「アグリー・ベティ 4」 第16回 人生はステージ2011年 DVD鑑賞日記 その3

2011年02月04日

「アグリー・ベティ 4」 第17回 百万ドルの笑顔

 さて、ついにベティ(アメリカ・フェレーラ)のトレードマークとも言える歯の矯正器具が外れる日がやってきました。
で、意気揚々とザッカリーから紹介してもらったフランケル先生(キャシー・ナジミー)の元へ。

 先生の無駄話を延々と聞かされ、やっと外してもらえる!と思ったら、
火災報知機が誤作動し、治療室のスプリンクラーから水がジャーーー!
取り外しは延期になっちゃいました。

 パリにいるアレクシスにタイラーを会わせに行ったクレア( ジュディス・ライト)は、その報告をダニエル(エリック・メビウス)にするんだけど、
お子ちゃまのダニエルはと〜っても冷たい。
ちゃんと話し合いたいというクレアの願いを無視するのでした。

 や〜ね〜〜思春期の中学生みたい。いい加減に許してあげなよ。
てか、こんな嫌なキャラに設定した脚本家を憎むわ〜

 『モード』では、ダニエルが、ランジェリー・ブランド『イブの誘惑』が製作した「百万ドルのブラ」(宝石製)で表紙を飾る企画を推進中。
ブラが披露されるグッゲンハイム美術館で撮影する予定だったんだけど、
広報担当がスケジュールを変えて移動の予定を入れため撮影時間がゼロに・・・
 慌てふためいている時にアマンダ(ベッキー・ニュートン)からタイラーと付き合いたいから、セフレ関係を解消したいと伝えられ、さらにショック・・!
「君まで僕を裏切るのか?!」

 ( ゚д゚)・・・・・


 このままじゃ「百万ドルのブラ」の撮影ができない!
困った時のベティ頼み。
ベティがアシスタントのアリソンに連絡を取ったら、美術館でイブに会う時間ができるようにセッティングしてくれました。

 で、グッゲンハイム美術館に向かったベティなのですが、警備員にIDカードの提示を求めらたんだけど、その写真はマークがおもしろがって加工したため全く別人の顔になっており、一悶着。
 何とか納得させてゲートを通り抜け、アリソンを見つけてあだ名の「Aばくだーん!」と叫んだら、爆弾保持者と思われ、取り押さえられ転倒。
頭を強打して気を失ってしまう。

 目が覚めたベティがいたのは、美人でノーメガネで歯列矯正器具を付けていないベティが存在する世界。
案内役はフランケル先生。
「この世界でのあなたはちょっとうぬぼれ屋さんなのよ〜」

 前の世界でスアレス家が住んでいた場所には別の家族が住んでおり、
裕福なスアレス家は豪邸に住んでいる。
イグナシオはちょっとアクが強い感じになっており、ヒルダはちょいブサイクでダサい雰囲気・・・

「なぜ姉さんは・・・あんなに・・?」ベティ
「宇宙の法則よ。兄弟で美人は一人だけって決まってるの。
どこもそうでしょう?パリスとニッキー、キムとクロエ、ジェフとボー」フランケル

 さらに『モード』も違っている。
マークは子連れで受付の仕事をしている。
アマンダはダニエルと結婚しており、タイラーと浮気中。
で、いつもベティと一緒にマークをいじめているらしい。

 ベティはヤンキースのデレク・ジータと付き合ってたんだけど、この前別れて、復縁を迫られてる。
『モード』に入ったのもブラッドフォード経由ではなかったので、ダニエルのアシスタントもしていない。
 高校でクィーンに選ばれたほどのおしゃれリーダーだったベティはウィルミナに気に入られ、
彼女のアシスタントからスタートしたらしい。

 現在は『マネージメント・エディター』の地位におり、ウィルミナとつるんでやりたい放題。
みんなから恐れられている。

 この世界でも『百万ドルのブラ』の撮影が予定されていたんだけど、
ダニエルに恥をかかせるため、ウィルミナと結託していろいろ邪魔をしたようで・・
ダニエルはベティを目の敵にしております。
 もちろん、クレアからもからも、マークからも嫌われている。

 家族の関係も微妙〜
ジャスティンは産まれておらず、これから結婚するヒルダからは自分より目立つとアレなんで、式の付き添いを断られてしまう。
イグナシオはギャンブルで4万ドルをスッて、ノミ屋に脅されており、金の無心に来ている。

「何で歯並びがいいってだけでこんなに変わっちゃうの?!」ベティ
「あのね、矯正をしていると辛いでしょ?
みんなにバカにされると傷つくし、だから人の痛みもわかるのよ。
きれいな歯のベティはみんなにチヤホヤされるから思い上がってるわけ。
どうするつもり?」フランケル

 ベティは、この世界でのまわりとの関係を修復するために動きだしました。
イブに直接会って、何とかブラの撮影時間をもらえるよう頼みこみました。
そんな中、ブラが盗難に合ったことが発覚。
にゃんと盗んだのはウィルミナ!
ウィルミナを糾弾しようとしたら、逆に犯人として捕らえられそうになり、
もみあっているうちに転倒。
またまた意識を失ってしまいました。

 で、目が覚めたら元の世界に戻っていた。
でも、こっちでもブラがなくなってる!
ウィルミナを見つけたベティは、シャツを剥ぎとるんだけど、あっちの世界みたいに百万ドルのブラをつけてはいなかった。
ビスチェ一枚で目を剥いて怒るウィルミナに謝りながら逃げようと振り向いたら
ブラを付けたマネキンとぶつかり・・・・
矯正器具の針金とブラがからまって取れなくなりましたとさ・・・

 でも、その姿に大笑いしたイブが2時間の撮影許可をくれました。
で、たまたまフランケル先生がその場に居たので(何でだろ〜?)、
急きょ公衆の面前でベティの矯正器具が外されることに。

 きれいな歯になったベティをうっとりと見つめるダニエル・・・
矯正器具を外して身も心も開放感を感じるベティなのでした。

 その後、急に心に余裕を持ったダニエルはアマンダと抱き合って仲直り。
その姿を遠くから見ていたタイラーはジェラシメラメラ〜
そして、ミード社乗っ取りに燃えるウィルミナはタイラーを利用することを思いつくのでした。

 矯正器具が外れてアグリーではなくなったベティ・・・
この回に向けて、シーズン4は動いていたのかねぇ・・・
着地点が矯正器具も取れて、センスの良くなったベティってのが何だかつまらない。
 向上心のあるベティだから、ファッションセンスも磨いて変化するだろうとは思っていたけど、もっと違う感じを期待していたのよね。

 何かイチャモンぽいけど、ヒロインは美しくてセンスが良くなきゃダメなのか?
そうじゃなくて、一般的な『美しさ』に倣おうとせず、人から何と言われようと自分の個性を信じて突き進むアグリーなベティが好きだった。
 『モード』色に染まるベティではなく、ベティ色に染まっていく『モード』が見たかったけど、やっぱ無理な願いか・・
br_banner_usagi
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りんじぃ   2011年02月11日 12:43
何とか最後まで書いてくださーい。

きこりさんが興味を失っていくのはよくわかります。ベティのキャラクターが大分違いますね。。


2. Posted by きこり→りんじぃさん   2011年02月11日 21:03
>何とか最後まで書いてくださーい
、ヽ`(~д~*)、ヽ`エヘヘ・・
あと2回ですからね・・何とか・・
>きこりさんが興味を失っていくのはよくわかります
全体的にキャラが崩壊しているのですが(ダニエルもヒドイ・・)、やっぱりベティのキャラに魅力を感じ無くなったのがアレかも。寂しいですわ・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「アグリー・ベティ 4」 第16回 人生はステージ2011年 DVD鑑賞日記 その3