「救命病棟24時」 第5回NHK連続テレビ小説 「つばさ」 第24週 「あなたを守りたい」

2009年09月10日

「赤鼻のセンセイ」 最終回

 わだっち(須賀健太)の意識混濁状態の中で行われた参太朗の授業・・
「俺、ちゃんと授業やれたよな?」
「やってた・・」やえっち(神木隆之介)
「いつもよりつまんなかったけど・・」たなっち(高良光莉)
「でも、石原先生にしかできない授業でした」絹(小林聡美)

 わだっちの病状は今夜が峠・・・・
教師のみなさんは泊まりこみで見守りました。
その祈りが通じたのか、わだっちの意識が戻りましたョ〜
喜びで抱き合うわだっちのお父さん(山崎一)と参太朗(大泉洋)・・

 そして、やえっちの退院が決まりました。
絹たちは、やえっちのために恒例の『院内学級卒業証書』を作っております。
んが・・・やえっちは院内学級最後の日まで病院に残りたいと頼んでました。

 参太朗は院内学級の生徒のために『卒業式』をやることを提案。
「でも、院内学級がなくなって私たちもいなくなって、子供たちの病気だけが残るんですよね?」西森(平岩紙)
「正直、複雑ですよね・・」権田(光石研)
「僕はね、みんなに『卒業おめでとう!』って言ってやりたいんです」参太朗
「言いだしっぺはアナタなんで、あなたが仕切って下さいよ。
卒業式やりましょう!」絹

 でも、わだっちはやっぱりまだクリーンルームから出られないんだって・・
どうしたら、わだっちと一緒に卒業式ができるか・・悩む参太朗・・
って・・・クリーンルームの横の廊下で卒業式やればいいんじゃ?って思ったけど( ̄〜 ̄;)

 準備は着々と進み・・・ついに卒業式・・・・(早っ!)
私、電気屋さんに相談してたから、教室の様子をわだっちにTVで見せるのかな〜と思ったら、音声だけだったわ・・( ̄∇ ̄;)

 「和田雅樹、卒業おめでとう!」参太朗
「卒業おめでとう」七瀬先生(香椎由宇)が卒業証書を渡してくれました。
モニターを通して教室のみんなの拍手が聞こえて、嬉しそうなわだっち・・
 卒業生代表のやえっちは、参太朗仕込のお寒いギャグを披露しておりました。
「和田が笑ってるって・・・
先生、人は笑うために生きてるんだよね?」やえっち
「そうだ、そうだよ」参太朗

 最後の締めの挨拶、参太朗にマイクを渡す絹。
「当たり前だけど、ここにいる人たちはみんな命とまっすぐに向き合ってました。
教えるどころか学ぶことばっかりだった・・
こんな形で院内学級がなくなるのは、今でも納得できないし、すごく悔しい。
でも、僕はここに来て良かった・・・そう思います。
 僕はここに来て、確信したことが一つだけあります。
人は笑うために生きている、やっぱり僕はそう思います。
ここに来て、みんなの笑顔が見れて良かった。本当にありがとう」参太朗

 卒業式も無事終了・・・
その後、にゃんとわだっちと適合するドナーが見つかり、骨髄移植が受けられることに。
その知らせを受けて、
「本当に良かった・・・七瀬先生を嘘つきにしなくて・・」と、話すわだっち。
「七瀬先生が主治医で本当に良かった」の言葉をもらって、うれし涙を流す七瀬なのでした。
 努力と祈りが報われて良かったにゃ〜

 これで安心して卒業できる。
屋上から、喜びの雄たけびを放つやえっち・・・
「石原先生、太川先生、ありがとうございました。お世話になりました」

 そして、最後は参太朗です。
「あなたは教師としては三流です。
笑いのセンスは超三流です。
ただ、人間としては悪くない。むしろよくできている。
アナタは紛れもなく、りっぱな先生でした。
大変よくがんばりました。
ありがとうございました、石原先生・・」絹から卒業証書がいただけましたョ〜
(なんかこのセリフ聞いてたら『王様のレストラン』の最終回思い出したわ・・)

 このじ〜んとした場面に突然乱入した真院長(上川隆也)、
参太朗の卒業証書を奪って走り出しました。
で、ついた所は院長室。
中には椅子と机が並んでおります。
 真さんが前院長とお兄さんを説得して、院内学級存続を決めたようです。
「コレ(卒業証書)、預かっときますね」院長
ほっとして抱き合う絹と参太朗なのでした・・・・

 そしてそれぞれの春・・・
やえっちは高校に合格し、新しい生活をスタートさせました。
たなっちは、高校進学することを決めて、勉強中。
髪の毛が元に戻ったわだっちは、初恋の彼女と再会することができました。
これから、彼女と向こう側の世界で手を繋いで歩くこともできるでしょうね・・
 院内学級も新学期、以前のようにハッスルする参太朗とそれを見守る絹なのでした。
めでたし、めでたし・・・・

 終わりましたね・・・・(o´c_`o)・・・・・
てか、院長、動くんならもっと早く動けよ!
あんなにあっさりと廃止を止められるんなら、卒業式の前になんとかしろよ〜(#`-д-)
卒業式は最終回のメインイベントだから、削れないのかい?

 わだっちが助かって、やえっちやたなっちがそれぞれの未来に向かって歩き出すのは良かったけど、何かすっきりしないぞ・・・
『人は笑うために生きている』ってまとめてたけど、そのセリフがきちんと落ちるような流れだっけ?
 最初は『笑い』で院内学級の子供達にパワーを与えたいって感じだったけど、
途中から『笑い』というよりも参太朗の人間性(明るさとか無鉄砲さ)の影響がほとんどだったような・・・
それならそれでいいんだけど、何か『アカハナ』の意味がなかったような・・(「´-ω・)?

 常に命と向き合っている子供たちに育てられていく参太朗の姿も良かったけど、
なんかしっくりこないぞ・・・
絹とお父さんの問題とか、前院長の存在の意味とか、あんなに強引だった院長のお兄さんが唐突にいなくなったのも不思議だしぃ・・・
何かいろいろと不思議にまとまった最終回でした。

 小林聡美さんの存在感はやはりさすがでした。
このドラマ、小林さんが出ていなかったら、途中でリタイアしたと思います。
香椎さんも熱意と誠意のある不器用なお嬢さん先生の役がぴったりでした。
尾美としのりさんの使い方はもったいなかったですね〜
もっと見せ場を作って欲しかったなぁ・・・・

 最終的なジャッジは10点満点で5点かなぁ・・・(-ω-。ll)
banner_22


最終回を迎えて、洋ちゃんのこと前より好きになった人いるかな〜?
私は前と変わらないよ・・ってアナタもぽちっとね( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「赤鼻のセンセイ」最終回 ☆☆☆  [ ドラマでポン! ]   2009年09月10日 17:54
和田っち死ななくて良かったー(><)「人は、笑うために生きている」そんな参太の信条が生徒達にも伝わって、卒業式でもその言葉を贈ってやれて、いい最終回でした!もちろん、最後まで親の存在が薄すぎるとか(卒業式でおめかし。その服だって親が用意したはずなのにー...
2. 赤鼻のセンセイ 最終回  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年09月10日 20:32
この院内学級がもうすぐ閉鎖される。
3. 「赤鼻のセンセイ」 最終話  [ ドラマ de りんりん ]   2009年09月10日 22:01
冒頭のまえだまえだの漫才が「笑う角には福来る」だったので、ある程度のハッピーエンドは予想できましたが、こんなに出来過ぎでいいんかいの..
4. 赤鼻のセンセイ 最終回(第10話)  [ 飯綱遣いの部屋 ]   2009年09月10日 23:00
赤鼻のセンセイ 最終回(第10話) 「生と死と愛の卒業式!」 2009年9月9日(水) 22:00〜 日本テレビ 日本テレビドラマ記事閲覧カウンター 「??.
5. 赤鼻のセンセイ 最終話  [ 日々緩々。 ]   2009年09月11日 01:01
危篤状態になって七瀬(香椎由宇)の付きっきりの治療を受けた和田(須賀健太)は、 石原(大泉洋)や太川(小林聡美)の祈りが通じたのか病状が持ち直??.
6. 「赤鼻のセンセイ」生きるための卒業式生きるための事を学んで院内学級を卒業していった  [ オールマイティにコメンテート ]   2009年09月11日 06:10
9日ドラマ「赤鼻のセンセイ」最終話は院内学級が廃止される事を受けて院内学級で勉強した生徒たちの卒業式を行う事にした。その中和田の症状は悪化の一途をたどっていたが、その中でも卒業式をする事で和田に勇気を与えようと和田もクリーンルームで卒業式に参加した。その....
7. 赤鼻のセンセイ 第10話(最終回)卒業式  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年09月11日 17:08
『生と死と愛の卒業式!』内容和田(須賀健太)の容体が急変し意識混濁状態に。動揺する参太朗(大泉洋)であったが、“約束”だからと、絹(小林聡美)七瀬(香椎由宇)八重樫(神木隆之介)田中(高良光莉)が、見守る中、必死に病室の前で授業を開始する参太朗絹『石原...
8. 赤鼻のセンセイ 最終回 (大泉洋さん)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2009年09月12日 17:12
◆大泉洋さん(のつもり) 大泉洋さんは、日本テレビ系列で毎週水曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『赤鼻のセンセイ』に石原参太朗 役で出演しました。今週は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想
9. 赤鼻のセンセイ  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2009年09月13日 14:56
赤鼻のセンセイ DVD-BOX  なんとなーく見てしまったドラマ。  ひょんなことから突然病院の院内学級の教師となった石原(大泉洋)は、院内学級のなんたるかも知らずに空回りばかり。赤い鼻をつけて授業をし、子供たちの笑いを取ろうとするが、子供たちには全く受け...
10. 赤鼻のセンセイ(終)  [ ドラ☆カフェ ]   2009年09月14日 15:43
  最終回視聴率は 9.8% こちらも見続けていたので

この記事へのコメント

1. Posted by 桔梗   2009年09月10日 17:29
ほんとに、ハッピーエンドで良かったです。8話9話でどうなっちゃうのと暗い気持ちにさせられましたものね。
10話見てて思ったこと、きこりさんがみんなまとめて書いて下さいました(笑)。私もクリーンルームの廊下でやるのかとか、声だけか・・とか、心の中でちょっとこけてました。そうそう院長がもっと前に・・と思ってたんですがね。最後に色々うまくいって、もう前の教室で教えればいいんじゃないか・・とさえ思ってしまいました(笑)。
院長先生の席は権田先生の隣になっちゃったのかしら・・色々しっくりこないので、続編希望です。
赤鼻の役は大泉さんのキャラにぴったりでしたが、あんな光石さんを見たのは初めてでした。そして何といっても、ベテラン子役の神木君と須賀君の安定感のある演技がドラマを支えてくれました。
兎に角続編が見たいと思える程明るく終わってくれてよかった。
2. Posted by みのむし   2009年09月10日 21:05
結構楽しんでみました。
最初からうざい赤鼻だったけど、
子供たちに成長させられて
かなり大人?になったようですね。
院長のお兄さんが出てきたあたりから
ありり?と思っていたんですけど、
最後は強引に着地したって感じですねぇ。。
でも嫌いじゃないテイストのお話で
ほっこりとさせてもらいました
なんといっても子役さんと絹先生の演技が
すばらしくて、脚本が少々?マークでも
乗り切れちゃった感じですね♪
3. Posted by ikasama4   2009年09月10日 21:58
役者さんは皆
それぞれに個性が出てたんですけどねぇ。

仰るように大半というか
ほぼ全部の役者さんの使われ方がもったいなかったと
つくづくそう思いました。


このもやもやを晴らすために
今月はこちらの映画↓を見に行ってきます。
http://pool-movie.com/

今度こそ面白い作品でありますように(−人−)
4. Posted by まっつー   2009年09月11日 00:50
とりあえず、ハッピーエンドでよかったです。
正直、序盤、リタイアしようかなと思ったこともあったのですが
最後まで観といてよかったと思える作品ではありました。
神木君と須賀君の演技が素晴らしかった。
尾美としのりさんはもったいなかったですね。
もっと小林聡美さんと絡ませるのかなと思ったんですが。
5. Posted by きこり→桔梗さん   2009年09月11日 07:38
本当にハッピーエンドで良かったですよね〜
わだっちが思い出になっちゃわないで、希望を持って生きていこうとする姿が見られてほっとしました。
>最後に色々うまくいって、もう前の教室で教えればいいんじゃないか・・とさえ思ってしまいました(笑)。
そうですよね〜
一応、俺もがんばったよって見せたかったんですかねぇ・・
院長の家族関係が中途半端に出てきて、それが放りっぱなしだったのが気になるというか・・・
真院長はしょせん脇役だからってことなんですかねぇ・・
>ベテラン子役の神木君と須賀君の安定感のある演技がドラマを支えてくれました。
私も彼らを見るのが毎回すごく楽しみでした。
3人ともこの役に真摯に取り組んでいるのが伝わってきて、病院のドラマなのに元気をもらいましたわ〜
>兎に角続編が見たいと思える程明るく終わってくれてよかった。
参太朗はまだまだ成長する余地ありますから(笑)
今後どう変わって行くのか見てみたいですね。
その時に絹の親子関係についても描いて欲しいです。
6. Posted by きこり→みのむしさん   2009年09月11日 07:59
>子供たちに成長させられて
かなり大人?になったようですね。
子供たちも参太朗のあけっぴろげな明るさに影響されて生きることを楽しみだしましたが、子供たちの純粋さによって参太朗が変化していったのが
良かったよね〜
子供たちからもらったものを、素直に受け取りどんどん成長して行く参太朗はウザさを帳消しにするほど素敵な人だと思いましたわ〜
>なんといっても子役さんと絹先生の演技が
すばらしくて、脚本が少々?マークでも
そうそう!
言っちゃなんだけど、この脚本のいまいちな部分を役者さんたちがかなりカバーしておもしろいドラマに変えてくれたと思うわ〜
どの方もすばらしかったし、チームワークの良さも伝わってきました。
あ〜!やっぱり惜しかったにゃ〜
7. Posted by きこり→ikasama4さん   2009年09月11日 08:06
>ほぼ全部の役者さんの使われ方がもったいなかったと
つくづくそう思いました。
脚本が、なんかうまく流れていないというか・・・
つぎはぎな印象を受けました。
このキャスティングと役者さんたちのすばらしい演技、これで脚本がしっかりしてりゃ、かなり好きなドラマになったのになぁ・・
>このもやもやを晴らすために
今月はこちらの映画↓を見に行ってきます。
あぁ・・・いいですねぇ・・・
絶対おもしろいですよ〜
私が見られるのは来年ぐらいかなぁ・・・( ´Д⊂エーン
『クヒオ大佐』もかなりおもしろそうですよね〜
すごく好みのテイストです〜♪
8. Posted by きこり→まっつーさん   2009年09月11日 13:27
>正直、序盤、リタイアしようかなと思ったこともあったのですが
私は最初は我慢できたんですが(笑)後半の方がなんか嫌〜な感じでしたね〜
もっとなんとかならないのかな〜って場面が結構あって、残念な気持になりました。
でも、若手の俳優さんたちとベテラン俳優のみなさんがガッチリと組んでいるのを見られたのは良かったですよね。
>もっと小林聡美さんと絡ませるのかなと思ったんですが。
そこまでは期待してなかったんですが、せっかく尾美さんが出てるのにほんのチョイ役だったのが
もったいない遣い方だ〜!って思っちゃった。
9. Posted by つっぺ   2009年09月11日 18:27
>前院長の存在の意味とか、
>あんなに強引だった院長のお兄さんが唐突にいなくなったのも不思議
確かにあの辺、ちょっとうやむやでしたよね〜
お兄さんも特に考え直した風でも無かったのに…
前院長に至っては最後だけひょっこり現れられても、ちょっと拍子抜けでした
あと、結局絹の家庭がどんな状況だったのかイマイチ
わからなかった気がするんですが、私が見逃しただけなんでしょうか…

と、若干気になる所はありましたが、子供たちが無事卒業して
次のステップに進んでいる姿が何よりでしたわ〜
当初は正直見続けられるか微妙かな?と感じてましたが
役者さんたちの力に最後まで引っ張られた気がします。
続編でぜひみんなの後日談を描いて欲しいですね〜
10. Posted by きこり→つっぺさん   2009年09月12日 07:39
>前院長に至っては最後だけひょっこり現れられても、ちょっと拍子抜けでした
どうせ前院長出てくるんなら、兄弟二人並べて一喝するとか・・(; ̄ー ̄A
ただあの場にいただけだったのが、???な感じでした。
>わからなかった気がするんですが、私が見逃しただけなんでしょうか…
いや〜見逃してないと思います〜
お父さんと仲悪いってことは最初の何話か目に出てきたんですが、その後は触れられることもなく・・・
それなら最初っからそんなエピソード出さなきゃいいのに・・
役者さんたちの力に最後まで引っ張られた気がします。
>役者さんたちの力に最後まで引っ張られた気がします。
本当にそう思いますわ〜
魅力的なキャストのみなさんの魅力で最終回まで見続けることができたって感じです。
彼らが、今後どう生きて行くのか見てみたいですよね。
11. Posted by えいこ   2009年09月12日 14:00
やられました・・・
息子@1歳半が、知らないうちにビデオの電源を
オフにしてくれていたようで、今週の水曜日から
木曜日の予約録画は何も取れていませんでした・・・orz
ほんと、毎度きこりさんにお世話になってます(笑)。
ただ、わだっちのドナーが見つかるあたりは、
やっぱり実際に映像で見たかったYO〜〜!!(_ノД<)ノ・゚・。

<てか、院長、動くんならもっと早く動けよ!
<あんなにあっさりと廃止を止められるんなら、卒<業式の前になんとかしろよ〜(#`-д-)

ほんとそうですよねー!!
前回廃止をとめられなかったのは一体なんだったのか・・・??
お兄ちゃんに面と向かっては言いにくかったけど、
電話でならいいやすかったとか??
「なくさないからねっ!じゃ!」とか言って
電話をぶち切ったんでしょうか(笑)。

なんか色々?なことが残り不完全燃焼でしたが、
なんと言っても最終回が見られなかったのが
一番不完全燃焼です(笑)。
12. Posted by きこり→えいこさん   2009年09月12日 20:44
>知らないうちにビデオの電源を
オフにしてくれていたようで、
あぁ・・・いろいろ触りたい時期ですもんね・・
うちも娘が小さい時はTV台の蓋が開かないようにしてましたYO〜
>お兄ちゃんに面と向かっては言いにくかったけど、
電話でならいいやすかったとか??
画面には映らなかったけど、裏でお兄ちゃんと筆談とかメモ渡したりして意志の疎通を図ってたんですかね?
なんかすんごい唐突に解決しちゃって、嬉しいというより唖然としちゃったんですわ・・
>なんと言っても最終回が見られなかったのが
一番不完全燃焼です(笑)。
ショックですよね・・
ようつべで見られないかな〜
13. Posted by ルル   2009年09月14日 15:41
こんにちは〜
(コメントのお返しが中々出来なくてm( __ __ )m)

>絹とお父さんの問題とか、前院長の存在の意味とか、あんなに強引だった院長のお兄さんが唐突

そうですよね〜、、ワタシもあれれっ?と思ったけど
関心がわだっちに向けた所から
もうこの子の病状しか気にならなくなり(^^;
後は小林さんと大泉さんの掛け合いを
見るだけって感じで(^^ゞ
それにワタシなんて
「恋して悪魔〜」を
我慢出来たので(おい!、
「赤鼻」は役者が良かった分
いいほうですよぉ(褒めてるのか?、、(^^ゞ)

ところで、、
「救命」は次回の江口さんが刺されちゃって
ますます出番を少なくさせる魂胆ですかね?(^^;
きこりさんは「任侠」は見てないのかな?
ワタシの父があれ、、なので
感想を書きずらくて書いてませんが
与六こと(笑)涼太と草なぎ君演ずる兄貴が
いい感じ♪で最終回が気になってます。
14. Posted by きこり→ルルさん   2009年09月14日 18:46
>それにワタシなんて
「恋して悪魔〜」を
我慢出来たので(おい!、)
えええ〜?!それはスゴイ!(おい!)
『恋して悪魔』完走できたら、どんなドラマでもいけますよ!(笑
って、言いすぎか?
私、第1回目を見て、これはとても無理だと断念いたしました。
>「救命」は次回の江口さんが刺されちゃって
ますます出番を少なくさせる魂胆ですかね?(^^;
そういうアレか〜
車椅子で出演しても違和感ない感じにしようと?
違和感アリアリだってーの!
なんか、この第4シーズンは別物と考えた方がいいようですね。
真剣に見てたら、腹立ってくるもの・・
>きこりさんは「任侠」は見てないのかな?
いいドラマなんだろうけど、私、とにかくツヨポンがダメなのよ〜
生理的に耐えられないの・・・
彼じゃなかったら、おもしろいテーマで好きな感じなんだけど・・・(; ̄ー ̄A

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「救命病棟24時」 第5回NHK連続テレビ小説 「つばさ」 第24週 「あなたを守りたい」