「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 塚本連平 監督「大阪ハムレット」 光石富士朗 監督

2009年07月30日

「赤鼻のセンセイ」 第4回

 さて、今回はいつも何にでも無関心なたなっち(高良光莉)のお話・・
たなっちの病名は『慢性腎炎』。
小学校教室で大騒ぎが起こっても、非常ベルが鳴り響いても、漫画を読み続けていましたョ・・
 やえっち(神木隆之介)や和田っち(須賀健太)のように反抗するでもなく、
授業は休まないけど、義務として参加しているだけのようなたなっち。

 そんなたなっちがアカハナ(大泉洋)にイラッとして、漫画を窓から投げ捨てるという暴挙に出て、たまたまそれが当たった院長先生(上川隆也)が被害をこうむるという事件が勃発。

 前からたなっちの態度が気になっていた絹(小林聡美)と
同級生から逃げるように去って行ったたなっちの姿を目撃したアカハナは
たなっちが通っていた中学校の担任に彼女をことを聞きに行くのでした。

 学校では、明るくてクラスの中心的存在で、ソフトボール部では1年にも関わらず夏の大会のレギュラー入りするほどの実力だったそうな・・
でも、発病によって、大会には出られなくなってしまったんだって・・・

「元気だった頃の思い出を忘れて、初めて前に進めるんです」絹
「それは過去を捨てろってことですか?」アカハナ
「大げさに言うとそうかもしれません。
そうしなければ、進めない人がいるんです。
田中は一生病気と付き合わなければならないんです。
過去を振り切って、今の自分と向き合わなければ、あの子はずっとあのままです」絹

 元気だった頃の自分と、透析に時間を奪われながら、病院に拘束され続けている今の自分・・
無感動で教室に居続けたたなっちは過去にも戻れず、未来に進む気にもなれない
状態だったんだね・・
 絹は過去は忘れて新しい自分と出会って欲しいと思っていたけどれど、
アカハナは過去を捨てるなんてもったいない!自分のやり方でたなっちを前向きにさせて見せると啖呵をきってましたわ〜

 で・・・・・
ソフトボール部のみなさんを病院に呼んで、たなっちに「がんばれ攻撃」・・・
「離れていても、おまえはチームの一員なんだぞ!」アカハナ

 がんばれって言われてもなぁ・・・十分がんばってるし・・・
そういうことではないでしょうよ・・・
腹を立てたたなっちは七瀬先生(香椎由宇)に転院を申し出ちゃいました。

 この事態が理解できないアカハナは、がんばれば「ハッピーエンド」を迎えられるのになぜ逃げようとするのか尋ねるんだけど、
「私にはハッピーエンドはないから・・・
人はみんな死ぬんですよ。死ぬことがすばらしいんですか?」と
返されてしまう。

 この言葉には七瀬も衝撃を受けておりました。
「そんなこと言われたら、私はなんのためにがんばっているのかわかんないです・・」
「あの子もわかんないんじゃないのかな・・・
自分が何で生きているのか。
太陽と水と二酸化炭素・・
田中には何が必要なんだろう・・・」絹

 人間はこころのある生きものですもんね・・・
生きていくためには希望が欲しいし、自分でなっとくできる理由が欲しいし、
それがあることを信じたい。
生きているのか死んでいるのかわからない今の自分に、一番いらだっているのはたなっち自身だったのです。

 どうしたら、たなっちを無常観から救い出せるのか・・・
単純明快に生きているアカハナは悩むばかり・・・
その解決のヒントを与えてくれたのは院長でした。

 桜山院長はやはり、ただのお気楽さんではなかったようで・・・
「がんばれ」と励ますしかできないアカハナに、開かないお椀の蓋を例にとって
「田中さんも蓋をしている。
それを取ってあげるのが君の役目だ」と教えていました。

 で、たなっちにソフトボールで勝負を挑むアカハナ。
アカハナが勝ったら、転院を止めてこの病院に残り、治療も受けて、授業中漫画を読まない。
たなっちが勝ったら、自分が何でも言う事を聞く!と宣言してましたわ〜
 そこに絹が現れて、アカハナが負けたら退職することと変更してたけどね・・
アカハナにとっては絶対に負けられない勝負となりました。

 絹は、七瀬先生に反対されると思って、たなっちがソフトボールをする許可を院長にもらいに来たんだけど、逆に七瀬も一緒に「やらせてあげてください!」と頼んでくれましたョ〜
 
 で、七瀬と看護師付き添いの元、アカハナとたなっちの1ゲームだけの戦いが始まりました。
いつも無感動な目で回りを見ていたたなっちの目が真剣になり、強い光が現れてきました。
 1球目みのがし、2球目空振り、そして3級目にヒット!

 「こんなに手がしびれて痛いの久し振り・・・」
たなっちは、生きてる手ごたえを感じたようです。
病気になっても人生が終わった訳じゃない、自分は生きている・・・
一瞬でも、その喜びを感じたたなっちは今の自分を少しは好きになれたのかな・・・?

 まぁ、今回もアカハナの荒療治が効果をあげたようです。
たなっちに足りないものはわかっていても、どうしたら気づかせてあげられるか、
絹も考えつかなかったようだから、アカハナの行動力に助けられた部分があるのかしら・・
 二人の足並みが徐々に揃ってきているような気がするぞ・・

 このドラマ、アカハナのウザさも薄まってきて(慣れただけか?)全体的にほどよい感じが気持いいです。
来週、わだっちの病状悪化?急にトーンが変わらないことを祈ってます・・
ブログランキング

尾美としのりさんの出番が少なすぎるぞ〜!と思ったあなたもぽちっとな〜!( ・◇・)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 赤鼻のセンセイ 第4話 閉ざした心に差し込む光  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年07月30日 17:39
『屈折少女の心にエール』内容絹(小林聡美)と騒ぎを起こしてしまった参太朗(大泉洋)は、小学生クラスのクーラーを破壊してしまうのだった。仕方がなく、中学生クラスと同じ部屋で授業を行うことに。絹の授業は大人気で、大騒ぎ。。。それに比べて参太朗は。。。。ヤエ...
2. 「赤鼻のセンセイ」 第4話  [ ドラマ de りんりん ]   2009年07月30日 20:00
今回はいつも無関心で、マンガ少女な“たなっち”のお話。 彼女は慢性腎炎を患っているらしい。 ある日、参太朗に助けを求めて教室に飛び辮..
3. 赤鼻のセンセイ 第4話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年07月30日 21:22
さてさて、今回は
4. 赤鼻のセンセイ 第4話  [ 日々緩々。 ]   2009年07月31日 00:06
石原(大泉洋)は、まるで現実から目をそらすように漫画を読み続ける 田中(高良光莉)を心配するが、その原因が分からない。 解決策を探ろうと、...
5. 《赤鼻のセンセイ》#04  [ まぁ、お茶でも ]   2009年07月31日 04:02
院内学級の授業中、太川が真剣な顔で、参太朗に頼みに来た。黒い悪魔がいると。 結局ゴキブリではなくカブトムシだった。太川の弱点が分かって優位に立ちたい参太朗は、モップを振り回して、エアコンを壊した
6. 赤鼻のセンセイvol.4  [ ita-windの風速計 ]   2009年07月31日 18:19
■赤鼻のセンセイ脚本:土田英生(1)(2)、根本ノンジ(3)、佐藤久美子(4)演出:佐久間紀佳演出:佐久間紀佳、吉野洋、茂山佳則プロデューサー:大倉寛子、秋元孝之第4話屈折少女の心にエール--------------------------------------------------------授業中相変わらずタナ...
「赤鼻のセンセイ」第4話はゴキブリと勘違いした絹が参太朗にゴキブリ退治をお願いしたらクーラーを壊してしまい院内学級を合同授業する事になった。そんな中田中が突然窓からマンガ本を投げ、これが院長に当り七瀬にまたもガッチリ起こられてしまう。何故田中が怒ったのか....
8. 「赤鼻のセンセイ」4 ☆☆☆  [ ドラマでポン! ]   2009年08月04日 18:27
参太郎、大人げない……(^^;;;;)でもそんな、KY全力投球の参太郎だからこそ病人と勝負だなんて無茶苦茶が言えるんですよね(マッチポンプながら、波風が立ったからこそ生徒が変わるというドラマ的王道表現!)今回もいい話でしたー。ただ、肝心の病気の説明がおぼろげ...
9. 「赤鼻のセンセイ」(第4幕:「屈折少女の心にエール」)  [ 鉄火丼のつれづれ日記 ]   2009年08月04日 22:52
7月29日に放送された「赤鼻のセンセイ」(第4幕)は、香(高良光莉)がソフトボールに挑戦する、というのが主な内容であった。今回のエピソードの中盤あたりで、香が「死ぬことは素晴らしいんですか?」と、参太朗(大泉 洋)たちに問いかけるシーンがあった。鉄火丼はこの...

この記事へのコメント

1. Posted by りんりん   2009年07月30日 20:04
>尾美としのりさんの出番が少なすぎるぞ〜!
(゜-゜)(。_。) ウンウン
使い方が勿体ないですわ〜。
そしていつになったら、小林聡美さんとのツーショットが見られるのか?(笑)

それにしても…
参太朗の“空回り”加減は、相変わらずウザイ(笑)
無神経すぎるというのも、観ていてツライですね。(^_^;)
きこりさんは、薄まったって?
( °o° ) エー 優しいですわ〜(笑)

冒頭のまえだまえだの漫才は楽しみなんですけど…(’-’*) フフ
2. Posted by きこり→りんりんさん   2009年07月30日 21:27
>そしていつになったら、小林聡美さんとのツーショットが見られるのか?(笑)
そうだそうだ〜!!
最終回までには見せて欲しいぞ。
今、北海道では『流星の絆』を再放送していて、
あの楽しい尾美さんを毎日見てるから、
このドラマの尾美さんはかなり物足りないの〜
>( °o° ) エー 優しいですわ〜(笑)
(^0^*オッホホ
私って意外と順応性あるのかしら?
でも、アカハナの押しが徐々に弱くなってきてるように見えるのは気のせい?
1回目のトンデモナサに比べると、ずい分大人しくなったような・・・(笑
>冒頭のまえだまえだの漫才は楽しみなんですけど
え〜?私はこっちこそもういいよって・・・(笑
子供に厳しい?
3. Posted by ikasama4   2009年07月30日 21:54
病気によって途絶えた夢
たしかに時には諦める事も必要かもしれませんが

前回の千佳ちゃんよりも年長とはいえ
それを子供に背負わせるのはちょっとコクですかね。

そう思うと今回のアカハナの選択は
正解ですね ̄▽ ̄b

ウザさはいいんですが
子供を笑わせる事に対する責任感は十分なのに
それ以外には全くの無責任なのがウザさとカラムと
なんかむかつきます ̄▽ ̄#
4. Posted by みのむし   2009年07月31日 17:13
生きる希望を失ってる子供たちに
ウザさ120%で迫ってくる赤鼻に
毎回苦笑いをしつつもなんとなく
あったかい気持ちで見てしまってます。
いつもやり方はKYなんだけど
子供たちに元気になってほしいって思う気持ちは
強い赤鼻が好きですねぇ。
ってかやえっちとわだっちが何気にかっこいいなぁ。
と思いながらほくそ笑んでおります。
5. Posted by きこり→ikasama4さん   2009年07月31日 18:27
>前回の千佳ちゃんよりも年長とはいえ
それを子供に背負わせるのはちょっとコクですかね。
そうですね・・・
人によってそれぞれ背負うものはあるでしょうが
こんな若いうちから、才能もあって生きがいでもあったものを諦めるのは辛いですね・・・
そんな中で生きる意味を問われたら、応えられる大人はそんなにいないと思います。
過去をまるっきり捨てるのではなく、過去を大事にしながら、今の自分も受け入れる・・・
今回も強引なアカハナでしたが、それぐらいの方が良かったんですかねぇ?(「´-ω・)??
毎回うまく転がるとは限らないので、
いままでもたまたまうまくいったって感じですけどね・・
>それ以外には全くの無責任なのがウザさとカラムと
なんかむかつきます ̄▽ ̄#
私は毎回あの授業の内容にイラッとしますね〜
くっだらないこと言ってないで、普通に授業しろよ!って言いたくなります。
6. Posted by きこり→みのむしさん   2009年07月31日 18:31
>毎回苦笑いをしつつもなんとなく
あったかい気持ちで見てしまってます。
最終的にはうまくいってるので、結果オーライって感じ?(笑
絹や桜山のフォローあってこそだと思いますが・・
それにしてもすごい強引さですよね〜
「お前は俺のこと信じてなくても、俺はお前のことを信じてる!!」って・・・
力技ですもんね・・・他の人には真似できませんわ・・・
>かやえっちとわだっちが何気にかっこいいなぁ。
と思いながらほくそ笑んでおります。
私も〜!!(笑
とくにやえっちゃのミステリアスな微笑みには┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ
こんな子が息子だったら・・・いや、娘のボーイフレンドだったら・・・(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 塚本連平 監督「大阪ハムレット」 光石富士朗 監督