「白い春」 最終回「スマイル」 最終回

2009年06月25日

「臨場」 第10話  「十七年蝉」(最終回)

 撲殺されたと思われる女性の遺体の検死を行った倉石は、
女性が銃殺された後に殴られたことを明らかにする。
殺害現場の状況から、17年前に妻・雪絵(京野ことみ)が殺された時の事を思い出す倉石。
 そして、現場に残された銃弾の銃創から17年前の事件で使われたものと同じ銃が使われたことが判明しました。

 17年前、警官が襲われ、銃を奪った犯人は警官を殺害、
その後、主婦の大瀬恵美子を銃殺し、次の日に倉石の妻雪絵をも殺害したのだった。
 被害者の関係者は捜査に関わることができないため、倉石(内野聖陽)は
検視によって「仏の声をねこそぎひろう」ことができなかった。
無念の涙を流した倉石の代わりに、「ホシは必ずこの手で俺がわっぱをかける!」と約束した立原(高嶋政伸)だったんだけどねぇ・・・
 立原は途中から捜査をはずれ、犯人も見つからず、迷宮入りして時効を迎えたわけです。

 その事を負い目を感じてきた立原なのですが・・・
確かにね〜こんなにはっきり約束したのに昇進試験でしたっけ?選ぶっつーのは
ちょっとなぁ・・
もっとよんどころない事情だったらアレなんですが・・・
倉石はそんなこと気にしてないようだけどさ・・・

 さて、17年前の捜査資料に目を通していた立原は、今回の被害者の夫・寺島省吾(矢柴俊博)が、17年前の事件の時、事情聴取を受けていた事に気づきましたョ〜
一応容疑者として取調べも受けたようですが、アリバイを証言してくれた人がいたんでシロになったらしい。
 んが・・・そのアリバイ証言をした者こそが、今回の被害者であり、寺島の妻の弥生だったのよ〜!

 コレは何かある!
被害者の葬儀会場で、立原は被害者の友人から呼び止められる。
彼女の話によると、被害者は17年前に夫のために偽証をし、
夫の口から犯人だという言葉も聞いたんだって・・・(ソレを友達に話すのもすごいけど)

 「寺島の自宅にガサを入れる!!」立原
令状を手に、捜査員たちは寺島の元へ向かったんだけど、
寺島は17年前の連続射殺事件の罪を認めた後、銃に残っていた最後の一発で自殺してしまう。
「でも〜〜!!弥生を殺したのは俺じゃない」の、言葉を残して・・・

 その現場に臨場する倉石。
いたたまれず自分たちが検視をやると言い出す留美(松下由樹)とイチ(渡辺大)だったんだけど、倉石は冷静に検視を続けておりました。

 寺島の顔は安らかな死に顔でしたね。
心の闇に囚われて、犯した犯罪・・・
捕まる事も罪に服する事もなくすごした17年でしたが、怯え続けた17年だったのでしょう。
 葬儀会場で、ただ寺島の顔を見つめていた倉石にはそのことがわかっていたんでしょうね。

 寺島の死によって、全ては解決したかのように思われた事件でしたが、
立原も倉石も納得しておりませんでした。
被害者の弥生が亡くなる10日前から受けていた不審な電話、
さらに、17年前の事件を模したかのような被害者の頭の傷・・・
「きっとマネしすぎたんだろうよ・・・」倉石

 なんでも、17年前に殺された大瀬恵美子さんの頭の傷は、
銃で撃たれて倒れる際に頭をぶつけた時にできた傷で、
今回の被害者弥生さんの頭の傷は、銃で撃った後に明らかにわざとなぐってできた傷だったらしい。
弥生に恵美子と同じ痛みを味あわせようとした者の復讐なのか・・?

 倉石は教師している17年前の被害者恵美子の夫大瀬(大杉漣)を訪ねて、
その事をやんわりと伝えるのですが、もちろんすっとぼける大瀬。
で、大瀬から苦情を受けた捜査一課の小野(三浦浩一)が倉石を叱責しておりますわ〜
「あの事件は終わったんだ。余計なことを考えるんじゃない!」
「俺たちが考えるのやめたら、誰が考えるんです?」倉石
「きさまっ!今のポストからはずされたいのかっ?!」小野

 や〜ね〜感情的になっちゃって・・・
扉の外で聞いていた留美とイチも、すぐに倉石の援護射撃をはじめましたョ〜
「鑑識が捜査に口をだすなっ!!」小野
「ホシを上げるのに、鑑識も刑事も関係ねぇよ。辞表はいつでも、懐ん中だ」倉石

 次の日、倉石は、いつものように花壇の手入れをしている大瀬をまた訪ねましたわ〜
「どうやって寺島が犯人だって知ったの?」と普通に聞く倉石に、
同じ被害者家族のよしみでしょうか、淡々と応える大瀬。
 時効成立の日に、現場に行って、花を手向けている寺島の姿を見て、直感したそうな・・・

 その後、寺島に電話をして、その対応から確信を得た大瀬は脅迫的な電話をかけ
不安感を煽ったのでした。
で、証拠の銃を公園の木の根元に隠すのを見た大瀬は、それを掘り出して
寺島の妻を撃ったらしい。
動機は、妻を失った自分と同じ思いを味あわせるため・・

 「私は警察には捕まらない。
17年前の事件で寺島は逮捕されなかった。
時効が成立して罪にも問われなかった。
奴が逮捕されないのに、どうして私が逮捕されねばならないのですか?」大瀬

 犯行の正当性を口にする大瀬だったけど、留美とイチが示した証拠に罪を認めるしかありませんでした。
被害者の頭部に付着していた土が、学校の花壇の中にある土の成分と一致したそうです。
犯人が花壇に置いてあったレンガで被害者をなぐった事が立証されたのです。

 大瀬は17年の間ずっと復讐を考えて生きてきたそうです。
「アナタ・・一度も復讐を考えたことがないのか?
もし、そうだとしたら、それはアナタが警察官だからだよっ!
私たち市民には、捜査手段も逮捕権もないんだ。
ただ、警察にゆだねるしかないんだよっ!
 アンタら警察が時効前に、もし犯人を逮捕してくれたら、こんな事にならなかったんだよ!
遺族に時効なんかないよっ!
人を殺して罪に問われないのなら、俺が罰するしかないだろう?!
倉石さん、アンタならわかるだろっ?!」

 乱暴な論理ではありますが、遺族としては普通の、当たり前の感情だと思います。
犯人が捕まっても怨みの感情がなくなる訳ではありませんが、
逮捕されることもなく、のうのうと生きているのを知ったら、
収めていた怒りすらもどす黒く湧き上がってくることでしょう。

 同じく被害者の夫でありながら、大瀬と倉石が違っていたのは、
憎しみよりも愛を見つめて生きてきたこと。
もし大瀬にも亡くなった妻と心の中で対話する時間があったのなら、
奥さんは、大瀬が復讐して殺人犯となることを決して望まないと気づいたはずです。
 
 「弥生さんが死んで、寺島が自殺してアンタ満足か?
今、心から幸せか?
俺は雪絵の事を一日たりとも忘れたことはねぇ・・・
雪絵は生きてる・・
俺が忘れなきゃ、俺ん中で雪絵はいつまでも生き続ける。
それが俺の悼みかただ。
大瀬さん・・・アンタならわかるだろ?」倉石

 倉石のように、罪ではなく愛した人が残してくれた思いを見つめ続けることは
難しいのかもしれませんが、苦しみの中で、罪を犯さずにはいられない人間というものを赦しているのかもしれないですね。
大瀬が殺人という罪を犯したのも、妻を愛するが故だということも倉石はわかっていたんでしょう・・

 いや〜終わっちゃいましたね。
地味なドラマでしたが、「仏の思いを根こそぎひろう」という倉石のシンプルな思いで貫かれたいいドラマでした。
事故や事件で亡くなった人間の思いにしっかりと向き合い、拾っていく。
倉石が対するのは死者ばかりでしたが、「死」をしっかりと受け取るということは
その人の生きてきた人生をすら見つめることに繋がるように思います。
 
 倉石がいつもラストに事件現場で佇んでいたのは、彼らの生を心に刻み付けることによって生かし続けようとしたんじゃないでしょうか・・・
自分の妻と同じように。
 
 これは続きが見たいですよね〜
留美とイチのコンビがどう育っていくのか楽しみだし・・・
何より倉石義男という非常に魅力のある人間にまた会いたいです。
高嶋さんは・・・もっと力を抜いて欲しいかも・・・( ̄∇ ̄;)

 そうそう!車においてある林檎の謎は〜?
誰かわかった人教えて〜!
てか、林檎は暖かいところに置きっぱだと味が悪くなるじょ〜
ブログランキング 

内野さんの顔って、ちょっとフルーツポンチの村上に似てるかも〜っておもちゃった
アナタも、ぽちっとね!(ll鞘U∀鞘U)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 臨場 最終回  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2009年06月25日 17:08
主婦・弥生(岩橋道子)の遺体が発見された。 遺体の胸部に小さな穴を発見した倉石(内野聖陽)は、射殺と断定する。 見つかった銃弾から、使われた拳銃が17年前、倉石の妻・雪絵(京野 ことみ)を殺害したものと同じものだと分かる。 17年前、交番巡査がナイフで刺...
2. 臨場 第10話(最終回) 十七年蝉  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年06月25日 17:45
『十七年蝉』内容公園で、女性の撲殺体が発見されたと小坂(松下由樹)から、連絡を受けた倉石(内野聖陽)。一見したところ撲殺。。だが倉石の検視し、胸に小さな穴を見つけ、撲殺ではなく射殺と断定。そして被害者が、弁護士・寺島省吾(矢柴俊博)の妻・弥生(岩橋道子...
3. 「臨場」最終話  [ またり、すばるくん。 ]   2009年06月25日 18:36
最終話「十七年蝉」 視聴率15.3%
4. 臨場 最終話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年06月25日 20:16
女性の撲殺された遺体が発見された。
5. 「臨場」最終回☆☆  [ ドラマでポン! ]   2009年06月25日 21:24
射撃の腕前、良すぎでしょう(^^;;;;)ツッコミはそこかと言われそうですが、素人さんがかなりの距離から一発必中という事件が4回起きるのはちょっとどうかと。せめて4回目は外してまだ息があるから撲殺、と思わせて実は……じゃダメだったのかしら。まあ17年もありま...
6. 臨場 最終話:十七年蝉〜そして最後の検視…  [ あるがまま・・・ ]   2009年06月25日 21:29
永遠の愛…( ̄ー ̄(。-_-。*)ゝポッ 1日たりとも忘れた事ねぇ。雪絵は生きてる。俺が忘れなけりゃ、俺の中で 雪絵はいつまでも生き続ける。それが俺の悼み方だ。 そしてラスト前の倉石と雪絵の幸せそうな幻想が泣けるぅ〜{/face_naki/} 17年前に、同じように妻を殺された...
7. 『臨場』 最終話「十七年蝉」  [ 英の放電日記 ]   2009年06月25日 21:55
 無差別殺人の2人の被害者の夫の、その後の生き様、人生観を描いている。  心の中で妻は生きていると、前向きに生きる倉石(内野聖陽)。  復讐心を持ち続け、凶行に及んでしまった大瀬(大杉漣)。  もし、私が同じ境遇にあったら、どう生きるのだろうか?多分、両者...
8. 臨場vol.10-最終話-  [ ita-windの風速計 ]   2009年06月26日 13:46
■臨場脚本/佐伯俊道(2)(7)(10)、坂田義和(1)(5)(9)、尾西兼一(3)岩下悠子(4)、吉本昌弘(6)(8)プロデューサー/佐藤涼一、目黒正之、横塚孝弘監督/橋本一、猪原達三、伊藤寿浩http://www.tv-asahi.co.jp/rinjo/第10話十七年蝉〜そして最後の検視…---------------------...
9. 臨場 最終回 (高嶋政伸さん)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2009年06月26日 14:48
◆高嶋政伸さん(のつもり) 高嶋政伸さんは、テレビ朝日系列で毎週水曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『臨場』に立原真澄 役で出演しました。一昨日は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想
10. 「臨場」第10話(終)  [ 日々“是”精進! ]   2009年06月26日 16:19
臨場第10話「十七年蝉」(終)弁護士の寺島の妻が遺体で発見された。頭部の打撲傷が致命傷かと思われたが、倉石は遺体の胸部に小さな穴を発見し、射殺と断定する。発見された銃弾から、使われた銃が17年前に倉石の妻、雪絵を殺した物と同じであることが分かる。それは...
11. 「臨場」最終回感想  [ ◆笑ったメモ〜実録マンガの素〜 ]   2009年06月29日 21:35
原作が横山秀夫なのではずれないだろうと思って見始めた「臨場」。こういう地味な刑事ドラマは大好きです。 設定は原作とは違ってドラマ向??.
12. 2009春ドラマ、どれが面白かったですか?o(^-^)o (6月30日までの放送終了分のみ)  [ ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀ ]   2009年07月05日 10:16
 こんにちは♪o(^-^)o  2009春ドラマ、一部を除いて終わりましたね。
13. 臨場 再放送 最終回「十七年蝉」  [ のほほん便り ]   2016年09月02日 07:59
無差別殺人、被害者の身内の、対象的な二人の男の物語… 突っ込みどころは満載でしたが、最終回にふさわしい重厚なエピソードでしたね。公園で弁護士夫人・弥生(岩橋道子)の遺体が発見。検視した倉石(内野聖陽)は射殺と断定。木に残っていた弾の線条痕から、17年前の連

この記事へのコメント

1. Posted by ikasama4   2009年06月25日 20:43
17年前からずっと妻を忘れなかった倉石
17年前からずっと犯人を憎しみ続けた大瀬

二人ともずっとそれを続けられたのは
妻を深く愛していたからなんでしょうね。

それだけに大瀬が選んだ道がたまらないですね。

今期はこういう「復讐」を感じさせる
物語が多いですが、何にしても
復讐は何も生み出さないですからね。

まぁどうしても復讐したい場合は「仕事人」ですかね(; ̄∀ ̄)ゞ


それにしても妻を殺した犯人と分かっていながら
いつものように検視をして「根こそぎ拾い上げる」
その精神を貫けるのも全て妻への愛の証なのかも
しれません。

>そうそう!車においてある林檎の謎は〜?
全く分かりません(; ̄∀ ̄)ゞ
2. Posted by とみい   2009年06月25日 21:15
検視は「死体」を扱う仕事の為、やはり臭いが気になるそうです。車にも臭いが残るため、消臭用にりんごを置くこともあるらしいと、番組宣伝で内野さんが言ってました。
3. Posted by まこ   2009年06月25日 22:25
ほんと地味ながらも心にしみるいい作品でしたわ〜
春クールはやたら警察関係者の登場が多かったけど
このドラマの中の人達が1番現実味があったような…
私情を挟む事なく、事件の本質に迫る姿勢は
スマイルの林の父や古瀬刑事に見習ってほしいぞ〜!
イチ役は私的には初めて見た役者さんだったし
逆に留美役の松下さんが、ただの部下役に甘んじてたとは
何と贅沢なドラマだったんでしょ!
白い春といい、臨場といい、登場人物もストーリー展開も
地味ながらじっくり見せてくれる大人なドラマが
増えてきたのはうれしい限り

4. Posted by 桔梗   2009年06月26日 00:29
はじめまして。レビューやコメントを読みながら、ドラマの余韻に浸ってます。「白い春」と「臨場」終わってしまいましたね。
りんごの話は「臨場」の公式サイトのスペシャルのインタビューの中にも書いてありました。
これからもよろしく。
5. Posted by 凛太郎   2009年06月26日 09:29
「ゴンゾウ」程の完成度の高さは感じませんでしたが、かえって完全に完結してしまった「ゴンゾウ」とは違い、シリーズ化の可能性を残してくれたと思います
わだかまりが無くなった高島君との名コンビで、難事件を解決してゆく続編に期待できそうです
6. Posted by きこり→ikasama4さん   2009年06月26日 14:26
>二人ともずっとそれを続けられたのは
妻を深く愛していたからなんでしょうね
そうなんですよね・・
2人とも深く妻を愛していたからこそ、17年の間生きてこられた。
でも、選んだ道は正反対になってしまったんですよね。
>復讐は何も生み出さないですからね。
愛する者を奪われ、復讐したいと思うのが人間として普通の感情なのかもしれませんが、そこを流されず愛を見つめ続けるというのが人の道なんですかねぇ・・・
>まぁどうしても復讐したい場合は「仕事人」ですかね(; ̄∀ ̄)ゞ
『怨み屋』もいますよ・・
>その精神を貫けるのも全て妻への愛の証なのかも
しれません。
事件のあった日も時効の日も仕事をしていた倉石・・
そのことで自分を責めた時もあったでしょうが、
仕事に真摯に取り組み続けることが倉石の愛情だったのかもしれませんね。
来年当たり、また倉石チームに会えたら嬉しいですね。
7. Posted by きこり→とみいさん   2009年06月26日 14:37
コメントありがとうございます。
>車にも臭いが残るため、消臭用にりんごを置くこともあるらしいと、
にゃるほど〜!!
そういうことだったのですか〜
ありがとうございます♪
ちゃんと3人用3個林檎があったのがほほえましかったですね。
もしパート2があれば、さらに成長していくイチと
より深いとう察力で検視に臨む留美の姿を見てみたいですね。
8. Posted by きこり→まこさん   2009年06月26日 14:50
>春クールはやたら警察関係者の登場が多かったけど
このドラマの中の人達が1番現実味があったような…
そうそう・・・
ちょっと刑事さんたちがエキサイトしすぎるんじゃ?って思う時もあったけど、地味に足で事件に取り組む刑事さんたちの姿や問題がさりげなく描かれていたような・・・
>スマイルの林の父や古瀬刑事に見習ってほしいぞ〜!
そうだ、そうだ〜!
倉石のように常にフラットの状態で犯人や遺体に接せしてもらえたら、冤罪も減るんじゃないのかな〜
それにしても、検視官というのは、人間心理だけでなく様々なことに精通していないと難しい仕事ですよね。
倉石たちはたくさんの『死』と向き合ってきた訳でえすが、それは亡くなられた方の人生とも向き合うことなんだな〜というのがこのドラマを見ていて
わかりました。
地味だけど、好きなドラマでしたわ〜
9. Posted by きこり→桔梗さん   2009年06月26日 15:10
コメントありがとうございます。
>「白い春」と「臨場」終わってしまいましたね。
終わっちゃいましたね〜
『白い春』は私の中で今期ナンバー1だったので
すごく寂しいですよ・・・
『臨場』は『ゴンゾウ』ですっかり内野さんファンになってしまったので、見始めたのですが
派手さのないつくりが逆に良かったですね。
きっと実際の検視官に仕事もこんなふうに地道な作業の積み重ねなんだろうし、地味に取り組み続ける姿に人間らしさも感じました。
>「臨場」の公式サイトのスペシャルのインタビューの中にも書いてありました。
教えていただいて、ありがとうございます。
HPは毎回相関図やストーリーぐらいしか見てなかったんですよ。
みなさんのインタビューを読んで、キャストとスタッフのみなさんの思いが伝わってきてじ〜んとしちゃいました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪
10. Posted by きこり→凜太郎さん   2009年06月26日 15:28
>「ゴンゾウ」程の完成度の高さは感じませんでしたが、かえって完全に完結してしまった「ゴンゾウ」とは違い、シリーズ化の可能性を残してくれたと思います
そうなんですよね〜
『ゴンゾウ』と比べちゃうとちょっと物足りなさもあるんですが、その分、パート2の展開もありえるのかな〜?と思ったり・・・
イチはこれからもどんどん成長していくだろうし(でも最初は倉石に反発していたのに、今じゃすっかり倉石に傾倒している感じですよね。立原の手前抑えてるんでしょうが・・)留美が女検視官として働く姿も見たいですよね。
立原と仲良く飲んだ後も相変わらずのぶっきらぼうな会話があってよかったですよね(笑
回を重ねるごとに練れてきて、よりおもしろさを増していきそうな予感がしています。
11. Posted by ココ   2009年06月26日 21:16
部屋のなかの鉢植えにジョーロで水やりしてるじゃないですか
どうして部屋の中で水撒きが大丈夫なのかなぁっていつも疑問に思っていたのですけど
なぜ?(こんなどうでもいいような所が気になっちゃった 笑)
>高嶋さんは・・・もっと力を抜いて欲しいかも・・・( ̄∇ ̄;)
わ〜い 同感で〜す。

それと、倉石さんのはみ出しっぷりもちょっと作り過ぎるかなぁって
キュウリ食べ食べ 上着羽織ったままって 現実に無さ過ぎよねぇ〜って(笑)
12. Posted by きこり→ココさん   2009年06月27日 15:30
>どうして部屋の中で水撒きが大丈夫なのかなぁっていつも疑問に思っていたのですけど
ちゃんと鉢の下に皿置いてるんじゃないの?(笑
あと、プランター台の上に並べていて、
水はプランター台の上に落ちるとか?
>わ〜い 同感で〜す。
いや〜わたしゃ高嶋さんが出るたびに
こっちまで肩が凝ってくるっていうか・・・
どうみても全身に力が入ってるでしょ?
撮影終わったら倒れるんじゃないの?とか思っちゃったわ〜
倉石のキャラとのバランスが取れないしぃ〜
>キュウリ食べ食べ 上着羽織ったままって 現実に無さ過ぎよねぇ〜って(笑)
~(^◇^)/ ハハハ・・
やっぱり強烈なキャラにしたかったんじゃないの?
あと、留美やイチに出させているタクシー代ちゃんと返してんのかしら?って気になったわ〜(笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「白い春」 最終回「スマイル」 最終回