「湯けむりスナイパー」 第12回(最終回)   殺し屋・源NHK連続テレビ小説 「つばさ」 第13週 「恋のバリケード」

2009年06月28日

「ザ・クイズショウ」第1シーズン(深夜版) 第1話〜第4話まで 

 さて、櫻井翔君主演の「ザ・クイズショウ」を見ている時から
気になっていた深夜版・・・・やっと見ることができました。
DVD4枚、まとめて大人借りですョ・・・( ̄m ̄*)

 第2シーズンで櫻井君が演じた神山にあたる「ザ・クイズショウ」の司会者を務めるのはMC・TAZAKIこと田崎徹で、演じるのはラーメンズの 片桐仁。
横山裕君の演じた本間は、TEAM NACSの黒ヒョウ戸次重幸演じる山之辺健吾となっております。
第2シーズンは生放送という設定になってましたが、第1シーズンは収録です。
30分番組で全12話ということで、無駄な登場人物もなく、
解答者と田崎・山之辺のストーリーに集中して見られる感じです。

 第2シーズンで本間はディレクターという立場でしたが、
山之辺は「ザ・クイズショウ」のプロデューサーという事で番組トップの存在。
ディレクターとして松坂(津村知与志)という男がいるが、特にストーリーに影響を与える存在ではない。
 
 田崎は何らかの原因で記憶を失っており、「ザ・クイズショウ」出演の時以外は
山之辺によって病院に閉じ込められているという設定は同じです。

 四話まで見た段階での田崎と神山との差は、2人の体温の違いでしょうか・・
普通の人間として苦しみ続ける本間に対して、変温動物のような田崎。
血がめぐっていないかのような無機質感と抱えているであろう心の闇の深さと重さがつり合わず、
ちぐはぐな印象を与え、奇妙だけれど一度見たら忘れられないキャラクターとなっています。
 第1話登場時、病室から出てきた田崎はまるで廃人のよう・・・
意志を持たぬロボットといった感じです。 

 そして、第2シーズンで篠井英介さんが演じた案内人は中村靖日さん
背も小さく、黒のスーツのズボンがなぜか短いのでかわいい印象。
人間というよりも、二次元空間から飛び出して来たような不思議な雰囲気・・・  

 第1話の解答者は村瀬龍一郎(山本耕史)。
かつて「素晴らしき世界」という曲で一世を風靡したミュージシャン。
だが、ヒットしたのはコレ一曲。
大麻取締違反で逮捕された後は、すっかり忘れられた存在となり、現在は借金まみれの生活。
 村瀬の夢は「ニューアルバムの製作発売、それに伴う銀河TVでの大々的なプロモーション活動」
 
 わたしゃ『イニシアチブ、俺』よりも、こっちの歌の方が好きだったわ〜
訳わかんない歌詞で。
それにしても山本さんのかもしだす村瀬のB級感はさすがですねぇ〜
適度にバカっぽくて笑えます。

 村瀬の犯した罪は元マネージャー殺害。
借金を申し込んだのに、才能の無さを指摘され逆上して、部屋にあっただるまで殴打して殺害した。
 その罪がばれるのを恐れて、ドリームチャンスの問題に応えられなかった。

 さて、本間と比べて山之辺は感情を表に現すことはほとんどありません。
番組の間ずっと静かに見守り続け、ドリームチャンスの踊りの場面だけ楽しそうな表情を浮かべます。
番組終了後、病室の中で記憶のフラッシュバックに苦しむ田崎の声が聞こえると
悪魔的に笑い出すのでした。

 第2話の解答者は新田瞳(高橋真唯)。
漫画家を目指している女性。
強い抑圧があるらしく、ストレスを感じると食べ物に手を伸ばしてしまう。
番組中も、無意識に食べてしまうほと。
 彼女の夢は「世界中の美味しい料理を死ぬまで食べ続けたい」だったけど
「ドリームチャンス」直前に「漫画家になりたい」に変更。

 この高橋真唯さんって、すっとぼけた魅力があってかわいかったなぁ・・・
コメディも見てみたいですねぇ。

 彼女が向き合うことになった罪は、唯一自分を応援してくれていた恋人への裏切り。
肺がんで瀕死の状態にあった恋人の呼び出しを無視して、漫画家になるという夢を叶えるために編集者の男性と関係を持った。
そのまま恋人は亡くなってしまったので、その罪の意識が彼女を縛り続けていたらしい。
 「ドリームチャンス」に応えて、自分の罪を認めた彼女は、依存症からも解放され
再び夢に向きあうことができるようになりました。

 今回の山之辺・・・
新田を煽る発言を繰り返していた田崎が、彼女にビンタを張られると、『おっ!』って感じで、すごく嬉しそうな表情を・・・
でも、エキサイトしそうな心を抑えて見守っておりました。

 この時点で田崎が思い出したのは、「ミユキ」という女性の存在。
過去に彼女と2人で新田瞳に似顔絵を書いてもらったことがあったのね。

 3話・4話の解答者はカリスマ占星術師のスマイリー北島(佐藤二朗)。
独自に編み出した「火星占星術」の著書は大ベストセラー、TVでもひっぱりだこ。
政界進出も噂される超大物らしい。
 全体に漂う胡散臭さと、人を食ったような態度は田崎といい勝負。
彼の夢は「一人でも多くの人に「火星占星術」のすばらしさを知ってほしい」だってよ・・

 いや〜こういう実体がなく、ふてぶてしくも軽い男ってのは二朗さんの真骨頂ですよね〜
こいつをギャフンと言わせてやってくれ!と、見ている側のテンションも高まってきます。
 対する田崎のトークは、クイズ続行のためなら何でもやるという感じで徹底しており、
黒い高田純次そのもの・・
しゃべればしゃべるほど空虚になっていく空間がたまりません。

 北島の罪は膨らみすぎた野望でした。
途中ギブアップした彼に、吐き捨てるように語る田崎。
「滑稽ですねぇ・・・アンタ・・・ピエロ、ピエロ。
運も実力?バッカじゃねぇの?!
アンタ、危機感ゼロなんだよ。
中途半端な気持のクセに夢なんか語っちゃってさ・・・
全てをかけて、命をかけて、あがいて、あがいて、手に入れるもの、
それが夢で、それが「ザ・クイズショウ」です」

 田崎がしゃべる言葉は、田崎自身も知らない彼なのかもしれません。
繰り出された言葉が彼を導いていくような気がします。
今回、彼が思い出した記憶は、ミユキという女性は田崎の結婚相手であり、
過去に2人の将来を北島に占ってもらったことがあった。
その際、「嫉妬」の影が2人の邪魔をすると言われた。
その女性は刺されて死んだ?

 いや〜内容は知っているのですがおもしろいです。
片山さんの『ドリームチャンス』の小学男子のようなめちゃくちゃな踊りもかなり好きですよ〜 
ブログランキング

戸次さんのクールな魅力発見・・見終わったら虜になりそうで不安だわ〜と
思ったあなたもぽちっとね(*゚Д゚*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ザ・クイズショウ」のこと  [ 塩ひとつまみ ]   2009年06月28日 21:45
「ザ・クイズショウ」、深夜版(2008 ORIGIN)のほうのを 4話目(Episode 3-?、ゲスト佐藤二朗さん=スマイリー北島) まで見ました。 うーん。サクサ??.

この記事へのコメント

1. Posted by ミマム   2009年06月28日 21:46
こんばんは〜。
きこりさんが深夜版を見てくれて
何だかとっても嬉しい気持ちです(^^)
私は案内人の中村靖日さんの、ネクタイをキュキュキュッとする仕草が好きでした。
もう5話目以降をご覧になっているんでしょうか?
多分…もう一度、最初から見返してみたくなったり
見返してみると面白いことが発見できるのではないかと思います。

>戸次さんのクールな魅力発見・・見終わったら虜になりそうで不安だわ〜

彼のいいところがこれから見られると思います。
どうぞ虜になってくださいな〜(*^_^*)
2. Posted by きこり→ミマムさん   2009年06月29日 16:42
いや〜おもしろいです!
今、第9話まで見終わったのですが、このまま一気に12話までいっちゃいそうな感じです(笑
ミマムさんに推薦してもらってよかったです。
>中村靖日さんの、ネクタイをキュキュキュッとする仕草が好きでした
そうそう、かわいいですよね〜
で、それを相手が見なかったら、何回でもやってる(笑
案内人のタイプも深夜版とゴールデンでは全然違いますよね。
>彼のいいところがこれから見られると思います。
なんか、シゲってこんなにかっこよかったっけ?って新鮮なおどろきを感じております(笑
まゆげは相変わらずきっちり描いてるけど・・(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「湯けむりスナイパー」 第12回(最終回)   殺し屋・源NHK連続テレビ小説 「つばさ」 第13週 「恋のバリケード」