「深夜食堂」 第7話 タマゴサンド「小公女セイラ」 第7回

2009年11月28日

「行列48時間」 第5・6回 最終回SP 最後の奇跡 

 ホーフク!早く福袋買いに行かなきゃ売り切れちゃうよ〜!!急いで!!

 いや〜ホーフク最高・・・\(* ̄▽ ̄*)/
おもしろかったぁ・・・時間を忘れて最終回スペシャルを楽しみましたョ・・

 さて、沙也加(平愛梨)と喜朗(國村隼)の直接キスはあっと言う間に監視中の刑事たちの知るところとなりましたぞ〜
「お味はイチゴの味らしいです」

 喜朗にときめきと刺激を与えてくれる沙也加は、行列の間「恋人ごっこ」を提案。
生方さん(金田明夫)と順番を代わって隣に並んで欲しいと頼みました。
「恋人ならできるよね
「やる!ホーフクは隣に行く!」

 意を決して生方さんに頼むんだけど、心身共に疲れきっている生方さんにキレられて失敗。
で、会長さん(山田明郷)から「袖の下渡すべし」というアドバイスをもらい、
金額や機会、犯罪にならないかと悩む喜朗・・・

 いや〜わたしゃ、沙也加と久保さん(村松利史)がグルで、二人で生方さんを挟みうちにしようとしてるのかと思ったョ・・
黒コートの男が仲間と連絡を取ってる場面で久保さんが写ったから、
やっぱりかよ!!(゚Д゚ )と思ったら、全員携帯使ってやんの・・・(ー) ハハ・・ 

 そして、笹島(佐野史郎)は、にゃんと刑事でした。
トイレに行くフリをして大河原管理官(渡辺いっけい)と情報交換してるとこを
ホーフクに見られてドキッ!!
「笹島さん・・どうして刑事さんって言って振り向いたんですか?」喜朗
「どうしてなんですかぁ?」大河原
「あ・・・いや、あの・・私・・・笹島・・・ケイジなんです。名前・・・(-∀-`;)」笹島
「名前、ケイジなんだ・・」喜朗
「紛らわしいなぁ、君は( ̄∀ ̄;)」大河原

 一方、駒子(かたせ梨乃)の部屋では誘拐団の黒コートの男(木下ほうか)を刑事と思い込んだ桑崎(RIKIYA)と永岡(半海一晃)が一時撤退、地下のバーで作戦会議。
残った染矢(TETSUYA)は一人、部屋にあると思われる2億円を捜索するのですが、
本当はお金よりも駒子のことが気になるようョ・・・

 「こんな奴に振り回されんなよ。
こんな野郎のために死ぬなよ!それじゃ、アンタのオフクロと同じじゃんかよ・・
俺のオフクロは結婚5回して、ずぶとく生きてんだよ。
生きろよ!生きて、生きて・・・・ずぶとく長生きしろよ!!」染矢

 そして、意外な繋がり発覚・・・・って当人同志は知らないんだけどね・・・
喜朗の娘恵美(岩田さゆり)が付き合ってる洋太郎は沙也加とも付き合っていたようで・・・
沙也加の包丁は、コイツを刺すためだったのか・・?

 生方さんに、もう頼めない喜朗は苦悩しております。
そこに会長から熱視線が・・・・?何か口をパクパクしてるぞ・・・
『わたしに気づけ』????ちょ・・何言ってるかわかんない・・( ̄ー ̄?)
 でも、自分と場所を代われば沙也加の隣になれるだろうが・・って言っていたようで、それに気づいた喜朗は場所の交換を申し出て、目的達成。

 ほっとしたホーフクったら、会長が歩けることバラしてやんの・・(* ̄m ̄)
「浮かれすぎだ・・・」岸和田刑事(小林すすむ)
喜朗と沙也加は例のビルにあるバーで恋人こっこ記念の乾杯。

 んが・・・バーには駒子が待っていた。
で、喜朗は、自分にかかってきた電話の「コクネ」を駒子が捜していることを知りました。
 
 誘拐事件の捜査状況は混乱の極み・・・
登場人物が多すぎるし、どう繋がるかもさっぱり・・・
ホーフクは共犯と思われた会長の秘密バラしちゃうし・・・
古久根とホーフクはあれ以来連絡取らないし・・
コマコー(田窪一世)は一人で爆睡中・・・

 「じゃぁ・・・犯人誰なんだよ・・・俺、どこで間違えた?」大河原

 さて、永岡たちが、やはり金は駒子のところにあるんじゃないかと話している隣に黒コートの男がおりまして・・・
男は仲間(手下?)に計画変更を発表。
誘拐は止めて、駒子から金を奪うことにしたようです。

 で、憔悴の極みに達した生方さんのところに電話を・・
黒コートの男は刑事たちを追い払うために、生方さんにガード下に移動するよう指示。
移動する生方さんを追いかけて、わらわらと刑事たちも続きますぞ〜

 って、バレバレじゃん・・・
それもそのはず、にゃんと笹島が誘拐団の仲間だったのさ〜!??(゚Д゚ノ)ノ
でも勝手に動き出した黒コートの男は笹島の命令を無視。
笹島は刑事として誘拐団を見張るフリをして、黒コートの男の動向をチェックすることに・・
  
 一方、家に一人でいる聡子(森下愛子)もとへやって来た古久根(長谷川初範)は
おせちをご馳走になったり、彼女のぐちを聞いたり・・
古久根め、いいムードに持ってって聡子に迫ろうとしてますわ〜
奥様!目を覚まして〜〜〜ピンポーーーン!!

 ここに至って、古久根・聡子チームを見張っていた加茂川刑事(伊藤正之)は
二人に事情を話すことを決断。
で、やっとホーフクと古久根は何の繋がりもなく、誘拐事件とは別の事件が進行していることを知ったのよ〜

 そして、古久根にかかってきた携帯電話の番号が夫のものだと気づいた聡子は
喜朗が事件に巻き込まれていることを知り、心配になってきたのさ・・
「主人に何かあったらどうしよう・・・」
 さらに、加茂川刑事の指示で電話をかけた古久根は喜朗が出てびっくり!!
喜朗から駒子が自分を捜していると聞かされ、全ては駒子のしわざだったと確認できました。
 
 大河原はやっと事件を見直してみることにしたようで・・・
本部に戻ってきた岸和田の話と加茂川刑事の報告から、やっとホーフクは事件に巻き込まれただけだとわかったようョ。
「関係ねぇんだよ!!ホーフクはぁ!!」
大河原の苦渋の決断で全捜査員に伝えられましたぞ・・・
「ホーフク見込み違い。繰り返す。ホーフク、管理官の見込み違い」
「ひとこと余計だ」大河原

 その頃、古久根から電話がかかってきたことを知らせるために喜朗と沙也加は駒子の部屋へ・・
そして、誘拐団たちも駒子の部屋へ・・
鉢合わせした喜朗たちは駒子と染矢と共に縛り上げられ銃を突きつけられるのでした。
この期に及んでも、黒コートの男にまだ古久根を連れてくるよう命じる駒子(すごいな・・)
 で、喜朗の方は・・・
そばに立っていた男が引ったくり犯で、銃を突きつけてる男が助けてくれた人だと気づいたョ・・
<(´゚д゚`)> ????????

 その後、駒子の部屋から金が見つからず苛立つ黒コートの男とソレをちゃかす染矢がモメ始め・・
喜朗が染矢をかばったもんだから、黒コートの男が怒りの矛先を喜朗に向けてきたぞ・・
「じゃあ、代わりに殴らせてよ・・」
「い、い、嫌です!殴られた痕付けて家に帰ったら、妻と娘が心配しますから・・
彼女たちにそんな心配させたくありません」喜朗
「そしたら、いっそ死ぬか?」黒コート
ホーフク絶体絶命!!

「いいいい、嫌です!嫌です!!
約束したんです!妻と娘に福袋買って帰るって約束したんです!
死にたくありません!
私、うだつの上がらない中年かもしれませんけど、死にたくありません!
娘、結婚するんです!家族いるんです!
福袋買って、家に帰るんです!!」

 家族を思う喜朗の必死の懇願は縛られたみなさんの心にズキューーーンときたようです。
「ね、アンタ正直だね」駒子
黒コートの男はアジトに戻ったんで、沙也加は持っている包丁を取り出しました。
駒子はすぐにその包丁の使い道に気づいたようです。
「私と同じだ。男殺して、自分も死のうって?」
「沙也加さん、その男のためにそれを?」喜朗
「バカだよね・・・私。でも、今は生きるためにこれを使う」沙也加
「そうです・・・そうです」微笑む喜朗

 さて、誘拐復活を決めた黒コートの男は生方さんに行列に戻るよう指示。
喜朗にも身代金を受け取りに行かせるため行列に戻らせました。
それを知った笹島も行列に戻ってきましたぞ・・・

 犯人から喜朗に身代金を渡すよう指示され、隣に座った喜朗に怒りをぶつける生方さん。
「やっぱりアンタだったんだな・・・」
「やっぱり?」喜朗
「同じ空気吸ってるだけで吐き気がする。
アンタも娘がいるって言ってたな?娘がおんなじことされたらどう思う?
悲しくないか?親として胸が痛まないか?」生方
「????????」ただバッグを受け取って来いと言われたんでさっぱりわからない喜朗・・

 さて、沙也加は自由になった手で駒子のテープも切ってます。
「私は駒子さんとは違う。失恋なんかで死なない。
一生動かなくなるブランコなんてないし、絶対に誰かが乗ってくれるって信じる。
ホーフクが、そう教えてくれた」

 喜朗と過ごす事で傷が癒され、彼の言葉に希望を見出すことができた沙也加には
生きる意志が戻ってきていました。
家族に恵まれなかったであろう沙也加の心の中にホーフクのような暖かい家庭を持ちたいという夢が生まれたんですね。
 そして、そんな彼女の姿に救いをみつけた駒子・・・
彼女の心からも死ぬ気は失せていました。 

 その頃、捜査本部では、大河原管理官が自分のミスを認め、方向転換を発表しておりました。
駒子のMSに戻って来た永岡と桑崎に岸和田刑事が職質をかけたことから
駒子のひき逃げと、彼らが駒子を脅迫していたことが判明。
 そしてひき逃げ被害者の柏原への尋問によって、やっと黒コートの男が誘拐団のリーダーであり、駒子の部屋の隣がアジトであるとわかったのさ〜
 「突入準備だあ!」大河原

 そして、生方との会話から喜朗は、彼の娘が誘拐されており、バッグの中身はその身代金で、
自分はその受取人として戻されたんだと気づきました。
ど〜しよ〜〜このことを誰かに伝えなきゃ・・・・
 で、二人の会話に注目していた会長に声を出さずに訴える喜朗。
『誘拐 犯人 向かいのビル6階 助けて』
って、伝えてるのに中々わかってくれないから、笹島にも訴えちゃったョ・・
 
 駒子の部屋では、拘束テープを切って逃げようとしているところに
黒コートの男が戻って来て、3人に銃を向けましたぞ!
 んが、仲間割れ勃発・・・そこにやっと警察が突入!
犯人たちは確保され、沙也加も朋子ちゃんも無事解放されました。

 一方、行列では、会長がやっと理解してくれて警察に電話をしてくれたぞ!
ほっとして犯人の元に身代金を渡しに行こうとする喜朗を止める笹島・・
身分を明かして無事解決を伝え、身代金を一時預かると言ってきやがりました。
ダメ、絶対ダメ!こいつ身代金持って逃げようとしてるよ〜!

 案の定、抱き合って喜び合う喜朗と生方さんを後に移動しようとする笹島・・
んが、そこに大河原が到着。
ねぎらっているうちに、リーダーが笹島も仲間だと白状したもんだから御用となりましたわ・・・
 
 良かった、良かった・・事件は全て解決タマゴン・・・
福袋発売当日、AM9時34分、事情聴取の終わった喜朗が行列に戻ろうとしてます。
急いで〜!発売始まっちゃうョ!

 ところが・・・次々と任務を終えた刑事たちから話しかけられる喜朗・・・
「沙也加とキスなんかしちゃって悪い人だなぁ、タイホしちゃうぞ!」岸和田
「俺もイチゴ味のリップ欲しいなぁ〜」
「中年の希望でしたよ」
(^Д^) アハハ・・
それでも自分がずっと疑われて監視されていたことに気づかない喜朗・・

 そして、喜朗の鞄をひったくろうとした誘拐団の男が、久保さんの奥さんの引ったくりも自白。
久保さん、これでやっと正月が迎えられるね。

 ひき逃げの自首をした駒子は染矢は関係ないとかばっておりました。
「私、あんたの母ちゃんみたいにずぶとく生きる。
あんだは帰ってきたら、わだしのこと見届けんだよ・・」駒子
「ああ、死ぬまで生きろ!」染矢
「ああ、死ぬまで隆追っかけてやる!」駒子
そしてホーフクを見つけ「アーンタ以上に絶対幸せになってやっから」と耳打ちするのでした。

 ( ̄ー ̄?)きょとん・・・
そこに事情聴取が終わった沙也加が飛びついて来て、抱きとめるホーフク・・
聡子が影から見てますぞ・・・
 でも、大丈夫・・・
この騒ぎで喜朗への愛情を再確認した聡子は微笑んでいました。
「いいんです。あの人が無事ならいいんです。それと・・・私もチーク踊っちゃったし・・」 

 喜朗と猫のところに来た沙也加は、素直な気持で自分の気持ちを伝えるのでした。
思いつめてた時、喜朗に声をかけてもらってすごく嬉しかったこと、
失恋で深く傷ついたけど、喜朗との出会いで立直れたこと・・・・
「沙也加さん、今の笑顔素敵です。何か辛い事があった時は今の笑顔思い出してください」

 そして、謎の会長の正体は・・・
「実に楽しい48時間でした。
私、ホスピスに入ってます。余命が限られています。
でも、歩けます。
みなさんにお願いがあります。
私は、2億のダイヤが欲しくて並んでいます。
坂下君(秘書)に退職金代わりとしてプレゼントしたいんです。
私のライバルは久保さんとアナタです。もしダイヤならお譲り下さい」

 そっか〜そのような事情があったとは・・・
一瞬それもダイヤを手に入れるための嘘なんじゃ?と思ってしまった疑り深い私を許して・・
会長さんはずっと車椅子に座ったまんまでしたが(一瞬だけ立ったけどさ)この48時間の間に、
今まで味わったことのないようなエキサイティングな人間同士のふれあいを感じたんじゃないでしょうか・・
 正体を明かした後の笑顔が満足げでしたわ〜
 
 そして謎の1番さん(隈部洋平)は1万円の福袋狙い・・・最後まで地味に徹してくれたわね〜

 ホーフクのお陰で本当の笑顔を取り戻した沙也加は喜朗に別れを告げました。
「包丁のこと秘密にしてくれてありがとう。大好き!」
ふたりの偶然の出会いは、まるで人生へのプレゼントのようでしたね。
もう会うこともない二人かもしれませんが、お互いのことを忘れることはないでしょう。

 そして・・・行列に並ぶ前は前途に希望が持てずにいた喜朗でしたが、
行列に並んだいろんな人の人生を知るうちに『私の人生はこれからだ』
家族のためにもがんばろう・・って気持ちが自然とわき上がってきたようです。
相変らず、人生には予期せぬことが待っていそうですが・・・

 いや〜おもしろかった!
脚本もすばらしかったですね〜
行列に並ぶ人間たちの人生を描きながら、誘拐事件とその捜査をする刑事たちの姿、無理心中したがる女とそれに関わるチンピラたち・・・という複雑な関係をすっきりとミステリアスに描き、ラストまで興味が尽きることありませんでした。
 細かくちりばめられた伏線を最後にきちっと全部拾ってくれたのもすっきりしましたわ〜
脚本の力にしっかりと応えたキャストみなさんも魅せてくれましたよね〜

 特に印象に残っているのが、かたせ梨乃さんスョ〜
複雑な生い立ちで育ったゆえの人間への不信感と愛への執着を持つコワイ女・・
でも、かわいい女・・・
一瞬の表情でその人生を感じさせてくれる表現力には女優としての底力を感じました。

 とぼけた味わいの渡辺いっけいさんも良かったにゃ〜
やっぱり、いっけいはいつも何かやらかしてくれるよ・・d(゚д゚*)

 そして何と言っても普通の幸せを知っている、そして普通を愛しているかわいいおじさんを演じた國村隼さん。
わたしゃ、すっかりホーフクの虜だよ・・
知らない間に出会った人に幸せを与えてくれる不思議なおじさんにぴったりでした。
 こんなおじさんと出会ったら、私だってチューしちゃうぞ・・(。-_-。)ポッ

 年末に向けて季節感のあるドラマでたのしいひとときを過ごせましたわ〜

 第1回 福袋と包丁の感想
 第2回 カワイイ女(ひと)の感想
 第3回 宝福タイホの感想
 第4回 衝撃キッスの感想 

温泉



さぁ、今年はアナタも行列だ!福袋に向かってGO!そんな決意をしたらポチッとね!
(゚Д゚ )

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:19│Comments(10)TrackBack(3)「行列48時間」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. NHK金曜ドラマ 行列48時間 第5,6回(最終回) 最後の奇跡  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年11月28日 22:32
『最後の奇跡』最終回スペシャル“最後の奇跡〜 フツーの中年が誘拐犯と直接対決? 暴走する捜査陣重なりすぎた思わく…ついに完結か”内容年も明け、開店まで、あと少し。そんななか、沙也加(平愛梨)にキスをされた喜朗(國村隼)助けてくれたお礼だという。。。。イ...
2. NHK金曜ドラマ『行列48時間』最終回SP★面白かった!!  [ コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ ]   2009年11月29日 20:38
NHK金曜ドラマ『行列48時間』 最終回スペシャル「最後の奇跡」  今年の、金曜10時枠のNHKドラマは『ツレガうつになりまして』と『派遣のオスカル』に、この『行列48時間』が、小生の好みにあった”当たり”のドラマでした・・・。 【 よく練られた話 】 妻子に...
3. 行列48時間 最終回スペシャル:最後の奇跡  [ あるがまま・・・ ]   2009年11月30日 21:27
宝福やったね!(* ̄ー ̄)vヤリィ〜 開店して、みんなダッシュしてるのに、沙也加にボォ〜っと見惚れてる宝福さん。 あれだけの思いをして並んだのに、まさか福袋が買えなかったってオチかと思ったよ〜{/ase/} 家族共々色んな事があったけど、将来に対して前向きな気持ちにな...

この記事へのコメント

1. Posted by う〜みん   2009年11月28日 22:55
5 面白いドラマでしたね〜と言っても例のごとくまたドラマ自体は見れてないのでここであらすじ読んだだけなんですけど(^_^;)行列に並んでる人達の秘密と色んな誤解やハプニングが楽しかったです(^-^)最後がすっきりハッピーエンドなのも良かったですね(^-^)
2. Posted by きこり→う〜みんさん   2009年11月29日 12:10
>行列に並んでる人達の秘密と色んな誤解やハプニングが楽しかったです(^-^)最後がすっきりハッピーエンドなのも良かったですね(^-^)
いや〜コレね、ぜひ見て欲しいです。
登場人物が多いんですがそれぞれの個性がきちんと出てて、捨てキャラみたいな存在がいっさいないんですよ。
よくこんなにたくさん伏線広げてて全部拾ってラストハッピーエンドで決めてくれたな〜って・・・
まさに最終回の奇跡(←褒めすぎか?)
それぞれが希望を持って生きていこうとするってのが良かったなぁ・・
3. Posted by う〜みん   2009年11月29日 17:58
ホントですね。短い話なのに色んなエピソードを持つ登場人物がたくさんいて画面を見ていない私にはちょっとわかりづらい面もあったけどラストがきちんとまとめてあってスッキリしました(^-^)
4. Posted by きこり→う〜みんさん   2009年11月30日 19:23
これかなりいろんなエピソードが交錯しているから
画面見てても時々混乱しましたよ(笑
平凡な幸せを大事にするかわいいおじさん(もともと國村隼さん好きなのですが)ホーフクに私もぽ〜っとなりながら見てました。
5. Posted by バルタン   2009年11月30日 20:39
はじめまして、突然おじゃまします。
最終回SPレポ凄いですね。もう一度ドラマを見直したようです!

「行列48時間」とっても面白いドラマでしたよね。
捜査員の皆さん・・・誘拐より宝福さんと沙也加さんのあれこれのほうに興味津々だったあたりがとても笑いました・
6回で終わってしまうのがもったいない・・・(地上波では5回でしたし。)
行列パート2とかできないでしょうか?(笑)
6. Posted by まこ   2009年11月30日 21:48
もう大大大満足な最終回でしたわ〜
見事な脚本にキャスト陣
主役のホーフクはもちろんですが、大河原さんが
いい味出してましたわ〜
原作ではそもそも警察の動きはほとんどわからないので
大河原という人物を作り出した脚本に拍手ですわ〜

始終、ニヤニヤしながら見てたんですが、さすがに
宝福まで監禁された時にはドキドキした〜!
だけど、必死の訴えが情けなくもあるけど
妙にカッコ良かったぞ
そして笹島の正体にもびっくり〜
カバン持ってトンズラするかと、ここもドキドキした〜

結末がわかったところで、再度1話から見直したいわ〜
是非是非、再放送してほすぃ〜
7. Posted by きこり→バルタンさん   2009年12月01日 13:48
コメントありがとうございます♪
いや〜本当におもしろいドラマでした。
いつも充実した45分間でしたよね。
>捜査員の皆さん・・・誘拐より宝福さんと沙也加さんのあれこれのほうに興味津々だったあたりがとても笑いました・
一応、ホーフクは容疑者ってことになってるんだけど
ホーフクを監視する刑事さんたちは、すごくおもしろがってるというか、羨ましがってるというか・・(笑
いちいち報告するのが笑えましたよね〜
>行列パート2とかできないでしょうか?(笑)
あったら、ぜひ見たいですよね。
ホーフクというキャラが何とも魅力的だったし、
國村さんがドキドキする顔をもっと見たいです
8. Posted by きこり→まこさん   2009年12月01日 14:35
>もう大大大満足な最終回でしたわ〜
見事な脚本にキャスト陣
私もです〜!!
総合得点がすごく高い感じ・・
それぞれがすばらしかったよね〜
まさかこんな地味なテーマでこれほど見事な作品ができあがるとは・・・
>必死の訴えが情けなくもあるけど
妙にカッコ良かったぞ
そうそう、自分のためじゃなくて家族のためってのが伝わってきてじ〜んときたわ〜
聡子のホーフクへの愛情が再確認されたのも良かった。もしあそこでピンポーンって刑事が来なかったら違う展開になってただろうけど・・(笑
なんかね、コメントくださった方のブログに載ってたんだけど、12月29,30で再放送するんだって!夜中だけど・・
年末に見るとまたさらにおもしろさも倍増だよね(笑
9. Posted by 名無し   2015年02月23日 05:01
はじめまして!

私が学生時代の深夜にテレビで再放送をこっそり視聴していたもののタイトルが思い出せず、また見たいと思い「行列」「福袋」などを検索してこちらに辿り着き記事の内容を(ネットでドラマを視聴しながら)読ませて戴きました。

脚本もとても良かったですが國村さんやその他の方々の演技も魅力的で行列に並んでいるひとりひとりにもドラマやエピソードがあり思わず魅せられました。

とても共感でき面白く素敵な書き方でしたので古いバックナンバー(日付)とは知りつつも思い切ってコメントを残させて戴きました(*'ω'*)

長文で失礼致しました。
10. Posted by きこり→名無しさん   2015年02月23日 19:56
こんばんわ〜初めまして。古い記事を見つけて下さって嬉しいです。
コメントありがとうございます。
コレ、つい最近のドラマのような気がしていましたが2009年だったんですね。
時の経つのは早いものです。
>その他の方々の演技も魅力的で行列に並んでいるひとりひとりにもドラマやエピソードがあり思わず魅せられました。
行列に並んでいるという設定だけでこんなおもしろいドラマができるんだと
新鮮な思いでわくわくしながら見た覚えがあります。
行列に並んでいる一人一人がミステリアスで怪しくて・・・想像力が膨らむドラマでしたよね。
ドラマが進む度に点と点がすこしづつ繋がっていく爽快感もあったし。
なんかユルイ感じでホーフクを見守る刑事さんたちにもニヤリとさせられました。
ほんわかほっこりチャーミングな國村さんの存在感が生きていましたよね。
こんなドラマにまた出会いたいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「深夜食堂」 第7話 タマゴサンド「小公女セイラ」 第7回