「白い春」 第8回「アイシテル〜海容〜」 第8回

2009年06月04日

「臨場」 第8話  「黒星」

 さて、倉石初の黒星となってしまいましたが、彼はそんなこと気にしちゃいないようです。
部下である留美のため・・
そして、孤独のうちに死んでいった仏さんの思いをキッチリ拾うことができたんですから。

 臨場要請を受けた留美(松下由樹)は遺体の名前を見て、衝撃を受ける。
それは、昨日会ったばかりの友人町井春枝(渡辺梓)のものだった。

 留美、春枝、久乃(川上麻衣子)は警察学校の同期で、15年前、同じ男性を好きに
なったんだと・・
 久乃はその彼と結婚し退職、留美は失恋後ずっと独身、春枝はすぐに別の男性と結婚し、たま〜に電話で話す程度の関係だったのに、死の前日、春枝に突然呼び出されたのよね。

 んが、かつての恋のライバルとどんな話があるというのか・・
嫌々出かけていった留美は、主婦らしいぐちを言い続ける春江にイラッ・・・
「幸せの押し売りは止めて!あなたはもう私には何の関係も無い人なの。それがわからない?!」
と、言い捨てて帰ってきたのでした。

 で、風呂場で練炭自殺をしたらしい春枝の遺体と対面し、実は彼女は離婚して一人暮らしだったことを知り、衝撃を受ける留美。
立原(高嶋政伸)から事情を聞かれ、号泣するのでした。
「私のせいだ・・・私のせいで彼女自殺したんです!!」  

 現場の刑事の見立てはほぼ「自殺」で間違いないって感じだったのに
「状況があまりに揃いすぎている」「死亡時刻に不審者の目撃情報」などから
「殺しだ」と言い出す倉石(内野聖陽)。
 で、同じくひっかかりを感じていた立原も捜査員に帳場を立てるように命じるのでした。

 しかし、刑事たちが春枝の身辺に関する聞き込みを始めても、入ってくる情報は
春枝が孤独で地味な毎日を過ごしていたことと、趣味で友人に絵葉書を送っていたことだけ・・
 刑事たちの「侘しいなぁ・・一人暮らしの女ってのは」
「こんな女のために足を棒にして、靴底減らしてるのかと思うと、涙が出るぜ」という言葉にショックを受ける留美。

 死んでまで、こんな言われ方をするとは・・・
独身女性はこういう男どもの視線と嘲りを跳ね返すパワーがなきゃやってけないっつーの!

 春枝の死に責任を感じた留美は、「春枝の気持をひろってあげる」ために、
彼女が友人達に送った絵はがきを調べ始める。
 で、その文面と絵から、結婚している間もずっと「心が冬」だったと知るのでした。

「この絵葉書は春枝のSOSだったんです。
でも、誰も気づいてくれなかった。私を含めて誰も。これが全てです。
春枝は孤独に耐えかねて自殺したんです。
春枝は自殺したんです。私の言葉のせいで自殺したんです!それでもういいじゃないですか?!」
「俺のと違うなぁ・・・」倉石
「これ以上捜査を続けてもムダです。
これ以上・・・・これ以上、春枝を裸にするのをやめさせて下さい!!
これは私の黒星なんです・・・」留美

 捜査本部では自殺なのに捜査を続けることに嫌気が差した坂東刑事(隆大介)と
あくまで捜査続行を命じる立原管理官がもめておりました。
「町井春枝が丸裸になるまで聞き込め!」

 あまりにも厳しい立原の言葉でしたが、立原はほんの少しでも疑念を残したまま捜査を終えることができないんでしょうね。
今回はさらに警察官の関与も予想されただけに、その疑念がすっきり晴れるまで調べるという信念があったのでしょう。

 倉石は春枝の部屋に落ちていたいた、年令にはふさわしくないうさぎちゃんの銀のネックレスに違和感を持ち、調べていました。
 で、このネックレスは15年前、恋人からもらったもので、最近クリーニングに出したとことが判明。
 そして、久乃に送られた春枝の絵葉書を見た留美は、「春が来た」という文面から
最近の彼女に心境の変化があったことに気づきましたョ〜

 それらの事からイチ(渡辺大)は、最近になって春枝は15年前の恋人と再会したということを推理するのでした。
 
 さらに、刑事たちの粘り強い聞き込みで、新宿で春枝が男性と歩いていた情報を得ました。
んで、ホテルの監視カメラに春枝と一緒に写っているかつての恋人、杉並北署の国広副署長の姿が確認されましたぞ!
 
 事情聴取を受ける国広・・・
偶然再会して、関係を持ったが、ヤバイ女だと思い、すぐに別れを切り出し、彼女も納得したと話しておりました。
 組織を守るために、黙っていたとうそぶく国広に「今度はあんたが丸裸になる」と告げる立原。

 取調べ室から出てきた国広をビンタで迎えた留美・・・
正直、ずっと15年前の恋を引きずっていたところがあったのかもしれませんが
これでやっと終わりにできたような・・・残酷な形ではありましたが・・・

 しっかし、好きだった男が、こんなくだらない男に成り果ててるとは・・・ガッカリだよな〜
やっぱし、手が届かないぐらいにしゅてきな存在でいて欲しいものだわ・・・
(わたしゃ、自分を入れてくれるようなクラブには入りたくないというひねくれた女・・)

 春枝の部屋から国広の指紋は出てこなかったし、彼女の部屋に行ったこともないと主張する国広・・
ならば、死の直前に見られた不審者は・・・?
 春枝のペンダントをひきちぎった者が不審者では?とヒントを出す倉石。
!!

 不審者は国広の妻の久乃でした。
彼女に確認する留美。
久乃は春枝の絵葉書を読んでピン!ときたそうです。
死の直前、春枝を罵倒した久乃・・・
「死になさい!あなたなんか!!」

 留美が、春枝の自殺するまでの思いを知って、もう彼女の死を受け入れられると見た倉石は、他殺の所見撤回を部長に申し出ておりました。
「お前の初黒星だな」部長
「たまにはいいでしょう」倉石

 倉石は、最初から春枝が自殺だと見抜いておりました。
「だったら何で殺しだと言った?」立原
「部下・・・だからな」倉石
 この会話を留美に聞かれて、バツが悪そうに去っていく倉石の表情が良かったですなぁ・・

 「部下のためなら黒星もいとわず・・・か」立原
なんか男性として惚れるってんじゃなくて、上司として惚れるっていうか〜
人間としてすごいっつーか・・・(艸゚Д゚*)
 留美も自分らしく生きていくパワーがわいてきたようです。

 いやいやいや・・・
イチも立原の手前、冷静を装ってましたが『惚れてまうやろ〜!』と心の中で叫んでいたはず・・
後姿がイカしてましたわ〜
ブログランキング
『携帯サイトで「俺のとは違うな」着ボイス配信開始』って・・・( ̄∇ ̄;)
微妙だぞ・・と思ったアナタもポチッとな〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「臨場」第8話  [ 日々“是”精進! ]   2009年06月04日 17:17
 臨場第8話「黒星」留美はかつての警察学校の同期、春枝と15年ぶりに再会した。専業主婦として幸せな生活を送っている春枝の話は、独身で仕事一筋の留美には自慢にしか聞こえない。春枝は同期の久乃の話題まで持ち出す。仲の良かった3人が同じ男性を好きになり、久乃...
2. 臨場 第8話 黒星  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年06月04日 17:54
『黒星』内容小坂留美(松下由樹)は、15年ぶりに、町井春枝(渡辺梓)と再会した。話をするうちに、春枝は警察学校のもう一人の同期・国広久乃(川上麻衣子)のことを話題にする。仲が良かった3人。。。。のハズだった。翌日。臨場要請を受けた倉石班。。。春枝のアパ...
3. 臨場 第8話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年06月04日 19:20
小坂は15年振りに昔の友人・春枝と会った。 小坂と春枝、そして久野とは警察時代の同僚で友人だった。 でも、三人の間に距離が生まれたのは
4. テレビ朝日「臨場」第8話:黒星 〜再開した女と15年の嘘  [ 伊達でございます! ]   2009年06月04日 20:30
冒頭で留美が口ずさみ、バックに流れた、あみんの「待つわ」(作詞・作曲:岡村孝子)が、事件の真相でした。
5. 臨場 第8話「黒星」  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2009年06月04日 21:25
留美(松下由樹)は15年ぶりに、警察学校時代の同期だった春枝(渡辺梓) と再会した。 今では専業主婦として夫や子供たちと幸せな生活を送っている春枝のことが すごく幸せそうに見え、仕事一筋で独身の留美は苛立ちを覚えた。 春枝はそんな留美にはお構いなしに、同じ...
6. 臨場 第8話:黒星〜再会した女と15年の嘘  [ あるがまま・・・ ]   2009年06月04日 22:01
部下の為に・・・(/_<) ナケルネェ 私がひどいことを言ったから… かつての警察学校の同期・春枝@渡辺梓の死を、自分のせいだと思いこんで ショックを受けてた留美の為に、あえてウソの見立てをした倉石。 初の黒星なんて、なんのその{/goo/} 立石も、警察関係の小冊子に...
7. 臨場【部下】  [ FULL OF LOVE ]   2009年06月05日 11:35
 ども。このドラマ、面白いなぁと思っているすももです。  さて、面白いなぁ。視聴率をたたき出しているだけのことはある。感想を書いていないときもありますが、毎回見ています。じっくり見ることが出来るんだよね〜。  今回は他殺だといって、周りが自殺だといった時点...
8. 臨場 再放送「黒星」  [ のほほん便り ]   2016年08月31日 07:29
臨場では、しばしば「女心の機微」に着目したエピソードが出てきて、深いですよね。いつもは冷静沈着。よき部下である留美(松下由樹)にも、青春があり、恋があり、失恋もあって… と人間臭い一面が愛おしかったです。それにしても、天才・検視官・倉石(内野聖陽)が、「

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2009年06月05日 21:47
最初は春枝に対して「イヤな女・・・」という印象を
描いてたけど、色んな事がわかるにつれ、何だか気の毒に
なっちゃいましたわー
てか、それ以上に強烈な久乃というイヤなキャラが登場しおった!(笑)
こんな嫁じゃぁ、そりゃ国広も浮気をしてしまうのも
無理ないわ〜違うか
かつては同じ人を好きになった3人ですが、
今1番恵まれた環境にいるのは、どうやら留美のよう
とにかく倉石がかっこ良過ぎるお話でしたわー。
現実で言えば、自殺とわかってたのに捜査員を動かしたのは
本来なら始末書もんだったりして
2. Posted by きこり→まこさん   2009年06月06日 20:00
>最初は春枝に対して「イヤな女・・・」という印象を
わたしもですわ・・・
いるいる!こういう女・・って思いながら見てたんだけど、留美への最後のメッセージを残すところなんて、悲しくなっちゃいました・・
>それ以上に強烈な久乃というイヤなキャラが登場しおった!(笑)
このドラマ、こういうドラマだったっけ?ってびくりするほどヤナ女・・
こわかったわ〜てか、似た者夫婦なんだにゃ〜
>自殺とわかってたのに捜査員を動かしたのは
本来なら始末書もんだったりして
そうそう!立原もどこまでわかっていて乗ったのかよくわからんし・・
仲悪そうに見えていいコンビネーションの二人だな殻と再確認した回でしたわ〜
3. Posted by ラキスト   2009年06月18日 00:20
サッカのくだらん中継で何週間もみられへんのは、勘弁ならんね。サッカーとかどうでもええし。
4. Posted by きこり→ラキストさん   2009年06月18日 13:21
コメントありがとうございます。
>サッカのくだらん中継で何週間もみられへんのは、勘弁ならんね。
そうですよね〜
プロ野球とかもドラマの時間がずれたりするし・・
それにサッカーも加わったら、予定が狂っちゃいますよ。
スポーツファンには申し訳ないですが、ドラマは定時に放送して欲しいですわ〜
5. Posted by アパパネ   2010年04月26日 00:41
こんばんは。臨場Season1で1番好きなストーリーです。
留美には是非、立派な検視官になって頂きたいです
6. Posted by きこり→アパパネさん   2010年04月26日 16:14
コメントありがとうございます。
>こんばんは。臨場Season1で1番好きなストーリーです。
いい話でしたよね〜
留美のために黒星も厭わない倉石の姿、
そしてそんな倉石の思いを受け取って、前向きに仕事に向き合おうとする留美。
留美は倉石の一番弟子ですもんね。
「根こそぎ拾う」という信念を受け継ぎ、いい検視官になってくれそうですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「白い春」 第8回「アイシテル〜海容〜」 第8回