「アイシテル〜海容〜」 第6回「スマイル」 第6回

2009年05月22日

「臨場」 第6話  「罪つくり」

 いや〜今回は何か複雑なお話でしたね。
てか、このドラマ見てると勉強になるな〜
100円ライターの着火装置って、場合によっては凶器になるんだ・・・(´・∀・`) ヘー
5000ボルトにもなるんだ・・
 しかし、コレって一般に浸透している話なの?
発作で苦しむ夫を見て、素子さん(あめくみちこ)はすぐにこの殺人方法が
思いついたみたいだけど・・・

 新宿のホテルで変死体として見つかった女性・・・
心臓発作で病院へ運ばれ死亡した男性・・・
この何の関係もなさそうだった二人が、実はある事件で繋がっていた。

 ホテルの一室で亡くなっていた女性の死因を、所轄刑事は「病死」で片付けようとしたんだけど、
倉石(内野聖陽)の見立ては「頚部圧迫による殺し」。
 にゃんと巨体の男が時間をかけてじっくりと圧迫すれば窒息と同じ状態に
なるんですってよ!奥さん!怖いわね〜

 刑事達に指紋を取るよう指示する倉石・・・
さらに無くなったグラスと女性のバッグも調べるようにとな・・・
完全にこの場を仕切ってます・・・( ̄∇ ̄;)
臨場 (光文社文庫)


 女性は昏睡強盗の常習者だった(そんなジャンルの強盗があったとは・・・)
倉石は心臓発作で運ばれた男性の妻が工呼吸をしたと言っていたのにキッチリ口紅をつけていたことから、その夫桐岡洋介(須藤為五郎)の指紋と事件現場の指紋を照合するよう命じる。

 コレはさすがに無理やりだわ〜って思ったんだけど、
「クビをかける」とまで言ってましたからね〜
留美(松下由樹)は、洋介の妻素子と知り合いだったために、倉石の考えに拒絶反応を示すのよ〜
でも、今回はイチ(渡辺大)もすぐに賛同して、積極的に動いてましたわ〜

 洋介を眠らせて財布を盗もうとしたんだけど、気づいた洋介が女に襲い掛かってる途中で
睡眠薬が効き出したために女の上で昏睡状態に・・・
身動きの取れなくなった女はそのまま窒息死。
 気がついた洋介が妻の素子を呼んで、殺人の証拠を隠滅させたというのが2人の推理でした。

 んが、ホテルの部屋から洋介の指紋は検出されなかった。
再度の指紋採取を命じた倉石は自らホテルに出向き、トイレの便座の裏についていた
洋介の指紋を見つけるのでした。
「これで共犯者が女だってことがはっきりしたなぁ・・・イチ」倉石
「便座の上げ下ろしは女性の習慣じゃないから、指紋をふき取り忘れた・・?」イチ

 お〜!何か息合ってきたね〜
でも、任意の同行を要請され、警察に連れられていく素子を見ても納得がいかない留美・・

「私には、素子さんが証拠を隠滅したなんて信じられないんです。
あの人があんなに大事に思っていたご主人が人を殺したなんて、信じたくないんです」
「信じたくねぇか・・・信じたくねぇことには目をつむるか・・
俺のとは違うな〜
たとえウリをしてたような人間だろうが殺されなきゃならねぇ理由なんてねぇ・・
彼女が何故死んだのか、仏の声を根こそぎ拾ってやるのが俺の仕事だ」倉石

 証拠の隠滅も夫の殺人も否定し続けた素子でしたが、実は夫の死亡も彼女が仕組んだことでした。
素子の自宅のガレージから証拠の100円ライターが発見され、そこから素子の指紋が検出されたことにより、留美もやっと現実を見ることができたようです。
 そして、倉石たちが次々と示す状況証拠に素子も罪を認めました。

 んが、あくまで夫は殺人は犯していないし、夫殺害は浮気三昧の夫への憎しみからだと言い張る素子・・
しかし、倉石は本当の理由を見抜いていました。

 全ては素子にとって義理の娘である明日香(大村彩子)の幸せのためでした。
洋介が犯した殺人事件が発覚すれば、せっかくの明日香の結婚話も壊れてしまう・・・
それを隠すためにも夫は心臓発作で死んだことにしなければ・・・
 
「あんたならいいのか?
あんたなら、人殺しになっても娘が悲しまねぇとでも言いてぇのか?
継母という立場じゃ、そうでもしなけりゃ本当の母親以上にはなれねぇとでも思ってんのか?
そら違うな・・・
あんたがもし、自分を犠牲にして娘の幸せを守ることに満足してるんだとしたら、
そら、ただの罪つくりってんだ」倉石
「親にはそれ以下もそれ以上もない。
16年の間、あなたが築いてきたものに間違いはなかったんです。
それはあなたと娘さんのことを知ってる人間なら、誰もがわかってます」留美

 倉石は素子と明日香の間にある愛情が本物であることも見抜いていました。
そして、その行動が明日香への愛から出たものであっても、
明日香を苦しめることに変わりはないこと、
さらに、この親子ならそれでもその絆に変わりはないであろうことも・・・

 倉石さん、深いっス・・・
新米刑事さんもすっかり心酔しておりましたぞ・・・
倉石の発想の柔軟さというか斬新さはすごいですね・・・
てか、所轄の刑事さんたち、倉石に頼りすぎだろ・・・( ̄-  ̄ )
ブログランキング

今回は立原さん出てこなかったけどべつに良かったかも・・・って思ってしまったアナタも・・・ポチッとな〜♪( ̄∀ ̄)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 臨場 第6話 罪つくり  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年05月21日 22:50
『罪つくり』『罪つくり〜赤い口紅の秘密』内容法医学の西田(小林勝也)の解剖を待つ倉石(内野聖陽)小坂(松下由樹)は心臓発作で運ばれてきた男性を見かける。寄り添う女性に見覚えのある小坂。そんななか、臨場要請。西新宿シティホテルのツインルームで、女性の遺体...
2. 『臨場』 第6話 「罪つくり」  [ 英の放電日記 ]   2009年05月21日 22:59
鋭過ぎです。鋭過ぎる推理です。  ホテルで発見された一見病死の女性の遺体が、巨体が圧し掛かったことによる圧迫死(窒息死)であったこと〔倉石検視官(内野聖陽)の見立て〕  心臓麻痺で運ばれてきた巨漢の男性・桐岡洋介の妻・素子(あめくみちこ)が、一ノ瀬検死官心...
3. 臨場 第6話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年05月21日 23:21
東京湾で見つかった遺体はその傷跡の損傷の激しさと その方に多額の保険金がかけられていた事から 当初、他殺だと考えてられていたが、倉石の「見立て」では その傷跡は船のスクリューによるものだと。 そして倉石の見立て通り、それはスクリューによるものだった。
4. 「臨場」第6話  [ またり、すばるくん。 ]   2009年05月21日 23:29
第6話「罪つくり」 視聴率14.6%
5. 臨場 第6話:罪つくり〜赤い口紅の秘密  [ あるがまま・・・ ]   2009年05月21日 23:49
殺しちゃったんだ(/TДT)/あうぅ・・・・ 売春や昏睡強盗での逮捕歴を持つ小夜子@小濱なつきを 桐岡洋介@須藤為五郎が死なせてしまった事で、妻である素子@あめくみちこが だんなを殺す羽目になろうとは・・・ それもこれも、娘の幸せを願う母心からってーのが切ないわぁ...
6. 臨場#06罪つくり  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2009年05月22日 00:37
第6話「罪つくり」「俺の見立て違いかァ・・」倉石さん・・死体は百発百中でも、生きている人間の見立ては苦手らしい(笑)カウンターの鉢植えをどけて、身を乗り出す所など、倉石という役が出来上がってますよねえ。こういうのを見るのが楽しみです(ノ∀`)桐岡の奥さんで...
7. 臨場 第6話「罪つくり??赤い口紅の秘密」  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2009年05月22日 06:44
解剖室を出た倉石(内野聖陽)たちの前に、心臓発作の急患が運ばれて来た。 医師にすがりつく患者の妻・素子(あめくみちこ)を見た留美(松下由樹)は驚く。 かつて留美は、素子の夫・桐岡(須藤為五郎)が心筋梗塞で倒れたところを 偶然、介抱したことがあったのだ。 ...
8. 「臨場」6 ☆  [ ドラマでポン! ]   2009年05月22日 21:00
体重100kg超えたら、居るだけで人を殺せる!!(を、説明するために部下に飛びかかる倉石さん、愉快 笑)……小錦レベルだったら当然でしょうが、100kgなら義兄でも時々なるのに。姉(40kg)に気をつけろと言っておかなくては。は、さておき。またもや無理矢理な展...
9. 臨場 再放送「罪つくり」  [ のほほん便り ]   2016年08月25日 07:25
東京・新宿のホテルで、女・小夜子(小濱なつき)の死体が発見。まさか、その時、イチとつぶかって、ついた口紅から、倉石(内野聖陽)の眼力によって、真実が暴かれるとは!でも、その女性は、同僚の留美(松下由樹)の友人。以前、ダンナさんの桐岡洋介(須藤為五郎)の危

この記事へのコメント

1. Posted by 凛太郎   2009年05月21日 23:46
計画的な殺人では無いのですから、何で犯人が100円ライターの着火装置で感電させるることが出来ると知っていたのかの説明が欲しいところです。
全体的には面白いのですが、所々の脚本には、首をかしげる場面がありますね。
高島君も出たり出なかったりで、水戸黄門の印籠や相棒の伊丹刑事や鑑識の米沢のように、毎回出てきた方がいいような気がします
2. Posted by まこ   2009年05月22日 10:39
倉石、イチ、留美以外のレギュラー陣は、終わった際に
そういえば今週で出てこなかったな〜程度の印象かも〜(笑)。
それくらい、事件そのものが面白いって事なのかっ
今回も、事件の裏の複雑な心情まで見抜いてた倉石さま
今回、素子と留美は知り合いだったゆえ、ちょいと
私情が入ってしまいましたが、その分イチがグッジョブ
100円ライターの仕掛けに気付いた倉石をすげ〜と
思ったけど、そもそもそれを知ってた素子も何者?
何らかの機会にこれを知った時から、潜在的に
いつかこの方法でダンナを殺してやろうと
思ってたのかな〜(笑)。
3. Posted by きこり→凜太郎さん   2009年05月22日 12:15
>ライターの着火装置で感電させるることが出来ると知っていたのかの説明が欲しいところです。
そうですね〜
なんか不思議に思っちゃいました。
こんな方法があるなんて!素子は何で知ったんだろう?って・・そこまで説明してたら時間なくなっちゃうでしょうけど(笑
>所々の脚本には、首をかしげる場面がありますね。
ありますよね。
それに、倉石の優秀さを際立たせるためか、所轄の刑事をおばかさんに描くってのもちょっとアレだよなあ・・とか・・・
刑事さんも時々変わるので、なかなかなじめません。
もともと良く知らない俳優さんなのに・・・(汗
一話完結なので、もうひと旨みを求めてしまいますよね。
4. Posted by きこり→まこさん   2009年05月22日 12:24
>そういえば今週で出てこなかったな〜程度の印象かも〜(笑)。
あらあら〜?( ^∀^)
でもそうなのよ〜
終わってみたら、今日はあの怖い顔のお方が出てなかったわね・・それと伊武さんも・・舞台でもやってるのかしら?とかね(笑
>そもそもそれを知ってた素子も何者?
なんかすごく普通にライターから着火装置をはずしていたから、私が知らないだけで、世間一般では浸透している殺人方法なのか?とか思っちゃった(笑
あと、素子は理工系の大学出てるのか?とか(笑
>いつかこの方法でダンナを殺してやろうと
思ってたのかな〜(笑)。
いや〜油断も隙もあったもんじゃないですね。
どんなものでも凶器になりえるっつーか・・・
殺意を持って世界を見れば、いろいろ方法はあるのかもね〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「アイシテル〜海容〜」 第6回「スマイル」 第6回