「ブラッディ・マンデイ シーズン2」 第8回「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目 学 著

2010年03月14日

「左目探偵 EYE」 第8話 (最終回)

 さて、バスジャックをした池内(甲本雅裕)の要求で、愛之助(山田涼介)は
彼と対面することに・・
怯えて泣叫ぶ小学生の男の子に彫刻刀を突きつけ、自分の弟の居場所を教えろと迫る池内の姿を見ているうちに、愛之助の記憶が蘇りましたぞ!

 「俺のせいだったんだ・・・兄貴がこうなったのは、俺のせいだったんだ・・」

 小学校1年の時、池内とその弟に誘拐された愛之助を助けようとして夢人も監禁された。
で、見張りとして残っていた池内の弟から、身代金を運ぶ途中の両親が電車にはねられ亡くなった事を知らされ、泣き出す愛之助にナイフを向けたのを見た夢人は
そいつを殺してしまったのさ・・・

 「ごめんね・・ごめんね・・」と謝る池内の弟に何度もナイフを突き刺した夢人・・
この時、彼の中にあったどすぐろい感情が噴出した・・
兄は殺害の後始末をし、死体を2人で運んで埋めた。
「愛之助、今日起こったことは全部忘れろ・・忘れるんだ!」夢人

「どうして・・・こんな大事なこと・・・今まで忘れてたんだ・・?」
「言えーーーー!!弟をどうしたんだ?!」池内
「臨海地区にあるシースクエアビルの下に埋めた・・・あなたの弟を埋めた・・」愛之助

 逆上して彫刻刀を振りかざした池内は夢人(横山裕)の指示を受けた宮元警視(小木茂光)によって射殺され、バスジャック事件は解決ということになった。
殺人容疑と死体遺棄についての事情聴取という名目で警察に連れてこられた愛之助は、
宮元に黒晶がいた牢屋に閉じ込められちゃうのさ〜

 って、このシチュエーションとネクタイをちょっと緩めた制服姿に萌え〜(*゚益゚*)

 檻の中で宮元が夢人の部下だと知らされた愛之助は、夢人と対面・・
「や〜っと思い出してくれたんだぁ・・・
俺は一人で、ずっと人を殺した記憶に苦しんだ・・・
すべてを忘れたお前が無邪気に笑う姿を見る度に、心の中でどすぐろい何かが
染み出てくる気がしたよ。不公平だと思わないか?」

「なら、どうして俺を狙わない。
兄貴が殺人を犯したのは俺のせいだ。
だから、俺は兄貴に殺されても文句は言えない。
でも、正樹や正樹のお母さんは関係なかったはずだ。
平さんの息子さんだって関係なかった。
ブルーヘブンのライブで大怪我した島田だって・・・谷田部さんも。
みるくさんも関係なかった!
罪のない人を苦しめて楽しんでいる兄貴は絶対に許されるべきじゃない。
俺は、俺の命に代えても、絶対に兄貴を止めてみせる!」

 弟を守るために目覚めた悪魔・・・
その存在に苦しんだ夢人は、殺人を合理化するために、人間の本質は悪であるという事を証明しようと犯罪プランナーとなり、人間の弱さに付け込み、犯罪者を増殖させようとした。

 殺人の罪に苦しみながらも、どすぐろい欲望に身をまかせる快感とどんどんふくれあがる黒い感情に怯えた夢人・・
それは、いったいどこからくるのか・・・
殺人が自分を変えてしまったのか、それとももともと自分という人間は悪魔なのか・・
 そして、愛之助の悪を憎む健やかな姿は記憶を失っているからなのか・・・
愛之助を見つめる度に感じる愛情と憎しみと共に、自分の中でせめぎあう悪と善を常に意識しながら生きてきたはずです。
でも、夢人が苦しむのは良心が残っているから・・
もし夢人に善の部分が残っていなければ苦しみは生まれなかったでしょう。

 夢人は愛之助の記憶を取り戻させることによって、愛之助(人間の)本質が善なのか、
それとも悪なのかを知りたかったんじゃないでしょうか・・
夢人は「ゲーム」という言葉を口にしていましたが、彼にとっては自分の全存在を賭けた恐ろしいゲームだったはずです。

 でも、記憶が戻っても愛之助の悪を憎む心は揺るがなかった。
まっすぐに自分を見つめ裁く愛之助の目・・・
その目に映る自分自身の姿・・・夢人はもうすでにこの時に死を覚悟したのかもしれません。

 愛之助に死体を埋めた場所を掘る大義名分ができたと告げて去って行く夢人。
左目のお告げを受けた愛之助は檻の鉄柵に自分の顔をゴ〜〜〜ン!!(痛そ〜??(゚Д゚ノ)ノ)
『シースクエアビル』『横並びのビル群』『消火栓に爆弾をセットする大家さん』
『チンパンジー爆弾を製造する大家さん』が見えたぞ・・

 愛之助は大家さん(渡辺いっけい)も兄の一味であり、一連の爆弾を作った犯人だと知りました。

 さて、捜査本部は池内の弟の遺体捜索のために、シースクエアビルの下を掘ることにした。
( ゚д゚ )ええぇ〜〜そんな許可おりるのぉ?莫大な金がかかるぞお・・・
まぁ、いいけど・・
 
 この作業のおかげで夢人たちは爆弾をセットできたわけやね・・
夢人の計画は最終段階に入りました。
総理とコンタクトを取り、東京の都市機能を支えるスーパーコンピューターのあるビルの破壊を予告しましたぞ。
 阻止したければ50兆円を口座に振り込めってさ・・・
脅しのために夢人は区役所ビルをひとつ爆破し、5時間の猶予を与えました。

 檻の中で、見えた画像を分析している愛之助の元に加藤刑事(岡田義徳)と瞳(石原さとみ)が・・
黒晶(クリスタル・ケイ)からのアドバイスで宮元と愛之助の会話を盗聴した加藤が動いてくれたらしい。

 加藤刑事から福地刑事(佐野史郎)の手帳を預けられた愛之助は、
そこに書かれていた『ドミノ倒し』という言葉から、兄の計画に気付いたようです。
で、大家さんに会って爆弾の設置場所を聞くんだけど、教えてくれる訳ないやね〜
でも、愛之助にすげなくできなかった大家さんはヒントをくれました。

「俺もプロだからそれは教えられないよ。でも、愛之助君だからひとつだけ」
爆弾の動きを止める方法を書いたプリントを渡してくれたんだけど、
小向(片平なぎさ)から制裁を加えられちゃったわ・・・
さよ〜なら〜( ̄▽ ̄)ノいっけい・・今回もいい仕事だったョ・・

 愛之助は、見えた『ビル群』の画像は夢人が見ている景色だと推理し、
夢人の居場所を特定する(す、すげぇ・・・超能力捜査官以上・・・)。

 その頃、夢人は総理に『ゲームオーバー』を告げ、ビルの爆破を開始。
金が欲しい小向はおもしろくないようですわ・・・
 
「兄貴ーーーー!」愛之助到着!
「もう止めろよ。遅かったな愛之助。ここまで辿り着いたって事は俺の計画を見抜いたってことかな?」夢人

 夢人の計画とは、セキュリティが厳しくて爆弾を設置することができない
東京の都市機能を支えるスーパーコンピューターのあるビルを破壊するために、
並んでいるビルを次々と爆破しドミノ倒し的にそのビルを壊滅させるというもの。

 そんな話をしていたら、小向が夢人に銃を向けたぞ。
「アナタ、やっぱり弟君に甘すぎるわ。さよなら」
 でも、弾が入ってな〜い・・・
「俺の用心深さ・・・忘れてた?裏切り者には死を・・だっけ?」
夢人が小向に銃を向けると、今度は黒晶が夢人に銃を・・・忙しいわ〜
「さすがは田中夢人、でも残念ね・・」黒晶

 この前断ったくせに、小向ったら黒晶と組むことにしたようです。
夢人は手にしていた銃を小向に渡しましたわ・・・
「あなたは結局弟君を殺せない。人としての感情を捨てきれないのよ。
だから私、あなたと別れることにしたの」小向
「最後まで生き残った者が勝者。この勝負、私の勝ちだな」黒晶
「ふっ・・それはどうかな・・言ったろう?俺は用心深い人間だって」夢人

 夢人に銃弾を撃ち込めば、この建物自体が爆破する時限装置をセットしたそうな・・
「生き残った者が勝者。ということは、この闘いに勝者はいない。
俺に銃を撃ちこめば、間違いなく全員死ぬからね」夢人

 でも、これが夢人のはったりだって小向はすぐに気付いて発砲・・・
んが、暴発して(夢人の仕込み)小向は自爆。
それに一瞬気を取られた隙に夢人に撃たれて、黒晶も死亡。

 ありゃ〜あっさりいっちまったね・・・
クリスタル・ケイさん、もっと活躍してくれると思ったのに〜もったいなかったにゃ〜
 片平なぎささんは、さすがの存在感でしたわ〜
『サスペンスの女王』という位置にいる片平さんをおもしろく使ったキャスティングだったと思います。
 主役2人とのバランスも良かった。

 夢人も黒晶に撃たれて傷を負っていた・・・
「さぁ、愛之助・・・最後のショーの幕開けだ」爆破装置のスイッチを押す夢人。
一つ目のビルが崩れ・・・次に二つ目が・・・
「どうだ弟・・・おもしろいだろ?」夢人

 愛之助は最後のビルが倒れるのを防ぐために、瞳と共にその隣のビルへ向かいました。
大家さんのおかげで、液体窒素をかけて爆弾の動きを止める事ができたのさ〜
東京は救われた!ビル6つぐらい消えたけどね・・(´∀`;)

 「ホントに止めやがった・・」
薄れていく意識の中で、この景色は夢人にとって救いだったでしょうか・・・

 愛之助は夢人の元へ向かいました。
「兄貴!」
「愛之助・・・どうしてここに・・」夢人
「決まってんだろ。兄貴を病院に運ぶんだ。生きて、罪を償ってほしい」
「もう無駄だ・・・」

 瀕死の夢人をおぶって運ぶ愛之助・・・
(こういう場面で毎回思うけど、なぜ止血しない、なぜタクシーを使わない(「´゚ω゚)「 )

「よく止められたな・・・」夢人
「左目のおかげだよ。兄貴がくれた左目が俺にヒントを教えてくれたんだよ。
じゃなきゃ、俺なんかに兄貴の計画止められるはずないだろ・・
きっと兄貴は心のどこかで自分の事を止めて欲しかったんだと思う。
だから俺の左目に兄貴が見たのと同じ映像が見えたんだよ」愛之助
「お前ホントバカだよな・・何で俺なんかを・・」
「兄貴は俺のたった一人の家族なんだ・・」
 その言葉を聞きながら夢人は息をひきとりました。

 兄との戦いで芽生えた愛之助の中にもあるどすぐろい感情・・・
その事で悩み苦しみ、兄を憎んだ愛之助が最後に見出したのは
夢人がかつて自分に与えてくれた忘れられない愛の記憶でした。
 愛之助の善なる部分を憎みながらも、最後まで目をそらすことができなかった夢人・・
愛之助なら、自分の本当の姿を教えてくれるって信じてたのかもしんないね・・・

 いや〜おもしろかったですよ〜
このドラマ、記事書いてる人もあんまりいなくて寂しかったけど、
私はこのテイスト好きだったし、見終わった後書きたいな〜って気持にさせてくれましたョ〜
 
 主演の2人のキャラがスペシャルの時からしっかりできあがってたもんね・・
山田君の凜として悪に立ち向かう姿はしゅてきでした。
いろんな表情を見せてくれましたよね。
やはり、すごくおもしろいものをもってる子だな〜って思います。
今後の作品も楽しみ・・・このままでいて欲しいような気もするけどね・・

 連ドラになって大内刑事(寺脇康文)が抜けて、加藤刑事だけになったのは
ちょっと物足りなかったな〜小回りは利くようになったけど。
 でも、その分小向ががんばってくれたけどさ・・・

 横山君の悪の魅力が終盤になってグーーンときたよね〜 
それまでずっと謎だった夢人の犯罪の動機や隠れていた苦しみが最終回になって明かされたのも、ズシッときたわ・・・
やっぱ最終回は、そのドラマの集大成ですからね。
その期待に応えてくれた内容の濃い最終回でした。

 もちろんところどころツッコミどころ満載だったけど、それも昭和ドラマを彷彿とさせてくれて、懐かしい気持で見ることができました。
ドラマの中で流れてる曲も切なさを盛り上げてくれてナイスでした。
 夢人が死んじゃったから、続編がないのが寂しいですわ・・・
そうそう、ラストに凜ちゃんの元気な姿が見られてほっとしたぞ・・・

 「左目探偵 EYE」 第1話
 「左目探偵 EYE」 第2話
 「左目探偵 EYE」 第3話
 「左目探偵 EYE」 第4話
 「左目探偵 EYE」 第5話
 「左目探偵 EYE」 第6話
 「左目探偵 EYE」 第7話    
 2009年10月に放送されたスペシャル

うぐいす


てか、兄が亡くなっても左目のお告げはあるんだね〜と思ったアナタ、ぽちっとしてみる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 左目探偵EYE (最終回)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2010年03月14日 13:51
日本テレビ系列で毎週土曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『左目探偵EYE』は、昨日、最終回(第8話)を迎えました。●あらすじと感想
2. 左目探偵EYE 第8話(最終回)本当の目的  [ レベル999のマニアな講義 ]   2010年03月14日 16:57
『衝撃の結末!!さよなら左目探偵』内容彫刻刀による連続傷害事件の犯人・池内和哉(甲本雅裕)により、バスジャックされてしまった!要求は、愛之助(山田涼介)を連れてくること。加藤刑事(岡田義徳)に連れられ現場へ到着した愛之助。捜査員に連れられ、池内の前に来...
3. 左目探偵EYE 最終回 感想  [ ぐ〜たらにっき ]   2010年03月14日 19:41
『衝撃の結末!!さよなら左目探偵』

この記事へのコメント

1. Posted by かえ   2010年03月15日 20:32
>東京は救われた!ビル6つぐらい消えたけどね・・(´∀`;)
ビルをドミノ倒しってかなり無理のある
設定だなって突っ込んでしまいました(^ ^;

>なぜ止血しない、なぜタクシーを使わない
瞳を呼んで車で運べば良かったんじゃない?
保健の先生だし、止血くらいはできたかと思いますよ。

横山君の悪の魅力が最終回だけあって確実に
アップしていました!
悲しい最期でしたが最愛の弟のもとで
きっと幸せだったでしょう。
お疲れさまと言ってあげたくなりました(涙)

いろいろと突っ込みどころはありましたけど、
面白いドラマだったと思います^^
山田君はこれからも伸びていきそうなので
次回はどんな役を演じてくれるのか期待したいですね。




2. Posted by きこり→かえさん   2010年03月15日 21:08
>ビルをドミノ倒しってかなり無理のある
設定だなって突っ込んでしまいました(^ ^;
私も爆発しても下に崩れちゃって横には倒れないのでは?( ゚Д゚)って思いました。
しかも、ビルとビルけっこう離れていたような〜(笑
>瞳を呼んで車で運べば良かったんじゃない?
そうそう!
でもなぜかこういうドラマって必ず自力で運ぼうとするんですよ〜
余計出血するっての・・って思いましたよ〜(笑
>横山君の悪の魅力が最終回だけあって確実に
アップしていました!
横山君は悪い役の方がはまりますよね〜
最終回は横山君も山田君も両方が生きる脚本になっていたような〜
私もあの曲のせいもあって、結構じ〜んときちゃいましたわ〜
>いろいろと突っ込みどころはありましたけど、
面白いドラマだったと思います^^
狙ってるのかなんなのか、あちこちにツッコミどころがあるのも楽しみだったかも(笑
昔の特撮ドラマみたいな感じで、穴が見えるのが
逆に味になっていたような・・
山田君どんなふうに成長するのか楽しみですよね。
3. Posted by 陽子しゃん   2010年03月15日 21:51
うんうん。ラストは見たよ〜
真面目な所と、瞳かな?ぼけ(失礼)るとこと
結構面白かった。
クリスタルケイさん、かっこ良かったね。
4. Posted by きこり→陽子しゃんさん   2010年03月16日 18:45
>真面目な所と、瞳かな?ぼけ(失礼)るとこと
結構面白かった。
石原さとみさん良かったよね〜
でも、もっと守銭奴的なとこ出してもよかったかも(笑
愛之助とどっちが年上かわかんない感じだったけど
いいコンビでした(笑
クリスタル・ケイさん、せっかく出演するんだから
もっと活躍させてあげればよかったのにね〜
あの黒豹みたいな姿のアクションが見たかったな〜
5. Posted by ちぃ   2010年03月26日 09:30
2 涼介くんの愛之助格好良かったね涼介くんのあの笑顔にはまぢキュン死だった
6. Posted by きこり→ちぃさん   2010年03月26日 14:38
コメントありがとうございます。
愛之助、いいキャラでしたよね。
山田涼介君にぴったりでした。
>涼介くんのあの笑顔にはまぢキュン死
(* ̄m ̄)ふふ・・・
私は殴られて倒れるお顔にドキドキしました。
スペシャルとかで瞳とのコンビ、復活して欲しいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ブラッディ・マンデイ シーズン2」 第8回「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目 学 著