「SHERLOCK(シャーロック) 3」 第3回(最終回) 最後の誓い「MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜」 Episode #10(最終回) 最終対決 爆弾に狙われた空港・・・倉木が辿り着く真実

2014年06月09日

「刑事 コロンボ」 攻撃命令

なかなかおもしろい作品でした。
トリックさえわかれば、コロンボの相手じゃなかったですけどね〜( ̄∀ ̄)


 今回の犯人は心理学者のエリック・メイスン(ニコル・ウィリアムソン)。
殺されたのは妻の浮気相手だった助手のチャーリー。
動機はもちろん嫉妬と復讐。
半年前に妻のロレインも車ごと崖から転落という事故で死亡しているんだけど、
コレも浮気を知ったエリックが企んだことらしい。
妻の殺害が成功したもんだから、調子こいちゃったのね・・・

 殺害方法がちょっとおもしろいっちゅーか・・・何ちゅーか・・
飼い犬に噛み殺させるという大変残虐なものなんだけどさ・・
エリックは、そのためかなりの時間を準備にをかけましたぞ。

 まず、ローレルとハーディというドーベルマンに、ある言葉を聞くと、
その発した相手を襲うように訓練する。
コレは、何でもいいらしい。「罪を悔い改めよ」でも「梨汁ブシャー!」でも何でも。
犬の中で、その言葉と攻撃が結びつくよう訓練をする。

 エリックは殺す相手の背広を盗み、犬達に匂いを覚えさせ、その布をわら人形に貼り付け、攻撃対象を認識させた。
そして、レコーダーをわら人形の中に仕込み、攻撃開始を意味する秘密の言葉を再生させ、教え込んだのさ。
 
 さらに自分のアリバイを作るために電話による遠隔操作で殺人を成立させなきゃなんないから、電話の呼び出し音とセットで覚えさせにゃならん・・・めんどくさ・・

 さて、犯行当日、エリックはチャーリーと3時ごろにテニスの約束をしましたぞ。
で、自分はその前にかかりつけの医者のところで定期健診をすることにして、
遅れると思うから、勝手に家に入って待っててねと言っておく。
その時、職場に連れて来てたわんこ達をチャーリーに家に連れて行かせる。

別冊宝島 『刑事コロンボ完全捜査記録』 (別冊宝島 (1330))刑事コロンボ完全捜査記録 (宝島社文庫)

 検診中、医者がそばを離れた隙に、エリックはチャーリーに電話をかける。
この呼び出し音で、庭で遊んでいた犬どもはすぐにチャーリーの元へ。
この電話も、家に2台あるんだけど、片方は電源を抜いて鳴らないようにしておいて、
台所の電話しか使えないようにしておいたの。

 電話を取ったチャーリーにエリックは、検査が長引いて遅れること、
それと医師と映画の話をしていて自分の話を信じてくれないから、教えてやって欲しいと頼むのさ。

「映画の『市民ケーン』で、ケーンの雪ソリに何て書いてあったかだ、正確に頼む。
何と書いてあった?」エリック
「書斎の壁にあったアレだろ?『バラの蕾』」チャーリー
「ぐるるるるるーー(#゚皿゚)(#゚皿゚)」わんこたち
「受話器差し出しとくから、君から大声でアーニー(医師)に言ってくれよ」エリック
「『薔薇の蕾』!」チャーリー
「ガブッ!!」飛び掛る犬たち・・
「エリックーー!助けてくれーーー!!」
「ヨシ!( ̄ー ̄)b」エリック

 心理学者であるエリックの持論は「他の言葉に打ち勝つため自分だけの秘密の言葉を持て」。
つまり精神的に崩れそうな時にその秘密の言葉を唱えることによって自分自身を保つことができるという・・・
エリックにとっての秘密の言葉はチャーリーを死に至らしめることのできる「薔薇の蕾」だった。


 てか、利用された犬が、いい迷惑ですョ。ふんとにも〜!
通報したのは、離れのゲストハウスに下宿していた教え子のジョアン(キム・キャトラル)。
事件の知らせを受け家に帰って来たエリックは、コロンボ(ピーター・フォーク)が
犬達と遊んでいる姿を見て、不審に思うのさ。
普通、人を噛み殺した犬となんて関わり合いになりたくないはずだもんね。
この男・・・ちょっと違うぞとエリックは心の中で予防線を張ったはず。

 相手が犬であろうと、なぜ殺したのか、その理由を追求するのがコロンボザンス。
一緒に遊んで、人なつっこくよくしつけられた犬だと知ったコロンボは、
なぜ犬達が突然チャーリーを襲ったのかを探り始める。

 まずコロンボは、現場で電話の受話器がはずれていたことから、襲われた時チャーリーが誰かと電話で話していたことに気付きました。
コレ、自分からかけた場合、外からかかってきた場合、間違って受話器を外してしまった場合では音が違うらしい(電話会社に確認済み)。
台所の電話の音は誰かからの電話を受けていたことを示していた。

 電話の相手はチャーリーが襲われている声を聞いているはずなのに警察に届けなかった、コロンボはそこに殺意を感じたようです。
事故として処理されて終ると思ったのに、妙な殺人課の刑事が関わってしまったことにイラッとするエリック・・・

 いけませんねぇ・・
心理学のドクターのくせに、すでに後手に回ってるぞ。


 ところで、エリックは映画ファンってことで、屋敷の中には彼が集めた映画俳優の持ち物や撮影に使われた機材があちこちに飾られてある。
1930年代に活躍した喜劇王W.C.フィールズの大きな写真と彼が愛用していたビリヤードの台とキューがご自慢らしい。

 わたしゃ、ビリヤードのことまったく知らんけど、このキューが弓みたいに反り返っていて非常に打ち辛そう・・
実はビリヤードはかなりの腕らしいコロンボですら最後までうまく扱えませんでした。


 犬の行動を調べるためにコロンボは警察犬の訓練士コーコラン(トリシア・オニール)の元を訪ねました。
そこでブルーノという犬が彼女の「キス!」という言葉で襲い掛かる場面を見たコロンボはびっくり!
犬は訓練士が決めたどんな言葉ででも「攻撃命令」を刷り込むことができるとわかったのさ〜。

 この時、コロンボは自分の家の犬を連れてきており、留守がちだから奥さんのために番犬にしたいとコーコランに相談するんだけど、「奥さんのためなら空手を習わせた方がいい」とあっさり断られてました( ̄▽ ̄;)アハハ…

 その間にエリックは「攻撃命令」の訓練が知られるのを恐れ、保護してある犬たちを始末しようと警察へ・・
「お前たちには長生きしてほしかったけど、それじゃ私には都合が悪いんだよ」
 毒だんごを食べさせようと?と思ったら、チョコレートでした。
私、知らなかったけど犬にチョコレート食べさせたら中毒になるんだってね・・
寸でのところでコロンボが阻止したけどさ。

 現場の台所に落ちていたワラ、さらに週末になるとエリックは犬たちを連れて
どこかへ行っていたことが気になるコロンボ。

 そして、エリックはどんな言葉を使って犬たちを攻撃させたのか・・・
コロンボは「殺せ!」「キス!」「ダイヤモンド」「コロッケ」「コロンボ」とか言ってみるんだけど、犬達は無反応。
ところが電話のベルを聞くと突然激しく反応したのさ。
「なるほどねぇ・・・」コロンボ

 いつものように、じわじわと容疑者に迫るコロンボ・・・
半年前のエリックの妻の死を持ち出して、今回の事件はもしかしてエリックを狙ったのかもしれない。
夫妻を憎む何者かの連続殺人かもしれないと持ちかけましたぞ。

 でも、さすが心理学者、たいていの容疑者にナメられる(ナメられるように見せてるんだけど)コロンボですが、エリックは見抜いていました。
「君は実に興味ある人物ですなぁ・・
レインコートを着た子犬と見せかけて嬉しそうに庭を駆け回ってはそこら中に穴を掘って歩く。
だが実は地雷を埋めているのだ。尻尾フリフリね」


 その後、第一発見者のジョアンと話したコロンボは、犬に襲われていたチャーリーがエリックの名を呼んでいたことと、休みになるとエリックは「キャラハン酒場」という今は使っていない撮影所跡地によく出かけていたという情報を得る。
さらに台所の天井に何かをぶら下げるためのフックが刺さっているのを発見。
「キャラハン酒場」に出かけたコロンボは、エリックはここで犬達に「攻撃訓練」をしていたと確信するのさ。

 コロンボの追求がじわじわと迫ってることを感じたエリックは、チャーリーの家に忍びこみ殺害の動機の証明になる妻ロレインとチャーリーが仲良く写ってる写真を盗んでポッケへ・・
そこにコロンボの声が・・・(;`Д´ノ)ノ ビクーーーン!にゃんと、先に来ていたのさ〜
エリックはレポートを取りに来たってごまかしました。

 コロンボはここで上着が無くなっているスーツを見つけました。
多分、その上着を使ってチャーリーの匂いを犬たちに憶えさせたと思われ・・・
さぁ、徐々に事件のピースが埋められてきていますぞ。

 さて、ジョアンはエリックにホの字だったようですが、振られてしまったらしい。
心の冷たいエリックが自分になびくことはないと諦めたジョアンは悔し紛れに
エリックの妻とチャーリーが愛人関係にあったことを彼に話しました。

 せっかく証拠の写真を隠滅させたのに・・・(`皿´)
エリックの手がジョアンの首に延びた時、またしてもコロンボが!
「あぁ・・先生、アタシの性格分析をしてもらいたくって・・」
「・・・・・・・・・・いいタイミングでした」エリック

 性格分析って連想ゲームみたいなもんで、エリックが言う言葉に瞬間的に答えるもの。
暖炉の前で椅子に座ったコロンボとエリックは、このゲームをやりながらお互いに心の中で牽制しあっておりました。なかなか印象的な場面でしたな〜。


 攻撃命令に繋がる秘密の言葉さえわかればエリックを追い詰めることができる。
コロンボはエリックとの会話を録音したものを犬たちに聞かせたけど、相変わらず無反応。
ところがゲームを終えた後、門の近くで「市民ケーン」の話をしてた時の会話を聞いた犬たちが急変。
ついにコロンボは秘密の言葉に辿り着きました。

 犯人との対決の時がやってきましたョ〜
エリックが帰宅する頃に電話を鳴らす。
事件発生時と同じセッティングにするから台所の電話しかならない。
エリックが台所に向かうと、殺されていたはずの犬たちがいつものように電話のそばに来ている。
ふと見ると、自分がしていたようにチャーリーの服を着た藁人形がぶら下げてある。
おっと危ない・・・

 そこに現れたコロンボはビリヤードをやりながら犯人のやりくちを解説。
コロンボが球をポケットに入れる度にそこに入れておいた証拠をエリックに確認させるという凝ったやり方。
チャーリーと奥さんが一緒に写っている写真もエリックが処分する前にちゃーんと一枚抜いておいたし
キャラハン酒場でエリックが犬たちに攻撃訓練をしていた証拠集めも地道にしておいた。
最後の押しは検診の時に録った心電図。
ずっと穏やかだったのにチャーリーが殺された時間帯だけ急激に乱れとる!

「先生は電話で殺人をやったんです。100万ドルかけてもよござんす。
全く簡単な事件でした。アタシが特に利口だったからじゃありません。
ホント言うとね〜先生にはすこ〜しガッカリしたんです。
犯罪者としてはねぇ、手がかりを少し残しすぎたんですねぇ・・
動機に、それにチャンス、あなたほど学識のある方にしては、
みみっちい嘘で足取られましたねぇ。惜しいこってす」

 ここまで言うのも珍しいねぇ・・・(;^△^)

 さぁ、ここでコロンボはエリックに背中を向けてビリヤードを始めましたぞ。
今だ!犬に襲わせちゃえ!エリックは犬だちを呼びました。

「せっかく努力されたんだから、努力賞としてお目にかけましょう。
これで余すところなく立証できるはずです」エリック
「いやぁ〜もう立証はできてます」コロンボ
「御覧なさい・・・・・・・『薔薇の蕾』(どうだ!)」
「ぐるるるるーー」わんこ
「『薔薇の蕾っ!!』」
わんこ達はコロンボに飛びかかったぞ!

 ところが・・・襲うどころか犬たちはコロンボの顔をペロペロと舐めることに夢中。
呆然と立ち尽くすエリック・・・
「終わりっ!終わりったら終わりだよ。よ〜しよしよしよし。もうおしまい!」コロンボ
やっと犬たちは離れてくれました。

「今のが条件反射ってやつなんですってねぇ〜。
あの言葉で飛びかかるように仕込んだんでしょ」コロンボ
「・・・・・言葉を知ってたのか」エリック
「要点はね、あなたがご存じだったことを私は知らなかった。
私はただテープで聴いただけです。
コレ、御存じですか?声に反応して動くレコーダーなんです。
コレをね、こんなふうにくっつけると自動的にスイッチが入るんです」

 コロンボはこの前言葉のゲームをした夜に録音したものを聞かせて、その中から秘密の言葉を発見した事を教えました。
さらに、犬たちを「薔薇の蕾」という言葉でキスするように訓練しなおしたことも。

「反応の仕方が入れ替わったんです。おわかりでしょう?
・・・・もう一回やってみたいんですが・・・」
コロンボは、この前全く使いこなせなかったW.C.フィールズのキューを手に取りました。

「・・・・・・おみごとだ。コロンボさん。敬服の他ない。
あらゆる面で君は自分を支配している。まるで私の研修を受けたようだ(ニヤリ)」エリック
い〜え〜!研修なんて一度も。
ただね、ゲームってやつが大好きだというだけです」コロンボ
と言いながら突いてみたけど、やっぱり失敗。
「でも、これじゃゲームにならない」

 チャンチャン!お後がよろしいようで。
犬好きなコロンボの執念が実った捜査でした。
この後、犬たちがどうなったのか気になるわぁ〜


br_banner_renge



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 刑事コロンボ  [ 海外ドラマ新番組情報 ]   2015年10月15日 17:45
2015年10月に1話と2話を立て続けに見た。 どうせ古いドラマだから今はすっかり色あせていて、それほど楽しむことはできないだろうと高をくくっていたが、見始めると実に丁寧な作りでスタッフ、…

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロル   2014年06月10日 16:05
刑事コロンボは父が大好きで 昔、私も見ていました(ちなみに大草原の小さな家なども)。
きこりさんの記事を読んですぐ番組チェックしましたら再放送の相棒と重なってますが、成宮さんの時は見ないので さっそく一つ録画予約しました。コロンボ、素敵ですよね!。私は仕事がハードで、田舎の親の介護で帰省もしていまして、來週は父の手術もあり、他にご紹介して下さってる番組全部を見れず残念ですが、毎回記事を楽しみにしています。
2. Posted by きこり→ヒロルさん   2014年06月11日 06:27
おはようございます〜♪
私も「大草原の小さな家」大好きで見ていました。また再放送しないかな〜
ヒロルさんは「相棒」好きなんですね。でも成宮さんの時は見ないのか〜(笑
「刑事コロンボ」録画しておいては時間が空いた時に見ています。
やっぱり70年代の頃に作られたものが好きですねぇ〜
自分的には80年代に作られた新シリーズはあまり好みではないかな〜
お忙しく過ごされているヒロルさん、ドラマで気分転換して乗り切って下さいね。
私もドラマの力に励まされたり癒されたりです。
お互いにうまいことコントロールしてやっていきましょうかね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
お父様の手術の成功を北海道より祈っております。
3. Posted by ヒロル   2014年06月11日 07:51
父の事心配して下さり有難うございます、昔の相棒は 私にとっては癒し系で結構笑えてたんです、レギュラー出演者がみな人がいいので、そばに優しいお兄さん逹がいてくれるような。右京は銃使用も反対の平和主義者だし、仕事から帰ってのんびりBGM代わりに見るお茶の間番組の一つ。ただ殺人事件があるので 保存版にはしてません(^^;
今は断トツ
最後から二番目が
笑えます。何度見ても同じシーンで笑ってしまいます。
独り身なもので、笑いは必要不可欠なのでございます。(万里子の口調が移ってます?)
4. Posted by きこり→ヒロルさん   2014年06月12日 19:27
こんばんわ〜
>昔の相棒は 私にとっては癒し系で結構笑えてたんです
あ〜何かもヒヤヒヤドキドキしたり次々殺人が起こるような話は見たくないですよね(笑
サスペンスは好きですが、最近後味悪く終わりそうなドラマは敬遠しがちに・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
「最後から二番目」はホント癒されるし笑えるし、じ〜んとさせてくれるしで
貴重な存在ですよね。木曜は「MOZU」でぞわーーと毛羽立った心をこのドラマでクールダウンさせてもらっていますよ〜今晩も楽しみですな〜♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「SHERLOCK(シャーロック) 3」 第3回(最終回) 最後の誓い「MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜」 Episode #10(最終回) 最終対決 爆弾に狙われた空港・・・倉木が辿り着く真実