「赤鼻のセンセイ」 第6回「コールセンターの恋人」 第6回

2009年08月13日

「ファン・ジニ 映画版」 チャン・ユニョン 監督

 これは、「フルハウス」で大好きになったソン・ヘギョさん主演なので見てみました。
そしたら、この前見た「美しき野獣」に出ていたユ・ジテさんが相手役じゃないですか〜
 しかも、今チェックしてて知ったけどユ・ジテさんって、
オールドボーイ」で、あの役やった人だったのね〜ビッ栗!!(゚Д゚屮)屮
あ〜知らぬ間に何度もユ・ジテさんと出会ってたとは・・・
運命を感じるわぁ〜(*゚Д゚*)
 HPはこちら

 「ファン・ジニ」とは、16世紀朝鮮王朝時代に実在した妓生(キーセン)で、
映画は北朝鮮の作家ホン・ソクチュンが2002年に発表した『ファン・ジニ』を元に脚色したものです。

 妓生(キーセン)とは、サクッと言うと娼婦のような存在です。
ですが、『諸外国からの使者や高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露するために準備された女性』であることから、『歌舞音曲・学問・詩歌・鍼灸などに通じている必要があった(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)』そうな・・
 厳然とした身分制度に縛られた時代において、女性の「成りあがり」手段としてかなり有効な道だったらしい。

 両班(ヤンバン)のお嬢様として育ったチニ(ファン・ジニ)のそばには、
身寄りのない奴婢の身分でありながら兄のように彼女を守るノミがいた。
だが、ある日、お祭りが見たいというチニの願いを聞いて、そっと外に連れ出したノミはチニの父親から罰を受け、いなくなってしまう。
(これが追い出されたのか、自分から出て行ったのかわからないんだけど・・)
ファン・ジニ 映画版 [DVD]


 5年後、チニの家の執事が金を持ち逃げしたという噂を聞いたノミ(ユ・ジテ)は
チニの元に戻り、その母親に執事として働きたいと申し出るのでした。
成長したチニ(ソン・ヘギョ)はその美しさで町でも有名な存在になっており、
噂を聞いて縁談が舞い込み、結婚間じかに迫っていた。

 んが・・・実はチニは父親が下女に産ませた子供だった。
チニの母は秘密裏に子供を産ませ、子供だけ取り上げ、相手の女性を家から追い出したのだった。

 その事が相手先に伝わり破談・・・
世間体を考えた母からは縁を切られてしまう・・・
一人で生きていかねばならなくなったチニは産みの母と同じ妓生として生きていくことを決め、世話役としてノミを選び、その身を抱かせるのでした。

 チニは幼い頃から様々な事を教えてくれたばあやと共に家を出て、明月(ミョン・ウォル)とう名の妓生として働き始める。
お嬢様としてあがめられていたのに、いきなり官僚とはいえ酔っ払ったおっさんの相手をしなきゃならん、さらに先輩キーセンのいじめもある・・・
そんな中でも誇りを失わず毅然とした態度で生きようとするチニ・・・
 しかし、チニを愛するノミには耐えられず、彼女を置いて去ってしまう・・

 それから5年の月日が流れた・・・
ミョン・ウォルはりっぱな家を構え、長官とも堂々と渡り合える存在となっておりました。

 コレね〜
ちょっと思ってたのと違ったかな〜
私はもっと芸の道に魅かれ、そのためにキーセンとなり精進し続けた女性かと思ってたんだけど(ドラマ版「ファン・ジニ」のあらすじをどっかで見たからかな〜)
映画では、そういう面はほとんど見られなかった。
 頭の良さとか詩の才能で位の高い官僚を驚かせたりする場面はあるんだけど、
あくまで手段として、キーセンとして生きているふうに見えたなぁ・・・
そもそもが好きでキーセンになった訳ではなく、運命に対する復讐のような意味で
キーセンの道を選んだところもあるから、しかたないのかもしれないけど、
長官と一緒になって堅物の役人を誘惑したりしてるのは、逆に落ちた印象を受けてしまったわ・・・

 ソン・ヘギョさんは、誇り高く、強い意志を持つ「ファン・ジニ」を魅せてくれましたョ〜
存在自体が美しいというということを映像の中で表現するのは演技テクニックだけでなく
深い人間性も求められると思うのですが、彼女の美しさはクムカンサン(金剛山)の自然の中に居ても負けることはなかったと思います。

 でも、なんか全体的に駆け足で描かれてるような印象は否めないというか・・
ファン・ジニがキーセンになって、あっと言う間に5年たっちゃったからなぁ・・
その間にどんな経験をして、生きぬいてきたのかがわからなかったのが残念だった。
 それとファンジニの人生観に大きな影響を与えたと思われる賢者との出会いが
さらっとしか描かれなかったから、その後のファンジニの発言にちょっと違和感を感じたわ〜
 コレはきっともっとじっくりと時間をかけて描くべきストーリーなんだろうね・・

 ノミとの絆の深さもちょっとわかりずらかったかも・・・
ラストの別れの場面には泣いたけど〜
そうそう、ユ・ジテさんの切なそうな表情には萌えましたわ〜
まぁ、もともとああいうでっかくて、ケンカも強いのに純粋なハートって設定に弱いんだけどね・・

 10点満点で5点かな〜
br_banner_obake

チマチョゴリに着て見たいわ〜と思ってるあなたもポチッとね〜((o( ̄ー ̄)o))
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:09│Comments(6)TrackBack(2)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 韓流スターカップル ヒョンビンとソン・ヘギョ  [ 星を枕に月を見る ]   2009年08月14日 00:24
ikundaの「あの人の運勢」が再び更新されてます変化球の別所哲也の次は、再び韓国に戻って、韓流カップルとして話題のソン・ヘギョとヒョンビンの相性占いですねドラマでの共演で知り合って交際がスタートしたみたいです・・・というかドラマの中でも恋人同士だったのか日本....
2. 映画版「ファン・ジニ」(2007年・韓国)  [ 華流→韓流・・・次は何処? ]   2009年08月18日 01:29
ソン・ヘギョがどんな「ファン・ジニ」を演じてくれるか、とても楽しみにしていた作品です。決して悪くは無いんですが、やはりドラマ版の方が・・・・・

この記事へのコメント

1. Posted by ぱる   2009年08月14日 00:07
ソン・ヘギョさん、ヒョンビンとの交際報道が流れてますね
ビッグカップルですが、幸せになって欲しいです
2. Posted by きこり→ぱるさん   2009年08月14日 10:30
コメントありがとうございます。
>ソン・ヘギョさん、ヒョンビンとの交際報道が流れてますね
そうなのですか〜!なんだかお似合いですね。
ドラマ『彼らが生きる世界』の共演がきっかけなのですか?
このドラマ、ソン・ヘギョさんが出てるのでずっと見たいと思ってたんです。
早くレンタルにならないかな〜と待っています。
3. Posted by aki   2009年08月18日 01:27
こんばんは。
私は、ドラマ版を先に見てしまったので、
こちらは色々な部分を端折りすぎで、
大味になっていた気がします。

最後泣けるんだけど、
チニは何時の間に、そんなにノミの事を思ってたの?って、思っちゃいました(笑)。

ソン・ヘギョさんやユ・ジテさんは、
それなりに実力もあって魅力もある人なので、
ちょっと残念な気がしました。
4. Posted by きこり→akiさん   2009年08月18日 10:13
>こちらは色々な部分を端折りすぎで、
大味になっていた気がします。
そうなんでしょうね。
私は映画しか見ていませんが、描き方が浅いように思いました。
一代記を2時間ぐらいで描くんだからしかたないのかもしれませんが、すごく駆け足だな〜という印象を受けましたわ〜
どこかの時代にポイントを絞ったほうが良かったんじゃ・・?とすら思ったりして・・
>チニは何時の間に、そんなにノミの事を思ってたの?って、思っちゃいました(笑)。
そそうそう!(笑
私も、チニがそんなにノミのことを思ってたとは感じなかったから、ちょっと不思議だった(笑
ノミの切なさは感じたけど、チニは最後の別れの場面でしか思いが感じられなかったような・・
脚本がいまいちだったんでしょうかね・・
主演のお二人は一生懸命演じてたのに、もったいない感じでした。
5. Posted by リズ   2010年05月12日 16:53
はじめまして、こんにちわ^^

ファンジニみました^^

とてもいい映画ですね♪

すごく切なくて、かわいそうなお話ですが;;
6. Posted by きこり→リズさん   2010年05月12日 18:03
こんにちわ(´m`)
コメントありがとうございます。
>すごく切なくて、かわいそうなお話ですが;;
そうですよね・・・ラストが切なかったです。
ソン・ヘギョさん美しかったですよね〜
ちょっと駆け足で描いていたので、長くてもいいから
もっとじっくりと描いてくれても良かったのにな〜って思いました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「赤鼻のセンセイ」 第6回「コールセンターの恋人」 第6回