「スマイル」 第6回「ザ・クイズショウ」 第6回 

2009年05月23日

「湯けむりスナイパー」 第7回  由美のプロフィール

 さて、今日も今日とて、上半身はだかでせっせとお風呂掃除に
励む源さん(遠藤憲一)・・
そこに来た、由美ちゃん(大野未来)に背中の古傷を見られちゃったョ!
Σ( ̄□ ̄!) ハッ!!源さんちょっとあせっちゃった!

「あ・・ごめん・・・」由美ちゃん
「・・・・・・・」源さん
 なんか変な感じになっちゃったぞ〜と、思ったら・・・
「源さん、今日も一日がんばろうね!(*^-^)」
「ウイッス!」

 由美ちゃん・・・ええ子や〜
ちょっと雰囲気が大橋のぞみちゃんにも似ているような・・

 で、おでかけの時に、本屋に寄りたいから乗せてって〜と由美ちゃんに頼まれた
源さんは、ほのぼのドライブを楽しむのでした。

『由美ちゃん・・・
その屈託のない明るい笑顔とキャラクターに俺はいつも
救われる思いがする』源さん心のメモ

 普通の生活をしていたら、こんな娘がいてもおかしくないんだよな〜
お父さんと娘のドライブってこんな感じかな〜?
いつになく楽しい妄想をくりひろげる源さん・・・

 由美ちゃんは将来歌手になりたいらしい・・・
「仕事で嫌なことがあった時とか、つまんないな〜って思う時あるじゃん?
そういう時にね、いつか自分はここを出て、東京の芸能界で活躍するんだ〜って思えば大丈夫になるの」

 無邪気な由美ちゃんは視聴者の代わりに源さんにいろいろ質問してくれましたわ・・
「東京で何してたの?」
「結婚したこととかあるの?」

 由美ちゃん、もっと、突っ込んだ質問をして〜!

「いろいろあって・・・落ちこぼれて・・いられなくなって・・
それでここに来たんだ」源さん

 いやいやいや・・・まずい質問しちゃったな〜としゅん・・・としている由美ちゃんを
お父さん目線で見ている源さんが新鮮だわ〜
「白い春」のちっちゃい女の子とエンケンさんの組合せもいい感じだったけど、
父と年頃の娘って設定のドラマも見てみたいわね〜

 その夜、番頭さん(でんでん)に飲みに誘われ、「花ちゃん」に行く途中、
河原で一人でダンスの練習をしている由美ちゃんを見つけ、また癒されちゃった源さん。

 その事を番頭さんに言ったら、いつになく語気荒い態度で
「知ったふうなこと言ってんじゃねーぞ!」と言い返す捨きっつあん・・・
何かを感じた源さんは由美ちゃんの生い立ちを尋ねるのでした。

 由美ちゃんが椿屋に来たのは3年前のこと・・・
会社が倒産した父親が砒素による親子心中を決行したんだけど、由美ちゃんだけが
生き残ったらしい。
で、その事を新聞で知った女将さん(伊藤裕子)が身寄りのなくなった由美ちゃんを
椿屋に引き取ったんだって・・・

「あの明るさはな・・・おそらく、何かと戦ってんだろうな・・。(。pω-。)」番頭さん
 
 由美ちゃんにそんな過去があったとは・・・
先週、駆け落ちカップルに年令を聞かれた時に16ぐらいって答えてたから、
年令詐称?(15歳ぐらい?)って思ったんだけど・・・

 源さんに元気をくれた、あの邪気のない清らかな笑顔の裏には
とてつもなく深い闇や苦しみとの戦いがあったんだね。
たいした子だよ。

 次の日・・・いつもどおりの由美ちゃんの笑顔を見て、じ〜んとしてしまう源さん。
『何かと・・いや、自分の過去と戦ってるのは俺だけじゃないのだ。
由美ちゃんは、年下の先輩なのかもしれない・・・』源さん心の覚書

 さて、舞台は年末の東京へ・・・
コンビニで買ってきたおでんを自分の屋台で売る親父(長門裕之)の元に
これまた謎のおっさん(志賀廣太郎)がやってきて、さりげなく世間話を・・
でも、目が笑ってないわ〜

「で、どこの温泉にいるんですか?
彼がどっか田舎の温泉宿で働いてるのはわかってるんですよ・・・Qさん」おっさん
どうやら、源さんのことを言ってるらしいわ〜
でも、すっとぼけるQ・・・

 にゃんと、この屋台の親父、とぼけた調子だけど裏で歌舞伎町のアジア系マフィアを仕切っており、通称Qと呼ばれているらしい(「007」みたい・・)
源さんって、この人の下で働いてたのかな〜?

 そして、このおっさんは源さんを追う対立組織の男?
源さんに「迎えに行くぞ」と伝言を残していきました。

 新年を迎えた椿屋では女将さんの挨拶が行われ、恒例の従業員たちへのお年玉が配られていました。
源さんも女将さんからねぎらいの言葉とお年玉をいただいて嬉しそう・・・

 そこに完全予約制の椿屋に飛び込みの女性客が一人やってくる。
で、無意味におっぱいとはだかを披露して、源さんにある人から頼まれたと携帯電話を渡すのでした。
 
『何かの罠かもしれない・・・場合によってはこのままここから・・・』
覚悟を決める源さんだったけど・・・その電話にかけてきた相手はQでした。

 源さんの身に危機がせまっていることを教えたかったQなんだけど・・・
「信じられないほど平穏に暮らしている」という源さんの言葉を聞いて
何も言えなくなっちゃった・・・
「ハッピーニューイヤー!」って・・・(ll∀)ァハハ-

 でも、源さんの勘はにぶっちゃいないよ・・
「誰かが俺のことを?」
「警察も組織もあなたを追っていませんね。安心してね。
だから・・・・がんばってね!源さん」Q
「ウィッス!」

 嵐の前の静けさでしょうか・・・
ゆっくりと落ちてくる雪を新鮮な気持で見つめている源さんなのでした・・・

 えええ〜っ?!
「カムイ外伝」みたいに・・・「タイガーマスク」みたいに・・・
逃げても逃げても組織は追ってくるの?
そっとしといてあげてよ・・・って思いと、組織に立ち向かってぶっぱなす源さんを見てみたいって気持ちとで揺れてしまうわ〜
ブログランキング

 ( ・ノ3・)まだしばらくははっぴ姿でいてねってアナタも、ぽちっとな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「スマイル」 第6回「ザ・クイズショウ」 第6回