「ガキの使いやあらへんで!!」 芸能界お腹痛い王グランプリ!! 前半戦「木下部長とボク」 第11話

2010年03月25日

「アグリー・ベティ 3」 第24回 転落 (シーズン3 最終回)

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)はヘンリーとキスしたことに罪の意識を感じ、
マットにその事を話そうとするんだけど、なかなか勇気がでない・・・

 さて、出版界の賞・MAMA(ママ)アワードの優秀ファッション特集号部門に
『モード』の「ブライダル特集号」がノミネートされ、編集部は一気に華やかムードに・・
ダニエル(エリック・メビウス)と連名なのはシャクに触るけどウィルミナも喜んでおります。

 ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は、上級副社長となったクレアを
追い落とすために、過去に彼女がカルと付き合っていて妊娠した情報を元に脅すのでした。
 妊娠発覚後、クレアは、その事はカルにも告げずに中絶手術を受けたそうな・・
ウィルミナは、その情報をカルに知らせない代わりに、上級副社長の地位から降り、
今後一切『モード』の編集には口を出すなという要求を出しました。
 さらに辞任を、MAMA(ママ)アワードの授賞式で発表しろと言い出しましたぞ・・

「私、これまでは、誰にでも人間性のかけらぐらいはあると信じてたわ。
根っからの悪人なんて一人もいないと思ってた。でも、現実にいるのね」クレア
「嬉しい事言ってくれるじゃない・・」ウィルミナ 

 この闘い・・五分と五分だわね・・・
どちらもしぶとそう・・・(  ̄〜 ̄;)

 そんな時、エディターで特集担当のペニーが事故死するという事件が起こりました。
で、ベティがその空いたポストに立候補したら、もちろんダニエルは認めてくれましたわ〜
 んが、大切な右腕であるマーク(マイケル・ユーリー)を手放したくないウィルミナも、そのポストを餌にマークを引き止めたため、ひとつのエディターの席をめぐって争うことになったのさ〜
マークは『ヴォーグ』の話、断っちゃったんだって・・・

 もったいない・・・
でも、マークがいなくなったらつまんないから、わたしゃ嬉しいけどさ・・( ̄∀ ̄)
で、ペニーが進めていたイヴ・サンローランの特集の資料を元に、記事を作り、
いい仕事をした方を昇進させるとダニエルとウィルミナから発表されました。

「真剣勝負よ」ベティ
「望むところだわ」マーク

 マットは、ずっとベティが告白してくれるのを待っていたんだけど、
ベティが話さないことに決めたと知ると、ズバリとキスの事を切り出しました。
「僕は何度もチャンスをあげたのに君は言わなかっただろう?虚をついてばかり!」
「意味はなかったの。ホントよ。アレは単なるお別れのキスだもの」ベティ
「そうは思えない!
話してくれるのをずっと待ってたんだ。ここで君たちを目撃して、打ちのめされてからずっと!
分からないの?僕の気持・・
もう他の誰かとは一生キスしないって決めたのに!」
 傷ついたマットはベティの話を聞こうともせず去っていきました。

 でも、落ち込んでいる暇はない・・
ベティが資料集めのためにペニーの自宅MSへ行ったら、マークも来てたわ・・・
2人して乱雑な部屋の中を探し回っていたら、ペニーの双子の姉妹ミンディが
現れ、資料を出してきてくれたんだけど、あろうことかソレを窓から捨てちゃった!
 「ペニーは『モード』を憎んでた。さっさと帰ってよ!!」ミンディ

 (゚Д゚ノ)ノ ひょえ〜〜!!びっくり・・・
資料は消えて、記事は書けなくなった・・・
ベティの部屋(って、今はマークとアマンダの部屋だけど)で、ぐちるベティとマーク・・・
でも、珍しくアマンダ(ベッキー・ニュートン)にはっぱをかけられ、ベティの目は覚めたようです。

 マークと話し合った結果、上司に退職願を差し出し、どちらかをエディターとして選ぶよう要求しました。
 その勢いに乗って、マットに会いにいくベティ。
キスの事を話さなかった間違いを謝った上で、愛しているという自分の気持をしっかりと伝え、MAMA(ママ)アワードの授賞式の招待状を渡しました。
「待ってるから・・」ベティ

 そして、MAMA(ママ)アワードの授賞式当日がやってきました。
ベティは、芸能高校の試験に不合格で落ち込んでいるジャスティンを連れてきました。
華やかな席にやって来て、ちょっと元気になったようよ・・・

 で、久々にマークとツーショット場面ですわ〜
マークは、ジャスティンが公立高校でうまくやっていく自信がないのをわかってました。
「新しい環境になじめない訳じゃないの・・・
ラガーディア(芸能高校)の方が、自分ともっと・・・同じ匂いを持つ人が多いから」ジャスティン
「そうね。でも、びっくりするだろうけど、このアンタの先輩は、なんと公立高校の出身者なのよ〜
それでもりっぱにやってるわぁ〜
秘訣はね、自分の居場所を見つけること。もし、見つからなかったら・・・創るの」マーク

 マークお兄さん、しゅてきョ・・・((´゚∀゚`))
その頃、会場の片隅でダニエルとウィルミナは、どちらをエディターにするか選んでおりました。
コインでね・・・(´∀`;)
「2人とも同じぐらい有能で、私たちも譲らないでしょ。他に方法がある?」ウィルミナ
「C= (-。- ) ・・・表ならマーク、裏ならベティ・・・」ダニエル

 結果は・・・ベティの方に運があったようです。
エディター昇進が決まりました。
マークの気持を思うとアレだけど、やっぱり嬉しいベティ・・

 さらに、『モード』が最優秀ファッション特集号に選ばれました。
で、ダニエルが壇上でスピーチをしようとしたら、原稿がない!
(マークが盗んだんでね・・・)
あせったけど、会場でモリーが微笑んで見守ってくれているのに気付き、落ちついて
心のこもったスピーチをすることができました。

 でも、スピーチが終ってモリーの元にかけよろうとすると、彼女は消えていた・・
胸騒ぎがしてMSに戻るダニエル・・・

 さて、クレアVSウィルミナはどうなったかな・・?
早く辞任を発表するよう迫るウィルミナにカルと共に笑顔で応えるクレア・・・
すでにカルと話しあったようで、信頼感は失われなかったようです。
「カルといろいろ話してね、会社におけるあなたの役割を見直すことに決まったのよ」クレア

 あらあら・・・(;^ω^)逆に自分が追いつめられちゃった・・・
起死回生のため、ウィルミナは探偵みたいな男にコナーを捜し出して、盗んだお金を取り戻すよう命じてましたわ・・・
 その後、部屋にいる人物を見て衝撃を受けていたけど、コナーだよね・・多分・・・
シーズン4で、コンビ復活か?

 自分のオフィスを手に入れ、ご機嫌になっているベティの元へマットがやってきました。
「あいつ(ヘンリーが)好き?」マット
「!・・・・・」ベティ
「そうなんだ・・」
「ヘンリーは、私の初恋なの。一生忘れることはないと思う。
でも、とっくにもう終ったことよ。
マットだって、やっぱり初恋の人は忘れられないでしょう・・?」
「いや・・・僕は・・・君が初恋だよ・・
君の本心がわかった。僕たちはもうお終いだ・・」マット

 なんか急に怖い感じになっちゃったわ・・・
お父さんにベティの事を相談していたけど、その勧めで『モード』に入るんだって・・
画家修業は止めたんかい・・・
ベティのボスになるって言ってたわ〜
せっかく念願叶ってエディターになれたというのに、何か雲行きが怪しくなっちゃったね・・
 
 そして・・・やはり、モリーは亡くなってしまったようです。
一人、MSの階段で悲しみにくれているダニエルはベティを呼び出しました。
優しく母のようにダニエルを抱きしめるベティ・・・
2人の絆はますます強くなったようですが、乗り越えなければならないことが
これからいろいろでてくるんだろうなぁ・・・

 クレアは『サウスダコタ保険局 養子縁組証書』っていうのを燃やしてましたね。
中絶したっていうのはウソで、ちゃんと産んで養子に出したんだね。
『男の子』って書いてあったと思うから、この子がシーズン4でミード家の跡継ぎ問題に絡んできたりするのかちら・・

 う〜む、シーズン4に向けて伏線バッチリの回でしたが、ちゃんと放送してもらえるんだよね?
来年の春ぐらいかなぁ・・それとも今年の秋?
どちらにしろ楽しみです。
このストーリーをどう終らせるのか・・ドキドキしながら待ってますわ〜
sakura



春から始まる海外ドラマはシーズンを重ねたものばかり・・
シーズン1を見ていない者には敷居が高いわ・・
なんか新しいドラマを放送してくんないかな〜(´-ε-`) 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 優しさ 溢れる  [ 笑う学生の生活 ]   2011年04月16日 15:14
ドラマ「アグリー・ベティ」シーズン3を見ました。 NHKにて 水曜深夜にやってました もうおなじみ アグリー・ベティです 相変わらずの面白さでした 特に今回は今までのシーズンと比べても 1番ではと思えるほど良かったですね 大きな謎や陰謀などもなく 変に引っ張ら...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ガキの使いやあらへんで!!」 芸能界お腹痛い王グランプリ!! 前半戦「木下部長とボク」 第11話