「オリエント急行殺人事件」 シドニー・ルメット 監督「木下部長とボク」 第5話

2010年02月11日

「アグリー・ベティ 3」 第18回 恋の障害

 う〜む・・・なんだか、このドラマも哲学的な内容になってきたぞ・・
でも、シーズン2よりも確実におもしろいと思いますわ〜

 ダニエルとウィルミナは、彼の写真が表紙を飾れば売り上げ倍増まちがいなしという写真家のマイルズとの契約に臨むんだけど、ギャラが高くて、交渉中断。
 ダニエル(エリック・メビウス)が自分のポケットマネーを出すと言い出したもんだから、
彼と対等な立場を保ちたいウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)もお金を出すことに・・
でも、土地や証券は持っているけど現金がないウィルミナは自分の豪華な衣類や宝石を売ってお金を作ることに・・・
 でも、ウィルミナったら、査定してもらってる間も辛そうだわ〜

 さらに、毎日食べていたおやつ、アフタヌーンシャンパンとキャビアが
予算の関係からアーモンドと炭酸水になっちゃって・・・
モチベーションが下がりっぱなし・・・

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、マットのお母様に会う事になりました。
マットからの事前情報では、「娘ができたみたい」と喜んですごく会いたがっているってことだったんだけどさ〜
 マジソン・アヴェニューにあるご立派なお宅に伺って見れば、出てきたのは
ヒラリー・クリントンを嫌味っぽくしたようなご婦人・・・
ベティの姿を値踏みするように見た後、新しいメイドだとジャッジしたようです。

 マットったら、何も伝えてなかったようで、お母さんもびっくりしてるし
ベティも気まずいったらありゃしない・・・

 このお母さん、かなり難しい性格でいつも批判的なんだって・・
今までマットが連れてきた相手を気に入った事が一度もないそうな・・・
こえ〜( ̄Д ̄;;
 でも、ベティはまったくくじけない。
マットは、お母さんと仲良くなろうとポジティブになってる彼女を、母主催のパーティに招待しておりました。

 ( ̄ー ̄?)でも、セレブのパーティってどんなの?
同じくセレブのクレア(ジュディス・ライト)に相談するベティ・・
ダニエルから何でも聞いてるクレアは「ビクトリア・ハートリーのパーティのことでしょ?」
ちゃんとわかってました。
 こういうパーティでは『話題』が決まってるらしくて、それが知りたいというベティのために、メイドを呼び出して聞いてくれました。
当日の話題は『拷問』・・・変なの・・・(´∀`;)
でも、これで準備してパーティに臨めるわ〜

 ダニエルは、モリーに癌治療の名医と言われているドクター・サイモンの診察を受けさせました。
でも、サイモン先生の治療法はまだ研究段階のようで、「可能性は低いけどチャンスはある」という答え。
お金もかかるし、治療に専念しなきゃならない。

 ダニエルは、その治療に賭けて希望を持ちたいんだけど、モリーは治療薬の副作用が強いことも気になるし、残された時間を治療だけで過ごしたくないと考えたようです。
「私たちには今しかないのよ・・」
残された時間を自由に使いたいから断ってと言ってましたわ〜

 さて、大切な衣類を売る決意をしたウィルミナにショックな出来事が・・・
にゃんと『ファッション・バズ』でスズキ・セント・ピエールがゴシップネタとして
ウィルミナが自分のワードロープを売り払っているって伝えてる!
落ちぶれたイメージで語られちゃった・・・・
さすがのウィルミナも傷ついたようですわ〜

 そして、その後、マークが衣類を引き取りに来たオークション業者を連れてきたら、
ウィルミナは、渡すはずの毛皮たちとベッドの上で別れを惜しんでおりました。
「あぁ、神様!どうして?!私が何をしたって言うの?」
嘆き悲しむウィルミナをそっと携帯のカメラで写すマーク・・・
もしかして、オークションのことをリークしたのもマークかい?

 「(これは)ただの贅沢品じゃないわ!
全部私自身なの!どの毛皮にも物語があるし、宝石は私の一部なのよ!
成し遂げたものを思い出させてくれる・・・
がんばってきたんだもの・・・
ゼロからここに来るまで、どれほど苦労したか!」ウ
「お父さんは上院議員でしょ?」マーク
「黙ってて!!」ウ

 玄関ではオークションの方が催促のベルを鳴らしてますョ〜
「持ってって!全部持っていきなさいよ!とにかくお金を持ってきて!
(着ていた毛皮を脱ぎ捨てて、黒の下着だけになったわ〜)
マーク、この姿は美しい?
贅沢は敵よ!
これからは徹底的にスリム化を計らないと!!」ウ
「メリハリは残さなきゃダメよ!」マーク

 かなりの葛藤があったようですが、ウィルミナ、やっと思い切ることができたようで・・・
つーか、モノよりも今の自分の地位を守ることを選んだのね・・・

 その頃、ベティはドキドキしながらマットのお母様主催のパーティに出席しておりました。
で、マットと話している時に手に持っていたオードブルのマッシュルームをどこかに飛ばしちゃって・・・
 来週からルーブルで展示される予定の美術コレクションの一枚を、お母様が紹介したら、
にゃんと、そこにベティが飛ばしたマッシュルームがべったりと張り付いてるわ〜!

 青ざめるベティ・・・
マットが自分がしたと言ってくれたけど、お母様は気付いていたようよ・・
その後食事が始まるんだけど、マットとは席を離れさせられるし、
話題も『オペラの未来について』に変わってる・・・
驚いているベティに一番最初に話をふるお母様・・・いぢわるね〜

 でも、オペラについてまったくわからないベティが困っていると、マットから『「モード」のオペラ特集』という助け舟のメールが来たョ。
「モード」でオペラをモチーフにした特集があったことを思い出したベティは、ユニークな意見を述べることができて、いつのまにか話題の中心になってました。

 さすがベティ・・・
お母様の思惑通りには進ませませんョ・・・
ところが、ベティがほっとしていると、お母様が近づいてきて
マットとベティの育った環境や学歴の違いなどをあげて、「もうあの子には会わないでもらいたいの」と強い口調で告げるのさ〜

 さすがに耐えられず、一人帰ろうとするベティにマットが意外な男らしさを見せましたョ〜
不安になっているベティに「これからもずっと君と付き合っていきたい」とはっきりと伝え、
母親にもその事を宣言し一緒に出て行きました。

 思ってたより骨があるじゃん・・・
本当にベティの事が好きなのね・・・それがはっきりわかってよかったかも・・

 さて、ダニエルとウィルミナの努力によりギャラが用意できたんで、
マイルズが契約書にサインをしました。
今後もパートナーでいるために「対等であること」に拘るウィルミナでしたが
ダニエルはこれからも、ウィルミナと一緒にやっていく意志を伝えて安心させていました。
 「人生は短いんだ。大切なものが何か分かり始めたんだよ、モリーのおかげで」

 この言葉はウィルミナにも影響を与えたようです。
恐る恐るアーモンドと炭酸水のおやつを持って来て「これでも平気?」と尋ねるマークに恐ろしい顔で告げましたぞ・・
「もちろんよ。
でも、言っとくけど携帯で私を撮ったりしたら、アナタを殺して食ってやるから」
「でも、私も人間として成長したわ、ダニエルのおかげで・・
モリーは人生を精一杯生きようとしている。私も負けられないわよ!」

 ウィルミナがそばに置いてあったテーブルのナプキンを取るとシャンパンとキャビアが・・
「毛皮や宝石がなくても生きていけるわ。
でも、今まで培ってきたものを全て手放すことはないでしょ?」ウ
「じゃあ、どうやってそのためのお金を作る?」マーク
「打てる手は全部打たないとね。家を抵当に入れればいいし・・
とにかく、これだけは神様に誓うわ!
何があっても、二度と大好きなシャンペンとキャビアは手放さない!
さぁ、オードブルを作ってちょうだい」ウ

 失ったものは、また手に入れればいい。
すぐに取り戻す自信もある。
でもそのためにがんばるには、日々の自分へのプレゼントがなきゃやっていられない・・
 ウィルミナの人生には、シャンパンとキャビアはどうしてもはずせない大事なものなのね・・

 そしてダニエルは、モリーの生き方を尊重したいと思いながらも納得できずにベティに相談しておりました。
「大人になって初めて誰かを真剣に愛したんだよ。この薬は利くかもしれないし・・」
「望めない場合もあるんです。与えられたもので満足するしか・・」ベティ

 難しいですね・・・
でも、より深い生き方に繋がっているような・・
自分の思うように世界を変えようとするのではなく、今自分がいる世界の中で満足できるにはどうしたらいいか考える・・・
 それは、より深く人生や共に生きる相手を愛することに繋がるのかもしれません。
ダニエルはモリーの考えを尊重して、一緒にいられる今の時間を治療ではなく
思うがままに自由に大切に過ごすことにしたようです。

 一方、何とかマットのお母さんに気に入ってもらえる方法はないかと悩んでいたベティは、クレアからアドバイスをもらってちょっと胸のつかえが取れたかな・・?
「誰もがあなたを好きになる訳じゃない。無理なものは無理と認めなさい」

 偶然出会った、お母様から「私謝らないわ。自分は正しいと思っているから」と言われ
「私もです。マットとは当分別れませんから」と笑顔で伝えることができました。

 なんだかおもしろいですね・・
得られないものもあるという現実を認めて、その中で幸せを見つけようと努力していく。
なんだか照らされる部分がはっきりしちゃって、逆に世界が狭まっちゃうような錯覚を起しそうだけど、
実はそれが、より大きな世界を見るための準備になるような気もしますわ・・・

ねこちゃん


ダニエルとウィルミナが仲良くなると、ちょっとつまんないかも・・って思っちゃったアナタ、ポチッとね〜((*´∀`*))

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by berry   2010年02月12日 00:18
確かに内容深くなってる気がしますよね。
でも視聴率低下で次のシリーズで終わるみたいですけど面白くなくなるんでしょうか(^_^;
2. Posted by きこり→berryさん   2010年02月12日 10:29
>でも視聴率低下で次のシリーズで終わるみたいですけど面白くなくなるんでしょうか(^_^;
あぁ〜
確かに衝撃的な事件もないし、大物ゲストも出ないしねぇ・・・
シーズン3になってから内面の地味な動きを描いてるから、飽きられて視聴率が下がるのもしかたないかも・・
ベティよりも周りの皆さん中心に描いてるからアレなのかな〜?
でも、来シーズンまでは決まってるんですね。
BSで放送してくれるのかな〜?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「オリエント急行殺人事件」 シドニー・ルメット 監督「木下部長とボク」 第5話