんなが支えてくれたんだ。
みんなの元気な声、笑い声、それがどれだけ、先生の力になったか。
だから、今日は、みんなにお礼を言いたい。
みんな、先生に出会ってくれて、本当にありがとう。みんなのお陰で先生がんばれた。
二度も教師になれた。本当にありがとう。

 みんな、これからの人生、いろんなことがある。
苦しいこと、悲しいこと、辛いこと、でも、その時はメロスになるんだ!絶対頑張れる!負けないから!
最後に欲張りな事言っていいかな?
お前たちの顔が見たかった。あぁ・・本当に見たかったよ。
でも、先生、心の目で見てた。だからお前たちのことはずーーっと忘れない。
ずーーーっとお前たちは俺の生徒だ。新谷先生の生徒だ。みんな、元気でな!」

 啓一郎の言葉は、子供達に自分自身の成長と旅立つ時が来たことを気づかせてくれました。
子供達は、先生達と仲間に支えられ、愛された自分、そして人を支えられる自分への誇りを胸に、また一歩踏み出していくのでしょう。

 サクサク話は進みますよ〜
終業式になり、ついに啓一郎が学校を去る日が来てしまいました。
涙を堪え、笑顔で同僚のみなさんと学校に別れを告げた啓一郎を3年3組の子供達が待っていましたョ〜
「先生を待っていました。先生の卒業式をやるために」鵜飼(竹内寿)
鵜飼は、みんなで作った卒業証書を啓一郎に手渡しました。

 「『卒業証書 塙啓一郎先生
あなたは最高の先生でした
いつも全力で僕達のことを考えてくれました
あなたはメロスでした
決して諦めないということを僕らに教えてくれました
これから僕達は別々の道を行きます
でも みんな あなたのような大人になりたいと思っています
諦めない まっすぐなメロスになることを誓います』本当にありがとうございました!!」鵜飼

 今度は啓一郎が子供達から勇気をもらう番でした。
この卒業証書に励まされ、夢に向かって新たな気持で走り続けることを子供たちに誓う啓一郎なのでした。
「最高の卒業式だ。先生、もう一度必ず教壇に立ってみせる。絶対に諦めない!ポン太!ストレートゴー!」

 ラストに不屈の精神で歩き続けようと決意した啓一郎の笑顔が胸にきました。
また、啓一郎が子供達を導く姿が見たい!そしてそんな啓一郎を支える幸江や大介やポン太に会いたい!素直にそう思えるドラマでした。
 正直、このストレートすぎるメッセージを3年3組の生徒たちと同年代の方たちはどう受け止めるんだろう?という疑問と不安はありますが、信念を持ち、夢を信じて生きる大人の姿を見せてもらい、私自身も勇気と元気をもらったのは確かです。

 また、いつか続きが放送されるのを待ってますョ〜

 前編 熱血教師の挑戦!
 2009年に放送された『チャレンジド』の記事
banner_23

これにて、NHKの『土曜ドラマ』枠は終了。
見ごたえのある素晴らしいドラマ(&たまにトンデモドラマ)の数々・・・どうもありがとう!゚+d(゚д゚*)+゚
今後も別枠でNHKならではのドラマが見られるのを期待しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. チャレンジド 〜卒業〜 後編  [ 昼寝の時間 ]   2011年05月22日 22:36
公式サイト 依然として次の学校が決まらない啓一郎。受験期の生徒たちに動揺をあたえ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
すずとなつ たぶん、もう1歳 「JIN−仁− 完結編」 第6話 坂本龍馬の闇