「ブラッディ・マンデイ シーズン2」 第2回「君たちに明日はない」 第3回 二億円の女

2010年01月31日

「左目探偵 EYE」 第2話

 やっぱりおもしろいかも・・・このテイスト好きだわ〜
残酷な兄夢人に立ち向かおうとする愛之助の思いが、正樹が巻き込まれたことにより、
より強くなって見やすくなったと思う。
 そして、愛之助の行動の元になっているのは、兄への憎しみではなく、
優しかった兄を取り戻したいという必死な願いだというのが伝わってきます。

 さて、PCのロックを解除した黒晶(クリスタル・ケイ)は、その情報を教える代わりに、
釈放と足のつかないピストルを要求しましたわ・・
どうやら、その銃で殺っちまいたい奴がいるらしい。
 そんな条件、普通のめないやね〜
「誘拐ゲームはまだ続くよ」黒晶

 そして、巡査になっている夢人(横山裕)は愛之助(山田涼介)に釘を刺しておりました。
「もう3人目は誘拐してある。誰かにしゃべったらその命はないと思え」 

 3人目はいったい誰なのか・・・
兄の犯罪を何とか防ごうと、解明されていない画像「ひよこみたいな鳥」「10、20、30などの数字」の意味を知ろうと瞳(石原さとみ)のとこへ行くんだけど、
相変らず金の計算で忙しいわ・・・(;´д`)
 にゃんと借金を全部返し終わるのは15年後だってョ・・・

 ところでYY金融の借金取りやってる古田新太さんって、いつか事件に巻き込まれたりすんのか?
最終回までずっと金の催促だけってのも逆におもしろいけどね。 

 さて・・・正樹君(中山優馬)は、なぜかこの度の誘拐事件に興味を持っており、
愛之助が捜査に関わっていることにも気付いております。
 で、貧乏人ばかり狙う犯人への憎しみを口にするのでした。
「生きてる価値ないよ」
「(犯罪を)そそのかしている奴、そっちの方が生きてる価値ないよ」
その言葉が、グサグサと愛之助の胸に刺さりますわ・・・

 でも、その後、その正樹が愛之助の目の前で誘拐されてしまうのさ・・
犯人に突き飛ばされた拍子に見えた新しい画像は・・・
「数字」「神谷の表札」「デカイ家」「天使のオブジェ」・・・・

 そして夢人から連絡が入ったぞ。
「実は、今のが3人目の誘拐だ。
嘘をついたお詫びに俺からひとつプレゼントをやるよ。お前のためのボーナスステージだ」

 今回の身代金は900万。
捜査会議で加藤刑事(岡田義徳)は、人質を危険な目に合わせないためにも、
警察でお金を用意できないか提案したんだけど、福地(佐野史郎)は規則を楯に聞く気なし。
 正樹の母早苗(渡辺典子)も「長引くと肺炎で死んでしまう」と必死に身代金の工面を頼むんだけど加藤にはどうすることもできない・・・

 愛之助は見えた画像を伝えるために、瞳と共に加藤のいる正樹の家へ・・・
で、聞いてみると「神谷」とは早苗が務めている介護ヘルパーの会社の会長の名前だったのさ・・

 この神谷会長(若松武史)の風貌がいかにも胡散臭いというか、いやらしい感じなのよね〜
早苗は会長に身代金を貸してくれるよう頼むんだけど、一度貸したら今後も犯罪者に狙われるとか言って拒否するのさ・・
 福地が犯人逮捕の暁には、会長の人柄をアピールするから「広告宣伝費」として
出して欲しいと吹き込んだら、900万をしっかり回収するという約束でやっと出してきたョ。

 一方、愛之助は誘拐現場に居ながら、何もできなかった自分を責めておりました。
あの、自分よりはるかに頭のいい兄にどうやって対抗すればいいのかもわからない・・
兄の言葉を思い出す愛之助・・・
「頭の良さって実はすごくシンプルな能力のことなんだ。
人とは違う角度で物事を見るってことさ・・・」

 兄にはない、自分にしか見られない角度とは・・・・?

 その後、犯人達は身代金受け渡しの人物として愛之助を指名。
捜査会議で綿密な打ち合わせの後、愛之助に900万入りバッグを託し、
待ち合わせ場所に行かせました。
でも、捜査会議には巡査になってる夢人もいたのよね〜

 で、金の匂いに惹きつけられ・・・そっと愛之助を尾ける瞳・・・
「いいなぁ・・・900万・・」

 この時の瞳のコーディネートが「さそり」の梶芽衣子そっくり・・・
やっぱりこの作者、「さそり」好きなのかしら・・・

 愛之助の携帯には小向(片平なぎさ)が随時指示が入り、見張られてることが伝えられます。
「ところで君、兄弟はいる?」
「兄がひとり。頭が良くて優しくて・・・でも死んだよ」愛之助
「あら、残念。どんなにいい人でも死んだら終りよね」

 発信源は特殊なガードがかかってるために逆探知不能。
愛之助は距離を置いてついてきている加藤たちをまいて、一人で引渡し場所に
くる様命じられたもんだから、バス代が足りなくて30円貸して〜!と訴える瞳も
見捨てて走り続けるのでした。

 愛之助は最終的に港にあるゴムボートに乗って漕ぎ出し、出てきたイルカの首に
身代金を持っていかせる。
で、夢人の提案により福地がもぐらせておいたダイバーが海中に落ちていたバッグを
回収するんだけど、900万がにゃい!
 900万を奪うチャンスがあったのは愛之助だけってことで疑われ、福地に事情聴取されるのさ・・

 それを知った瞳は「私が愛之助の無実を証明しなきゃ!」と教師らしく動き出しました。
愛之助から預かっている画像を描いた絵を元に、正樹が閉じ込められてる場所を
特定しようとネットで検索しております。

 その頃、愛之助は見えていた数字の画像「10,20,30」は要求された身代金の
元になっている数字だと気付きました。
10の二乗は100、20の二乗は400、30の二乗は900・・・
あぁ、久し振りに聞く言葉だわ・・(´∀`;)

 「もし、僕が真犯人を突き止めたら、俺の無実を信じてもらえますね?」
わざと福地に殴りかかって突き飛ばされた愛之助はまた画像を見ることに成功。
「1106」「Mは死ぬ」「水に溶ける薬」・・・
閃いたぞ!!

 「正樹の命が危ない!
もう一人いたんです。俺以外にきちんと金を受け取れる人が!」愛之助
 そこにナイスタイミングで場所を特定した瞳から連絡が入り、
福地の許しを得て、愛之助たちは「シーウエストホテル」の1106号室へ直行。
バスルームで手首を切って倒れている正樹を救出したのでした。

 実は、犯人は正樹の母早苗でした。
愛之助が運んだお金は偽造した水に溶ける札にあらかじめ取り替えられていたのさ・・
(何かスパイ手帳みたい・・・)
 一人目と二人目の誘拐は900万を手に入れるためのダミー。
小向の悪魔の囁きに乗せられた早苗は、お金のために実行犯となったらしい・・
 家の中に、ハトの羽を見つけた正樹は、薄々自分の母親が犯罪に関わっている事に気付いていたんだけど、自分がさらわれた時に確信を持ち、自殺を図ったらしい。

 「俺のせいなんだ・・・俺がいなくなれば・・・」
自分を責め続ける正樹に愛之助は誓うのでした。
「俺、絶対正樹の仇とるからさ。
正樹と正樹のお母さんの人生を狂わした奴、絶対に捕まえてみせる!」

 で、全てを話そうと警察署に向かった愛之助でしたが、
話を聞いてくれていた警官が撃たれて死亡!
愛之助の背後に寄り添いにやりと微笑む夢人・・・
このゲームは、あくまで二人だけのものだと再確認させるのでした。

 横山君の悪魔っぷりがどんどん乗ってきてるのがいい感じ。
彼がターゲットにするのは、彼に善の心を呼び覚ますような一生懸命必死に
生きている人々なんでしょうか・・・
 ひ弱そうな中山優馬君の使い方も合っている。
登場するキャラクターをシンプルに描いてくれるから見やすいです。
そして、山田君には孤独が似合うわ〜
徐々に兄打倒のボルテージが高まっていくんでしょうね。

 さて、犯人も逮捕され事件は終ったかに見えましたが、
クリケイはコレも犯人の計画通りだと福地に伝えましたぞ。
「この犯罪プランナーは、人の心の弱みにつけこむ天才」と指摘し、
次の犯罪のキーワードは『結婚式』『殺人計画』『死刑囚』、
「この誘拐は次の犯罪のためのきっかけでしかない」と告げるのでした。

 う〜む・・・クリケイを檻の外に放って暴れさせて欲しいと思うけど、
そうなると山田君がかすんじゃうか?
グロリア」みたいに、クリケイと逃避行をする山田君ってのもいいかも・・
って、クリケイをおばさん扱いしちゃアレか・・・(・∀-`;)

 「左目探偵 EYE」 第1話
 「左目探偵 EYE」 第3話
 「左目探偵 EYE」 第4話
 「左目探偵 EYE」 第5話
 「左目探偵 EYE」 第6話
 「左目探偵 EYE」 第7話    
 「左目探偵 EYE」 第8話 (最終回) 
 2009年10月に放送されたスペシャル

こたつ



「ブラッディ・マンデイ」もそこそこおもしろいし・・・
どちらも記事書くのはキツイわ〜と思ってるアナタ、ポチッとしてみませんか(;-ω-)ゞ


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 左目探偵EYE 第2話 意外な誘拐犯  [ レベル999のマニアな講義 ]   2010年01月31日 15:48
『意外な誘拐犯人!制限時間30分』内容連続誘拐事件で、左目を駆使し佐野舞(八木優希)の救出に成功した愛之助(山田涼介)だが、その現場に警察官の服装で現れる兄・夢人(横山裕)は、“こっからが、ほんとうの始まりだ。3人目は誘拐してあるんだ”と謎の言葉を残し...
2. 左目探偵EYE 第2回 感想  [ ぐ〜たらにっき ]   2010年01月31日 20:30
『意外な誘拐犯人!制限時間30分』
3. 【左目探偵EYE】第2話  [ 見取り八段・実0段 ]   2010年02月01日 03:41
えっと〜。。。感想のみでやっぱり2時間続きは書きづらいわ先週も思った事が浮き彫りになってきたと言うか。。。この前の時間の「ブラマン」と空気感やテロっぽい設定が似ているのに、こっちの方が甘いから、ゆるゆる〜に見えちゃう今回のストーリーも、まとまってはいた...

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2010年02月01日 03:45
テイストは好きなんだけどね〜。。。
何か甘く見えちゃうんだよ^^;
キャラは良いんだけどね〜。
中山くんは、なかなか良かったね♪
ゲストらしいけど、もう出ないのかな。

ホント、ブラマンと同じ感じの2時間続きは結構キツイ^^;
見続けるけど連続レビューは止めといて土曜は
ブラマンに専念しようかな。
今後、すっごく面白い回だけ書くかも〜。
2. Posted by きこり→くうさん   2010年02月01日 18:34
>テイストは好きなんだけどね〜。。。
何か甘く見えちゃうんだよ^^;
あぁ〜確かにね・・・
コレ、「ブラマン」の後ってのも響いてると思うわ〜
スカスカ感はありながらも(でも、もう慣れたからなんとも思わない)スピーディに見せる「ブラマン」に比べたら、もたもたして見えるかも・・
>中山くんは、なかなか良かったね♪
「ヴァンパイア」の時はどうなんだろ〜?って心配になったけど、今回はいい感じだったよね。
お友達役だから、毎回出るのかな〜と思ったけど
どうなんだろ・・
>今後、すっごく面白い回だけ書くかも〜。
そうなっちゃうよね〜
私も土曜は「君たちに明日はない」もあるから
キツいわ〜
「カバチ」の記事書くの止めたから、どんどん記事アップするのズレてくかも。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ブラッディ・マンデイ シーズン2」 第2回「君たちに明日はない」 第3回 二億円の女