韓国ドラマ 「ファン・ジニ」 第3回 まごころNHK連続テレビ小説 「つばさ」 第22週 「信じる力」

2009年08月27日

「赤鼻のセンセイ」 第8回

 さてさて・・・涙を流して「情けないです・・」と言い合うことしかできない参太朗(大泉洋)と絹(小林聡美)・・・
院内学級はどうなっちゃうんですかねぇ・・・

 確かに『病院は学校ではない』けどさ・・・そんな事最初っからわかってるってね。
てか、先代院長も無責任だわ〜頼りない息子に院長まかせてどっか行っちゃってさ〜
ちゃんと院内学級設置した意味を息子たちに教えんかい!

 日本に戻ってくる事に決めた兄幸一(羽場裕一)は、早速真さん(上川隆也)と七瀬先生(香椎由宇)に今後の方針を発表・・・
「俺が桜山総合病院を日本の最先端医療のモデルホスピタルにする。
今まで、院長なんてやりたくもない仕事やらせてすまなかったな・・」
 幸一は『院内改革』が必要だとして、そのために院内学級は閉鎖すると宣告するのでした。

 (´゚д゚`#)なぁにぃ?
突然やって来て偉そうに・・
真さんも、言いなりかい・・
 その事をみなさんに伝えられない小心者の真さん・・・
院内学級閉鎖を心配する教師や看護師達にも本当の事が言えず、
「何の心配もいりません」とか言っちゃったぞ・・・
夢をアリガトウ(初回限定盤)


 絹は、真の態度からすぐに察したようですが、参太朗は真に受けちゃって・・・
「話せばわかってもらえる」と次の日から、院内学級のすばらしさを伝えるために
幸一をクラスに案内してましたわ〜
で、勝手に院内学級安泰のお墨付きをもらったと思い込んでるし・・・

 真院長も一応、おずおずと「(院内学級のこと)もう少し様子を見た方がいいんじゃ・・」と提案するんだけど、前日に容態急変して亡くなった新生児の事をもちだされ
「『NICU(新生児集中治療室)』があれば助かったかもしれない。
今、ここに必要なのは最新の設備とひとつでも多くのベッドだ。院内学級じゃない」
論理的にちゃんと説明されたら、何も言えない真さん・・

 てか、真さん自体、院内学級存続の意義を感じてないんじゃ・・・
なんとなく受け継いだ病院を何となく経営してるのか?
大病院ですら赤字を抱えて、どんどんつぶれていく時代にそんな悠長な事でいいんかい?
院内学級の充実している病院ですとかって個性をアピールしてみるのも手だと思うんだけどねぇ・・・

 真院長が参太朗たちに院内学級閉鎖がいつバレるかとビクビクしていたある日、
幸一が医師や看護師、教師らに1ヶ月以内に院内学級を閉鎖して、その場所に
NICUを設置する事を発表。
さらに、納得できないと意義を唱える参太朗にクビを宣告!
「君はもう、この病院に必要ありません」

 「子供たちの気持はどうなるんですか?!」といきり立つ参太朗に
「アナタの主張は院内学級を続けて、緊急救命が必要な新生児の命を無視すべきだという事ですか?」と反論する幸一・・・

 ( ゚Д゚) これまた極端な理論を・・・
このシト、何でこんなに強引なの?
ショックから立直れない参太朗は、せっかくやえっち(神木隆之介)とたなっち(高良光莉)が自らボケてくれたのに無視・・・
「何かあったの?」って心配させてるョ・・

 参太朗一人がやきもきする中、ドライな西森先生(平岩紙)・・・
「寂しくなりますけど、私たちじゃどうしようもないことですから」
西森先生と権田先生(光石研)は、派遣されてここに来ていたようで、
ここが閉鎖になれば、もともと所属している学校に戻るんだってよ・・
って、ことは絹も参太朗と同じ様にフリーの教師なのか?いや、もしかして流しの教師?

 何の対策も立てられないままいたある日、
クラスに立ち入り禁止の札が張られ、子供たちはびっくり・・
机や椅子も隅に片付けられてますわ〜
 リフォームのために業者が来ていたもんだからと伝える幸一なんだけど、
これは院内学級閉鎖のためのデモンストレーション・・・

 どんよりする子供たちを励まして、病院のホールへ移動させる参太朗。
「勉強はどこでもできるんだ!」
でも、看護師さんに追い払われちゃったから、今度は授業に出られなくなったわだっち(須賀健太)の部屋で授業を始める参太朗。

 あくまで悲しい知らせを先延ばしにしようとする参太朗ですが、
絹はきちんと子供達に院内学級が閉鎖される事を伝えてました。
そして、意気消沈する参太朗に、初めて病院に来た日に彼が言った「病院の白い壁は色を塗るためにある」という言葉を思い出させるのでした。
「確かにいっぱい塗れましたよ。いろんな色が」

 さて、院内学級閉鎖に腹を立てた中学生3人組は『こんなクソ病院出て行く!』という書置きを残して抗議の家出・・
すぐに七瀬と参太朗に見つかるんだけどね・・・

 参太朗はクビになったことを3人に伝えて
「でも、先生はお前らみたいに逃げたりしない。
毎日見舞いに来て、赤鼻のおじさんとして勝手に授業を続けてやる。
安心しろ、絶対院内学級はなくさない。みんなの教室は俺が守る!」って・・

 (ll鞘U∀鞘U)あ〜ぁ・・・またデカイこと言っちゃって・・・
アンタ、無給でずっと病室に通い続けるんかい・・・

 病室に戻って来た3人の元に絹がやってきました。
「ここの病院の人たちは毎日必死に働いている。
一生懸命みんなの命を守るために働いている。
そういう事、一番わかってるのはアンタ達でしょう?
だからコレ(書置き)は、撤回しなさい」

 仲間がいなくなるから、先生に会えなくなるから寂しい・・・だから院内学級閉鎖に反対する・・
そんな感傷的な理由から動いたんなら、違うんだよと絹は教えたかったんでしょうか・・

 次の日、幸一に談判しに行く参太朗・・・に付いていく絹。
院内学級廃止撤廃を求める参太朗に対して、
「そもそも院内学級って必要でしょうか?」と改めて問いかける絹。
その場に居た七瀬先生も援護射撃してくれましたわ〜

 「子供たちは病院という限定された場所で孤独に過ごしています。
私達医師は治療はできても、その孤独を癒すことはできません。
だだし、唯一彼らに近づくことのできる他人がいます。
それが院内学級の教師なんです。
 彼らと接している時だけ、勉強している時だけ、子供たちは病気のことを忘れて普通の子供として過ごせるんです。院内学級は必要だと思います」七瀬

 「私は院内学級なんてものはなきゃいいと思ってます。
だって、入院している子がみんな元気になったら院内学級なんかいらないんですから。
だけど、現実はそうはいかない。
だから私は教えるんです。
学校へ行けない子が一人でもいる限り、院内学級は止められないんです」絹

 「勉強を教えたければ学校でやって下さい。病院は学校ではない。
病院でその(学校の)代わりができる訳がない」幸一

 「いいえ、ここではそうやっているんです。
勉強して、友達を作って、笑って、泣いて、、怒って、ケンカして、
いろんな事をここにいる子供たちはやってるんです。
子供たちはただ病気を治すためにここにいるんじゃないんです。
ここでただ勉強してるんじゃないんです。
あの子たちはここで一生懸命生きてるんです!」参太朗

 ここに来て、真院長もやっと院内学級を続けようと幸一に言ってくれたんですが・・・
子供たちは話し合って、院内学級をあきらめることに決めたようです。

 何か子供たちを巻き込んじゃったねぇ・・・
「赤ちゃんが助かるならがまんする」って子供たちに言わせるのってどうなんだろうねぇ・・
こんなんじゃ治療に専念できないよ・・・
絹も言ってたように院内学級閉鎖はスペースだけの問題じゃないんでしょ・・?
どうしても院内学級を閉鎖したい理由が幸一さんにはあるのかい?
banner_22
もう8回?!(゚Д゚屮)屮 マジでびっくりしたアナタもポチッとね〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 赤鼻のセンセイ 第8話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年08月27日 22:41
え??????、なんでしょうねぇ。
2. 赤鼻のセンセイ 第8話 院内学級の閉鎖  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年08月27日 23:04
『学級閉鎖と涙の決断!』内容あいかわらず、気合いの入った授業をする参太朗(大泉洋)その教室に見慣れない男が入ってくる。参太朗は、“小児病棟は抵抗力の弱い子供達がたくさんいるんですよ。”と追い出そうとするのだが、“変なおじさん”は出ていかない。すると絹(...
3. 赤鼻のセンセイ 第8話  [ 日々緩々。 ]   2009年08月28日 00:37
帰国した桜山(上川隆也)の兄、幸一(羽場裕一)が院内学級を閉鎖し、 そのスペースに新生児用の集中治療室を設置すると桜山や七瀬(香椎由宇)に告...
4. 赤鼻のセンセイ 第8話  [ 飯綱遣いの部屋 ]   2009年08月28日 09:47
赤鼻のセンセイ 第8話 「学級閉鎖と涙の決断!」 2009年8月26日(水) 22:00〜 日本テレビ 日本テレビドラマ記事閲覧カウンター 「赤鼻のセンギ..
5. 「赤鼻のセンセイ」 第8話  [ ドラマ de りんりん ]   2009年08月28日 19:57
桜山院長の兄・幸一(羽場裕一さん)がアメリカから帰って来た。 参太朗は「カンピロバクター」なんてあだ名をつけられてましたが、絹はヘモ...
ドラマ「赤鼻のセンセイ」第8話は桜山の兄幸一が帰国して、最新の小児医療器械を導入するために今の院内学級の閉鎖を桜山に告げる。それを知った参太朗は院内授業を幸一に見せるが、それでも幸一の考えは変わらず参太朗はクビにされた。それを知った八重樫らは院内学級をな....

この記事へのコメント

1. Posted by ikasama4   2009年08月27日 23:03
そうなんですよねぇ。
あの子供達がガキのような家出騒動を起こしてから
翌日になって一転大人顔負けの対応をするという

新生児が亡くなった事を知ったとすれば
家出騒動の後になるんでしょうけど

それだけにあの変わり身の早さが
釈然としませんでしたね。

そして
>どうしても院内学級を閉鎖したい理由が幸一さんにはあるのかい?
これが一番気になりますよねぇ。


なんだか、よく分からないうちに終わってました。

こういうのを見ると
もったいないオバケを思い出します(; ̄∀ ̄)ゞ
2. Posted by きこり→ikasama4さん   2009年08月28日 15:43
>あの子供達がガキのような家出騒動を起こしてから
翌日になって一転大人顔負けの対応をするという
なんか大事な部分がズボッと抜け落ちているような不思議さがありましたね〜
はしょりすぎだろ・・みたいな・・・
>それだけにあの変わり身の早さが
釈然としませんでしたね。
子供たちには最後まで「院内学級閉鎖反対」を貫かせた方がよかったんじゃないですかね・・
なんかすごく妙な空気でした。
来週の展開のために子供達にあんな事言わせたのかな?
なんの前フリ????
>もったいないオバケを思い出します(; ̄∀ ̄)ゞ
ですな・・・
もったいないとしかいいようのない状況でした・・
3. Posted by りんりん   2009年08月31日 19:18
いきなり帰ってきたお兄ちゃんが、飛ばす飛ばす。(^-^;A
院内学級を閉鎖して、新生児の為の「NICU」を新設するってところがまた、無碍に反対できない理由なんですよね。
それに「(閉鎖を)ガマンする…」って、入院中の子どもたちの大人なこと。
こっちの方が、泣けてきちゃいましたよ。(・_・、)

で、やっと尾美さんと小林さんの「転校生」共演でしたが、内容が内容だけに、ちょっと寂しかったですわ〜。
しかし「豚のしょうが焼き」は美味しいらしい♪(^o^)
4. Posted by きこり→りんりんさん   2009年09月01日 15:15
>いきなり帰ってきたお兄ちゃんが、飛ばす飛ばす。(^-^;A
ね〜!飛ばしすぎだよお・・・
てか、お兄さん役の人、見たことない俳優さんだからかしら?
急に来てなんだよお・・って反発心がどんどん湧き上がるんだけど・・(笑
>こっちの方が、泣けてきちゃいましたよ。(・_・、)
いいこちゃんすぎる言動に逆に怒りすら・・・(笑
なんだよお・・もっとわがまま言えばいいじゃん・・って感じよ〜
なんか変な展開・・・どう収まりつけるんだか・・
>しかし「豚のしょうが焼き」は美味しいらしい♪(^o^)
食べたい〜!
最終回には一膳屋でいろんな料理を見せて欲しいなぁ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
韓国ドラマ 「ファン・ジニ」 第3回 まごころNHK連続テレビ小説 「つばさ」 第22週 「信じる力」